07

January February March April May June July August September October November December
2008(Thu) 08/07

『竹元チエ乞食航海記』 13の巻 … 雷電(72)

海賊(銃) 乞食 … Comments(72)

竹元チエ育成方針  


 ①強化は100%書以外禁止
 ②サクチケ使用禁止
 ③強化品を買うの禁止(MTS、露店)
 ④露店許可証、エルフ使用禁止
 ⑤所持メル0からスタート。倉庫内メル、今まで貯めてきたメルも使用禁止
 ⑥人からメル貰うの禁止(人とのアイテム売却禁止) 露店購入は可


 読者からの贈呈品に関して

 ・できればあまりモノを与えないようにしてください。

 chara01.gif




 さて

 コメント欄では様々な口論が繰り返されているようだ。

 なるほど。色々意見があって非常に参考になる。

 「嫌なら見るなよw」という意見もあるが、実は否定意見があったからこそ規約事項が変更になってきたのだ。そしてこれこそがネット。

 それに中には「うぬっ?この人…難しい内容をうまいこと文で表現してるなぁ」なんて貫禄を受ける時もあるから世の中わからないのだ。自分が思ってる事を数10文字で思想の違う相手に伝えるのは恐ろしいほど難しい。

 コメント欄汚しなど小さいことに遠慮せずどんどん活用していただきたい。

 その上で導き出された意見を私の方でも考慮させて頂こうと思いまする。

 だがいくら意見とは言っても

 最初の記事のコンセプトを読まず

 いきなり途中の記事から入ってきてグダグダ書かれるのは困る。あくまでも物事には背景というものがあり、それをわかってもらうために「まえがき」を2つも書いてるのだから…。


 っと…

 またやってしまったか。

 冒頭に関係ない下りを書くのは

 もはや恒例となってしまったようだ。

 




 さて

 趣向の合わぬアリアントを後にし、

 本日は乞食仲間とタコ狩り。

 0-iy90ut89ge89gyr98gy98g.png

 しかしどういうことだ。

 なんといつの間にやらこの狩場は満員御礼。

 空いてたのは1CHのみ。残りの15CHが埋まっていた。

 前はこんなに人が居なかったのだが…。

 どこかの大バカが大々的に紹介するからこうなったのだろうか。

 それとも前から人気があったのか。


 otophoprthjrtophjrtophjt.png

 とまあそんなことはどうでもいい。

 ここでずっと居座るわけでもないのだから。

 …

 と強がってはみたものの、ものの数十分で乞食仲間がLV20→LV21になってしまった。

 それだけ効率がいいということだろう。

 だが気軽に来れるところではなくなった。

 どうやら私は惜しい狩り場をなくしたようだ…。

 …

 乞食仲間はLV21になった瞬間。
 
 「カニングクエスト行きたい~」

 と強要してきた。

 う~む…。もはやカニングクエストは食傷気味だが

 カニクエバージン(初体験★)の乞食娘の願いを

 潰すこともあるまい。

  -0gie-0gie90gue0guerger.png

 とりあえずお茶ギルドのセレブ共に連絡。

 支援して貰うことにした。


 何事にも始めのイメージというものがある。

 信頼できる仲間にサポートを任せれば

 彼女がカニクエ初体験を嫌な思いで飾ることもなかろう。

 しかしどうなんだこれは

 pogrthjuighergeropgj.png

 未だ1ダメージが出るとか泣けてくる。
 
 もちろんLV21の頃に比べると幾分はワニも倒せるようにはなってきたが

 25枚の券を自力で集められた事は一度もない

 自力で集めようとしても5枚くらい集まったところで

 「↓に18枚置いときます^^」

 と券を提供してくれるのだ…。

 progkpeogieoprgerpgerp.png
 
 このようなダメージが安定して出てくれればいいのだが。

 ギルドお茶の温かいサポートを受けながら
 
 乞食娘のバージンカニクエは雰囲気良く終了した。

 dgdhjfjgtjktyjrtghdgrgf.png

 そして乞食娘はいきなり「素早さの書全身鎧」をゲットするという偉業を達成。

 2人のお茶ギルドの仲間は歓喜に沸いた。

 …

 が我ら乞食は至って冷静だ。

 乞食に10%書は使えない。

 すぐさまセレブの報酬である「青い薬」100個と交換。

 乞食に必要なのは書などではなく、今日の食い物なのだ。



 食い物を得て、気を良くしたのか

 乞食娘は食事を取るためカニクエメンバーから一時離脱。

 …
 
 さすが乞食。セレブとは生命力が違う。


 thr8teguer98ugr8uu.png

 私は乞食娘が離脱した後も、

 新たなメンバーを加え、カニクエを消化していった。

 経験値ゲージは知らぬ間に上がっていき
 
 すぐにLV27に到達した。

 それもそのはず。

 セレブが

 手裏剣を2,3投げる程度で

fbgdfgbdfbggbhgngfngf.png

 ボスは虫の息なのだから。 

 



 そして…

 乞食娘が食事から戻ってきた。 

 
 なに!?

