05

January February March April May June July August September October November December
2008(Wed) 11/05

結婚相手を探す時に見返して貰いたい記事(88)

財前ゴウの総回診 … Comments(88)


 はい。
 
 皆さん結婚に関するコメントありがとうございます;;

 どうもこういう話題だとコメントの内容が違ってきてますね。

 いつも静観して見てる方々がコメントに出てくる感じでしょうか。

 コメントを見させて頂いて思ったのが、「皆さんは結婚に関してどういう風に感じてるな?」なんていう疑問。 

 いや。私の結婚じゃなくて自分自身の結婚についてですね。

 まあね…

 実はね。

 というかね。

 できるだけこういう記事は避けたいのが本心です。

 なぜかって。ネタ的にかなり危ないからです。

 このブログは週に数回彼女が巡回してるので、あんまり私の心情というか、結婚に関する深い内容を書くと非常にまずいわけです。
 
 わかるでしょう?

 あんな大学回想みたいね。心理状況の内部の内部まで書いてしまったらリアルでやっていけるわけがありません。過去の話ならいいんですよ。終わったことですから。

 ただリアルタイムだと超厳しい(笑)。

 つまり現時点でね。

 彼女と結婚することについての心理描写というか深い内容の記事は絶対に書けないというのが本音。匿名なら書けたんですけどね。

 正体バレバレですから。 めいぽの仲間も結婚式に数人呼んでますしね。

 今や繋がっちゃってるんです。

 dfgujdf09gu09gutg.png



 めいぽとリアルが…。

 そして

 ブログとリアルも…

 もはや私の中ではめいぽもブログもネットも全然仮想世界じゃなくなってる。 

 どれかに影響が来るとすべてに影響が及びます。

 
 これが良いことなのか悪いことなのかというと難しい。

 匿名ブログで匿名を貫き通すと心情や考えてるすべての事が書けますし、何か書いても被害は一切ありませんが、リアリティに欠ける。

 なんか違うでしょ? 安全地帯から石を投げてるだけというかね。

 ほら。陰口は叩くけど、いざ面等向かうと何も言えなくなるという

 そういう人周りにいるでしょ。

 まあこれはこれで全然いいんでしょうけど、私の症には合わないんでしょうね。

 ゆえに今のこの状況は後悔してない。



 …




 でですね。

 最近は「結婚しても無駄」「むしろ金かかるだけ」「結婚制度はおかしい」なんて風潮?みたいなのが一部にはあって、地域によってはデモが起こったりもしてるようですね。

 昨日のコメントにも「結婚批判」はありましたよね。(ネタっぽいけど)

 まあ気持ちはわからないでもないけど…

 しかしねぇ。実際どうなの?

 結婚なんて遠い先の未来の話だから考えてないなんて人もいるでしょうけど、結婚ていう認識ってね。










 相応の年になったらしなきゃならない。



 しなきゃ親が悲しむ。

  








 なんてところがありませんか?

 私なんてまさにそれです。

 結婚に関しては20代前半から意識しだしたんですけど、これはですね。

 「なんとか30歳になるまでには結婚したい」

 なんていう漠然とした目安があったからです。

 なぜ30歳か、というと説明が難しいんですが、ただ単に


 30歳くらいまでには結婚しとかんとまずいよなあ


 なんていうKYというか、世の風潮というか、社会のKYというかね。


 pdjuggdfpgjudafpgudfpgjdafop.jpg


 いや。別にそうしなくても全然問題ないんですけど、なんかわからないけど「30歳までにはしとかんとアカン」的なものってないでしょうか?

 恐らくこれは周りの親戚だとか、周りの知り合いだとかね。親とかね。

 圧力かかるじゃないですか。普通。


親戚のババア「財前君はいつ結婚するの~?」

親戚のオヤジ「財前。おまえそろそろするのか?ん? いい子いるのか?ん?」

爺「死ぬまでに孫の顔が見たいのぉ フォッフォッフォッ…」


 こういう圧力。

 自分がそう思わなくても勝手にかかってくるんですよ。生きてると。

 
 そうするとですね。段々と自分の中でも「あ~そうか。30になるまでにはせめて結婚しとかんと色々言われそうだな~」なんていうKYが生まれてくるのです。

 つまり

 結婚後は大変だとか、金がどうとか、女の本性がどうとか
 

 こんな事は一切関係ないわけです。

 そんなものよりも断然大きい要素が


 絶対に結婚しなければならない。できれば適齢期で

 
 そう。

 結婚はやらなきゃならない。絶対に。理由はないがそんなのは関係ない


 そういう気持ちでした。

 後の事なんて考えてるわけありません。

 とにかく人生に立ちはだかる必修の壁。


 としか思ってなかった。

 私を含めこういう人多いはずなんですけどね。

 そうでしょ?

