12

January February March April May June July August September October November December
2007(Fri) 10/12

めいぽで結婚。 愛するあ・な・た(130)

女性関係徒然 … Comments(130)

 はじめて「めいぽ」をした日。

 あれはいつだっただろうか。あの頃は本当になにもなかった。ペットもメルを拾うのしか存在せずハスキーすらいなかった。余計なアイテムも一切なく、クエストもする必要がない。

 私にとってはただ敵を殴るのを楽しむだけのゲームだった。

070518htgtrrgrqwq.png


 それなのになぜかもう3年近くやっている。もちろん顔の知らない相手とのコミュニケーションツールとしても認識しているし、様々なアップデートが行われるので未だ飽きることはない。

 だが狩りをしてストレスを発散するというのが大きな目的なのは自分にとって今も変わることはない。狩りこそが基本なのは今も昔も同じだ。

 やはりこれが一番大きい要素。
 
 もう一つ続ける理由があるとすれば、それはブログのネタ探しということになるだろうか。  

 だが難しい問題もある。ただの狩りゲームとして認識していたとしても、対人間とのコミュニケーションは必要だし、泥臭い人間関係に巻き込まれてしまうことも多々ある。
 
 人間関係を維持しようとすると、本来自分にとって不必要な奉仕や自己犠牲といった要素もやらざるを得ない。人間関係で問題があれば狩りは断念せざるを得ないのである。

 これこそオンラインゲームだからだ。

 オフラインゲームのように自分のぺースではずっと遊ぶことはできない。


 …


 だが、超えられない一線というのはやはり存在する。

 それがカップルリング。つまり画面の向こうにいる相手と恋人関係になる事である。これはその相手と直接交際するわけではなく、ゲームキャラというフィルターを通じての恋ということになる。     
 
 あくまでもこれは自分の認識だが、顔も知らない画面の向こうの相手と恋愛などまったく考えられない。信じ難い行為である。リアルで女性とつきあった場合、語弊もあるかもしれないが(いや…これは私だけかもしれないけど…)彼女のわがままはある程度許せてしまう。何を言われようとである。何をしようと許せてしまう。
 
 これはなぜか。 これは「ムフフ あの足… あの胸… グフフ」という発情があるからであり、彼女が生意気でもその悩ましい太ももを見るとそれは許せてしまうのだ。 これらの要素は逆に「コイツ…生意気な事言ってもな…あとで部屋で…グフフ」という楽しみに変わる。

 もちろん発情しない相手だとわがまま言った時点でスルーなのは言うまでもない。

 つまり肉体関係があるからこそ、精神的な関係もうまく行ってるわけであり、直接会って顔を合わせているからこそ愛が続いているのである。自分の経験上遠距離恋愛は続いた試しがない。(いやこれは僕の場合ですよ?)

 つまり私の場合いい女性を見ると先に発情→肉体要求ということになるので、ゲーム中のキャラに恋をするわけがないのである。

 チャットをしてお互いの意志の疎通を図る…など自分にとって邪魔でしかない。ゲーム中のベンチに座って恋人と数時間もチャットを交わす心は持ち合わせてはいない。



070109ghhrhthtwhtwhtwh.png


 

 …

 もちろん「めいぽ」プレイヤーの中にはカップルが多数存在する。彼女のいる男性プレイヤーも多いだろうし、彼氏がいる女性プレイヤーも多いだろう。

 だが、不思議と何も感じない。特に普通である。それはそれで素直に認められる。どちらかというと、私のようなタイプはめいぽでは少数派だからである。

 これは所詮人ごとだから?だろうか。それはわからないが、盛大に祝福してあげる場合もある。

 だがもちろんその恋人間で起こった問題についてはあまり関与することはない。そりゃあそうである。大人の二人でカップルリングならまだしも、プレイ年齢層的に適当につきあってるプレイヤーもいるだろうし、そもそも恋人関係というものをそう重く感じるプレイヤーが多いとも思えない。 
 
 つまりそれは自分に見る目がなかっただけで、問題は起こるべくして起きてるわけであり、考えて悩んでも答えなど出るわけがないのである。自分で選んだ相手の事で悩み、人に相談しても相談を受けた側はいまいちピンと来ないのは当然である。


 …


 


