09

January February March April May June July August September October November December
2008(Wed) 07/09

越えられない壁(44)

財前ゴウの総回診 … Comments(44)


 さてバーチャファイターの記事を書いたことでPS(プレイヤースキル云々)のことを言われてましたね。

 XBOXで体験しましたよ。

 またバーチャファイターですけど…。
 
 実は私、最近バーチャファイターの勝率が上がってきまして現在62%あります。皆伝も突破して巧者まで行ってたので最近調子に乗ってます。実はこれ勝率的にも結構高い方なんですよ? 

 でもね。

 ちょうど有名プレイヤーがネットライブにつながっていたのでアキラVSアキラで同キャラ対戦をしたんですが、どんなに頑張っても1試合も勝てませんでした;;

 いやあ。通常ありえないんですよ。1試合も勝てないなんて。

 まあ「この人強いな」って人でも最悪1勝5敗程度にはできるはずなんですね。でも事実上勝率0%にされてしまうようなプレイヤーが確かに存在するんですよね…。
  
 choi akira っていうリングネームの人でしたが、絶望的に強かったですよ。

 動きが早すぎるし、判断速度が人間技じゃない。

 たぶん「脳ミシ」そのものの構造と神経伝達機能が速いんだろうか?

 つまりこの人はプレイヤースキルだけでなく人間性能も高いということになる。そうじゃなきゃあの鬼神のような強さはあり得ませんよ。

 直感的にわかります。

 ああ。私はこの壁を越えることは不可能だろうなと。

 相手にこういう事を感じさせてしまうような人が巷で言われている有名プレイヤーなんでしょうねぇ。多分これだけ頭の回転が速いと仕事もすごい仕事をこなせるでしょうね。ええ。わかりますよ。たかがゲームですがこれはもう間違いないと思いますね。

 とにかく判断能力が尋常じゃなく早いので常に突っ込んで仕掛けてくるんです。

 こっちはたまりませんよ。

 一応対戦格闘ゲームの試合もけん制とか様子見とか入れつつ闘っていくんですけど、こういうごく少数の強すぎる人たちは常につっこんできて選択を迫ってきます。

 こうなるとこっちもそれに対応しなきゃなんですけど、こんだけ連続で選択を迫られたらいくつかは必ず判断できない項目があるわけですよ。

 え?え?
 
 となってしまう。

 そこでダメージを受けるわけです。

 で、その総合ダメージで余裕負けしてしまうわけです。

 あれですよ。遅く弾けばだれでもピアノはうまく弾けますよね?でも早く弾こうと思うとそれなりの熟練が必要になり、誰よりも早く弾こうと思うとそれはもう…

 簡単に言うとそういうことではやすぎる展開には常人はついていけないのです。

 腕とかプレイヤースキルいう前に早すぎる状況に脳と指がついていけない(笑)。


 ゆえにこえられない壁なんですね。

 もちろんこんだけ相手に選択肢を連続で強いるにはそれなりのプレイヤースキルも根本にない駄目です。ただの暴れ牛になってしまうので。

 まあ皆さんもXBOX持ってる人はぜひバーチャファイターやってみてよ。







 








 さて

 
 長かった会社のISO外部審査もいよいよ今日で終わりました。

 この3日ほとんど寝てなかったからね…。

 とにかく審査に向けての偽造書類作るのがもう…ね。莫大すぎたですよ。


 ゆえにここ2,3回の記事はめいぽに関して結構手抜きなんですけど(INできてないからね;;)
 

 次くらいから普通にいつものブログをかけると思います。

関連記事








Edit Comments(44) trackBack(0) |