--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

15

January February March April May June July August September October November December
2008(Wed) 10/15

海外記3-3 … 世界的有数企業の…副社長(53)

海外滞在記 … Comments(53)

 さて

 今こうして海外出張に来ている私だが
 
 なぜ来ているのかということを今日は説明しなければ話が繋がらないので一応しておく。

 うちの会社は徳島に本社があって、あとは支店が全国にちょこちょこあるだけの…しょうもない農業畜産系の中小企業なのだが、農業畜産分野というのは世界共通の機械や施設を使ったりするのは意外と知られていない。

 まあ簡単に言うとPCやテレビもそう。そして日本は車や精密機械については世界で見ても強いのだが、残念ながらトラクターやら動物舎やらそういう関係のものはあまり進化してない。

 もちろんこれは農業を誰もやるやつがいないからなんだけどね。

 今はマジで老人しかやってない。てことは機械を買うなんて発想はでない。そりゃそうである。60歳の人が30年ローンでトラクターなどを買うだろうか?
 
 買うわけがない。

 それに欲もない。このような方々日本の貧しい時代を経験しているので… そんなに儲けようともしない。要は食えて生活ができればそれでいいのである。現時点で充分贅沢だと思ってる人は多い。

 こんな方々が日本人の食生活を支えている。

 こんな方々が作った飯を食いながら、若者は「あ~金になる仕事ねえかなあ」「は?農業?ダセエw誰がするんだよ。そんなキツイ仕事」「あ~暇だぜ。コンビニでも行かね?」

 ていう感じでいるわけだ。

 近い将来どういう食糧問題が起こるかも知らずに…。



 「日本は大丈夫」なんて甘く思ってる人が恐らく8割以上だとは思うが

 これは日本の中でいるからそう思うだけで

 外国では誰もそんな事を思ってない。

 まあこれ…突き詰めるとかなり凄い事を書けるんだが… そこまで書く必要はないのでここで止めておく。

 こういう土壌では農業機械産業もそんなに伸びないのは周知の事実。

 となると良い物を買おうとなるとどうしても外国の企業のものになるわけである。


 そう…。そもそもの食料だけでなく、その食料を作る機械すら

 外国産なのである。今は。

 そのうち労働力も外国人に頼るようになるかもしれない。

 
 まあしかし機械に関しては心配することはない。日本企業が本気を出せば車と同じくね。すぐにコピーしてもっと良いものを作っちゃうとは思うけどね…。 今は採算が合わないからそうしてないだけだ。

 で、、そんなこんなで(後は想像してくれ)外国企業とうちの会社は色々な意味でつきあいがあったりしたわけだけども、外国企業というのはよく買収されたり、吸収合併されたりするわけだ。

 例えば

 私の会社がAという会社とパートナー関係にあったとしよう。

 規模は同じくらい。

 しかしだ。

 Aという会社が大手企業のBに買収されたとしよう。

 するとAはBになりいきなり巨大企業になる。

 つまり規模的に同じだった私の会社とAという会社は
 


 いきなり


 こういうことになるわけだ。


 djfpidjfopgdsjgpodsfjopjg.jpg


 もっとわかりやすく説明するとこうだ。




 
AくんとBくんがいました。彼らは親友でした。ずっと友達です。

 BくんはCくんに出会いました。CくんはバンドのボーカルだったのでB君をバンドに誘いました。

 その後BくんとCくんのバンドはデビューしました。CDは2000万枚売れました。

 でもAくんとBくんの友情は変わりません。今でも親友です。





 おわかりだろうか。AくんとBくんの友達関係は何も変わらないがBくんを取り巻く環境は多大に変化する。なにせBくんは有名人になったので日本中で知らない者はいないのだから。

 反面Aくんは何も変わってない。

 同じだ。

 だが、Bくんが有名になったことで何かしらの恩恵はあるかもしれない。


 …というわけだ。

 つまり私の会社も海外に4~5社の取引先があって有効契約みたいなのを結んであるわけだが、突然その会社が大手に吸収されてしまい、今やパートナーは
 
 メチャクチャ大手ばかりになってしまってるのだ(笑)。

 わかるだろうか。

 つまりこれは私の会社が大きいとか対等に見られてるとかそういう事じゃなくて、相手が勝手に巨大になっただけなのである。

 でも有名になる前からのつきあいがあるので、ずっと大事にしてくれるわけだ。

 友達でもそうだろ?

