19

January February March April May June July August September October November December
2008(Fri) 09/19

『竹元チエ乞食航海記』 60の巻 … 折返し(105)

海賊(銃) 乞食 … Comments(105)

竹元チエ育成方針  
 
 初期メル0スタート
 ① 強化は100%書以外使用禁止
 ② サクチケ、御守、AP振替券禁止
 ③ 露店販売,アイテム売却取引禁止
 ④ 別キャラからのメル資金援助禁止
 ⑤ 以外の強化装備の所持禁止
 ⑥ ブログが毎日更新できなかった毎に、全財産(メル)と全消費アイテムを捨てる。
 
 chara01.gif*読者様へ…「普段はできればあまりモノを与えないようにしてください」





 さて

 ゴミ箱の件は華麗にスルーしたかったのですが

 まだコメントにゴミ箱ゴミ箱いう方がおられるので少し書いておきます。

 ていうよりですね。

 これホント大した事ないんですよ。

 へぇ~…

 程度の事なんですよ;;

 実はですね?

 パソコン使ってるときにファイルを削除したりするじゃないですか。
 
 df0gu09gure90gure90guer09gur.jpg

 右クリック→削除とかで。

 こうするとファイルは消えて、そのファイルはゴミ箱に移動します。

 でもファイルは完全にはもちろん消えてません。

 この状態ですと

 消えたファイルを元に戻せることは誰もが知ってますよね?

 ゴミ箱の中から消したファイルを探して

 「元に戻す」とすればいい。

 容量が巨大なファイルはゴミ箱容量を超えるので

 元に戻せない場合もありますけどね。

 rg9ue9ter90uer90gue9g0uerg90rue.jpg

 そして、ゴミ箱が一杯になったら

 「ゴミ箱を空にする」

 を選んでゴミ箱の中をスッキリさせるわけですが、これをするとファイルは完全にウィンドウズ上から消滅します。

 もう元に戻せない。


 …


 と思われがちなんですが、そうではないんですね。

 これがゴミ箱の秘密です。というよりHDDの秘密。

 
 ゴミ箱を空にしてしまった ↓
 でもその中に消してはいけないデータが含まれていた。


 普通なら焦るところですが実はハードディスク内のデータは削除しただけでは消えません。

 データを削除してもデータはそのまま残っているのです。ウィンドウズからアクセスできないだけ。

 難しく言うと

 ハードディスクに記録される情報は、管理エリアとデータエリアに分けて記録されている。そのデータの有無は管理エリア情報によって判断される。

 pihjt9uert9uer90guter90guerg90u.jpg

 ウィンドウズ上のファイル消去というのは管理エリアの「そこにデータがあるよ」という記述が消されただけで、実は元々のファイルデータというのはそのままHDD上に残ってるんです

 本でいうと、削除とは目次のページを消してるだけで、本のページ自体は残ってるんですね。

 つまり、削除したのは見かけだけ。ハードディスク上から消去されたわけでは無い。ただ、その部分のエリアは新しいファイルで上書き可能なので、その後もPCを使って新しいファイルなどを作ったり、書き込んだりするとそのエリアは新しいファイルで上書きされて

 完全にHDD上からなくなることになる。

 
0gju09erauger09gure90guar90gur.jpg

 ん?何がいいたいかと言うと

 消してしまったファイルも、管理データが消えてるだけなので、その元の本元エリアに何か別のデータが上書きされてない限り
 
 復元できる     例 → ファイル復元ソフト

 そして逆に言うと

 PCのファイルを全部消しても、HDDをフォーマットしても、

 そのHDDを入手できれば… ファイルはいくらでも復元できて

 個人情報は丸わかりということです。怖いですね~。

 PCを捨てるときに一番簡単で安全方法は

 HDDのディスクを完全に破壊する。

 ということでしょうか。






 え?知ってた?


 そうだよね…。














 さて


 乞食航海記も早60記事目。

 つい最近始めたような気もするが

 実はすでに2ヶ月続けたことになる。

 …がいろいろ変化もあり、乞食育成のボリュームが少なくなってきているが、

 実はそんなことはない。

 これは狩りがどうこう、育成がどうこう、スキルがどうこう

 ではなく、縛りプレイの場合

 心理的な描写が主になるはずなのだから。

 




 さて

 めいぽの方だが

 ゾンビルーパンのおかげでLV53になったので

 気分転換にムサベツベアに移動してきた。

 tye45645t45wtwt34wt34t.jpg

 ここでしばらく狩って今日の狩りは終了。
 
 20%くらいあがった気もするが

 LV53から20%上がっただけとか

 3次させるのはもの凄く気が遠くなる道のりに思えてきた。



 無理だ。これは。 

 1ヶ月で3次にするとか意気込んでいたが

 とても無理。

 不可能。

 不条理。

 ああ無情…


 そして知りたい。

 サクチケなしで育成したとして、100人に何人が3次転職まで辿り着けるのかということを。

  34r35346t536t56t45y45yt54.jpg

 コメントでは

 「レベルがあがらなすぎとか育成がまったく進んでない。進めて」とか

 言われているが

 乞食の辛さの本当の意味をわかるだろうか?

