12

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 12/12

八十八茶 其の29 新たなる決意(87)

八十八茶 の旅 … Comments(87)

生きてるってなぁんだろ…生きてるってなぁに♪

 





 
 無事ヨツ宗から龍天拳を受け取った八十八茶。

 あとは昼子にこの短剣を渡せばアルケスタは復活する。

 しかし… 

 











亀「どうしました?無事にお仕事は成功したのに浮かない顔ですね」







八十八茶「…」

 061213d.png


亀「…」 




 亀さんに乗って海を進むうちにいろいろな事を考えました。今回のヨツ宗さんの龍天拳も無理にお借りしたようなものですし、事の発端のアルケスタさん?に関してよく考えてみても私には関係のない事なんですよね。
 
 何をしてるんでしょうか? 私は。

 もともとは「とと様」と「かか様」を捜すのが目的だったはずなのに、手がかりもつかめないまま変な事ばかりに巻き込まれてしまって…

 でも思ったんです。
  
 私が何も知らないからこんなことになるんじゃないかなあ?って 

 いきなりこの島に来ただけで、右も左もまだわかってないから振り回されるんじゃないかなあ?って。

 アルケスタ先生という方は先生と呼ばれているからいろんな事教えてくれそうですし、この仕事が終わったら「とと様」と「かか様」 探しを一時中断して、先生の所で勉強させて貰おうと思ってるんです。

 巫女ですし、昔から勉強は得意ですから(●´ω`●)

 
 …











八十八茶「得意な科目は理科(●´ω`●)でしょうか それに…」

亀「茶さん。茶さん。」

八十八茶「アルケスタ先生って理科の先生なのかもしれまんしね。だっていろいろ研究を…」

亀「茶さん。茶さん」

八十八茶「このまま旅を続けても何もいいところはな…

亀「茶さん。茶さん」









八十八茶「え?   何か言った?亀さん」

亀「もう…到着してますよ」

八十八茶「そ… そうだったの?Σ(・∀・|||)」

亀「物思いにふけって独り言をぶつぶつ… 大丈夫ですか? しばらくソッとしておきましたけど…」

八十八茶「うん…」

亀「昼子さんお待ちになってますよ?」

八十八茶「そかそか。じゃあ ありがとね~」

亀「はい~」
















亀「もしかして    恋…の悩みかな?」

















=====○)д`亀);.・;゛;ブッ












 アクアリウム




八十八茶「昼子さ~ん。 持ってきました」

昼子「ホンマかいな。 早かったな~」

060817ujg.png


昼子「ちょっと見してみ?」

八十八茶「はい。これでいいんですよね?」

昼子「え~と」


e0021229_15584134.jpg


昼子「これや…これ…まさしく神の龍天拳やんか。ご苦労やったなあ」

八十八茶「はい」

昼子「+110辺りの龍天しか貸してくれへんはずなんやけど…アンタ凄いやんけ」

八十八茶「アルケスタさんが復活したらその龍天拳は返して欲しいと神様が言ってました。」

昼子「そらせやろな。じゃあ後でうちが返しとく」

八十八茶「あい」

昼子「ほな儀式やるで。アンタはエルナス行ってきぃ」

八十八茶「??」

昼子「復活のとこ見たいやろ?」

八十八茶「ぅん(´・ェ・`)」

昼子「この龍天拳やったらすぐやで~」

八十八茶「ラジャー」













 どうやら儀式は無事に成功しそうですね。先生が復活したら早速弟子入りさせてもらおうと思います。メイプル島のいろんな事を教えて頂きたいのです。それがきっと「とと様」と「かか様」を探す一番の近道でしょうしね。


 そうと決まれば!!



 スタタタタタタタタタッ


八十八茶「と~う !!」



 
ガシ!! 


亀「 あ痛!! Σ(゚Д゚ υ)  ちょっと茶さん!!ソッと乗って下さいよ;;」


061213cv.png



八十八茶「エルナスまで GO !!v(。・ω・。)v♪」

亀「え?」

八十八茶「エルナスへ行くの((((((( ノ・д・)」

亀「雪の町エルナスへですか?」

八十八茶「うん」

亀「え~と。あそことは海で繋がってないので私では… (A´・ω・)フキフキ」

八十八茶「急いでるの お願い。」

亀「そう言われましても…」

八十八茶「どうしても行かなきゃならないの…」

亀「しかし…」

八十八茶「私一人では行けないの…」






亀「わ…わかりましたよ… 行きゃいいんでしょう行きゃあ…」




 


 
 061213d.png




 亀の言うとおり海の町アクアロードはエルナスとは海では繋がっていない。海はオルビス塔へと繋がっており、エルナスもオルビス塔と繋がっている。つまり塔を挟んで繋がっているのだ。

 その道のりは遠く… アクアリウムの町とフリーマーケットしか行き来したことのない亀にとってかなり厳しい道のりだった。

  