 有名になったらそりゃあどんどん新しい友達はできるさ。

 でもきっと… 心の底から信頼できる友達は…有名になる前の友達だったりするわけだ。


 つまり昔なら社長が一人で海外にいってね。田舎のその会社訪問してコーヒーでも飲みながらね。あ~だこ~だとペチャクチャ作業着で夢をだべってればよかった交渉事も

 相手が大手になっちゃったもんだから都会のど真ん中のビルに行かなきゃならなくなり。口約束程度で済んだ事項も何枚もの契約書を書かなきゃならなくなる。そして当然のごとく社長ひとりで「お~う。ひさしぶりやな」なんて訪問するわけにはいかない(笑)。

 そりゃあこっちも品質管理の担当とか技術担当とか連れて行かなきゃ格好にならないわけよ。

 とまあそういうわけだ。

 ここで今日の題目の副社長という事に繋がる。


 まあ…だいたい予想はできるだろうけど…

 これがね…。とんでもないお方だったんですよ。

 いやね?


 いつものように取引先に行ってたわけですよ。今日。それで仕事して食事に行ったわけです。

 するとですね。外人がなにやら騒がしくなったんですよ。

 そっち見ると

 なんか変なメガネかけた人が歩いてきて

 「ハロー」なんていうわけですよ。

 そしたら取引先の外人達は一向に立ち上がって握手してるんです。

 私も「は?誰?このメガネ。芸能人か何かか?」ってなったんですね… こんな感じで



財前「なんだ?あのメガネ。やけに人気だね。おい通訳。何者か聞いてみて」

通訳「うちとは関係ないですよ。多分取引先のお客様か何かでしょう」

財前「ああ。なんだ。お客さんか」




通訳「うん?」

ジョン「ペラペラ ペラペラ」
 
通訳「!?」 

ジョン「ペラペ~ラペラペラ」

通訳「ざ…財前さん」

財前「ん?」

通訳「この人… T社の副社長らしいですよ」









































 なんとこのメガネ。超巨大企業Tの副社長だった!!
















 その瞬間私は直立不動。

 舐めちゃ駄目だ。

 私の取引先の会社のB社は前からつきあいのある、その辺の企業だからいいんだが、ここの親会社?に当たるT社というのは…

 いや。私も実際に行ったことはないのだが、世界有数の企業。ニューヨークに本社があって、年商4000億突破してて…世界中に支店があって、社員が世界に30万人以上いるという… 正直うちの会社なんてデコピンされただけで消滅するような会社なのである。

 そこの副社長…

 つまりNO2だ。


 いいか? 30万人分の2の男。


 恐るべき人だぞ…これは…。



 次の瞬間私の脳は変わった。

 それまではタダのメガネ野郎に見えたその人間












 今や私にとって





























 ラオウ様である。

 raoh.jpg


 まさに世紀末覇者。

 親会社のT社…。噂には聞いていたが…。

 その副社長がまさかこんな田舎猿の集団に会いに来てくれるとは…。

 いくら私たちが日本の代理店として商品を日本で売っているからとはいえ
 
 出てくるような存在ではないはずだ。

 私たちのパートナーの取引先の社長でさえ、親会社のT社の上層部とは会ったことがなく

 「親会社の上層部? 話すなんてとんでもない。特に副社長クラスより上となると話すなんて…物理的にノーチャンス(不可能だ)」

 と言っていたのに…。

 
 それまではヘラヘラ通訳してるだけの通訳君が青ざめている。

 なにせ彼が通訳しなきゃならないんだからな(笑)。一番緊張しているのは彼かもしれない。

 そりゃそうである。ちゃんと通訳しないと

 ラオウの怒りに触れるとも限らん。そうなると首間違いなし。

 まさに首をかけた恐るべき食事だ(笑)。 

 
 そして副社長が席についた。

 当然真ん中。そう。日本でも上座などという風潮があるが、日本とは違い、海外では基本的には真ん中の席が偉いひとが座る席。

 日本人はよく間違えて、上座は上の方の席と思って、遠慮して真ん中から座るバカがいるが、外国でそれをすると自殺行為に等しい。

 新入社員や先輩が日本語で話し出す
 

義則「へぇ~あの人がT社の副社長なんスか。普通のおっさんッスね」

先輩A「今日のメインディッシュはと…」

先輩B「親会社? じゃあこの人直接俺たちとは関係なくね?」

サエコ「副社長とかどうとかよりも今日のご飯の量が気になる…」

慶子「時差ぼけで眠い」

財前「…」

通訳「…」







 アホだ。こいつら。

 もう救いようがない。

 終わっている。

 なんと驚くべき事に

 副社長に対しあまり興味を示していないのである。


 彼らの言い分はこうだ。

 
 メガネも同じ人間じゃないか。それに今はプライベート。どっちが偉いとか関係ない。



 …確かにそうだ。

 今は無礼講。これは間違いない。会社を離れれば上司も後輩もない。お互いにセーフティ。

 これが今の会社員の考え方だろう。


 しかし

 今目の前に座っているのは

 まぎれもなくラオウ。

 モノホンの世界最大規模の企業のナンバー2だぞ?

