12

January February March April May June July August September October November December
2007(Fri) 01/12

弓・弩の育成を本格的に行う前に(135)

弩 スナイパー … Comments(135)

 弓弩師育成の方ですが、結構難航しています。装備も初期のものに近い。今までの装備で残ってるのは茶軍手+12だけです。あとのDEX装備はすべて貸し出しましたので今後作っていくしかない。

 そして様々なサイト様を閲覧させていただいて弓師の事が少しわかったのでまとめてみます。




 猿でもわかる基本

 ①武器は弓と弩に分かれ、2次以降は職も分岐する。
 ②弓の方が攻撃速度が速い
 ③弩は弓に攻撃速度が劣るものの少々攻撃力が高い
 ④必要なステータスはSTRとDEX。
 ⑤攻撃するのに矢を消費する
 ⑥全職で最も広い攻撃範囲
 ⑦1~3次までPTスキルが無い
 ⑧近距離に弱い
 ⑨人気がない
 ⑩ジャンプして矢を打っても実は地上で打つのと判定は一緒

 
 攻撃力計算式
 
 弓 最低(DEX x 3.4 x 0.9 x 熟練度+STR) x 攻撃力 / 100
   最高(DEX x 3.4+STR) x 攻撃力 / 100
 弩 最低(DEX x 3.6 x 0.9 x 熟練度+STR) x 攻撃力 / 100
   最高(DEX x 3.6+STR) x 攻撃力 / 100


070112rgergfffdf.png





 猿によってはわかる情報

 ①鎧(上下)が現時点ではLV40までのものしかない…。
 ②そのため高LV全身鎧によるDEX強化が基本だが書が高い
 ③弓は火属性(炎)、弩は氷属性(氷結)のスキルが使える
 ④スキルは属性攻撃以外ほとんど共通している。  
 ⑤ソウルアローを使えば矢を消費しなくなる
 ⑥PKBという打撃スキルの仕様(KB率)が変更(KBダメージを与えてないとKBしない?)
 ⑦3次の主力スキルストレイフは100%×4の攻撃であるためKBが取りにくい
 ⑧EXアタックが3次スキルに適用されない



一般的な育成法

 ①LV10からLV20までは剣、スノボを使った方がSTRが25あれば矢を射るよりも強い。
 ②アローブローはKBが取りやすく後半も必要。しかしアローブローではなく攻撃力の高いダブルショットMAXでの育成が基本。ただしダブルショットは3次以降死にスキル。
 ③EXには振らない
 ④3次以降安置狩りは範囲攻撃先上げ、安置狩りにこだわらなければストレイフ先行
 
 これまで推奨されてきた狩り場
 LV30 カラス、チャックマ
 LV40 Jrセリオン、狸・狐
 LV50 闇夜の松林、ゴーレム寺院
 LV60 闇夜の松林、妖狐、ゴーレムの森
 LV70 駐車場

070111rgrregreg.png




 猿ではわからない弓師の事情

 ①バックジャンプショットが出にくくなるのでアイゼンは履きにくい。
 ②PKBの仕様変更は痛いが、後半の敵はPKBなしでは戦略に幅が出ない。
 ③PT狩り時、パペットでのタゲ取りはKBダメージを取ってないと発生しにくい
 ④連続ジャンプ撃ちがしやすくなるため、ジャンプ力は115以上あると望ましい
 ⑤実は水中MAPで他職を凌駕する効率が出せる
 ⑥パペットと鷹という補助スキルの使い方(頭脳)で高率に大きな差が出る 
 ⑦STR全身鎧書が欲しくてたまらない。 
 ⑧育成開始時は台湾MAPと相性がいい。
 ⑨弩はアイスショットの存在でリプレの奥の敵と相性がいい 
 ⑩弓は鷹の気絶効果とレイン、アローボムの使い方が明暗を分ける。
 ⑪弓で殴ったときと弩で殴ったときではリーチ・KB率共に弓の方が勝っている。

 




 目を背けるな。投げ賊との比較

 ①ラッキーセブン(投げ)>ストレイフ(弓)である
  攻撃力、クリティカル発生率、攻撃回数、全てにおいてストレイフは勝てない。

 ①攻撃速度
 弓「普通」+ブースター … 30秒間に39
 弩「普通」+ブースター … 30秒間に37
 篭手「やや早い」+ブースター … 30秒間に46発   

                  数値はめいぽ同盟BBSより

 
 これを見るに当たりボス戦で投げ族よりも活躍することは難しいと予想できる。攻撃速度の差は埋められない。これほど差があるのは信じられないが、速度の差はサイトを回ってデータを収集した結果。30秒間に5回も違うという上に攻撃力も低いでは話にならない。 強化については考える必要がありそうである…。

 しかし最近のパッチで弓系の攻撃速度が多少上がったという情報もあるため、今はもしかして差が縮まってる??


