--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

02

January February March April May June July August September October November December
2005(Fri) 12/02

八十八茶 其の9 暗黒の力(36)

八十八茶 の旅 … Comments(36)

 ふとした気持ちできのこ神社に向かった私でしたが、同志の巫女様に会ったり、神様に会ったり…観音様(ペット)という心強い仲間を手に入れたり…

 今までが嘘のように順風満帆です。

 そうですよね。神社なんですから…。私の庭みたいなものです。始めから…ここに来ればよかったんですよね。

 


 しかし…

 
 やはりというべきか… 持って生まれた宿命でしょうか…。


 そう長く幸せは続きませんでした…。


 私はこの後


 きのこ神社にて…



 生まれて初めて恐怖の「暗黒の力」を体験する事になるのでした。


 
 その力の前では… 私など… あまりに無力




 



舞台はジパング。きのこ神社から出てすぐのキノコの森付近。ここでかなり邪悪な力を感じました。

 今までに感じた事のないような力です。


  (;゚д゚)?


 もしかして…これか?




 なにやら怪しい石像があります…。そしてそれを守る魔物…。



 怪しい…これは怪しいですわ!!



 遠くなのでよく見えませんが… あの石像の像は… 




 













 伝説の魔物 バルログ!!!! 


















 …って


 051201w.jpg


 
 違いました_| ̄|○


 近づいてみるとタダの「きのこの石像」でした…。



 なんだ…キノコか…。


 

 …


 
 フッと安心した瞬間に襲って来た魔物を切り払い、さらに歩を進めます。

051201q.jpg



 近い…


 近いです。すぐそこに感じます。悪魔の力を…


 その時でした!!


 突然青い物体が私を目がけて急降下!!



  (;゚д゚)?


 こいつか?


 いや…

 
 こんな小さな力ではない。


 …


 カァーと響き渡る断末魔。


 …


 どうやら襲ってきたのは凶暴なカラスのようです。


 051201.jpg



 グルクエで大きく成長した私にとってこのような鳥類など…もはや敵ではありません。3、4発殴ると大人しくなりました。
 
 
 ん? 


  (;゚д゚)?


 血!!


 まさか!? いつのまにか傷を?さっきのカラスにやられた!?




 いや…


 これはただの血ではないですね。

 
 …


  (;゚д゚)?

 
 そ…
 

 そういえば今日は生理…=====○)д`);.・;゛;ブッ


 …

 
 …失礼しました。








 そ…その時でした。なにか耳に触るブ~ンという音。



 ん?なんだろう…。


 あれ?


 い…いつの間に!?
 

 見て下さい。


 いつのまにか人がいます! 

  
 051201e.jpg


 オオォ(´゚д゚`)オオォ


 す…凄い。カラスを一発で…。魔法使いでしょうか?しかし邪悪な感じはこの方からは感じとれませんでした。どうやら修行でカラスを狩りに来た魔法使いさんのようですね。


 
 ウフフ…

 

 是非一緒に狩って貰おう… 




八十八茶「あの…



 …と声をかけようとしたその時でした。











卍くぅ卍「きゃあぁぁぁぁ!」



 突然魔法使いさんが苦しみに顔をしかめ、喘ぎ出しました!!


 一体何が!?


051201ergbb.jpg


八十八茶「ど…どうしました!!?」

卍くぅ卍「(;´Д`)ハァハァ」

八十八茶「だ…大丈夫ですか!?」

卍くぅ卍「(;´Д`)ハァハァ に…逃げて… ここはもう… 暗黒の力に支配されてるわ…」

八十八茶「なんですって?(´゚д゚`)」

卍くぅ卍「あ…あなたは盗賊だから無事なのね…。聖職者の私は暗黒の力に支配されたこのCHでは生存できない…」

八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工? だったら…す…すぐにCHを変更しないと…」

卍くぅ卍「あ…ありがとう…15CHへ御願い…」

八十八茶「はい。すぐ15CHに移動させますね」

卍くぅ卍「あ…あなたがいてくれて…助かったわ…。でも…聖職者である私の前であの男… ち…力づくで…あんな行為をするなんて…   あぁ… こんな時に…ポ…ポーナお姉ちゃんがいてくれたら… あうぅ…それに …あんな物見せられたら… 私…もう…お嫁にい…け ・  な…い…   

 ( ゚Д゚)・∵. グハッ!!」


八十八茶「!!??? ま…魔法使いさん!?」


 私はすぐに今いる4CHから15CHに卍くぅ卍さんを非難させました。どうやら命には別状はないみたいですが…。


卍くぅ卍「ポ…ポーナ姉ちゃん…   ( ゚Д゚)・∵. グハッ!!」
 

 バタッ__○」
 
 


八十八茶「ま…魔法使いさ~ん;;」



 …


 …


 か… 彼女の見た……暗黒の力とは…一体…



 男とは…一体何者なのでしょうか?