 というよりこういう企業は実質ナンバー2が陣頭指揮を執るから

 社長は飾りとして、実力的にはNO1と見てもおかしくはない。

 

 一生会えない。

 会えるはずがない。

 そんなお方を前にして

 今日の飯がどうとか

 そんな考えがなぜ起こるのか。

 
 こんな事まで教えないといけないのか?

 先輩は別として… 後輩に。
 

 皆認めないだろうが基本的に自己中なのだ。

 若い奴は特に。

 相手の事をまず第一に考えることをしない。

 恐らくこいつらは

 「副社長は飯を食いに来たのと俺たちに顔合わせに来た」


 とでも考えているのだろう。


 違う。


 それは違う。


 そんなものじゃないぞ。これは。戦場なら奴らはとうに死んでるだろう。

 これは巧妙に仕組まれた罠だ。

 
 副社長が来た理由。

 それは私たちの人間力の見極め。



 代理店パートナーとして本当にふさわしいのかどうか。
 自分の会社の将来的なビジョンを社員が理解しているのかどうか。
 業界の事をどれくらいまで知っているかどうか
 信頼できるかどうか。雰囲気は明るい奴らかどうか



 これを観察しに来たのだ。

 そうでなければラオウが来るわけが無かろう…。

 それに今日は社長は飯に来てない。

 これで理由は明白。ラオウはその日を敢えて選んで乗り込んできたのである。

 

 通訳の顔が瞬時に青ざめたのも
 
 彼が副社長の突然の訪問をを私と同じように理解したからだろう。

 さすがに彼はキレル。







 そのとき副社長の口が開いた。
















副社長「Mr. Zaizen?」







 …



















 え? 


 は?



 あれ? ちょっとまて。


 今ミスター財前って言わなかったか?





 いやいや。そんなわけはない。


 そんなことあるわけないだろ。バカ。



 第一なんで私の名前を知ってるんだ。

 あり得ない。
 

 それはない。

 そんなわけはない。

 落ち着け。

 もちつけ。

 なんかそういう単語があるんだろう。














通訳「財前くん。財前くん」

財前「ん」

通訳「財前くん。何してるの…」

財前「ぇ?」

通訳「呼ばれてるよ…」

財前「な…なに?」

 












 …どうやらホントに私が呼ばれたらしい。


 ずっと副社長の顔ばかり見てたからだろうか?


 い…イカン!!


 すぐに立ち上がり




























財前「YES サー!!」















通訳「ちょ…」

義則「ぶw 直立不動www」

サエコ「…」

財前「黙れ雑魚共。 てめえらは消えろ!!」





副社長「ペラペラ ペラペラ MARRY ペラペラ」

財前「訳せ。早く。通訳。訳せ。

通訳「え~と…君、結婚はしているのか?…と」

財前「何? よし」







財前「NO!!」

副社長「WHAT!?  ???  ペラペラペラペラ」

財前「ぇ…?」

通訳「すいません…。さっきの訳間違えてました。婚約はしているのかと」

財前「何?婚約? 意味が全然違うじゃねえか!!」

通訳「ボクも緊張してて…」

財前「婚約ってなんでそんな事聞くんだろう…」

通訳「ああ。うちの社長と話してるときに聞いたみたいですよ」

財前「なんだ…そうか」













財前「YES サー!!」

副社長「ペラペラペラペラ」

通訳「奥さんは美人か?と」

財前「YES サー!!」


副社長「ペラペラペラペラ」

通訳「仕事は順調ですか?と」

財前「YES サー!!」


副社長「ペラペラペラペラ」

通訳「結婚式はいつ頃ですか?と」

財前「December!! サー!!」


副社長「ペラペラペラペラ」

通訳「新婚旅行はどこに行きますか?と」

財前「え… 決めてない…」

通訳「今決めてないとか外人には印象悪いですよ」

財前「わかってるわ!! よし」









 確か副社長のオフィスはニューヨークだな…
















財前「ニューヨーク!!」

副社長「OH !?」

通訳「ええ!?」

義則「マジすか?」

副社長「ペラペラペラペラ」

通訳「他に候補はないのかと」

財前「No idea サー!!」

副社長「ペラペラペラペラ」

通訳「もしニューヨークくるんだったら自家用ジェット貸してやろうかって」

財前「何!? マジか!?」

通訳「アメリカンジョークに決まってるでしょう…。 そこは笑うところです」

財前「何?ジョーク?」





財前「Sure !! HAHAHA A~~HAHAHAHA」









 …
 

 その後、手を振るわしながら副社長の名刺をもらって…

 飯は終了した。

 difjgpidsjgopdsfgjdfpsogj.jpg

 なんだ… このなんともいえない
 
 すがすがしさは。

 まるで戦場から帰ったかのような…




 





