--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

28

January February March April May June July August September October November December
2011(Sat) 05/28

UK滞在記3 立ちはだかるイギリスとブリティッシュ(17)

イギリス在住記 … Comments(17)



 イギリス、ヒースロー空港に到着。

 看板を辿ってバスチケット売り場まで歩き、ケンブリッジ行きのチケットを買います。しかしチケットを見て少し驚愕。なんとチケットには5:45分出発。8時45分到着という記載がありました。

 「何!? ケンブリッジってロンドンから3時間もかかるの!?」

 早くホテルに入って休みたかった自分としては少し残念な気持ち…。

  cambridge.jpg

 実際ロンドンからケンブリッジまでは通常1時間程度なのですが(列車なら今ハリー・ポッターで話題の《Kings Cross駅》と《Liverpool Street駅》から1時間~1.5時間。《Kings Cross駅》からの方が本数があり。)

 バスの場合、他の街も経由して最終到着地がケンブリッジに設定されているため、かなりの遠回りをしている事から3時間という時間設定になるようです。


 もしここに通訳くんがいたら


通訳「財前さん。バスだと3時間もかかりますよ!! 電車にしましょう。電車なら1.5時間で付きますから」


 となっていたはず。もちろん時は金なり。早いに越したことはない。そうすればそれだけ自由時間も取れるし、フリーな時間も取れます。

 しかし、私はそんな事はしない。

 そんなヘマはしない。

 そもそも調子こいて電車なんかに乗ったら変な所に到着して最悪ホテルにたどり着けなくなる可能性もあるし、降りる駅を駅の度に気にしなきゃいけない。それに地下鉄なら強盗に襲われる可能性もある上、乗り換えしろとか言われたら面倒くさい事この上ない。

 バスなら一本。乗ってれば目的地に自動的に到着。ケンブリッジは終点なので寝ててもOK。

 はい。どこをどう考えてもここはバスに乗るのが無難なのです。

 

 そして…バスにのること3時間…。スタンステッド空港などを経てついにケンブリッジに到着。そしてどうやらこのバスにはケンブリッジを目的に乗っている人が多かったらしく、私と同時に10人が下車。

 私は下車した所でさっそうと地図を広げ、ホテルの場所を確認する。


 クックック…

 GOOGLEMAPでホテルと家の地図は完璧に印刷してきたからな。完璧だ。


 ふむふむなるほど。ここがホテルか。


 え~とケンブリッジ駅から右手だな…ってあれ?


 …


 あ…


 …


 ここで私は重要なことに気づく。

 確かにホテル近郊の地図はプリントアウトしてきた。ホテルから語学学校への地図、道順も完璧だ。しかし…

 


 肝心の現在地が…わからないのだ…。あきらかにこの辺はケンブリッジ駅周辺ではない…。


 なんという盲点。なんというケアレスミス。


 バスが私を降ろしたこの場所は…一体どこなんだ…。


 そ…そうか!! さっきバスで一緒だった奴ら。あいつらに付いていけばそれらしい中心地に行けるかも!?


 そう思ったが、彼らは既に各々各自の目的地に向かってバラバラに歩き始めており、誰に着いて行っていいのかわからない。ていうかなんであいつらは道をわかってるんだ!?

 どうする… どうすればいい…

 しばし熟考。


 dfagargrragra.jpg

 そして、あることに気づく。バスが降ろしたこの場所… 目の前に非常に巨大な公園があります。それこそもう1面が緑。東京ドーム2個分?くらいの広大な敷地。

 きっと名のある緑の公園に違いない。

 これだけ巨大なんだ。きっと地図に乗っているに違いない!! となるとその公園をスタート地点に設定してホテルに向かえばいいだけ。


 ハッハッハ これは私にも運が向いてきたな。 

 さっそく地図を広げる。



 さ~てと。地図の中の巨大な緑の公園、公園… 公園はどこか… 









 な…?
















 ちょ… 待てよ(笑)!!

 dfgagrgggragr.jpg


 ここ緑の公園だらけじゃねえか!!


