--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

30

January February March April May June July August September October November December
2008(Wed) 07/30

大学時代回想15 帰れない者達(97)

財前History … Comments(97)

 この記事は管理人の大学時代の回想記(実話)です。
 回想1 「一楽木工」から見ないと意味がわからない箇所がある点はご容赦ください。

defined
09/10/23 大学時代回想20 かたはらいたし 激震の鎌倉 (コメント --)
09/10/23 大学時代回想19 甘い運命をお膳立てしましょう (コメント80)
09/02/18 大学時代回想18 何年経っても変われない男の…末路  (コメント63)
09/02/16 大学時代回想17 恋の脳内麻薬の作用と副作用? (コメント41)
09/02/10 大学時代回想16 情けねぇ男二人の友情 (コメント67)
08/07/30 大学時代回想15 帰れない者達 (コメント96)
08/07/25 大学時代回想14 マグナム砲の覚醒 (コメント62)
08/07/20 大学時代回想13 友情と恋愛(ノリ編)  (コメント49)
08/07/18 大学時代回想12 動き始めた思惑 (コメント68)
08/03/25 大学時代回想11 無駄が必然に変わった日 (コメント69)
08/03/13 大学時代回想10 阿鼻叫喚の魅力 (コメント71)
08/03/11 大学時代回想9 ホッケー女のイメチェン文化祭 (コメント33)
07/12/03 大学時代回想8 友情と恋愛 (コメント91)
07/11/27 大学時代回想7 研究室所属 (コメント57)
07/11/22 大学時代回想6 社会人の鏡 (コメント59)
07/11/19 大学時代回想5 バイク免許所得の先に… (コメント49)
07/11/13 大学時代回想4 ストーカー財前  (コメント192)
05/10/04 大学時代回想3 リリカの再来  (コメント11)
05/09/17 大学時代回想2 4月応援団  (コメント13)
05/09/16 高校時代回想1 一楽木工  (コメント24)















 回想15は普通のお話です^^ ご安心ください


























 あの後…

 リョウさんと共にバイクで帰路に着き、途中で別れた。

 これで私は少し考えることができる。

 なぜならリョウさんが帰ったからだ。つまりリョウさんが予定していたことをすべて消化したということになる。リョウさんの目的は達成されたのだ。

 問題はここから。私はこれからなぜリョウさんがこんな事をしてくれたのか

 を考えなければならない。通常聞けばすぐわかることだが、彼はそんな事言わない。

 0711049t739t73tuypetrt.jpg


 う~む

 壮絶な体験をさせてもらい、その資金まで提供してくれたリョウさんだけど…

 一体私に何がしたかったのだろうか。 いきなり家に来たと思いきや、目的地も告げずあんな所に連れて行くなんて常識を逸している。影からあたふたする私の反応を楽しむような「いたずら」を好むタイプでもない。

 では

 ただリョウさん自身が風俗に行きたかっただけだろうか。

 いや…それはないだろう。行きたいなら一人で堂々と行ったはずだ。わざわざ私を連れていく義理もない。つまり今回は何らかの理由で「財前をわざわざ連れて行った」という事になる。

 確かにいい経験をさせてくれたとは思うが…相変わらずの「黙して語らず」でやることはエゲツない。後でこちらが色々と考えないと彼の真意がわからないのが辛いところだ。

 だが…実は理由を考える必要などなかった。

 もうすでにわかっていたのだ。自分の気持ちの変化に。

 私の心理状況は亜美さんの事で悩んでた、つい数時間前とは明らかに違っている。何か…吹っ切れたと言うべきか、胸につっかえていた物が取れたというか。スッと気持が楽になった。

 これは事実だった。

 理由はわからない。でもその理由をいくら考えようとしてもわからない。

 まあそういうものである…。

 
 いや。別に、出してスッキリしたとかそういう事ではない。ひとつ思うのは

 何か…リョウさんとあの場所に行き、ロシアの女性とかかわった後から、

 凄く今までの事がちっぽけな事に思えたのだ。

 愛だの恋だので悩むことが。

 良く良く考えると私は恋愛をしたいんじゃないじゃない。 結局ヤリたいだけなのだ。いや今までを思い返してみてもヤリたいだけだったのだ。

 リョウさんとナンパしてた頃もそうだった。特定の彼女を持たず、その日であった女性と関係を持つ。当然あとくされもなにもない一夜だけの関わりである。リョウさんと出会ってからずっとそうしてきた。

 それがリョウさんと疎遠になり、大学生活、いや研究室生活に没頭し出してから歯車が少しづつ狂い出していたのだ。

 特定の彼女を欲し、周りに流され自分も特定の彼女が欲しいと思った。

 いやというより周りはみんなそうしてたから。特定の彼女を作ってたから。彼女と時間を共有することを重要視してたから。

 ナンパなんてする奴は周りに皆無だった。

 だから思ったのだ。流されたのだ。私もそうしたいと。


 真面目な恋愛 > 一晩限りの恋愛

 
 世間的に見ても明らかにこうだから。研究室や普通の大学生との関係が濃くなり、リョウさんのような特異な存在との関係が薄れたことで「普通こうじゃなきゃならない」という言わば先入観に囚われてしまっていたのだ。

 そう。他多数がしてることは「普通」。

 普通なのだ。つまり誰もが望み、誰もが行うこと。
 
 だから人前で堂々と経験談を話せるし、何ら罪悪感に苛まれることもない。だって皆やってることだから。

 …

 少しづつ絡まっていた糸が自分の中で解けてきた。


 hrthuikjgtrtrserfagf.jpg


 

 そうだ!!
 

