--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

05

January February March April May June July August September October November December
2005(Mon) 12/05

八十八茶 其の10 切ない2次転職(21)

八十八茶 の旅 … Comments(21)

 森を抜けた先は古風な町並みの昭和町という場所。





 しかし…

 町を徘徊する人々は見るからに悪人丸出しの方ばかり…。さらしに腹巻き…。

051206y.jpg



 剃り込み…。バット… マシンガン… 日本刀… サングラス…

 

  (;゚д゚)まさか?



 これ…極道の方々?




 まあ…しかし、人を見かけで判断するのは失礼な事です。一応ご挨拶を…


八十八茶「あの…」







 …










サングラス「あぁ!?」













八十八茶「こ…怖いΣ(;゚Д゚)…」












サングラス「なんじゃワレ!? …ここらへんでは見ぃへん顔やな… 」


八十八茶「はい…初めて来たもので…」



サングラス「なんや… そうか… おい。まあ…こっちこいや…」

八十八茶「え? あ はい」

サングラス「よ~し。動くなよ?」

八十八茶「??」




























パンッ!!

 051206.jpg



八十八茶「ギ工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工








サングラス「チッ…外したか…」


八十八茶「あwせdrftgyふじこlp;」


 
ちょ… いきなり銃で頭を狙われた!!!!



銃弾は私の体から逸れたから良かったものの、当たってたら即死ですよ!!


 とんでもない所に来てしまった_| ̄|○

 
サングラス「おい…。もっと近くにこい…」

八十八茶「ぇ…」

サングラス「早くしろ…」


八十八茶「あの … こ…これでお許しを!!  |彡サッ」



051206q.jpg




 迷惑料の100メルを投げ捨て、すぐさま退散!!しかし…


サングラス「金じゃねえ!!俺は血が欲しいんだよ…」

八十八茶「さよなら」

サングラス「おい!!逃げるな… てめえら。その小娘を追え!! 追え!!」

子分「へぃっ」




 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工


 こ…子分に囲まれた!! ;;


 なんて目つきのイカツイ…


 明らかにいい人じゃないよ… 

 
051206fd.jpg



 なんでこんな目に…
 
 さっきのチートといい…墓地といい…ヤクザといい… 神社なのにこんな危険なんて!! ここ最悪…

 
  (;゚д゚)?


 てことはこの先に逃げても悪人だらけなのでは?


 …


 でも戻るにも…


 でも進むと危険だし…



  …





 戦うしかないのかな…。
 

 幸い…さっきの銃ならまだしも… 子分が持ってるのは「赤いレンガ」です。これくらいなら…なんとかなるかも?

 試しに叩いてみようかな…。私が持ってるのは短剣。つまり刃物ですから(笑)。負けるわけないです。

 

 レンガなんて…




 






 …って




 


 051206h.jpg



 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工



 ちょ… 250のダメージなんて… そ… そんな …意識が… 遠のい…



 

子分A「ヘヘヘ… 大人しくなったやな…」

 
子分B「…ほんじゃま。お別れや。 死ねや~」


 今度はレンガではなくバットを持った怖い人が…。

 
 そして…


 意識が遠のいた私に容赦なく振り下ろされるバット…。


 ブ~ンッ

051206v.jpg



 バ…バット…で殴るとか…あり得ない…。考えてみて下さい。通りすがりの人に対しいきなり銃…。レンガで殴り…とどめをバット… 


 こ…こんなに無茶苦茶な人間がいるなんて… し…信じられない…




 でも どうする事も…



 し…死…










 …とその時でした

 






 ボコッ!!









  (;゚д゚)?


 ポマードのいい香りと共に何者かが現れ、子分達が跳ね飛ぶ!!

