--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

11

January February March April May June July August September October November December
2008(Tue) 03/11

大学時代 回想9 ホッケー女のイメチェン文化祭(34)

財前History … Comments(34)

 

 この記事は管理人の大学時代の回想記の第9弾。
 回想1「一楽木工」 ~ を見ないと意味不明なので注意してください。



 undefined
回想1…一楽木工 
回想2…応援団
回想3…リリカ再来
 
回想4…ストーカー財前
回想5…バイク免許取得の先に
回想6…社会人の鏡
回想7…研究室所属 

回想8…友情と恋愛 
回想9…ホッケー女のイメチェン文化祭 
回想10…阿鼻叫喚の魅力
回想11…無駄が必然に変わった日
回想12… 近日公開





 







 
 研究室に入って…早半年。今や10月である。大学3年の4月から研究室で研究活動をしてきたわけだが、段々と大学の研究室の意味合いがわかってきた。

 研究は大変だぞ、究室は忙しいよ、3年生になったらそんなに遊べない。 


 先輩からそういう話は聞いていた。とにかく大学は3年生から忙しくなるよと。

 しかし実際はどうだ。

 研究? 研究室活動? なんだそれは。

 私にとってはまったく今までと同じである…。 研究など名ばかりで子供だましに等しい。

 
 大学に入学してから1年~2年生の間は「大学は遊ぶところ」という意味合いがもの凄く強かった。周りや友達を見ても勉強をしている学生も見当たらなかった。

 

 …が

 確かに研究室所属になると一部の学生だが研究活動に感化され、研究室に毎日行ったり、研究に没頭したりしてる事はある。そりゃあ授業に適当に出て、テスト前にちょろちょろっと暗記するだけの頃よりはマシかも知れない。

 080205tu98e8gye98gerer.png


 でもそれが一体何の意味を持っているのかはかなり疑問だ。研究っていうのはまだ世に出ていない事を解明、調査するためにするもの。農大研究室でもそういう新しい研究課題が学生に与えられたが、学生自身が勉強してないから今までの歴史を知らない。

 たとえば野菜の生理学の研究として

 【トマトときゅうりの栽培環境の未来】

 というものに取り組んだとしよう。1~2年生ほとんど勉強してない奴がだ。当然トマトときゅうりの歴史など知ってはいない。トマトときゅうりの論文が今まで数え切れないほど出されているが、それも全部読んでいるはずもない(第一論文ってだいたい英語だし…)
 
 そんなひよっこに一体何ができるのか、今思うと非常に疑問。

 今でこそ言うが私の会社は畜産系動物を扱っているが、世界に何百社という会社があるのに未だに病気はあるし、未だに未知の部分は多いし、未だにうまくいってない。 

 利益を追求して、生活がかかっているのでそりゃあ本気だ。なんとしても成績を出さなければならないけど、生産性が改善されているのはほんのわずかなのである。

 それで? 毎日研究室に行って、卒業するまでの2年たらずで大学生に一体何ができるの?


 すぐにこの結論に達する上、会社に入ってトマトがどうやらとかきゅうりがどうたらとかいう特殊な知識が役に立つとも思えない。

 というわけで私の場合は、研究論文は書くにしても、卒業論文に本気で取り組むことはなかった。友達や周りの奴らが「あ~研究室忙しいわ」「研究がむずいわ~」なんて言ってもどこ吹く風。
 
 だってわかっていたんだから。そんなことしても無意味って事を…。

 実際に卒業した今その答えは出ている。

 友達の中で大学の研究活動が社会に出て役に立ったという回答は0 (研究職になった子は別よ?)