 そもそも私の人格形成は高校時代の後期に行われたものじゃないか。一楽木工とにアルバイトに行った時に暴走族の兄ちゃんにナンパのイロハを教えて貰った。
 
 それがすべての始まりだ。

 遠目から女性を見て、授業中に好きな子と目が合うと喜んでた程度の青臭い自分が…

 覚醒したのは、あの一楽木工の暴走族との出会いがきっかけだったのだ。

 世間も何も知らないあの頃の私の心は真っ白のキャンパスのように清く美しかった。それがあの暴走族との出会いにより漆黒のキャンパスへと瞬時に変わってしまった。

 東京の大学に合格した。憧れの花の都 東京

 そこに夢を求めたのも私を狂わせた一つの原因かもしれない。

 私には家がある。実家がある。財前家の血筋、先代が代々、子に受け継いできた土地がある。東京にいられるのはわずか4年でしかない。絶対に長男として徳島に帰ってこなければならない。たとえ就きたい仕事が徳島になくても、徳島のどこかの会社には就職しなければならない。

 それが後継ぎとして親に育てられた長男の宿命なのだ。

 ゆえにこの4年は言わば好き放題できる人生最大のバカンス。

 教育とは恐ろしいものだ。幼いころから口をすっぱくして親から刷り込まれた長男としての自覚はグッサリと胸に沁みついてるのだから。
 
 つまり私にとって東京にいる4年間は腰掛けでしかないが、東京で就職する者にとっての4年間は腰掛けではない。将来の人間関係を作る基盤作りの期間でもある(農大の大多数)

 ここにナンパという要素がカッチリとハマるのがおわかりになるだろう。 

 4年間どう過ごすのが得策か。

 特定の女と長期間、深く恋愛するのか、できるだけ多くの女性と薄く関わるのか

 高校時代当時

 私が選択したのは後者だった。

 だからこそ、あんな無茶なリョウさんを兄と慕う事ができ、これまで着いてこれたのだろう。徳島でリョウさんと出会っていたら…恐らく着いていけなかったはずだ。

 これは周りにだれも知ってるものがいない東京だからこそ生まれた絆なのだ

 何人もの女性と関われたのもリョウさんのおかげ、バイクという存在を身近にしてくれたのもリョウさんのおかげ、世間を知れたのもリョウさんのおかげ、

 そのリョウさんと出会えたのは一楽木工暴走族のおかげ
 

 次々と繋がる人間関係

 しかし悪友ばかり…。

 そうか。

 よくよく考えると自分の人格に多大な影響を与えたのは

 世間一般的に良識者と言われている存在ではなく…

 世間一般からは














 非常識者と呼ばれる二人だった


htrthy6u5eurhgesrgtrywuej.jpg

















 この二人に育てられたに等しい私が、普通の人と同じように恋愛をしようと考えた方が愚かだったのだ。恐らく知らず知らずのうちに危険なオーラを纏っていたのだろう。

 素人に振られ続けたのも恐らくそれが原因だ。

 チズエさんに近づいただけでストーカー扱いされたのも

 よく考えるとあながち間違ってはいない。そういう危険な雰囲気を醸し出していのただろう。私本人が。

  
 


 なんという。なんという事だろう。

 大学生活もあと半年で終わるであろう時期ににこんな大切な事に気づくとは。

 まだまだ自分は子供という認識でいたが、良く考えると成人してる。

 もう人格は完全に形成されていたのだ。

 
 まさか…リョウさんはそれを気づいていた敢えてあそこに連れて行ったのか!? 

 …

 いや。それはないだろう。自分でも3年もかかってようやく気付いたことだ。赤の他人のリョウさんがそんな私の内面状況など知る由もない。だが、彼が何かを背中で語ろうとしたのもまた事実。

 何か…勘のようなものが働いたのかもしれない。

 彼は私のまだ知らない様々な事を知っているのだから…。


 あの風俗の女… あれは確かにプロだった。そして需要があるからあそこで商売ができる。つまり誰かはああいう存在を欲しているのだ。

 あのテクニック。タダ者ではない。

 少なくとも私は彼女に対しなんら不快感を覚えることはなかった。顧客満足度に関しては充分合格点を与えられる。

 これぞプロではないか。

 風俗といえば聞こえは悪いが、言い方を変えればお客のために最高のサービスを提供する職業だ。職種が違えど目的は同じ。
 
 恐らく身内は悲しむだろうが、一般社会の人間に迷惑をかけているわけでもない。むしろ貢献していると言えるだろう。あれでいくらの報酬を得られるかはわからない。

 だが日本で永住する気がないのは日本語が話せないことからも明らか。

 お金ができたら国に帰り、静かに暮らすつもりなのだろう。いや親に仕送りしてるということもあり得る。

 となると

 親の金で大学に行き

 自分のためだけにアルバイトをし 

 自分の欲しいものを買うためだけにお金を使い

 何ら世に貢献しない研究を名目に置き、研究ごっこをしている
 


 我ら学生よりもよっぽど立派ではないか。

 
 rg5yjergrdyjtkuyktydhh.jpg

 
 

 そうだ。税金は払ってるんだろうか?

 所得税とかそういうのはあの職業に発生するのだろうか?

