06

January February March April May June July August September October November December
2011(Wed) 07/06

UK滞在記5 最初の難関…クラス分け実力テスト(61)

イギリス在住記 … Comments(61)

 

 前話  2011/06/03  UK滞在記4 生真面目な日本人



 プレースメントテストが終わってしばらく後、大広間に新入生徒が呼ばれた。

 どうやら先程のテストの結果がもう出たらしい。


 新入生は神妙な面持ちでテストの結果を聞いていたが、私は余裕綽々だった。なんの心配もしていない。

 なぜなら、一番下のレベルのクラスが確定しているからだ。

 
 当たり前である。

 先生の言ってることもまったくわからない上に、新入生たちが喋ってる言葉もわからないわけだ。何をどう考えても一番下なのは自分が一番わかっている。それに通訳くんからも厳しく釘を刺されていたのだ。

通訳「財前さん。いいですか?語学学校のクラス分けテストでなまじ良い点数を取ってしまうと、高いクラスに入れられます。そうなると授業内容がまったくわからないので気をつけてください。まあ財前さんの場合はその心配はないと思いますけどね…」


 そう。そういう事だ。

 日本人がよく陥る罠で、最初のテストや文法でがんばりすぎたがために泣きをみる例が後を絶たないらしい。なぜなら日本人は文法はなんとなくできるが、ヒアリングとスピーキングが全くと言っていいほどできないから…。


 まあ私の場合はその文法ですら、できた記憶がないのだから、どう考えても一番下のクラスが確定的なのである。簡単に言うとテストを受けた時点で赤点が確定していた心境って事だ。

 この状況でワクワクしたり緊張したりするバカはいない。


 そして先生が生徒に紙を渡し始めた。

 どうやらこの紙にレベルが書いてあるようだ。


 ふむふむ。私のレベルは…クラスは…




 





 え?




 あ。あれ?





 し…下から2番目!?
 




















 下から2番目だと!?

maz.jpg








 こ…これ間違えてるんじゃなかろうか…

 つまり私より下のレベルの人たちがいるって事? そんなはずはないんだけど…。


 う~む。適当に◎つけたのが当たっちゃったのだろうか。

 できれば1番下のクラスからはじめて基礎の基礎から学びたいんだけどな…

 とりあえず2番目のクラスなんて実力はとてもないと思ったので先生に相談。当たり前だ。そもそも先生の言ってることすら聞き取れないのに2番目のクラスからスタートとかおこがましい。
 

財前「Teacher. Teacher. It makes a mistake in this result. 」
   先生。先生。この結果は間違えてますよ

先生「why?」
   なぜ?

財前「I was lucky. I did not understand the problem of the test. 」
   運が良かっただけなんだ。まったく問題の意味わかってなかったのに


先生「Such a thing.Your point is level 2 near level 3. 」
   そんな事ないわ。あなたの点数はレベル3に近いレベル2なんだから。ほぼレベル3よ 。


財前「!? レベル3!?」


 多分先生は「レベル3に近いレベル2」…こう言ったのだと思う。しかし私は聞き取れてなかった。それどころかレベル2とかレベル3とか先生が言うので「もしかしてあなたレベル3に行きたいの?」と言ってるのと勘違いしてしまった。これには焦った。レベル3なんかにされたらたまったものではない。


財前「I do not want to go to a level 3 class. The talk has already ended. 」
   え?私がレベル3に行きたいだって? いやいや行きたくない。レベル3とか勘弁! え~と…。もう話はいいです…

先生「Why not?」
   何がいいの?


財前「I wanted to say that I was lucky in level 2. 」
   レベル2でラッキーだなあって言いたかっただけでした


先生「Good」
   



 私が…レベル2だと!? 

 マジかこれ。そもそも全部でレベルは6までしかないのに今の段階でレベル2とか…。大丈夫なんだろうか。でもレベル1に落としてくれって言っても話がこじれたら面倒な事になりそうだしなあ…。

 まあ…いいか。

 レベル1もレベル2もそれほど変わらない。ていうか一緒。


 …と思うことにしよう。うん。

 
 そして先生の指示によってそれぞれが自分のクラスへと向かっていく。

 
 あれ? レベル4のクラスには誰も行かないぞ? 


 ん? みんなレベル3のクラスばっかじゃねえか!


 なんだ…と!?

 

 これには驚いた。全員、先生の話を余裕で聞き取れていたのにレベル3!? え?え?

 私とレベルが1しか違わないじゃないか。

 てことは私はレベル1頑張ってあげれば先生の言うことが聞き取れるようになれるって事か?

