03

January February March April May June July August September October November December
2007(Wed) 10/03

Halo3 (ヘイロー3)プレイ日記 其の1(118)

財前ゴウの総回診 … Comments(118)

 最近はXBOXが楽しすぎて、めいぽになかなかINする機会がありません。まあ実質は餓狼伝説スペシャルでオンライン格闘を楽しんでるだけなので、純粋なXBOXゲームじゃないんですけどね。

 最近は仕事終わりが遅いこともあり、家に帰ってきて餓狼スペシャルを何回か対戦するとそれでプライベートな時間が終わってしまってるわけです。     
 
 う~ん。こんな性能高い次世代機で15年以上前のゲームなんかしてていいのだろうか?なんて思うんですけど、対戦相手に不自由しないって事はそれだけ人がいるって事になり寂しい気はしない。

 知らぬうちに早速オンライン対戦に取り憑かれてしまってる私ですが、こうなってくると餓狼伝説だけでは物足りなくなってきます。餓狼は対戦相手を選ぶ検索機能がショボくて、ランダム?かなんかで誰でもピックアップしちゃうんですよ。

 弱い人と対戦するのは気が引けるし、回戦環境が違う人とやるとラグいし、ガッチリ対戦したいと思っても1戦ですぐ抜ける人がいるし、ちょっと勝ち続けるとすぐ苦情評価送ってくる人はいるし…

 ともう様々です。同じ腕でガッチリ対戦してくれて回戦環境(実質的な距離、PINGなど)がよい相手となると検索機能がないだけになかなか見つからないわけです。

 となるとそういう相手がいない場合はもちろん電源を切る事になるので、「何か他にガッチリ対戦できるようなオンラインゲームはないかな?」と探していたら、これを見つけました。


halo3_170_million_dollars.jpg

 
 HALOというソフトです。



 HALO3

 ファン待望のHALO3がこの9月27日についに発売された。北米、ヨーロッパでの人気は凄まじく、発売初日にして史上最強のゲームの地位を揺るぎないものにした。

 なんとこのHALO3。発売初日にして1億7,000万ドルを売り上げ、初日だけで販売本数は270万本。
 これは映画スパイダーマン 3や小説ハリー・ポッターと死の秘宝を上回り、 エンターテイメント作品のリリースとして史上最高の売り上げを達成。もちろんゲームでこの記録は史上最高記録。シリーズ販売本数は1500万本。
 



 HAL3発売時の お祭り動画




 ネットで探していて見つけたのですが、ヤバイです。なんたって世界最強らしいですから。発売日初日で270万本売れて、映画とかなにから全部超えて、ギネス乗るとかあり得ない。

 さらにあり得ないのが、なんとオンラインに繋がっている人数が平均で20~40万人。 
 
 これはやばすぎる。

 仕様を見るとオンライン対戦が中心なゲームみたいなのでそれだけ繋がってるのもわかるんですけど、20万人が繋がってるってどういう状態なんだろうね…。 
 
 もちろんほぼ外国人は確定。日本でHALOは人気がまったくないので(今の日本での販売本数は4.5万本)対戦相手は外国人の方が圧倒的に多くなる。

 販売本数見ればわかります。 270万本(外人) VS 4万本(日本)

 日本人は100人に1人いるかいないかの計算になるんですね;;

 
 ていうかね…。こんなの見るとね…。いや。別にHalo3とか興味ないし、知らなかったし、特に欲しくもなかったんだけど…








 やらざるを得ない。 




 そんなに人気があるんなら一丁試してやろうじゃないか、ということで昨日の仕事帰りに知り合いがバイトしてるゲームショップへ。まあこんだけ売れてるというソフトだし、いくら日本で売れてないとはいってもさすがに売り切れてるよなぁ…と思いながら店に行くと…









 普通に置いてあるHALO3。






 ちょっと箱を見て指紋がついてないかどうかを確認。ほとんど指紋は確認できず。つまり客はほとんどこの箱に触ってないことになる。

 やはり日本では… そういう扱いか。やはりアメリカ人とかそういう人しか好まないんじゃなかろうか?このゲーム…。日本人には合ってないのか?

 ちょっと隣に置いてある中古のウィニングイレブンXに浮気しそうになる。こっちも対戦できるしなぁ…。

 こっちは2980円。ヘイローは7000円超える…。

 
 まあ今回はウィニングイレブンXを買うか…と思ったが、11月にウィニングイレブン2007なる新作が出るとの話をショップ店員から聞いたので買うのは断念。(2007はオンライン対戦できるんだろうか?)

