10

January February March April May June July August September October November December
2008(Sun) 08/10

『竹元チエ乞食航海記』 17の巻 … 到着(36)

海賊(銃) 乞食 … Comments(36)

竹元チエ育成方針  

 ①強化は100%書以外禁止
 ②サクチケ使用禁止
 ③強化品を買うの禁止(MTS、露店)
 ④露店許可証、エルフ使用禁止
 ⑤所持メル0からスタート。倉庫内メル、今まで貯めてきたメルも使用禁止
 ⑥人からメル貰うの禁止(人とのアイテム売却禁止) 露店購入は可
 ⑦高価アイテム、高額4次マスタリーブックについてはアイテムとの交換を考慮に入れる?(現在思考中)


 読者からの贈呈品に関して

 ・できればあまりモノを与えないようにしてください。

 chara01.gif






 

 夏休みに入りアクセス数が激増している。

 1日14000とか近年希に見るアクセス数だ。

 実は乞食更航海記を毎日更新にした最大の原因はこれ。

 夏休みでなければ今までのペースでじっくりとやっていたのだが

 毎日そこに新しい記事があるという魅力は何事にも代え難いのではないかと

 判断した。

 まあ夏休みなどなんの関係もない社会人の私が学生に合わせられるのは

 予約投稿を駆使してるからこそなのだが…

 あと規約を一部追加した。

 現状にはまったく関係のない項目だが、要は4次マスタリーブックをどうするかだ。

 1冊200Mだの1Gだの言われたんじゃ敵わない。この場合のみは交換を考慮に入れるしかないと予測している。

 もっともそこまで行ければいいけど。

 




 さて

 彼女と結婚式の準備を終わらせ

 夜INした頃には

 すでにギルド員の転職は開始間近だったようで

副マスター「お~い。待ってたぞ。早く来い」

 なんていう催促のチャットがいきなり飛び交った。

 わかってるというのに…。

 私は

 「OK。Bダッシュですぐ向かう」

 と皆に言ったものの

 実は読者から教えて貰ったアクアリウムの防具屋で

 LV30の帽子を買ったり
 
 海の敵狩れるんかな~なんて興味が沸いて

 海の敵をちょこちょこ攻撃したり

 実は全然急いで向かってなかったことは内緒だ。

 
 fgdgergtry6utr6uyrhyhttrh.png

 しかしどうだろう。

 無理だ。海の敵は無理。

 1匹も倒すことができなかったスクラットと固さが変わらない。

 10発以上打ち込んでも

dfgdgdgthytujtuytjyfh.png

 まったく効いていない。 

 おかしいな。

 魔法使いの育成していたときはマジッククローで400ダメージくらい出してたはず何だが

 未だ銃使いは2桁ダメージが中心。

 乞食育成とか関係なくこれは銃使いの火力が低すぎるだけ何じゃないか?

