--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

22

January February March April May June July August September October November December
2007(Thu) 11/22

大学時代 回想6 社会人の鏡(59)

財前History … Comments(59)

 この記事は管理人の大学時代の回想記の第5弾。
 「一楽木工」、「応援団」、「リリカ再来」「ストーカー財前」「バイク免許取得」を見ないと意味不明なので注意してください。
 
 undefined
回想1…一楽木工 
回想2…応援団
回想3…リリカ再来
 
回想4…ストーカー財前
回想5…バイク免許取得の先に
回想6…社会人の鏡
回想7…研究室所属 

回想8…友情と恋愛 
回想9…ホッケー女のイメチェン文化祭 
回想10…阿鼻叫喚の魅力
回想11…無駄が必然に変わった日
回想12… 近日公開













 2furutaiya-1.jpg


 
 バイク免許を取得し、バイク車体も学生ローン可能という話を聞き、すぐさまバイクを購入しました。

 最終的に車種はドラックスターを選び、価格は全部込みで50万円。

 社会人になった今でもこれだけの金は払いにくいから学生からすると相当高額だったのは間違いないです。
 
 しかしイケイケでバカだったこともあり、勢いで買ってしまったんですよね…。

 070i4r08t97t0979yuegewt5.jpg


 ドラックスターはしびれるほど格好良かったです。跨れば世界が変わりリョウさんと一緒に数え切れないほどの思い出も作りました。もちろん女性が後部座席に乗っているときは頼れる相棒に変貌しました。バイクは自分にとって性の象徴のようなものだったのです。


 しかしこれによりお金は遠い存在になってしまいました。

 頭金15万円は口座に残ってたお金と親からの仕送りをほぼすべて使って支払ったからです。これにて生活費はほぼ0に。 そして来月から毎月4万円のローンが始まります。

 学生に1月4万円のローンはきつい。

 私の親からの仕送り生活費は月に5万円。

 バイクローンに4万円を取られるとすると5万円 - 4万円で生活費は1万円になってしまう。
 
 1日300円しか使えない計算です。

 でも暮らせないということはない。周りには友達がいるし、実家からの救援物資食料も頼めば送って貰える。 餓死するこたぁない。 と甘く見てました。

 その一番の要因が白米。

 これは実家から送ってもらってましたので茶碗のご飯に関してはタダです。ご飯というのは炊飯器で炊けばいいだけなので0円でとりあえず飯は食えます。

0704509uy5904uy528904yr2938fhghijypews.jpg


 茶碗のご飯を1日3杯も食っておけばとりあえず生きていけるはずですよね。

 しかし問題となるのがおかずです。これは金がかかる。タダというわけにはいかない。でも1日300円しか使えないから… やはり質よりも量となるでしょう。

 となると一番の主食となるのはキャベツ。

  07119uyu4ghbiuhcoivbji.jpg


 これは見た目にもデカイし、1円あたりの体積が大きい。

 生でもいいし、焼いても良い。一人暮らしの強い味方です。


 反面きゅうり、にんじんなどは1円あたりの量が少ないので高級品になる。

 0711960t83tugeohvdivht.jpg
 

 きゅうりは焼くには抵抗があり、人参は皮むきが面倒の上、意外と高額。


 こうなると一日の献立が決まってくる。


 今後1ヶ月の夜飯はご飯とキャベツに決定です。昼飯は食わない。朝飯も食わない。


 こうするとお金を使わないから一日300円ずつ貯まっていきます。これが900円くらいになったら外食してガッチリと飯を食って体力を回復。これの繰り返しでとりあえずは生きれるはずです。


 …

 もちろん甘い考えでした。こんな生活ができるわけがない(笑)。


 貧困生活2日目にして絶望です。

 …郵便受けに入っていた一枚の紙。


 これが私を絶望の淵へと追いやりました。


 郵便受けに入ってたのは請求書。しかも生活必需の… ものです。払わざるを得ない。

 
 そう。電気代やら水道代やらの公共料金です 電気代とかは1月6000円くらいします…


 …


 そうだ。電気は金がかかるんだった。これは想定外。


 これは痛い。
 
 071121trphojeiotuht890ryf9ou.jpg


 盲点でした。まさに灯台元暗し。 1ヶ月10000円しか使えない私にいきなり6000円の支出は痛い。

 ん?待てよ…。

 こういうのって電気だけじゃないよな…。


 そんな気がする。


 不安になったので全ての公共料金を調査すると…
 

 驚くべき結果が!!



 なんと日本の生活では1ヶ月にこれだけの公共料金が必要だった。


 電気代4000円 ガス代2000円 水道代1000円 電話代 6000円 新聞代3000円 NHK1500円 
 

 今まで気にしてなかったが…なんと公共料金だけで1月に合計17500円も払う必要があったのである。

 ちょ…高すぎる件について。

 17500円はいくらなんでも酷い。


 さすがに全部払うわけにはいかないだろう…。よし不必要なものは抜こう。


 …


 電気代4000円 ガス代2000円 水道代1000円 電話代 6000円 新聞代3000円 NHK1500円 


 これでよし…と。
 
 新聞とNHKには残念ながら涙を飲んで貰うしかない。

 新聞は電話すれば解約できる。「最近世の中不祥事ばっかじゃねえか。もういらねえよ」という捨て台詞と共に解約すればいけるだろう。

 問題はNHKだ。

 残念ながらこれは解約することはできない。支払いが国民の義務だからだ。

 でもこれは確かテレビを持っている者に対する義務だったように思う。NHKの放送を見た人が払えばいいんじゃなかっただろうか?