 この娘… 何か運を持っているな。

 なんと乞食娘が戻ってきたときの私の報酬は「素早さ全身書」だったのだ。

 0i65045iut90u5t90guerg90ue.png

 そして
 
 私は乞食娘と入れ替わる形でメンバーから離脱。

 すぐさま

 ソロ狩りへと向かった。



 今日カニクエだけで終わるわけにはいかなかった。

 なぜなら今回

 ソロ狩りするにあたって調べてきたことがあるのだ。

 現状のLVの敵を狩ってドロップ品を得ても

 店売りで10,000メルを超えるものはまず存在しない。せいぜい5000メルとかその程度だ。

 何か高く売れるドロップ品はないものかと

 探していたのだ。


 そして見つけた。

 見てほしい。この雷電という武器。j3_20080807104051.gifこれが素晴らしい。

 なんとこの武器、買値が150,000メルであり、店売り価格は60,000メル。

 60,000メル。

 低レベルの敵がドロップする武器としてはかなり高額な数値だ。

  * ストーンマスク 
  * ファイアボア
* 鴉
* ワイルドボア
* スティジ

 などがドロップする事も調査済み。




 私は

 丁度カニングにいることを利用し

 早速お宝ゲットのため

 近くのスティジへと向かった。

 何しろメルが未だ200Kしかない。

 これは3日前と同じ数字だ。

 つまりここ2,3日でメルはまったく増えていないことになる。

 やはり普通の狩りではメルは増えないのだ。


 dfgdhgdhfjfhfgdfgvsdfvsd.png


 狙うしかないだろう。雷電を。

 …

 私は狩った。 スティジを狩りまくった。

 だが雷電が落ちる気配は一向になかった。



 う~む。駄目か。それに浮遊している敵はどうも狩りにくい。

 すぐさまワイルドボアへ移動。

 gfdgdfgsfsfafsdfsd.png

 私は狩った。とにかく狩った。
 
 雷電を所有しているであろう

 ワイルドボアを狩りまくった。

afwegehthrthtrhgdg.png

 しかしワイルドボアも雷電を落とす事はなかった。

 なぜだ。なぜ落ちない。

 …

 それになんだここは。
 
 昔は狩りやすかったワイルドボアの住み処だが

 いつの間にか71.jpgが6~7匹も出現するようになっている。

 何でコイツが7匹もいるんだ。

 呪いばかりかけられて気分よく狩れたもんじゃない。

 ネクソン。一体何てことをしてくれたんだ。


 邪魔だ。とにかくジュニアブーギーが激しく邪魔だ。

 fgvdgjkjtyhgdgsfs.png

 ぬぅ…。

 どこかにワイルドボアだけ沸くような狩場はないものか。

 …

 ということで乞食仲間に聞いて見た。

 ぬ?

 どうやら

 「ワイルドボアの住みか2」なんてMAPがあるらしい。
 
 いや。昔からあったMAPかどうかは知らないが、

 ここには邪魔なジュニアブーギーがいないだそうだ。

   gtyjuhytrggeergfergre.png
 
 これは朗報だ。

 しかしどうやら入口が隠しポータルらしい。 

 それはどこだ?と聞いたら

乞食仲間「え?ポータルの場所? 忘れますたwww」 
 
 らしい…
 
 しょうがない。自前で探すか。

 ghrthrthgg.png

 私は探した。しらみつぶしにぺリオン周辺を探した。

 もちろん。怪しいところで↑してみたりもした。

  
 …


 しかし何もみつからなかった。

 


 なんということだ。
 
 この調子では私が雷電を手にすることなど夢のまた夢。

 「通り狩り」のドロップも金にならない空しいものばかり。

 frweffergehtyjyilyjhtg.png


 …
 

 だが悲しむことはない。

 いつか…

 いつか見つかるかもしれないじゃないか。








 前途多難な乞食生活は明日も続く。

 



 次話   http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-entry-755.html



関連記事








Edit Comments(72) trackBack(0) |