22

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 05/22

300万hitとは言うものの…(18)

女性関係徒然 … Comments(18)

 皆様先日は300万hitの暖かい言葉をありがとうございました。

 まあ初心者用コンテンツも丁度間に合いまして、ホッと一息ついていますが、実はいろいろやりたいことが山積みなわけで…しかしまったく時間が足りません。

 八十八茶かかなきゃらなんし、斬り賊の動画も作らなきゃならんし、コンテンツも全然修正終わってない上、また6月から悶絶の出張が連発。それにエクセルの関数式を使って会社の部署用の報告フォームも作成しなきゃなりません。これ4部署は必要あるね…。

 ちょっと考えただけで…ウエッ…となります。

 仕事で8つくらい、サイトでも6つくらいあるかなあ…。JAVAもしたいしなあ…。車の修理もしなきゃ…。ああ…そういや免許の更新も…。

 羅列すると恐ろしいことになりそうなのでやめますが、正直ここまでやることが増えると限界点にさしかかってきたと言えます。

 まあそりゃ…別にやらなくていいものもあるんだけどね(笑)。

 この上にバーチャファイタ5なんて出られたらもう終わりです。6月はワールドカップもあるし…。困ったなあ…。

 優先順位がつけられない。 

 普通こんなにやることなんてないんです。まあ仕事でやることが多いのはいいんですが、プライベートでやるべきことがこれだけあるというのには理由があるんですね。

 それはなぜか?



 答えは









 暇だから








 orz




まあそういうことです。暇だからあれもやろう、これもやろう、これもやってみようかな?いやこれもやるか、よしついでにこれも…

 となるわけです(笑)。

 私の場合仕事が終わってから寝るまでは完全フリー。何一つ束縛されるものがない。塾もなければ、アルバイトもない。習い事も行ってないし、友達と会うのは土日の飯食うときだけです。
 
 そして暇な理由NO1が彼女がいないことです。

 彼女がいたら、おいちゃん、ダータなんかをGW案内することは無理だったでしょうし、サイト更新もこんなにしてないでしょうね。
 
 去年の5月に彼女と別れ、それから約1年。

 女性に振られ続けたことで、ネタができたり、いろいろと1人で考えることができたり。

 まあこれだけははっきり断言できますが、彼女がいない時は肉体的には暇ですが、精神的には忙しい。人間的に大きく成長するのは例外なくこの時期です。

 彼女がいると何も考える必要がない。まあ考えることといえば


 今週いつ会おうかなあ?      
 あ。メールきた。まあ…返しとくか
 今週日曜休みだから、土曜に会ったら泊まれるな フフ…
 この子と結婚するとどうなるかなあ


 以上


 ああ。もちろん誰もがこうとは言いませんが、私の場合はこれくらいしかホント考えてません。しかしまあ当然スケジュールは自動的に彼女の都合で勝手に埋まる上、電話も来るので暇はそんなにないですね。

 そして彼女がいない場合は暇です。しかし疲れます。

 
 暇だし、サイト更新でもするか。 ←かなり疲れる
 暇だし、JAVAの勉強でもしとくか ←これホントむずい。頭痛い
 暇だし、コンパ開催するか      ←幹事とか人数集め超大変
 暇だし、八十八茶物語なんてものでも書くか ←大変すぎ
 意中のあの子にメールするか  ← 気軽に打てない
 あの子をどう落とすか…   ←こんなの大変すぎ
 


 おわかりでしょうか?

 矛盾してるようですが、実は暇なほうが忙しいんです(笑)。

 暇だから何かしようということになり、さまざまなことをはじめます。しかもこれが後に何かの役に立ったり、将来身を助けることがあったりするんだから不思議。だから真剣にやるんだけど未知のものなので体力も使う上、自分で考えてやるんだから精神的にしんどい。

 それに彼女という明確な指標がないので、町を歩く女性歩く女性がすべて彼女候補。かわいい人がいたら「ああ…声をかけたい」などという不純な考えに陥り、結局相手にされなかったりで凹む。

 コンパもそうです。私の場合、苦労してメールアドレスをゲットしてもクリスマスにドタキャンされて振られたり、1ヶ月も電話無視されたり、飯に誘ってもものすごく気を使う上、電話するときもかなり緊張。それに「あの子は俺のことどう思ってるんだろう?」などという絶対わからない謎解きを延々としなくてはならず、いよいよ答えを求めて近づくと撃沈。正直苦労の連続、それにショッキングな事連発イベント目白押しです。

 
 しかし傍から見ると暇(笑)

