05

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 09/05

シャクラー狩り ver3(28)

アークメイジ火毒 … Comments(28)

 火魔として… 



 さてシャクラー狩りに関するデータがそろそろ揃って来ました。まあシャクラーしか狩ってないので当然ですけどね。

 もちろん比較対照をするために姫狩りに先日お邪魔させて貰って時給も計ってきました。


 … まあサメは姫に負けたけどね …_| ̄|○

 
 …

 
 そういうわけでこの辺でまとめておきます。ほとんどの方には関係ないデータかもしれませんが、今火魔を育成している人のお役にはたつかと。

 私はシャクラーMAPは現在ソロでもっとも高い経験値を得られる黒字狩り場だと思っています。


 プリーストのHS、ヒール、DナイトのHBが基準となっている武器庫や姫のPT狩りにはもちろん及びませんが、効率的にはそれほど大差はない。


 いつでもソロで気軽に来れる この狩り場が実装されて高レベル火魔は本当に救われてたと言えるかもしれません。このサメMAPがなかった頃の火魔育成はとんでもなくマゾかったんでしょうね…。


  

 …





 シャクラー狩り場合は、HPの大小と武器速度で効率が変わってきます。





 最大HPが2090以下

 
 ・シールによるスキル封印を多用する。
 ・MG切れを常に確認する。
 ・密集地帯でのエクスプロージョンは危険
 ・HP回復アイテムは塩ラーメンで充分。MPはかき氷。
 

 060818tjrydy.png


MGアイコンを常に確認
 HPが2090以下だとシャクラーと接触すると、ダメージが1900~2090くらいの幅で発生するためMG(マジックガード)は一瞬たりとも切れない。

密集地帯でのエクスプロージョンは危険
 シャクラーが密集している状態でエクスプロージョンを放つと、スキル硬直中に「スキル消し→反撃」コンボを食らう。とにかく全部のサメにシールをかけることが基本。  


・シール、スローを駆使し、安全に立ち回る
 MGありの場合はシール、スロー多用で接触回避しながら安全に立ち回る事で黒字を出す。急がないことが大事。毒の性能を考慮すると40秒以内でMAPを一周する事が理想だが、それをすると赤字になる傾向にある。



 期待される時給経験値は 4.5M~5.5M
 期待される時給黒字額は 0メル ~ 350K(ドロップは除外)
 






 
 最大HPが2090以上


 ・シャクラーの反撃攻撃(歯)のみに注意する
 ・スローのみ使用。シールは基本的に使用しない
 ・ブースター後に注意
 ・空気玉は必須(海でのHP減少を0にするアイテム)
 

 回復アイテム

 ・use40.gifチューチューアイスと調整用にuse3.gif OR use2.gif





 060824tefgd.png






 HP2090以上はイヤリング、靴以外の装備品(盾やマントも)をHP強化しメイプルホーンスタッフを装備すればLV100~110辺りで充分達成可能。

 ちなみに参考程度に…
 
 LV100で素のHPは約1240
 LV110で素のHPは約1360  ですので強化でHP600~750程度補う必要があります。
 
 目安としては鎧上下でHP+160、盾でHP+100、軍手でHP+90、マントでHP+60、帽子でHP+130、メイプルホーンスタッフでHP+100

 これで合計HP+640の強化となります。HP書は安いのでやりやすいかと。




・シャクラーの反撃攻撃(歯)のみに注意する 
 HPが2090あればシャクラーと接触しても死にません。コールドシャクラーの反撃魔法を食らっても最大ダメージ(2110くらい?)を食らわない限りしなないのでこれもまぁ大丈夫。死ぬ状況はシャクラーの歯を飛ばす攻撃。これは2600ダメージを食らうのでさすがにHP2090程度では耐えられない。

060805bgfd.png


 しかし歯はしゃがめば当たらず、回避も容易なのでがんばって避ければOk。心配しなくてもそうそう当たらない。



・スローのみ使用。シールは基本的に要所でしか使用しない 
 
 HPが2090あれば接触ダメージを受けても何ら問題がないのでスキル消しは食らっても問題ない。影響があるのはブースターを消されるくらいである。スローをかけられても特に問題がないので無視していい。

 というわけでMG切りの場合はシールの使いどころはほぼなくなってしまうのでシールは使わなくてOK。それにシールは意外と硬直時間があるので効率を望む場合は使わない方がいい。ただ、シャクラーが大量に沸いているところではエクスプロージョン時に歯を食らってしまうので、危険な状況でのみ限定して使うといい。