 なんて疑ってしまう。

 う~む。ちょっとデータサイトで調べてみるか

 と思ったが

 hgrthrhtyjiutjythtrhr.png

 そんな時間はない。

 転職会場の待ちぼうけ仲間のストレスが極限に達しそうだったので

 先に会場の方へ顔を出すことにした。

 
trhthytjtjkutjythryhrtt.png

 は~るばる来たね函館。

 なんて誰も知らないであろう歌を口ずさみながら退屈なエルナス道中を移動。 

 皆到着を待っていてくれるんだろうな。

 こんな危険な道中を歩いてきたんだ。

 着いたらきっとねぎらいの言葉のひとつでもかけてくれる。

 そう思うと険しい道のりを進む足取りも

 自然と軽くなる。


 
 tgrgrhjujiyuikyuuyjty.png

 しかし待っていたのは罠だった。

 …

 コ…コイツら…。

 入り口にモンスターを召還するという罠をしかけてやがった。

 私が死にかけのHPでボロボロで到着すると
 
 先を読んだのだろうが、こんなものは華から想定内。

 危ないところだ。

 hgegrfwffsdcfsdcdscs.png

 まあ金満セレブ共のネタになってやっても良かったのだが

 こっちはエルナスに来ること自体がネタ。

 その私に対し

 高額な袋を開けて罠をしかけるとは、

 さすがは金満セレブと褒めざるを得ないのもまた事実か。
 
 もちろん私もタダでは転ばない。

 3次転職の瞬間はキャラが綺麗に光るエフェクトがあり

 皆その瞬間を狙ってSS、カメラのフラッシュをたくのだが

 sdcff4yu6i68ujtyhhyh.png

 そこを狙って

 乞食流の屁をかまさせてもらった。

 もちろんブーイングは嵐の如く起きたが

 クックック

 バカ共にはいい目眩ましだ。

 だがお茶ギルドの健全と安全を守る立場の

 副マスターは私のこの行為に黙ってはいなかった。

 報復に

 frdfdsffwefe4fgergegerg.png
 
 次元の魔物を召還。

 こ…これは…。恐るべき高額なアイテムのはずだが…。

 htrhuj798o9oi78i6uj6hjh.png

 しかし。そんなもので私と闘うつもりかね。

 だが… 

 さすがは高レベルモンスター

 乞食ではダメージを与えることすら叶わない。

 セレブはしばし次元の魔物の生態を観察していたが

 数十分後には飽きたのか

 自慢の火力で魔物を倒してしまった。

 そして私はこの瞬間を待っていた。

 wtrerw4t35t456y6464y.png

 烈火の如くBダッシュ。レアアイテムをゲット。

 そして速攻で出口へとCダッシュ。

 すぐさま転職会場を脱出した。

 もちろん何も責められるべき事項はない。

 転職に立ち会うという重要な役目は終えているのだ。 

 それにメイプルストーリーにおいては

 地面にあるアイテムは誰のモノでもないという暗黙のルールがある。

 横殴り禁止なんていう勝手なルールを盾にデカイ口叩くなら

 これに反論することはできまい。


 …

 さて次はエルナスで何をするかだが

 ここエルナスには滑らない靴「アイゼン」という超貴重品を安価で売っている。

 恐らくこの町だけのオリジナル商品だったと記憶しているのだが
 
 dfbdfgdfgrewt45ytrg.png

 残念ながら海賊のアイゼンは売り切れらしい。

 店頭に並んですらいなかった。

 う~む。しょうがない。

 ではいつか

 メルを貯めてドロシー(緑)を買うとしよう。

 ちなみにドロシー(緑)shoes_25.gifは無強化で移動速度が5~7もついている靴である。

 
 アイゼンがないのであれば

 エルナスにもう用はない。

 さっそく牛乳で帰還

 …といいたいところだが

 thdrhthtgsseferf.png

 以前にアリアントにて

 「オルビスに行ってこい」というクエスト要請を受けていたことを思い出す。


 オルビス…か。



 ここエルナスからオルビスへ行くには

 オルビス塔を超えるしかない。

 近いと言えば近く、遠いと言えば遠い

 オルビス塔の敵は決して弱くはない。

 そして登るのもかなり面倒だ。

 恐らく登るだけで結構な薬を消費する。

 そしてそれは赤字として後々乞食生活に跳ね返ってくる。

 どちらかというとビクトリアに帰って船でオルビスに行った方が

 金銭的には賢い。



 
 しかしそうは言ってもオルビス塔は目と鼻の先…。

 行きたい衝動に駆られる。

 行けば絶対的に赤字。


だが



 気づいたら私は塔を登っていた…。



 hrhhhh7uy56rgtge.png
 

 だが悲しむことはない。

 最上階にはあの空の町オルビスが待ってるじゃないか。










 前途多難な乞食生活は明日も続く。

  
 
 

 
 次話 http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-entry-759.html


 ↑予約投稿 08月11日 深夜1時に出現


関連記事








Edit Comments(36) trackBack(0) |