13

January February March April May June July August September October November December
2009(Wed) 05/13

カプコンの歴史には思い出が詰まっているのです(LV78)(65)

海賊(拳) … Comments(65)

 


カプコンが過去最高の売上高を記録


 株式会社カプコンの2009年3月期連結業績(2008年4月1日~2009年3月31日)は、売上高918億78百万円(前期比10.6%増)、営業利益146億18百万円(前期比11.4%増)、経常利益138億8百万円(前期比12.6%増)、当期純利益は80億63百万円(前期比3.3%増)


 売上に貢献したタイトル

  『バイオハザード5』が3月末時点で販売本数440万本、
  『ストリートファイターIV』が3月末で販売本数250万本
  『モンスターハンターポータブル 2nd G』が300万本


 pdfgjpodgjopsgjopgjersopgerg.jpg





 2010年までにヒットが期待されるソフト

  『ロストプラネット2』で270万本 (XBOX360)
  『Dark Void』が200万本、 (XBOX360,PS3)
  『バイオハザード5』のリピート販売が80万本と予想


 地域別では日本売上高が634億3100万円と3分の2を占めているものの、伸びは前期比1%の増びしかない。

 一方で北米は売上高が前期比 53.4%増の248億6300万円、ヨーロッパは前期比44.8%増の売上高141億6700万円と、北米と欧米での好調ぶりが大幅な収益向上に貢献していることがわかる。


  
 

 映像は今年度秋に発売が予想されている「ロストプラネット2」 .........xbox360


 カプコンの株主向けプレリリースhttp://ir.capcom.co.jp/news/html/090508b.html






 はい。カプコンが北米と欧米市場の販売好調により売上が大幅アップのようです。日本での売上が高いのは変わりませんが、こちらは前年比1%ということですし、伸びしろはそれほどないのかもしれません。

 年齢層によって違うと思いますけど、CAPCONト言えば今の子はやっぱりモンスターハンターなんでしょうかね。もしくはバイオハザード?

 う~ん。それだとちょっと話が合いませんね。私の世代なんかは前述のソフトを語ってもあんまり熱くなれないって言うかね。世代的な問題でしょうけど

 私なんかはやっぱりカプコンと言えばこれですよ。

 1991年   ストリートファイター2 ゲームセンターに登場 (爆発的大ヒット)
 1992年6月 ストリートファイター2 SFC移植版発売

 jgdopgjdfopgjopgjeprog.jpg

 1992年って言えば16年前ですけどね。多分まだ生まれてない人いますね(笑)。

 この頃は小学生か幼稚園か…う~んあんまり自分の年は覚えてないけど、やってる事はよく覚えてます。親の財布からお金くすねて近くの駄菓子屋ゲームセンターに行ってた記憶がありますねえ。

 物心ついてない年だったもんで何にでも好奇心旺盛。

 波動拳、ソニックブームって声を聞くだけで興奮して射精寸前でしたね。 


 今とは全然感覚と感性の世界が違います。もうね。スト2のすべてが幼心に格好よかった。フン!!とかパァーンとかウオオオオとかのボイス聴くだけでなんかね…
 
 そういう格闘ゲームして敵を倒すだけで…大人になった気分だった。

 当然自分がプレイしても技なんて出せません。そもそもゲーム筐体の椅子にしっくり座れないくらいの年齢でしたから。中学生とか小学生高学年のお兄さん方のプレイを見て楽しむ方が多かったです。お金はゲームというよりお菓子に使ってた。

 あの当時はあれですよ。ゲーセンにいる中学生のヤンキーのお兄さんに年下はよくパシリとかに使われるわけですが「昇竜拳みせてやるから焼きそば買ってきて」とか「ベガ見せてやるからジュース買ってこい」とかね。

 その程度の微笑ましい光景でした。逆らえないというのもありますけど、ベガ見たさに喜んでパシリしてましたもん。当然お金はヤンキーのお兄さんが出してくれるしお駄賃もくれたりしてね。なんか当時は不良にも暖かみがあったなあ。奉仕したら一応見返りみたいなのはくれてました。

 この話。わかる人はわかると思います。 

 このストリートファイター2のヒットから駄菓子屋や本屋に普通にNEOGEOの筐体が置かれるようになって行きましたよね。(それまではほとんど置かれていなかった)

 903.jpg

 これで格闘ゲームがどんどん身近になっていきます。俗に言う格闘ゲームブームの到来ですね。今やほとんど撤去されてしまってありませんけど、餓狼伝説specialやサムライスピリッツが出た時なんかは恐ろしいほどの盛り上がりだったんですよ。