 私のリア友に里見という者がいる。こいつはまぎれもない小学校時代からのリア友。私がめいぽを始めたのをきっかけに彼もめいぽを始めた。

 もう2年にはなると思う。

 元々私と気が合う同士なので、彼もめいぽでカップルリングをすることはなかった。というより彼は私よりも相当酷い。ゲーム中でも本当に狩りの事しか頭になく、ギルドの集まりにもあまり出席しない。チャットも少ない。

 典型的な狩り野郎である。 ギルドの問題、人間関係などにもほとんど興味を示さない。

 あくまでもこれは「ゲーム」と割り切っている。

 そういう彼をお茶ギルドのメンバーは硬派でクールな里見さんと認知しており、いじられキャラになることもなく、クールな立場を維持。しかもなぜか私よりも全然信頼されている;;

 この傾向は新規参入者ほど高い。 

 やはりこれは一言一言が重いからだろう。里見のチャットをたくさん聞けたら明日の運勢は最高…なんていう逸話まである。(やはり男は黙ってる方が得なのか?)

 リアルでも高校時代はモテモテだったのでもしかするとゲーム中にもそういうオーラ的臭いが出てるのかもしれない。

 そんな彼は2年間で弓を100まで育て、ハーミットを128に、そして今はクルセイダーでLV125を超えている。よくもまあ飽きっぽい彼がここまでめいぽをやってるものである。

 070205gtfreefe.png



 …

 知ってると思うが、ここ2,3週間私はめいぽを休んでいる。だが、リアルで里見とよく会うので、彼からめいぽの話はよく耳にしている。お茶ギルドのめいぽの状況も彼の話で得られているのである。

 そんなある日。


 私は2,3週間INしてない間にめいぽに何かあったか聞いてみたところ…   



 耳を疑う言葉を耳にする。


 なんとメイプルストーリーでは結婚システムが実装されていた。そう。ゲーム中のキャラを通して画面の向こうの相手と結婚するのである。

 恋人、つきあい、じゃない。結婚だ。

 これはカップルリングの比ではなく、相当重い行為である。特に低年齢層からお嫁さんになることを美化している女の子にとっては非情な現実を突きつけられかねない。なぜなら男性プレイヤーがそこまで精神的に成熟していないからである。意志の相違は絶対に出る。

 能力目当てに結婚するプレイヤーがいることも決して否定できないため、本気でやった場合は…

 というわけで…
 
 このようなプレイヤー層がいる中で結婚システム実装などあり得ないと思っていた。これはゲームだ。軽々しく離婚してもOKなんだ。問題があればキャラを消して出直せばいいだけ。

 もちろんどんなに相手を精神的に痛めつけても罪に問われることはない。 それとも将来結婚を軽々しく思うガキを育てるつもりなのか?ネクソン。


 里見と私はゲームの結婚について語る。


財前「おかしいだろ。ゲームで結婚とかさ。すごいことになってるなあ」

里見「まあな…」

財前「でなに?結婚リングとかもあるの?」

里見「あるな… しかも能力付加される」

財前「マジかよ(笑)。じゃあなんだ。結婚したらDEX+8とかになるってわけか?」

里見「そういうことだ」

財前「無茶苦茶だな…  ん? 待てよ? おい。まさかお茶ギルドで結婚式あげた大バカ野郎はいないだろうな?」

里見「…」

財前「!?」

里見「そ…それは…」

財前「待て待て。いるのか? おい。いるのか? ギルド内ではカップルリングしてる奴すらいなかったはずだぞ?」

里見「…」

財前「誰だ…。う~む。( ゚д゚)ハッ! まさか葉月ちゃんとRENORIか !? あ…あの野郎!!」

里見「違う…」

財前「じゃあ紫龍とカチュアさんだな? チッ あの二人怪しいと思ってたぜ」

里見「違う」

財前「待てよ… じゃあダータ… いや…それはないな。それはあり得ない」

里見「…」

財前「う~む… 誰なんだ?里見 教えてくれよ」

里見「…れ」

財前「ん?」

里見「…れだ」

財前「へ? 誰だって?よく聞こえないんだけど…」

里見「れ…」

財前「れ…れ…って…やはりRENORIの野郎か!!」

里見「…」



 …





 次の瞬間 … 私は信じられない言葉を耳にする










 …




















里見「実は僕…マジチェリーさんと
 
       結婚しました」






















財前「へ…」


































財前「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」













 う…嘘だろぉぉぉぉ!!

 クールなお前が!? 硬派なおまえがめいぽで結婚だとぉ!?