 そんなバカな…あり得ない。

 そして私はその後驚愕の事実を目にすることになる。 

 
 二人の男性が左の通路へと向かっている。

 そう。あいつらは私の隣にいた奴らだ。隣で「OKOK」と「HAHAHA」とか余裕ぶっこいてた奴だ。つまり先生の言ってる事が完全に理解出来てるって事だ。

 そもそも先生のジョークで笑えるというのは非常にレベルが高い証拠。私なんてジョークなのかどうかなのかすらわからないのだから…。

 レベル3でもレベル4でもない教室…って事はあいつらレベル5かw 

 まあレベル6はないだろうからレベル5だろう。


 さすがだなあ。

 そりゃレベル5にもなればジョークもわかるよな。すげえなあ。そもそもそんなレベルなら語学学校来る必要ないんじゃないか?あいつら。

 私も頑張ろう。彼らに追いつけるように。


 …



 そう確信した次の瞬間だった。

 私は驚愕の光景を目にする。なんと彼らが向かってた教室はレベル5ではなく…







 なんと…































 レベル1…
0_20110706034857.jpg
















 dfgsgegergge.jpg




















 ちょ…待てよ(笑)!!





 転けそうになったわ!

 おまいら実はレベル1とかふざけるなよww

 なんで先生の言ってること聞き取れてたのか意味わらかん…。


 はっ! ま…まさか。 アイツら…もしかして適当に相槌打ってただけとか!?


 有りうる… 有りうるから怖い…。

 
 これが世界という奴なのか…。そうか。そういう事かリリス。あのオリエンテーションの時点で戦いは始まってたといわけか。隣の奴を惑わすという戦いが…。 

 まったく油断も隙もありゃしねえ…。

 だが、どうやらレベル2のクラスは私一人のようだ。

 先生に言われた通りのクラスに向かうと… 中はガラス越しの教室になっていて様子が見える。教室の中に10人くらいの生徒がいた。見たところ…ほとんど有色人種のようだ。つまりアジア人かアラブ人。白人はほとんどいない。やっぱり白人は英語と言葉が近いだけにレベルが高いんだなと改めて思う。

 でもどうやあ授業がもう始まってるようだけど…私はこの中に入っていいのだろうか?

 ガラス越しに教室の中をジロジロ見てると先生がこっちに気づいたらしく、声をかけてきた。

 でもこの先生…。もの凄く嬉しそうな顔をして向かって来たのでこっちは一瞬たじろいだ。


先生「OH!! Are you a new student?」
   あなた新入生ね?

財前「Yes」
   イエス

先生「Good」



 答えると早速教室の中に案内された。


 微妙な空気だ…

 とりあえず空いている席に座ると、何やら先生がみんなにしゃべっている。

A-3-1.jpg

 どうやら新しい生徒が来たことを伝えているようだが、私には何を言ってるのかわからない。しかし次の瞬間、生徒たちが私をジロジロと睨み始め話しかけてきた。

 私はすぐに理解した。

 つまりこれはこういう事だ。先生は私が来たから生徒たちに「新しい生徒が来たわよ。まずみなさん興味がある事を質問してみて」と言ったのだ…と思う。

 今思えばこれは初日では厳しい洗礼だった。

 だってアラブとかタイの生徒は…本当に発音が無茶苦茶で何を言っているのかわからないのだから。最初に質問してきたのはアラブ人だった。

 突然

 「ハオウルユー」と質問してきたのだ。


 は…ハオウルユ~?なんだこれは… 何を言ってるんだコイツは… 私も必死だ。だってコイツらはこれからクラスメートになる奴らなのだ。愛想よくしないとけないし、好かれないといけない。

 私は必死に考えた。

 ハオウルユーとはなんぞや?と。

 なんとなくだが2つに絞られた。この長さの英文、そしてレベル2という事を考慮すると

 How are you?
 How old are you?

 どう考えてもこの二つしかない。とりあえず質問に答えてみるとアラブ人が変な顔をしている。そして


 No,No!! ハオウルユー


 と再度言ってきた。困った…お手上げだ。何もわからない…。

 困った顔をしていると先生が助け舟を出してくれた。先生が言うにはどうやら彼はこう言ったらしい


 How long do you stay?
 あなたはどれくらい滞在するのですか?


 ま…マジかよ…

 あれでハウロングって言ったのか!? さっぱり聞き取れねえ…。

 う~む。さっきの質問…。というより
 
 How long do you stay in Cambridge?

