05

January February March April May June July August September October November December
2007(Mon) 02/05

今の状況は良いベクトルなのか?(75)

弩 スナイパー … Comments(75)

 皆さんご無沙汰しております。

 鹿児島全6農場のNET化も終わり、東京の会議も終了。そして今週は給与体系を取締役会に提出。

 当初聞いたときにはあまりに無謀と思った行動計画でしたが、まあなんとかやってこれてます。不思議ですねぇ。がんばればなんとかなっちゃうもんですねえ。
 
 というわけで

 そろそろめいぽにINできるかな…と思ってますが、来週からオランダ出張ということで結局無理っぽい予感。

 12日からオランダ→ドイツなんですけど、非常に行きたくないですねぇ。

 ハッキリ言って全然行きたくない。

 -15℃らしいですよ?あっちの気温。

 冷凍庫の温度設定は、ご存知の通り-18℃以下が基本です。てことはですね。冷凍庫に入ってるのと同じ状況になるわけですよ。

 てことはですね。

 もし。もしもですよ?ホテルの予約とかがミスってたら野宿になるわけで、英語のしゃべれない私は当然凍死するわけです。

 あり得ない…。

 -15℃の気温に耐えうる服って一体どんなの用意すればいいんでしょうね。自慢のロングコートじゃ無理だろうし、向こうの人は普段どういう服着てるんでしょうねえ。

 だいたい海外は

 パスポートはあるか、財布はあるかを常に確認してなきゃ不安だし、目つきが悪くてガタイが凄い外人とすれ違うときは緊張するし、英語はしゃべれないし、食べ物は腹に合わないしで日本にいるときの10倍は疲れます。 

 それに私は普段から口でなんとかするタイプなので、この口が使えないとなるとストレスは多大なわけです。投げ賊で言えば手裏剣がきれてる状態に等しい。

 性格的に海外行くのはちょっと…。

 …

 ああ。すいません。

 こんなこと書くと海外旅行が好きな人に怒られますね(笑)。



 そんなことで、弩師育成の方はあまり進んでおりません。今アイスショット(1)→ストレイフ(3)てとこです。

 しかし便利ですねえ。アイスショット。
  
070206gtufg.png


 まだまだストレイフがショボスギルゆえ、凍らせてもストレイフを2発しか撃ち込めなかったりするんですけど、それでも凍結はやっぱり便利すぎます。

 おいちゃんのブログにもありましたが

 鉾マン載強伝説 インフレについての日記

 以前までは「このスキルつえぇぇぇぇっ」て楽しんでれば良かった「めいぽ」も現在の状況を考えると素直にスキルの強さを喜べないという葛藤。このスキルは黒字スキルじゃないのか?

 てことは私もめいぽ破滅に荷担しているのか?

 … 

 めいぽの今の状況を知ってしまったが故の悩み。

 ゲームしながらこんなことは考えたくないんですけどね。


 最近はもう一つの葛藤が襲います。

 それはおいちゃんも書いているように黒字狩りというものに自分自身でまったく魅力を感じなくなってしまった点。

 これはまあ良い点でもありますが、悪い点でもあるという…なんとも言えないものなんですよ。
 
 私が黒字狩りをしたとしましょう。今の感じですと、狩れる時間は総計すると1日1時間くらいでしょうから、それで300Kくらいは黒字にできるかな?

 意識して黒字狩りすればですね。

 当然これは経験値を捨ててメルを取るわけですから格下狩りの作業的なものであり、おもしろみはそれほど私的には感じないでしょう。

 これを1週間続けて7日狩ったとしましょう。

 これでメル収入は2.1Mです。


 大きく見て1日600Kの黒字狩りとみても1週間で4.2Mです。


 …

 ああ。俺1週間。がんばったなあ。4.2Mも雑魚狩りで儲けたよ。


 とこう思うかもしれない


しかし…



 冷静に考えるとなにも凄くはなかったりする。リアルマネーに直すと(1P=12K)相場では300円にもなってません。
 
 1000円が12Mとするならば、1000円と等価なメルを得るためには40日もかかるわけです。これであれば

 先に1000円払っちゃって何も気にすることなく狩りを楽しもう。

 ということに私自身がなってくるような予感がしてます。サクチケもこれと似たようなもので原理は一緒なんでしょうけど。40時間もメル黒字狩りを強いられる労働力と時間を失うならば、それを1000円で買ったほうが明らかに安い。40時間という時間は通常1000円程度では買えません。

 これほどPが高騰するとこういう感情をいだいてしまうのです。

 社会人的な考えになってしまって申し訳ない…。まだPを売ってメルに変えようという行動はそんなにする気はないんですが、

 1P=20k

 に将来なってるとするとさすがにね…。

 1000円払って20Mにもなるんだったら、明らかにリアルマネー投資したほうが…ってなってしまう。私の場合黒字狩りなどする必要はなくなってしまうわけです。

 収支など微黒字程度で十分。

 一部のハーミットやプリーストは時給にして1M以上のメルを獲得することができるとはよく聞きますが、こういう感じでどんどん世界にメルは増えてるわけで…。

 それをかき集めるプレイヤーがメルをリアルマネーに変えるわけで…

 もちろんそのメルはRM持ってる人が買うわけで。

 私としては以前よりも少量のRMを払って大量のメルを得られるといううれしい気持ちがある反面、果たしてそれで「めいぽ」が健全な状況と言えるのか?

 という悲しい気持ちもある。

 しかしゲームセンターのバーチャファイターなんかは100円を入れないとゲームする権利すらないわけですから、ゲームにお金を払うという行為はこれはこれで別に健全なんじゃないか?と思う気持ちもある。

 オフラインゲームにしてもはじめに5000円程度の投資をしてソフトを買うわけですから、この程度の投資は当たり前なのか?と思う気持ちもある。

 無料ゲームだからRMにこれほどの価値がでてくると初心者が入って来れないのでは?という気持ちもある反面、エルフ露店が実装された翌日には露店のほとんどがエルフに変わってしまっている現実。

 なんだ。P投資者ってこんなにいるんだ…ということがかなりわかりやすかった。フリマに行けばすぐにわかる。

 となるとP投資はもはや当たり前なのか?とも思うが、これは錯覚なのかもしれないし、もうP投資するプレイヤーしか残ってないのかもしれないしで意味がわからなくなってくる。


 難しいですねぇ。難しい。自分が楽とか有利とかゲーム内での事をどうこういうよりもまず「めいぽ」事態が長らく続いて欲しいという願いの方が大きい。

 それだけに今の状況だと素直にいろんなことを喜べないわけです。



070205gtfreefe.png


 そして
 
 金曜日、東京から大阪に移動するときに「JD」と「とろ」さんに初めてお会いしました。丁度間が良かったというか、会議が終わった瞬間にJDからの「実は今東京来てるのよ」メールが確認できて、「じゃあ会おう」ということになったんですね。まさに即断です。

 私は飛行機の時間があったのでたった10分の時間お会いしただけでしたが、オンラインからリアルに繋がる友達を得られている事に久しぶりに感動。めいぽがなければこれもなかった。

 私に何かできる事はあるのだろうか?様々な出会いをくれるこのゲームを大切にしたいものです。

 







関連記事








Edit Comments(75) trackBack(0) |