--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

13

January February March April May June July August September October November December
2005(Fri) 05/13

鶏の憂鬱(5)

財前ゴウの総回診 … Comments(5)

 今回はメイン日記と同じ話題

 今日も栃木県の山の奥の奥の奥の奥で研修。
 
 徳島で普段生活しているから、さほど田舎という風には感じないけど、さすがにこの環境は凄いね。

 日記書くのも20分くらいしか時間ない。支店に帰ってくればインターネット接続できるけど時間が来ると閉まるので、この20分が限界。早業で書きます(笑)。

 で今日は鶏舎の中で鶏の飼育研修。朝6時に起きて卵を集卵するんだけど、これがすごい。自動集卵機で卵を集めるとだいたい、1鶏舎につき1800個くらい卵が取れる。←これひよこになる有精卵ね。スーパーで売っててみなさんが食べているのは無精卵。

 で10時くらいに2回目の集卵。これで1500個くらい?夕方に400個とると一日の合計集卵数は3800個くらいになる。5鶏舎くらいあるから一日だいたい20000個くらい取れる計算。これが孵卵場で全部ひよこにして、農家さんに売り。でそれが50日後、肉になって会社の利益になるというわけ。
 
 でもさ。凄いんだよ。鶏の凶暴さがさ(笑)。

 普通は巣箱で鶏は卵を産む。それは自動集卵機で根こそぎ集卵できるんだけど、巣箱の外の地面で卵を産まれると集卵できない。これは人間の手で集めるしかない。


 場長「おい、財前。巣外卵取ってこい」

 財前「え_?」

 場長「キック力とか半端じゃないから気を付けろよ。甘くは見るな」

 財前「き…キック(蹴り)ですか?」

 場長「どうした まさか恐いのか お前」

 財前「ま、まさか(苦笑)たかが鶏の一匹や2匹。やらせて頂きます!!いえ。むしろやりたくて仕方がなかったくらいです」

 
 場長「そうだろ?」

 財前「はい」

 
 _| ̄|○

 

 …で鶏舎の中に入るわけです。そこには凶暴な鶏が5000羽以上生息している魔の地帯。レベル1で火ブルに突っ込むのと同じですね…。

 鶏舎のドアに手をかけ、

 ガチャ…


 キィィィィー


 なんとも嫌な音…。

 
 
 恐る恐る足を踏み入れてみると…?

 
 
 バタバタバタ!!!


 

  (;゚д゚)?!?

 
 思わず立ちすくむ私(爆)


 いきなり何百羽もの鶏が私が入ってきたのにびっくりして一斉に逃げまどったのだ。

 …?

 ん。


 こいつら…?。


 逃げたよ。

 
 魔の巣窟かと思っていたが…。


 なんだ…。

 おまえら


 人間が恐いのか(笑)


 …

 …

 そうか、そういうことですか場長!!
 

 このチキン共が!!


 驚かせやがって。いまから卵を頂くから大人しくしているんだな。

 
 よく見ると確かに地面に卵が落ちている。パラパラと数個。ちゃんと巣箱で産んでくれれば自動で集卵なんだが…。まったく手間取らせやがって…。

 一応、卵を拾う時も警戒は緩めなかったがどうやら鶏は向かってこないようだ。それどころか歩いているとちゃんと道を空けてくれる。以外にかわいい?卵を産む頃の鶏となると2キロ以上あるから蹴られると危ないらしいけど、どうやら大丈夫そうだ。

 そんなこんなで卵を全て収集。後は元来た道を帰るだけである。この辺まで来ると妙に余裕がでてきた。

 
 この卵、受精卵だけあって、いちおう交尾ってものが必要。雌に対して雄が10%の割合で飼育されている。つまり雄一匹が雌10匹に交尾するわけ。それは知ってたんだけど、この機会にその光景を見ておきたかった。ゆえにしばらく鶏舎内で待ち。

 交尾の機会をジッと伺った。

 そして…

 一匹の鶏が雌に襲いかかった。すぐさま馬乗りになり、雌を鷲づかみ。その間2秒。恐るべき早業である。その後3秒くらい擦り合わせて終了。

 雄は意気揚々と飛び去り、雌はうずくまっている。

  (;゚д゚)?

 3…3秒。

 
 3秒で終わりなのか?