 それを払っているとしたらお手上げだ。文句のつけどころがない。


 牛鉄のアルバイトで出会った社会人の鏡「外村」さんと同じではないか…。

 

 …




 …








 不思議な事に人間の思考というものは一度紐解けると次から次へと解けていく。

 人間同じ環境下にいると周りが見えなくなる。隣の飯が美味しく見える。

 私はナンパばかりしていたから、普通に恋愛している友が羨ましかった。ナンパなど所詮社会のはぐれ者がするものだと思いながらやっていた。そしてようやく研究室に入って素人の女性と関係を持てる機会を得た。しかし…私にさきほどの事を気づかせてくれたのは美味しく思えた素人の女性ではない。皮肉なことに風俗の女性だった。そしてこれはひと晩限りの「つきあい」。つまりナンパの感覚に等しい。

 私が亜美さんとかかわり出して何を得たか。研究室で何を得たか。

 …

 何も得てはいない。


 
 結局最後に残ったのは大事にしなければならないのは

 今までリョウさんと共にやってきた行動だったということに気づいた。

 そしてこれは特異。普通に大学生活を送っていてはほんの少しカジルことしかできない要素だ。それに思う存分どっぷり浸かれた私は

 ラッキーだったと言うべきなのだろう。

 この経験値は社会人になっても武器になる…。私はこの当時なぜかそう思った。

 
 今日はちょっと考えすぎて疲れたな…

 思いながらその日は床についた。
 









 そして夜が明けて




 htrhytjuyrkrtgaergaergsgersg.jpg





 翌日…


 通常通り何食わぬ顔で研究室に顔を出した私。いつもどおり研究室ではくだらない会話が幅を利かせている。

 「ねぇ昨日テレビさぁ~」
 「今日あの店行く?」
 「あと2か月で卒論まとめねえとなぁ」
 「明日実験だから今日準備しとけよな」



 社会人でもない、親の脛かじりなのに何かするべき義務、責務を持ってるかのような発言。リョウさんなら絶対に口に出さない発言ばかり。

 違う。違うぞ。おまえら。

 おまえらは今何かをしなければならないんじゃない。

 1年後。そう。

 社会に出てからだ。

 そこで真価が問われる。今大学でやってる卒業論文でよい成績を収めたとしても

 社会に出て何もできなければ何の意味も為さない。覚悟はできてるのか?

 …

 フッ まあいい。 私も昨日まではああいう雰囲気に呑まれてたんだからな。  


 マグナム砲に加え、精神的にも覚醒した今の私に怖いものはないのだ。

 ハ~ハッハッハ

 まあとりあえず「ニュー財前」誕生を祝してホッケーにでも話しかけてやるか。





財前「よう。ホッケー」


08030198t83y98hferhfer9.png



ホッケー「何? 何か用?」

 
 ぐ… この野郎。最近ちょっとモテてるからって調子に乗ってるな…

 っと イカンイカン

 悟りを開いた私にはこんな小娘の戯言など何も感じないんだった。



財前「いや。別になんでもない」

ホッケー「何よそれ!」

財前「挨拶しただけだろ」

ホッケー「それとさ。気安くホッケーって呼ばないでくれる?」

財前「え?」

ホッケー「そんな呼び方してるのアンタだけなんですけど」

財前「まあいいじゃないか。大学1年からのつきあいだろ?」

ホッケー「その男友達みたいな扱いやめてくれる? それに私には友美って名前がちゃんとあるんですけど?」

財前「じゃあ友美ちゃんって呼ぼうか?」

ホッケー「気色悪~」

財前「何が気色悪いんだよ」

ホッケー「そうやって何人の女の子の名前を呼んできたわけ?」

財前「フッ 昔の話だな。 これからの俺は今までとは違うんだ」

ホッケー「へぇ~。何が違うわけ?」

財前「悟ったのさ」

ホッケー「何を?」

財前「女を悟った」

ホッケー「は? 馬っ鹿じゃないのww」

財前「勘違いするなよ? 女にうつつを抜かすのを悟ったと言ってるんだ」

ホッケー「ええ? もう女遊びはやめるってこと」

財前「そういう事だ」

ホッケー「へぇ~… でもなんで急に? あ。誰かにだまされたんでしょ」 

財前「アホか。それはおまえ昨日 ロシアの…」

ホッケー「ロシア??」


財前「!? 別に…なんでもないよ」

ホッケー「ぁゃしぃ」

財前「まあとにかく昔と同じ眼で俺をいつまでも見るな。今はもうあの頃の俺とは違うんだから」

ホッケー「ふ~ん。そっかぁ。 それだったら今度チズエ誘ってご飯でも一緒に食べてみる?」

財前「何!? チズエさんと?」

ホッケー「うん 誘ってあげるよ」

財前「おおおお。ホッケーできるようになったじゃないかおまえ。よし。今日でもいいぞ」

ホッケー「ウッソ ピョ~ン。 …誘うわけないでしょ。 やっぱり昔と変わってないじゃん」

財前「なんだと!?」

ホッケー「あははは」



 くそう。ダメだコイツ…。

 まだ誘って1日やそこいらでは素人の女にすら勝てんのか…。

 その上ホッケーは4年生になってちょっと色っぽくなっており、何かわからないけど「かわいい」からさらにタチが悪い。

 しかし…

 次の瞬間ホッケーが神妙な顔になって私にささやいた。 


ホッケー「ちょっと財前こっちきて…

財前「ん?なんだ」

ホッケー「いいから

財前「…」


 そう言って廊下に出るホッケー。 

 ?? 

 一体なんだろうか?