 当然… 移動時間は相当なもので



 …


 亀がエルナスに到着するまでに昼子によるアルケスタ復活の儀式は終了していた。



061213fg.png



 神の龍天拳の霊力は昼子の想像を遙かに超えるものだった。通常の武器なら間違いなく闇に滅するはずが、神の龍天拳は儀式が終了した今でも前にも増して輝き続けていた。
 
 斬り賊の神がハーミット(投げ賊)に勝つために全身全霊を込めて鍛え上げた神の龍天拳。まさに斬り賊の希望である。

 それがまさか結果的に ハーミット を救うことになるとは… 
 
 















 氷の町  エルナス 

061214rfghji.jpg







亀「着きましたよ」

八十八茶「ぁい」

亀「来ようと思えば意外と来れるもんなんですねぇ」

八十八茶「(●´ω`●)b 凄いじゃん」

亀「う~む。たまには外界にくるのもいいもんだ」






 

 私は早速アルケスタさんの所に行ってみましたが…

 …私が到着していた頃にはアルケスタ先生の復活はすでに終わっていて、生徒さん達がよろこびのパーティーを行っていました。


 どうやら私の事を信じてずっと待ってくれていたようで…

061214rfv.png


 一度死んだ人を復活させるなんて普通ではありえないことなんですけど、どうやらこのめいぷる島ではそれほど珍しい事ではない?みたいでした。

 この辺も含めてお勉強しなきゃ…。


 
 でも…


 アルケスタ先生にいろいろ教えて貰おうと思ったんですが、今は4次職の研究に夢中みたい。 聞いた話では4次職でハーミットが弓士に抜かれる可能性が大だそうです。そのためか先生はハーミットを最強にするために日夜研究を重ねているのだとか。



 忙しそう…


 でも一応弟子くらいはとる時間はありますよね?



 


 パーティーが終わった次の日の朝…


 一応頼んでみることに…

061214vbn.png


八十八茶「アルケスタ先生。私も皆さんと同じように弟子して下さい(*゚ェ゚*)」

アルケスタ「ほぇ?」







アルケスタ「う~む… それは無理じゃな…」



八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 な…なんでですか??」

アルケスタ「召還の石と魔法の石使う職業以外は弟子には取れん」

八十八茶「そんな…(;ェ;`○)」

アルケスタ「戦士、斬り賊はワシの発明品を使えないからのぅ…」

八十八茶「発明品じゃなくてこの島の事をいろいろ教えて欲しいんです(;`・ω・´;)」

アルケスタ「それは他の者に聞くがいい」

八十八茶「お願いします」

アルケスタ「取らんもんは取らん…」





八十八茶「絶対に戦士と斬り賊からは弟子は取らないんですか?」

アルケスタ「そうじゃ。」

八十八茶「ホントに??」

アルケスタ「…まあ。 一人例外はいたが…」



061224frteeeewcfg.png


アルケスタ「…」

八十八茶「…」

アルケスタ「お主がハーミットならばのう…」

八十八茶「じゃあ… わたしハーミットになります(o・ω・o)」

アルケスタ「ん? いや今更それは…」

八十八茶「じゃあ手裏剣投げます」

アルケスタ「いや…だから…」

八十八茶「LV1からまたやり直します」

アルケスタ「工エエェェ(´゜д゜`)ェェエエ工」

八十八茶「それならいいんですよね?(´・ェ・`)」

アルケスタ「ご…強引な奴じゃな…」








アルケスタ「しかし取ればまた… 同じ過ちを…繰り返す事になる」

八十八茶「??」




アルケスタ「あの時と…」

061214huio.png


アルケスタ「同じ…」






















アルケスタ「ZZzz(_ _*).。o○」

八十八茶「??」





八十八茶「先生、先生」

アルケスタ「(´-ω-`)))コックリε=(_´-ω-`)_zzZzZZ  ( ゚д゚)ハッ!」



八十八茶「先生今寝てたでしょ」

アルケスタ「ね…寝てるわけないじゃろう!!」

八十八茶「(・∀・)」

アルケスタ「と…とにかく取らんもんは取らん。わかったな?」 

八十八茶「そうですか (;ェ;`○)」


061224fyukiop.png











 …

 
 どうやら簡単に考えすぎていたようです。アルケスタ先生はもう弟子を取る気はないらしく…

 ああ…これからどうすればいいんでしょう。このまま同じように旅を続けても同じ事の繰り返し。世界を知らなければ…世界を知らなければ何も始まらない。

 誰か… 誰かいないのでしょうか…



 
 …





 考えても始まりません。とりあえずエルナスにいることですし、何か情報を集めてみることにしました。


061215yutrfhjk.jpg


ヘクタ「アオーン」

Jrイエティ「モコモコ」

 …


 ふむふむ。ヘクタさんによると人気狩り場に行けば有力な情報を聞けるかも…とのこと。


 なるほど。早速人気狩り場に向かいましょう。


 そして…


 061214ghggg.jpg


 おお。狩人がいました。

 ふむふむ。彼らによると身のこなしや基本戦術を学ぶのには忍耐が最適…とのこと。

 忍耐?忍耐ってなんでしょう(´-ω-`)

 精進しろってことなんでしょうか?

