12

January February March April May June July August September October November December
2008(Tue) 08/12

『竹元チエ乞食航海記』 20の巻 … 魔物祭(58)

海賊(銃) 乞食 … Comments(58)

竹元チエ育成方針  


 ①強化は100%書以外禁止
 ②サクチケ使用禁止
 ③強化品を買うの禁止
 ④露店許可証、エルフ使用禁止 
 ⑤所持メル0からスタート。倉庫内メル、今まで貯めてきたメルも使用禁止
 ⑥人からメル貰うの禁止(人にアイテム売却禁止) 露店購入は可
 ⑦高額アイテム、マスタリーブックについてはアイテムで等価交換等でなんとかする。



 読者からの贈呈品に関して

 ・できればあまりモノを与えないようにしてください。

 chara01.gif


 



 さて

 コメントの方だが予約投稿する際に「投稿される時間をあらかじめ書いておいて~」という意見があったが

 うん。もちろんそうしたいから、できるときはするんだけど

 この記事なんかは

 まさに今

 書いてるから投稿時間の指定できなかった。

 確かにいくつかの記事は予約投稿してきた。

 でもほとんどの記事は1日1回の手作業更新。

 毎日更新だけでも大変。その上2,3日分も予約投稿しておくとか体調が良くないと結構難しい。

 でも予約投稿しているときはキチンと投稿日を書いておくので大丈夫です。





 

 さて

 今日も相も変わらずアリアントにてスコルピオン狩り。

 85gjoshjroighergje.png

 だがやはりあの2個ドロップはまぐれだったのか

 もうスピリットブレットが出ることはなかった。

 今はあの当時よりも火力が上がっており、狩った数も昨日より多いにも関わらず

 出ないという事はやはりこれは運なのだろう。

 しかし退屈だ。

 ドロップが定期的にないと激しく退屈だ。

 …


 そんなちょうど退屈してきた頃

 ギルドチャットにてモンスターカーニバルの話題が出る。


 
モンスターカーニバル

・ 「NPC/シュピゲルマン」に話しかける事で行える対戦形式のグループクエスト。
・制限レベルは30~50。
・4人または6人が半分に分かれ、お互いにモンスターの狩る数やポイント(CP)取得を競う。
・モンスターはまれにgregreergergergergregjy65t57olkjhgfa.pngメイプルコインをドロップ。このコインは複数枚集めることで様々なアイテムと交換可能。



 実は恥ずかしながら私

 このモンスターカーニバルというものをやったことがない。

 なぜ?と問われると困ってしまうが、

 敢えて言うとモンスターカーニバルで貰える
 
 この nc06.gifシュピゲルマンのネックレスが容易く露店で購入できたからだろう。

 この nc06.gifネックレスさえ露店で買ってしまえば当時は特にモンスターカーニバルをする必要はなかったのである。

 もちろん特に高額なわけでもなかった。


 だが今は違う。

 そもそも

 そのネックレスを買うメルが今はない。

 そして貯まる宛もない。

 

 つまりこれは

 自力で手に入れるしかない

 ということを意味する。

 しかしやると言ってもルールを知らないし、乞食の火力では知らない人と一緒にやるのはさすがに辛い。

 …と思っていたのだが

 丁度ギルド員がモンスターカーニバルを行おうとしていたので

 ご一緒させてもらうことにした。

 

 いやぁ。運がいい。

 これなら遠慮や気遣いはそれほど必要ない。

 私は早速現地

 カニングへと飛んだ。

 set4w56457557y65yrtrt.png

 ほぅ。もう3人集まっているのか。

 3人は私が初体験ということを知っており

 一通りカーニバルの事を説明してくれたが

 やはり話を聞くだけでは全貌は見えない。

 それに所々専門用語が入ったりしてわからない。


 まあ…とりあえずやってみる?
  
 という事になり、早速会場へと移動。

 3456t35t3errgdgss.png

 むむむ。

 中はこんな風になってるのか。

 ここに敵が召喚されるんだな?

 そして向こう側にいる2人とポイントを競うわけか。

 
 まあ要は敵を倒せばいいという内容なんだろう?

 すると何か私側のチームになった「夜くん」が何やら意味不明の単語を向こう側のチームに伝えている。

 イリオス召喚ヨロ!!
 ちょこっと召喚ヨロ!!

 召喚?? どういうことだろう。

 なんで相手に「召還ヨロ」などと頼んでるのだ。

 こちら側の敵を召喚するのは相手側のチームがやるのだろうか?

 勝手に敵が出てくるのではないのか?