 


ホッケー「あのさ…」


070y0i09gegwe0geh.jpg


注) 12話でネタバレしてますが、まだこの時点でノリは後輩とはつきあっていません


ホッケー「ノリ君の事なんだけど…」

財前「うん」

ホッケー「交際を申し込まれたの (m´・ω・`)m」

財前「へ、へぇ~… そうなんだ…」


 ほぅ… ノリはうまくやったようだな。感心感心。


ホッケー「財前はノリ君から何も聞いてない?」

財前「し…知らないなぁ…」

ドキドキ

財前「交際申し込まれたって…告白されたの?」

ホッケー「新宿のホテルに誘われちゃった」


 ぶっw どうやらあいつ俺の言う通りにしたようだな。

 そうか。新宿のホテルのあのレストランを予約しやがったか。


財前「新宿のホテルか~ あそこいいレストランあるからねぇ」

ホッケー「そうなの?」

財前「ああ。だって俺もそこ行ったことあるぜ?」

ホッケー「あ…そう…」

財前「いいじゃないか。飯くらいつきあってやれば」

ホッケー「うん。ご飯くらいならいいんだけど…」

財前「おお!? その気あるの?」

ホッケー「そういうんじゃなくて、誘われたのはホテルなの」

財前「そりゃあそうだろうなあ。だってホテル内のレストランだし」

ホッケー「ううん。違うの。ノリ君ね。部屋も予約したからって言うんだよ?」

財前「何!?」

gsgsghsehshjgjtyjdh.jpg



ホッケー「部屋ってさ…。これってノリ君どういうつもりなの?って思って…」

財前「「部屋ってまさか泊まる部屋?」

ホッケー「うん」





 … 
















 




 …














try4yrhrthrthtrhryrhyrt.jpg






 ちょ… 待てよ(笑)












 あのバカ!! 泊まる部屋まで予約してどうするんだよ!!

 しかもそれを言うなんてなんて初歩的なミスを…

 まったくフォローするこっちの気にもなれよ



財前「いや。それは違うな。それは泊まる部屋じゃない。」

ホッケー「ていうか誰が入れ知恵したのかはわかってるけどね」

財前「多分それはレストランのね。食べるための個室を予約したって事なのさ。そこで泊まろうなんてあいつは考えちゃあいない。」

ホッケー「私も初めはそう思ったよ。でもレストランは予約してあるって言った後に部屋もって言ってたから…」

財前「…。  ま、まあ勘違いさ。気にするな」

ホッケー「気にするよww」

財前「なんだ。話はそれだけか? なら話は終わりだ。ノリは泊まる部屋なんか予約しちゃいない。予約したのはレストランの個室だ。いいな」

ホッケー「だから~。アンタが言ったんでしょ?」

財前「え?何を」

ホッケー「とぼけてもわかってるの。 アンタの入れ知恵って事は」

財前「フッ 何をバカなことを。この件に関して俺は何も知らない」

ホッケー「は~…」

財前「なにか証拠でもあるのか証拠でも」

ホッケー「だって告白するの時に部屋予約するバカとかアンタくらいなもんでしょ」

財前「失礼な事を言うな(笑)」

ホッケー「それにノリ君の交友関係みてもそういうタイプの友達はいなさそうだし」

財前「ほう…良く調べてるじゃないか」

ホッケー「まあ別にいいけどね。じゃあとりあえず返事しといてくれる?ノリ君に」

財前「何!? 俺が?」

ホッケー「アンタが入れ知恵したんだから当然でしょ」

財前「だから俺は何も言ってないと何度も…」

ホッケー「ノリ君にはこう返事しておいて。わたしは…」

財前「やめろ!!


ホッケー「!?」

財前「何でノリに直接言ってあげないんだよ。おれに言われても困るんだ」

ホッケー「友達でしょ?」

財前「いいか?もしおまえがノリを断ろうとしてる場合はだ。 そうやってな。人づてに返事したりするから女性不審になる男が出たり、その後の関係が悪くなったりするんだぞ? わかってるのか?おまえは」 

ホッケー「何よそれ」

財前「とにかくノリは直接言ったんだろ? じゃあノリに直接返事するのが筋だ」

ホッケー「…わかったわよ。何よ偉そうに。ノリ君にエッチなこと入れ知恵しておいてさ~」

財前「だから!!」


  
 

070y0i09gegwe0geh.jpg



 …とここでホッケーは目をひんむいて研究室に帰って行った。

 なるほど。

 直接返事できないとか意外とかわいいとこもあるじゃないか。まあOKかNGかはわからんが…

 しかしノリ…。

 まさかホテルの部屋まで予約してるとは思わなかった。しかもそれを相手に言うとか…。

 う~む。これは

 告白してみると意外にホッケーの反応が良かったから、大丈夫そうと思って言ったんだろうか?


 どちらにしても部屋まで取れとは私は言ってない。

 やはり… 等身大以上の事をしようとすると綻びが生まれるか。

 うむ。やはり人はイメージ通りに行動しないといけないな。

 そしてホッケーは私の入れ知恵と思ったか…。不本意だがやはり他人から私はそういう風に思われているようだ…

 昨日の悟りがまた信憑性を帯びてきた。

 まあ結果についてはそのうちノリから言ってくるだろう。ホッケーもあの調子じゃ今日明日に直接返事するのは無理だろうねえ。


 …



 







  そして放課後

 
 いつもなら亜美さんの研究室に亜美さんを迎えに行く時間だが、今日は行かなかった。いや。というより明日も行かない。

 もはや私は昨日悟ったのだ。

 このまま無駄に馴れ合いを続けるなど私らしくもない。女が欲しい時はまたナンパに出ればいいだけの話。そう。それが俺流だったのだから。

  1年前の自分に戻るのだ。


 



 …


 そして亜美さんを誘わず一人で帰る日が4日続いたある日のこと
 

 いつものように一人で帰ろうとすると
















 なんとバイクの前に亜美さんが立っていた。
 
 080201i093tu8yt589th.png



 … 一体なぜ?


