--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

06

January February March April May June July August September October November December
2005(Tue) 12/06

八十八茶 其の11 人気狩り場の罠(24)

八十八茶 の旅 … Comments(24)

 2次転職も無事終わり、いよいよ斬り賊としての一歩を踏み出したわけですが、特に何も変わっていません…。

 なぜなら転職してすぐ斬り賊…というわけではなく、これからさらに鍛錬を積み重ねて初めてシーフとして認められるようです。

 確かに…6連攻撃(サベジスタブ)、高速移動(ヘイスト)、スリ(スチル)という技を習得できる…というのは本当なんですが、今はまだ使う事すら許されないのです…。

 ほらね。0ではダメなんです。なにやら聞くところによるとスキルパワーを30まで上げないと一人前ではないとか?

 …

 これから…コツコツと技のLVを上げていかなければならないわけね;;

 051207q.jpg



 さて…


 ではまたいつものカニング地下の青いスライムを… と思いましたが、私ももうシーフですからね。

 この先の扉を開けて…。もうちょっと奥に行ってもいいのでは?

 …と思い立ち、勇気を出して隣の部屋に行ってみる事にしました。う~ん。スライムは緑…青と来てますよね…。


051207dd.jpg





 …てことはこの先には黄色いスライムが?
 
 
 …


 

 扉を開いてみると…












 



 051207w.jpg


 
オオォ(´゚д゚`)オオォ

 
 ひ…人が!! それにこれは… 魔物のお化け?


 ほぇぇ。隣の部屋なのに、さっきとは随分と雰囲気が違いますね。



 …


 四月降雪さんと誰だYO?さん?


 …



 なにやら二人で話し込んでいた様子。



四月降雪「ん? YOさん 人が来たよ。」

誰だYO「来たって。誰だYO~」

四月降雪「斬り賊の人だ。彼女にあげようよ?」

誰だYO「おお。いいYO~ ちょっと 聞いてみてくれYO」

四月降雪「OK。  ねぇ。そこの君。アイテム欲しい?」



 ??



 …アイテム? 何か頂けるのでしょうか?



八十八茶「え? アイテム…?ほ…欲しいです(´・ω・`)」

四月降雪「そうか。じゃあそこら辺に落ちてるアイテム全部持っていっていいよ」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 い…いいんですか?」

四月降雪「うん。俺たちはアルファベットを取りに来ただけだからさ」

誰だYO「遠慮しなくていいYO」


八十八茶「ありがとうございます…」

四月降雪「ちなみに右の方にも一杯落ちてるから。他の人に取られる前に拾ってね」

八十八茶「は…はい!!」

誰だYO「じゃあ俺たちは行くからYO。がんばれYO」


八十八茶「はいっ!」

四月降雪「じゃあね~  …よし相棒。次はMを探しに行こうか。」

誰だYO「M落とすの 誰だYO」

四月降雪「リボンピグさ」

誰だYO「そうなのかYO~。 確か聞いた話ではSもピグが落とすようだYO~」

四月降雪「へぇ~…じゃあ一石二鳥だね。早速ピグの海岸へ行こう。」

おまえ誰だYO「じゃあリス書で行くYO~」



|彡サッ


八十八茶「あっ…」
 









行ってしまわれました…。M … S? 何を言っていたのでしょう…彼らは…。でもここのアイテムをくれるって言ってましたよね…。

 周りにはたくさんのお化け?が落とした戦利品。いやぁ。助かります( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー





 しかし…。ここでとんでもない事が…

 

 …お化けの落とすナプキンをくれるのはわかるんですが…



 右にあったアイテムは…





















 これ…

051207.jpg



 ( ゚Д゚)・∵. アッチョンブリケ!!


見た事もないような…アイテムがそこら中にズラリと…。これ…ホントに貰っていいのでしょうか? それともあの方々からすると必要のないアイテムなのかな…

 でも2次転職したときは普通はみんなお祝い貰うんですよね…。じゃあこれを一応のお祝いに…貰っておいてもバチは当たりませんよね?


 いやあラッキーです。 



 …というわけで全部拾ってお店に売っぱらい決定。



 ウフフ…



 なんていい人達なんでしょうか。



 

  (;゚д゚)ゲッ?


 なんか人が来た!!