 
 051206hg.jpg



森で会った戦士「まったく。またおまえか…いい加減にしろ!!」

八十八茶「え?;;」


 その辺のヤクザをバタバタと切り倒す戦士様。この人…確か…。以前にエリニアの森で猿に襲われたときに…

051206a.jpg



 オオォ(´゚д゚`)オオォ


 相変わらずお強い…。

 
 やはり私も戦士になれば…。


瞬帝「…また道に迷ったのか?」

八十八茶「はい;;」

瞬帝「この先に一応町があるが…その情けない強さでは行ってもしょうがない。 家に帰るんだな…」

八十八茶「それが… 帰るにも…帰り道が…」

瞬帝「…」

八十八茶「今やここがどこかも…」

瞬帝「…」

八十八茶「薬もないですし…」

瞬帝「…」

八十八茶「さっきヤクザに撃たれて意識も遠いですし…」

瞬帝「…」

八十八茶「そして…今や自分が誰かも…」

瞬帝「…」









八十八茶「お金下さい」
















瞬帝「てめえで貯めろ!!ガキ じゃあな…」



八十八茶「ご…ごめんなさい;;」

瞬帝「糞ガキが!! 勘違いするな…。おまえがどこで死のうと俺には関係のない事だ」 

八十八茶「;;」

瞬帝「だいたいそのLVで… 



   (;゚д゚)?」



八十八茶「??」


瞬帝「そ…そのLVは…」

八十八茶「え?え?」

瞬帝「まさか…こいつ…」

八十八茶「??」

瞬帝「本来は見捨てるところだが… 」

八十八茶「;;」


瞬帝「…今回は特別にカニングまで送ってやろう」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 いいんですか?」

瞬帝「うむ… LV29という事は 転職が近い…」

八十八茶「転職???」 

瞬帝「うむ…」

八十八茶「転職はしましたよ?」


瞬帝「フッ… やはりガキだな…貴様。何も知らんと見える…。だから特別に送ってやると言っているんだ」

八十八茶「??」

瞬帝「いいか…転職っていうのはな…   

  
  …


  めんどい やめ」


八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

瞬帝「とにかくついてこい…」




 ということで瞬帝様にカニングまで送ってもらいました。助かった…。


















瞬帝「よし。OKだ。だが…変わりと言っちゃなんだが…一つ言う事を聞け」

八十八茶「はい なんでしょう?」

瞬帝「遊んでばっかいないで少しは知識をつけろ…」

八十八茶「知識?」

瞬帝「そうだ」

八十八茶「??」

瞬帝「そのLVでショーワ町に来るなど…低脳すぎて話にならん」

八十八茶「…」

瞬帝「それに… LV30の転職も知らない… 低脳丸出しだ」

八十八茶「…」

瞬帝「それに…未だに皮帽子に皮サンダルを掃いている……」

八十八茶「;;」

瞬帝「少しはこの島の事を勉強しろ…  いいな…」

八十八茶「はぁ…」

瞬帝「まあそういうことだ。今度見かけても、もう助けんからな…」

八十八茶「;;」


瞬帝「仏の顔も…なんとやらだ」


八十八茶「仏の顔も3度までです」

瞬帝「わかっとるわ!!」

八十八茶「(´゚ c_,゚`)」

瞬帝「が…ガキが…」










瞬帝「まあ…いい。特別に一つだけ教えといてやる。今からすぐにLV30になれ。そしてカニングのダークロードのところへ行け…。  …じゃあな」

八十八茶「え?え?なんで?」

瞬帝「フン… 残念だったな…。俺は多くを語るタイプではない…」

八十八茶「…今だけでも充分しゃべってるかと」

瞬帝「 (;゚д゚)? …  チッ… 遊びがすぎたぜ」

八十八茶「…」

瞬帝「とにかく俺はお前のような輩が大嫌いなんだ。寄るんじゃない」

八十八茶「え?じゃあなんで助けてくれたんですか?」

瞬帝「まあ初心者をほっとけないというかな…。 (;゚д゚)? うるせえ!!




|彡サッ




八十八茶「あっ…」










 行ってしまいました…。LV30にして転職官の元へ行け…。何か…あるんでしょうか?

 でも怒られましたし…。言う事は聞いておいた方がいいですよね。今後会ったとき助けてくれないらしいですし…;;。

 とりあえず、カニング地下の狩り場へ。


051206ggh.jpg



 ウフフ… 

 私も自分の好きなモンスターくらいはいるのです。


 この青いスライム、たくさん沸いてくれる上、一度殴るだけで大人しくなるのでとても楽ちん。
 
051206ffg.jpg


 飽きてきたら地上に出てタコを狩ったりね。この変の魔物にはやられる心配がないので安心なのです。

  051206df.jpg


 怖い昭和町に行ってやっとわかりました。



 人生やっぱり…














 





 安全第一!!


051206gghj.jpg



 そんなこんなで狩り…。そしてネーラさんや


051206ghyy.jpg



 以前に頼まれていた依頼もこなしつつ…魔物と戦って…

051206asd.jpg



 報酬…もだんだんと



051226rfv.jpg



 良くなってきました。もう初心者じゃないと認められたんでしょうか?。


051206hhj.jpg


 
 そして







ついに…


















051206hhfddr.jpg





 LV30達成です!!