 15CHはどうやら安全のようですが… なにか気になります…。

 

 …


 私は…勇気を振り絞り今や死のCHと化した4CHに戻る事にしました。きっと…あそこに何かがいる…。


 4CHに戻ってみると?


 …


 何か様子が変です。



 ん?




 カラスが…。


 おかしい… さっきまであんなにたくさん飛んでいたカラスが… 一匹もいません…。



 ざわ… ざわ  ざわ  ざわ… ざわ… ざわ…

 051201rt.jpg


 変な音が辺り一帯に響く…



 こ… これは…一体?


 …と  その時でした。


 突然







































 


 止まれづら!!


















  (;゚д゚)? な…何?


 見ると丘の上になにかサンタのような人が!? あいつが首謀者?







 051201g.jpg



もみじぃ「おっ よう… てめえよう… これはおめえがやったづらか?」

八十八茶「 え?これって? この暗黒に満ちた空気の事ですか? 」

もみじぃ「そうづ~らづら」


八十八茶「ち…違います!! 私じゃありません」




もみじぃ「…そうづんづらか。とにかく…このCHはもうダメづら。完璧に暗黒の力に支配されてるづら」


八十八茶「あ…暗黒の力…。そ…そうなんです!! さっき魔法使いの方が…;;  (;゚д゚)?  そういえばあ…あなたは大丈夫なんですか?」

もみじぃ「づ~らづら。ちょっとキツイづんづらが…なんとか大丈夫づらよ。 そうさねぇ… …お嬢ちゃんじゃないとしたら… さっき墓地へ行った奴かもしれないづら…」

八十八茶「墓地?」

もみじぃ「この先にあるづんづらよ。あの力は使ってはダメづら…。おいらあいつを追いかけるづら…。お嬢ちゃんは危険だからCHを変えた方がいいづら」

八十八茶「は…はぃ…」

もみじぃ「急がないといけないづら… ではオイラは行くづんづら… 」



八十八茶「あっ ま…まっ…て…」




 …









 行ってしまいました…。


 この先の墓地…


 一体どんな奴がいるというのでしょうか!?

 
 しかし…


 危険だろうがなんだろうが

 このまま黙って引き下がれるワケがありません。恐れ多くも神社のある神聖な場所でこんな事をするなんて!!

 許せるわけがないのです。


 カラスがすっかりいなくなったMAP…。

 その暗黒の行為?を見て気を失ってしまった聖職者さん。

 そして…今も尚ひしひしと感じとれる暗黒の力とは…一体…。

 
 見ると「この先危険」という看板が…。なるほど…。ここにいるのね。

 
 私は恐る恐る森の茂みの中へ…
 













051201sx.jpg



 …


 茂みのトンネルを出るとさっきまでの雰囲気とは全然違う風景が姿を現しました。

 こ…これが… 先ほどの方が言ってた墓地? ここに問題の男がいるというのでしょうか? というよりここは墓地ですよね


 …という事は暗黒の力とは亡霊か何かが起こした力なのでしょうか?

 

 謎は深まります…。

 そしてここには誰も人がいない…。辺りも何か薄暗いし…

 
 怖い…(*ノωノ)



 引き返したくなる衝動に駆られましたが…。ちょっとだけ先に進んでみる事にしました…。

 


 とりあえずハシゴを登って上へ…







 すると?



 



 私の目の前に恐るべき光景が!!






































 


 ボン!!


 051201sdxfff.jpg



 ギ工エェ工エェェ(;゚Д゚)エ工ェエ工






 な…なに?この石の固まりは? こ…これが暗黒の力?

 そしていきなり殴られました;;



 な…なんて力なんでしょう?

 
 ダメージ300って何? 今までに受けた事のないような衝撃!?