 しかし…あの御方…他の奴とはほとんど話してなかったけど大丈夫だろうか。

 副社長はうちの顧問と通訳、それと私とあと新入社員の女性としか話してない(笑)。

 妙にリラックスしてたし…。

 もしかしたらホントにプライベートで適当に来ただけかも知れない。

 まあ皆の言うように

 確かに同じ人間かもしれない。

 だが

 彼の一つの指示で

 下へ下へ。そしてまた下へ。

 命令が連なって最終的に世界の30万人の社員が動くのだ。

 こういう人をリスペクトせずして

 誰をリスペクトするというのか。



 shan04.jpg

 

 彼の会社の椅子は地上から180メートル以上も上の40階にあり、

 そこからは外に雪が降ってるのが見えるのに

 1階に降りると雨になっているらしい。



  


 彼はこうも言っていた。




 外の景色を見るのが私の仕事だ。







 深い…。これは深い。

 やはりNO2は違う。

 つまりこれは外の景色を見なて常に脳をリラックスしておくことが私の仕事だと言いたいのだ。

 視野を広く持ち

 特定の仕事に関わらず、いつも臨戦態勢にいることこそが


 副社長の仕事だと言いたかったわけである。




 多分だけど…。











 まあそういうわけで、

 今日の記事はね。ちょっと難しいかもしれません。文章だけを素直に見てもアレですね。今日のはそういう記事でもないというか。感性の問題です。R指定かもしれません。


 まあそれだけにね。副社長の事だけ書いてしまうと、私がどんな仕事してるんだ?なんて疑われるし、記事の本当の目的を読んで貰えないと思って前置きを書いたり説明をいろいろ付け加えました。
 
 つまり私の会社は小さいまま。で海外のパートナー企業が買収されてね。とんでもなく巨大になったわけです。その買収した親会社の副社長がラオウだったわけでして…。

 まあなんていうんでしょう。

 遠い遠い親戚がイチローを産んだ

 みたいな感じなんですね(笑)

 
 簡単に言うとね。




 まあだから私がどうこうなんて事は一切ないんですけど、アメリカに来て良かったですよ。ホント。

 この人に会うだけで旅費なんてもう全然安いモノですよ。


 こんな出会いがあるとは…


 世の中わかりませんね。






















 次話 →  http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-entry-831.html









その他の海外記 http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-category-30.html
関連記事








Edit Comments(53) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2008/10/17 22:29 [ 編集] a MAILURL

結局メガネは誰なんだ?

2008/10/17 01:44 [ 編集] 読者さん MAILURL

俺も一昨日くらいにSSでバイトしてて社長来た時はマジでびびったなあ

伝票渡すとき死ぬかと思った それにしても今回の記事はすごくおもしろかった!

2008/10/17 00:04 [ 編集] とりあえず作ってみた MAILURL

 財前**殿

                     平成2*年**月**日

                      株式会社*******
                         代表取締役社長
                        *** ****  印

                辞 令

   平成2*年**月**日付けをもって本店営業部部長の任を解き、
   同日付けをもってニューヨーク営業所所長を命ずる。

                                     以 上



2008/10/16 18:24 [ 編集] まし MAILURL

4つ↓
せめてフリーでいいから働け。少し笑っちまったじゃねーか

2008/10/16 17:56 [ 編集] 20文字じゃたりないんだが MAILURL

財前の言ってる食料問題って、これから起きるであろうアメリカとかの禁輸の事言ってるのか?
これから穀物の値段あがるだろうが、恐らくもう下がらない。
中国なんかどんどん発展していくから食料全般の需要とか全体的に上がる筈。
ところでとうもろこしはどうなんだ?
バイオエタノールなんてそのうちやめるとは思うが、ブッシュは続けちゃったりするのか?


財前教えてー

2008/10/16 14:55 [ 編集] B-OSS MAILURL

例え嘘だとしても面白ければOKb

2008/10/16 13:05 [ 編集] はこぶね MAILURL

自分のブログに書いてTBしておけばいいものなのにね。

2008/10/16 12:56 [ 編集] 読者さん MAILURL

新婚旅行先の件は「冗談でした」「その場の雰囲気で」とは言えず、副社長に他の場所へ行ったことがばれたら契約面でも問題が出てくるので、ニューヨークに決定ですね。
あ、私はその場の流れで言ったことを実行しなかったために、アメリカのお偉いさんの圧力でニート生活をすることになりました。
とりあえず、参考までに・・・お気をつけてw

2008/10/16 08:37 [ 編集] 読者さん MAILURL

はらいてえ(笑)

2008/10/16 03:09 [ 編集] ののぽん MAILURL

下のコメントの人

笑いすぎで腹壊れたんだけど!