 そう…0なのである。
  
 でも研究室の仲間は社会人になってもつきあっていく場合があるから、人付き合いは大切だけどもね。あくまでも仕事で役にたったかどうかの話。

 だが…不覚にも私も4月からの半年は「研究」などという高貴な言葉に騙され、「俺は研究をやっている!!凄いぜ」なんて意識で過ごしてしまった;;

 一生の不覚。 まあ半年でこの洗脳から開放されたという点ではラッキーだったかもしれない。周りは信者のように卒業まで「研究、研究」で研究ごっこしてたからね…。真面目すぎるのも問題である。

 ではなぜ私が大学からの研究室至上主義の洗脳から逃れられたのか。







 
 
 それは兄貴のおかげ。 そう… リョウさんのおかげだった。

 800301904hehg.png


 リョウさんは私が大学3年生になった時点で劇的に変わった。 なぜ変わったかというと…

 就職したのだ。

 はじめリョウさんからこの話を聞いたときはびっくり仰天。信じられなかった。

 つい 「やっぱヤクザっすか?」 って言いかけたほどだ。

 言ってしまっていたらタダでは済まなかっただろうけど…。(聞いたらキチンとした仕事でした)
 
 つまりこうだ。

 身近な存在が社会人になったことで目が覚めたわけである。まあこんな事言うのもなんだけどリョウさんは学歴とか無いに等しくて、ハッキリ言って勉強に関して言えば頭は最強に悪い。   

 不等式とか三角関数なんて単語を聞いただけで瞬時に機嫌を損ねるだろう。

 そのくせプライドは人一倍高く、かなり無口だ。そして短気…。

 そんな男が社会人になったわけである。そりゃあ厳しい。

 しかし… 歳月が経つにつれてリョウさんは変わっていった。今までほとんど要件以外はあまり口走らなかったのに、世間話や仕事の話をするようになった。ナンパも数えるほどしか一緒に行かなくなった。

 なんか。端から見て充実してるというか… なんというか…。

 充実してるって事は仕事もうまくいっているという事である。話を聞いていてもそれはわかった。

 080319i3t0950t9e5g0erherger.png


 まあ先天的に他の人にはないオーラがあるからね。勉強はできないけど、色んな事に頭はキレるし、容姿がいい。社会にでてもデキル男という事だったのだろう。

 この時思ったわけだ。リョウさんの持つオーラ、容姿、頭のキレなんてものは簡単に得られる物ではなく、生まれつき?与えられた物…。逆に勉強なんかは…研究室の研究も一緒で知識なんかは仕事で必要になった時に勉強すれば得ようと思えば得られるわけだ。
 
 兄貴のこの成長っぷりに付き人の私は非常に焦った。  

 ついていけなくなってきたのだ。無理もない。「責任ある社会人」と「にわか大学生」ではすでに立っている土俵が違ったわけである。

 この時今まで自分が生きてきた道をはじめて恐いと思った。


 親の言われるまま大学に行き、好き放題遊び、とってつけたような研究に意義を感じていた私と、

 たった1人で好き勝手生きて、遊びの表も裏も知り尽くしているリョウさん

 当然の事ながらこの2人が社会にでて真面目に仕事をしたと想定した場合。やはり人間的魅力という点で圧倒的に自分が劣るであろうことは容易に想像がつく。もう自分も大学3年生である。あと数年で社会人だ。そろそろ社会を考えなくてはならない時期に来ていた。

 でもどうすることもできない。今更後戻りはできないからね。

 ただ… なぜか目が覚めた。研究室なんかで馴れ合っていてもリョウさんには敵わない。

 

 

 あれから数年経った今ね…答えを言っちゃうとね。実際リョウさんと自分を比べてどうなのかなんて事はわからないです。目標としてましたが比べる意味がなくなってしまった。リョウさん結婚しちゃってるし、お互い普通の社会人だからね。(笑)。比べること自体が不可能なんですね。たま~にリョウさんと東京で会ったときに飲めればもうそれでいいや…みたいな感じです。今は。

 感性の鋭い大学生時代だからこそ感じられたのでしょう。

 でも実際今の自分があるのは全部リョウさんのおかげなんだろうな~と思って多大なる感謝をしてますから。別に何を教えてくれたわけでもないんですけど、こういう人にはついていくだけでいいんですよね。それだけで自分も変わっていくというかね。

 
 
