10

January February March April May June July August September October November December
2008(Thu) 01/10

日本のゲーマー魂は消えたのか?(255)

Skyrim … Comments(255)

 これをみてください。

graph_share-2007.gif


 これは2007年1年間のハード別シェアです。

 DSがNO1、WIIがNO2、そしてPSP、PS2と続きます。

 しかし…PS3、XBOX360はグラフに表せないほどの極小シェアです。

 自分的にPS3、XBOX360が出て早1年以上になるというのに未だシェアのグラフに書き表せない程の極小シェアというのは非常に悲しいと感じています。

 いやもちろん、社会の現状もわかります。今は携帯ゲームが主流となっているのでしょう。でも果たしてこれでいいのでしょうか。これでゲーム業界の未来は明るいのでしょうか。

 正直言って自分の感覚が世間とずれてきている感覚を痛感しています。DS、WIIはものすごい人気です。もはやこの勢いを止めることはできないでしょう。私は特にWIIやDSが欲しいとは思わなかったし、面白そうとも思いませんでした。でも今まで一応ゲーマーとしてやってきたので全面拒否ではなく新しいものに触れておかなければならないという感じでWIIとDSを買いました。

 ですがどうでしょう。DSは親戚の子供にあげました。WIIは売っぱらいました。そして何の後悔もしていません。私から言わせて貰うとあんなのはゲームではない。一般人に媚びをうった「ゆとりゲーム」に過ぎない。これは実際にDSとWIIをやった経験から言っています。

 もちろん1ゲーマーとしてWIIやDSでゲームに興味がなかった一般人にゲームを広めたという部分では非常にうれしい側面もありますが、それは一般人相手のこと。それはそれで売れるのは納得できますが、本来のゲーマーが買わなければならないはずのPS3やXBOX360がこの調子では一概に喜べません。
 

 xbox231_550x413.jpg

 

 WIIは確かに売れてるかもしれませんが、稼働率が高いとはとても思えない。家にあっても実際稼働している時間は短いのではないでしょうか。だって買ってるのは一般人でゲーマーではないのです。絶対にPS3、XBOX360の方が実際に稼働している時間は長いはずなんです。

 もちろんXBOX360やPS3が売れない原因としてPCゲームの台頭も考えられますが、これはあまりにも寂しい風潮ですよ。DSやPSPが売れるのであればゲームはもうこれ以上進化しなくてもいいということになる。携帯ゲームの性能で充分ということになるわけです。いわゆる時代の逆行。
 
 これが世界的な流れなら納得もできますが、世界ではXBOX360の稼働率は文句なしのNO1(WIIも売れてるが実際の稼働率はかなり低い)、販売台数にしてもそうです。これは世界にはヘビーゲーマーが確実に存在して力を持っているということが言えます。ですが日本は表を見てもわかるようにもうXBOX360、PS3を買うほどのヘビーユーザーは絶滅寸前です。

 明らかに日本のゲーム土壌の未来は明るくない。

 なぜオブリビオンが日本で売れないのか。なぜギアーズオブウォーが日本で売れないのか。世界ではトップクラスの評価を貰っているヘビーゲームがなぜ日本で売れないのか。

 gdfgdfgfdgdfgreyeyt.jpg

 

 ものすごく危機感を感じますよ;; ホント。


 私はゲーム業界の人間でもなんでもないので、まあ別にいいと言えば良いんですが、複雑な気分です。「ゲームをしてる奴はオタク」、「ゲームとか未だにやってんの?」 なんて言ってくる周りの奴らは確かに存在します。

 私の彼女にしてもそうです。
  
 私はコイツらにいつか一泡吹かせてやりたいともう高校くらいの時代からずっと思ってました。まあ変な話ですがね。仕事にしてもそうですし、人間性にしてもそうなんですが、ハッキリ言って「ゲームをしない人間」には絶対に負けたくない。

 というか負けてはいけないとすら思っています。

 メイプルストーリーにしてもそうです。私がメイプルストーリーのような低年齢向けのゲームに夢中になってると同年代が知れば恐らく「アホ」としか思われないでしょう。見下すでしょうね。

