24

January February March April May June July August September October November December
2008(Thu) 01/24

なにこの雪!?と ベノムはどの段階で発動?(47)

ナイトロード  … Comments(47)

 岩手に滞在しだしてからまあ大体1ヶ月くらいになります。

 今や雪とか全然慣れっこ。なんら問題がありません。というよりスタッドレスタイヤだったら普通に滑らないので全然OKだったんですね。

 所詮こんなものですよ。私は未経験だっただけなのです。

 今や岩手人と同等の雪対応能力を持ったと言えるだろう。うん。間違いない。
 
 

 そして

 1月23日は東京に日帰り出張でした。

 驚きましたが、東京でも雪降ってましたよ。昨日。 ハッハッハ。まあ岩手から来た私からすると全然大したこと無いけどね。この程度の雪は糞だね。糞。

 そして会議を終えてまた岩手にトンボ帰り。せっかくの東京も遊ぶヒマさえありません。

 さて。明日からがんばるかと岩手支店まで行って就寝。

 そして1月24日の朝を迎えます。

 しかしこの日…私は驚愕の風景を目の辺りにすることになりました。


 朝起きて会社の玄関に出てみると?




 …


なんか朝なのに玄関が暗い。 おかしいな…起きる時間間違えたか?



 と思ってドアを開けようとすると…?
















 あれ!? なに… これ










 なんか白い壁が…









 ぐおっ 冷たいこれ。 








 ってまさかこれ…  雪?








 
 え?え? 雪って… ちょっとまてそれにしては積もりすぎ…







 っていうか…














 ちょ…待てよ!!(笑)

 25yw4hjejkukyujmrujm.jpg
 


 雪の壁ができてるじゃねえか(笑)。


 一体なんなんじゃこりゃあああああ!!


 こんなのあったらドアから一歩も出れねえじゃねえか(笑)。なんたること。屋根から雪が落ちたのか?私の身長くらいあるわけだが…。

 雪を掻き分けて…

 前に進むと、会社の駐車場に出ましたが、そこも…





 一面の雪景色。

 まずいです。これ。出勤時間まではまだ時間がありますが、みんな駐車場に入って来れないんじゃないの?駐車場の入り口に雪がこんもり積もっちゃってたら…

 ど…どうすればいいんだこれ…。


 そこにトラックの運ちゃんが居ました。

 おお。さすがに運転手は朝が早いな。


運ちゃん「お~い財前さん。手伝ってくんねぇか?」

財前「んん!?」

運ちゃん「雪掻きしねぇと皆入って来これねえからさ」 
 
財前「ああ。なるほど雪掻きか。で?どうやるの?」

運ちゃん「スコップでやるんさ。しかしこりゃ久しぶりに大雪が来たねぇw」

財前「なるほど。これくらい降ってこそ本格的な雪なのね(笑)」


 岩手に来てはじめての体験である。雪掻きとか…。何をどうやるんだろうか。運ちゃんを見るとスコップを持ってるようだけどあれでやるのか? スコップ程度ではとても終わりそうにないんだが…。
 

財前「そのスコップでやるの?」

運ちゃん「違うよ違う。あれだよあれ。あれ使うんだよ」

財前「ん?どれよ。吹雪で回りがよく見えない…」

運ちゃん「あれだって。見えるでしょ。あれに乗って雪掻きするんだよ」

財前「え? 乗るってまさか…」

運ちゃん「財前さん使えるか?」

財前「あれのこと…?」

運ちゃん「そうそう。あれ」


 なるほど… あれか…雪の中に凄いのがあるわ…。 





 でもな…オヤジ…





















 あんなの使えるわきゃねえだろう!! 