 では今何をすべきなのか。

 答えは明白。要は社会人になって武器となるような事を身につければいいのだ。いや、というよりも社会人になって役にたつような経験をしておけばいいのだ。

 結論。




 遊べるだけ遊ぶ。



 これしかない。大学生の武器は勉強でも研究でも授業でもなんでもなく、暇ということ。つまり?今のうちに遊ぶだけ遊んでおくことで社会人になってから「遊びたい…」という気持ちになることを避けるわけだ。

 なんか親に言うと怒られそうな結論だけど(笑)… これはこれで将来のためなんだからしょうがない。後ろめたい気持ちなんかで遊ぶくらいなら堂々とサボって遊ぶ方が有意義に決まってる。

 タイムリミットはあと1年半。



 35ue08ugjegehgrthrthtrht.png

 

 よっしゃ。遊んで遊んで遊び尽くすぜ!! 





 …




 私はこの日から変わった。

 ほとんど研究室には行かなくなった。とは言っても研究材料がトマトとキュウリということで枯らすわけにはいかないので当番の水やりだけは行かなくてはならず…中途半端は否めない。

 大体相当格好悪い。研究とか無駄とわかってるけど、枯れると皆に迷惑をかけるので非情になりきれない。結局「遊ぶぜ~」なんて悪ぶって言ってても水やりだけ行くのはダサイ。

 リョウさんならどうしたろうか?

 水やりなんてまったく行かず、完全にほったらかしだったろう。

 
 …


 あ~駄目だ。そこまではできないわ。自分には…。


 それになんかね…

 やっぱり…

 リョウさんがいない状態で遊びに行ってもつまらないというか… 寂しいんだよなあ。

 夜はリョウさん…たまに飲みに来てくれるけど、そっちの方が遊びに行くより楽しい…。   
 
 
 …



 おわかりだろうか? やはり人間には格というものが存在し、影響されて背伸びしたところで届かないものは届かないのだ。私とリョウさんとでは格そのものが違うということだろう。
 

 なんというか。思春期というものはこういうつまらん事を考えて良く悩むものなんだろう。これが深みにはまると鬱なんかになるのだろうか。  

 …

 ああ。そういえば自分…ストーカーなんだった。 


 まあどうでもいいか…


 …




 
 
 そんな感じでどっちつかずの大学生活を送っていた時、ひとつの転機が訪れた。 

 それこそが文化祭。農大では文化祭は野菜や畜産の影響もあって収穫祭と呼ばれる年に1度のイベントだ。
 
 私の所属する蔬菜学研究室もこの収穫祭には出し物展示と露店を出す事になっており、9月頃からいろいろと何をするか?だの何を売るか?だのを話し合い、準備を進めるのである。
 
 まあだいたい容易に想像はついていたが…最近は話し合いとなるとホッケー女の独壇場である。皆が意見を出さないのをいいことに仕切りまくるのだ。

 なぜ仕切るかというと実際ホッケー女は研究室に入ったのを機にホッケー部活動を制限しており、昔のような体育会系の女という感じではない。髪にはパーマがかかり、化粧も濃くなっている。かなりイメージ的に良くなった。

 それにボーイッシュな短髪を前はしていたから気がつかなかったが、もともと顔の作りが良かったのだろう。今のような色気づいた髪型だと確かに美人と言わざるを得ない状況だ。



 それによって惚れる男が研究室内に続出。実際研究室の私の友達ノリはホッケーに告白して撃墜した(笑)。そして他何人かにもホッケーは告白されたんだろう。それもあってか最近はやけに自信家であり、よもや研究室内の男はみんな私が好きなんじゃないの?的高圧的態度を取る。