 友人のバイト店員にいろいろ確認
 
財前「HALO3買おうと思うんだけどどうなの?」

店員「ゴメン。よく知らない」

財前「え?」

店員「というよりXBOXコーナー見てる奴は久しぶりに見たよ」

財前「そうか~。で?これ売れてるの?」

店員「いや俺は知らないんだって。バイトだし」

財前「おまえはもういいや。詳しい店員呼んでよ」

店員「OK」

 
 駄目だ…こいつ。所詮はバイト。でも一応働いてるんだからゲームの情報くらい知っておけよ(笑)。そして店長を呼んできてくれた。

財前「HALO3どうですか?」

店長「XBOXでは人気ですよ。プレミアムの方は完売しました。」

財前「ほぅ…」

店長「いままではGowやロストプラネットをLIVEでしてる人多かったんですけど、これからはそのユーザーがHalo3に流れるでしょうね」

財前「へぇ… ラグとかいける?」

店長「海外のプレイヤーと対戦してもほぼラグはないはずですよ」

財前「凄いですねえ」


 まあ結局よくわからなかったものの、なんかやっぱり凄そうなのでHALO3を購入。早速家に持ち帰ってプレイ…の前にホームセンターに寄ってXBOX用の棚を購入。  

 なぜかというとXBOXは熱暴走を起こすとの噂があるので扇風機で冷やそうと考えたから。

 今は床に直接置いているだけなので、今日からは本体とアダプターを棚に乗せて、それを扇風機で常時冷やす。これで熱暴走はない…と思う。

 実際やってみたけど、扇風機の風量(弱)では冷えない。(中)くらいの風量にする必要がある。しかし(中)だと扇風機自体の音が結構うるさくて気になる。

 う~む。ここはしかし…多少うるさいが風量(中)を選択するか…。

 しかし実はXBOXのファンの方が扇風機の音よりもうるさい事に気づく(笑)。このファン…扇風機(中)の音がかき消されて聞こえないくらいデカイ音だったのかと改めて認識。まあゲーム中は集中してるから気にならないので、なんとも微妙な感じだけど(笑)。

 さっそくHALO3ディスクを挿入し、準備OK。


 halo313.jpg


 タイトルオープニングが流れると…


 なんかモードが6個くらい示されてる。なんだこれは… さらに字が英語なのでよくわからない。ちょ…1人用はどれよ1人用は…。

 いきなり迷う。ホント全然わからない。

 適当にモードを選ぶと、なんか世界地図みたいなのが表示されてオンライン参加人数(3)とかいきなり出てきて驚く。下にはオンライン参加人数12万人という表記。

 そしてオンライン人数がどんどん増えていく。 あれ?これもしかして俺のところにみんなつないできてるの?

 ちょ…待て待て。いきなりオンラインとかやめて;;   

 すぐに切断。


 ふぅ…アブねえ…。モード押し間違えただけでオンラインなっていきなり対戦とかマジ勘弁。

 まずは1人用で操作確認しないと無理だって。


 …

 しかしどのモードを選んでも全部オンラインのような画面が出るので、一向にゲームを始められない。

 なんだよこれは。一体どれを選べばいいんだよ。

 しょうがないので説明書を見ると…どうやらコントローラーを2つつないでるのが駄目みたい。これすると1人用ができない?らしい。2コン外してリセット。

 そして説明書通りにキャンペーンモードを選択。(←まずこれがおかしい。1人用の意味がキャンペーンモードとか普通わからないって。イベントとかなんかのモードだと思うだろ!普通) 

 次にムービーが流れる。さすがに綺麗だけど、全然ストーリーは不明。どうやらストーリーは1→2→3と続き物らしいので3は話が途中から始まってるようだ(笑)。そんなの無茶苦茶だよ;;

 ムービーも終わり早速スタート。 銃の撃ち方とか歩き方とか照準の合わせ方とかいろいろ試してみると? 実は地球防衛軍本部とほとんど操作方法に違いがないことに気づく。   

 なんだ。地防と一緒かよ。身構えて損した。これなら全然いけるな。 武器は…ほう… マシンガンと拳銃か。
 
 よし。敵はどこだ!?

 早速ステージ1であるジャングルを進んでいくと?仲間からの通信が聞こえた。

仲間「敵だ。あそこにいるぞ」

 キタ━(゚∀゚)━!

 どこだどこだ?どこに敵がいるんだ? 


 …


 しかし探してもいない…。でもなんか弾が飛んできてダメージは食らう。結構なダメージ…。こりゃあつっこめないな。物陰から撃つか…。

 でもちょっと待て…。敵はどこだよ…。敵なんてどこにもいねえぞ。
 
 MAPをしばらく見ている間に遠くに何か敵らしいものを発見。お。あいつか!! さっそくマシンガンをぶっ放す。

 ババババババッバ
 
 オラオラオラ~

 
 カチッカチッ!!