 まさに大発見である。鶏は3秒で雌に交尾を行うことができるのだ。すごいね。


 財前「なるほど、これは要チェックだ」


 一連の行動をメモし、しばし物思いにふける。

 
 

鶏は3秒…




 い…いや。違うよ。ホントに書いたのはこんな簡単なメモじゃないから(笑)。


 後は餌の食べ方とか、なわばりのチェックとかいろいろ勉強になる部分は多かった。餌も大きな体の雄が食べ過ぎないよう、きちんと蓋をしている。蓋の隙間は雌の頭が入る程度だから、雄に餌を取られる心配もないというわけだ。

 こんなところに場長の知恵が溢れていた。


 さすが…


 ホント勉強になる。


 しかし、その時だった。


 ガコッ

 

 ん…?


 なんだ?今の音。


 次の瞬間

 

 ゲシッ!!


 あらっ…


 膝が崩れる。


 !!


 !!!!!!


  (;゚д゚)?


 
 痛てえ!!


 足が!!足が~!!


 振り返ってみると、大きな雄が私に向かってさらに突進してきている。

 

 …

 財前「ま…待て!! 何をする気だ!!」


 次の瞬間助走をつけた雄鶏のジャンプキックが私の背中に刺さる。

 
 ブスッ!!


 財前「('A`)ひdfでghbぶf!!」


 間髪入れずさらに次の鶏がダッシュ中。


 ちょ…


 ちょちょ

 
 
 ちょ…待てよ!!(笑)


 
 足の激痛と背中の激痛が災いし、逃げることすらできない私(笑)。あえなくその攻撃を今度は首筋に受けることとなる。

 
 財前「あjぱおhかgjぽjふぁあ」


 …

 …

 …

 ゴゴゴゴ…

 

 き…


 貴様ら…


 やってくれたな…。


 もう怒ったぞ!!


 ジワジワとなぶり殺しにしてやる!!

 
 
 幸いな事にさらに鶏は私を目がけダッシュ中。


 
 クックック…。


 てめえらとは足の長さが違えんだよ!!


 
 チキンがジャンプする前に前蹴り一閃。


 ゲシッ!!無防備な土手っ腹にクリーンヒット。 

 
 コ…コケー!!


 もちろん大切な鶏なので傷つける事はできない。軽く助走を止めただけ。

 それでもさらに向かってくる鶏。

 なんて野郎共だ(笑)。


 Bダッシュでその場から逃げ。


 これにより、なんとか一命を取り留めたが、その後は何事もなかったように襲ってこなくなった。

 …。

 …。

 なぜだろう。

 
 …

 
 !?

 そうか!!

 以前聞いたことがある。鶏にも縄張り争いがあるということを。その縄張りに踏み入れてしまっていたのだ。数秒なら問題ないが、交尾や餌の食い方、鶏舎の構造視察などでそういえばさっきの場所で数分間立ち止まっていた。

 それか!!


 なんとも勇敢な事である。鶏は自分の何倍もの大きさの人間に対しても縄張りを一定時間以上侵害されると容赦なく向かってきた。それは自分のお気に入りの雌を守るためでもあり、リーダーとしての自覚の表れなのだろう。

 いや~。素晴らしいね。ホント凄い。ある意味これも勉強になったよ(笑)。

 

教訓

 1、鶏がダッシュしてきたら、飛ぶ前に足で止める。
 2、同じ場所でジッとしない
 3、鶏はチキンじゃない


 しかし…その代償はあまりの大きく…。笑われましたよ。その傷ついた体を見られて。  農場の人たちにね(笑)。
 
  
関連記事








Edit Comments(5) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2005/05/23 15:19 [ 編集] おさかな MAILURL

>てめえらとは足の長さが違えんだよ!!

ここら辺一帯


みそ汁吹いた・・・いや、嘘です。
でも笑いましたb


変な目で見られてるけどキニシナーイ。

2005/05/15 19:02 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/05/15 07:54 [ 編集] アロマリエ MAILURL

>このチキン共が!!

コーヒーふいた

2005/05/14 13:37 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/05/14 10:42 [ 編集] maximum@ほうっく MAILURL

鶏・・・3秒ですか!?
爆笑しちゃいましたよw

鶏との格闘・・・がんばってくださいb(ぁ


Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。