27

January February March April May June July August September October November December
2007(Sat) 01/27

弩とゴーレムの森(52)

弩 スナイパー … Comments(52)

 最近探しているホーム狩り場ですが、どうやらある程度見つかってきたようです。ひとつのきっかけは武器でしょうか。武器をゴールデンクロウに変えたことで武器攻撃力が上がったのでここにきてダメージが安定してきました。
 
 高いダメージが出るようになったというより、何発で確殺というのが計算できるようになってきたんですね。これならいけます。

 目をつけたのは鬼のいる寺。弩を始めたときに他サーバーから弓師の方がきてくれて(結構頻繁に)いろいろ心得みたいなのを内緒で教えてくれたんですが、その時チラッと聞いてた狩り場です。


 070129htrtrssav.png


 クエストも兼ねて狩ってみたら結構良い感じ。

 下町「化け物峠」MAPの右上の木で↑  隠しポータルです。


 Lv60で、時給が約600K~650K


 火の玉を1~2発、そこから出てくる岩男(プラズマ変身)をだいたい3発で倒せれば結構な効率が出ますね。

 「平坦な地形で、敵が結構沸いて、人がいないとこ、あとドロップもいいのでればいいし、遊び心も欲しいなあ」

 なんていう無茶苦茶な難題を微妙にクリアしてるところも魅力。

 もちろん、まず落としませんが一応ながら

 60%体力の書(兜)
 60%素早さの書(全身鎧)

 
 という親の総取り状態となるドロップアイテムを持ってます。

 ただ、ストレスがないわけではなくて、遠距離職特有の悩みどころポイントはやはり存在します。平坦地形だから何も考えずに弓を撃ってればOKではなく、矢が消されるところが2ポイント存在する。

070129tghrsgfy.png


 この黄色い色つけた真ん中の所なんですが、弓がかき消されます。これがなければストレスはなかったかもしれません。見事に矢が消えます。

 これの対処はアイアンクロー。アイアンクローなら障害物にかき消されずに貫通ヒットするので、このポイントではこちらを使うことになるわけですね。簡単にいうと使い分けです。というかアイアンクローは障害物どころか壁も突き抜けてヒットするのが凄い…。
 
 もうひとつは火の玉を攻撃することで、プラズマが出現するのですが、この時出てくるプラズマは出現から約2秒間の無敵時間があり、

 火の玉退治→プラズマ出現→プラズマ退治

 という流れで攻撃するのはかなり不効率。弓という遠距離職の利点を生かし、プラズマ出現時は

 ①火の玉退治→プラズマ出現→別の敵を攻撃→プラズマ退治

 070129trgew.png


 射程が長いので楽勝です。
  
 もしくは

 ②火の玉退治→プラズマ出現→無敵時間がある間にすりぬけ移動

 という行動が必要になってくるでしょうね。

 070129htrtrstrsrr.png


 まあ遊び要素としては鬼が召還できることくらいですけど、召還したからと言ってどうということはありません。一応ドロップもあるみたいですが…


m130.gif青鬼…石灯のところに穀茶を置くと出現(1個でOK)

 ドロップ…j9.gif  ヒュンケル(青



 確率はどうなんでしょう。通常の敵でないだけに結構高いのかな?

 まあ遊び要素のひとつに過ぎないかもしれません。

 一応さくらこが道中にいる妖狐のETCev206.gif3つで、 鬼召還用の穀茶qu204.gif5つと交換してくれます。(1日1回限定)これが一番交換数としては多くていいかと。


 真ん中に安置もありますので、河童や提灯のようにずっと狩り続ける必要がないことがうれしいところ。 

 プラズマの経験値は412(サクあり 824)。火の玉→プラズという流れで3~6発かかることを考慮するとたいしたことはないんですが、狭い地形に次々と沸くので意外と忙しい。攻撃は常にしてる感じです。