 もちろんしたくない人も大勢いるんでしょうけどね。


 ただ難しいのが

 結婚したいと思ってる人でも、そう簡単に結婚できるものではないということ。

 いや。結婚は簡単にできるかもしれない。


 pohofphjhgjoghjpoghgtgfhrt.jpg



 しかし「その後!」がありますから。

 できれば居心地がいい相手としたいわけです。40年連れ添っても大丈夫な人としたいわけです。

 そう。つまり恋人。彼女ということです。

 ということは彼女がいてね。

 ラブラブであればその時にプロポーズすれば、結婚することは恐らくたやすい。

 結婚という目標はとりあえずクリア可能。



 しかしここが落とし穴。

 好きな人だったら誰とでも結婚していいわけではない。
 
 数年先には好きじゃなくなるかもしれないし、一緒に暮らしてみると悪いところがみえるかもしれない。

 だから彼女がいるからといって先の事を考えると簡単に結婚はできない。

 ここが難しい。

 
 私は結婚が人生の壁といわれる由縁はここにあると思ってました。

 今までやってきたことがすべて無駄になるんです。

 相手を間違えるとね。

 例えば

 もの凄くおしゃれに気を遣ってるイケメンのモテモテ君がいたとして。

 女なんて選びたい放題としても。

 結婚相手を間違えると死亡。 終わり。 終焉。

 逆に今までほとんど女性に興味がなく土壇場になって焦ったブサ男がいたとして。

 女性とつきあうのも一苦労として

 でも運良く結婚相手に恵まれると。 逆転サヨナラホームラン。
 


 これまで20数年しか生きてきてない。
 
 結婚後2人で生きていく時間はその2倍の40年↑


 明らか。結婚をするという意志がある者にとって

 その相手が如何に重要な要素を占めているかは明らか。


 恐らく就職活動…会社選びにも凌駕する程の重要性。



 …



 離婚して相手を見つければいいなんて裏技はあり得ない。

 そういう夫婦がうまく行くとは思えない。

 何があっても絶対に別れないという

 絶対的な縛りがないと信頼関係は恐らく築けない。 
 
 それに結婚式には会社の上司やらお偉いさんやらが祝福に来てくれるわけで…


 恥をかかすわけにはいかないし、顔をつぶすわけにもいかない。



 …


 ただそんなこと言ってもデスね。

 じゃあ誰と結婚すればいいの? 私の結婚相手はどこにいるの?



 なんて誰も教えてくれないわけです。
















 これが痛い!!










 痛すぎます(笑)。

 ドラクエ5のようにね。「私とあの子どっちを選ぶのよ!!」なんて状況には頭を悩ませたものですが、こんなの天国ですよ。

 middle_1149382745.jpg

 いるんですから。目の前に。

 お膳立てがあるわけです。
 
 しかしリアルになると厳しすぎる。


 そもそも

 そんな女性いないんですから。


 ゲームとは違ってノーヒント。


 そう。 ノオォォォォォ~~~~~

 ヒントだ。

 しかもだ。こっちが一生懸命真剣に差がしてるのに

 分厚い被ってる女とか、超キャピキャピぶりっ子とかね。

 はぁぁ!? おまえ家でもそんな態度なわけないだろ。


 と突っ込みたくなるような奴がそこら中にゴロゴロ。

 顔だけ見てこんなのと結婚したら死亡確定。

 バカならまだ見抜けるが知的な顔して男を巧妙に騙す女もいるので始末に終えない。

  
 まさに四面楚歌

 
 特に私のように「女とただSE●したいだけ」で生きてきた人種は

 結婚モードの女性を捜すのは多大なる労力を要する。
 

 これ。簡単なようでかなり難しい。

 SE●はこの際関係ない。結婚には無関係。そもそも結婚したら何回でもやれるわけで…。

 ナンパのようにSE●するために如何に口説きテクを…

 なんて事じゃない。

 腰をじっくりすえて見なきゃならない。

 直視するのだ。


 もちろん見るのは

 股の間じゃない。
 
 毛でもない。

 そこも見るけど

 

 見るのは…





















 心だ!!

  osyou2.jpg

 その子の中身。本心。誠意。本性。つきあってきた友達。


 相手のそこを見なきゃならない。


 私も社会人になって数年間はそういう風に自分を言い聞かせてきた。


 こんなことグダグダと書いてきたが


 こんなくらいの事はわかってたのだ。


 それを証拠に記事をここまで読んでみて「そんなのわかってるよ~」と思ってる奴も多いだろう?



 ん? やはりそうか?


 




 フッ…

















 この甘ちゃん野郎が!











 口で言うほど簡単なものじゃない。

 ナンパモードで生きてきたんだぞ?

 そこから結婚モードに切り替えとか


 いきなりできるわけないだろ。

 
 この数年間の私の経験が如何に苦いものだったか。

 みじめだったか。



 想像もつかないだろう。おまいらには。



 いいか。


 いくら頭で心、心なんて言い聞かせてもな。


 結局見てるのは女の顔であり下半身。


 これは不変。

 どうしようもない。だって本性だし遺伝子だもん(*ノωノ)





 というより結局自分の息子。ていうか下半身のうずき。

 ここが反応してしまう。


 やらないか


 と。

 
 結局下半身で判断してしまうのだ…。男というのは…


 バカだと言われようとそうなのだ。

 
 これが本音


 どうしてもこうなる。



 例えば心の素晴らしく美しい女性と出会ったとしよう。それこそ清流のように綺麗。一点の曇りもない。

 結婚相手としては申し分ないさ。


 だがな!?