亜美「財前くん…」

財前「や…やぁ」

亜美「最近誘ってくれないね」

財前「ああ…ちょっとここんところ忙しくて…」 

亜美「今日は?送ってくれないの?」

財前「忙しいんだ」

亜美「…」

財前「…」



 フッ さすが悟りを開いた私。

 渋いな。渋すぎるぜこの間

 あとはバイクに乗って

 「風が…呼んでる…」 と言い

 ブオオオオォォォ

 とかっ飛ばせば、もう最高に格好良すぎる。これだ。これぞ生まれ変わった「ニュー財前」よ。


 8hu0e8r9ug9ertgie-fsdihvht.jpg





 しかし…

 亜美さんから出た言葉は意外な言葉だった。



 …





亜美「あの日のこと怒ってるの?」

財前「ぇ…」







 !?


 !?!?!??!?!?!?

 あの日の事ってまさか

 あの亜美さんに抱きついてヤロうとした時の事?



 ちょっと待て

 な…なんだと!?

 「あの日のこと怒ってるの?」って

 まさか亜美さん。

 私があの時、亜美さんとヤロウとして拒否されたから凹んでると思ってるのか?


 ちょ… なにその評価。それただのエロ男じゃん!!

 私の事をそんなガキだと思ってたのか?


 違う。違うよ。断じて違う。

 そんな単純な事で怒るわけないでしょ。私は昨日リョウさんの背中を見て女づきあいを悟ってだね…


 …

 ああああああ;;

 いつもこうだ。
 
 なんで私は他人から見るとそんな変態みたいにイメージされるんだ。

 ヤルだけが全てじゃないって顔してるだろ?今は。

  くそう… 説明するしかないか。言葉を多く発するほど男は価値が下がるんだが…。



財前「いやいや。 ハッキリ言って全然怒ってないよ」

亜美「じゃあなんで私を避けるの?;;」

財前「え? 避けてないよ;;」

亜美「嘘ばっかり。もういいよ」

財前「あっ…」






 そう言って亜美さんは走って校舎の方に走って行ってしまった。
 
 なんて勝手な女だ。待ってればアッシー君(送り迎え奴隷)の私がいつでも迎えに来るとでも思っていたのか?
 
 フッ… 甘いな。

 悟りを開いた私にはもはやそんな手は通用しない。

 まあしかし

 これで亜美さんも私が迎えに来る事を期待することもないだろう。卒業まであと半年。どうやら彼女を作るという計画はここで完全に途絶えたようだ。
 
 まあこれも一種の失恋。

 そして青春だろう。

 
 …

 妙にすがすがしい気分だった。

 ひとつの…大きい何かが私の中から消えた。

 07iou0-9hert09guer0fgyewr8f9yg.jpg



 こんな日は家に帰って飲もう。

 私はバイクに跨り、亜美さんと一緒に帰っていた頃の思い出を走馬灯のように思い出しながらバイクを走らせた。

 ふと…途中ノリの事を思い出し、どうせ飲むならノリと飲もうと思い、バイクを止めて電話。


 プルオプルルルルル  ガチャ





ノリ「よぅ」

hhfghtrhyrtyhrtgergderthtyjililjgsdad.jpg


財前「ノリ。今日暇か?」

ノリ「ん?暇だよ?」

財前「じゃあさ。今から家に来いよ。おれもあと30分くらいしたら帰るからさ」

ノリ「どっか行くの?」

財前「いや。家で飲もうかなって思って」

ノリ「そうか~。なんで飲むかわかるぞ~ ムフフ」

財前「ん?」

ノリ「亜美さんといい事あったんだろ?」

財前「え?何が?」

ノリ「またまたぁ~。とぼけて~」

財前「いい事あったというか、今日怒らせたみたいだからもう関わることもないと思うよ?」

ノリ「ええええええ!?」

財前「ついさっきの話だけどね」

ノリ「なんでケンカするのよ!!」

財前「なんでってそりゃ俺の気が変わったから?」

ノリ「え?もう好きじゃなくなっちゃったの?」

財前「そうじゃないけど。ただもう送り迎えするだけの関係は御免だなって」

ノリ「おまえアホだねえ」

財前「は? おいおい。おまえの方がアホだろ。今日な。ホッケーに…」

ノリ「2日前だっけ?亜美ちゃんずっと待ってたんだぜ?」

財前「ん? 待ってた?」

ノリ「いやおまえが研究室に迎えにいくの」

財前「へぇ」

ノリ「たまにチラチラこっちの研究室のぞきにきてさあ。あれ夜遅くまでいたんじゃないかなあ」

財前「な…なに!?」

ノリ「あんなのおまえをずっと待ってるの見え見えじゃん。」

財前「…」

ノリ「一応俺が『もう帰ったよ』って言っておいたけど…」

財前「ま…またあとで電話する」


 
 ガチャ





 …




 …



 バ…バカな。



 …




 そんなバカな。

 もうどんなに鈍感な男だってわかる。
 

 なんてことを…
 

 亜美さんは…  私が迎えに来るのを… ずっと待ってたのか…。ここ数日…。

 は!?

 そうか。だから今日わざわざバイクの前にいたんだ。 そうか!!
 