 455t3t3t4y6juyhrthgtrh.jpg



財前「てめえ無理に決まってるだろ(笑)。ていうか。あれ免許いるんじゃないの?」

運ちゃん「いいんだよ。バレやしないって。ただ走らせれば勝手に雪掻きできるべ」

財前「さすがにそれはちょっと勘弁してくれないかなぁ…」

運ちゃん「じゃあ俺がすんべ。財前さんはスコップね。」

財前「!? 免許持ってるの?」

運ちゃん「当然だべ」

財前「お前!できるんなら最初からやってれば良かっただろ!!」

運ちゃん「1人じゃ動かしずらいんだよね。これ」

財前「ん?」



 なるほど。田んぼと道路の境がわからないから道を確認したり見てあげなければならないわけね。確かに1人だと危ないわ。

 そして…運ちゃんが雪掻き機を動かし出す。



財前「うぉぉぉ(笑)。なんだそれ格好いいじゃねえか」

運ちゃん「バリバリいくんべ」

財前「すげえなこれ(笑)。よしここだ。ここ通れ」

運ちゃん「OK~」

財前「おいここ危ないぞ?落ちるなよ?」

運ちゃん「はいはい」

財前「よ~し。いよいよ雪掻きに入るぞ」

運ちゃん「OK」

財前「まずはここだ。ここ。次はここを掻け。通り道だから」

運ちゃん「OK~」

財前「おい。次はここを掻け。ここも積もってるぞ」

運ちゃん「OK~」

財前「よ~し次はあそこだ!!」

運ちゃん「財前さん…もう指示は別にいらないから。 スコップで細かいとこ掻いててくれよ」

財前「!?」


 さすがはトラックの運転手。見事に雪掻き機を操作してます。でも細かいとこにあの機会は入らないのでスコップと手でやるしかないのが辛いところ。

 しかしこれ… 凄いですねえ。だってね。道路あるでしょ?田んぼがあるでしょ?

 その境が雪で隠れて見えないからね…。

 つまりですね。道路と思って走ってたら田んぼに落っこちるという(笑)。実際珍しい光景ではないらしく、なんと公共の道の雪を掃除するでっかい雪掻き機?が会社の近くの田んぼに落っこちていました。

 岩手のプロでもやっぱ落っこちるんだね…。

 会社周辺の雪掻きは無事終了し、社員の朝の出勤に支障はなかったので会社の業務は通常通り進みました。
 
 そして午前が終わり…

 困ったのは昼休みでした。

 だってこの雪で飯食いに行くって自殺行為ですよ?飯を食いに行けません…。

 さて…どうするか…。


 ( ゚д゚)!? そうか。 OKOK。

 そうだそうだ。こんなときこそ地元の奴らの出番。

 奴らに連れて行って貰えばいいのだ。 

 よしよし。今日の昼飯はその辺のやつらを連れていくことにする…か。


財前「お~い。サトシ君。」

サトシ「はい?」

財前「はっはっは。今日は一緒に昼飯でも行くか。奢ってやるからさ」

サトシ「すいません。今日は家に帰って1人で食べます…」

財前「おいおい。まあそういうなって。1人じゃ寂しいだろ?な?」

サトシ「でも…」

財前「なんでわざわざ家に帰って食べるの?」

サトシ「家も大変な事になってるので家の雪掻きもしておかないと家族が…」

財前「な…なるほどな…」


 …

 そうか。家の家族の事もあったね。確かに雪掻きをしておいてあげないと子供や奥さんが家に入れないんだろうな~。

 う~む。深い。


財前「お!?おい信夫!」

信夫「( ゚д゚)んぇ?」

財前「ハッハッハ。今日は一緒に昼飯でもいくか。奢ってやるぞw」

信夫「私はパン持ってきてますので…」

財前「そんなの夕方食えばいいじゃないか。昼飯奢ってやるからさ。な?」

信夫「いえ…いいです」

財前「そ…そうか」


 なんだよ。連れないなあ。雪がなんだってんだよ~。


 …



財前「ん?おお。秋江ちゃん」

秋江「え?」

財前「今日昼飯一緒にどうかな。奢るからさw」

秋江「ゴメンナサイ…雪が凄いですし、今日はお弁当持ってきてるんです」

財前「…」


 おまえらな…

 俺の事も考えてくれよ;;