2008/10/16 01:42 [ 編集] ななし MAILURL

財前:(やっと日本に帰れる。早くメイプルしたいなぁ~。)
慶子:「あぁ私の席先輩の隣です。」
財前:「そう。」 (こいつが隣かぁ~、義則よりましか。。)
慶子:「私、トイレ近いんで席かわってもらえませんか?」
財前:「うん。」 (ラッキー。実は真ん中の席が一番広く作られているのだ。ゆとりにはわからんだろうがな。)
鬼畜なアメリカ出張を終え、ようやく飛行機に乗り、出発を待つ財前。
座席が3,5,3になっている。
財前:「ここ誰の席?」
窓側の席にはだれもいない。
慶子:「さあ。」
財前:(肥満の黒人だけは勘弁してくれよ)
そう思ったのと同時に金髪の美女が通路を横切る。もちろん財前はチェックしている。
財前:(通りすぎたorz)
と思ったら。美女は2、3列前で止まりひき返して来た。そしてキャリーバックを持ち上げ収納している。財前はそれですでに興奮している。
慶子:(きも)
荷物を納めると美女はおもむろにこちらを向いた。おそらくこの窓側の席が彼女の席らしい。慶子は彼女が通りやすいように立ち上がり道を開けた。しかし財前は立ち上がらない、というか立ち上がれない。財前は、荷物を持ち上げた彼女を視漢し、すでに勃起していた。彼女は仕方なく前の席と財前の席の間と通る。なぜか彼女は財前のほうを向いている、そしてよろめき彼女の豊満な胸が財前の顔に押し付けられる。
美女:「sorry」
財前:「おk」
財前はてんぱり、しかも英語が分からないのでとりあえずそう言った。
財前:「ホント困るな」
慶子:「嬉しいくせに」 (きも)
...
とりあえず飛行機は飛び立った。財前は行きと同様ゲームをするつもりでいた。しかし美女にキモいと思われたくないので自重した。財前は他にやることがない、暇つぶしに慶子と話そうと思ったが慶子はさっき昼飯を食いすぎて気持ち悪がっている。そして財前のとった行動は、もちろん視漢。隣の美女を嘗め回すように見る。しかしそうしたいのは山々だが明らかに変態と思われてしまう、そこで外の景色を見るふりをしてちらちら見ていた。そして財前は気づいた。
財前:(アイマスクしてる。wwwってことは彼女は俺のこと見えない。これで思う存分視漢できる。)
財前は確実に犯罪の域に達するであろうほどの目力で彼女をつぶさに観察した。彼女の胸元ははだけており中がよく見える、しかし下着が見えない。そう彼女はノーブラだったのだ。やはり財前は正しかった。先ほど彼女が荷物を持ち上げたときうっすらと透けていたのはニップルだったのだ。財前はとりあえず見た、何十何百回と見た。そして日記用に写真も撮ろうとカバンのなかを探していると、彼女がアイマスクを外してしまった。彼女はなにかを感じとったらしく、明らかに様子がおかしい。そして
美女:「#$%&$&@!」
財前は彼女が何を言ったのかわからない。
財前:「おk。」 (とりあえずそう言っとけばいいんだ。ゆとりにはわからんだろうがな。)
すると彼女はおもむろに財前の股間に手をやり。ファスナーを下ろし、財前のマラがあらわになった。財前はいきなりのこと過ぎて固まっている。彼女はそのマラをほうばり、その瞬間に財前はいってしまった。彼女はその早漏にも動じることなくフェラを続けている。そして二回目の射精と同時に、ようやく財前も意識を取り戻した。
美女:「your penis is cute#%&$”#&%$‘#%@」
財前が理解したのはこれだけだった。やはり外国人にとっては財前のマラはかわいいものなのか。
美女:「%my&’)‘$bigger@:$&’」
財前はいまいち意味が分からなかったがこう推測した。
財前:(私のクリトリスのほうが大きい?どういうことだ?さすがにいくら俺の小さいペニスでも女には負けないだろう)
財前はそんなことはどうでもよくなり、とりあえず美女の全身を嘗め回した。そして財前は美女の局部に達したとき、なにかに当たった。それはまるで落とし穴を掘っていて宝箱を見つけたようだった。財前はまだそれが宝箱か不発弾かを知らなかった。財前が彼女のスカートを脱がせてみるとそこにはビッグマラが。
財前:「アあ吾あアアァああああぁああぁああああぁあぁー」
そう隣の美女はニューハーフだったのだ。さすがの財前も男は勘弁だった。財前はすぐに立ち上がりズボンもはかずに、疾風のごとくトイレに駆け込んだ。財前は残りのフライトをここで過ごそうと決めた。
財前に放置されたニューハーフはその状況さえ楽しんでいた。財前の席をはさみ放置プレイを楽しむニューハーフと慶子がいた。慶子は席を立った。離陸前から気分の悪かったのにもかかわらず、財前とニューハーフの絡みを見てしまいさらに気分を悪くした慶子はトイレに向かった。もちろんトイレには財前がいる、そして中からロックされている。慶子は扉の前に来ると取っ手の上にあるカバーのようなものを開け、中にあるレバーを動かしたと同時に扉はアンロックされた。慶子が中に入るともちろん財前がいた。財前の男根を見て、慶子は嘔吐をしそうになった。しかしなぜか同時に慶子には他の感情が芽生えた。
慶子:「やろ」
財前はものすごい驚いた、そしてこういうしかなかった。
財前:「おk」
.
.
.
.
.
5時間後
財前:「......」
慶子:「..........」
.
.
.
財前と慶子は残りの時間をずっとトイレの中でHし続けた。そして着陸と同時に財前は最後の射精をした。