 こんなのが同時に現れたら

 dfjgjddpojgopdgjdopgj.jpg
 

 結局こっちを選んでしまうんだよ!!

 は? もちろんバカだよ。

 こういう女は大概バカだ。

 だがおまえは甘い。

 いいか。例えその女がバカでもな。

 悩ましい太ももとエロい胸元に目がいくと


 「ま…まあ。少々性格に難はあるが、こいつはこいつで良いところもあるし… 結婚す…」


 なんてとこまで行ってしまうんだよ!!

 つい言いそうになる。

 恐ろしい誘惑だ。

 今思うと、こういう誘惑は過去数年間で5回6回じゃない。それこそ凄くあった。


 その時、その時でこういう邪念に打ち勝たねばならないという辛さ。

 おまえにわかるか!?

 そこに美味しそうな太ももがあるのに

 oijgidjgdjgpdfgjdofpgjdopfgjdfopgjop.jpg


 それを舐められない。諦めなければならない。

 舐めようと思えば舐められるところまで行ってるんだぞ?

 これをきっぱり諦めるという辛さ。


 あり得ない。今までは

 こんな選択あり得ない。



 だが選択しなきゃならない…


 …


 この辛さが

 わかるのか?おまえに。

 giehgiegegheesaregt44tr523.jpg

 
 目の前にSE●があるのに、その彼女のために諦めなければならないという辛さ。


 とんでもない苦行だ。

 そういう誘惑をひとつひとつ。排除していかないといい結婚相手には巡り会えない。

 それを証拠に今の結婚相手を見つけるまでの

 私の最高でつきあった期間というのは3ヶ月しかない。

 社会人になってからは例外なく3ヶ月で女と別れてきた。

 そこで見極めなければならないのだ。

 下手に1年やらつきあって見ようとしたら後に引けなくなる可能性がある。

 早急に善し悪しを判断し、次の子にアプローチするのが

 自分にとっても相手にとっても有益なのである。


 正直7人以上の子とつきあい、そのつきあった子の内の1人は親友と結婚とか訳のわからない事件まで起きて大変だったよ。マジで。

 一応今の彼女は

 それだけの苦労をしてまで見つけた結婚相手ということになります。


 一旦決めた以上は何があっても別れませんよ。

 それが礼儀。 縛り。

 
  =====○)д`);.・;゛;ブッ  


 バカ野郎。縛りとか言っちゃ失礼だろ。

 乞食航海記じゃないんだぞ。


 っていってもあれも毎日更新という縛りをした以上は完遂したわけで

 …そういうね。結婚するって事はお互いに縛りみたいなのも必要ってわけですね。

 自然体だけでは難しいでしょうね。





 まだ結婚してない人。


 たくさんいるでしょう?


 女は好きですか?

 
 お股はお好き? エロい女はお好き?


 該当する人は


 結婚モードになって誠実な女性を見つける段階になると




 私と同じく大変な苦労をなさることでしょう。




 …




 逆に始めから女性のお股とかエロさなんて関係なくて、中身だけ?で女性を彼女に選定して生きてきたような方は

 案外簡単に結婚相手を探せるかもしれません。

 


 ここまで読んでわかっただろう。

 エロが嫌? エロなんて嫌い?

 これは大間違いと言うことだ。

 見ろ。私の人生を。

 エロと誠実が密接に関係している。

 エロなくしては誠実はありえず、誠実なくしてエロはありえない。


 つまり両方表裏一体。

 どちらが欠けても駄目だったのだ。


 誠実とエロ。

 どちらか一方しか知らないなんてただの無知でしかない。

 両方知ってこそって事だ。

 
 だから私がエロ記事書いても怒ったりするな。いいな。


 ああ。


 あと言っておくが今日のはエロ記事じゃないぞ。

 これは大まじめの記事だから。

 これをエロとか言う奴は出直して来いと言いたい。

 いや

 むしろ言いまくりたい。


 エロ本読んで出直して来いと言いまくりたい。

 

 まあいい…

 とにかくそういうことだ。


 エロがあったから今の彼女を見つけられたし、本当の姿を見ようとできた。


 これが言いたかっただけ。


 ていうかあんまりエロ、エロ言わすな。あんまり変な語句入れすぎると親子ネットに引っかかるんだよ。こんな真面目な記事なのに親子ネットにまた引っかかってたら泣けるわ。

 親子ネットにも言いたい。

 言いまくりたい。


 この記事だけで判断するなと。

 過去780記事をおまいは読んだのかと。

 その上で判断した認定かと。


 あのプログラム野郎が!


 …

 って話が逸れてきた




 今日はこの辺で…。


 






 
 podsfjgopsdjhgopdjodfspgj.jpg

 以前Fable2の紹介をしましたが、Fable1が終わってしまったのでまたオブリビオンに戻ってます。やっぱり… 甲乙つけがたいなあ…このソフト。長く遊ぶならやはりオブリか。






関連記事








Edit Comments(88) trackBack(0) |