09

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 05/09

OFF会報告2 おいちゃん(15)

財前ゴウの総回診 … Comments(15)

 おいちゃんのOFF会日記

 ダータとグレンと別れた後は間髪いれず、おいちゃんの出迎えです。こっちはちょっと今までとはワケが違います。
 
 なにしろ「おいちゃん」は婚約相手と来るんですからね…。それにチャットで聞く分にはかなり厳しい彼女のご様子。あんまり「おいちゃんが」めいぽやってると怒るらしいしね…。

 それを払拭するのが今回の目的。

 「へぇ。こういう人もめいぽやってるんだぁ…。それならまあ少しくらいは許してもいいかな」 

 と彼女に思って貰うようにすればOKなのである。フフフ。そんなの適任は俺しかいないだろ。まかせとけ。


 とまあ「おいちゃん」と事前にチャットで話していたものの、いざその時間が近づくとね、不安で一杯です。なぜなら彼女の要望が…すごい。


メール会話



おいちゃん「ゴウさん。彼女がさ。酒をおいしく飲める店に連れていってって言ってるんだけど頼むよ」

財前「え?酒?食事は?食事がおいしく食べられたらいいんじゃないの?」

おいちゃん「いや…酒がやっぱメイン」

財前「いや…しかしそんなん言うと居酒屋になるからね…。雰囲気が…。ワインとかそういう店でもいい?」

おいちゃん「そこワイン美味しいの?」

財前「タブン…」

おいちゃん「まあお酒とおいしい飯があればいいって言ってるからヨロ」

財前「ぁぃ」



 ということでフランス料理にすることにしました。…まあちょっと余所行きというかね…。コース料理なんかを食べるおしゃれな店なんだけどね。私にとってはここがベストだと判断していたんですが…。

 どうもおいちゃんの話を聞く分には何か様子が違う…居酒屋に行きたいんだろうか?


 でもまさかねえ。女性をいきなり居酒屋とか連れて行くわけには行かないでしょう。そういうわけで無理矢理もうフランス料理です。


 そして待ち合わせのローソンに向かう途中に、おいちゃんにメール。


財前「彼女の機嫌をとっといてくれよな。俺の話とかしてうち解けやすいように頼むよ」

おいちゃん「OK」


 そりゃそうですよ。人見知りが激しい彼女と聞いてましたので、いきなりこんなキャラが行ったらショックを受ける可能性がある…。

 そしてそんなこんなで待ち合わせのローソンに到着。


 確か…白いハイエース…


 …



  (;゚д゚)?



 いましたいました。白塗りのハイエース。タブンこれがおいちゃんの車。さっそく挨拶にとおいちゃんの車に近づくと、おいちゃんが車から出てきてくれました。まあこの時は暗くてよく見えなかったんだけどね(笑)。一言挨拶したあと、そこでちょっと雑談しようと思ったんですが、なにやら冷たい空気を感じる…。

 ま…まさか…

 そっと助手席を見ると、おいちゃんの彼女が座ってて…向こう側を向いてる…。こっち見てない…。

 そしてなにやらピシピシと張りつめる空気が肌を刺す…。おいちゃんの顔を見ると…ちょっと顔色悪い…。

 ぇ… これってまさか…ひ…姫様の機嫌が悪いのでは?



 おいちゃん何してんねん…

 彼女の機嫌をとっとけと言ったいたやろ…。




 まあしかしこれではどうしようもない…。そんなアンタ二人で話し込むわけにはいかんでしょう。

 ここで話すのはまずい、店で彼女も交えて話さないと…と思い立ち急遽雑談は取りやめ。

 でもなんで機嫌が…

 おいちゃんがやらかしたのか?

 いや…それは考えにくいな…

  (;゚д゚)?
 
 そうか!!

 タ腹が減ってるんだ。腹が減ってるから機嫌が悪いんだ…。そうに違いない!!

 こりゃ急がねば…。



 そういうわけで早速フランス料理の店に向かう事になりました。


 私の車でおいちゃんのハイエースを誘導して約30分。


 高級?フランス料理店サンマルクに到着。タブンおいちゃん知らないだろうけどね。このサンマルクっていうおしゃれな店ね…。


 ここはね



 …

 







 


 松さんに完膚無きまでに振られた伝説の店なのだ(笑)













 まあそういう意味ではあまりいい思い出はないんですが、松さんに振られてから、何か調子がよくてね。その後はコンパいきゃあ新しい女ができるし、両手に花状態なのです。来週もお金持ちのお嬢さんとか、デザイナーの子との食事とかね。もうホント今はね…まったく女性に縁のなかった去年は一体何だったんだろうというようなホクホク状況です。

 まあそういう意味もあってね。私の中では幸運の店という位置づけなんです。これから婚約する二人には丁度いいかな?と。まあその場では言わなかった、今だからこそ言える事です(笑)。

 ピアノの生演奏聞きながら飯食べるんだよ?


 店についてから改めておいちゃんと彼女を拝見できました。

 おおお彼女は美人だし、おいちゃんもりりしいねえ。確かになんか同じ臭いを感じるな…。


 まあしかしね。店に入ってから「おいちゃん」が暴走。彼女いるのにね。俺が彼女に気を遣って結婚とか私生活とかね。そういう話題を出してるのにね。



 おいちゃんが…




 おいちゃんが…

















 めいぽの話題に変える!!