 確かに美人にはなったと思う。かわいければ多少のわがまなは許されることもある。


 でも肝心の性格が変わってないわけだが…。


 それに私は騙されんがな。ボディが甘いんだよおまえはボディが。そんな体じゃそそらんわ。



 そんなホッケー女が文化祭準備を仕切りだす。

08030198t83y98hferhfer9.png



ホッケー女「私たち蔬菜学研究室はハーブを栽培して売りたいと思いま~~すヾ(*゚▽゚)ノ 」
 
幹事・カネダ「ええ!?」   

研究室男「なんでハーブとかわざわざ栽培するの? それって売れるの?」

ホッケー「いいじゃん。いい臭いするし、いま流行ってるんだよ? 絶対売れるよ~ ね~ いいでしょ~?」

研究室男「う~ん」

ホッケー「は~い。みんな?文句あるんなら代替案出してくださ~い」

研究室男「…」

カネダ「…」

ホッケー「ないの~? あのさ~…代替案ないんだったらこれで決まりだよ?」

研究室男「まあ…いいかな?」

カネダ「…」


 カネダは我が研究室の幹事。一番偉いんだからこういう所で前に出て行かないといけないんだがホッケー女が凄すぎて全然存在感がない(笑)。まあ私も副幹事だが、私は他研究室との交流とか担当だからね。別に話し合いなど参加しなくてもいいのだ。



