06

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 12/06

ラグ対策 其の2(39)

MapleStory … Comments(39)

 さあラグ対策その2です。


 其の1

 まず基本から。通常スパイウェアはスパイウェアブラスターやスパイボットで頻繁に削除してたりUPDATEもDIREXTXもウィルスも、今回のラグの問題関係無しで日常的にやっておられる方も多いはずですのであくまでもこれはおさらいですかね。


①スパイウェアをチェックし削除する
①システムをパッチ前に復元し、メイプルを削除
Windows Updateを行いパソコンを最新の状態にする
③DirectXを最新版にする
スパイボットインストール後 実行をする
⑤メイプルを再インストールする
⑥スパイウェア、ウィルスチェックをする
⑦CCleanerで不要ファイルの削除、問題点の解決をする
⑧ディスクデフラグを実行してファイルを整理する。


 参考記事   ②暇な廃屋



 これで治った方はOK。しかし治らない方も結構いるはずです。

 スパイウェアを削除して治ったという方はもともとスパイウェアに犯されていたという事で、今回のパッチにより重いとは無関係な気もします。それはもともとご自分のPCのシステムが重かったのです…。


 そして私の昨日の記事の仮想メモリですが、もともとのメモリが255MBとかそういう方にしかまず意味はない模様…。

 申し訳ないです。




 

 其の2

 次に行うべきはご自分のパソコン環境のチェックです。これは推奨環境を満たしているかどうかも調べられますし、SEの人に対し、非常に有効な情報となりますので一度やってみて下さい。


 システム情報収集ソフト 「コーエー」


 システム情報を見るだけの簡易なソフトです。ソフトは安全ですのでご心配なく。

 システム情報はコピペして

 参考記事 Lion Egg ブログ

 様のコメント欄に貼り付けてあげましょう。重いかどうか。情報が集まるといろいろな事がわかるはずです。


 



 其の3


 次に有力だと私が考えたのがこちら。



---------------------------------------------------

 MicrosoftOffice2003と、めいぽが、なにやらけんかしているようですよ。私の場合オフィスを完全削除したら、パッチ前のようにラグがなくなりました。

--------------------------------------------------


これはoffice2003が原因ではなく付属ソフトのIME2003が原因だと思われます。そもそもoffice環境と干渉するのは重大問題で仕事が出来なくなる人もいますから。 ユーザー側が処置するような問題ではない。

 ここではofficeではなくoffice付属の日本語ソフトIMEが原因という点に絞って見ていきます。IMEは特に新バージョンでなくても不具合はそれほどない。


 IMEというのは皆さんがキーボードを入力するときに出てくるソフト。ほら。PC画面の右下に A とか あ とか表示されてるでしょ。それ。その記事がこちら↓


---------------------------------------------------
 
IME2003→2002にする事によりラグ回避情報あり

 IME2003→2002の設定変更のみの、Office2003の再インストール(IME203はインストールから外す)

 手順①
 手順②


 参考サイト 自分のしっぽを追い回す様 

-------------------------------------------------------

 ↑

 これについては私の状況を踏まえると かなり期待できます

 私のノートPCはラグなしですが、(office2003を使っているのでofficeは関係ないです)IMEは使用していないのです。このノートPCはIMEではなく、一太郎のATOK15を使用。だって明らかにATOKの方が優秀ですから… IMEだと専門用語の多い私のような仕事をしていると変換がアホすぎて支障がでるのです。これによりノートPCはIME2003は使っていない。

 これか?これがラグのない原因だったのか?

 
 タブンスパイウェア削除で治ったとかSP1からSP2にしたら治ったという人はoffice2000やXPが入ってるんじゃないのか?ゆえにIMEも古いバージョンだと予想。

 そして… 家のノートPCもoffice2003。まあoffice2003はノートと同じだからいいとして、こちらはなんとATOKではなくIMEを使っています。なぜATOKに比べ使いにくいIMEを使っていたかというと…テストみたいなものです。ノートPCでATOKの調子を見て、家では新しくなったIME2003どんな感じかなと…そういう風なテストをしていたもので…。

 しかし答えは出てます。IMEは相変わらず誤変換多し。

 ATOK最高!! 