 あれは偶然じゃなく… 亜美さんの意思で…

 



 
 hsghrthyrtheuilktrgesh.jpg

 






 …





 私は真っ青な顔で大学に引き返した。

 自分の馬鹿さ加減にうんざりした。

 ここまで来ると自分がいったい何だかわからなくなってくる。 

 何が悟っただ…。 何が…

 人とはこういうものなのだろうか。失敗するごとに冒頭のような余計な事を考え、成長した様な錯覚を覚える。実際自分は何も変わってないのに。

 悟っただと?

 おい財前。

 貴様はリョウさんに連れられて風俗に行っただけじゃないか。

 それだけでわかったような口を…

 女一人の気持ちすら満足に理解してやれない大馬鹿野郎じゃないか。

 くそう…


 なんでこんな事に…


 知らず知らずのうちにバイクのスピードは上がる。

 亜美さんが電車に乗ってたら終わりだ。…亜美さん。まだ大学にいてくれ。頼む。

 そしてふと思った。

 よくあるドラマの光景だ。これは。 男は大概こういう場面でバイク事故を起こす。

 rtththrthshsdfsgfdsgfgdf.jpg


 うむ。

 こういう時こそ安全に運転しなければならない。

 フッ…。トレンディードラマもたまには役に立つな…。




















 
 30分後…


 私は厚木キャンパスに到着した。

 バイクの鍵もそのままに 亜美さんの研究室に向かった

 
 あの夜…

 絡まった糸がほどけたんじゃない…。



 もともと亜美さんと私の糸は絡まってなどいなかったのだ。


 

 
 時計の針はもう7時を超えている。研究室に人がいる可能性は極めて低い。



 しかし…

 まだ間に合うか…


 hdrthrthrdthtrhtrhdtfhdthj.jpg


 亜美さん、大学にいてくれ!!





 今頭にあるのはそれだけだった…






 …






 




 今日の関連曲 … 中島みゆき    糸   





関連記事

テーマ: ダメ男
ジャンル: 恋愛








Edit Comments(97) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2010/07/06 22:11 [ 編集] navi MAILURL

太字の文ぶっちゃけ私の人生では全然経験が足らないですがこれから頑張ろうと思いました

2009/10/14 20:59 [ 編集] ki* MAILURL

はじめまして^^
ぉもしろすぎて、はまっちゃぃました!!
続きぉ願いしますっっ!!!
亜美さんとどぉなったのかすっごく気になります!

2009/10/09 23:58 [ 編集] かかか MAILURL

今日この日記を全部よみました。

正直、素晴らしいとしか思いません。

財前sは途中で何回か自分のこと全然かっこよくないとか言ってましたが、実際読んでみるとこういう生き方も面白そうだなって思えてきます。うらやましいな~

2009/09/09 22:32 [ 編集] うぅまん MAILURL

更新求む!
はやく書いてくれー!

2009/09/09 19:49 [ 編集] cダイヤc MAILURL

総回診よく見てます♪

大学回想記も最近見ました!

はやく続きが見たいです、お待ちしております( ´∀` )

2009/08/28 11:09 [ 編集] 匿名希望 MAILURL

財前sみんなの要望に応えて(m-_-m)       死にそう!!!!!

2009/08/09 23:26 [ 編集] 読者さん MAILURL

マジで更新頼む!!

2009/07/23 08:16 [ 編集] いるか MAILURL

続きをお願いします!!

2009/07/05 14:14 [ 編集] 続き・・ MAILURL

財前さん続き(´・ω・`)

2009/07/01 18:17 [ 編集] 十卍メイ卍十 MAILURL

続きを・・・・・・ 






読まないと死んじゃう(´・ω・`)

2009/06/02 16:00 [ 編集] こんにちゎトムサン MAILURL

はぁあ嗚呼ああああああああああああああああああああやくぅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう続き書いてぇ絵えええええええええええ
ええええええええv-435v-436

2009/05/11 21:26 [ 編集] 読者さん MAILURL

次はまだなのか?!

財前!!!!!!!!

早く書いてくれ・・・

めいぽなんてやってる場合じゃないだろ!

2009/05/09 16:50 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/05/02 10:59 [ 編集] RiN MAILURL

まだー?

2009/02/16 11:39 [ 編集] きつね MAILURL

続きをじらさずに早く書いてよぉ
ほんと気になるなぁ・・・
次も財前のエロトークを楽しみに・・・
(;ωノ|柱|。。。(;ωノ|柱|。。。(;ωノ|柱|。。。(;ωノ|柱|。。。
o(`ω´*)oフン!!!! o(`ω´*)oフン!!!! o(`ω´*)oフン!!!!

2009/02/08 19:21 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前さん!この回想見て、顔は見れないけどすっごく好きになってしまいました・・・。
とても続きが見たいのですが、忙しいと思うので気長に待ちますね・・。
がんばってくださいp(*^ω^*)q

2009/02/05 18:43 [ 編集] うわぁぁぁ MAILURL

早く続き読みたいです
やばい‥とばせ財前

2009/01/24 05:10 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/01/02 12:29 [ 編集] 読者さん MAILURL

早く・・続きを・・

2008/12/20 22:26 [ 編集] 読者さん MAILURL

続きがよみたあqwせdrftgyふじこ

2008/11/21 18:04 [ 編集] ナナシ MAILURL

面白いww本読むの好きじゃなかったんで
すがすごく面白く全話読めちゃいました@@;
ノリも財前sのこともきになります!更新速めに
してくれるとうれしいです;;

2008/10/29 18:03 [ 編集] are~ MAILURL

続きまだですか~?
もう待ってられない!!