 こんなの…絶えられるわけないじゃない…



 ああ… 意識が朦朧と…お薬も使う気力がない…




 嫌な予感がしてたの…;;  ここで死ぬのね… 私は…






 ああ   最後に…




 …


 かか様の


 
 プ リ … ンを  












 も・う…  1  … 度   …食べ…た  か  っ 


















 

























 









おめえバカづらか!!














八十八茶「 (;゚д゚)?」


もみじぃ「ここに来たら危ないと言ったづんづらが!! 」


八十八茶「す…すいませんつい…」


もみじぃ「奴は普通じゃないづら。とてもお嬢ちゃんの手に負える相手じゃないずんづらよ!?」


八十八茶「は…はい…」


もみじぃ「それにどうやらここもやられたようづらからね…」

八十八茶「??」

もみじぃ「好き放題しすぎづら…あいつ…許せないヅラ… 早く追いかけないと づ~らづら…」


八十八茶「追いかける? え? 暗黒の魔物は目の前に…   この石の魔物が暗黒の力じゃないですか!!」





もみじぃ「はぁ?なに言ってるづらか!! そんなのタダの雑魚敵づらよ」







八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

     ざ…雑魚敵???」


もみじぃ「とにかくそこに捕まっていればいいづら。おそらく奴はさっきのカラスのMAPに向かったづら」

八十八茶「またさっきのカラスのとこに??」

もみじぃ「そ…そうづら…  あ…  ヤバイづら…。 忘れてたづら… そういえばさっきオイラ…  ゾンビに毒を…」


八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工 ど… 毒?!?」


もみじぃ「あ…毒消し草ないづら… こりゃダメづら…。 お嬢ちゃん…後は頼んだづら… あいつは…カラス…」

八十八茶「え?え?」    




もみじぃ「とにかく頼んだづ…  ら…



  ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!  


  ( ゚Д゚)・∵. アッチョンブリケ!!


  ( ゚∀゚)・∵.・ ニコスカードOK?




  バタッ__○」







八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
   
     ちょっ … ど…どうなってるの!?」




 私はすぐさま「もみじぃ」さんに薬草を使い…先ほどの聖職者さんと同じように15CHに送りました。なんでこう次々と人が…次は…私の番かも…。

 石の魔物を雑魚とおっしゃっていた人が簡単にやられるなんて…




 どうやらかなり危ないようです…





 一応保険のために財前さんに連絡を入れておかないと…。もしもの時に誰かが助けてくれないと…

 
 …



 交信開始



八十八茶「もしもし」

財前「はい…」

八十八茶「助けて下さい…凄い事が!! 暗黒の力が… 」

財前「ん? 暗黒 ? 暗黒がなんだって?」

八十八茶「聖職者とづらさんが…」

財前「??? づら?」

八十八茶「とにかく詳しい事は話している時間がないんです。友チャットをつないだままにしておいて貰えませんか?」

財前「ど… どうかしたのかい?」

八十八茶「交信が途絶えたら救出御願いしますね…」

財前「ちょっとまて。茶ちゃんの場所をサーチする…


   …



   …




    (;゚д゚)ゲェ!!!



   ぼ…墓地だと!? だ…ダメだ。そこは。そこは茶ちゃんのLVで行く所じゃないぞ!!それにその先には地獄沼が…」


八十八茶「地獄沼?? 私がこれから行くのはカラスのMAPです…」

財前「ん…? カラス… な…なんだ… そ…それなら安心だ」

八十八茶「とにかく…これは繋いだままで御願いします…」

財前「…OK 気をつけてね…」
















保険はOKです。づらさんの言ったとおり…私はカラスのMAPに戻りました。…もの凄い力を感じます。 かなり近い。 間違いない。これは…


  (;゚д゚)?



 いた!! いました。 血塗られた斧を持った者から発せられる妖気…。まちがいなく暗黒の力です。

 さっき感じた力はこれだったんですね…。

 そして…












 ついにその姿を捕らえる事に成功!!





051201gh.jpg


 必死に男の後を追いかけるカラス達…。そしてなにやら悲しそうなカラスの顔…。魔物が? なぜ? 初めて見る光景です。 

 でもおかしい…。カラス達は男を追いかけてはいますが…危害を加えるつもりはないようです。

 一体なんのために…


 その時でした…。

 男が私に話しかけます…。



男「チッ…人が来やがったか…。ん?なんだ初心者か…。なら問題ないな…」

八十八茶「??」


 何を言っているのでしょうか? そしてカラスをどんどん引き連れて上へ上へと移動する男…。そしてその後をつける私。


 そして男の動きが止まった瞬間でした。





 !?






