15

January February March April May June July August September October November December
2009(Wed) 04/15

海賊(拳)のパンチを利用した立ち回りを考察(LV46)(29)

海賊(拳) … Comments(29)

 
 さて。今日も2次スキルのパンチについて

 適当に狩ってるだけでも充分強い2次のインファイターですが、この期間を意識的に過ごすかどうかで後々のプレイヤースキル成長度が変わってきます。

 ではみんなも一緒に勉強してみようよ。
 



 
 ①リーチについて

 最重要項目。まずはリーチに関する感覚を身につける。

 スキルLV20のパンチはどこまで届くか。

 状況はこちら。

 ioh80ph0@j.jpg

 さあさあ。パンチは届くかどうなのか。非常に微妙です。ギリギリに合わせてますから。ちなみにこの距離… ドラゴンナイトのスラッシャーは届くと思いますか? まあハッキリは言えませんが、私は届かないと思いますね。タブン。

 となるとパンチは届くのか?

 答えは





 こちら

 p9oug89o7tg89o7tg89o7g.jpg

 ハイ。届きません。さすがにこの距離が届いたら反則です。

 ではスキルLVMAXのパンチが届くギリギリの間合いというのはどれくらいの距離なのか。まずはそれを把握しなければなりませんよね。

 まあハッキリこれがギリギリだっていうのは非常に言いにくいんですが、なんとな~くならご紹介できます。

 それはこれくらいの距離です。

 p987tgyhhp98yh0@p88uyh.jpg

 ドラゴンナイトのスラッシャーは間違いなく届く距離なのでその職を経験している人はわかりやすいかもしれません。もちろん遠距離職なら確実に届く距離です。

 ただ、スラッシャーや遠距離の攻撃とは違い…

 パンチはヒットした瞬間に自キャラは敵の位置まで瞬間移動。そして「敵を押してまとめる」というオマケまでついているのが美味しい。

 p9o7gp97gyhp0ujh0p.jpg

 格闘家はリーチが短いとか誰が言ったんでしょう。少なくともパンチに関して言えば無茶苦茶リーチは長い。

 ね?

 把握しましたか?

 パンチのリーチ。

 次に応用編としてパンチの隠れた特性をひとつ。 

 自キャラが左向き時(2P側とも言う)限定ですが、ジャンプして発動することで特性の違うパンチを放つことができます。

 どんな特性かというと敵だけ押して自キャラは移動しないというもの。わかりやすくいうと弓系の4次スキルのドラゴンパルス。ナイトロードの忍者ストーム。弓系の2次スキル「パワーノックバック」あれと同じ事ができるわけです。

 ではこれを先ほどのリーチの問題と絡めてやってみましょう。

 
 この状況はどうか。 パンチは届くでしょうか?届かないでしょうか?

 iubg9uogh89pgh9.jpg

 微妙すぎる(笑)。 ほんと0コンマ数ミリの世界ですよ。

 でもあなたは打たなきゃならない。パンチを打たなきゃならない。でなきゃ死ぬ。 そういう状況が今後の狩りにおいてあるかもしれません。
  
 もちろんないかもしれません。

 いや。ていうかむしろパンチのスキルLVを10で止めるとか1で止めるとかしている人にはそもそもこんなのは関係ないかもしれません。

 いやいや。そんな事言ったらむしろメイプルストーリーしてなくてこのブログ読んでる人にはまったく関係が無く無駄な知識かもしれません。

 でもそんな事を言われても困るのです。

 このネタで今日は行くと決めたのです。今更後戻りはできません。 


 というわけで答えはこちら



 iubgb97ugp9gyh0p8yh.jpg

 当たると想像した方はお見事!! 