 












みるみる内に顔色の変わる彼女…。しかしおいちゃんの話は止まらない…。


彼女「めいぽとかそんな話あんましわからないし… 知らないし」

おいちゃん「それでさあ。ゴウさん。鉾はね…ぺちゃくちゃ」
 
財前「あ…ああ…そうだな」

おいちゃん「それに鉾はさ。槍にくらべて…ぺちゃくちゃ」

財前「いや…まあ…そうだけどさ…」

おいちゃん「ジャンプスラッシャーの隙がね…それに… 」

財前「あ…ああ…そうだよな…」

おいちゃん「だいたい30%がねえ…やっぱ30%だよゴウさん」

財前「そ…そか…」

彼女「プンスコ!!(#゚Д゚)」

財前「(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル」




 まてまてコラ(笑)。もうほんとヒヤヒヤするよ。私もこうね。めいぽの話やバーチャの話は確かにしたい部分もあるんだけど、彼女がわからんかなぁ…と思って避けてたのに、おいちゃんがマニアックな事しゃべりまくるからもう大変。いや…そりゃね。彼女もめいぽプレイしてるらしいからある程度はわかるんだろうけど、おいちゃんの話は結構LVが高いから彼女に難しすぎるだろ(笑)。

 彼女の顔には出てなかったけどね。あの時は内心ちょっとおだやかじゃなかったんじゃないかな…て思ってました私…。


 だってそれを証拠に




 彼女のワインがどんどん進み…。ワイン瓶一本が空に…。




 俺とおいちゃん水しか飲んでないのに…。

 間髪入れずもう一本注文する彼女…。


  (;゚д゚)これってやっぱ… イライラしてる?


 こりゃいかんとさっと話題をブログやHP関係に変えて、事なきを得ましたが、おいちゃん気づいてるのかねえ…。女性の近くではゲームの話題って基本的に厳禁なんだけどな…。まあ彼女だから許されるんだろうけど、コンパの時になんて私は100%話しませんから…。

 そんな事話してると、どうやらおいちゃんの彼女が私のこの日記を見てくれているようですごく感激しましたね。いやあこんなにうれしいことはない。

 じゃああれじゃん。俺の事知ってるんじゃないか(笑)。


 てことは今の彼女の態度は素?なのか?これが普段の彼女なのかな…。

 それで後はコンパの話題や女性の話をしてました。


 そうこうしている内に10時くらいになり、おいちゃんにホテルはどこ?て聞いたのですが、


おいちゃん「え?ホテルとか今日とってないよ」

財前「へぇ。そうなのか…。  …って 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

おいちゃん「??」

財前「とってないって一体どこで泊まるつもりなんだよ」

おいちゃん「そこらへんのホテルで泊まろうかと…」

財前「まったくダータといいおいちゃんといい…徳島をどんな田舎だと思ってるんだ… GWはそんなにかんたんに部屋とれないよ 」

おいちゃん「工エエェェ(´д`)ェェエエ工 てか徳島とかどこでも泊まれるもんだと思ってたよ…。まあ最悪車で寝る…」

財前「そういうわけにはイカンよ。まあ知り合いあたってホテルとってあげるよ」

おいちゃん「おお あり」


 ということで旅行会社で働いている友に連絡しグランドホテルをとってもらいました。まったく…綱渡りみたいな事するよな…。
 
 確かチャットじゃ鳴門のホテル取ったとか言ってたはずなんだけどなあ…。気のせいだったのかな…。

 その後、彼女に頭を下げて、近くのゲーセンまでご催促を願い、楽しみにしていたバーチャ対戦。

 まあこういうのはね。なんていうか…。う~ん。説明しづらいんですけど、しゃべる…バーチャやる…ていうのは繋がっているっていうかね。性格と腕が顕著に出るゲームだけに、バーチャ野郎はバーチャ対戦するだけである程度わかりあえるんですよ(笑)。チャットとか言葉とかね。そういうのとは別次元の感覚。

 心地いいんですよ。これがまた。
 
 しかし1時間近くやってしまったので彼女がまた…怒ってるんじゃないかと気になりまして…

 ちょうど段位戦も終わりましたしサッと切り上げ(笑)。

 そこからホテルまで送って、次の日の朝8時にお迎え。

 ダータとグレンと同じコースで渦の道と最強の刺身料理屋「びんび屋」に案内しました。

 彼女は相変わらず昼間から酒を飲んでましたが、次の日はかなり良好。だいぶ慣れてくれたみたいでいろいろ雑談に花がさきました。

 あいかわらずおいちゃんはめいぽの話題を話したかったみたいですけどね(笑)。

 その後私はちょっと仕事が入っていたので昼でお別れしましたが、いいカップルでしたねえ。おいちゃんがこうなんていうか、彼女にぐいって首根っこ捕まえられてるみたいな感じ?

 ウンウン。夫婦ってね。こういう方がうまくいくんですよ。恐らくね。

 まあそれにおいちゃんの彼女を大切にする姿勢は見習わないといけませんね。いや…尋常じゃないよ。このつくしっぷり。幸せなんだろうねえ。

 しかし

 考えてみると私、アプローチするまではのめり込むんですが、彼女になってしまうとちょっとテンション下がるんですよね…。

 今回の彼女は大事にしようと心に誓った私でした。

 そういう意味では非常に勉強になりましたね。話を聞いたり、二人をみてるとそういうのわかるしね。


 彼女ができたら今度はおいちゃんの山口にお邪魔させて貰う事にしましょう。一人じゃいけない…。




 関連記事


 鉾マン最強伝説




 サイト更新

 Dナイトについて

 Dナイトとは? スラッシャーとバスターのリーチ比較 等


 rtewwwwwww.png






関連記事








Edit Comments(15) trackBack(0) |