 そりゃいいわなあ。地元民は。弁当とか家が近くにあって。

 言っておくけどおれは出張で来てるんだよ?そんな気の利いたパンや弁当なんて誰が用意してくれるのよ…。


 チッ… 別にいいけどね。 

 1人で食べた方が楽しいし。


 …


 …



 いいもん。いいもん。別に…
  
 さて。じゃあ車に乗って飯食いに行くか。

 
 とそのとき


吉江「財前さん。良かったらパンいります?余分に持ってきてたので」

財前「え…」

吉江「あんまり量はないですけどね」

財前「あ…ああ。ありがとう。でも今日はいいよ。飯食ってくる」

吉江「??大丈夫ですか?この雪の中」

財前「平気だよ。全然平気」

吉江「そうですかw」


 フッ… いいんだよ。 施しは受けん!!

 こうなったら意地だ。意地でも昼飯を1人で食う!!


 

 そんなこんなで会社を飛び出し、会社から借りてる専用車レガシーに乗り込もうと…







 した時でした。







 あれ?レガシーが見当たらない…けど。どこに置いたっけ? 








っていうか








 まさか












 あれか!?

 080124_104506wefwefewhhh.jpg



財前「アアァァァァ(´д`)ァァァァァァァッァァ!!」


 雪に埋もってるし!!!!!!!
 
 くそう。こんな雪!! 降り落としてやる。 

 すぐさまドアや窓の雪を降り落とそうとしたが… 全然落ちない…

 それもそのはず凍ってるんです…。これ雪じゃないです。氷ですよ…。ガリガリです。

 もう湯かけるしかないです…これ。手なんかで落ちるわけない。


財前「冷たい;;;;;」

 爪たててみたけど冷たすぎて無理でした;;


 そんなことしてる間にいつのまにやら全身に吹雪を浴びて真っ白状態。

財前「寒い;;;;;;寒い寒い;;;」


 なんていうか車のドアを開けることすらできません。だって凍ってるし…

 これはたまりません;;

 ここは一時退却とばかりに会社に戻って…


 …



 …




財前「ああ。吉江君」

吉江「はい?」

財前「え…え~と。パンを…」

吉江「だから言ったでしょう(笑)。」




 

 





 しかも私の真っ白の姿を見て回りのパートの人やら準社員の人やらに笑われまくり。


 …


 あんまり人間維持を張るものではないですね…。
 
 そしてこれが岩手の本当の雪って事なんだなと痛感。今までの雪とか序の口だったわけね…。




 










 さて

 こんな寒い日はホテルに引き籠もってゲームするのが一番安全。というわけで「めいぽ」の方ですが、ひとつ疑問があるんですよ。

 070iy0ug0gue0rgwre0gh.png


 投げの方いますかね?
 
 今更こんな事聞いて申し訳ないんですが4次スキルにベノムってありますよね。

 あのベノムなんですが、発動するのはトリプルスロー2発目の後?

 2発目の前には発動してないですよね?

 なんか感覚的にですね。

 トリプルスロー → トリプルスロー → ベノム毒(敵HP1に) → トリプルスロー

 ていう感じがするんですよ。なんか3発目のトリプルスローてダメージ1でいいから意味ナインじゃないの?みたいなね。

 トリプルスロー → ベノム毒(敵HP1に) → トリプルスロー →  トリプルスロー

 だったら最高にうれしいんですが、どうも違う感じがします。


 どの段階でベノムが発動しているのか知ってる人がいたら教えていただけると幸いです…。


 56tyhttregergergergthy.png


 ボスなんかにはまったく関係ないことなんですけどね。

 雑魚狩りするときとかに結構重要なんです。この要素。

 自分で調べようと思ってるんですけど、なんか6発もダメージが出ちゃうから脳内計算できないんですよね;; 多分TT2発目の後にベノムダメージ発動で合ってるとは思うんですけどね…。


関連記事








Edit Comments(47) trackBack(0) |