 冒頭から勘違いしている節があったが、

 乞食にとって一番辛いのはここ。

 まさにここ。 

 この3次までの道のりなのだ。

 ゆえにここに時間を取って当然。

 ここの心理描写こそ乞食航海記に残しておきたいこと。


 それを証拠に実際にプレイしていない読者ですら

 耐えられなくなってきている。この倦怠期に。

 この進まない状況に。

 しかしこれは必然。

 もともと敷かれていたレール。

 
 tryhwtyewty45tq3y5eyetrytwre.jpg
  


 考えてみて欲しい。

 当事者である私はもっと辛いのだ。

 この倦怠期はまさに

 地獄

 狩っても一向に上がらない経験値バー。

 苦行。

 血ヘドを吐き、ようやくLVがあがっても

 この状況をあと17レベルも続けなければならないという圧倒的な壁。

 …

 erertue09ut5409tu09tu49tu409ut490.jpg

 
 見ろ。今の心情を表現した絵を書いてみたが。
 
 なんなんだこの画力。
 
 下手。 圧倒的に下手。

 人に見せられる絵じゃない。

 まさにチラシの裏


 …

 サクチケがない上に、LV50~70という倦怠期、さらにはプレイ時間の減少

 という3大コンボによって

 以前までの育成速度の5倍以上は遅い。

 もちろん

 以前と同じペースで育成すればそりゃあ内容は日進月歩。

 どんどん先に進む。

 話は進む。

 内容も日々変わる。

 しかし…

 それはあくまでも数ヶ月の間だけの話。

 長くは続かない。

 リプレに到着した当たりからもう駄目。

 駄目。

 駄目駄目。

 今度はそこから倦怠期。

 骨龍に手をつけた時点で

 終演。

 それ以上先は

 ない。

 そういうこと。


 r6y3yehyeherhthtr.png



 それに私は知ってみたかったんだ。

 通常的に考えるとサクチケない狩りなんて時間の無駄。

 無駄無駄無駄。

 2倍の時間を無駄にする。

 机上の考えならこうなる。

 だが果たして本当にそうなのか。

 ゲーム内部だけで考えるとそうなるのはわかる。

 しかし別の色々な状況を考えた場合

 そうとも言い切れないんじゃないか。


 これもちょっと見つけたかった。
 




 





 …


 とまあこんな感じだ。

 要は何が言いたかったというと、今は何を狩っただのなんだのよりも

 この倦怠期のテンパり具合の心情を書き残しておいた方が

 後世の人に対してもよっぽどいい記事になるではないかと思ったのである。

 今、

 「ここが効率いい、ここで狩るのがベスト」

 と書く方が時代遅れな気がするんだ。なんとなく。


 意外と3次転職までの道のりの心理描写的なものを描いたサイトはなかったように思う。

 これは参考になるのでは?…とふと思ったのだ。

 これを思ったのは最近だけど…

 それにこれは毎日更新。 

 当事者が何日間悩み、何日間倦怠したのか。

 これが日数を数えることで簡単にわかってしまう。

 もちろん始めからこんな事を考えて書き始めたわけではないが

 続けてると形になってくるものだなぁと 実感。

 意外と… これは新しい試みというか流れがいつの間にかできているのかもしれない。


 なんて今では思っている。


 後悔?

 後悔は…

 してるといえばしてる…。

 だが「もう辞めれば?」なんてのはやめて欲しい。

 今はノーサクチケ3次までの厳しい心理状態を描いてるわけで

 これはこれで書く方としてはネタとして成立してるんだ。

 察して欲しい。

 え? 無理?



 







 だが悲しむことはない。

qq.jpg


 後悔先に立たず。

 こんな風になるなんて誰も想像してなかったはずじゃないか。


 







 前途多難な乞食生活は明日も続く

 次話 → http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-entry-803.html




関連記事








Edit Comments(105) trackBack(0) |