  (;゚д゚)?




 しまった…さっきのアイテム…見られたかな…。












051207rt.jpg



華淋音「Hai^ ^」

八十八茶「はぃ…」 

華淋音「今のたくさんのアイテムは?あなたの戦利品??」

八十八茶「え…ええ…まぁ…」

華淋音「ホントに?。。。(・∀・) ニヤリンコ♪」

八十八茶「い…一応…」

華淋音「(・∀・)ウヒョ♪」

八十八茶「ぇ…」

華淋音「胸プルルン(*´ω`*)」

八十八茶「…」

華淋音「すごいね(*´ェ`*)」

八十八茶「は…はぁ…」

華淋音「(・∀・)アヒョ♪」

八十八茶「ぇ…」


華淋音「(ノ*´3`)ノ チュッッ!!」


八十八茶「Σ(´Д`lll)」



華淋音「…」

八十八茶「…」




華淋音「((´∀`*))ヶラヶラ♪」

八十八茶「!?」






華淋音「じゃまたね (*´ェ`)人(´ェ`*)♪」

八十八茶「ぇ…」

華淋音「(*´ェ`*)ノチ」

八十八茶「ぁ… さよなら…」




|彡サッ





 …





 _| ̄|○ゼィゼィ…


 全然ダ…ダメですね…。普通の会話なんですけど…私…あんまりこの島の住人の女性の方と関わった事がなかったので…き…緊張します…。住人のみ…皆さんてあんなノリなんでしょうか…。

 こんなんだからきっと友達ができないんですよね…。

 
 しっかりついていかないと…。


 

  (;゚д゚)?

 
 そ…そうだ!!


 せっかくだから人の一杯いる狩り場に行ってお友達を作ってこようかな…。一人じゃやっぱり…。


 そういえば。。。人の一杯いる狩り場って…ど…どこに行けばいいのでしょうね…。

 ちょっと聞いてみましょう。


 …



051120sa.jpg



八十八茶「もしもし…」

財前「ん…」

八十八茶「あの…人の一杯いる狩り場わかりますか?」

財前「?? 人の一杯いる狩り場?ああわかるよ」

八十八茶「!? どこですか?」

財前「LVによって違うね。いまいくつ?」

八十八茶「LV30です」

財前「 (;゚д゚)何!!? て…転職じゃないか!!」

八十八茶「それはもうしました」

財前「そ…そうなの? 凄いね。よくわかったねぇ」

八十八茶「はぃ」

財前「なら大丈夫だ。そのLVならアリの巣に行くといいよ」

八十八茶「アリの巣?」

財前「うん。ヘネシスからずっと右に行けば洞窟があるよ。それを抜ければアリの巣」

八十八茶「ヘネシスを右…」

財前「そうそう。でも人のいる狩り場は…狩り場争い激しいよ?」

八十八茶「狩り場争い?」

財前「ああ…。知らないよね。まあ行けばわかるよ」

八十八茶「はぃ」

財前「人一杯だと思うけど楽しいよ~」

八十八茶「そうですか~。 あ…。もう10円玉がない…。そろそろ通話切れちゃいます…」

財前「 (;゚д゚)え?マジ? ちゃ…茶ちゃん。クリスマスもし暇なら俺とワシント…



ガチャ


ツーツー…


友チャット切断




 …



 
 なるほど… ヘネシス右ですか…。アリの巣…。早速行ってみる事にしましょう。友達できるといいなあ。


 私はタクシーでヘネシスへと向かい。その先にある洞窟へ…。
 

 なんかエリニアの森に雰囲気が似てますね。

 
051207rty.jpg


 
 でもなんか様子がおかしい…。洞窟の中は古代の遺跡?のような感じで…人なんて全然いないんですけど。。。

 道間違えたかな?

  
 …まあ敵も強くないしもう少し深層へ行っても大丈夫でしょう。


 そのまま進むと…

 
  (;゚д゚)?

 051207uhgf.jpg


 オオォ(´゚д゚`)オオォ


 なんか門みたいなとこに来ました!!

 
 さらに…













 オオォ(´゚д゚`)オオォ


 051207jhgfd.jpg


 な…なんか凄い…。

 
 

  (;゚д゚)…


 ちょ…ちょっと待って下さい…。

 
 こんな危なそうな所がLV30の狩り場??