 
 最近コンパを繰り返したことで、いい子が見つかっています。どうなるかはわかりませんが、いい感じ?かもしれません。彼女にできる可能性はあります。

 当然そうなると、先ほど書いたサイト更新なんかは後回しになるでしょうし、もしかするとお蔵入りになるかもしれません。めいぽのプレイ時間も減るでしょうし、自分の趣味の時間に当てる時間も減るでしょう。

 彼女と会うのに忙しいからです。

 しかし確実に彼女のいない今現在よりも私は退化します。今の狼みたいなギラギラした瞳を失い、女性のことも「まあ俺彼女いるし。他はどうでもいいし」…とそれほど気にかけなくなるでしょう。

 もうブログに女性に振られたネタをおもしろく書くことができなくなります。もうアタックしないわけですからね。

 

 
 彼女と旅行にいきました。楽しかったです。

 ↑誰がこんなネタをみておもしろいと思うでしょうか?(笑)。

 
 幸せを得ると同時に大切な何かを失うわけです。まあ情熱というか、挑戦というかね。これまで彼女がいた時期のことを考えると確実にそうです。

 hina_19_600_400_01.jpg



 なんとも因果な話ですが、総回診のHIT数が急激にあがったのは、めいぽ同盟さんがリンクしてくれたというのも大きいですが、そこからグンとあがってきたのは前の彼女と別れてからです。

 別れてからどんどんと上がり、今では1日1万hit近くになりました。
 
 さらにその前の前の彼女がいた2年前も見てみると、もうひどい。自分よがりの文に終始し、今見ても恥ずかしい文です。そして別れてから多少マシになってます。
 
 無理もありません。あの頃は幸せだったのです。飯を彼女の家で食い、土曜日日曜日は泊まって彼女の家から出勤してたし、休日は彼女とまったりしてるだけ。それ以外なにもやる必要がなかったわけです。

 そりゃそうです。その子と結婚して、仕事して収入を得て、家庭を作るとすれば後は何が必要なのか?



 何も必要がない。

 ブログもゲームも趣味も「ついで」になる。やはり家庭が一番です。

 もう完全に抜け殻状態ですが、これで幸せなんだからしょうがない。
 


 この1年。アタックして振られ続けました。連続6人に振られるなんて前代未聞ですが、こういう状況を経験して上記の事に気づいたわけです。もし前の彼女とずっと今まで付き合っていたとしたら…すぐに彼女ができていたとしたら…

 もし同様のことを考えたにしても「まあ…こんなこと別にどうでもいいか」と途中で思考は停止していたかもしれませんね。

 少し前にこれは思っていたんですが、なかなか書く機会もなく、丁度サイトのアクセス数の区切りもいいということで今日書くことにしました。

 おそらく…もう彼女ができても自分を見失うことはないと思います。
 
 希望はサイトもゲームもなにもかもやめて、その子だけに集中したい…ですが、それでは今までと同じ。つまり退化です。

 彼女ができても仕事には影響ありませんのでリアルにはまったく影響がない。

 影響があるのは今自分のやっていることや趣味、そしてネット。


 そして今打ち込んでいる何か。おそらくほとんどの人が落ちてしまう落とし穴でしょう。

 彼女がいなくて暇だったからはじめたブログやサイト、そしてゲームを彼女ができたからやめた…となるとそれで可能性は終了。一体何のためにしてたのかわかりゃしない。



 古い格言にもあります。


「4時間の睡眠時間なら君は東大に受かるだろう。しかし5時間の睡眠時間なら落ちるだろう」

 まあこれは学生向きの言葉ですが、外国のエリートサラリーマンの約70%以上が普通のサラリーマンよりも早く起きるそうです。朝やるべきことをやって頭を整理し会社を早く退社する。…であとはやるべきことをやるみたいですね。

 これを聞く限り、睡眠時間が4時間以上ある者は「忙しい」と言って何かをやめるのは甘えでしかないのでしょうね。う~ん。言葉で言うのは簡単なんですが、これはなかなかできないですよねえ。

 

1週間前ですが

 私の84歳の祖父が入院しまして、今病院です。意識がもどったので、「家から何かとってこようか?」と質問したところ、返って来た言葉が「机の上の日記帳をとってきてくれ」

 …

 でした。

 血は争えませんねえ(笑)。内容はどうでもいいとしてそれだけ続けてるものには当然価値がありますよ。いつから日記をつけているのかが気になりましたが、身近にいいお手本がいたというのは想定外でした。


 もし


 次自分を見失うとしたら、今回の女性に振られたときでしょうね。

 これはさすがに悶絶です(笑)。

 
 しかし、もう彼女ができても今までとはまったく違った付き合い方になることもまた確かです。 

images.jpg

関連記事








Edit Comments(18) trackBack(0) |