ホッケー「では他に案はないみたいなのでハーブに決定~」

研究室一同「エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?」



 …

 いつもこんな具合である。まあ私はこういうのは嫌いじゃない。確かに代替意見がない奴に発言権など本来ないのだから。早く決まってむしろいいくらいだ。

 しかしこれだけなら良かったが…

 この後のように

 私にまで被害が及ぶとなれば別だ。


ホッケー女「じゃあハーブ栽培の実務担当と、展示会要のパネル作成班に分けます~」

研究室員「!?」

ホッケー「栽培担当は卒論研究でも野菜栽培してるエコハウス班のメンバーがいいんじゃない?」


080301983t98y98[


財前「はぁぁ?」

賢治「ええ!?」

直子「!?」

エリ「!?」



*注  エコハウス班は財前、賢治、直子、エリの計4人しかいない。研究室は約20名近くいるんだが…




財前「おいホッケー」

ホッケー「何よ」

財前「おまえ最近調子乗りすぎじゃないのか?」

ホッケー「なにがよ」

財前「なんで俺たち4人だけがそんなことやらなきゃいけないんだよ。勝手にきめんな」

ホッケー「トマトとキュウリに毎日水やりしてるでしょ? ついでにハーブにも水をやって貰えればいいだけでしょ?」

賢治「…」

財前「駄目だ駄目だ」

ホッケー「なんでよ~」

財前「忙しいんだ」

ホッケー「へぇ~ またストーカーに性を出してるのぉ~?」

財前「ぐ…」





財前「いいか? トマトとキュウリで全50本以上あるんだぞ? それ水やるだけで相当疲れるんだよ?」

ホッケー「だからそのついでにやってくれればいいじゃない」

財前「ついでに…だと!? いいか。ついでというのはな… 」

ホッケー「…」


財前「ん?」

ホッケー「?」





私はある事を閃いた。



財前「( ゚д゚)ハッ!」

ホッケー「!?」

財前「フ…フフフ…そうか。 いい案がある」

ホッケー「なになに?」

財前「ハーブをエコハウスで栽培するだろ?それはOKだ。場所を提供しよう。でな?水やりは研究室みんなで持ち回りでやればいいと思うんだ」

ホッケー「うんうん」

財前「…でだ。 逆にな?ハーブに水やってくれた人がね。ついでにトマトとキュウリにも水をやっといてくれないかな~」

賢治「ちょw」

カネダ「ふざけるなww」



ホッケー「( ゚Д゚)ハァァ!? あんたたちの卒論材料でしょ?トマトは」

財前「いやいやタダでとは言わない。 その代わりと言ってはなんだけど、研究で使わないキュウリとトマトは食べてもいいからさ」

賢治「!?」

直子「!? だめだよ財前君~。大事な研究材料なのに~;;」

エリ「先生怒るよ?」



財前「研究で計測するのはサンプリングで数本だろ? 他の茎は保険みたいなものじゃないか」

エリ「…」

財前「大丈夫だって。先生に黙ってりゃわかりゃしないよ」



08030198t83y98hferhfer9.png


ホッケー「はいはい。もういいです。財前の発言は却下~。」

財前「なんでおまえが仕切るんだよ…」


ホッケー「誰も仕切らないからよ」

財前「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

ホッケー「別にいいじゃん。仕切っても」

財前「あのな…仕切るなら幹事のカネダが妥当だぞ?」



 …ホッケー女は私の発言を華麗にスルー。


ホッケー「はい~~ では決まり~。やっぱりハーブへの水やりはエコハウス班でいいかな?」

財前「だからなんでそうなるんだよw」

ホッケー「あんたには聞いてないのよ。賢治君は~? エリさんは?直子ちゃんもどう?」

直子「私はいいけど…」

賢治「うん。まあトマトとキュウリに水あげるついでだし…」

エリ「うん…」

ホッケー「じゃあ決まりね。」

財前「…」



 チッ…  賢治は直子さんには逆らえないからなあ。惚れた方は弱いってやつか。

 08034ru4320ru39her9gerg.png



 これぞ理想と現実。水やりなんかやらなくて遊ぶぜ~なんて息巻いてても… 結局はこうなってしまうわけである。周りがそういうのを許してくれない。

 それにしてもホッケー女にただの一度も口論で勝ったことがないというのも問題だけど…。

 …
 
 そういうわけでホッケー女の暴挙により逃げようと思っていた収穫祭準備に結局どっぷり浸かってしまわざるを得ない状況になってしまった私。それも毎日だ。ハーブの水遣りやら株分けやら薬やりなどの作業は毎日に近い感じであるのだ。しかもこれは売り物。

 枯らせては駄目とかそういう次元ではなく、少々枯らせるのも売り物にならなくなるので駄目なのだ。(普通少々枯らせるくらいはその葉を剥けばなんとかなるのだが…葉が少ないと売り物としてはNG)
  
 なんでこんな花屋みたいな面倒な作業をしなきゃならないのだと思っても後の祭り。

 今更もう遅いのである。あの時やはり本気になってホッケー野郎と戦うべきだったのだ。

 しかもエコハウス班としては栽培担当というのがまたネックになった。研究室には20数名いるわけだが、農場に出るには結構時間がかかる。

 わざわざ農場に来るやつなんていない。

 でもエコハウス班は研究野菜に水をやるために農場に行く。

 となると結局「もうエコ班が全部やれば?」的な流れになってしまった。

 4名しかいないのに!! そして後の16名は展示会用のパネル作りを研究室でやるわけだ。

 でもここで不公平が生じる。何度も言うが農場にはわざわざ用もなく来るやつはいない。しかしだ。研究室で行うパネル作りはどうだろう。
 
 私がハーブの水遣りや株分けに疲れて、研究室に戻ったとしよう。するとみんな研究室でパネル作りをしている。

 ここで問題なのは、私はすでに仕事が終わっているわけだ。「ハーブを作る。維持する」という仕事は終わって研究室に帰ってくるわけだ。わかるだろうか。私の仕事はハーブ担当。パネルはしなくてもいいはずなんだ。
 

 逆に研究室でパネル作りしている奴らは「今まさに仕事している」わけだ。

 当然ハーブの仕事が終わって帰ろうと思い、荷物を取りに研究室に戻ると皆が作業しているわけであり…なんかパネル作りも手伝わざる得ない空気になっているわけだ。

 常識で考えると私はパネルなど作らなくていいので帰っていいわけだ。だって自分の仕事はもう終わってるんだから。

 エコハウス班(4名) ←ハーブの仕事を終えた   (任務終了)
 パネル班(16名)   ←パネルの仕事が終わってない (任務遂行中)