 となると

 「テレビないから」

 と言えば払う必要がないということ。この一言で1500円も浮く。


 だってしょうがないじゃないか。第一私はまだ未成年なのだ。NHKとか払ってられるかよ。

 
 いいか。私は消費税とタバコ税と酒税を払っている。これで充分のはずだ。NHKだけちょっと免除して貰うんだよ。

 
 案の定NHKの取り立ては「テレビがない」の一言で回避できた。


 申し訳ない。社会に出たら払うからね~…。



 これでもう削れるものは削った。

 
 だが金ができたわけではない。ついに本格的な貧困生活に突入した私…。


 …



 しばらくはバイトなしで生活していたが、やはりというべきか…。一日300円なんかで暮らせるはずもなく(やっぱおつきあいとか外食とかあるしね…)、しかもこの計算にはガソリン代が入っていないという致命的な欠陥が発覚。

 ということは…

 結局電気代、水道代、ガス代、電話料金はすべて滞納してしまうことになり…(というか払えない)

 滞納している内に…警告が来たりしましたが、それもスルーしていると…ガスを止められ、電話も止り、電気すら止りました。

 このときの生活のカオスっぷりと言ったらない。
 
 だって私の家は今や水しか出ないんだから。

 ハッキリ言ってこんな体験をしてる人は稀かもしれない。電気もガスもない生活です。

 部屋とか真っ暗です。テレビも本当につかなくなってしまった(笑)。

 これじゃNHKも取り立てようがない・。


 まあ水が出るだけマシとも考えられますが、水なんて出ても意味ないです。東京の水はそのままガブガブ飲めるわけでもないですから。濁ってて汚い。

 lemonade.jpg



 何よりも痛いのがお風呂だった。ガスが止められてるので冷水しかでない。風呂は冷水で入らざるを得ない。もちろんシャワーから超冷たい水がでるんですが、それで体を洗い、髪を洗う。まあ人間やろうと思えばできないことはありません。

 冷水だってね。5分くらい浴びてれば体温が下がるから、そのうち暖かく感じるようになるんですよ。(ちょっと無理はあるけど…)

 電気? 電気とかなくても慣れれば大丈夫です。ろうそくという手があったからね。ろうそくの火があればアル程度の事はできる事を知った。

 寝るときに消せばいい。

 電話? いいんですよ。電話とか。必要ない。だって私の家は溜り場なので連絡しなくてもみんな下宿に来てくれるんですから。彼女もいなかったので電話など特に必要はなかったのです。

 しかしこうした生活もさすがに1ヶ月が限度です。さすがに無理が出てきた。

 健康に弊害が出てきたのである。

 飯に関しては友達が奢ってくれたり、飯を持ってきてくれたり、コンビニのあまりを持ってきてくれたりということで食いっぱぐれる事はなかったが、現代においてガス、電気なしの生活というのはちょっと…。

 ここ東京だし…。

 
 …


 大都会でろうそく生活は無謀すぎた。


 なんか学校とか行ってもひもじい思いをするし、前のように元気も活力も出ない。やっぱ最低限の食事はしてないと、体がついてこない。脳も退化し無気力でなんに対しても閉鎖的な心境になってしまう。

 すでにリョウさんとナンパに行く気力すらなくなってきている。


 やはり… 突然50万円の買い物をするのは無謀すぎたのだ(笑)。




 こうなるとさすがにもうバイトするしかない。


 死んでしまう。

 
 早速求人情報誌を貰ってくる。


 ほうほう。

 バイトと一言で言っても様々なものがあるんだね。


 時給に応じていろいろ仕事内容が違う。


 ①時給800円くらいで楽なホールの仕事 
 ②時給900円くらいのキツイ仕事
 ③日給1万円クラスの力仕事
 ④時給がいい期間限定のアルバイト 
 

 まあ候補は③です。日給で金が貰える力仕事。これが一番手っ取り早い。しかしひとつ問題がありました。既に数ヶ月に及ぶ貧困生活で体力は衰え、脳もうまく働いていない。無気力です…。

 07119tu3t0uerghohorigtrr.jpg


 ああ…。誰か腹一杯飯食わしてくれたらなあ…。

 だれか肉でも奢ってくれたらなあ…。体力も…

 焼き肉とか… 食べたいなぁ…

 …

 …ん?



 焼き肉?
 


 待てよ…


 …




 Ω\ζ°)チーン



 そうか!!


  
 










 
 焼き肉屋でバイトすれば肉食い放題じゃないか!! 

 070111gt89yr8294ygwugqa.jpg







 うおぉぉぉ!! これだ。これしかない。 バイトしても金くれるのは1月後だから当面の飯はないんだよね…。

 焼き肉屋なら金貰えて肉も食えるからまさに1石2丁。


 早速焼き肉屋の求人をくまなく探す。


 え~と…焼き肉焼き肉…。 経堂とか近くがいいな。


 …


 あ…あった!!


