14

January February March April May June July August September October November December
2009(Wed) 01/14

メイプルストーリー ついにデフレ現象、そして時代は課金インフレへ?(115)

MapleStory … Comments(115)

 インフレが絶望的に進行し、もはや神姫プレイヤー獲得は風前の灯火であったメイプルストーリー経済がついにデフレに転換した。

 デフレに転換したのは2008年10月後半。

 それも並大抵のデフレ現象ではない。波はかなり大型。その勢いはインフレが一気に加速した加速度とほぼ同じ。

 なんと現在は過去のインフレと同じ規模でデフレが起こっているのである。

       / ̄ ̄ ̄ \ 
      /   ::\:::/:::::\
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |    インフレ … 物の価値が上がること。
    \     ` ⌒´   /    デフレ  … 物の価値が下がること。
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ  
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


 言葉で言ってもわかりにくいと思うのでその相場の推移をグラフにしてみた。

 是非参考にして欲しい。

 まずはmaple武器強化では一番高価な投擲書30%の推移。


 dfgdgegergtreytretyrhrth.png

 グラフの相場価格は結構適当な値だが、推移はたぶんこんなもんだと思う。 
 

 思い出して欲しい。 

 ・4次職が実装されたのが2007年4月。
 ・チートなどが横行し明らかに高額メル取得者が増えたのが2007年9月。
 ・そしてホーンテイルが解放されたのが2008年の4月。

 この3つの要素で見えるインフレスパイラルのからくり。


 4次が直接の原因じゃない?チートも直接の原因じゃない?

 恐らく引き金となったのはホーンテイル解放ではないか。

 それが発端?プレイヤーは4次職としてのさらなる強さを望むようになり、もともとチートで大量に出回り飽和状態だったメルが一気に市場に流れ込む土台ができた。

 そもそもホーンテイルに行くようなキャラLVになると

 LVをあげるよりも強化してAPを稼いだ方が明らかに効率的なのだ。


 ランカーは多量の強化書を欲したのではないか。そしてMP→HP振り替えのために大量の¥が必要になりメルを量産したのではないか。

 そしてMTSにより¥を切手でメルに換金するプレイヤーも増加した。

 この時期恐らくメイプルストーリーの取引はかなり活発化したはずである。


 そこを見逃さなかったのがRMT業者。(ゲーム内通貨を¥で売る団体)
 
 これをチャンスと判断し、持ち前のチート?というか狩り?と商売力で

 大量のメルを生産そして放出したのではないか。

 それを証拠に強化書の相場はホーンテイルが解放された2008年4月頃から急上昇。
 
 チートが横行した2007年後半もインフレ状態ではあったものの、それほど顕著な相場上昇はなかったにも関わらずである。


 そしてこれに追い打ちをかけるかの如くアルマゲドンが到来。

 
 横行するチート、RMT業者から流れ出るメル、ホーンテイル、希少スキルブックによって起きたキャラの強さへの再要求によって引き起こされた過度のインフレを収束させるべく
 
 ネクソンが大胆な手を打つ。


 
mario_kinopio.gif2008年7月メンテナンスをもって、全ワールドに存在する
        「プレミアム切手」の全削除を実施するぉ。



 プレミアム切手廃止時の記事


 プレミアム切手とはご存じの通りゲーム内通貨のメルをリアルの¥に変えるアバターアイテムのようなもの。このアイテムが消去されるとメルを¥に変える簡易な手段は消滅する。同じ事をするにはMTSで高額アイテムを売却するか、¥でMTSで欲しいアイテムを買うかのどちらかになる。

 こうなるとRMT業者は商売上がったりだ。

 そもそもネクソン公認のリアルマネートレードであるqu284.gif「プレミアム切手」 こそが¥でメルを変える架け橋となってくれていたわけであったわけだが

 プレミアム切手がなくなってしまうと、自サイトでWMによるリアルマネートレードをする事が中心になってしまう。こんな面倒で危険な橋を渡るユーザーはそもそも限られている。
 
 RMT業者はこの9月の時点でMapleStoryに見切りをつけ、その財産メルを市場にバラまいたのではないか…と推測される。今後は商売活動がしにくくなると踏んだのだ。

 さすがというべきか…

 その予測は見事に的中。(意図的かも?)