 ま…まさか



 これにはびっくり仰天。


財前「ちょ… おま…」

里見「まあ…そういうことだ… 祝福してくれるな?」

財前「まさか おまえが…」

里見「俺も…お前がいない間にいろいろあってな…」

財前「…」






 マジか これ!!

 



 …まさか…あの里見が?


 いやいや。おかしいだろ。ゲーム中では硬派でクールで通してる里見が。(実はリアルでは硬派でクールではない(笑))

 それともマジチェリーちゃんがイイ女すぎるんだろうか!?

 む…。それなら是非僕と一発…




 =====○)д`);.・;゛;ブッ  



 …まあいい。だが素直にここで話に乗るわけにはイカン。

 嘘をついて私をだまそうとしている可能性もある。

 ホイホイと信じるわけにはいかん。



 ん?待てよ… あそこなら…何か書いてるんじゃないか?


 私はその後に早速「お茶ギルド掲示板」にアクセス。そして


 
業務連絡 ( No.3 )  名前: ハサウェイ  日時: 2007/10/11 06:57
10/9
・新郎里見脩二さん、新婦マジチェリーさんによる結婚式挙式。末永くお幸せに。


 という一文を発見する。











 なんと!? マジだったか!!








 ていうか結婚式したんなら俺も呼べよな…



 …



 …そうか…。


 

 ついに…ついにあいつも…。



 
 いや。別に何か言いたいわけがあるわけではない。そりゃ祝福するさ。

 
 う~む。里見も意外と頭がやわらかかったんだなあ。


 いつまでたっても古い考えの私はみんなから置いてけぼりな感じもするけど

 



 フフフ…

 
 それはそれでいいさ。これも時代の流れなんだろう。私はどうせ「ゲーム中での結婚やカップルリングがアリかナシか?」って問われてもナシって答え続けるんだからな。

 
 いやあ。こっちが地球を巨大生物から防衛したりHALO3で外人と戦争したり餓狼伝説で残虐ファイトをしてた時… 里見はちゃっかり淡い恋を育んでたってわけか。

 アイツも落ち着いたなあ。
  
 確かにもうオンラインゲームで結婚やカップルリングなんていうのは当たり前になってる感がする。やっぱみんな適応力が凄いわ。

 「能力付加結婚リング」の魅力も伴ってたくさんの人が結婚するんでしょうねえ。
 
 3dfrtgyhu.jpg
 

 ネクソン。わかってるんだろうな? 離婚したらちゃんと名前の下にバツイチと表示させろよな(笑)。 一度結婚したんなら簡単には離婚させるんじゃないぞ。 

 キチンとペナルティーを課せ。わかるな?言ってる意味が。なんでもありじゃないんだよ。

 だいたい結婚指輪とかリアルで通常いくらすると思ってるんだ。コラ!!給料何ヶ月分とか言われるんだぞ?

 そうだな…最低200Mは出させろ。愛があるならそれくらいできるだろう?話はそこからだ。

 私はな。そういう曖昧な感じが嫌いなんだ。愛っていうのはだな…そういう軽いもんじゃなくてだな


 …

 通常なら結婚したら引退など許されないんだぞ…。それは=離婚ということだ。

 …

70303htgggh.jpg



 まあ…いいか。


 今後は細かい事気にしたら負けなんて感じになりそうだ(笑)。 それでいいかどうかは別にして、やったのが里見だったから驚いたけど、実際の結婚については実は祝福してるよ。

 そういう相手を見つけられた事が凄い。めいぽを紹介してよかったよ。




















 里見…


 これからのめいぽの飛躍は狩り以外の要素の発展にかかっている。
 
 私は君がその一翼を担える数少ないプレイヤーであると信じている。
 
 能力を持った者にはそれを正しく行使する責務がある。

 君にはめいぽの結婚システムの発展に挑んでもらいたい。

 遠くない未来にゲーム中の結婚、恋人など外道という私のような古い考えのプレイヤー、そして能力目当てで軽はずみに結婚を乱行するようなプレイヤーがめいぽからいなくなる事を信じている。

 ひいては私の過去の屍記事を是非君の研究材料の一石として役立てて欲しい。

 
 屍は生ける死なり。


 なお、めいぽサイトの第一線にある者が理解を示さず、結婚システムに対する希望的展望を述べられなかったことを心より恥じる  










 動画はめいぷるカフェ 葉月ちゃんブログ

関連記事








Edit Comments(130) trackBack(0) |