 カプコンだけでなくSNKの貢献を絶対に忘れてはいけない。

 もちろんゲーセンや駄菓子屋はヤンキーの溜まり場になっているので立場の弱かった私なんかはトバッチリを受けまくりでしたが、それもまた良かったというかね。そんな怖いヤンキーの人なんて中々出会えませんし、街中で出会って目が合ったら最後、ボコボコですよ。でもゲームセンターならそういう風にはならなかった。不思議とね。

 もちろん中学生くらいのヤンキーの兄さんがゲームでCPUに負けると腹いせに殴られるのは殴られるんですが、顔とかは絶対に殴られないんですよね。

 大概ね。腹とか足とかなんですよ。顔を殴ると後で親とかが出てこられたら困るという考えもあったんでしょう。なんかそこにやさしさを感じて安心ました(笑)。一線は超えられないなと。まあ今考えるとアホですけど、低年齢層からしてみると中学生のヤンキーなんていう存在は雲の上のような存在な訳でね。
 
 どう背伸びしても適わない別世界の相手に見えますから。

 pdfjgposdfgodfpgjsopgjsdfpfsd.jpg

 そして特に田舎ではヤンキー全盛期で女性にもモテモテ。憧れの存在でした。いやいや本当です。女の子に「今好きな人は誰?」って聞くとほとんど不良の名前が挙がってたんですよ。これはマジです(断言)。ヤンキーっていうのは早く精神年齢が成長してることもあり、お洒落っていうのもあったんでしすね。

 それゆえ当時のこのような状況とゲーム環境が頭の中に刷り込まれている世代としては、GOW2なんかの硬派なゲームを見てしまうとね。

 当時を思い出して懐かしくなってね。どうしても愛着が湧いてしまうというジレンマに悩まされる。XBOX360なんかはピッタリ当てはまるんですよ。あの当時の雰囲気に。

gam_gears2tunnelmonster_490_20090513103535.jpg

 なんか知らないけどxbox360は、ついソフトを買ってしまう。GOW2とか日本版がまだ出てないのに北米版を買うとかいう暴挙にまで出てしまう。HALO3とか。やったこともないのに「まあこれは世界で売れてるし買っとくべきだろ」とかいう意味不明な感じで買ってしまう。

 そして同時に売上向上のため、ソフト販売層、話題性を増やすために、無意味に萌えキャラを全面に登場させてしまう今のソフトに悲しむ。

 

 スト2や魔界村、ファイナルファイトや餓狼伝説なんかをヤンキーがプレイしていたのも一応格闘ゲームにそういう硬派的なステータスがあったからだと思うんですよ。


 dfpogjopdsfgjopjropeg.jpg

 それが格好良く映るんですね。そこに低年齢が集まってギャラリーとして見入ってくるわけです。

 あの当時の状況では萌えキャラが出ている格闘ゲームは流行らなかったはずです。そりゃやっぱりプレイする側にもメンツってもんがありますから。ゲーセンは人の目もあるしね。


 ネットが発達してゲームセンターが廃っていってから急に萌え系が流行りだした気がする。

 やっぱりこれは家庭用ゲームが中心になって人の目…というかギャラリーがいない状況になったからなのでしょうかね。誰にも見られないんだったら硬派である必要がなくなった?

 


 懐かしいなあ。あの頃






 …





 あれ…。すいません。なんか話が逸れまくりましたね。でもわかる人いるでしょ。あなた絶対駄菓子屋のNEOGEOとか100円握りしめてやってたでしょ。100円で2ゲームだよね。

 ウフフ。


 ファミ通.comの方ではプロレスラーの「鈴木みのる」がストリートファイターの大会に参加とかいうのが映像で配信されてました。

 鈴木みのるとはこの御方です。

 pdfgjpodafgjfdopgjfdapog.jpg

 はい。わかりますね。この明らかに古い不良な感じ。

 この人絶対ね。当時ゲーセンや駄菓子屋でスト2やってたヤンキー世代だと思う(笑)。絶対ゲーセン行ってスト2してたはずだ。

 当時はこういう人がわんさか駄菓子屋やゲーセンにいるわけです。お菓子買いに行くのですら恐かったんですから。ホント。目をつけられたりしたら死亡確定ですよ。でもね。さっきも言いましたが

 普段なら絶対近づけない人種の人ですが、ゲームプレイ中なら隣に立っても何も言わない。

 これって幼心には凄く嬉しいことなんですよ。うわあ。ボクはこんな人の隣に今立ってる~って感じで。学校で自慢できます。マジで。「●●中学のTOP不良の●●さんの隣に行ったんだぜ?ボク」「ええ!?。まじで?いいなあ」とかね。