 この差は大きい。要は16人もいるし、パネル作りなんて時間問わずいつでもできるわけだからダラダラしてるだけなのだ。奴らはサボってるだけ。それなのに

財前「じゃあ帰るから~」

ホッケー「ちょっと~ みんなこんなにパネル作り頑張ってるのに自分だけ帰るの?」

財前「はぁぁぁ!? 俺はおまえらがやらないハーブ担当だろうが。パネルは担当してねえよ」

ホッケー「うっわ~ 酷い;; みんな聞いた?」

研究室員「(メ¬_¬)ジロッ」

財前「い…いや… 冗談だよ冗談w」

 
 …


 おかしい。これは明らかにおかしい。

 明らかに仕事が多いぞ~? 他の奴に比べて。 私は「ハーブ+パネル」、他の奴は「パネル」。

 不公平だろw

 まあそんな自論が空気的に通るわけもなく… 結局パネル作りも手伝うことになるわけだ…。 

 0009hu0uge0ger0gug9tu09t459e8gyeg.png


 そんなある日のこと。ハーブ栽培に加えてパネル作り手伝いも始めた私だったが、さすがにエコハウス班も含めて20名以上が研究室を使うと作業スペースも狭くなってきた。

 そのことを先生に言うと「じゃあ広場の踊り場を使わせてくれるよう事務局に言ってみる」と言ってくれて、なんと広場の踊り場を使わせてくれることになった。

 踊り場…

 こ…これは?

 おわかりだろうか?広場の踊り場というのは6つの研究室がエレベーターを使うために通る場所で、非常に通行の多い場所だ。逆に言うと、そこで作業してると農学部の他の研究室員の目に留まることになる。

 なんたる幸運。なんたる運命。

 ここで作業できるのは美味しすぎる。

 だって普段は会わない他の研究室員の目に止まるって事はだ。いいか?



0802045t095ug0ug058gh98.png



 ①踊り場で財前がパネル作成作業をする。
          ↓
 ②他の研究室員は「誰???」と興味を持つ
          ↓ 
 ③毎日踊り場で作業している私を目にしているとそのうち気になってくる
          ↓
 ④他研究室員の間で「あの踊り場でいつも作業してる人だれ?」という噂がたつ
          ↓
 ⑤誰か女が私に惚れる可能性が出てくる。 さらに ストーカー事件を知ってる人は「あれ?あの人って実はいい人なんじゃ…」と思い始める
          ↓
 ⑥もしかしたらチズエさんも通りすがるかもしれない
          ↓
 ⑦毎日せっせと誠実に文化祭準備をする財前を見てチズエは「え?財前君て実はいい人?」と思い始める
          ↓
 ⑧うは モテモテwwww おkwwww  となる



 まさに逆転満塁ホームラン。

 ここにきて運が回ってきたということだろう。研究室の奴らは「踊り場で作業するのはみんなに見られるし恥ずかしい」というムッツリ野郎が多かったので、すんなり私が踊り場担当をゲット。

 クックック…  ハ~ハッハッハッハ

 やはりその程度かね君たち。 馬鹿なやつらだ。

 小さい殻に閉じ籠もってちゃ何もできないぜ?

 その際、一応研究室内で深い仲にあった男友達ノリも踊り場担当を志願した。なんでも私がいなくなると彼はしゃべる相手がいなくなってしまうらしい…。
 
 そして早速本日より踊り場での作業開始。作業は発砲スチロールで文字の形に切ってパネルに貼
る作業が主なだけに意外と面倒だが、通り行く美人ちゃんやかわいこちゃんがそれを忘れさせてくれた。

 しかし、これを数週間続けてみたものの、モテル気配はまったくなし。

 それどころか声をかけてくるのは男ばっかりで、顔見知りばかり。

知り合いA「おまえww ストーカーだからこんなとこに追い出されてるのか?」

知り合いB「おまえww ここでもハグレ者かよww」

 なんて罵声が飛び交ったのがいけなかったのだろう…。恐らくそういう噂がまた立ってしまい、女性は接触を避けたのかもしれない…。

 ぐ… ここにきて1年の時のストーカー事件で有名になったことが仇になるとは…。

 あの事件さえなければ… 私は存在を知られることなく… 今の真実の姿だけを見て貰えたのに…。

 チズエさんもたまに踊り場を通ったが、当然完全スルー。目が合うこともなかった。

 声をかけてきた唯一の女は…

 ホッケーだった。


 こいつは何なんだ一体。「どう?進んでる~?」だの「あ。そこもっと綺麗に貼らないと~」だの糞うるさい。おまえと話したいんだったらわざわざこんな踊り場で作業せず研究室でするっつ~の。