 あったあった。


 焼き肉「牛鉄」!!世田谷経堂にチェーン店3店を構える焼き肉屋である。

 しかしもう一つ「牛角」という全国チェーンの焼き肉屋の募集もあった。

 どうやら広告による募集はこの2店。

 牛鉄、牛角共に時給は互角。900円程度。労働時間も同じ。

 071124ei9gheruwuq4.jpg


 違いは「牛角」は全国チェーンということ。…ということは様々な点でマニュアル化されており、仕事する場合は快適な環境が整っているのだろう。 

 しかし私の場合はこれが逆にマイナスに働く可能性がある。だって私は別に焼き肉屋で働きたいわけじゃなくて肉が食いたいだけなのである。そのついでにバイトをするのだ。

 私の読みが正しいとするのであれば全国チェーンの牛角の場合、社員にそうポンポンと肉を食われたら困るはずなのだ。全国チェーンだけに。本部が厳しく管理しているに違いない。こういう全国規模店は小さな無駄が積もり積もって破滅に繋がる。

 それゆえ社員に対して店からでる食事は弁当…とか言うこともあり得る。

 反面「牛鉄」はチェーン店と言っても東京に数店舗あるのみ。管理体制は牛角に比べて緩く、社員の飯も弁当はあり得ないだろう。それに店の在庫もチェーン店にポンポン回せないはずなので「古い肉は腐るから焼いて食っちまえ」という流れの可能性が高い。


 フフフ。



 つまり…


 賢い選択は






  



 牛鉄だ!! 

  gyuutetsu01.jpg



 間違いない。これぞ正しい選択だ。大きい会社に入るのは就職するときでいいんだよ。



 よし。
 
 ということで


 早速電話連絡を入れる。


 店長らしき人物が対応してくれ、さっそく店に来てくれという。


 すぐさま面接に向かう。

 

 経堂の牛鉄は家から徒歩で約10分だった。楽勝だ。近すぎる。これならバイクで行く必要性もなくガソリン代もいらない。

 店内に入ると外村さんという店長が面接をしてくれた。焼き肉屋で働くことで覚えておくことは以下の点らしい。


 ①土日は平日に比べて30分早く営業開始 (これは間違うな!)
 ②声が小さい奴は駄目だ
 ③鉄板替えるときにお客様に火傷をさせる危険がある。(細心の注意を払え!!)
 ④仕事は17時~24時まで(週に3~4回来てくれ)
 ⑤焼きは土日のみだ。(焼きというのが社員の夜食に焼き肉をするということ。土日以外は店の食材いを使って飯を作ってくれるらしい)
 

 ほらほらほらほら。観ろ見ろ。⑤を見ろ。


 焼き肉が社員のまかないとしてちゃんと用意されてるじゃないか(笑)。まかないは土日。これは恐らく土日はお客さんが多くて忙しいからご褒美という意味で焼き肉してくれるんだろう。

 フフフ。最高の環境じゃないか

 あと17時~24時と勤務時間が長いのも美味しい。

 7時間労働だから×900円で6300円貰える計算になる。日銭にしては良い感じ。

 私にとっては1日働くだけで電気料金が払えるので電気復活。

 2日働けばガス復活。

 3日働けば電話復活。

 4日働けばガソリン復活。

 5日目以降はもう親の総取りフィーバー。健全なる生活に戻るきっかけが見えてきた。
 




 …



 よし。これはいける。






財前「がんばりますよ!!」

外村「うんうん…」

財前「他には?」

外村「え~とね。うちは… ぺらぺら」

財前「ふむふむ」





外村「ということだけど。大丈夫? 楽しく働けそうかな?」

財前「はい。大丈夫です!」

外村「いい返事だ。採用!!」

財前「え!?」

外村「君採用だよ」

財前「マジすか!!」

外村「いいよね?」

財前「そりゃもうw」



外村「じゃあさ。君と一緒に新規アルバイトが1人入る予定になってるから、その子と一緒に1回目入ってよ。水曜日でいい?」

財前「わかりました」

外村「じゃあよろしくね~」

財前「はい~」


 どうやらうまくいったようで採用になった様子。そして広告を見て来た人があと何人かいて、そのうちの1人が採用になってて、その人と一緒に水曜日に仕事に入るらしい。

 焼き肉屋の仕事ってどうなんだろうか? 不安が募るが金と肉のためならしょうがない。 



 そして水曜日…



 …


 牛鉄に向かい、店内に入った。いよいよ初仕事。気合いを入れていくぜ~。



 まずは第一声… これは重要だ。何事も第一印象。

 よしまずは大きい声で挨拶











 財前「チワ~~~~~~~ス!!」

 







田中「げっ!?」

金澤「ちょ…声でかっ」

外村「おおw 来たか財前君」

財前「ん?」



外村「やっぱいい声してるねぇ。腹に来るね腹に。今日からよろしくね」

財前「宜しくお願いします」

外村「ああ、後ね。その大きさの声で良いんだけどドスを効かせるのはセーブしてね」

財前「え…」

外村「声にドスを入れるのはあんまりね。うち明るくさわやかな接客がモットーだから」

財前「あ。すいません。問題ありましたか?」

外村「いや別にそういうわけじゃないんだけどね」



外村「まあこれから教えていくからいいよ」

財前「はい」


 この時はわからなかったが、私は大きい声を出すとついつい応援団系のドスの効いた声になってしまってるらしい。つまり大きい声はそのままでドスをぬいてマイルドな感じの声を出せというのが後の外村さんの指導。

 腹から声だせばドスがきいちゃうんだけどなあ…。


 これは応援団の弊害だ。


 ほらみろよ。やっぱ応援団で特訓したデカイ声とか社会では通用しないんじゃないか…。

 デカイ声はいいにしてもドスの効かせ方がやっぱ現代に合ってなかったんだよ。


 ホントあいつら(援団)役に立たねぇな…。


 そして…  私の同期を紹介してくれた。 誰だろう?



外村「ああ。財前君」

財前「はい」

外村「この子が今日から一緒に働いて貰う金澤君ね」

財前「ん?」


 ほう… この人が… 同期の… 





 目が合う二人







財前「…」

金澤「…」
 
















財前「…」

金澤「…」





 ちょ… この金澤って人…なんかキムタクみたいなんだが…


 0711286ij0thje0ijer90r5t5.jpg




 同期がイケメンすぎる件について!!