義則:「あの映画面白かったですね。何いってんのかわからなかったけど。」
サエコ:「ほとんど寝てたくせに」
義則:「え?なんか言った?」
サエコ:「ううん。あれ面白かったね。ところで慶子は何見てたの?」
義則:「慶子気分悪かったから、寝てたんじゃ。」
慶子:「そうそう。。」
サエコ:「財前さんは?」
義則:「先輩はどうせゲームしてたんでしょ。」
財前:「まあそんなところだ」 (こいつらゆとりすぎるぞ。俺たちが10時間以上トイレに篭ってたのに気づかなかったのか。)
義則:「先輩なんでハンラなんですか?」
財前:「はんら?」(ゆとりめまたわけのわからんことを言いおって)
サエコ:「キャーーーーー」
財前:「?。」
サエコが指差すほうを見るとそこにはなぜか財前の萎れたペニスが。
財前:「ズボン忘れた。orz」
その場で財前は警備員に連行されるはずだった。しかしさっきのニューハーフがなにか警備員と話をしている。そして財前は釈放された。
ニューハーフ:「#&$#&’%’$’(」
財前はなにもわからず、こう言った。
財前:「おk」
そして財前はどこから沸いたのかわからない筋肉隆々の男たちに縛り上げられ、連れて行かれた、ニューハーフの性奴隷になることを承諾したとも知らずに。

この話は海外でのトラブルを紹介するために作られたもので、登場人物は実在する人物とは異なります。

2008/10/16 01:23 [ 編集] くもり後くもり MAILURL

こんばんは。(日本からなので)

メイプルの記事に関していうと実はそれほどちゃんと読んでなかったりします。
こういった仕事関係の記事はちゃんと読んでますけどね。面白いので。

>「日本は大丈夫」なんて甘く思ってる人が8割以上
ということを書かれていますが、流石に今どきの若者でも多少の危機感くらいはあるのではないでしょうか?
日本の食文化は外国からの輸入によって助けられていること。
そして日本の食糧自給率が恐ろしく低いことは有名な話だと思うのですが。
もし外国から食べ物が輸入できなくなると日本は米や薩摩芋などが主食になりますよね?
コンビニのお弁当など日々とてつもない量の食料が処分されているのも殆どの人が知ってると思いますよ。
(中には捨てるのは勿体無いということで安全を確認したうえでコンビニの余った弁当などを安く仕入れて安く販売している業者もあったはず)

食料の前に全ての源となっている水。
この水不足問題の方が個人的には心配ですね。
現に水道料金がとてつもなく上げられている国もありますし。
水を巡って戦争が起きる可能性も0ではないなんて言われてますし。
海水を特殊なフィルターに通すだけで真水に換えるなんていう凄い技術を開発している日本の企業さんがあることは朗報ではあるのですが。

財前さんの絵のセンスにはなぜか嫉妬してしまう部分があるのは不思議なところですね。


自分も英語とか全然ダメなのですが、通訳さんとかいて海外出張なんてやってる企業に転職してみたいところですね。
甘い考えでしょうけど、外の世界を見ると仕事にも意欲がわきそうというか・・・そんな気がする今日この頃。