 ホントにこれLV合ってる?なんか明らかにLV30で来るような所じゃない気がしてきました…。そういえば…さっき財前さんに間違えてLV90って言ったような…。

 
 …


 まあ行けばわかりますよね…。


 …


 …




 恐る恐る進むと…









 なんか看板が!







 おお

 














 大人気御礼

 
 アリの巣入り口








 と書いてあります!!!



 どうやら合っていたようです。



さっそくアリの巣へ突入してみると…?
















オオォ(´゚д゚`)オオォ


 051207rtyu.jpg



 !?


 早速 人が!!


 ん? めいぽ自衛隊? 自衛隊って…。


 でも魔物はただのトゲキノコ。わざわざ自衛隊の人が来るような所ではないような気もしますけど…。

 事故とか多いのかな…。

 
 とりあえずここで狩らせて貰うように交渉してみる事に。


 ウフフ…


 でも狩る事が目的ではありません。

 あくまでも友達になることが目的なんですけどね。


八十八茶「すいません」

めいぽ自衛隊隊員「はい?」

八十八茶「ここで狩っていいですか?」

隊員「おお。助かります。実は下の方の魔物を狩りきれてなかったので困っていたところです」

八十八茶「??」

隊員「下の方の魔物を狩って頂けますか?」

八十八茶「ぁぃ」

隊員「グループを作りましょう。茶様がリーダーをよろしく御願いします」

八十八茶「わかりました」


 さっそくグループを作り、自衛隊さんを入れて、狩り開始です。…いい人そうですね…。友達になってもらえるかな…。

 
 頼まれた通りに下の方へ移動。




  (;゚д゚)あれ?
 

05127gh.jpg



 な…なんか見た事ない魔物がいるんですが…。


 LV30で大丈夫かな…。い…一応試し斬りしときましょう。


 
051207k.jpg



 オオォ(´゚д゚`)オオォ  


 一発で大人しくなった(*´ェ`*)


 なんかいけそうです(笑)。



 しかし…ここ凄いですねえ。魔物が沸いて沸いて…狭いMAPなのに魔物が密集するので剣を振りっぱなしです。あれ?




 ちょ…









 051127trfdsss.jpg



  工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工


 も…もうLVアップ? まさか!?

 
 よく見ると…なんかすごい勢いで経験値が上がってるし…。


 数十分後…


 
 あれ。なんか鼓動が高鳴る…。

 


 (;゚д゚)?










 051127trfdsss.jpg



 
 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 
 ちょ…またLVアップ??

 
 う…嘘でしょ?

 
 な…なんなの?これは…


 なんか…地味にコツコツ青スライム狩ってたあの頃がバカらしく思えてきますね…。なるほど~。だからみんなココで狩るんですね~。

  
 その時でした。

裸の男「お嬢さん」

八十八茶「 (;゚д゚)ハイ?」

裸の男「…」

八十八茶「??」

裸の男「…」

八十八茶「あの…なんでしょう?」

裸の男「読んでの通りです。OK?」

八十八茶「え?え?」

裸の男「読んで…」

八十八茶「よ…読んでって…」

裸の男「読めばわかる… Ok?」

八十八茶「ぇ…」


 な…何を言っているのでしょうこの人…。読んでって一体何を?




 …って













 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
 
051207yuiy.jpg


 な…名前が「グル入れて?」


 
 …_| ̄|○


 ど…どうなってるの…この島は…。あなたの名付けのお父さんは一体どういうつもりで…。


051207fd.jpg



 さっそくグループに招待。




ぐるいれて「あり^―^」

八十八茶「いえいえ…」

自衛隊「よろしく~  …って  何その名前…」

ぐるいれて「便利な名前でしょ」

八十八茶「あなたと結婚したくはないですね…」


 


 さすが人気狩り場(笑)。ぶっとんだ人が多いようですね。
 
 それに3人になると今まで手薄だった真ん中の段も完璧にカバーできる上、「ぐるに入れて」さんは名前こそ弱そうですが、もの凄く狩りの速度が速いのです。

 信じられない…この人。 人はみかけによりませんねぇ…。


 こんな浴びるような経験値…初めての体験です。

 
 もちろん楽ではなく、こちらとしても大変です。狩るのが遅れると他の方の場所の魔物が沸かなくなってしまい、ストレスを感じさせてしまうので、キチンと自分担当エリアはできるだけ素早く狩らなければなりません。ハッキリいって…息つく暇もありません。 

 グループの方に迷惑はかけられませんし…


 そんなこんなで考えてる暇なんてなくて…ドタバタです(笑)。







 そして…





 どれくらい狩ったでしょうか?






