--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

06

January February March April May June July August September October November December
2011(Sun) 02/06

海外記5-2  一人の男がイギリスに立ち向かおうとして追った傷が深すぎる件(100)

海外滞在記 … Comments(100)

 さて

 1月の27日から2月9日までの予定でイギリスのケンブリッジ近くに来ています。

 理由は4月から私はイギリスに転勤するからです。

 転勤と言ってもこちらに会社があるわけじゃなくて、これから作る…というか、将来作る…という非常に曖昧なもの。現地イギリスの英語学校に入って1年間英語を勉強し、人脈を作った上でイギリスに現地法人を立ち上げる。

 なぜなら、日本の未来を見た場合…常識で考えると日本だけでやっている会社のほとんどがこの数年間で淘汰されていくのは火を見るよりも明らか。

 ヨーロッパ、アメリカにも会社の根を張って、ビジネスを行い、これからの時代で生き残るには…今しかない。

 
 でもこれからスタートなので形になるのはかなりの時間を要するでしょう。


 恐らく…

 今回の仕事が評価されるのは20年後の未来…になるでしょう。

 
 hrthrhtrhshhshttrhhgfd.jpg


 というわけでですね。

 格好つけると上記が私がイギリスに駐在する主な役割となります。つまり会社の生き残りをかけて海外に進出するということです。まあ頭ではわかっていました。

 うちの会社も世界に出ないとなあって。

 頭ではわかっていても誰もしませんよね。進んで苦労する人なんていない。私もしません。


 会社でそういうのを考えるのは社長ですから。
 



 でもまさかこんな事をですね…



 


 自分がする事になるとは思いもよらなかったという…

 adfgaregergaeerg.jpg

 え? マジで僕なの? みたいな。


 ギャグです。 

 最初は1年て言われてたんですけど、まず間違い無く3年コースですね…これは。でも1年間はビザで行って後の2年間は日本と海外を行き来する…という感じになるのかもしれませんね。

 そして4月からこちらに来るということで今回の出張の目的はこちらの棲み家を探すことと学校を決める事。こちらを通訳くんと2人でなんとかしないといけない。

 その後、2月3日には社長がイギリスに来るのでそこで物件と学校を確認してもらって承認を得る。ここまでできればOKでした。




 しかし…これがうまくいきません。




 どうやら…4月からのイギリスはどうも地獄のようです。

 





 1月28日にイギリスのヒースロー空港に着くと通訳君から電話着信。どうやら通訳くんは私の到着時間を調べていたらしく連絡をしてきてくれたらしい。電話に出ると…

通訳「財前さん到着しましたか!!」

財前「ああ」

通訳「イギリスヒースロー空港からスタンステッド空港までバスにて移動お願い致します;;」

財前「え?バス?迎えに来てくれないの?」

通訳「財前さんはこちらの人間になるんでしょう?それくらい経験しないと」

財前「なるほど…。で?どうすればいいのかな」

通訳「手荷物を受け取った後、到着エリア(Arrival)に出ます。空港内標識にCentral Bus Stationと書かれてありますので、標識に従い空港直結のCentral Bus Stationまで歩きます。(所要時間8分)。16:10PM発(スタンステッド17:35着予定)のバスにご乗車お願い致します。
万一間に合わなかった場合は1時間後の17:10PM(18:55着予定)にご乗車ください。バスの情報はCentral Bus Stationの電光掲示版に表示されます。16:10PMの便名はJL727、最終目的地のNorwich行きで表示されています。7:10PMの便名はJL797、最終目的地のCambridge行きで表示されています。乗り場の番号、状況、遅れ等も電光掲示版に表示されますのでご確認ください。
最後に、乗る前にドライバーに何処まで行くか聞かれると思いますので、チケットを見せてStanstedとお答えください」