 成長しましたねえ。私も。



 そして瞬帝様の言われたとおりに再度転職官の元へ。

 051205trffff.jpg


 おお。

 LV30で転職しましょう

 と大きくポスターに書いてありました(笑)。

 
 見逃してましたね。詳しい事も書いてますね…。


 ほぅほぅ…。


 なるほど~。


 こういう事だったんですね~。

 

 私は斬り賊ですので

 LV10ローグ → LV30でシーフに転職 → LV70でマスターシーフに転職… →Lv120で…


 という事だったんですね…。

 
 でもLV30でシーフって何? そんなの聞いてなかったような…。


 でも誰でもなれるわけではないみたいです。シーフになれるのは転職官の試練を乗り越えられた者だけとか…。

 別に今のままでいいんですけどね…。つい最近ローグになったばかりなのに…そんな転職ばっかしてると信用なくすよ…。


 でも…何かあるのかな? 



 う~ん。ダークロードに詳しく聞いてみましょう。

051206gffrt.jpg



ダークロード「…というわけだ。どうだ?転職試験を受けてみないか?」


八十八茶「あの…転職したらどうなりますか?」

ダークロード「それは口が裂けても言えんな」

八十八茶「なんで?」

ダークロード「そういうキマリだからだ」

八十八茶「盗賊のクセに…キマリを守るの?」

ダークロード「う…」

八十八茶「どうなの?」

ダークロード「…そ…それは…  (;゚д゚)?  お…おお おまえ斬り賊か!! 最近は投げ賊ばっかで…シーフになりたい奴は皆無だったからな…。よし特別に教えてやろう。」

八十八茶「やった」

ダークロード「フフフ… 斬り賊で良かったな…お前」

八十八茶「はい」

ダークロード「いいか。おまえの言う転職とは2次職に転職するということだ!! そして2次職にな…」

八十八茶「おお 2次職!! 2次職っていうと…」

ダークロード「おい…俺の説明中にいちいち口を挟むんじゃない」

八十八茶「ぇ…」

ダークロード「いいか。おまえはまだ一次職のローグだろう?攻撃するスキルはなんだ?」

八十八茶「ダブルスタブ!!」

ダークロード「そうだ じゃあ…次は?」

八十八茶「え?」

ダークロード「どうした?それだけか?」

八十八茶「はい…」

ダークロード「で? そのスキルは強いか?」

八十八茶「え… 弱い;;」

ダークロード「そうだろう… 実はおまえ…心のどこかで思ってただろう… 斬り賊にならなきゃよかったって…」

八十八茶「ドキッ…」

ダークロード「それにこうも思ったはずだ…。 チッ なんだよ。足が速いとか聞いたけど別に足速くないじゃん。攻撃力もないし…しかもナイフとか…短すぎて敵に届かないよ…。  (;゚д゚)ゲェ?…。 なに?あの手裏剣投げてる奴ら。遠くから攻撃できて…しかも私より攻撃力高いじゃない!! しかもツンとしててさ… お高くとまってるって感じ!! 一体なんなの?この差は… 強くなって見返してやりたい!! でも…私にはまだダブルスタブしか攻撃スキルないようだし… ダブルスタブ弱すぎるし… 一体強い技はいつ覚えられるのよ!! キイィィィィ!!」



八十八茶「 Σ(;゚д゚) ドキッ…」

ダークロード「どうだ?図星だろう?」

八十八茶「なぜ…それを…」

ダークロード「フハハハ すべてお見通しよ」

 
八十八茶「だって…6連攻撃とか… お賽銭とかできるって聞いたけど…」


ダークロード「そんな技はいつまでたっても覚えない…。そうだろ?


八十八茶「(゚Д゚)ノ ァィ」



ダークロード「フフフ… そうだろう」

八十八茶「あの…そういえば…それはいつになったら…」

ダークロード「シャラップ!!」


八十八茶 「(;゚д゚)?」

ダークロード「貴様しゃべりすぎだ。黙ってろ!!盗賊は本来ベラベラしゃべるような職ではないのだ 隠密なんだぞ!?」


八十八茶「…」


ダークロード「ウフフ… 素直でよろしい。では教えてやろう。いまのお前の職業のローグだよな?」

八十八茶「はいっ」


ダークロード「そのローグという職業では一生お賽銭スキルは使う事ができん!!」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

ダークロード「…ていうか お賽銭スキルはおろか斬り賊の代名詞である6連攻撃すらローグであるお前は一生使う事ができん!!」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