 051127trfdsss.jpg




 知らない間に経験値が貯まり…またまたLVがあがってしまいました…。


 凄い…ここ…。


 もう3LVも…。



 それともグループで狩ってるから?



 …と



 その時でした。









男「お嬢さん…」

八十八茶「 (;゚д゚)ハイ?」

男「パーティー(グループ)に入れて頂けませんか?」

八十八茶「あ…はい!!」

男「あ。二人御願いします。もう一人いるんです」

八十八茶「わかりました」 


  (;゚д゚)


 …凄い。 凄い凄い。やっぱり人気狩り場はすごいです。今まで話しかけられた事すらなかった私ですが… 今は他の方からお話ししてくれる!!

 なんて心地いいの(*´ェ`*)


 もう仲間が5人に!!





 え~とこのお二人をPTに誘えばいいんですよね…










 え~とお名前は…









 !?









 わせdrftgyふじこ










 ゆ…ゆうし …ゃ






 …って 








 本日7回目の…




 














 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工




八十八茶「ちょ…勇者様に旦那様って…そんな名前ありなの?_| ̄|○」


 051207yuhfd.jpg


八十八茶「ちょ… もしかして大勇者様って… 」

大勇者「??」

八十八茶「ドラゴンクエスト…」

大勇者「はい」


八十八茶「あのロトの勇者様???」

大勇者「そうです」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

大勇者「(;´∀`)」

八十八茶「そして伝説へ… の勇者様?」

大勇者「そうですね。3です」


八十八茶「な…なんでそんな方がここに…」

大勇者「旦那様のお供です」

八十八茶「お供?? 勇者様が?? だ…旦那様… ま…まさか…? 旦那様の方が位が上なんですか?」

大勇者「そうですよ?」

八十八茶「嘘…… そ…そうなんだ… でも… 勇者様はここでこんな事してる場合じゃないのでは…」


男「はい…。実は…魔王バラモスを倒すための冒険中だったのですが…お金がなくなってしまって…今は雇われの身です…」

八十八茶「…」



その時でした。渋い顔をした旦那様と喚ばれている人がようやく重い口を開きます…。













旦那様「おい勇者君…。かわいいメイドちゃんがまだ来てないようじゃないか。しっかり連れてきてくれないと困るよ君ぃ」

大勇者「 (;゚д゚)? も…申し訳ありません。旦那様 すぐに連れて参ります」

八十八茶「(;゚Д゚)…」


旦那様「はやく連れてきなさい(;´Д`)ハァハァ」

大勇者「八茶さん。少し待っていて下さいね。もう一人メイドさんが来ますのでその方も入れて上げて下さい」

八十八茶「…わ…わかりました」


     

 …


 (;゚д゚)メ…メイドって何゙? 




 …






自衛隊「よ…ヨロ…」

ぐるいれて「ヨロです^―^」

旦那様「うむ…」

大勇者「よろしくです~」

八十八茶「…」





 …




 よくわかりませんが、とりあえず…5人で狩る事に…。



 こんな人たち…統率できるわけがありません…。



 アリの巣は…ほぼ無法状態の狩り場と化しました。




 そして…


 しばらく狩っていると…



 