 こういう感覚は特に格闘ゲームの鉄拳やバーチャファイターにおいても超重要です。当たるか当たらないかギリギリの間合いで立ち回りができる人ってのは基本的に強い。

 特に意味はなくても普段からこういったギリギリ007してると感覚が磨かれます。

 例えば女性とデートしたとき。

 意識的にフッとこちらから顔を近づけてみましょう。あるんです。ここにも。ギリギリ007が。

 突然ね。視線を相手から逸らした状態のノールックである程度まで顔を近づけてみる。

 逃げなければキスしても大丈夫、ちょっとでも避ければまだ無理。

 dfgopsfdjopopgj.jpg

 これは彼女なんかには効果を発揮しませんが、ナンパして数時間しか経っていない関係とかでは非常に役に立ちますよ。

 決して興奮しては駄目です。

 ブチュウ~とか絶対駄目。

 唇に触るか触らないかをしばらく維持する。ってのが重要です。 メルヘンなんです。その瞬間は。

 特にその人と初めての時は


 もちろんつい興奮してしまうのはわかります。


 でも


 こんな強烈のは絶対駄目です。

 difpgjpsdgjsopfgjopg.jpg

 メイプルの経験値吸いプレイヤーみたいに

 汚く吸っちゃ駄目。


 息は整えてから…

 エレガントに




 それがプライドってもんだろ? スマートさのかけらもないぜ。



 …

 



 って


 おっとおっと…

 おまいらの性でつい話が逸れた。

 
 さっきのギリギリ007に戻ります。

 oiijh0ijhipjpj.jpg


 こちらは自キャラが左向き時にジャンプしてパンチを放った場合の例です。

 相手は押されていますが自キャラは場所そのまま。つまり瞬間移動してません。パンチの隠れた仕様です。これをどういった時に使うかというと微妙ですが…

 例えば左右囲まれたときは左の敵をパンチで吹っ飛ばして右の敵を処理するとか、PTで狩ってるときは相手にわからないように左の敵を吹っ飛ばして相手に当てるとか色々使いどころはあるかもしれません。

 





 ②吹っ飛ばした後をどう考えるか

 最大に溜めた攻撃をしてもパンチだけで敵が死んでくれるわけではありません。適正狩り場であってもまだ半分くらい敵の体力が残っている状態が多いはずです。

 この場合追撃をしないと敵を狩れないわけですが、もう一度パンチというわけにはいきません。パンチを放った後は2秒程度のクールタイムがあり、その間はパンチを再度発動することは不可能。

 u9uh9ough79utg879tg.jpg

 つまりパンチは連打できない。せっかくパンチで敵を吹っ飛ばしてまとめても次の一手がなければ宝の持ち腐れな訳です。SSだと敵の吹っ飛び様がよくわかりますよね?

 ここではパンチスキルLVMAX時点での話をしますが

 パンチを打ったらこういう位置関係になる。

 89y89yh89hiohj.jpg

 非常に難しい状態です。2次スキルには他にバックエルボー、ダブルアッパーというスキルがありますが、このうちバックエルボーはリーチも長く範囲攻撃なのでパンチの後に有効かと思いきや

 実はパンチを打った後にバックエルボーを続けて打つことは不可能。

 つまり

 ストレート → バックエルボー

 という連携は使えない仕様のようなのです。どうやらストレートのクールタイムにバックエルボーも含まれているようです。これやると無敵ばっかになるからかな? ネクソンもうまく考えてる。

 こうなると2次時点でできる行動は

 ・1次スキル ストレート
 ・1次スキル ムーンサルト
 ・2次スキル ダブルアッパー
 
 ・ダッシュで近づく
 ・間合いを離す
 

 大体この5つに絞られます。 

 考慮しておきたいのはパンチを放った後は自キャラに2秒間の無敵時間が付加されること。これが重要です。これがないと選択肢はかなり絞られたものになったのでしょうが、無敵時間が付くことで様々な行動が可能になってきます。

 例えば

 パンチ → ストレート → パンチ → ストレート

 こういう選択肢を取ればストレートの間合いさえ間違えなければ永久コンボ。(パンチは発動後わずかに食らい判定があるのでストレートの時点で敵に接触してたら微妙)