ダークロード「クックック… さらに衝撃的な事実を教えてやろうか? 盗賊の代名詞である…」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

ダークロード「いや…まだ何も言ってない… いいか!! 盗賊の代名詞である足のは…」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

ダークロード「き…貴様…私を舐めてるな?いいか。良く聞け!!なんと足のはや…」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」




ダークロード「聞け!! 貴様!!    貴様…そういえば 初めて来たときも同じ事をしただろう…」


八十八茶「…」

ダークロード「いいか!! 実はローグでいる間は実は足も速くなければすばしっこくもない…」


八十八茶「ほぇぇ…」

ダークロード「つまりだ。ローグというのは「斬り賊見習い職」…という意味で斬り賊ではないんだよ」

八十八茶「!? そうだったんですか!!」

ダークロード「そうだ。さっき言った斬り賊になるためにはまずローグそしてLV30でシーフになり、LV70でマスターシーフに!!そしてLv120で…」

八十八茶「ゴクッ…」

ダークロード「…というわけだ」

八十八茶「なるほど~」

ダークロード「おまえはLV30だからシーフになる資格がある。シーフは凄いぞ。6連攻撃、高速移動、高速斬り、そしてスリ…ができる」

八十八茶「オオォ(´゚д゚`)オオォ 」

ダークロード「強いなんてもんじゃないぞ」

八十八茶「強い!? やった!!シーフになると他の職より強いんですね~」

ダークロード「いや…違う…。ローグと比べてだよ…」

八十八茶「…他職と比較したら?」

ダークロード「 (;゚д゚)う… いや楽しいとは思うよ実際…」

八十八茶「そんな事聞いてないでしょ?他職と比較したら強いのかどうか聞いてるの」

ダークロード「いや…だから…それは…」

八十八茶「具体的に言ってね。どこがどう強いの?」

ダークロード「そ…それはだな…」

八十八茶「何?」

ダークロード「そりゃまあ…いろいろあるんだよ…事情が…」

八十八茶「聞こえないわ…」

ダークロード「 Σ(;゚д゚)…」


八十八茶「じゃあハッキリ聞くわ。投げ賊と比較したらどっちが強いの?」

ダークロード「ドキッ…












ダークロード「シャ…シャラップ!! 


 え~い。だまれ! だまれ!!貴様!!  疲れたからもう寝る… もう何も聞くな。とにかくこの手紙持って試験教員に会ってこい!!」

八十八茶「…」





 あ…怪しい…。


 ホントにシーフになったらそんなに強くなれるでしょうか?。なんか自信がなくなってきました…。

 でも今より強くなるのは確かみたいですね(*ノωノ)♪



 早速…工事現場の建物の屋上にいる教員の元へ…



 すると?



教員「よし。来たな。魔物を倒して黒い玉を集めてこい。そしたらシーフだ」

八十八茶「え… その魔物強い?」


教員「…」



 …



(;゚д゚)? あれ?

 
 返事を聞く間もなくいきなり別の場所に運ばれてしまいました…

 
 ここの魔物を…


051205rf.jpg


 

 …って
 
 
 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

 
 なんだ魔物って…タダのキノコなの?

 
051206rfgt.jpg


 それに玉ってこれの事ね。

 
 なんて簡単な試練(笑)。こんなのお安いご用です。
 
 
 数十分で試練は終わってしまいました。今思うと試練よりも…LV10からLV30になる方が辛かったですね。

 そして再度ダークロード様の元へ… 


八十八茶「終わりました」

ダークロード「よしきた…。任せろ!!」


051206tgghj.jpg




ダークロード「おめでとう。お前をシーフにしたぞ。…しかし…おまえも寂しい奴だな…」



八十八茶「え?」

ダークロード「普通はな…転職試験受けて転職するときは、仲間に祝福されて行うものなんだ」

八十八茶「そうなんだ…;;」

ダークロード「仲間がお花をばらまいたり、雪を降らせたり… 友達が「八十八茶ちゃん2次転職おめでと~」なんて拡声器で叫んだりな… みんなが祝福パーティーをしてくれるんだよ…普通は…」