 そんな事を思っていた矢先

 早速敵が召喚された。

 fedrsfer34t534534yhtrg.png

 そしてそれはイリオスとロボだった。

 うむ。強敵だ。

 しかしこの程度の数であればなんということはない。

 なんだ。

 モンスターカーニバルとか楽勝じゃないか。

 と思ったが

 徐々に召喚数がヒートアップ。

 567e56yertwt54t34wtr4wt.png
 
 う…

 数が増えるとさすがにやりにくい。

 徐々に後ろに押し込まれていく。

 そもそも1体倒すだけでも一苦労なのだ。

 LV30程度の銃であれば20発やそこら打ってもイリオスに致命傷すら与えられない。

 銃を撃つスペースがある分にはバックジャンプショットさえしてればなんとかなるが…

 
 でも結構無強化乞食でも大丈夫じゃないか。所詮こんなものか。


 しかし

 その考えは甘かった。

夜くん「財前さんそろそろ慣れた? じゃあ本気出すよ」

財前「え?」

 夜くんのその掛け声とともに

 ertert546yt3563q4rwtrte.png

 ありえない数のイリオンが出現。

 バ…バカな。

 なんだこれは!!

 こ…この状態でどうやって狩れと…。

 た…退却!!

 私はしばしハシゴに逃避。

 そりゃそうである。こんなの近距離職でないと対応不可だ。

 そして変わりと言ってはなんだが

 戦士「夜くん」がすべての敵を撲滅。 

 よしこれでスペースができた。

 私は素早く地面に降り立ち準備を整えたが…


 ertret3456t4534r43wrwetert.png

 それもまた甘かった。

 見えるだろうか。あのオレンジ色の葉っぱ。
 
 あれはそこに敵が沸くというマークである。

 わかるだろうか? 沸いた瞬間から

 銃を撃てるスペースなど用意されてはいないのだ。
 
 ete536ytuy6yu745634rwa3rw.png

 いつまで経ってもスペースなんて空きやしない。

 結局のところ端っこまでBダッシュし

 夜くんが数十匹狩る間にこっちは1匹狩るのが精いっぱいという

 情けない状況に終始。

 その後何もできないままモンスターカーニバル初体験は終了した。

 u867ue6y4yt5t5t3t3t.png

 経験値はたいして上がってない。

 そもそもイリオスとロボの経験値を吸えるレベルでないようで

 まったく効率も良くない。

 もちろんあれだけの敵をサクサク狩れればおいしいんだろうが…

 今の私には無理だ。


 う~む。これはLVを上げて再挑戦か?

 そう思った瞬間だった

 なんと

 56t4564y4yeetgegter.png

 このモンスターカーニバル。

 終了後にご褒美として30,000もの経験値をくれる事が発覚。


 バ…バカな。

 30,000だと!?

 おわかりだろうか。

 このレベルで30,000という経験値がどれほど巨大な経験地か。

 ert34t4325tr3425qaretret.png

 モンスターカーニバルは10分。

 たった10分である。

 それで30,000。

 言っておくが

 r3422534qt35t3yt4y65u75u.png

 私の現時点での経験値ゲージはこんなもの。

 120,000程度でLVがあがるのに、1回で30,000とは…。

 LV32サクチケなしの状態で

 こんな短時間で30,000もの経験値は絶対に得られない。

 なんてことだ。こんな要素がめいぽにはあったのか!

 3,4回すればLVUPじゃないか。
 


夜くん「初体験おつ~。やっぱ銃だときついね。もうやめとく?」

 
 え? 

 やるやる!!

 やるに決まってんだろ。

 私はすぐさま仲間にカーニバル連発を要請。


 確かに
 
 ertert546yt3563q4rwtrte.png
 
 こんな状況では役には立てないだろう。

 ダメージも食らいまくりだろう。赤字だろう。

 しかし

 モンスターカーニバルは専用回復薬しか使えない。

 そしてその専用回復薬は敵がボロボロ落とす

 つまり

 現実的に回復薬は一切消費しないのである。

 実はいくらやっても無問題。 


 まあ仲間には迷惑かもしれないけど…。


 それに

t78i78i686u5e6y4y454y.png

 とりあえずコインを50枚貯めないと。

 シュピゲルマンのネックレスを入手できないのである。

 ちなみにコインが出る枚数は

 だいたいだが
 
 1回につき1~5枚くらいの出現が平均的か。

  678787yetgetgergtesrtgsertgey.png

 しかし敵を狩らなければメイプルコインは出現しないので

 それ相応の火力は当然必要になる。

 それゆえ火力の低い内は

 仲間のコインを拾わせてもらうというのも一つの手と言えるだろう。




 さあ。次だ。

 …

 フフフ。

 私にはひとつの秘策があった。

 実は銃使いはあれだけの数の敵が沸いても

 対処できる術を持っているのである。

 これができるのは恐らく

 全職中で銃使いだけ。



 そしてそれは…








 
 というところで記事を一端切ることにする。




 ずっと皆さんと記事で時間を共有したいがそうもいかない。

 今日からリアルの世界はお盆。

 いろいろ私にもやることがあるのだ…。

 


 trfewwr32w4r324325t3t.png

 だが悲しむことはない。

 一夜明けたら

 記事が更新されてるかもしれないじゃないか。 






 前途多難な乞食生活は明日も続く。

 

 次話 http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-entry-761.html

 ↑予約投稿  記事出現は8/13 朝の8:00。


関連記事








Edit Comments(58) trackBack(0) |