 2008年10月を境にメイプル経済は一気にデフレへと発展。

 先ほどの投擲と合わせて弓書30%の相場変動もご用意したが

 rgijsdrgijeroprejgpoej.png

 やはり同じように2008年4月から高騰し、10月から収束している。

 しかし何度見ても驚かされる。

 投擲書はたった半年で10M→400M(楓)までの変動を見せたのだ。

 弓書に関しても4次パワーで07年4月を境に

 1M→4~5M程度にまで上昇。しかし08年4月からの10月までの需要は常識を逸脱しており

 なんと5M→240Mまで上昇している。たった半年でだ。

 それほどまでにチート…もしくはRMT業者のメル所有量というのは多かったということだろう。そしてこれほどのメルが市場に溢れたということは…


 qu284.gif「プレミアム切手」を通じて一体どれほどの¥がネクソンポイントに変換されたのか想像もつかない。

 dsfkgjsdfgjfdgjfdspgjfsgpr.png
  
 もちろんトーキョーの実装やメイプルメーカー実装の影響も微妙に影響していると思われるので…デフレが一体何が原因で起こったのかというのは一概には言えないんだけどね…。

  
 さて…まあ勝手に考察を書いてきたけど

 実は原因なんてよくわからないのであんまり真剣に考えないようにして頂きたい。 
 

 大事なのは次。

 これからどうするかなのだから。

 まあいくらデフレの進行が顕著だとしても2008年4月時点の相場推移にまで落ちることはないと思う。そこまではさすがに行かないだろう。

 何しろ露店ユーザーがそれを許すはずがないのだ。

 いくらメルの価値が上がってきたとは言っても

 今まで300Mで売れてた投擲書を

 2008年4月時点での10Mなんかで出せるわけがない。10Mなんてゴミだって意識がほとんどのプレイヤーに残ってるんだから。

 


 それに別に適正相場で店に出さなくても強化書はある程度は売れていくと考えられる。何しろカンストしているようなキャラが今まだたくさん残っているだろうから。

 このインフレが残した遺産はしばらくは続くはず。

 そもそも一度味わった味なんて簡単には忘れられないのである。 

 メルの感覚が麻痺してるので、下がる相場に対し少しでも抵抗しようとするはずだ。たった半年だったインフレはプレイヤーにとんでもないバブル思考をもたらしているはずだ。

 ここがひとつのメイプルストーリーの変わり目になると思う。 

 今までのmapleStoryの歴史を見てみると




 ofidhgsge98ruyte8593tyw89eyt9.jpg


 

 2006年 
 この頃は新規ユーザーを如何に獲得するかのオンラインゲーム戦国時代。とにかく無料を餌にプレイヤーを集めまくった。このときはユーザー思いの運営で¥もそれほど要求しないサービス運営。実際必須Pアイテムはサクチケ、ペット程度だった。

 2007年
 撒いた芽を刈り取る時期。アニメ、CMを盾にさらなる宣伝攻勢。そして無料で大量に集めたプレイヤーが¥を落とし出した。これチャンスとばかりに新アイテムのPアイテムを次々と実装。そして必須Pアイテムも増えてきた。無料ゲームの面影はすっかりなくなりリアルマネー優遇体制に変貌。¥を産む木である「プレミアム切手」も大推奨。

 2008年
 新規ユーザーは少なくなってくる、しかしそもそも無料でゲームをばらまいたこともあり、新規ユーザー獲得の伸びシロはもはや限られていた。つまり必然。となると既存ユーザーから¥を取るしかない。4次の実装。バグの多いMTSも無理矢理運営。そしてホーンテイルを解放。
 これにより新規ユーザーを産まなくても¥を産む体制を樹立。だがこのままだと経済が破綻してしまうので同時にトーキョー、メイプルメーカー実装、不正アカウント削除(RMT業者等)でインフレに歯止めをかけてみた。

 2009年
 ¥巻き上げ仕上げの年。思惑通りインフレは収束し、デフレスパイラルに突入でメル問題はなんとかできた。だがこれにより大量のネクソンポイントがプレイヤーの財産に眠っている。プレイヤーの懐にネクソンポイントが大量にある限り多くの課金は期待できない。さらなる必須Pアイテムの実装が必要。
 
 

 


 とすると…次に打つ手は…

 おわかりでしょうか皆さん。

 次に来るのが何か。

 これは多分ですが。

 インフレ時代の遺産で残ったネクソンポイントの回収を行うんじゃないかと。
 
 まずどうするかというと


 ①とりあえず購買意欲のそそるポイントアイテムを次々と実装し(トーキョーのチケットなんかがその良い例かも)ネクソンポイントを回収する。あくまでも回収というところがミソ。課金させる…なんて無理矢理エグイ事はしない。

 ②インフレ遺産のネクソンポイントがある程度回収できたところで、満を持して誰もがほしがる眉唾Pアイテムを実装。この頃から無理矢理課金的な事もちょっと臭わす。


 という流れになるのではないのかなと。

 つまりmaplestoryは最後の締めに入るのではないかと私は予想しています。

 デフレで経済が元に戻ったら後は今残ってるネクソンポイントの回収。

 それしかないでしょう。

 rg54yegegergeg.png

 

 そんなにうまくいくのか?