 

 説明しよう

 金澤君とは … 後に牛鉄きってのアイドルに君臨する男である…。この男はこれから長い間に渡りトイレにある伝言板にて女性から黄色い声援を浴びまくる事になる。

 これは言っても信じて貰えないだろうが、この数ヶ月後…牛鉄2号店は結構アルバイトがどうとかで話題になりモデルのスカウトが数回来たことがある。


 ↑フフフ。一応私も名刺貰ったんだよ? まあ金澤君が本命なんだろうけど…。




 




 ちょ~ なんなんだ東京は。なんでこんな格好いい奴ばっか次から次へと現れるんだ?さすがは…日本一の町。

 
外村「ちなみに二人の役割は決まってるから」

財前「え?」

金澤「む…」

外村「まず金澤君」

金澤「はい」

外村「君は格好いいから接客を頼むよ。ホールに常にいてお客さんの追加注文や皿下げに気を配って」

金澤「はい」

外村「次に財前君」

財前「よしきた」

外村「君は声担当」

財前「…ぇ?」

外村「君は声担当」

財前「声?」

外村「君は新規のお客さんからの注文を全部取りにいって。その後大きい声で注文オーダーを厨房に伝えて。そうすると店が活気づいてるような雰囲気にお客さんが感じるから」

財前「はい」

外村「金澤君は顔、財前君は声。しっかり役割分担してね」

財前「金澤君は顔… 俺は声って… どういうことでしょう?」

外村「そのまんまだよ。お互いを見れば自分の特徴がわかるでしょ」

財前「ん?」

金澤「ふむ」

外村「もう一度言おうか?」



外村「金澤君は顔が売りだからホール中心、財前君は声が売りだから注文叫び」

財前「…」




















外村「金澤君は顔、財前君は声!!」



071121orhghy9w8rhygeruhvw.jpg


財前「ああぁぁぁぁ…」 





















財前「金澤…か」

金澤「?」

外村「まあまあ。顔にしても声にしてもいいものをもってるのは立派な才能。そういうのを考慮して面接合格出したんだからさ」

財前「…」

金澤「…」



金澤「よろしく。財前君」

財前「…。あ…ああ…よろしく金澤君」



 まあ…しょうがない。私も格好悪い方じゃないと思うんだけどなあ…。さすがに金澤君には勝てそうにないわ…。

 親友のタカシやリョウさんも格好いいけど、さすがに金澤君はケタが違う。顔のパーツすべてがなんていうか… 格好いいわ。

 しかし非常に珍しい。

 普通バイトに来たら二人とも同じように仕事を教えて貰うはずなんだけど、ここではまったく別。金澤君はホールをくまなく見回るために必要な事を伝授され、私は焼き肉屋の店内そのものを活気づけるために必要な事を伝授されていった。

 
 デカイ声担当の財前


財前「牛タン一丁追加~ 上カルビ3丁入りました~」

外村「あ~りがとございま~~す」

田中「ありがとございま~~す」




財前「はい 3宅さんお帰りで~~~す」 

外村「あ~~りがとございました~~」

田中「ありがとございました~~」





 店のイメージUP担当の金澤


金澤「お客様。鉄板交換しましょうか? 」 キ(`・ω・´)ラッ

女性客「はぁ~い(*´Д`*)」

女性客「ありがと・゜(゚∀゚)゚・*:.」


金澤「よろしければ空いたお皿お下げしましょうか?」キ(`・ω・´)ラッ

女性客「はぁ~い(*´Д`*)」

女性客「ありがと・゜(゚∀゚)゚・*:金澤さ~ん.」









財前「ユッケいかがっすか~ まだユッケありま~す。 牛刺しいかがっすか~牛刺し」 

客「また今度な」

客「今はいらねえな」

女性「…」





金澤「お客様よろしければお子様に取り皿お持ちしましょうか?」キ(`・ω・´)ラッ

女性客「(*´Д`*)'やさし~い」

客「や・さ・し・い~」








財前「ぐ…」

















財前「ちょ…何なのこの差は…」

071121j0jfhrhgruey589yt50ww.jpg














財前「外村さん~」

外村「何?」


財前「俺は金澤君みたいな役はずっとできないんですか?」

外村「はははw 金澤君がいないときは財前君でもいいけどね」

財前「…」

外村「でも金澤君が入ってるときは金澤君で固定だ」

財前「ですよね…。外村さんはホールはされないんですか?」

外村「ホールは店の顔だよ。イメージUPには顔のイイ奴が出ていかなきゃ」

財前「ほうほう…遠慮されてるわけですか」

外村「それが売上げの増加に繋がる。お客様第一さ」

財前「なるほどですねぇ」

外村「金澤君みたいな格好いい子がいると店は美味しいよ」

財前「…」

外山「財前君の代わりを金澤君はできない、でも金澤の代わりも財前君にはできないからね。お互いの役割をよく理解してね。というか金澤君はもう理解してるようだけど…」

財前「深いですねぇ」

外山「ここではお客さんを中心に全てを回すから。働いてればそのうち財前君もわかると思うよ」

財前「はい」



 この外山さんの言ってた事が本当に理解できたのは数週間後。店のトイレに設置されている「お客さんの声を聞く」ボード。ここに自由にお客さんが意見を書き込んでくれるのだが、金澤君には確かに女性の黄色い声援が多く(というか金澤君ばっか)、次に多かったのが店の雰囲気がいい、明るいのがいいという声。