次回、カイオウの登場に期待しつつおやすみなさい。

2008/10/16 00:59 [ 編集] エッカムゥ MAILURL

財前さんまラオウに話しかけられて良かったですねww

No.2とか…やっぱりもの凄い努力がないと無理ですょね…


言うことが違いますもん…ww

財前さんとの会話とか…マジうけるし(*´艸`)ww

財前さん…しっかり英語も勉強してみては?ww

NHKであってる英語の番組なんてわかりやすいですょww


そして、ぺらぺーらって…ww

2008/10/16 00:45 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/16 00:13 [ 編集] 通りすがりの社会人 MAILURL

> 外の景色を見るのが私の仕事だ。
深いですね。

自社内だけでなく、世の中(世界情勢など)をみて動くのが私の仕事だ。
ととりました。

2008/10/16 00:03 [ 編集] 読者さん MAILURL

やっぱちゃんと仕事してたのか

2008/10/16 00:00 [ 編集] 読者さん MAILURL

ケータイから見ているわけですがこの時間帯は閲覧者が多いようで最初の画像が見れませんでしたorz

それとラオウとの会談オツですww
よく読めば新入社員さんもラオウと話されてるようで

2008/10/15 23:41 [ 編集] 読者さん MAILURL

No2だったら「トキ」か「サウザー」じゃねーかな。

しかし良い経験してますね。正直羨ましいっス。


2008/10/15 23:28 [ 編集] 李のDK MAILURL

↓ブログ見てる確率は0%
面白いから別にいいが財前sのネタは大体作り話だろ?
信じている奴には悪いがかなり怪しい
台詞の部分なんかは殆ど自分で作ってるだろうな

\まあ、興奮/ 
 \せず。/  
 (´・ω・)ドウゾ
 ( つ旦つ ∬ 
 と_)_) 旦 
ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ

2008/10/15 23:24 [ 編集] tetra MAILURL

あっ・・・もしかして海外赴任フラグ立ちました?

2008/10/15 23:16 [ 編集] せつな MAILURL

ラオウですかww
こわいですねwわかりますw
財前s絵やっぱりうまいですねw
そのラオウs財前sのことをきにかけているorブログみてるとかじゃないんですか?
@めっちゃきになるんですが、その通訳s前のチン事件(なのか?)のときと同一人物なんですか?もしそうならまた面白いこと聞いてもらってくださいwwもちろんブログに書いてくださいねww
期待して待ってますからww

2008/10/15 23:14 [ 編集] RENORI MAILURL

毎回楽しく読ませてもらってます。
今回の記事ですが、非常に興味深い記事だったので
思わずコメントしてしまいました。

副社長の来訪。
年商4000億の社員数30万ともなると、
かなり公に知られてる会社だと思います。

そのような方と僅かでも話を聞けた経験と言うものは
仕事上だけでなく、私生活に影響を及ぼすくらい
価値あるものかと思いますわ。

その場で緊張できるかどうか、
相手のオーラを察することが出来るかどうか…
それが今の地位に繋がってるのかとも思います。

なんかまとまりがなくなりましたが
いつか今回のような話をガッツリ聞かせてください。


2008/10/15 22:59 [ 編集] 読者さん MAILURL

すっごい おもしろいww  ずっとアメリカの日記書いてくれないかなぁ?? ざいまえさんww

2008/10/15 22:53 [ 編集] T MAILURL

ザイマエさん、
食料危機が起こると思うなら
もっと真剣に提示しなきゃ意味なしです。


なんのためのWEB日記ですか?

2008/10/15 22:52 [ 編集] ミト MAILURL

わかります
本当はもう少し英語話してたんですよね
でもラオウのオーラに奮い立たされ、疲れて書くのめんどいと
そして
ストリップもちゃっかり──うわ!?何をする!ゃめりょ、でっ、デカルチャー!!

2008/10/15 22:27 [ 編集] 調査員 MAILURL

財前さん今統計学のクラスでデータが必要でして。アメリカで何回オナニーしたか教えてもらえませんか?@なにを使ってやったのかもお願いします。

2008/10/15 22:24 [ 編集] 英語の先生、マドンナ先生っす MAILURL

yes sir は尊敬語です。小学生や中学生のみんなにはィエッサーはネタに聞こえるかもしれないけど、アメリカ人が目上の人に話すときはよく使われます。財前さん今度通訳がいる時は私を呼んでね。v-238

2008/10/15 22:17 [ 編集] ななし MAILURL

アメリカの経済はほとんどの分野において数社の大企業が牛耳ってる軽い独占経済なんですよ。だから昔の取引先が買収されるのは結構ありますよ。
それに副社長って何人かいるような気が(ぁ。それにNo.2じゃないような気が(ぁ。でもすごい人に会えたことに変わりはないですね。
やっぱり大企業の副社長クラスになると美人秘書を連れてるんですか?てかそれ専用の美女を雇ってそう。財前さん婚約してなかったら、1人ぐらい紹介というかもらえたかもしれないのに。残念なことしましたね。てか書いてないだけで、もしかしてストリップでも連れて行ってもらったのか?最後のほうでなにか匂わせてますしね。
あとこの日記自体R指定でしょ、カテゴリー官能小説ですよ。