メイド「ご主人さま~ 到着しました~」



旦那様「もう…ルカったら遅いんだから~こいつめ~( *´ェ`*)ノ)Д`)ウニ☆」


ルカ・∀・)キャッ キャ☆」










八十八茶「…」

ぐるいれて「…」

自衛隊員「…」









な…なにやら…「メイポ勇者隊」なんていう護衛舞台に連れられてメイド?ルカ様が到着したようです…。

 051207gfv.jpg




ルカ「こんにちわぁ~皆さん (*´д`*)ハフン☆」


旦那様「ルカしゃ~ん…(*´д`*)ハフン☆ 」


ルカ「みなさ~ん。メイドDEジャンケンPONで遊びましょ~」




旦那様「やった~」


ルカ「ジャンケンポン(*´ェ`)人(´ェ`*)♪  あ~手つないじゃった~」


旦那様「(・∀・)ウヘヘ☆」















八十八茶「(;・∀・)…」

ぐるいれて「('A`)…」

自衛隊員「('A`)…」











八十八茶「…」

ぐるいれて「…」


自衛隊員「…」
















八十八茶「…」

ぐるいれて「おい…な…なんだ? …コイツ…( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「…わからん あれじゃないのか?今秋葉原で有名な…あのご主人様~てヤツ…( ´ノω`)コッソリ」

ぐるいれて「なる…メイド喫茶な…」











旦那様「勇者君。私とルカちゃんはジャンケンしてるから君は私の周りを援護して狩ってなさい」

勇者様「は…はぃ…」


















八十八茶「…」

ぐるいれて「コイツ…相当痛いな……( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「あぁ……( ´ノω`)コッソリ」












ぐるいれて「…あの頭の上に浮かんでる太陽はなんだ?」

自衛隊員「さ…さぁ… あいつが…おめでたい…って事じゃないのか」






















ぐるいれて「絶対真面目に狩る気ないよな……( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「多分……ずっとハシゴだし( ´ノω`)コッソリ」









051207rfdscvb.jpg
























ぐるいれて「…」

自衛隊員「…」






















ぐるいれて「抜けるしかないな……( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「しかし…この状況で…( ´ノω`)コッソリ」















ぐるいれて「ま…まあメイドが来て急に抜けるっていうのも…不自然だよな……( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「うむ……( ´ノω`)コッソリ」














ぐるいれて「じゃあ おまえ…先に抜けろよ…( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「え…やだよ……( ´ノω`)コッソリ」











ぐるいれて「名前的におまえが言った方が無難なんだよ!!…( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「おまえの名前がふざけすぎてるからだろ!!…( ´ノω`)コッソリ」





八十八茶「…」

ぐるいれて「…」

自衛隊員「…」








ぐるいれて「じゃあ言うぞ。茶さんには悪いが…( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「マジで言うのか?…( ´ノω`)コッソリ」














ぐるいれて「あんなのと一緒に狩れるわけねぇだろ!!…( ´ノω`)コッソリ」

自衛隊員「た…確かに…( ´ノω`)コッソリ」







八十八茶「…」

ぐるいれて「…」

自衛隊員「…」


















ぐるいれて「ちょ…ちょちょちょ…ちょっと…用事を思い出しちゃったかな~… 
  

 …

 
 抜けますね~おつかれ~(;・∀・)」


自衛隊員「あ…おい…  え…え~と…お…俺も… 気分が… ぬ…抜けますね~…  おつ~ |彡サッ」


八十八茶「え?…ちょ… まってよ…」










き…気まずい…









八十八茶「あ… もうこんな時間だ! 私も行かなくては…」

勇者様「え?そんな…」

八十八茶「ちょっと用事が…(;・∀・) では皆さんさようなら~解散します~」 


勇者様「え?え?」

























グループは解散されました
















 …







 せっかく… 「自衛隊」さんと「ぐるいれて」さんとはいいお友達になれそうだったのに…。


 あの3人が入ってきた途端に…緊張した雰囲気が…一気に冷めた…というか…




 な…なんでこんな事に…。



 誰これかまわずPTに入れるのも考え物ですね…。



 …人気のありすぎる狩り場というはこういう危険性もあるということが痛いほどわかりました。今度はもう少し大人しい狩り場を教えて貰いましょう…。


 そんな事を考えながらヘネシスに戻ったのですが、どこで道を間違えたのか?何やら怪しい場所に…。


 え…

 
 なんですか?これ…。卵のようなものが…。それに死体…というか骨…。


 …



 051207ytr.jpg


 

 ど…どこですか…ここ…。




関連記事

テーマ: ミステリ
ジャンル: 小説・文学








Edit Comments(24) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2011/06/06 21:38 [ 編集] 読者さん MAILURL