 そしていつしか…

 もちろん牛鉄の肉本来の美味しさや値段設定もあるとは思うが、徐々にではあるが牛鉄は強力なライバル牛角に負けない売上げを叩きだすようになっていた。

 土日は常に行列。

 私も月に10万円稼ぐようになり、貯金残高も増え続けた。

 しかしお金が欲しい、肉が食べたいという目的はいつしかなくなっていた。それよりも牛鉄という店を盛り上げたいという気持ちの方が多くなっていた。もちろんそのためには金澤君を前面に立て、自分は影役に徹する必要があった。

 今や彼は経堂「牛鉄2号店」の看板男として自他共に認める存在にまで成長していた。

 彼なしの牛鉄はあり得なかった。彼がホールに立ってこそ牛鉄2号店はその真価を最大限に発揮することができたのである。

 客の彼への人気が上がるにつれ、それをサポートする私の仕事が増えたのは言うまでもない(笑)。これにより大学生活はすっかりアルバイト一辺倒になってしまっていた。

 将来こういう店を持つのもいいな… と思ったほどだ。

 
 もちろん色々問題もあった。


 一番印象に残ってるのは御飯焦がし事件。

 牛鉄なんかの焼き肉屋はライスがどんどん出るので業務用の大釜で御飯を炊く。しかしある日、厨房の人が水の加減を間違えたのか、機械が故障したのか御飯を焦がしてしまった。

 お客様に出せるレベルじゃなかったのでスタッフ一同騒然となってしまった。みんなはこう言い合った。

田中「ごめん;;次の御飯が炊きあがるまでお客さんにはライスを待って貰うしかない」

金澤「あと残りのライスは何杯?まで出せます?」

田中「あと6杯が限度だ」

財前「足りませんね… ライス6杯となると30分持たないですよ」

田中「しかし…どうしようもない」

 
 ここで店長 外村さんのプロ魂の一言



外村「ライスのねぇ 焼き肉屋なんてねぇ!!」


 
 言っておくがこの時代に「次長課長」なんてコンビは世に出てない。つまりこれはギャグではない。

 こう言って外村さんは別会社の焼き肉屋や御飯屋に何店も電話をかけ、すぐさま下北沢にある店のライスを分けて貰うことに成功したのである。なぜか今でも妙に耳に残っている言葉。社員という責任看板がないとこういう発想は出ないのかもしれない。

 しかし問題がひとつ。

 下北沢までは電車で15分程かかる。行って帰ってきても歩き時間を含めて恐らく40分はかかる。

 今からライスを炊いても50分程で完成するからこれでは遅い。わざわざ貰い行く意味がないのである。

 お気づきだろうか? ここで出番となる主役は一体誰か。


 当然私しかいないだろう。 ん?

 私にはバイクがある。最近はバイクで出勤してたからちゃんと店の外に愛車ドラックスターがピットインしてるわけだ。

 070i4r08t97t0979yuegewt5.jpg



 舐めちゃいけない。下北沢程度であれば飛ばせば20分以内で帰ってこれる。


 そしてスタッフはみんなどうやって取りに行くか考え中。

外山「タクシーで行くなら電車の方が早いし…」

田中「やはりここは早炊きしてでも、うちのライスを使った方が…」

外山「早炊きしたライスなんて客にだせねえよ」



 フフフ… みなさん。みなさん。私がバイク乗りって事を忘れてないかね?

 ほら。ここここ。よく見てよ。ここにバイカーがいるんだから。

 早く気づいて欲しいなあ。よしこの際俺から言っちゃおうか?




金澤「う~む」



 ん?金澤… 


金沢「外村さん。下北沢の店は諦めてやっぱこの近辺の店を当たり直した方がよくないですか?」

外村「う~ん…。もう今更…時間がないよ」


 フハハハハハッハ。金澤君。君その程度かね。 よし今日はおまえに勝った!!

 どけどけ雑魚共。


財前「ッフ…。 皆さん。何かお忘れじゃないですか?」

外村「ん?」

金澤「!?」

財前「バイクなら下北沢まで20分で帰って来れます。」

外村「おお!!」

金澤「そうか!」

財前「フフフ…。つまりですね。私のドラッグスタ…」




金澤「俺が原付出します!!」 


財前「げ!!」










 ちょ… おま…















 070349349tu3hrwfhw8fy3498ty.jpg



工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工  金澤君原付なんて乗ってたっけ?








財前「ぇ…  ちょ… おま…」

外村「さすが金澤ちゃん!! 頼むよ。 20分で帰ってこれる?」

金澤「下北沢ならなんとか」

財前「ちょ…ちょっと…」

金澤「じゃあ行ってきます」

外村「お願い~」

財前「…」



 …




 まあ事件としてはたいしたことはないんですが、やっぱり金澤君には勝てない財前君でした(笑)。だから思い出に残ってるんですかねぇ。

 ホント東京は凄いわ。

 凄い奴がいる。なんかすべてがそいつ中心に回るというかね。
 
 打ちのめされます。でもこういう現実を知るのも社会勉強ですかね。

 こんなレベルの人間がわんさかいるんですから。金澤君は神に祝福されてるというかなんというか… 顔と性格、スタイル、頭 なんか全て凄いよ。

 一番凄いのはね。彼はバンダナまいてもね。長髪なのに髪型くずれてないんですよ。普通帽子とかタオルとか頭に巻いて何時間もいるとね。それ脱ぐと髪型無茶苦茶になるじゃない?


 金澤君はそれがないんです…。何時間もタオル巻いててね。それで脱いでも髪型決まったまま。


 あり得ないだろう…。 私とか無茶苦茶になってるんですが 何か?


