22

January February March April May June July August September October November December
2009(Wed) 04/22

ウメハラ氏がストリートファイターⅣ世界大会で優勝(30)

ウルトラストリートファイター4 … Comments(30)

 さて

 昨日の記事コメント見ました。

 なんと2日間の間にコメント総数108件。恐ろしい反響というか、なんというか

 でもよく見ると記事の内容に対する反響というわけでもないというね…。

 う~む…。紹介したブログ様には悪いことをしてしまったかもしれない。

 ちょっと書き方を間違えたか。今後は少し考えるようにします。

 20070318230057.jpg


 パスワード抜きは他人事じゃない  →  Comments(108)


 この記事一応ね。パスワードの「セキュリティの確認」と「パス抜きは犯罪」って事を強調するために書いたつもりだったんですが、他の部分のインパクトが強すぎたようです;;

 でも私としてはそういうつもりじゃなかったんですけどね。申し訳ないです。

 …と。それはそれとして







 さっちんさんから情報を頂いたんですが
 



 ストリートファイターⅣ世界大会が開催されたようです。

 dsfgergehtshtshtshts.jpg

 先日は日本で全国大会が開かれ、伊予ダルシム様が優勝されましたが、今度はそれぞれ世界の優勝者を集め、サンフランシスコで開催されたストリートファイターIVの世界決勝大会。

 文字通り世界NO1を決める最後の聖戦。 もちろん公式大会。

 メンバーも蒼々たる顔ぶれです。

 ①アメリカ王者のジャスティン、
 ②日本王者のダルシム、
 ③韓国王者のPoongko、
 ④レジェンド枠のウメハラ(日本)

 この4人でインターナショナルチャンピオンのタイトルを競って総当たり戦をする。それぞれの国の王者が出場する中でウメハラ氏は特別にレジェンド枠で出場。

 もちろんこの4人は数ヶ月間の予選と大会を経て勝ち上がってきた選ばれし者です。


 その中でも要注目の選手はやっぱりこの方。



 ウメハラ ダイゴ

 dfgdsfhdfshgdshsghsgfh.jpg

 梅原大吾。日本2D格ゲー界のカリスマ。 凄まじい反射神経と卓越した技術、端からは超能力じみた先読み能力、そして何よりも追い詰められてからの驚異的な精神力が最強の武器。その鋼の心臓で数々の名勝負(逆転劇)を生み出したことで、カリスマ的な人気を持ち、海外でも「Beast Daigo」として広く知られる別格の存在。

 その一方で展開があまりにドラマチックな試合も存在するため「2R目は遊ぶ」「わざと負けている」等の風評を生み、有名な動画は必ずコメントで荒れる。3rdのケン、GGのソル、カプエス2の胴着チーム、ヴァンパイアのビシャモン等が有名。

 ちなみに、もっとも有名と思われる3rd、Evo2004ルーザーズ決勝でのジャスティン戦での逆転勝利劇(梅原;ケン VS ジャスティン;春麗)に対するウメハラのコメントは「まぁ、盛り上がってよかったね、と言う感じかな」。

 偉業を達成した後も感情を表に出すことは非常に少ない。

 ウメハラ氏を紹介するにあたって面白いと思われる動画はこちら。

 

 実況者は「ウメハラがぁ」連呼。これは後に伝説的な実況として後世に語り継がれることとなった…。

 その後、一時、引退説も囁かれたが、ストリートファイターⅣが稼動するや否や元祖とも言えるリュウで参戦。のみならず、強豪がひしめく都心で勝率9割、BPも全国ランキングトップを独走と、未だ衰えない圧倒的な実力を見せ付け、ついには前人未到のBP16万を達成。(09/2/8時点)。

 ウメハラ氏の海外の人気は非常根強く、そのとてつもない先読み能力や反射神経の高さから"Beast"(ビースト)の異名をもっている。







 梅原氏の説明はこれくらいにしておいて、ストリートファイターⅣの大会動画に戻ります。

 実は世界大会についてはつい先日終了し、優勝者も決定しています。

 その試合内容の動画は既に動画サイトにUPされているので、これはブログの最後でご紹介しますね。



 とにかくウメハラ氏には脱帽します。

 でも格闘ゲームや2Dゲームをある程度プレイしていないとウメハラ氏の凄さはわからないかもしれません。動画見ても普通の試合に見えないってのはホント勿体ないんですけどね。

 sdfghshshsdhsghsgfhsfh.jpg


 まさにモンスターです。 

 まあ…なんといいますか。頭の構造そのものが違うというかね。人間力が違う。

 明らかに規格外の別格人間です。 

 強さという点において際だっているというよりも、戦い方自体がエンターテイメントなんですよね。この人。大会なのに試合がまるでドラマみたいにドラマチックな展開になっちゃうところが不思議です。とにかく最後の粘りが凄すぎる上、発想力が尋常じゃない。