財前「…ぇ?」

通訳「それではお願いします」

財前「ちょ…え? よくわからなかったんだけど」

通訳「先程の工程は携帯のメールに送っておきますので」

財前「いや…ちょっと待っ…」


 プツッ  ツーツー



 …


 それからすぐに自分の携帯にさっきのバスの乗り方の詳細が送られてきた。なるほど…。まあバスに乗るくらいならなんとかなるだろうと思って税関を通ろうとしたが… 

 今回はまずこの税関で引っかかった。強面の税関がジロジロとこちらを見ながら話しかけてくる。当然私は英語なんてほとんど話せないので変な受け答えになる…。

 gergergeragerareg.jpg

税関「そこで止まれ」

財前「はい」

税関「おまえは何が目的でイギリスに入国するのか」

財前「え~と。英語学校…」

税関「英語学校?じゃあ証明書を見せて」

財前「いや…それはない」

税関「は?」

財前「4月から」

税関「4月から…だと!?」

財前「そうです」

税関「じゃあ今回くるのは早過ぎるんじゃないか?」

財前「まあ…出張も兼ねてるというか…」

税関「ハッキリしろ。一体ここに何しに来たの?」


ハッキリ言えと言われても英語だから言えないわけで…


財前「住む家を…」

税関「住む家を何?」

財前「え~と…住む家を…さ…サーチしに来た」

税関「どこを探す?」

財前「ケンブリッジ」

税関「今回滞在するホテルは?」

財前「え? あ…通訳君に任せてあるのでわからない…」

税関「は?」

財前「いや…だから…」

税関「ホテルも決めないでくる奴はおかしい。おまえ何者」

財前「ノーノー;; 怪しい物じゃない。ホテルも決まってる」

税関「じゃあどこだ」

財前「え~と…Stansted Hotelだったかな」

税関「ネットで調べたがそんなホテルはない」

財前「え…ああ…」

税関「嘘なら嘘と言え。本当は何を目的できた?」

財前「え…いや…だから英語の勉強…」

税関「何か資料は持ってるか」

財前「あ!?そうだ。これがある。旅費工程表。はいどうぞ」

税関「日本語を俺が読めると思ってるのか…」

財前「あ…」

税関「ちょっと別室へ」

財前「…;;」


 こんなやりとりを30分以上も繰り返され…40分後にやっと開放。中国や北朝鮮、そしてエジプトなどの問題で最近はアジア人にどうも悪い奴が多いらしく、私なんてまるで犯罪者扱い。

 通訳くんに後で聞いたが、ジャパニーズと言っても背の高かったりすると怪しまれてネックになったりするらしい…。

 学校の証書やビザがあればスンナリと入れたのだが、今回はそれがないから仕方がないらしい。

 もうこんな状況で現地入りするのは2度と御免なんだが…。

 飛行機のエコノミーの狭さで腰がいたい上に、40分も立たされて強面に質問攻撃…。もうこの時点でもう疲労困憊。早くホテルでゆっくり寝たい…。

 そして通訳くんのメールに書いてあるとおりにセントラルバスステーションへと行き、Stansted空港行きのバスに乗り込んだ。

 1時間30分の行程で料金が片道約2500£だから日本とそれほど物価というか金銭感覚は変わらないらしい。


 そしてバスはStansted空港に到着。

 gfhhgfhsrthsrhshts.jpg

 そこに通訳君が車で迎えに来てくれていた。


通訳「いやあ財前さん。よくバスに乗れましたね心配しましたよ」

財前「税関で40分も止められて大変だったよ」

通訳「へ~。何かあったんですかね?」

財前「どうも学校とか訳のわからない事を言ったのが不味かったようだね…」

通訳「そういうときはバケーションとかミーティングとか言っておけばいいんですよ」

財前「なるほど! 会議って言えばいいのかw」

通訳「ではレストランとパブに向かいましょうか」

財前「え?いやいや。もういい。もうホテルかえって寝るし」

通訳「ダメですよ。取引先のジミーが来てるんですから」

財前「え…マジ…」

通訳「それでは向かいましょう」


 そうしてイギリス現地の取引先であるジミーさんと会食してパブでビールを飲んだら深夜3時になっていた…。理っておくが私は酒が好きでもなんでもないし、レストランの食事も美味しいとは思わない。

 その上に英語が聞き取れないのでジミーの言ってることは1割も理解ができない。

 つまりジミーと話しているのは通訳君で、私はただ黙って立っているだけなのである…。

 これはキツイ。

 gsgsehshthtrhrshtt.jpg



 長旅した瞬間にこの出迎えとか…


 まるで地獄だこれは…。

 