 あいつ…一体どういう構造してるんだろう…。


 でも

 逆に金澤君は私の事どういう風に見てたんでしょうねぇ。今思うとそれが気になる。

 
 …


 まあそんな話はこれで終わりにして
  
 バイトだけでは死んでしまうので相変わらず休みの日はリョウさんと町に出歩いたりしたいたが、アルバイトに週に何日も入ってる状態では体も疲れ切っており、社会も知った事でさすがに以前のように無鉄砲には女性に向かっていけなくなっていた。


 そう…


 貯金もでき、健全な生活を送り出した事でそろそろ見知らぬ一晩限りの女ではなく…


 特定の彼女が欲しくなってきたのである。 


 だが特定の彼女となるとやはりチズエさんが脳裏に現れてしまい…結局踏み出せずじまい。やはりまだ一晩限りの女漁りを繰り返す方が気楽といえば気楽だ。

 まだ彼女の影が…消えない。



 しかし状況は変化しつつあった。チズエスパイラルから抜け出すきっかけをなんとなく掴みかけていた。

 今の私には大きな武器がひとつできたのだ。

 それが焼き肉屋のレシピと金澤君。金澤君は後述。

 例えば牛角などによく行く人は「牛角サラダ」なるサラダを食べたことがあるのではないだろうか? レタスにネギが入ったしゃきしゃきしているサラダである。あれのうまさの秘訣はサラダのタレ。

 基本的にごま油とさとうと*****を混ぜてそのタレを作るんだけど、正直あのレベルはレシピさえ知ってれば家でも完全に再現できる。

  
p_itI01_m.jpg



 焼き肉も同様。塩の場合は塩ダレで揉む、タレの場合はタレで揉む、カルビスープやカルビクッパのような食べただけでは何が入ってるか何を調味料としているのかわからないレシピもバイトしてれば作る機会がたまにあるので完全に会得することが可能。

 0394tuq8hgegh0erqufg09e8r.jpg

 もちろんこちらも家で完全に再現可能。

 まあ言わば女に焼き肉料理を出せばもう落としたも同然なのである。(多分)

  
 それと金澤君だ。

 彼をコンパに連れて行けばもう勝ったも同然である。もちろんコンパに行けば金澤君に全女性の視線が集中する。第一ファーストコンタクトは金澤君の一人勝ちだ。

  p_top_l.jpg



 しかし世の中そううまくはできていない。

 世の常識は男一人に女一人制。

 残念ながら日本では2股3股することに社会権がない。

 金澤君が如何に格好良かろうと、選べる女性は一人なのだ。二人は選べない。彼のようなさわやか君は尚更だ。

 金澤君クラスには女性もそれクラスの女性が好意を示す。こうなると自分の身の丈を知ってる女性は引かざるを得ない。

 金澤君クラスの男性を強引に引っ張るのはさすがに女性も気が引けるのだ。

 となると事態は一気に急変。2番手3番手の男に女性は興味を示さざるを得ない。こうなると財前君の独壇場となるわけだ。クックック…。

 2番手は非常に気が楽だ。2番手は酷い男でもいいし、軽い男でも問題ない。女は既に金澤君を諦めているのでそこまでの理想を求めていないのだ。

 1番手に確固たる金澤君という絶対的な存在がいてくれれば、後の男は非常に動きやすいという寸法。
 
 例えば場を盛り上げるために私が下ネタを発言したとしよう。この時、もし男連中がブサイクばかりだとすると?

 場の雰囲気は最悪である。女性はこう思うのだ「何このムサイ集団。サイアク。酔わせて連れ込もうとかそういう風に思ってる連中じゃないの?」。

 これは女性のお気に入りのビジュアルの男性がいないことで起こる悲劇。第一印象でこれは決まる。

 しかし金澤君がいればどうだろう。下ネタを私が言っても女性は「何この人…。でも金澤君みたいな人もいるし… 金澤君の友達ってことは悪い人じゃないかな?」

 とここまで印象が違うのだ!! これはすべて金澤君の力。


 0711286ij0thje0ijer90r5t5.jpg




 これぞイケメンマジック。

 コンパはなんだかんだ言って顔なのだ。顔だ。これがいいだけですべてが好転する。

 雰囲気が180℃変わるのだ。

 ゆえにコンパにイケメンが一人は最低必要ということは覚えておいた方が良い。ライバルができるからといって平均レベルの男だけ選抜して望むコンパは逆に成功しない。
  
 
 …と思う。

 イケメンが参加していれば到底落とせない美女がいたとしても可能性がある。その女を誘った場合に「また金澤君と会わしてくれるかも…」とデートをOKしてくれる場合がある。

 もちろんこの場合その美女とはつきあえないわけだが…ここで金澤君との食事会をするとでも約束しておけば女も恩義を感じ、おこぼれに預かれる。

 美女が恩を感じてくれるのである。利用しない手はない。

 逆に金澤君がいなかったらこの美女がデートについてきてくれるはずもない。恩など感じようもない。


 つまり可能性0%。



 世の中残酷にできているのだ。いかに自分は格好良いとナルシストしていたとしても一足外に出ればそれは完全に打ち崩される。身の丈をしった戦略を立てる事こそ重要。

 自己分析のできてない人にはきついが、そういう場合は謙虚になればいいだけだ。

 才能ある奴についていけば間違いない。
 
 


 …




 しかしこういう良き日も長くは続かなかった。


 よき理解者であった外村さんの人事異動により、代わりの店長が牛鉄NO2店に来た。これにより非常に居辛い場所へと変わってしまった。

 外村さんタイプとは違い新しい店長はバイトを信頼して適材適所という事をせず、あくまでも自分が王様として絶対的な位置に君臨し、バイトは兵隊に等しく皆平等に扱われた。

 これにより仕事に自由はなく、ただの規律ある平凡な仕事に成り下がった。

 常に監視されていた。アルバイト以上の事をするのは越権行為と判断された。

 つまり店長はアルバイトを信頼してなかった。

 これによりバイトは自分の得意分野の役割を発揮する事できず、皆が同じ動きをせざるをえなかった。

 役割を暗黙でわかってない状態だけに仕事は皆同じ。こうなると「あいつ楽してねぇか?」「あいつ動かねぇ」「あいつスマしてね?」「なんで俺だけやらなきゃならないの?」などという発言が横行し、新アルバイターとの間に内部的なもめ事が多発。