 早速家に帰ったらATOKをインストールしてIMEは抹消します。OFFICEはさすがに消せないですけど…

 ただ、ATOKを買ってない皆さんはIMEは消しては駄目です。それしか日本語ソフト入っていませんからね。

 ATOKは有料ソフトです。あまり気軽に買える値段でもないですし…。企業で買って貰える方以外は厳しいでしょう。


 IMEを戻す方法は

http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-entry-440.html

 
t674y8rtuyhifewxxs.png


 



 とにかく今回のラグはただごとではない。

 ラグがない人には関係ない話ですが、現状苦しんでる人は山ほどいますからね。人数が多すぎます。ハッキリ言って公式サイトがスルーしてる状況が考えられない。

 だってもしIMEと干渉していたとしたらこりゃ大変な事だよネクソン。プリインストールソフトのofficeとの干渉性を調べるのは常識だろう。
  
 プログラムにミスがあるのは明か。ここまでスルー対応なのは後々かなりツケが回るかと。
 

 せめて公式で


 今回のパッチからラグが頻繁に発生するというご報告を頂いております。現在調査をしていますので、ご迷惑をお掛け致しますが今しばらくお待ち下さい。

                    メイプルストーリー開発一同


 この2行くらいはあっていいだろう。どれだけのユーザーが安心することか。こんなの5秒で書けるぞ(笑)。あまりにスルーしてると引退者を続出させる危険性すらある。

 ネクソン。↑の文コピペして持ってっていいから今すぐ公式サイトに貼り付けとけ。そしたら2秒で終わるぞ。それくらい時間あるだろう。


 だいたいなんだ。今日のサーバーメンテナンス。

 ショップサーバーメンテナンスとかやってる場合かよ(笑)。

 
 いきなり金儲けとかイメージが悪いだろ…。こういうのを真顔で平気にやってしまうところが凄い。まあどちらにせよ公式がスルー対応を見せてる現状では、ラグ対策で情報を集めておられるサイト様と協力してユーザー同士でこの問題を解決していくしかないでしょうね。

 
 ネクソン見てるか?

 これで治るユーザーが出たらここのコメント欄に謝辞くらい書き込めよな。会社にバレたらまずいというなら、合い言葉を作ろう。

 ねくちょん(*´д`)  

 という名前で投稿しとけ。これでこちらはネクソンの人間と判断しよう。投稿きたら↑の合い言葉の文は消しとく。これで社長にばれないぞ?OKだな。
 
 だいたいおまえな。SP1→SP2へのアップグレードとかスパイウェアとかシステム復元とか、今までやったことない人も多いだろうし、やり方書いてもまったく意味不明のユーザーも山ほどいるんだぞ。今回のラグで初めて知った人も多いはず。いくらこれらは基本的な事と言えど、Pcでインターネットとゲームしかしてない人も多いんだから…。


 挙げ句にはPCを初期化した人までいるんだぞ?ありえないだろ。私のPCとか初期化したら今の環境取り戻すのに何日かかるのかわからんぞ。金もかかる可能性がある。仕事ができなくなったらどうしてくれるんだ。

 初期化させるとか、もう管理会社としては問題外の方法だよ。


 …

 話がそれましたね…



 ラグのない人も この環境ではラグがない などの情報がわかると非常に情報としては有益なものですのでご協力お願い致します。


 方法を全部試してもまだラグが発生するという人は情報提供をして協議していくしかないでしょう。

 
 情報として知りたいのは

 ご自分のPCのシステム情報

officeのバージョン
(左下のスタート→すべてのプログラム→microsoft office→ そこに2003とかxpとか2000とか書いてるはず。それがバージョン)
 
回線速度

 ↑で意味がわからない方はGOOスピードテストが簡易でおすすめ。スタート押すだけです。


 ただ、スペックによってはラグがあるのは当たり前…ということもありますので、あくまでも今回のパッチから重くなった人…が対象となりますけどね。




 ラグ対策サイト

 ①Lion egg
 ②暇な廃屋
 ③自分の尻尾を追い回す


 ご協力よろしくお願いします。



 ertyuhgfreyujhr3456y7tr.png

関連記事








Edit Comments(39) trackBack(3) |