八十八茶「いいなあ…」


ダークロード「こんなに寂しい2次転職の儀式も久しぶりだな…」

八十八茶「酷い;;」

ダークロード「す…スマンな。」

八十八茶「私いつも一人…;;」

ダークロード「と…友達はいないのか?」

八十八茶「はい…」

ダークロード「仲間はいないのか?」

八十八茶「いません…;;」

ダークロード「そ…そうか」

八十八茶「一人でいることに…もう慣れました…寂しいけど」

ダークロード「そ…そうか」


八十八茶「ウワ━。゚(゚´Д`*゚)゚。━ン!!」

ダークロード「 Σ(;゚д゚)?」


八十八茶「。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビエーン!!」


ダークロード「おい… な…泣くなよ… 」

八十八茶「だって…」

ダークロード「…」

八十八茶「。。。。(ノ_・、)シクシク」


ダークロード「結構辛かったんだな…」

八十八茶「ぁぃ…」

ダークロード「これからも一人で行くつもりか?」

八十八茶「ぁぃ…」

ダークロード「そうか…もはや何も言うまい…」






























ダークロード「ん?」

八十八茶「?」

ダークロード「フフフ… ねずみが一匹紛れ込んでいるようだ…」

八十八茶「??」

ダークロード「敵か…味方か…」

八十八茶「??」





































 あっ?












051206tgee.jpg




瞬帝「…」

八十八茶「どうしてここに?」

瞬帝「た…たまたま通りすがっただけだ…」

八十八茶「w」








 
















 



















 転職の感じはこんなもんでいいかな?

 いい感じに終われたように思います。

 最近はFC2ブログランキングのおかげと、以前の内輪的な日記をやめたおかげか?結構めいぽとは関係のない読者も増えてきています。


 051206gd.jpg



 まあその中のほとんどの方はめいぽをする気はないみたいですけどね(笑)。

 メイプルストーリーは楽しそうですがやる時間がありません。でもどういうゲームかがわかりました。時間があれば是非やってみようかと…


 というコメントもあります。

 徐々に変わりつつある流れです。

 第1話の読者様のコメントの反応を見ればわかりますね。批判の嵐の中続けてきましたが、ようやく形になってきつつあります。

 やっぱね。偶然ここに来てくれた方を惹き付けるにはこの手法を用いるのが効果的ですね。


 


 それと… 



FC2

本日、お客様のブログに障害が発生し、アップロードしたファイルデータが消失致しました。今回での障害では記事やトラックバック、コメント等には影響はありません。
またアップロードしたファイルは34サーバー以降の一部の方、また11/23以降にアップロードされたファイルとテンプレートの復旧ができませんでした。大変恐れ入りますがそれらのファイルを再度アップロードし、テンプレートの再設定をお願いいたします。
今後バックアップの強化を行いますが、万が一の為普段より当ブログのバックアップ機能で、定期的にバックアップを取るようお願い致します。該当者様には多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。





 私のブログは該当になって一部の画像が全部消去されてました…。未だに復旧は全部できていません…。

 
 全然気づいていませんでしたが…恐ろしいね。いきなり画像削除されてたので驚きましたよ;;。

 バックアップ取ってるから戻すのは問題ないんですが、めんどくさいんですよ…これ…。画像を一個一個再度アップロードとか…。一気に指定できれば楽勝なんですが…。

 4日分くらいだから作業も短くて良かったものの…全部消えてたと考えると再度戻すのは悶絶ものです。

 こういうの一番困るのがマッカチンさんのブログでしょう。画像使いまくりだからね。

 前に東京で会ったときに画像のバックアップは取ってるって言ってたけど、再アップロード作業は相当時間かかるはず。

 2週間分のデータが消えてたとしたら…マッカチンさん泣くよ(笑)。多分、復旧に2時間はかかるな…。

 でもどうやらご無事のようでなによりです。リアルの方も…ドンマイ…;;。


 ブログ持ってる皆様。バックアップはちゃんととっておくようにしましょうね。

関連記事

テーマ: 連載小説
ジャンル: 小説・文学








Edit Comments(21) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2011/06/06 21:30 [ 編集] 読者さん MAILURL

シャラップ!!吹いた

2009/04/02 22:30 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/12/29 22:40 [ 編集] 読者さん MAILURL

色付きの文字更新がんばです色付きの文字

2008/03/28 12:23 [ 編集] kajrurorhrh9uthi9ht8utp9thrphtrpuht9yth6858888888888888888888886uuujyuy[iy[iiiiiiiiiiiyyyyyyyyyyyyio MAILURL

おめさべじいれたの?