 格闘ゲームが強い人はたくさんいますが、ここまで人を魅了するプレイが出来る人っていうのは皆無に近いのではないでしょうか。

hgfsghsgfhsgfhsghtsrhets.jpg

 まあここまで強くなるのが無理なのはわかりきっていることなので、私なんかは動画を見て楽しむだけなんですけど、自分としてはね。もしかしたら



 動画を見て楽しめる知識をつけるために

 ストリートファイターを家庭用でプレイしてるのかもしれない…




 っていう感じになってきてます。今は動画サイトに強い人の動画が多数アップされていますよね?あれを見るだけで正直充分なんです。でも知識がないと深いところとか読み合いがわからないので、一応自分もプレイしてある程度の領域までは行っておくと。

 こういうわけです。ただ「勝った負けた」なんて見てるだけじゃ勿体なさすぎますから。


 まあずっとプレイしてもあんな動きできない諦めってのもありますけどね。


 おっと。話が長いですか?




  すいません



 それでは動画をどうぞ。







 【スト4世界大会】伊予ダルシム(日本大会優勝) VS ウメハラ (神)

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6810156

 
 白い胴衣がウメハラ。ダルシムの手に昇竜拳キャンセル真空波動拳を当てたところは鳥肌もの。是非この試合では絶妙な間合いから波動拳を撃っているところに注目して欲しい。普通こんな事したらすぐ死にます。

 だからうまくフェイントとか立ち会いで相手にプレッシャーをかけた上で撃ってるんですよね。波動拳コマンドも予備動作が見えないくらい速いので素晴らしすぎる…。もちろん勝負はまさに紙一重。でもリュウとダルシムの試合なんてものは凡戦になるのがほとんどなのに… なんでこんな戦い方ができるんだろうねぇ。










 【スト4世界大会】ジャスティン(アメリカ大会優勝)VS ウメハラ(神)

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6811104


 白い胴衣がウメハラ。ジャスティンがデブのキャラ。ジャスティンと言えばアメリカにおける2D格ゲー界の神です。この方も名前は相当昔から聞くので格ゲー歴は相当長いのではないでしょうか。ある意味では日米トップ同士の因縁の対決。
 
 この試合においてはウメハラ氏の昇竜拳コマンドのマッハな早さと、その状況判断があまりにも速すぎる点に注目。コンマ何秒の世界でモーションを見切ってます。特に3試合目の最後の昇竜拳→滅波動のところの昇竜拳は速い低空のジャンプを見切ってのもので…あり得ない凄さ。もはや人間の反応じゃない…

 ちなみにこのジャスティン選手。

 この大会では4人中2位の戦績だったのでかなり強いんですけどね…。






 【スト4世界大会】 Poongko(韓国大会優勝)VSウメハラ(神)

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6811188

 青い胴衣がウメハラ。白い胴衣がpoongko。韓国大会の優勝者との試合。どちらのリュウもあまりに上手すぎて…というか次元が違いすぎてよくわかりません。ただ同キャラなので実力差もよくわかるんですが、なぜかウメハラがリードしてしまうって点と立ち回りで優位に立ってる事が不思議。

 一体何が違うんでしょうね。このレベルになるとさっぱりです。 威圧感?とか空気感?とかね。画面に見えない世界での読み合いをやってそうな感じ。次元が…違うねこりゃ。



 





 はい。如何だったでしょう。 え? 観てない?

 そうですか…
 
 もはや「ニコニコ動画」内でも、あまりの強さに

 「あれはリュウっていうキャラじゃなくて、もはやウメハラっていう別性能のリュウだな」

 なんて言われているんですけどねえ…。

 春麗にしか興味ないですか。そうですか。

 afdgergetswghesgesrger.jpg
 
 …

 ちなみに

 海外メディアはこの試合の感想として


 「ダイゴは…ダイゴは……やっぱりビーストだったよ」


 と締めくくったようです。


 



  



 最後にXBOXに関するニュースをひとつ。

 ついにGears of War2 日本語版の発売時期が決定した模様。


 gam_gears2tunnelmonster_490.jpg

 
マイクロソフトが『Gears of War 2』を2009年夏に発売すると発表。海外では2008年11月に発売され、販売本数400万本以上のヒットを記録した超大作ソフトだけに期待は高まる。

 日本では海外版からは約9ヶ月程度遅れての発売になる。

  

 ちなみに私は既に海外版を買っているので特に購入予定はないんですが、ちょっと発売が遅すぎる気もしますね。如何に対策ゲームと言えど、今やプレイ動画も多数公開されているし、ファンは海外版を買っている。

 果たして販売数はどうなるのか。

 でも日本盤が発売されれば日本の対戦相手が増えるのは確実なこともあり、GOW2がさらに身近になる。3を考えるとこれはこれでうれしいことかもしれませんね。




















    おまえホント梅原好きだな  
     
        / ̄ ̄\   
      / ∪    \       ____
      |::::::        |    /      \  
     . |:::::::::::  ∪  |  / ⌒   ⌒  \  ウメハラさんの動画をおつまみに          
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \  ビール3杯はいけますが
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |     何か?
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)






関連記事








Edit Comments(30) trackBack(0) |