2008/10/15 22:17 [ 編集] ばたーしょうゆ MAILURL

副社長「自家用ジェット機貸してやろうか?この乞食野郎^^」

財前s「大丈夫^^自分の股間のジャンボジェット機に嫁を乗せていきますんで^^」

本当はこういう内容じゃなかったんですか?(ぁ

副社長「Oh~Big pens!!」

じちょうしまs(ry

2008/10/15 21:57 [ 編集] こそ泥 MAILURL

YESサーwww
サーっていっていいんですかね?
普通にYESのがいいんじゃ・・・?
財前さん勇気ありますねぇ・・・
そして面白いw
Decemberサー吹きましたw

2008/10/15 21:37 [ 編集] 投げの真髄 MAILURL

財前さん・・・副社長にYES サー!!!を言えるとは・・・・

将来財前さん大物になりますよ・・・・・タブン

2008/10/15 21:27 [ 編集] 世里阿@椛 MAILURL

ここ数ヶ月の記事では一番クオリティ高いな。

2008/10/15 21:08 [ 編集] 李のDK MAILURL

xl最x覇王x凶lx君
君の脳は日本の技術では治療出来ない
それでだ、アメリカに脳外科医のいい先生を知っているから、一度見て貰う事をお勧めする。
その先生でも無理と言うかもしれない…
だが悲しむ事は無い
君より頭の可笑しい奴は他にもいるじゃないか
xl最x覇王x凶lxの基地外コメントは明日も続く…

2008/10/15 21:05 [ 編集] ウオラ MAILURL

我が生涯に一片の悔いなし

2008/10/15 20:42 [ 編集] xl最x覇王x凶lx MAILURL

ざいまえ、一つ聞きたい。
この副社長‥‥どんなメガネかけてたんだ?
非常に気になる。

それと、ざいまえ、こういう大物はさりげなく目の動きだとか、手の動きを観察している‥‥かもしれない。

2008/10/15 20:37 [ 編集] 李のDK MAILURL

画像吹いたww
財前sは絵と文がうまいですねwww
ラオウに初めて会ってよく普通に話せましたね(´゚д゚`)
俺の場合そんな偉い人がいきなり来たら緊張して顔も合わせられないですよ(-ω-)
そういう仕事は不向きなんですよね(´-ω-)=3
息抜きもして仕事頑張って下さぃ
俺は今日のご飯ふりかけ………

2008/10/15 20:30 [ 編集] 銀翼 MAILURL

アメリカンジョークすごっw
サー、は必要ないきが
まあ、がんばってください

2008/10/15 20:11 [ 編集] qBANDITp MAILURL

2けた

2008/10/15 20:11 [ 編集] 読者さん MAILURL

サーはいらないしょw
通訳も間違えるなんて…本当に緊張してるみたいですね。
それに比べ後輩達は何なんでしょうね…

2008/10/15 20:09 [ 編集] 照央 MAILURL

見てたら7→13
ちょ・・・
しかし財前さんの記事は勉強になります

2008/10/15 20:07 [ 編集] アミラ MAILURL

うらやましいなぁ・・・副社長さんに見込まれたのでは?^^
ほんと、ざいぜんsはいろいろな経験してますね。
そこらへんの弁護士より
いい仕事してますね本当うらやましい。

2008/10/15 20:06 [ 編集] アリクイ MAILURL

YES サー は少し分かるけど。
December サー はどうかと^^;

でもそういうところが面白いw

2008/10/15 20:06 [ 編集] 天神 MAILURL

8げっつ

2008/10/15 20:05 [ 編集] 通りすがり MAILURL

YES サー うける~(笑)

2008/10/15 20:04 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/15 20:03 [ 編集] 読者さん MAILURL

イッケタ

2008/10/15 19:59 [ 編集] 通りす MAILURL

一桁げと

2008/10/15 19:56 [ 編集] 通りすがりの中学生です MAILURL

大変そうですね

2008/10/15 19:56 [ 編集] 読者 MAILURL

1げと

2008/10/15 19:55 [ 編集] 熱血 MAILURL

4gt

2008/10/15 19:51 [ 編集] おじさん MAILURL

NO2ww
おめですw
それより。YES サー ばっかりってのは・・・

2008/10/15 19:46 [ 編集] 読者 MAILURL

もしかして1?

2008/10/15 19:44 [ 編集] ダーク MAILURL

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。