 攻撃力計算式
 ラッキーセブン (LUK × 5) ÷ 100 × 攻撃力 × 1.5
 ストレイフ   {(DEX x 3.4 x 0.9 x 熟練度+STR) x 攻撃力 / 100
 弩(3.4ではなく3.6)
 
 ×5、さらにLUK値が倍増されて計算されるというラッキーセブンの攻撃力にはとても及ばない。ストレイフの×4という数字で緩和されるものの、シャドーパートナーも十分強力なため、やはり基本指数が5と3.4では勝負にならない。
 
 

image293.jpg



 
 これを見るにあたり弓で投げに攻撃力、総合ダメージで勝つというのは非常に難しいことであることがわかる。さらに機動力においても完全に劣っている。つまり他の部分で差を埋めないといけないのだろう。

 となると単純に矢を撃つという行動だけでは弓は躍進できない。鷹スキル、パペットスキル、アイス、ファイアショット等を駆使した狩りを効果的に行わなくてはいけないことがわかる。これらスキルを使いこなさないことには投げと同等の効率が出せないことは火を見るより明らか。






 弓弩師としての立ち回り 

 私が思うに弓としてパペット、鷹以外に他職にない狩りができそうな期待を持たせてくれるのは

 

image1411.jpg



 アローレインとアローイラプション(6体の敵にダメージ160%)


 このスキルかなり広範囲な上、ジャンプ発動できるみたいである。(弓系のジャンプショットは発動しても地上で撃つのと判定は一緒)これでピンと来たが


 バックジャンプして逃げながら打ち続けることで回避移動攻撃としても機能するのではないか。さらにここにパペット、鷹をうまく使うことで今まで体験した職にない狩りができるのではないか。

 恐らく安置でレインを連発するだけでは効率は出せないように感じる。仕様と攻撃範囲を見る限りジャンプで移動しながら発動してこそ生きるスキルと私は勝手に思いこんでる。

 
 投げ賊と同じ狩りをするのであれば劣化版投げと言われても仕方がないが、これほど攻撃補助スキルが充実しているのであれば、見て羨まれる狩りも可能なはず。

 残念ながら主要サイトを回った感じでは、そういう弓、弩ならではの狩りを詳しく知ることはできなかったが、感じ的にはできる雰囲気は感じ取れた。

 ジャンプショットやバックジャンプショットも多少操作難易度は高いものの、斬り賊のジャンプメルエクスプロージョンやジャンプチャクラの入力タイミングのシビアさに比べれば全然簡単である。十分狩りに組み込める。


image363.jpg


 ジャンプ メルエクスプロージョンや

image824.jpg


 ジャンプチャクラはキー設定しないと確実に狙って発動することは難しいわけだが、弓のジャンプショットは狙って確実に出せるLVである。言われてるほどシビアではないことに安心した。 

 

 さてどうなんでしょう。

 マゾイマゾイと言われる弓、弩ですが果たして本当のところどうなのか。これは実際に体験してみることでわかることでしょうね。 

 私としては遠距離で敵に突っ込む可能性が低い分狩りは楽な感じがするのですが、甘いのでしょうかね(笑)。


 以上のようにまとめてみましたが、ベテラン弓師、弩師の皆さんどうでしょう。間違いがあれば指摘してください。
 
 私がやると相場があがる、弓師するな、馬鹿にしてたのに等いろいろある意見に答える事もできますが、それはしません。

 そんなことをする前に私の得た情報を皆さんに公開することで様々な職の事を知ってもらえれば、と考えています。 確か火魔を育成する時もこういう記事を書いたのを覚えています。



 みんなの「めいぽ」ですからね。



3dcg_001.jpg


 今後、情報や弓師育成を書くことでプレイヤーが増え、相場が上がる可能性があったとしても、それを理由にあえて書かないというのはおかしいでしょう。

 職の良さをサイトの方でも様々な方法で紹介していますが、その流れで今後もやっていくつもりです。


 目的はめいぽを盛り上げること。

 
 昨日までのコメントを見るに当たり、その意志を感じてくれている人は少ないみたいですね…。

070109ghhrhthtwhtwhtwh.png


関連記事








Edit Comments(135) trackBack(1) |