22

January February March April May June July August September October November December
2007(Thu) 02/22

イラプが育ってきたら大海へ(65)

弩 スナイパー … Comments(65)

 久しぶりの更新になります。

 日曜日日本に帰ってきましたが、次の日には東京で会社説明会やら出張報告会議やらがあり、さらにただでさえ疲れてるのにカプセルホテルでの宿泊を強いられるという…。

 ホテルがとれないのは東京マラソンや受験シーズン、就職活動シーズンにかち合ってるのでしょうがないんですが、これでは海外の疲れを取る暇がありません。

 これだけやってるのに、なぜか仕事が山積みで休む暇がないため


 時差ボケ…なんて言ってられない状況というのも辛い(笑)。


 でもね…。海外出張中に仲間に事故がありまして…

 ある事故がきっかけで下半身や体に麻痺を訴えており、もしかしたら車椅子での生活を強いられるかもしれない方がいます。

 五体満足で健康に生活できるだけで如何に幸せか。

 ということが身にしみてわかりました。過労死という言葉もありますが、自分がそうなったとしてもそれはそれで充実してるのかもしれませんね。弱音ははけませんねぇ。









 イラプが育ってきたら大海へ


 
 さて


 石弓育成の方も大分進んでおりまして、かなり強くなっております。


 ストレイフ 20
 
 ↓
 
 アイス 1

 ↓

 モータルブロー 5

 ↓

 イラプ20

  
 という感じでスキル振りをしてきましたが、このアローイラプションというのが酷い。スキルLV1でいきなり6体に攻撃可能な上、ゼロ距離発射が可能。さらにはその攻撃範囲と連打力が凄すぎる。
 
 巷ではアローイラプションを先上げして手下Dを狩ると楽

 と言われてましたので、LVがあがったのを機にちょっとやってみたんですけどね。


 確かに…

070221f.png


 すごい。なんていうか…安置から余裕で手下Dを攻撃できるんですよね。これだけ広い射程の範囲攻撃を持ち、さらには単体には無敵といえる凍結アイスショットと単体撲滅用にストレイフもある。

 もちろん投げ賊のアベンジャーやラッキーの方がダメージ的には優秀なのですが…メルアップやフラッシュジャンプなんていう便利スキルもありませんが…

 この時期、効率を目指すなら泣きながらBPやケンタウルスを狩らなければならなかったナイトや斬り賊を体験した身としては驚くべき強さです。

 ある意味、投げ賊のおかげでこの強さがクローズアップされないというのは結構おいしいですね。

 しかも武器書が安いし…。


 ある意味恩恵を受けてますね。


702143ggdf.png


 もちろん燃費というかスキルのMP消費が激しすぎて敵からのダメージが皆無なのに赤字に陥ってしまうという点は痛いですが、この程度はたいした赤字じゃない。

 でもね。飽きるんですよ。


 手下Dを安置からイラプやってましたが、10分でやる気がなくなりました。これは本気で狩るのはちょっと勿体ないですね。

 例えば飯を食いながらとか、他のPCで資料を作りながら狩るとか、そういう場合に活用しようと思いました。JOYYOKEYさえ設定すれば左手だけでの狩りも十分可能でしたし…。


06ggfrtggvvvc.png


  
 そういうわけで


 こちらも巷では石弓の最適狩り場と呼ばれいて


070224fefef.png


 私も最近はいつもお世話になってる深海に移動。

 ストレイフが20、アイスが1、イラプが3くらいから狩ってます。


 たいしてスキルが育ってなくてもオハゼ乱獲により圧倒的な効率が出るのは驚く限り。


070216ggfd.png


 とにかくイラプの性能がいいのでオハゼは楽勝。

 イラプのレベルが低い内は攻撃する事にオハゼがKBして離れていって狩りきる前に範囲から逃げられますが、これは回避方法があります。

 070206hhrthh.png


 この辺までイラプを当てたら、次はキャラの向きを→に変えてイラプを撃てば自分方向にオハゼがKBしますので、楽に狩れちゃうんですね。イラプのレベルがある程度まで行くまではこれじゃないとオハゼを狩りきれない状況が多々ありました。

 いまはもうイラプが20ありますので、この方法は必要ないですが、イラプのLVが低い内はホントにオハゼが範囲外にいってしまうんですよ。前に歩きながらイラプでもいいですけど、微妙にタイミングがずれるのでこちらは微妙です。

 あと気をつけないとですね。LVが低い内はオハゼキャノンで即死する場合もあります。もちろんこれはオハゼキャノンが光ってから逃げれば十分に回避できますけどね。

 
 オハゼが対応できれば後は骨魚。


 幸いアイスがあるおかげで骨魚にダメージ1を発動されることはあまりありません。

0702132rrgdf.png


 何匹いようがアイスで黙るのでなんかあっけないほど簡単に狩れます。

 
 オハゼの周りに骨魚がいる場合はちょっと難しいんですけどね。基本的にオハゼキャノンだけを相手したいだけに骨魚はあまり攻撃したくないというのが本音なんです。しかしオハゼ6体攻撃中にイラプが骨魚に引っかかるとオハゼが範囲から逃げて後が大変。

 相手をしないわけにもいかない。


070214ggreg.png


 これはオハゼキャノンが近くに居るときも同意。

 

 でも

 アイスのない弓師レンジャーはどうしてるのでしょうか?

 多分ですが弓師の方だとパペットとか鷹の気絶を使うと思いました。確認してみるとやはりその様子。

 狩り場CHを探すときにたまに見学したりもしますが、高レベルの方は本当にうまくパペットを使いますねえ。誰に教えて貰ったのでしょうか?

 あれすると骨魚はダメージ1防御を使わないんでしょうか?アイスなしで狩るというのはすごい。

 そして驚くべき事に石弓よりも弓師の方をこの深海ではよく見るんですよ。アローレインの音でわかります(笑)。これは石弓として立場がないですねぇ。


 オハゼの対処は基本的には同じみたいですが

 アイスなしで骨魚をうまく狩る姿には感動すら覚えます。


 パペットて使うの凄い難しい感があるんですけどねえ。将棋?みたいな感じでしょうか。1歩2歩状況を先読みする感じ?

 私はまだパペットに振ってませんので半信半疑なんですが、どう使えばいいのか自分的にイメージが沸きません。こういう仕様のスキルはまだ経験したことがないですからね。

 ともかく氷結のない弓師の方が知的な狩りをしなきゃならないのはわかりました。う~む。てことは高レベルの弓師は知的な方が多いのかな?



 まあ…

 深海はストレイフ30 イラプ30 アイス21 とパペットがあれば、今とは比べものにならないくらいの効率が出そうな感じがありますので、今後とも長くつきあう場所となりそうです。


 06070003trgrrer.png




 火魔のサメ狩りみたいなものでしょうか。噛めば噛むほど美味しいという感じ(笑)。


関連記事








Edit Comments(65) trackBack(0) |