  (;゚д゚)?




 ま…まさか… 





 こ…こんな事が…










 こんな現象が…あり得るの?






 私は目を疑いました…








 な…なんと











 か…カラスが… 一点に…



























 
   
 
 


  






 集中している!!!!!!

051201yujm.jpg



 ど…どうなってるの?これは…魔物であるカラスが…自ら生け贄になろうと男の元へと集まっていきます…。



 しばし見とれてしまいました…





 男は手を止めたと思うと私に警告します。
 

男「目障りだ…消えろ」


051201jk.jpg



 そして…さらに繰り返される虐殺劇…。


051201sxcv.jpg



八十八茶「ざ…財前さん…。カラスが…カラスが…一点に集まってます… それを誰かが狩って… ど…どうすれば…」



財前「な…なんだと!!?なるほど…君の言ってた暗黒の力とはそれを言ってたのか!!」


八十八茶「ぁぃ…」

財前「今すぐその場を離れるんだ! そこは危ない」

八十八茶「でも足がすくんで…」


財前「そこにいると危ないんだ。いいから飛…!!」

八十八茶「(*ノωノ) 」




 私は目を閉じて一気に下に飛び降りました。


 051201dcvbn.jpg



 そしてすぐさま隣のMAPへ移動…。(;´Д`)ハァハァ… 危うく… 死ぬとこでした…。

 暗黒の力をあんなに間近で見てしまうなんて… き…気分が…
 
 
 聖職者さんが気を失いかけたのもわかりますね…。


 




八十八茶「な…なんとか…た…助かりました…」

財前「なるほどね…そういうことだったのか…」

八十八茶「…」

財前「いいかい。茶さんが暗黒の力と呼んでいた力はチートプログラムと呼ばれている物だ」

八十八茶「チートプログラム?」

財前「そう…。まあ言わば別次元の力と言うか… それを使うと敵をいきなり全滅させたり、そのMAP全体に落ちてるアイテムを全て回収したり… 君の見たように一点に敵を集めたり… と通常ありえない力を発揮できるんだ」

八十八茶「ほぇぇ…」


財前「でもその代償は大きい…。禁じられた力だからね。その力を使った人の行き着く先は…」






八十八茶「ゴクッ…」














財前「…」















八十八茶「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

財前「というよりこの世界から存在自体が消されるのさ」

八十八茶「そ…そうなんですか…」

財前「だから危険だと言ったんだ。チートの力を使っている者のそばにいると共犯と勘違いされる恐れがあるからね。」

八十八茶「なるほど~」

財前「まあ君が関わる問題ではない。そういう厄介な問題はネクソン警察に任せるのが一番なのさ」

八十八茶「警察…ですか」

財前「そうだね。今後気をつけるように。MAPに敵がいない場合は余計な詮索をしてはダメだよ」

八十八茶「あぃ」




 …そ…そんなヤバイものだったなんて…。知らなかったとはいえ…とんでもないことに首を突っ込もうとしたんですね…。

 …

 
 やっぱりどんな世界にも…そういうルールを外れて生きようとする人は存在するのでしょう。そしてそれを取り締まる機関もこの島にはちゃんと存在するんですね。

 
 
 私はそんな事を考えながら森を抜け、町らしい所に到着しました。

 しかし…実はそこは町ではなく… 





 

 
 051201aaz.jpg














 












これはネタではありません。実際に私がプレイし、現場を目撃した正真正銘の真実です。

 見たのは初めてではありませんが、どうすることもできませんでした。SSは取りましたが、一応名前は伏せてあります。まだネクソンにメールはしてませんが…。もしかしたらしないかもしれません。

 偶然フリマで再会したときはすでにLV80になってましたから…。4日くらいだったかな…。


 恐ろしいですね。



 LV80ならこの方も…今はもうチートをやってないかもしれません…

 しかしBANされるのでは?という恐怖とずっとこれから戦う事になるでしょう。


 正直これは書くかどうか迷ったのですが、チートというのはオンラインゲームの宿命ですからね。
 
 このセキュリティ如何で全てが決まってしまうといっても過言ではありません。横狩り、詐欺とは違い、ユーザーの力ではどうすることもできない現象の一つでしょう。

 チート者を罰するのもいいですが、できないようにして欲しいものですね。 だいたいこのSSも危ないんです。現場を押さえるという事はそれだけの危険が伴う。

 ネクソンもユーザーにこういうことを任せないで自らの力で徘徊してほしいものですね…。

 
関連記事

テーマ: 読書
ジャンル: 小説・文学








Edit Comments(36) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2009/08/27 16:15 [ 編集] kkk MAILURL