 外村さんのためなら私も金澤くんも犠牲を惜しまず力の限りを尽くしただろう。

 しかし金澤君も私も新しい店長のためにこれらアルバイトをまとめようという愛社精神は沸かなかった。こうなった責任は私たちの性ではなく新店長にあるのだ。

 ならば新店長のために一肌脱ぐ気持ちがないと助けられるはずがない。

 だが残念ながら理解ある上司の元でないとやる意味も見あたらない。

 所詮時給の世界だ。アルバイトに責任などない。人間的に恩も義理もない店長のために時給外の仕事をする気はしなかった。

 これは金澤君も一緒だったようだ。彼のような人材がこんな状況をうれしく思うはずがない。

 この状態わかりやすくいうと、対戦ゲームやネットゲームなどでチーターを相手にするような感じ。やる気など出ようはずもない。

 まさに現実版チート。

 アルバイトは社員の方針に従う以外に道はない。だが一歩店の外に出れば拒否することはできる。店長であろうと誰であろうと仕事上のつきあいがなければタダの人。この人はプライベートですらつきあいたくはない。

 となると道は決まった。

 残念だが働き口は他にいくらでもあるのだから。

 
 …

 結局これによって私を含め数名が牛鉄を辞めた。もちろん一緒に働いていたアルバイターも後に牛鉄を去った。


 いなくなることで初めて外村さんの偉大さが皆わかった事だろう。

 彼はアルバイターにやる気を出させる術を知っていた。

0709834t83t98y98ytr445


 牛鉄2号店はその後も人気を維持していたが顔見知りのアルバイターはほとんどいなくなり、私はプライベートで牛鉄2号店へ友と焼き肉を食べに行くことも以後なくなった。

 外村さん、田中さん、金澤君のいない牛鉄など…。



 …


 なんの魅力があるというのか。


 店長。つまり束ねる者が変わることでこれほど環境が違ってくるとは想定外だった。


 外村さん。

 彼はまさに社会人の鏡として私たちに背中を見せてくれた。あの経験は社会人となった今でも礎として残っており、今でも忘れることができない。

 外村さんはまだ今でも牛鉄で働いているのだろうか…?
















 今日の関連曲

 伝説の糞店長  チーターマン

 

 伝説の糞ゲー 「チーターマン」BGM にこにこ動画で人気沸騰 (←ちょっと古いけどごめん)





 








 次回  大学3年 研究室所属







関連記事

テーマ: 日々のつれづれ
ジャンル: 日記








Edit Comments(59) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2009/05/23 19:31 [ 編集] o MAILURL

その金澤って人かっこいいんだろうなぁw                                      あってみたいきがするぅ~

2007/11/25 22:52 [ 編集] にゃーわん MAILURL

金澤sかっこよすぎデスw惚れました><

2007/11/25 13:47 [ 編集] きよら MAILURL

店長によって、店の雰囲気がガラッと変わってしまうということに、ワタシも共感しました。
7年も勤め上げていた某コンビニが、1年前に入った新規の糞店長のいい加減な経営のせいで、今年いっぱいで閉店することと相成りました(T_T)
バイトのみんなは一生懸命がんばっただけに、ものすごくくやしいです。
外村さんのような人が、まさに店長の鏡なんですよね。

2007/11/25 09:04 [ 編集] . MAILURL

くっ・・・財前の大学時代はリア充だったのか・・・

チーターマンの歌詞の1/4は俺作

2007/11/24 11:52 [ 編集] popura MAILURL

ダイエーでバイトした高校の時、
思いっきり縦社会だったな・・
そんな中でもマネージャーが外村さんタイプの方でした。
「仕事する時はする!力抜いていいときはだらける!
割り切って気楽に仕事しよう」
バイト君の扱いは大事だよね~。

2007/11/24 10:41 [ 編集] うんちくん MAILURL

ふっ
昼は普通の肉
夜は、女の肉ってか?ww

2007/11/24 03:17 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/24 02:16 [ 編集] ドコドコズンズン MAILURL

このごろ焼肉食べてないなー

2007/11/23 23:25 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/23 22:33 [ 編集] 桜色の聖魔〇・ω・ MAILURL

前までは八十八茶の更新ばかり気にしていたのですが、財前さんの生活などを読んで、すごくためになりました。特に今回の「束ねるものが変わることでこれほど環境が違ってくる」という言葉にはグッとくるものがありました。やはり、上司もアルバイトの方を信じて、アルバイトの方も上司を信じることができるのがベストな形ですよね〇>ω<〇@公共料金がこんなにお金のかかるものだとは思っていませんでした(’A大変な生活おつかれさまですo(--)oぺこ

2007/11/23 21:44 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/23 19:59 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/23 17:51 [ 編集] MAILURL

俺的にはメイポの記事より回想の記事のほうが面白いと思うのだが

2007/11/23 17:51 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/23 17:20 [ 編集] 晴天の774 MAILURL