2008/10/07 17:23 [ 編集] MAILURL

今日だけで一気に読みきってしまいました
もうね出版社にもってk(ry
まさか3時間ぶっ通しで読むとは思いませんでした
ある意味自分を尊敬しましたよある意味で
さぁ早めに頭捻って続き書いちゃってくださいな(ちょ
気長に待ってますよー

2008/10/01 10:40 [ 編集] 読者さん MAILURL

ドラマのようで続きが知りたいです。

忙しいのでしょうが、更新をお願いします。

2008/09/26 23:13 [ 編集] 読者 MAILURL

って言うか本当に文章がうますぎる・・・
推薦受かったのもうなずけるな、うん。
今の時代ブログが、本になったりもするから出版社に持ってくのは絶対いいと思う。
印税でガッポリ。。
続きが気になります!!

2008/09/03 03:50 [ 編集] 持ってていい? MAILURL

出版社に

2008/08/16 23:20 [ 編集] 読者A MAILURL

早く更新してください

まじで続き読みたい

2008/08/13 20:48 [ 編集] りょーさんの弟子 MAILURL

すばらすい

2008/08/13 18:16 [ 編集] ぶち MAILURL

亜美はおれの嫁(ry

2008/08/09 12:26 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/05 11:09 [ 編集] 読者さん MAILURL

マジで更新してくださいお願いします

2008/08/04 23:11 [ 編集] かかか MAILURL

面白いので

はやく続きが読みたいです

2008/08/04 09:40 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/08/03 15:21 [ 編集] 141 MAILURL

心情の変化まで覚えていてここまで書けるとは・・・
そしてこの切り方wプロかお前はw

2008/08/01 20:51 [ 編集] 読者さん MAILURL

>この記事は管理人の大学時代の回想記の第13弾。

ずっと13弾なんですね、わかります。
余談ですが"の"付けすぎ。

2008/08/01 00:27 [ 編集] tetra MAILURL

今の自分があるのは

2008/07/31 23:21 [ 編集] ゴロー MAILURL

そうやって切るなぁー!!!!

2008/07/31 20:52 [ 編集] シァラ MAILURL

財前さんどんだけ鈍感なんですかT-T)
亜美さん可哀想すぎですノД`*)。
まぁ・・後になって気付いてたのでホッとしますた´--)=3

2008/07/31 20:10 [ 編集] IceStone MAILURL

ちょwwww続きがぁぁっぁぁっぁwぃd

2008/07/31 19:22 [ 編集] MAILURL

きもち、ものすごくわかります
わかります

2008/07/31 18:45 [ 編集] 読者さん MAILURL

続きが気になって寝れませんwwwwwww

2008/07/31 17:28 [ 編集] 読者さん MAILURL

映画化しろよwww

2008/07/31 17:19 [ 編集] noob MAILURL

財前さんは文章つくるの上手ですよね。
見てて思います。本がそこまで好きではない私でも、
財前さんの文章は夢中になって読むことができます。
次の大学回想も楽しみに待っていますね!

2008/07/31 15:31 [ 編集] 読者さん MAILURL

つ・・・・続きを早く・・・お願いします・・・・・

2008/07/31 14:40 [ 編集] 読者さん MAILURL

出来事自体は実際誰もが経験してることじゃない?普通だし。
誇張してるのは当たり前。

でもその誇張の仕方というか書き方がうまいからこうなるんだろうね。
「滑らない話」と一緒だよ。あれ普通のやつが言ってもウケないから。

2008/07/31 14:19 [ 編集] MAILURL

面白いけど、これほとんど作り話でしょw
じゃなければ、あり得ないぐらい誇張したかどっちかだね
妬みとかなしにそう思う

2008/07/31 12:16 [ 編集] OMALY MAILURL

めっちゃ細かいことなんですが・・・
「外村」さんって牛角じゃなくて牛鉄ですよね??

2008/07/31 10:01 [ 編集] 投げの真髄 MAILURL

これドラマにできそうwwwww



この後の結末が早く知りたい俺

2008/07/31 09:17 [ 編集] 読者さん MAILURL

いやー・・・
下手なドラマよりずっといいですw
続き楽しみにしてます!

2008/07/31 09:14 [ 編集] レベル MAILURL

壮大な地雷踏みましたね。
最後、本当に関係を持たなくなっていたら罵っていたところでした。

2008/07/31 08:17 [ 編集] MAILURL

回想4、5、6がエラーになって見えません 直してください

2008/07/31 05:33 [ 編集] 月光返し MAILURL

今までで一番

大学回想の続きが気になる話だなぁw

2008/07/31 03:48 [ 編集] ずっきーに MAILURL

忙しいだろうけど
続き更新してくれないと
気になって眠れn

2008/07/31 02:05 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/07/31 01:13 [ 編集] 通りすがり MAILURL

いや~面白かったです
でもこの社会人になって童貞の自分には世界が違いますね

2008/07/31 00:14 [ 編集] まだ18歳 MAILURL

傍観者としてはNEWというよりYOUNGって表現が適切かもw

2008/07/31 00:03 [ 編集] . MAILURL

日本人が反日企業に対して
反日活動の資金を貢ぐのは
いい加減やめたらいかがですか?
ソースは↓
ttp://rass.blog43.fc2.com/blog-entry-2877.html

2008/07/30 23:29 [ 編集] ルフォナ MAILURL

本なら電車男より売れる気がする・・・(´・ω・`)

2008/07/30 23:28 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/07/30 23:06 [ 編集] you MAILURL