 多用するのあれば隙が皆無のスロー。これを泳ぎながらちょこちょこ使えば効率も落ちず、エクスプロージョンの隙にサメに接触することが少なくなり狩りやすくなる。
 


・ブースター後に注意 

 ブースターをかけた後のHPに注目すること。ブースターはどうせ消されるのでかけなくてもいいが、うまくはしごに捕まれれば発動時間の隙はないに等しいのでかけてもいい。

 但し、ブースターはHPをいくつか消費するため…HPが2090辺りで微妙な場合は、ブースター後にHPが2070くらいになり接触死してしまう場合が多い。それゆえ、チューチューアイスとは別にHPが150程度回復する回復アイテムを用意しておくといいだろう。

 use3.gif OR use2.gif


 期待される時給経験値は 5M~6M
 期待される時給黒字額は 100K ~ 400K(ドロップは除外)







 一歩進んだシャクラー狩り 



 シャクラー狩りに慣れてきたらMAPを40秒以下で一週できるようにがんばってみましょう。

 実はMGを切っている場合はシールをかける必要がないので、40秒以内にMAPを一周できます。40秒以内で一週してくるとなると毒でシャクラーのHPを削りきってない間に戻ってきてしまうという事になりますが、なぜか40秒以内に戻ってきてもシャクラーのHPは1になっていることが多い。内部ラグか何かの関係なんでしょうね。

 ということはこれを利用することで時給をあげることができるわけです。反面MGが必要な場合はシールやスロー駆使の問題で時間短縮は難しいですが…切ってれば可能です。

 当然スキル消し、スローなどは食らいますが、消されるスキルはブースターとメディテーションくらいですので無視する。落ち着いたときにはしごに捕まってブースターを掛け直すくらいで充分です。

 ミストは上方に判定が残り、下方にはほとんど判定がないことを考慮にいれて撒くとスピードアップに繋がるでしょう。

 墓ととなり合わせの狩りですが、ほぼ間違いなく黒字ですので、余計な事は考える必要はありません。後はどれだけ早く回るかを考えるだけです。 

 こうすることで時給7Mの道も見えるのではないかと個人的には期待しています。現状時給6Mを超えるのはかなり厳しく、相当調子が良くないと出ませんからね…。

 しかし7M出している人もいるという噂も聞いていますので、できるだけそれに近づきたいなあとは思ってます。

 恐らく7MとなるとMG切り、そして30秒程度で一週…。これしかないと思ってます。






 実はサメ狩りを超える効率狩り場が存在する??



 存在します。

 
 これは、このサメ狩りについていけないという方に朗報です。


 それはジパングの姫ですね。エクスプロージョンとブースター、MGがあれば狩れます。
 
 ただエクスプロージョンを連打してればOK。ジャンプエクスプロージョンで移動しながらでもいいです。


 それだけで時給6.5M~7M近く行きます。(←プリーストと戦闘員がいる場合)


 サメ狩りのようにテクニックも知識もなにも必要ありません。


 エクスプロージョン連打してればそれだけでサメ狩り以上の効率を出すことができる上ドロップも上です。


 これは私がLV108時の数字ですので、火力がもっと高い場合や戦闘員の強さによってはもっと上を狙えるでしょうね。MGなしで狩れればプリーストのヒールのお陰で大黒字ですが、MGかけて狩ったり、ソロで狩ると超大型赤字となりますのでご注意下さい。

 まあこれですと火魔としてのテクニックが全然習得できないので、個人的にはサメ狩りをお勧めしますが…。


 どちらの狩り場で狩るかは個人のスタイルに合わせて選ぶとよろしいでしょう。

















露店用 店売り用 微妙
カタール

リーフアックス
ゴールデンハンマー
ゼネラル(青)
ゼネラルパンツ(青)
絹帽子(黒)
60%幸運の書(マント)
60%力の書(マント)
ミストアーマー
ジェイドヘッド
ジェイドパンツ
シャドウブーツ(茶)
シェイドパンツ(紫)
防御盾60%
アデスヘッド(闇)
アデスシューズ(緑)

苺イヤ
ジャールズマント(紫)



             シャクラー・コールドシャクラー ドロップアイテム
             情報提供 ルティア様、チャールズ様、エメラ東郷様



            

 雫様に載ってない情報もありますが、コールドシャクラーなのかシャクラードロップなのか…判断ができないので雫様への報告は見送ります…。

関連記事

テーマ: あさのあつこ
ジャンル: 小説・文学








Edit Comments(28) trackBack(1) |