 そんな日が数週間続いたときだった。

 ついに苦労が報われる時がやってきた。


 なんと。他研究室の収穫祭班が、踊り場で作業を始めたのだ。恐らく、私とノリがここで作業をしているのを見て、自分たちもここでやろうと思ったのだろう。他の研究室も同じように作業スペースが足りないのだ。

 他研究室ながら同じ踊り場で作業する同志はすぐに顔見知りになり、すぐに友達になった。

 こうなると…次なる目的が出てくる。 先ほどの「踊り場モテモテ計画」は見事に失敗に終わったが、今度は違う。

 つまりこうだ。


 ①そいつらに「なあなあ。おまえの研究室でかわいい子だれ?」と聞く
           ↓
 ②聞いた子を実際に見に行って品定め
           ↓
 ③かわいい場合は、そいつらに「そのかわいこちゃんを踊り場に連れてきて~」と一緒に作業させるように頼む
           ↓
 ④一緒に作業している間、もし私をストーカーと思ってる場合はそいつらに誤解を解かせる。知らない場合は談笑して仲良くなる。
          ↓
 ⑤あれ?財前君てやっぱりストーカーなんかじゃなくていい人なのね~ となる。
          ↓
 ⑤そのうちそのかわい子ちゃんだけ踊り場で作業する日もやってくる
          ↓
 ⑥精神学上証明されている「一緒に目的が同じ作業をすると異性に惚れやすい」という要素が発生
          ↓
 ⑥両思いの確率UP。二人きりのデートに誘う
          ↓
 ⑦うはww おkwww

 

 これだ。

 


 まさに盤石の計画。


 そして、その時はやってくる。聞き込みによると、どうも最近農学部研究室棟で話題になってる美女がいるらしい。早速どさくさに紛れて他研究室に紛れ込み品定め。




 …



 080201i093tu8yt589th.png






 …




 ちょ… 何この子 かわいすぎる(笑) 






 ほ…ほほぅ。 それにお姉さん系じゃないかぁ。 な…なるほど…。中々いいんじゃないかあ?


 これはかわいい。 すさまじく美人だ。 でかしたぞ~。
 
 ん?

 でもこんな子が同学年にいたっけ?

 と思ってたら後輩だという話だ。なるほど~。どおりで見たこと無いわけだ。

 そして最強な事に後輩なので私のストーカー事件を知らない。


 フ… フフフフフフフ

 そうか。なんでこんな事に気がつかなかったのだろう。そうだったのだ。同学年で私をストーカーと認識してる女を説得するよりも(←何度も言うがこれは勘違いであり、実際にストーカーなんかはしてない)、はじめから何も知らない後輩を狙えばそれで良かったのである(笑)。

 そうだよ。何も同年代だけ見ることはないじゃないか。若くてピチピチした後輩の方がお肌の張りもいいしな。


 あ~。なんでこんな簡単な事に気がつかなかったんだ!! 


 まさに灯台もと暗し。



 決めた。 明日あの子に接触し…  毒牙にかける。  
  

 








 



                     素材 coco*
関連記事








Edit Comments(34) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2010/04/02 17:28 [ 編集] 読者さん MAILURL

wktk

2008/12/02 10:45 [ 編集] 読者さん MAILURL

自己資本とは、会社が投資家から集めた資本や、今まで会社が積み上げてきた利益の蓄積のことをいう http://magical.catvtestchips.com/

2008/03/24 22:01 [ 編集] 読者さん MAILURL

なんという最低な日記wwwwwwww

2008/03/12 23:23 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/03/12 23:17 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/03/12 22:54 [ 編集] MAILURL