毎度ながら選曲いいですね(*^_^*)
ミスチルバージョンの糸が以前バイトしていた結婚式場でよく流れていたのを思い出しました。式にどうぞ♪

大学回想もいよいよクライマックスですね。若きころ?の財前さんの行く先を見届けようと思います。

2008/07/30 23:04 [ 編集] まーち MAILURL

今回も、面白いですね~

若い頃の、俺も全く女の心なんて理解しない、ダメ人間でした・・・・

2008/07/30 22:59 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/07/30 22:52 [ 編集] KUMUNA MAILURL

 「愛だ恋だとぬかしたって所詮は僕らアニマルなんです」

 ミスチルの「ニシエヒガシエ」です。誰しもそう思うときはあるんでしょうね・・・

2008/07/30 22:48 [ 編集] 読者さん MAILURL


ニュー財前の言動がアホすぎるwwwww

それに
ニュー財前鈍感すぎるwww

2008/07/30 22:33 [ 編集] MAILURL

ものすっごい続きが気になります!

今回の記事は面白いですなw

2008/07/30 21:51 [ 編集] 読者さん MAILURL

ちょwwww続きが超きになるwww
はやく次の更新をおおおおおおお;;;;;

2008/07/30 21:43 [ 編集] ゆう MAILURL

知らない男と一緒に帰る亜美がすれ違うシーンが浮かんだのだが…

2008/07/30 21:30 [ 編集] 読者さん MAILURL

区切り方がいやらしい( ´・ω・`)

2008/07/30 21:20 [ 編集] ざいまえ MAILURL

GOざいまえGO!!!



ノリが気になるwwwww


続きみたいぜ

2008/07/30 21:18 [ 編集] きのこ MAILURL

ノリsが本当にあんな顔をしてぃるヵどうかが
1番きになる。。

2008/07/30 21:09 [ 編集] 無題 MAILURL

いきなり部屋予約わろた

2008/07/30 20:51 [ 編集] 読者 MAILURL

テーマ最高w
一番笑ったwwww

2008/07/30 20:49 [ 編集] massy MAILURL

俺のマグナムが火を噴くぜな話よりよっぽど面白かった。

続き早めにお願いします。すぐ内容忘れてしまうんで

2008/07/30 20:47 [ 編集] Ashadow MAILURL

はやく~w

2008/07/30 20:29 [ 編集] アミラ MAILURL

なんだかんだいって、学んでるじゃないですか^^
羨ましい。 俺はそんなことできないから・・・

2008/07/30 20:12 [ 編集] 武ーちゃん MAILURL

なんてドラマ的展開すばらしすぎる

2008/07/30 20:07 [ 編集] 読者さん MAILURL

次の記事が気になる終わり方いいですね。

ドラマな展開もだいすきですb

2008/07/30 20:02 [ 編集] 蒼ちゃ MAILURL

だんだんドラマ的な展開に
なってきましたね(*^o^*)

次の更新楽しみにしてますね(+_+)ノ

2008/07/30 19:17 [ 編集] 読者さん MAILURL

ざいまえ早く次の更新汁www

2008/07/30 19:10 [ 編集] 弱聖魔 MAILURL

財前さんは女を泣かせることがお好きで・・・www

2008/07/30 19:06 [ 編集] 読者さん MAILURL

まぁ、帰ろうとしてたんだから大学にはいないだろ

2008/07/30 18:24 [ 編集] 読者さん MAILURL

なんていういか…鈍いね財前さん。(笑)

2008/07/30 17:52 [ 編集] 将棋少年ー MAILURL

ちょwww
はやく更新お願いしますw

いいところ過ぎるw

2008/07/30 17:47 [ 編集] asu MAILURL

亜美さんが研究室にいたらネタ確定

2008/07/30 17:40 [ 編集] kino MAILURL

続き気になる……
更新頑張って下さい^^

2008/07/30 17:27 [ 編集] 神野サクリ MAILURL

なんか前回の作品からマルっとジャンルが変わったような・・・。

かなり考えたんだろーなー

前回の評価が酷かったからね~。

私個人としては嫌いじゃなかったんだけどな~

2008/07/30 17:17 [ 編集] 名前忘れた MAILURL

すごい行動が裏目に出る財前さんあるいみすげぇ
次回に期待します

2008/07/30 17:06 [ 編集] 如月 MAILURL

出会いはその人を成長させるためにあると聞いた事があります
きっと財前さんはその人に会っていろいろ成長しなきゃいけない部分があった。

類は友を呼ぶ…そんな一言をどこかで聞いたような…
財前さんはもしや最初から…(蹴

2008/07/30 16:39 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/07/30 16:33 [ 編集] 読者C MAILURL

読んでいて胸が熱くなりました;
続きが気になってメンテなんか忘れてしまいますよ...

財前s GJ!

2008/07/30 16:28 [ 編集] MAILURL

ドラマ展開(・ω・; 次回期待してまs

2008/07/30 16:25 [ 編集] 読者さん MAILURL

5ゲットw

2008/07/30 16:25 [ 編集] タス MAILURL

長文すぎるwwww

2008/07/30 16:22 [ 編集] 読者さん MAILURL

3くらい?
ええ話や;w;

2008/07/30 16:22 [ 編集] nurari MAILURL

なんという長文w

確かに回想14は必要でしたね。敢えてあんな記事を書いた意味がわかりました。

2008/07/30 16:21 [ 編集] 読者さん MAILURL

2ゲトw

更新ガンバッテクダサイw

2008/07/30 16:20 [ 編集] 今日さん MAILURL

1ゲト。
14から一転、まさかのドラマ展開^^:
次回も期待しています。

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。