 詳しくお話を聞こうとしましたが、狩りの邪魔とのことで… 詳しくは掲示板を見て欲しいとのこと。

 
 ふむふむ。


061215tyuiol,kjhg.jpg


 来ました。みんなの掲示板。 いろんな事が書き込まれてます。

 よく見てみると?いろんな質問事項が並んでいます。

 ①LV40はどこで狩ればいいですか?
 ②僕の武器は強いですか?
 ③このアイテムっていくらで売れますか?
 ④LV64で黒字の狩り場は? 
 ⑤カラスの家にずっと居座ってる人がいます
 ⑥ナイトとクルセどちらにすればいいですか?


 う~ん…。


 (´・ェ・`)…。 どれも私には関係なさそうだけど…


 一応ひとつひとつ見ていきますと、⑤の返信に気になる事が書き込まれていました。内容は




 メイプル掲示板
 
記事NO 1123 カラスの家にずっと居座ってる人がいます 

 名前 よろしこ  投稿日時12月12日 9:03 

01.gifキノコ神社のカラスの家にさっきから変な人がずっといます。横じゃないと思うけど、いきなりクイズだしてきたりしますし…。それになんか格好もあまりみない感じの服ですし。誰か知ってる人いたら詳細ヨロ。


返信
 
 名前 赤十文字  投稿日時12月12日 10:20
58.gifあ。いつもカラスの家の富士山見えるとこにいる人…知ってるわ。タブンおれが忍耐教えて貰った人じゃないかな?エリニア忍耐ではお世話になった。俺その頃初心者でさ。めいぷるの事もいろいろ教えてくれた。 

 
返信

名前 山城レイ   投稿日時12月12日 15;50
 
119.gifホントですか? 忍耐は苦手だし… ゎたしもその人に忍耐教えてもらおうかなwwww まだいるの?

 
返信
 
 名前 よろしこ  投稿日時12月12日 17:03 

01.gifえ~とね。今もまだいるよ。なんだ怪しい人じゃなかったのか。結構有名みたいだし…。でも見た目は完全に…  富士山なんて見てなにが楽しいんだろう


返信
 
 名前 ぶるにゃん静恵  投稿日時12月12日 19:53 

05.gif普段狩りに夢中で気がつかないかもしれないですが、狩り場から見える景色は結構綺麗なとこ多いですよ。観光してるのではないでしょうか?





  
 …


 …



 忍耐… さっき忍耐がどうとか狩人が言ってましたけど…


 そして何より気になった書き込みが…


 俺その頃初心者でさ。めいぷるの事もいろいろ教えてくれた。

 
 オォオォオォオォオォヾ( ゚∀゚)ノ゙オォオォオォオオォ


 ついに見つけました。この人ならいろんな事教えてくれるかも?(●´ω`●)

 今もまだカラスの家にいるみたいですし… 確かカラスの家はキノコ神社からすぐでしたよね?

 そうと決まれば…


 急いでキノコ神社に向かわないと!!

 
 
 とにかくダッシュでエルナスまで戻ります


 スタタタタタタタタ


 疾風のように狩り場を通り抜け…

061214ruiiooo.png



 スタタタタタタタタタタ

 
 エルナスの町も素早く通り抜け…

061214dfghjkk.png



 


八十八茶「と~う!! 




ガシ!! 

061213cv.png



亀「あ痛!! 」 


八十八茶「さあ亀さん行くよ!!」

亀「え?今度はどこに?」

八十八茶「キノコ神社!!(*゚ェ゚*)」

亀「キ…キノコ神社!?」

八十八茶「うん」

亀「ちが… そこ空飛ばないと行けない…」

八十八茶「早くしてよ」

亀「だから飛行船でも15分以上かか …」

八十八茶「でも亀さんキノコ神社行ったこと無いんでしょ?」

亀「え?そりゃまあ… 見たこともないですけど…」

八十八茶「あなたも世界を知るべきよ」

亀「は…はぁ…」

八十八茶「じゃあ LETS GO!!」

亀「ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!」


061214iiyuyy.jpg



 八十八茶のおかげ?で高性能テレポストーン並の性能を強いられる亀。そして掲示板に晒されていた… 富士山の見える丘で休養中という謎の人物とは?
 

 舞台は富士山へ。


061215ruytgh.png










































 あとがき

 いつも思うのですがどうしても長くなってしまいます。今回も一応次の話まで描いてはいるものの…ひとまずここで切りました。

 自分で読み返しても今までのは長文すぎて読むだけで疲れます。

 ですからできるだけ短く短く…と思ったんですが結局は…

 今日の記事の量の3分の1くらいで丁度いいくらいでしょうねえ。

 今年はもう八十八茶しか更新しない予定です。

 其の35くらいまで行けたらいいんですけどねぇ。





関連記事








Edit Comments(87) trackBack(0) |