 こりゃあいい。人が来ないのが不思議。 まあ人気がないというのは予想です。多分ですよ。多分。


 …


 多分誰も来ないと思います。まあ人に会うことは皆無でしょう。クエスト実行者に会うくらいでしょうか。
 
 プラズマにはヒールが効くと思ってましたが、聖弱点なだけでヒールは効かないんですね…。(読者コメントで判明…)。なるほどプリーストも来ないか。
 
 
06102847uoihgww.png


 ウフフ こりゃ3次までここで行けるな…思いながら狩ってたら、リア友達がIN。


 
 お茶ギルドで里見脩二という、「白い巨塔」見てる人ならすぐピンと来るようなメンバーがいるんですが、実は旧はデビル、ガス灯というキャラでプレイしていた古参です。
 
 まあ今は4次の強さに魅入られてクルセイダー見習いのページやってますが、ちょっとここでPT狩りしようと思って呼んでみたら

財前「お~い。下町さ こないべか?」

里見「オーラ~~イ。ゴーレムの森(σ・∀・)σゲッツ!!」

財前「え?」

里見「悪いな、そんな糞田舎では狩れんわ」

財前「いきなりゴーレムの森ゲットって…」

里見「んじゃ そういうことで」

財前「あの…わたくしもそこ行っていいっスか?」

里見「その弓で?」

財前「うん」

里見「このゴーレムの森に?」

財前「うん」

里見「不可能だな」

財前「え…」

里見「おまえはゴーレム森じゃなくてゴーレム寺院にでも行ってろよ」

財前「…」


 さすがは以前の弓ランカー。沸き沸きのゴーレムの森では弓は狩りづらいことをちゃんと理解してらっしゃる。

財前「いや、いけると思うぞ」

里見「おまえ弓でここで狩った事あんの?」

財前「ない」

里見「…」

財前「でもパワーノックバックあるから行けるはず」

里見「まあ来てもいいけどな ただし、おまえは上段担当ね」

財前「OKOK」


 よし来た。まあ狩ったことはなかったんですが、弩でゴーレムの森に行ける機会ってなかなかないというか、なんか行きづらいというか…。

 そういう意味ではありがたいことです。


 で行ってみたわけですが


 あれ?


 意外といける。


070129rwdsfsb.png

 
 ここに来てアイアンアローがその真価を発揮。スペースさえ間違えなければなんのことはない。

 もちろん戦士のようにはいきませんが、足手まといってことでもないですね。私は上2段担当なのですが、うまく行ってるときは多少余裕があったりいます。

 もし2段目を殲滅してる時に、下でバシバシ音がしてたら里見が下の段にいるってこと。

 こうなるとすぐに下段に移動。

07029ergrg.png


 里見があけたスペースに乱入し、逆側を始末。

 う~む。良い感じだ。もっとも…野良PTでこんなことしたら怒られますが。

 しかし辛いのがこの状況。


070129loyoyr.png


 ゴーレムが1~2匹しか沸いてないときです。倒した瞬間に写真のようにいきなりボコッと数匹沸くので大変です。こんなのどこに沸くやら予測できない。狭いし…。


 あとは一番上の段。上段を担当していたので、少しでも狩りが遅れると、こんな事になってしまう。

07129grgrfdfsk.png


 スペースねえよ(笑)。

 これはもう手詰まりです。パワーノックバックで吹っ飛ばす事で活路を見いだせますが、吹っ飛ばせる確率は40%程度ですので、そうそう思い通りにスペースを空けることはできません。

 いくら殴ってもなかなか吹っ飛ばないゴーレム…。写真↓のようにパワーノックバックが数匹に対し成功するのは結構まれな出来事です。
 
070129rree.png


 殴るとターゲットとるからこっちに向かってくるゴーレム…。こうなると多少時間をかけてスペースが空くのを待つしかない。

 まあスペースと言っても、

070129ghjkl.png


 この程度の隙間を探す必要があるんですけどね。あと数ミリずれると殴りが出てしまってまたまた手詰まりになりますし、この状況は運です。

 アイアンアローでKBとれないと距離を詰められて

070129oyoyoyor.png


 こうなります。

 非常に厳しい…。

 まあしかし、要は里見の足手まといにならないように狩れればOKなわけですから、きちんと下段2段に敵が常時沸いてるようにすれば大丈夫。

 アイアンアローが撃てさえすれば撲滅力は戦士と変わりませんからね。

070129ththtth.jpg



 う~む。それにしてもここはいい狩り場ですね~。近距離職専用かと思っていましたが、遠距離は遠距離でまた違ったアプローチができる…。

 時給も750K近く出てるので、プラズマよりは上なんですが、これはおそらくPT狩りだからでしょう。ソロならばやはりお気楽なプラズマの方がいいと感じました。

 今後は里見がゴーレムの森をゲットした時に来ることにしよう。

 あと

 なんかダメージの数値が里見と結構違うことに愕然としましたが

070129lyjpjju.png


 こいつ鎧はタオル、マントは黄、帽子は頭巾のはずなのになぜ私よりも被ダメージが少ないんだ…。PGってわけでもないようだけど…。


 ん…。そういや私もタオルだった…。 


 こうなったらLV80になったらアネス一式とウィングブーツで追い越すしかない。

関連記事








Edit Comments(52) trackBack(0) |