ヘネシス狩場1でモンスターが飛んできた・・・
気のせいだと思い画面を見ると・・・


下の段にメイプルキノコ

そしてどんどんモンスターが飛んできて
みんな混乱・・・

2007/08/07 13:15 [ 編集] 仁義 MAILURL

俺が見たのは足場がない所にプレイヤーがいて、そこに敵が集中していて一定時間たつと敵が倒されアイテムが落ちてくる!!

2007/07/13 18:22 [ 編集] aaa MAILURL

俺もチート見た   
けど悪い言葉は使って無くてからずにどっかいった
そのまんまのこさないでほしい;;

2007/02/12 14:30 [ 編集] くー MAILURL

俺の友達にもチーターがいたんだが、BANされましたよ

2007/01/10 14:43 [ 編集] あひゃひゃひゃ MAILURL

卍くぅ卍sがあんなものみたらおよめにいけないってまさか・・・・男のあれじゃあ・・・・(ぁ

2006/12/14 16:42 [ 編集] 読者さん MAILURL

升をやっていたんだからNEXONにメール送らなきゃ!! 升はいけない行為なんだからw

2006/10/28 19:57 [ 編集] そーる MAILURL

私もすもも鯖でみたことありますーw
Pクロを狩っていたら沸かないところに
Pクロがたくさんいて・・・w違うところで狩ってたら
びゅんびゅん一瞬で瞬間移動みたいで食らいましたよww
あとチートをやっていた子は女の子です
殴りt・・・====○)Д`)∵∴      私が殴られましたw

2006/10/22 13:26 [ 編集] 魔卍聖卍魔 MAILURL

升は俺も見たことがあります
かなり早く敵がシュンシュンすごいスピードで・・
調べたら升だったですねあれは・・・

2006/10/21 09:37 [ 編集] ピカリナ MAILURL

初めまして すももさばのぴかりなでしゅ

チートですか~それらしき物は一度「かえで」の方で見たことがありますよ~(・w・)

ヘネ狩り場で梯子に捕まってアイテムをばーーーーーと引き寄せている人・・・おぉ怖い怖い・・・もちろんそこには結構初心者じゃない人とかいっぱい居たから1瞬使ってべつのchにいったかと・・・卑怯な奴~(*ノA`)

2006/09/23 23:59 [ 編集] どらぐーん MAILURL

ってかカラスだったらありえるとして、サブでグル狩りしてたら、グル組んでたやつの1人がゾンビきのこでやってた記憶がある。

2006/07/23 13:35 [ 編集] くぅ MAILURL

しいとととととととととととと太字の文太字の文太字の文

2006/07/21 15:42 [ 編集] たまP MAILURL

わたし、見ました。
バグだと思ってましたが、画面全体にビュンビュンモンスターが飛んできて一転に集まっています。
倒そうとすると、やってきた子が「邪魔だカス」とののしってバリバリ倒してました。
あれって、もしかしてチート?
むかついたので名前を書きとめておきましたがそれから会ってません。

2006/06/10 22:20 [ 編集] 読者さん MAILURL

エリニアノ木で緑キノコが掃除機使ってるみたいにブー、て。
あれチートだったんだ。

2005/12/25 17:56 [ 編集] 将巳 MAILURL

漏れも、昔サブでピグの海岸で狩ってるとき、敵集結の升の瞬間みてしまいましたYO
@ジパングの焼き蕎麦屋の屋台の上に乗れたんですが自分は戦士なので、升呼ばわりされた事もあるんです。(見た人魔じゃなかったんですがやり方教えたら乗れましたよ)
神社から野狐の山に行くポータルの左上に足場ありますよね
もうひとつ左上はだめですが(藁)
戦士の場合そこから⇒に向かってJAMPで乗れましたd
でも、移動とジャンプ力が100%じゃないとやり難いんだよな
加減しすぎてもダメだし、飛びすぎても駄目だし…
ここら辺把握出来れば簡単に乗ることが出来ますYO
まぁ漏れは紅葉かつどうですが