 次に

 パンチ → 歩いて近づいてムーンサルト → パンチ

 というのもありますが、これは別にパンチの無敵時間がなくてもできるコンボで実は普通の狩りと変わらない。

 格闘家独自の狩り方としては

 パンチ → ダッシュ → 裏周り → 後方の敵にパンチ → 

 っていうのが格闘家独自で新しいです。パンチを打って無敵時間を作り、ダッシュして相手の裏に回る。そしてパンチを当てた敵は無視してその後ろの新しい敵にまたパンチを打って端へ端へと移動していくのです。
 
 メイプルの敵の特性上、攻撃を与えると以後プレイヤーを追いかけてくるので、端まで行けば勝手に敵が自分で集まってくると言う最高の環境のできあがり。

 これは特に手数のかかる格上の敵を狩るときなどには重宝するはずです。

 他のテクニックとして

 ストレートを打って敵をKBさせた後すぐにストレートを打つと敵の後ろに回り込むような感じで自キャラが移動する瞬間的な裏周りが可能です。

  oiuhiuonhiojio.jpg

 これは

 ストリートファイターなどでは俗に言う「めくり」と呼ばれているテクニックで、この場合ガードが逆になるんですね。リュウ、ケンなどにこれを食らうとそのままアッパー昇竜拳を決められて

 
 ピヨッて…その後もう一回コンボ決められて昇天というね。


 
めくり

 pgjsofjsodpgjsopgjuri.png相手を飛び越すようにジャンプして尻を当てるように攻撃すると逆ガードになるという物。これを「めくり」と命名したのは当時のゲーメストスタッフの誰か。意味はよく分からないが雰囲気は出ている。これも当初は軸を越えて後方に当たり判定があるせいで発生したバグに近いものだったと思われるが、ジャンプ攻撃に限らず「瞬間的にガード方向を逆にする」事を指す用語として、その後もポピュラーな地位を維持した。また単に逆ガードになるという他に、着地後の距離が離れず連続技の安定性が向上する(ジャンプ攻撃命中後相手キャラがヒットバックする方向に着地するため)という特徴もある。



 ターボなどではここから「小足×2→大P(小K+大P)」でピヨリ。

 これは当時はピチピチパーンと呼ばれ

 初心者殺しとして当時かなり猛威を振るいました。



 ストリートファイター2 コンボ集  その1

 
 http://www.youtube.com/watch?v=YYFZmszSV-M

 恐いですねえ。恐ろしいですねえ。

 普通これだけのコンボを決めるには相当な鍛錬が必要なんですが、メイプルストーリーではボタンひとつで誰でも簡単に決められるというね。

 どうせならパンチは昇竜拳コマンドしないと発動しないとかで良かったんだけどね。

 
 



 っと…また

 話が逸れましたが

 パンチの無敵時間を利用し、めくりや裏周りを行うことでこれまでにない狩りが可能と言うことが言いたかっただけです。これはまた動画などでご紹介できる日もあるでしょう。

 でもこう考えると格闘家は移動速度140が必須のような気がしてきました。

 タオルで10、移動丸薬で10、ペットのP装備で10、イカルス(速)で10と色々できることはあるので考えどころですね。
 
 po97tgp97gp988gyh.jpg

 しかしまさか

 スキル一つでここまで記事がかける職業があるとは驚きです。

 この上にダブルアッパー、バックエルボーと増えてきたら一体どうなってしまうんでしょう(笑)。

 
 




ストリートファイター2 コンボ集 その2


 http://www.youtube.com/watch?v=Hlgv-3EpoBM


 このパァーン、パァーン、う~おぅ…

 っていうSEが懐かしくてたまらない;;


 注 動画内のコンボはどれも超絶難易度です

関連記事








Edit Comments(29) trackBack(0) |