ぐるいれて吹いた

2008/03/28 12:27 [ 編集] kajrurorhrh9uthi9ht8utp9thrphtrpuht9yth685888888888888888888 MAILURL

sabeziyare

2008/03/25 11:12 [ 編集] 読者さん MAILURL

v-191打ち消しの文v-1v-2v-143v-83太字の文

2007/12/24 17:44 [ 編集] ka MAILURL

旦那様っていないんじゃないんですか?
名前を書き換えているのが見え見えですねw

2007/07/18 17:21 [ 編集] (∀) MAILURL

やっぱり会ってみたい(∀*)

2006/11/09 21:13 [ 編集] 自衛隊 MAILURL

オレも出ていますねありがとうございます

2006/10/13 21:27 [ 編集] ゴジータ MAILURL

なんで八十八茶さんは そんなにつよいのーーーーーーー

2006/09/27 21:27 [ 編集] ぐるに入れて MAILURL

うはなんか乗ってるしアハアハアハアハアフアハアヒアは。

2006/01/05 19:35 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/10 17:14 [ 編集] コアラ MAILURL

ぼくもでてますた?

2005/12/08 19:20 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/08 01:41 [ 編集] MAILURL

ルカさんこんな役でいいのか(><)/

ちなみに財前さんの装備は頭意外アバタなので装備はちゃんとしてますよ?

2005/12/07 07:10 [ 編集] ダリアー MAILURL

もう少しでルティクエですか・・・
手かそろそろ防具をととのえたほうがいいと思いますが・・・・・・・

2005/12/06 22:17 [ 編集] 殺菌消毒 MAILURL

グルいれてさんの登場のところを、
男「よんでみて」
男「読んでみて」
男「呼んでみて」
とか変化入れてみたらどぉっスかねぇ~♪

でも、アリ巣はすごいっすねぇ~自分は人気狩場であんま狩らないんで…
グル狩りの楽しさは伝わったと思いますよ~

そろそろ記念撮影編とかでてくるんですかねぇ…
未だに「SS撮り方わかんないんでー」とか言ってる人多いですからね。

2005/12/06 21:50 [ 編集] 桜投げ MAILURL

最初は結構友達増えてたんですけどね~・・・・・。
このごろは全くといっていいほど友達できません。。。

なぜ!?
(;´∀`)ウーン;;もっとルディクエとかやっときゃよかったかなぁ~・・・・。

2005/12/06 21:38 [ 編集] 弱者 MAILURL

どうしたんだい・・・お嬢さん・・・・・・・・・・フフもし良ければお兄さんが送っていってあげようか・・・・・・・・

毎日楽しく見ています、サイト運営頑張ってょ

2005/12/06 20:46 [ 編集] ススキ MAILURL

あれ、登場人物ってすべて財前さんの友の人ですか?
それはいいとして(マテ)
最近はアリの巣空いている気が・・・
4倍の時も半分ほどch空いてましたし・・・

2005/12/06 20:08 [ 編集] 目指せクルセ MAILURL

ワシント…って財前さん一体茶さんをどこに連れて行くつもりだったんだーーー!
まぁそれは良しとして(良くねーよ)今回はグル狩りについてでしたね。
ちなみに俺っちほとんどソロですから…

2005/12/06 17:20 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/06 17:00 [ 編集] ユウト MAILURL

え?えええぇぇぇぇっぇ!?

いつの間にルカさんメイドに転職したんd⊃)゜д゜)・∵.

ゲフンゲフン・・・

しかし・・・自分狩ってたときはけっこう空いてたのですが・・・
しかし・・・ほんと・・・すごい人ですね・・・旦那様とか・・・旦那様とか・・・旦那様とか・・・

⊃)゜д゜)・∵.

・・・プラトンクロノス万歳

では、変な人にも負けず、がんばってください!

⊃)゜д゜)・∵.ホントにすいません

2005/12/06 16:51 [ 編集] ュウナレスカ MAILURL

ドラクエネタ最高bw
次はFFネタも(ぁ

2005/12/06 16:36 [ 編集] 匿名希望 MAILURL

連続更新乙 ガンガ( ´_ゝ`)

2005/12/06 16:26 [ 編集] 誰だYO MAILURL

うはwwwやった!なんか俺物語の登場してるしw財前sあざ~っスw

2005/12/06 16:03 [ 編集] ふにゃ太郎 MAILURL

1get@がんbってください^^

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。