 
 え?  なんかマシンガンが作動不能になる。

 表記を見てみると… あれ!!? これなに!? 弾数制限とかあるの? 

 弾数制限とかまじかよ(笑)。

 地球防衛軍はないのに!!駄目だ…。どうやら地球防衛軍に慣れすぎてしまってるようだ。弾数制限とかされたら爽快感がなぁ…。

 しばらくすると

 なんか仲間が敵を倒したようで静かになる。その後仲間が走っていくのでついていくと、次の瞬間衝撃的な光景が目の前に広がる。 

 多分さっきの奴だろうけど地面に敵が倒れてる…。

 いやね…。驚いたよ。地球防衛軍本部ばっかりやってたから敵と言えばデカイ奴かと思っていたら…。







 なんと小人!!






 ちょ…待てよ(笑)。


 いや。マジで小さい。自分キャラクターの背の半分くらいしかない。1メートルないだろコイツ(笑)。

 こんなの遠くから見えるわけねえだろ(笑)。無理だ。ズームでもないととても無理。こんな敵とか全然イメージになかった。俺がさっき狙って打ってたのは巨人だったはずだが…違った。ここで暗雲が立ちこめる。これってつまり…。


 さっき狙って打ってたのは恐らく敵ではなく木とか岩とかだったのでは…。


 こんな小人狙ってないもん…。



 そしてさらに歩を進めて主戦場とか敵の基地とか言ったが、敵はどうやら人間?みたいな大きさの宇宙人と小人で決定的。デカイのとかいない。

 つまりこれがHALO主要の敵ということ。この標的の大きさ、サイズが標準ということだ。

 …

 
 無理だ。これ。とても無理。だってさ。ちょっとその小人から離れて狙って打ってみてもね。マジで酷い。照準がだいたい1㎝くらいの丸の大きさなんですけど、敵とかまじミリ単位だもん。ミリ単位。それを狙わないといけない。
 
 そんなのを狙えとか…。止っってるならまだしも動くんだぞ?そんな小さい奴が。

 これを回避するにはかなり敵に近づいて撃つしかないわけだけど、近づくと団体で弾撃たれて蜂の巣になって死亡。やっぱり物陰から撃つしかないわけで…。

 これが仕様というわけで…。

 
 だとしたらこれ相当難しいゲームなのでは…。 


 対戦がそうじゃん。こんな小さい物に照準を合わせなきゃならないのか。



 そしてその後小人から銃をゲットしたがこれも酷い。なんか変なビームが単発でピュン。ピュンて出るだけ。これも酷すぎる。単発です。単発。

 しかも威力が糞過ぎるほど弱い。

 マシンガンとかどこにも落ちてないのにこの単発銃は一杯落ちてる…。 ということは…つまりこれで戦えと?











 水鉄砲じゃねえんだぞ(笑)。 







 こんな武器で10人以上相手するとかどう戦えと言うんだ…。ギャグとしか思えない…。いやホント水鉄砲のイメージでピッタリなんですよ。

 しかも武器を拾うっていってもその武器の拾うのも一苦労。なんと武器も等身大のグラフィック。ジャングルの見難い茶色の地面に3ミリくらいの大きさでポツンと目立たないように落ちてる。

 こんなの見えねえよ(笑)。いやホント絶対見えるわけない。20型以下のテレビの人はプレイ不可能じゃないか?これ。

 おかしいな…。大見なのが性格のアメリカ人がなんでこんな細かいゲームが好きなんだろう。それとも小人が相手なのは今だけなのかな?
 
 この時点で明らかに自分にはゲーム的に向いてないのを悟るが、「まだ始めたばっかりなのでこれから面白くなるのかもしれない」と思って…続けてみたが…

 結局敵が豆粒みたいにしか見えない状況は変わらない(笑)。

 俺は遠くからミサイルランチャーみたいなのでドーンと爆破を狙いたいんだけどなあ。そういうノリじゃないらしい。簡単に言うとメタルギアソリッドみたいなスパイ的なノリ?

 でも270万本も売れるのには何か凄い要素があるはずなのだ。

 
 とりあえずプレイを続けてみた。

  







 つづく





 
 PS:こんな事書くのもなんなんですが、HALOやったことある人はちょっと魅力を教えてくれないでしょうか? 爽快感ではないですよね? あまりやったことがないジャンルだけに今は楽しさを探している状態。ゲームしててこんな気持ちになったのは初めてです。。面白いのはやっぱり対戦なんでしょうか?

関連記事








Edit Comments(118) trackBack(0) |