2007/11/13 21:19 [ 編集] 卍龍芽王卍 MAILURL

楽しいですねw 2次おめ~\(^o^)/

2007/11/01 18:23 [ 編集] メイポ太郎 MAILURL

ダークロード受けルーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwシャラップ(。。:)

2007/07/18 17:08 [ 編集] (∀) MAILURL

2次転職おめでとねw

2006/10/28 11:06 [ 編集] アサシンです MAILURL

やっぱ総回診の八十八茶物語は最高です。  僕はカエデ鯖なんですがlvがあがらなくて大変(-_-;)僕はいったいどこで狩りをすればよいのやら;;           ついでに僕は今現在67です

2006/09/06 18:56 [ 編集] どっかの斬り族s MAILURL

[斜体]お・も・し・ろ・ぃ・!/斜体][打消]でもなんかダークロードの性格違う・・・/打消]=========○)´3):;.゙:;ブハッ

2006/08/01 16:39 [ 編集] ヴァン MAILURL

ぇと毎日見てるんです!とても楽しくてww
毎日この日記見るのが楽しくて楽しくてしょうがないんですwwww
八茶おもしろいwwwwwでもやっぱダークロードのシャラップだろww

2006/06/04 09:06 [ 編集] すもものシーフですw MAILURL

僕もシーフになってまだ3Lvしかあげていませんでもローグの時より強くなりましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(すごぃ?
あなたゎドコのサバですか~?

2005/12/06 07:35 [ 編集] ダリアー MAILURL

2次転職おめでとうございます。僕は2次転職のときだれもこなかったorz

2005/12/05 23:01 [ 編集] Lezy MAILURL

日記の内容が少し変わったような・・?

気にしないでおきます^^

しかし、瞬帝さんはいい人ですねぇ。
いつもかっこよく登場していて素敵です。

転職も終えたので「第一部完結」といった感じでしょうか??
楽しみにしていますので、これからも頑張ってください^^

私もブログを開設しましたので、よければ遊びに来て下さい^^

http://yaplog.jp/lezy/

2005/12/05 22:59 [ 編集] (笑´∀`)ヶラヶラ MAILURL

最後の内容変わってませんか?Σ(゚∀゚*)

2005/12/05 21:39 [ 編集] ガブリエラ MAILURL

やばい!瞬帝さんカッコイイ。

画像が消えてると思ったら、そー言う事だったんですね。
復旧頑張って下さい。

2005/12/05 20:56 [ 編集] ユウト MAILURL

最近40mという数字を突きつけられ凹んでいるモノです・・・

2辞職おめーw(ぁ

⊃)゜д゜)・∵.ぐぼあ

2次職おめでとぉ!!(ょし

これからゲッタ不足とか劉家ノ剣高いとか(関係ないだろ
ペットボトル高いとか(関係ないから
龍天剣安すぎとk⊃)゜д゜)・∵.

えー、まぁー、これからが本番だコノヤロー!!

さいきんスランプ?ドロップが一時間で1個・・・

2005/12/05 19:46 [ 編集] MAILURL

友達がいないのに本日のダータsのブログのSSに友チャで映ってますよ; ̄ロ ̄)!!やはりこれは少し過去になるのでこの後の展開で友達になったんですね!b





とちょっとチクってみたり・・・・許してください。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。(ぁ

2005/12/05 19:41 [ 編集] 通りすがりの投げ MAILURL

あの‥‥‥
すいません。
毎日楽しく読ませてもらってます。
いろいろ参考にさせてもらったりしてます。
どうしても注意したい所を見つけてしまいまして‥‥‥
私は生まれも育ちも大阪なもので‥‥‥
迷惑かもしれませんが‥‥‥‥
「ヘヘヘ… 大人しくなったやな…」
正しくは
「ヘヘヘ… 大人しくなったな…」
もしくは「ヘヘヘ… 大人しくなったやんけ…」
です。
いや、本当にどうでも良い事ですが(´Д`;)
いや、本当にどうしても注意したくなってしまいまして‥‥‥

2005/12/05 19:13 [ 編集] MAILURL

ふ~む。以前にも出てきた瞬帝さんはお茶の人だったんですね~。
最近(;´Д`)ハァハァって顔文字にはまってますw

稲妻さん(;´Д`)ハァハァ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2005/12/05 16:05 [ 編集] 右ちゃ MAILURL

クックック… さらに衝撃的な事実を教えてやろうか?

フリーザ キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

2005/12/05 15:55 [ 編集] ヾ(´ω`=´ω`)ノ MAILURL

寒すぎ。何でこんなに寒いんでしょ?
去年もこんなに寒かったかなー?ネットの中みたいに暑いほうがよくないですか?

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。