 どこだよここ(笑)

 デカイ公園は確かにあるが… 基本みんなデカイし… 特定できない。

 ん? この川がある公園は? もしかしてこの川の公園を探せばいいんじゃ…  

 え~とあそこに川が見えるけど、あれは池っぽいな…。 あんな池が地図にデカデカと載るだろうか? となるとあの川は川じゃないって事になってきて…

 そんな事を考えながら歩いていると街に大きな地図を発見。

 

 おおおお!? 街に地図があるじゃねえかあああああ!!

 
 OK。

 これなら自分の現在地がわかる!!
 


 え~とえ~と?

 20100815_02.jpg

 …どこだこれ…。
 
 それになんだこの地図… 私の持ってる地図と違くないか!?

 
 …

 駄目だ。終わった。これは終わった。打つ手なし。いくら地図があっても現在地がわからないんじゃ何の意味も成さない。

 
 …


 いや…まだだ。まだ最後の手段が残っていた。街の人に英語で聞く…という最後の手段が…。

 この方法はできれば使いたくない手段だったが… 背に腹は変えられない。


 さて…問題は誰に聞くか…だが?

 とりあえず時間も20時半を回っており、焦っていたので道を歩いている通りがかりの人に聞いてみることにした。


財前「Excuse me、I'm lost…」

外人「Sorry」

 
 2人に聞いてみたがこんな感じ。そもそも私の言ってる英語が理解されているのか理解されていないのかすら怪しい。それに丁度仕事が終わって帰っている人たちが多い時間帯なので、みんなあまり構ってくれない雰囲気が…。

 そんな中、困っているのを見かねたのか一人のおじさんが私に話しかけてきた。


外人「KGRKEGKEKGEGKEGKERGK?」(何言ってるかイミフ)

財前「I want to go to this point」(この場所に行きたいんですが?)

外人「ペラペ~ラ ojspjgsfdjpsjg」

財前「…」イミフ…

外人「psojfpojgperj…orgpejgerpjger…Taxi?

財前「!?」


 !? あ…今…タクシーって言ったか? タクシーって言ったよな?


財前「OK!! TAXI OK!! It's good idea! No ploblem!」(お~!タクシー!タクシーで行くよ。その発送はなかった)

外人「OK。COME ON WITH ME」(じゃあ付いてきなよ)

財前「OKOK」


 taxi01.jpg


 すると外人は歩き出し、数十歩歩いたところで立ち止まって1台の車を拾ってくれた。そして何やら運転手さんと話してくれて笑顔で去っていった…。

 な…なんと優しい人だろう。


 それにしてもこの車がタクシーなのか…。日本と違って車を見てもハッキリ…タクシーとわからないなこっちは。(日本はタクシーは天井に看板があるけどこっちはない)


 するとタクシードライバーが今度は私に話しかけてきたので、そのまま地図を渡すと、ホテルまで乗せて行ってくれた。

 しかも乗ってびっくり。なんてことはない…車に乗ったのはほんの1分程度。

 てことは… バスで降りた場所はほぼホテルに近い場所だったという事になる。
 

 …

 そして

 ホテルに着いた途端に心が落ち着いた。やっぱり人間…寝床さえ確保できてしまえば落ち着くものなのでしょう。


 それにしても不思議なものです。

 自分がどこにいるのかわからないときは大変でしたが、こうやって実際にホテルに来てみるとなんて事はなかったように思えます。

 そうですよね。よく考えると同じ人間ですし… タクシーとか地図とか公園、ホテルとかって世界共通なわけですし…。

 何か異次元の国のような気がするのはただ単に言語が通じないだけで他の部分は特に問題ないのかなとこの時になんとなく気づきました。つまり当たり前の話ですが、片言の英語がしゃべれれば海外なんてものは何の問題もないって事です。
 
 そしてこれは語学学校に通った1ヶ月後にも、さらに強く思うことになりますが、それは後述致します。
 


 実際にホテルに着いた後はスムーズそのものでした。

 もちろんタクシーが通った道を暗記していましたので、さっきの道まで一旦歩いて戻り、再度この辺りの地形を確認。その上でさっきの場所でもう一度タクシーに乗って語学学校まで行ってもらいました。