外村さんかっけえ

2007/11/23 14:35 [ 編集] 読者さん MAILURL

みんな誤字くらいスルーできるようになろうぜ
財前さん長文お疲れでした
また良い記事を期待しています

2007/11/23 12:35 [ 編集] xoマンジ卍 MAILURL

やっぱり、飴と鞭をうまく使い分けなければ、
統率できないということでしょうかね~。
財前さん、更新お疲れ様でした。
八十八茶も期待してますよ~。

2007/11/23 12:33 [ 編集] YUUKI MAILURL

ちょwwwwwwww
声&顔吹いたwwwwwwwww
今後たまにコメさせていたきます☆

2007/11/23 12:05 [ 編集] 読者さん MAILURL

ジャニーズの写真は消しとかないとやっかいなことになるかもよ

2007/11/23 11:52 [ 編集]   MAILURL

チーターマン吹いたwwwwwwwwwwwwww

2007/11/23 11:45 [ 編集] lk MAILURL

財前おもれええええ

2007/11/23 10:00 [ 編集] 読者さん MAILURL

http://58.xmbs.jp/kanekasegi46/
携帯で楽にウェブマネーに換金できます!

2007/11/23 09:40 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/23 09:38 [ 編集] メイポ太郎 MAILURL

おもしれーーーーーーーーーーーーーーー

2007/11/23 09:34 [ 編集] ホワイトな猫 MAILURL

ちょwww

ジャニーズの写真ってネットで出していいんすか?

それはともかく、今回の日記も面白かったです

次もがんばってください

2007/11/23 09:19 [ 編集] ああ MAILURL

面白いねー
今後もがんばってくださいな

2007/11/23 05:17 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前こんな文章書く才能ありすぎだろw
おもしろすぎるわ

2007/11/23 02:16 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/23 02:07 [ 編集] ビビンバ MAILURL

もうメイプルにINする可能性財前のなかで1%くらいになってるだろ?

良い傾向だな。

2007/11/23 00:59 [ 編集] カラス MAILURL

めっちゃおもろかったw

2007/11/23 00:06 [ 編集] BOMUSUKUEA MAILURL

もし外村さんが人事異動しなかったら
財前さんの人生は、違う風になってたんじゃないかなぁと
思う俺がいるんだが?

2007/11/22 23:21 [ 編集] 鷹の子 MAILURL

見入ってしまった(''
むしろこういう記事を重視してもいいじゃないかと思う

2007/11/22 23:17 [ 編集] 通りすがり MAILURL

おもろいね

2007/11/22 23:15 [ 編集] からし MAILURL

ショウさんとリョウさんは同じ人?だよね?

2007/11/22 22:55 [ 編集] 読者さん MAILURL

まじめにおもしろいw

いいなぁ大学w

2007/11/22 22:38 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/22 22:09 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/22 21:47 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/22 21:40 [ 編集] ななしー MAILURL

回想がおもしろすぎる。今までのメイポ日記と違って、いろいろな価値観とかが知れる。個人的にはもうこういう日記にしてくれたほうが・・・(  次も期待しています

2007/11/22 21:39 [ 編集] 141 MAILURL

今回は紹介早い方だと思うぜ!
それにしても
そういうすばらしい人に出会えるというのは
何物にも変えがたい貴重な経験ですよね。
・・・でもね。東京の水、普通は濁ってねーよ!
おめえんところが悪かっただけだww

2007/11/22 21:30 [ 編集] 読者さん MAILURL

彼なしの牛角はあり得なかった。彼がホールに立ってこそ牛鉄2号店はその真価を最大限に発揮することができたのである。

発見しました!牛角と牛鉄の間違いw

2007/11/22 21:27 [ 編集] 読者さん MAILURL

牛角と牛鉄がごちゃごちゃになってますねww

財前sもお疲れのようで@@

今日も楽しく一気に読み上げちゃいました@^Д^@

2007/11/22 21:06 [ 編集] もげら MAILURL

むほぉおおおおおおおおおおおおお。
今度その店いきますね。

2007/11/22 20:52 [ 編集] takuya MAILURL

俺も七輪房という焼肉屋でバイトしてます!
来月に2年になりますわー(b'A`*)

2007/11/22 20:42 [ 編集] とかげ MAILURL

さいこーでっす。
続きを激しく希望して待っています。


わーいわーい

2007/11/22 20:16 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/22 20:09 [ 編集] 匿名 MAILURL

私情にしては普通に面白い…
作家目指してみては?

2007/11/22 20:03 [ 編集] 読者さん MAILURL

1ケタかな?w 
誤字がやたらと多い件についてwww

2007/11/22 19:58 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/22 19:53 [ 編集] 4 MAILURL

結局これによって私を含め数名が牛角は辞めた。もちろん一緒に働いていたアルバイターも後に牛鉄を去った。

牛角と牛鉄と二股かけてたのかー

2007/11/22 19:50 [ 編集] あみゅ MAILURL

財前さん!八十八茶の物語はストップしてしまったんですか?!楽しみにしてるんです。お願いでてーーー(;へ\)

2007/11/22 19:50 [ 編集] 椛の弓使い MAILURL

8ゲッツw

2007/11/22 19:46 [ 編集] 読者さん MAILURL

無気力ww

2007/11/22 19:45 [ 編集] 読者さん MAILURL

続き待ってたぜ!

2007/11/22 19:37 [ 編集] 4 MAILURL

牛角に向かい、店内に入った。いよいよ初仕事。気合いを入れていくぜ~。

だから牛鉄なんじゃないの?

2007/11/22 19:32 [ 編集] 4 MAILURL

反面「牛角」はチェーン店と言っても東京に数店舗あるのみ

スバリ 牛鉄の間違いでしょう

2007/11/22 19:29 [ 編集] ダウト MAILURL

2007/11/22 19:23 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/11/22 19:23 [ 編集] まこと MAILURL

1番

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。