 と思う方もいるでしょうが、人間の心理を突くには上記の方法が最適なのです。まずはPアイテムを小出しにしておいて最後のド~~ン!!

 これです。

 ネクソンポイントが¥と同等と言ってもですね。財布の紐はゆるいんですよ。凄く。
 
 だって今あるネクソンポイント… あなたが課金したものじゃないでしょ?

 って人結構居ると思うんですよね。MTSで得たとかさ。

 人の金なんですね。つまり。

 この場合、自分の¥を払う場合と人の金を使う場合では

 お金を使う意識に5~15倍の差が出るらしいです。(個人差あり)

 つまり自分の身を削る金なら 「ルシフェルの剣 5000円」 は買わないけど(ある意味まとも)

 MTSで儲けた人の金なら 「ルシフェルルの剣 5000円」は…

 つい買っちゃう

 って事です。これは統計学上明らかなんですね。

 使っちゃうんです。ついね。 



 まあネクソン側としてはそこにどんなアイテムを持ってくるかでしょうねえ。 




 …


 課金して貰わないとゲームとしての運営が成り立たないというのが大前提…

 とするとプレイヤーが強さに執着してくれないと困る。

 絶対敵やボスの強さのインフレは止めちゃいけない。

 するとプレイヤーキャラをもっと強くできなければならなくなる。

 …

 こうなると

 LV200カンスト制限を解くしかないと思うんだけど…どうでしょうかねえ。

 だって無課金でMTSで儲けてサクチケとかザクチケとか買えてる人も結構いるんでしょ? それでなんで運営が成り立つのかかなり不思議。だって新規そんなに入ってないんだよ?

 誰がMTSに課金してるんだ… 一体。 

 プレミアム切手がなかったらMTSの利用価値はかなり下がると思ってたがそうでもないのが不思議。

 全然構造がわからない。

 課金を低年齢層がしてるとは考えづらいし…  意外と高レベル層が課金してるのか!?



 まあいいでしょう。


 どっちにしても今後打つ手として

 私なら

 ①LV200カンスト制限突破券  5000P
 ②LV300カンスト制限突破券  5000P

 をまず実装して、みんなにLV200突破をどんどん目指させるために

 ②3倍サクサクチケット実装 2000P
 ③4倍サクサクチケット実装 2500P

 とするでしょうか。

  rthtrhyujikuykyj.png



 非常にビジネスチャンスですよね。

 考えただけで儲けがウハウハです。

 4倍サクサクチケットなどはLV200がカンストである以上実装することができませんが

 LV300がカンストならば実装しても無問題でしょう?

 でも4倍サクサクチケットだと購入意欲がそそらないので、当て付けとして3倍サクサクを実装しておくのがポイントでしょうか。


 え? そんなの実装されるわけがない?


 う~ん。そうかもしれませんね(笑)。
 
 ちょっと極端すぎるか。こんな発想しか浮かばない私が運営したらメイプルストーリーは潰れるな…こりゃ。





 けどLV200カンスト突破券とサクチケ4倍券は絶対に売れるはずなんだけどなぁ。

 そしてmaplestoryの新規ユーザーが頭打ちだとすると、あとはジリ貧。とすると今の内に設けておくのが得策。そうなると考えるべきはタイミングを逸脱せずにいつ思い切った設けの手を打つのかだ。

 思い切った儲けの一手。

 思い浮かぶのは何? って聞かれたらあなたならどう答える?











 うん。

 2009年末には答えが出てるよ。きっと。

 



 みんな知らないんだ。きっと…

 メルのインフレよりも恐いのは何かって事を。


 メルのインフレは実被害がないけど

 もし魅力的なアバターアイテムや月額課金対象アイテムがこのまま増え続けたら…



 pjpojgodfgjdfsopgjdfsopgjfsd.png

 なんてことになってしまうかもしれない。

 恐らくこのギャグを笑えないプレイヤーは今多いと思う。

 もう5年も経った。現実的にそれくらいの課金をしてるプレイヤーも居ると容易に想像できる。50万円はちょっと言い過ぎかもしれないけど10万円…くらいなら現実的かな?

 これが高い買い物か安い買い物かはこれからのメイプルストーリー次第。 


 2009年メイプルストーリーは月額課金対象アイテムが絶対増える。



 本当に怖いのは

 つい買う気にさせられる魅力的なPアイテムの実装だ。

 サクチケ以上に麻薬的なPアイテムが実装されたら…

 これは怖い。
 



 とにかく…



 ¥のご利用は計画的に…。










 この記事は「メイプルストーリー 全職業のスキル強化パッチ」へ続きます。


関連記事








Edit Comments(115) trackBack(1) |