待ってましたー

2008/03/12 19:15 [ 編集] 読者さん MAILURL

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/12/news082.html

注意してください。Google と連動してるのでかなりやばいです

2008/03/12 18:03 [ 編集] kazu MAILURL

接触し 毒牙にかける


↑これもうストーk(略

2008/03/12 17:46 [ 編集] コ口ッケ将軍 MAILURL

1ゲットwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwきたこれwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2008/03/12 12:04 [ 編集] ルフォナ MAILURL

小説とか漫画にしたら売れるね~

まぁ僕なら買いますよb

2008/03/12 11:11 [ 編集] 通りすがりの高校生 MAILURL

うはwwwおkwwww 笑えたwww

財前さんって東京来たとき大学来るの??
俺は外部の生徒だが農大なら友達とかいるし・・・
学園祭でやるあの踊りを財前さんも踊ったのだろうか・・・ww

2008/03/12 07:20 [ 編集] ヒューマ MAILURL

回想全話一晩で読みましたwwww

思わず。

でも今日は就活行ってきまOTZ

自分はこれだけのことと比べると平凡で穏やかに学生生活送ったので波乱万丈な財全sがちょっとうらやましく思ったりもして。
もちろん辛いことも多々あったでしょうがそれを経験して乗り切った分成長できた部分があったんじゃないかなぁと思うからです。
読んでて明らかにきついけど楽しい、けどきつい。と思った。
面接の話といいこの回想といいメイポネタいが以外でも大いに参考にさせてもらえそうなことが色々とあった、というか自分が今同じ大学生だから共感できることもあったので。
続き楽しみにしてます。

2008/03/12 05:32 [ 編集] 読者さん MAILURL

ホッケー女,性格的にタイプなんですけど(笑)

2008/03/11 23:09 [ 編集] 123 MAILURL


       あなたは偉い      


2008/03/11 22:37 [ 編集] 皇帝なかむら MAILURL

回想やっときたー


リョウさん今普通の社会人なの!?

ちょっと想像出来ない・・・結婚なんかしない人と思ってた。


2008/03/11 22:34 [ 編集] 名無しです MAILURL

回想書いてくれてありがとうございます(´∀`)
ずっと楽しみにしてました^^

2008/03/11 22:22 [ 編集] 読者さん MAILURL

ホッケー女きめえw

2008/03/11 21:41 [ 編集] 回想閲覧者 MAILURL

毎回楽しみにして見てます。
ホッケーおもしろいですねw
そういう奴ってどこにでもいますよね~

2008/03/11 21:20 [ 編集] 読者さん MAILURL

毎度のことだがホッケー女のうざさは異常
この勢いなら言える

スイーツ(笑)

2008/03/11 21:03 [ 編集] 読者さん MAILURL

回想おもしろかったですw
やっぱ話し上手っすね・・・・

2008/03/11 20:46 [ 編集] 読者さん MAILURL

回想きたああああ

2008/03/11 20:41 [ 編集] 読者さん MAILURL

やっぱ回想ゎおもろいゎwww

2008/03/11 20:28 [ 編集] 読者さん MAILURL

毎度毎度思うけどホッケー女とは付き合えんなァ

2008/03/11 20:26 [ 編集] たかぁ MAILURL

回想
勉強になります^^

2008/03/11 20:19 [ 編集] MAILURL

何事も女を前提に思考する財前に尊敬するわ

2008/03/11 20:19 [ 編集] おっさん MAILURL

役に立った奴は0(研究職は除く
ってなんで除いてんだよwww立派に役に立ってるだろうがww

2008/03/11 20:15 [ 編集] キラ武 MAILURL

一行いけたw

2008/03/11 20:04 [ 編集] 読者さん MAILURL

やっと回想ktkrwww

ついでに一桁www

2008/03/11 19:57 [ 編集] hahaha MAILURL

6getダー

2008/03/11 19:56 [ 編集] 読者さん MAILURL

5きたわぁ

2008/03/11 19:54 [ 編集] 本物あああ MAILURL

2008/03/11 19:53 [ 編集] omo斬omo MAILURL


2008/03/11 19:52 [ 編集] バージル MAILURL

2カww

2008/03/11 19:46 [ 編集] ネタさん MAILURL

まさかの一桁

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。