 こうやって普通は最後に地名をつけるのが正しいと思うんだけど違うのかな…。最後にケンブリッジとつけてくれてればなんとなく意味がわかったのになあ。

 まあこの質問に大してはとりあえず「10ヶ月滞在します」と答えて事無きを得た。

 しかしさすがは外国。日本ならひとりだけ質問したら後は先生に指示されるまで質問しないシャイな人間しかいないが、こっちは自主的にバンバン質問してくる。

 雰囲気的なものが全然日本の学校と違う。

 次のはブラジル人なのやらタイ人なのやらわからない奴がこう言ってきた。


 カ~イウ


 …


 gjyjdtyjdj.jpg

 は? ちょっと待て… これもさすがに難問すぎるだろ… カ~イウってこんな短い英語なんてあったっけ? 私は頭を働かせた…。これまでにないくらいに。カ~イウ…。え~と。カーってもしかしてCANかな?

 カ~イウ…

 そうか!!

 CAN YOU~ って可能性があるな。

 CAN YOUとくれば…CAN YOU SPEAK ENGLISH?とかか?


 あ!? そうかw さっき私があんな簡単な英語の質問に答えられなかったから「おまえ英語しゃべれるのか?」って皮肉を言ってるんだな?こいつは。

 くそ~。なんて奴らだ。初対面の奴になんて失礼なことを…。いきなりイジメをするつもりか!!


 …と思ったが、相手の顔がやけに真剣だ。

 私に何かを伝えようとして必死な顔でカ~イウ、カ~イウと言っている。

 こんな必死な顔で人を馬鹿にする言葉を言うだろうか? いや。言わない。つまり彼はやはり何かを私に質問しているのだ。私はまた先生の顔を見て先生の助けを求めた。しかし先生もわからないようで首を振っている。

 すると彼は次にこう言ってきた。

 Come on、Come on。This is Japanese!!
 Looks like prety.

 これは聞き取れた。何!? ジャパニーズだと? ぷ…プリティ!?


 あ… ああああああああ!?

 もしかしてコイツ…


 日本語を言ってるのか? まさか日本語を言っているのか?

 カ~イウ… 


 プリティ… ジャパニーズ… カ~イウ…



 …



 …まさか。






財前「か…かわいい?」

アラブ「Yes!! カ~イウ!」


 

 ああああ!!
 
 なんということだ…。そういうことか。

 コイツはどうやら日本語を知っているらしく、ここぞとばかりに「かわいい」という言葉を披露したみたいだった。それを日本人であるこの私に聞いて欲しかったのか。(ちょっと間違ってるけど…)


 この野郎!!ここに来て日本語で質問とかどんだけチートな事してくれるのよ…。

 突然わかるわけないだろw!!


 その後何人かからか質問を受けたが、他のはなんとかなった。

 そもそもレベル2だからそれほど難しい質問は来ない。

 Do you like camblidge?  ケンブリッジは好きですか?

 とか

 Have you been to Saudi Arabia?  サウジアラビアに行ったことはある?


 とか取り留めのない質問だった。でも一番驚いたのはスペイン人のホセの言った一言だった。


 なんと彼は…こんな質問を私にしたのだ。
 
 Do you know first Hatunemiku? Do you like Hatsunemiku?


 私は耳を疑った。確かに彼は…初音ミクと言っている。初音ミクと言っているのだ。これは恐るべき事実だ。これは深い。この質問は深い。

 まだ日本人だって初音ミクの存在を知っている人は少ない。それどころか毛嫌いする人も多い。しかし現実にこの語学学校で日本人という事実に対して反射的に「初音ミク」と質問してくる外国人が今現実に目の前にいるのである。

 これはもしかして文化交流というやつなのではないだろうか?

 私は自分がネット中毒者である事を感謝した。そしてニコニコ動画や様々なネットニュースを見ていてよかったと心から思った。当然私はこう答える

財前「YES Jose。I know hatunemiku. Why do you know?」
   ああ。ホセ。初音ミク知ってるよ。なんで君は初音ミクを知ってるの?

ホセ「I am her fan. A wonderful vocaloid has a lot of Music. What tune do you like?
  ファンだからです。素晴らしい曲ばかりです。あなたは何の曲が好き?

財前「I like Leca better than miku. For example Stardust Utopia.」
   私はミクよりルカの方が好きなんだ。Stardust Utopiaとかさ。

ホセ「Oh!! very good. I know Stardust Utopia!! and Ruka!!」
   おおお!! 良いですね。私も知ってますよ。Stardust Utopia。そしてルカも!!

財前「Maybe… Do you hear it with youtube?」
   君はそれをユーチューブで聴いてるの?

ホセ「YES」



 …世界は狭い。というか語学学校に来る人は基本的に若いからネット世代なんだろうなあ。確かに初音ミクはアメリカのロサンゼルスでもライブを成功させているので海外でも非常に人気が高いのだ。

 ・Miku Hatsune in LAライブ大成功 初音 ミク
 ・鳴り止まない「MIKU」コール!初音ミク、ロサンゼルスで鮮烈海外デビュー ― ニコ生満足度は驚異の99.6%


 日本の誇れる文化が…こんな身近にあったのか。皮肉な事に日本ではキモがられているのに!