2005/12/04 22:51 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/04 21:50 [ 編集] 癒しのラテ MAILURL

ぽぷらもチートが多いみたぃです^^;
1位の方も怪しいとおもぅのでつが。。。
4日、5日程度でLv86っておかしすぎとおもいませんヵ?

nexonも全く対処してぃなぃみたぃですょ。最近は。

人の努力を踏みにじるよぅなものですヵらね。
通報してみてもぃぃとおもいますヶどね^^

2005/12/04 15:59 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/04 15:41 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/03 18:40 [ 編集] 深淵鴉 MAILURL

ドモ、始めまして。この日記で思い出したんですけど、戦士のEXアタック発動のときに初心者からチート呼ばわりされたことが;;
しかしチートすらネタにするとは、もはや神の領域ですねb

2005/12/03 11:37 [ 編集] もみじぃい MAILURL

わぉ!わぉ!僕乗ってる!
ソシテ殺された!
4日で・・・・。僕は3月から初めて・・・。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
そんでもって会いに来てくれるならズラズラいいますが・・・
最近はなんかスパイウェアのおかげでINできんズラ。

2005/12/03 10:36 [ 編集] ダリアー MAILURL

まったくチートというものはけしからん!

2005/12/03 10:04 [ 編集] 秋刀魚 MAILURL

これは通報したほうがよろしいのでは?
Lvもぅ80って;;怪しすぎでしすね;;

2005/12/03 06:04 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/03 00:52 [ 編集] oてんぺo MAILURL

チートネタ・・・・

どこかで見たことある気が・・・・

もしやドレッドノートs?

2005/12/02 23:31 [ 編集] 桜投げ MAILURL

チート・・・・恐ろしい力だ・・・・・。

一度だけ・・・・使ってみたいような気も・・・・・。(; ̄∧ ̄)ゴクリ;;

2005/12/02 23:13 [ 編集] 目指せクルセ MAILURL

4日で80レベって…ドラクエじゃあるまいし(;゚д゚)
やはり何十万人もプレイしているMMOなんで管理も難しいでしょうねぇ…。

2005/12/02 22:56 [ 編集] Randall MAILURL

ッブ
升の力で2名アウトですか・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
というか一点集中久々に見たよ・・・アレはホント最悪
よく奇跡的に会えたねぇ 実は想定内?

とりあえずうちも出演させてくd(ry
ん?何かが後ろからとんで・・・
サクッ!=卍(*゚∀゚)・;':ゴフッ

2005/12/02 21:23 [ 編集] 幻想 MAILURL

まあチーターの問題を取り上げることに関しては問題ないんですが、
チーターはBANに対しての恐怖なんてないと思いますよ・・・。

ただでさえ管理体制が低いメイプルストーリー。
まずBANされるまでが長いですし、必ずBANされるとも限らない。
それに、IDを複数取得することが簡単ですから、BANされてもまた別のIDで別のプログラム使えばいいのでは・・・?


GMが徘徊する、ということですが、
透明GMってのは噂とかでしか聞いたことないんですが・・・・本当にいるんですかね?
もしかしたら、何処かにいるのかも・・・。

2005/12/02 20:19 [ 編集] ュウナレスカ MAILURL

初めまして~初カキコです。
チートってすごいですね…でも使いたいとは思いませんね、チートを使ってレベル上げた物なんて真の強さじゃないズラ!

自分も悪役で、この日記に出演したいッス

2005/12/02 19:49 [ 編集] MAILURL

あの人がホントに「づらづら」しゃべるなら実際あってみたいですねw
さ、さすがに冗談だと思いますが^^;

2005/12/02 18:12 [ 編集] ガブリエラ MAILURL

昔、一度だけ一点集中チートを見た事がありますよ。(さくらサーバーで)
その時、私はメイポも始めたばかりの初心者だったので・・・
「高LV戦士には敵を吸い寄せるスキルがあるんだー」と、本気で勘違いしてましたけどね。

2005/12/02 17:06 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/02 16:39 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/02 16:36 [ 編集] もーろー MAILURL

卍くぅ卍 wwwwwwwww( ゚Д゚)y─┛~

言葉遣いかわtt(ry  gふいbmvんjdzkm
財前sにかかると、ネタにならないひといないようで・・・。

2005/12/02 16:35 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2005/12/02 16:34 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。