 ですが、人間的にも社会的にも私が上の立場に行くとどうでしょうか。

 gafgagadgadgdadgdafga.jpg



 とても見下すことなどできないはずです。この時こそ私は「俺はゲームがあったからこそここまで出世したんだ」と言うことができるわけです。というより言いたくて仕方ない。


 まあまだまだ私は力不足なので…これを言えるのは10年も20年も先の事かもしれませんが、実は私を仕事に向かわせる原動力の結構な部分をこんなアホな信念が占めているのです。

 ゆえに私は給料が安くても、休みがなくても、出張ばかりでも不思議と会社に不満がありません。矛先は会社ではないからですね。未だにゲームをやってるバカが「会社の核」の役職に就いたらアイツらはどういう顔をするだろう? というのが核だからですね。

 これを成就するまで死ねません。

 私にとっては高額の給料を勝ち取る、会社で高い地位に就くという事よりもこちらの方が大切なのです。

 それゆえにXBOX360、PS3が売れない現実を悲しく思いますね…。DSやWIIなんか売れても意味がないんですよ。WIIスポーツが何百万本も売れ、脳トレが何百万本を売れてる現状に絶望しますよ。やっただけにね。買っただけにね。

 私もくやしくはあったんですが、実際面白いかもしれない… と思って買ったものの、ヌルすぎてDS、WII共にお払い箱です。なんら感動などなかった。

 いや別にWIIやDSが売れてもいいんですが、これよりハードゲーマー用のソフトが売れないとやっぱ駄目でしょう。XBOX360の硬派なゲームを触ったときには感動すら覚えましたから。実際これこそ求めてたものなんですから。

 それだけにパンピーゲームのWIIやDSのソフトが販売上位を占めているのがくやしすぎる。

 世界の流れはそうじゃないのに…。なぜ日本だけ…ライトゲームが売れるんだ?



 なんて思っているのは私だけでしょうか?


 皆さんどう思っているのでしょう…。 DSやWIIがXBOX360やPS3より売れていると言うことに何か憤りを感じないでしょうか?

 感じないならしょうがないです;; 多分それは私の感覚が社会とずれてきているということでしょうね。

 でもなんかね。…くやしいわけです。今までオタクと言われてもゲームを支えてきたのはハードゲーマー。実際未だに「にこにこ動画」などではスーパーファミコンやファミコン世代の動画が人気です。それがDSやWIIなどのパンピーゲームの後塵を拝していいものなのか。


 なんて最近思いますね。 WII FITなんてあんなのはゲームとすら呼べない。まあかくいう私もWII FITを彼女のダイエットのために送ってあげようとも思いましたが、それはゲームとして送るのではなくダイエット機として送ろうとしたわけです。要はエクササイズ機械としての扱い。ゲームとしては認めたくないし、彼女もWII FITとWIIを私が送ったからといって、WIIのゲームソフトを買うことはまずあり得ないでしょう。そうまずありえません。絶対WII FITとWIIスポーツくらいしかしない。

 そんなことはわかってるんですけどね…。自分はファミコン世代だけに割り切りができないのが悲しいところですね;;

 
 でも若い子なんかはやっぱりDSなんかに素直に入っていけるんでしょうかねぇ。受け入れやすいんでしょうかねえ。FF4にしてもDQ4にしてもDSでリメイクされて出されていますけど、そんなのが売れること自体が…  異常のような気がしますよ。

 昔のゲームだけに既に攻略されてるのに、さらにゲームレベルを簡単にしてリメイクしたゲームに何の魅力を感じるというのか。

 ああ(笑)。別に怒ってるわけではありませんよ? ただ、なんかね。これだけ次世代機が売れない状況を見てるとなんか胸中穏やかじゃない感じなので…。

 その他(PS3とXBOX)のシェアはたった4%しかない。4%ですよ。

 今や100あるうちのたった4%になってしまったのか? ハードゲーマーは。 むなしさを感じざるを得ない。

 ハードゲーマーの行き着く先は改造が可能なPCゲーム、エミュレーターとしても機能するPSPなのかもしれませんけど…。
 

 …


 是非皆さんの意見も聞いてみたいものです。


 
関連記事








Edit Comments(255) trackBack(0) |