 なんて思ったら次の瞬間にまた凄い光景が浮かんできた。

 他の生徒達が身を乗り出して私の方を向いてI Phoneをこっちに向けているのだ。


 え?なんだなんだ?写真撮影か?


 っていうかみんなI phoneなのかwこっちは。 いや…こっちはっていうか国籍違う奴ばっかだよな。でもみんなI Phoneだな…。う~ん。そういう事か。

 日本とは色々違うなあ。


 でもI phoneをこっちに向けているものの写真撮影と思ったら違うらしい。どうやらそのボーカロイドの曲をYOUTUBEで見せてくれと言っているらしい。

 つまりそのURLを教えろと…。あと何かFACEBOOKとかいう声も聞こえる。

 察するに、もし良かったらそれをFACEBOOKとかで友達に紹介したいとかそういう事らしい。


 困った…そう言われても…

 I Phoneでyoutubeをどう使うとか知らないだけにどうにもしようがないというか…


 それに今授業中なのにいいのだろうか? 今は勉強をする時間…のはずだが!?


 そう思って先生を見ると何やら後ろの黒板みたいなのを弄っている。いや…違う。この黒板…よくみると電子だ。電子というかプロジェクターだ。
 
 adfgafdgargrg.jpg

 驚いた…。なんというテクノロジー。ここの学校の黒板は電子黒板なのか! しかもウィンドウズが起動してるし…。

 そして先生がこっちを見てこう言った。


 You. Straighten out that problem by using this.
 さあ。これを使ってみんなに見せるのよ。



 まあ実際はUsing thisの部分しか聞こえてなかったんだけど、なんとなく意味はわかった。つまりあのスクリーンを使ってホセの言っているボーカロイドの曲を再生しろという事なのだ。

 もうこの時点で私は上の空だ。

 なんで外国に来た初日に学校…それも授業中にボーカロイドを紹介してるんだろうか…

 予想もしなかったよ…。


 とりあえずPCを使えるならお手の物。もちろん日本語入力はないので英語で検索する必要はあるが、YOUTUBE→
Stardust Utopiaと打てばすぐに目的の曲が出てきた。

 よくもまあ星屑ユートピアの事をStardust Utopiaって覚えてたもんだ。これ知らなかったら終わってた…。


 これにて

 語学学校の教室で巡音ルカの星屑ユートピアがかかるという訳のわからない状態になった。しかし驚くのはまだ早かった。



 この曲が流れるとみんなこの曲が気に入ったらしく席を立って踊りだしたのだ。

 もう無茶苦茶である…。

 ていうか信じられない上についていけない。そもそも私には教室で踊るという行為自体をやった事がないためどうしていいのかわからない。

 ポカーンと他の生徒の踊りを見ているしかなかった。


 考えられない。なんでみんな恥らいもなく踊れるのだ…。



 だが真に驚くべき事はこんな事じゃなかった。こんな事は想定の範囲内である。


 最大に驚くべきは 





 …
























 先生も踊っていることだった…





























 



ergrgtestt3t34t34twetert.jpg メイプル補完計画  「彫麗」
動画に使う彫麗の画像を募集中。お絵かき掲示板に投稿して頂くか、ファイルのご提供を是非宜しくお願いします
 
メイプル補完計画 ニコニコ版  / Youtube版  
補完計画特設サイト
midori.tekoさんがメイプル補完計画コミュニティを作成してくれました!感謝致します


fdgergergererggre.jpg
先生何やってるんスかシリーズ
【画像あり】海外のコスプレイヤー凄すぎワロタwwww
ヒトラーって不況のドイツ経済を建て直したすごい奴なんだろ
「米ロサンゼルス 初音ミク コンサート」が感動の大成功!! 新たな伝説の誕生へ
CV03 Megurine ルカライブ - Stardust Utopia Live in HD
ミクさんマジ天使! 米ロサンゼルスで開催された「初音ミク」ライブに感想続々
【画像】世界13ヶ国の子供部屋  どれも突っ込みどころ多すぎ
【朝日新聞】『初音ミク』さんの海外初公演で6000人が熱狂!
iPhone 5とiPad 3は10月に発売?
PSNサービス全面再開のためのメンテのお知らせ→明日(6日)の9時から14時まで
【パケ代定額終了か?】スマフォブームでトラフィックは「通常の24倍」で回線やべぇ
関連記事








Edit Comments(61) trackBack(0) |