 これは翌日道に迷わないようにするためです。

 しかし…意外と語学学校までの道のりは難しく、自分の足では歩いていけそうになかったので、ホテルのフロントに頼んで朝タクシーを呼んでもらうことにしました。

 まさか初日から遅れるわけに行きませんからね。

 そのために急なスケジュールでイギリスに来たわけですから…。










 そして翌日…
















 朝7時に起床し、私はタクシーで語学学校へと向かう。

 …
 
 しかしこの時、まだ自分にはまったくわかってなかった。社会人から学生になるのがどういう事なのかという事を…。そして語学学校という場所がどういう場所なのかという事を。


 









ergrgtestt3t34t34twetert.jpg メイプル補完計画  「彫麗」
動画に使う彫麗の画像を募集中。お絵かき掲示板に投稿して頂くか、ファイルのご提供を是非宜しくお願いします
 
メイプル補完計画 ニコニコ版  / Youtube版  
補完計画特設サイト
midori.tekoさんがメイプル補完計画コミュニティを作成してくれました!感謝致します


fdgergergererggre.jpg
先生何やってるんスかシリーズ
[公開直前] 松本人志監督第3弾 「さや侍」 予告編
ソニー『NGP』まさかのスペックダウン、メインメモリが半分に。
米政府機関が「ゾンビ襲来から生き残る方法」を公開
【古代ヤバイ】過去最大のアノマロカリスの化石が見つかる
【速報】親父、俺の自宅受け入れを拒否
「マトリョシカ」を弾いてみた【ピアノ】
日本PSNの再開。お詫び無料ソフトが豪華すぎて涙出てきた
子供に福島の野菜を給食で食べさせるのは可哀想

関連記事








Edit Comments(17) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2011/06/02 21:53 [ 編集] 読者さん MAILURL

いつも楽しくよませてもらってます
がんばってください!!!応援してます><

2011/06/02 14:42 [ 編集] クイチア MAILURL

僕も現在地がわからないってのはよくあります^^;
目印の少ない田舎ほど地図が少なくて、何度も迷子になりました

2011/05/30 20:15 [ 編集] 読者さん MAILURL

大変ですね・・・
片道一時間半は自分の場合毎日なので
財前さんもいつかなれると思いますよ(笑)

2011/05/29 23:25 [ 編集] ひろ MAILURL

いつも読ませていただいてます!
元気をわけてもらってます(笑)

2011/05/29 16:48 [ 編集] 名無しさん MAILURL

相変わらず面白いです
財前さんの異国の地の一人で旅だった孤独感がよく伝わってきます
帰国したらこのネタで本一冊書けるのでは(笑

2011/05/29 12:39 [ 編集] 読者さん MAILURL

読んでたらやる気が出てきた

財前さん頑張ってください

2011/05/28 21:34 [ 編集] MAILURL

財前さんの記事を見てると勇気が出ますね
立場は違えど、お互いに成すべきことを頑張りましょう

自分もアメリカに二週間ほどホームステイしたことがありますが
実際英語はカタコトでもそこそこなんとかなりますよねぇ
大事なのは態度だと思いました

2011/05/28 20:15 [ 編集] 読者さん MAILURL

更新おつですー

続き楽しみです!

2011/05/28 17:15 [ 編集] MAILURL

おつー

2011/05/28 14:09 [ 編集] 読者さん MAILURL

あいかわらずおもしろい!

2011/05/28 12:17 [ 編集] 笹かま MAILURL

うぽつ

がんば
続きが楽しみだな

2011/05/28 12:03 [ 編集] 読者さん MAILURL

タクシーは思い付いても、呼びが分からないとかいう状況、ありそうwww

2011/05/28 11:06 [ 編集] 読者さん MAILURL

続きが楽しみすぎる・・・!!

2011/05/28 10:22 [ 編集] dai3 MAILURL

ガンバー
一桁だったらいいな!

2011/05/28 07:03 [ 編集] 刹那終焉の地 MAILURL

がんば大阪!

2011/05/28 05:50 [ 編集] 読者さん MAILURL

がんばです

2011/05/28 05:14 [ 編集] 読者さん MAILURL

困ったらタクシーは万国共通ですね!

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。