21

January February March April May June July August September October November December
2005(Wed) 12/21

女性のスルースキル(20)

女性関係徒然 … Comments(20)

 最近こんな日記ばかりで申し訳。

 

 皆さんの励ましは身に染みるほどうれしかったです。ありがとうございます。ご心配をおかけしました。もう大丈夫です。

 でも残念ながら期待も虚しく…申し訳ありません。


 でも結果は報告する義務はありますよね(笑)。追記に残しておきますね。




 
 




 昨日めいぽINした時もその女性からのメールを待っていたんですが、まったく音沙汰がないのでどうにもこうにも狩りが手に付かず、グループで狩ってた女性陣「ルカさんと那希さんとゆめこ嬢」にちょっと相談したんですね。

 
財前「ねえ。メール来ないよ… どうしようかな。メール打ってみようかな…」

ゆめこ「もう無理じゃない?」

ルカ「焦っちゃダメ~」

那希「ちょっとは落ち着いたら?」



財前「し…しかしだな…もう10時だぞ?さすがにおかしいだろう」

ゆめこ「諦めも肝心よ?」

ルカ「('・c_,・` )プッ」

那希「そうそう無視されてるのかもね」



財前「貴様ら…。まだだ。まだわからんだろうが!!まだ…3-0。9回裏2アウトフルカウント満塁だ。勝負は最後までわからん。次でホームラ…」

ゆまこ「間違いなくチェンジじゃない?」

ルカ「試合終了~」

那希「おつかれ~」

財前「…」


それから10分くらい狩って…。


財前「な…なあ。やっぱ来ないよ…。ちょっとさ。謝った方がいいな…。こう打ってみるのはどうかな。

 昨日は返しにくいメール打ってごめんなさい。変な事言っちゃったかな…

 

 これでどう?」


ゆめこ嬢「女に媚びすぎ。なんで財前ちゃんが謝るのよ」

ルカ「それストーカー1歩手前」

那希「しつこいね。財前さんも」

財前「;;」




ゆめこ「そこまでしてつきあいたいの?」

ルカ「今回はもう諦めたほうがいいよ…」


財前「いや…けどさ。まだ向こうも迷ってるかもしれないし…」

ゆめこ「一日も無視するなんてあり得ない。」

ルカ「うん。それはないね」

那希「返事が未だに来ない時点で終わり」

財前「…」






財前「おかしいじゃないか!!断るにしても返事を返すのは当然のマナーじゃないのか??こっちの気も知らないで「無視するんだから言わなくてもわかれ…」とか俺には許せない行為だ!!」

ゆめこ「そういうの普通にあるよね?」

ルカ「そうそう。そういう断り方もあるよ?」

那希「物分かりの悪い男はダサイよ?」

財前「_| ̄|○」



ゆめこ「そうやって無視して終わらせるような子なんだよ。その子は。追いかけるには値しないと考えればいいじゃない」

ルカ「(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン」

那希「だね」

財前「いや…あの子に限って…そんな性格であるはずがない!!!きっとなにか事故かなんか返せない理由があるんだよ」


























 結局メールは返ってきませんでした…。


 


 こっちは真面目に告白してるのに無視してさらにスルーとかね…。ふざけすぎ。

 

 あの子はそんな女性じゃないと私は感じてたんですが…。どうやら違ったみたいで…。

 女を見る目ないのかな…。


 う~む。でもさすがと言うべきか。

 結果は彼女たち3人の言ったとおりでした。


 女心は女同士でしかわからないんでしょうねぇ(笑)。いやはや参りましたよ。チャットでの返信だけにみんな腹を割ってストレートに話してくれるのはうれしいですね。



 まあ私としても相手の返事がハッキリしたのであれば特に悩む問題はなく、(というより無視…という態度で示されただけでハッキリ言われたわけではないんですけどね…)

 もう落ち込んではいません。

 この2日の落ちこみっぷりは凄かったけどね(笑)。
 

 しかも


 なんか昨日までの私の落ち込みぶりを知ってか知らないか…社長が丁度今日昼飯に誘ってくれまして…。

 そういう気分ではなかったので断ろうと思ったのですが…

 よく考えるともう悩む必要はなかったんですよね。フラれた以上次の相手を見つける段階に来てるわけです。



 頭を冷やさないと…。




  (;゚д゚)ん?





 クックック… 


 それなら普段食えない物をおごってもらおう…

 というわけで高級焼き肉と極上エビフライを無理矢理2人分社長にご馳走して貰いました。 

 普段は食えないね(笑)。これ。

 しかし

 これにて悩んで消費した分のカロリーを完璧に充電完了。 

 やはり上流階級の食材は違う。普段の板飯を食っていたらさらにマイナスのエネルギーに支配されているところでした。


 そうだった。


 まだクリスマスまであと3日もあるじゃないか。





 諦めるのはまだ早い。



 あの子に夢中だったのですっかり忘れていました。そう…クリスマスとは

 ・女は寂しい
 ・男も寂しい
 ・ガードが緩い
 ・話が早い
 ・目的は一緒
 ・この時期だからこそできることがある


 という方程式が成り立っていたのでしたよね?


 それならば…


 と…数人の友達に「今フリーのかわいい女性はいないか?」と電話をしてみると? 

 おお!!

 やはり持つべき物は友達。 

 丁度一人…紹介できる女性がいるとの事です。ほぅほぅ…。化粧品を販売している大手ブランド店のOL。



 なにかゾクゾクしますね~。


 しかもね。幸先いい事に。向こうの女性も「24日までにできれば紹介して欲しい」とそいつに打ち明けてたみたい。

 


 フハハハハハハ みろ!! 女も焦っているのだ。


 その友達におまえいつ空いてる? 

 と聞かれ



 いつでも空いてる!!!!!



 と即答。


 早速紹介して貰えるように手はずを整え、いざ今日出発。でも今日は徳島県は雪が降る可能性があるみたいなので、雪が降ったら明日決行。

 普通こんな都合のいいように日付の変更はできない。クリスマスがなければ…来週でいいかな?なんて話になっていたでしょう。


 話が早い早い。


 やはりクリスマスの魔力は絶大だ。



 
 私に残された時間はあと3日ですが、ここに来て運が廻ってきました。


 今日会えるかもしれないであろう「その子」が素晴らしい女性なら…。もう何も言う事はありません。

 もちろん日程的には、その場で相性を判断して、その日にクリスマス会う約束をするしかないでしょう。
 
 このまま負け犬のまま今年が終わるなんて…たまったものではない。最後まで勝負はわからんはずだ。


 めいぽも今日クリスマスパッチがあるみたいですが、それで性欲が抑えられるのであれば苦労はしない。

 性欲を満たせる唯一の対象はにょたい。

 そう…女体。


 それも結婚したい…と思えるほどの女性でなくてはダメだ。


 きっと2005年はいい形で終われるはず。そう信じています。


 コメントを見ると私と同じような状況の方も多い。



 お互いあがきましょう… 


 ここまで来たらプライドも糞もありません。










関連記事

テーマ: オンラインゲーム
ジャンル: オンラインゲーム








Edit Comments(20) trackBack(1) |