 ネットがない時代のガキの精神年齢なんてそんなもんなんです。

 うん。

 田舎すぎですね。すいません。

 
 プロレスラー鈴木みのるが『ストリートファイターIV』

 dfogsfdpgjfpgjsfdopgjsdf.jpg

 え~と…一体今日は何を言いたかったんでしょうね。私は。

 まとめると、そんな思い出を作らせてくれたCAPCONとSNKに感謝って事なのかもしれません(笑)。


 だから嫁なんかにわかるわけないんですよ。私のこの気持ちなんてね。


財前「ああ。冬にロストプラネット2ってゲーム買うから」

嫁「なんで?今たくさんゲームソフト持ってるじゃない」

財前「それとこれとは違うんだよね…」

嫁「せめてクリアしてからにすれば?」

財前「クリアとかクリアしないとかの問題じゃないっていうかね。別にクリアする必要はないんだよね」

嫁「意味わかんない。終わってないのに」

財前「これは買わねばならん。買わねばならんのだよ」

嫁「またちょっとプレイしてすぐ辞めるんでしょ?」

財前「そんなことないよ。それにどういう出来か見ておかないとさ。やっぱりまずいでしょ。ファンとして」

嫁「ファンて… そんなのどうでもいいと思うけど」

財前「どうでもよくないよ。将来この時代のゲームことについて語れなくなってしまうだろう」

嫁「ゲームの歴史なんて語る必要ないよw」


 まあゲームソフト買うときはこういう会話が無駄に繰り返されるわけですけど、理由を話せばかなり長くなるんですよ。わかるでしょ? スト2からスーファミからセガサターンからPS、そしてPS2とか歴史を順番に話していけるわけがない。

 せめてゲームの歴史ってもんを知ってる人じゃないとね。理解不能でしょう。ゆえにこの辺は話合いで解決しようとはまったく思ってません。5000円くらいだしね。別にいいだろうと…。

 
 …






 そしてメイプルストーリーですが

 ちょっと暗雲です。なんか20分くらいしか狩りができなくなってしまいました。精神的に…。狩りしてたらもの凄い睡魔が襲ってくる。

 だって2次の時と狩り方がまったく変わらないんですもの。3次スキルが育つまではしばらく停滞しそうな予感ですが、なるほど。これが海賊(拳)の倦怠期ってやつですか。

 ナイトもLV95で耐えきれなくてやめちゃいましたからねえ。

 単調すぎてアドレナリンが出ない…。狩りするのが果てしなく無駄な時間に思えてくる。こういう時期は辛いよなあ。ここを越えられるかどうか…。
 
 spdfigjsdpfigujerpogjerpg.jpg

 まあラッシュブルなんて狩ってる時点でダメですね。すいません。
 
 
 





       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  格闘家の3次は予想以上にマゾいお
  |     (__人__)'    |  未だに主力スキルがムーンサルト(1次スキル)
  \     `⌒´     /    とか… やってられないお



       / ̄ ̄\
     / ノ  \ \ おまえ前に
     |  (●)(●) |  格闘家3次はエネルギーチャージとか
    . |  (__人__)  |   エネルギーバスターが強いって言ってだろ
      |   ` ⌒´  ノ       
    .  |         }    それ使って狩れよ
    .  ヽ        }     
     /⌒   ー‐  ィ  ヽ     
    /      ,⊆ニ_ヽ、  | 
   /    / r─--⊃、  |  
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |    




 

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    エネルギーバスターなんて50秒間しか使えないし
  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \    スキルLVが低い内は使いづらくて仕方がないお
(^ヽ三γ^) |r┬-|     |
 ヽ ヾ /  `ー'´     /         何も知らない奴が偉そうに言うんじゃないお



 
      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)  じゃあそういうマゾイ職なんだろ
.    |     (__人__)   文句ばっか言っても始まらないぞ
     |     ` ⌒´ノ     自分の力で頑張ってればいつか報われるだろ
.     |         }     
.     ヽ        }        常識的に考えて
      ヽ     ノ









   
  駄目に決まってるだろ・・・        
 
        / ̄ ̄\   
      /       \      ____
      |::::::        |   /      \   こっそり 
     . |:::::::::::     |  /ノ  \    \   吸ってもいいですか
       |::::::::::::::    |/ /゚\  /゚\    \  
     .  |::::::::::::::    } |   (__人__)        |  
     .  ヽ::::::::::::::    } \  .` ⌒´|'|      / 
        ヽ::::::::::  ノ   |      U    \
        /:::::::::::: く    | |         |  | 
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――












 
        





 がんばれ~ 負けんな~ 力のかぎりぃ~













 いい機会ですし、これから拳のマゾさを身をもって体験しようと思っています。









 笑う犬の生活 小須田部長  山頂編


        http://www.youtube.com/watch?v=6Iq_99g4XfQ&feature=related




関連記事








Edit Comments(65) trackBack(0) |