 そして翌日の早朝。


 ほとんど寝られないまま


 いよいよ仕事が始まる。


通訳「今回は住居と学校を決める事が目的です」

財前「うん」

通訳「実は私も現地で家を借りるなんて初めてなのでよくわからないんですよ」

財前「え?マジで?」

通訳「でもまあ不動産屋に行けば簡単だと思いますよw」

財前「え?こっちにも不動産屋があるの?」

通訳「ありますよ」

財前「なんだ。ならすぐじゃないか。じゃあこの出張3日くらいで帰れるんじゃね?」

通訳「スンナリと決まればですね」

財前「不動産屋がいるならスンナリ決まるよww こりゃあ早く日本に帰れそうだ」



 と言っていたが…

 これが大間違い。

 しかし…二人ともこの時点でこの認識がまったく甘い事には気づく由もなかった。


 adfgagergaegaeg.jpg


 まず家。

 通訳くんはアポを取っていた人を不動産屋と思ってたみたいだが、なんか雰囲気が全然違う。

 物件の事を聞いても「私は何もわからない」と言われる。どうやら知っているのは物件の場所だけのようだ…。

 よくよく聞いてみると実はこちらの物件探しは不動産会社の人がやるわけではない模様。

 物件のオーナーがアルバイトみたいなのを雇って、その人に物件を紹介させるスタイルのようだ。

 ゆえに商売人的雰囲気はほとんどない。


 実際その人と話をしようとするといきなり嫌な顔をされて

 「おまいらチャイニーズ?」

 みたいな嫌悪感丸出しの顔。こちらが
 
 「我々はジャパニーズ」と言うと、突然誰かと電話をしだして

 「おいおい。ジャップがこの家を借りたいんだってよw」
 「冗談やめてくれよなw」

 みたいな感じで話してる。

 そして

 「悪いがこの物件を紹介するのは無理だ。なぜならこの物件はほかにも借りたい人がいるから」

 とかいきなり訳のわからない事を言われる。

 その人も物件を貸したいから紹介してるはずなのにこちらがアジア人だとわかった途端に怪しまれる。

 相手の顔を見てればよくわかる。そういう感じだ。

 しかし通訳君が食い下がって

 「我々は会社人だ。日本に会社も持ってる。金はちゃんと払う。物件を貸すに値する存在だぞ」

 と言うと、相手も少しは話しを聞くそぶりを見せて

 「なんて会社だ?」と聞き返してくる。通訳君が

 「こういう会社だ」と言うと

 「それはイギリスにあるのか?」と聞き返してきて八方塞がり。もちろんイギリスの私の会社は登記していないのでない。つまり会社があることを証明しようがない。イギリスでは私の会社など存在自体がないのである。

 それならばと「英語学校に行くから家を借りる」と伝えても税関と同じく「証明書は?ビザは?学校の書類は?」と質問されて終わってしまう。

 そんなものはない。

 なぜなら私は学校に入学をまだしてないから…。しかも学校側も住むところが決まらないと入学願書を出せないシステムであるためどっちにしても出口なき道なのである。

 ないことを伝えると

 「ほらみろw やっぱりないじゃないかジャップ!w」と笑われる。

 
 これほどアジア人は信用がないのか…。

 今までぬくぬくと日本人として日本で生きてきた自分が恥ずかしくなった瞬間である。

 世界とはこういうモノなんだという現実に絶望を感じた。

 なんだかんだでやっぱり世界に出ると全然違う。家を借りるのですらこのザマなのか…。


 まあ逆の立場で考えると私も日本で家を持っていたとして、それを外人や中国人に貸すかと言われればそれは貸さないわけで…。なんとなくわかる気もする…。
 
 最後の手段として通訳君がゴールドのクレジットカード、そして腕に巻いているイザという時のためのロレックスを見せる。

 すると相手の反応が少し変わる。「お?こいつら金もってるのか?」みたいな感じだ。


バイヤー「ふ~む。なるほど。でもおまえら本当に日本人か?中国人じゃないだろうな」

通訳「断じて違う。我々はジャパニーズだ」

バイヤー「オーナーは言っている。おまえらは半年分の家賃を前払いで払わなければならない」

通訳「なんだと!?」

バイヤー「つまり半年分で6000£だ」(1£=131円)

通訳「…」

バイヤー「そして何か変なことを少しでもしたらその瞬間に追い出す。同意するか?」

通訳「ぐ…」




通訳「財前さん…。どうします?」

財前「仕方ないね。我々は現地人にとって信用ない存在なんだし」

通訳「わかりました」


 しかしこれでも私たちをオーナーに紹介してくれるかはその男次第で、もし紹介してくれたとしてもオーナーが拒否すれば家は借りられないようです。

 つまりハッキリ言って今回は望み薄。

 泣きそう。


 しかし次の物件の紹介人はやさしかった。すごく説明も丁寧な人で「おお。この人はやさしいじゃないか」と通訳くんと二人でニンマリ。

 sfghgfhshthht.jpg


 貸し部屋も悪くない間取りと綺麗さで、ここに決めよう…と思ったら家賃がヤバいくらい高額で卒倒。

 なんとこの部屋は1週間に1回掃除してくれるタイプの部屋らしく

 1ヶ月で3000£も必要。

 つまりさきほどの家賃の3倍。日本円で言うと1ヶ月35万円の部屋である…。


 これで通訳くんと私はこの男がやけに外国人にもやさしかった理由に気づく。つまり詐欺…というかボッタクリなのだこの男…。要はアジア人という事で貸賃を張り上げ、大金をせしめてやろうという丸出しの男だったということで…

 高いから借りないというと値下げをしてきたが、それでも借りられる金額ではなく、「もういい」と伝えるとなにやら汚い言葉を吐きかけてその男はどこかへ消えて言った。

 なんだここは…

 先進国イギリスでもこんなものなのか。

 部屋を借りることすらマトモにできないなんて…なんという絶望。


 泣いてもこれが現実。


 さすがの通訳くんも通訳だけならこれまでこなしてきたが、部屋を自分たちだけの力で借りるなんて初めての経験らしく打ちひしがれていた。


 そんな中で二人で出した結論は…

 誰か現地の人をエージェントを立てて仲介してもらう事



 これしかない。まずは現状把握。アジア人二人では部屋などとても借りられないことをまず自覚することが大事。ではどうするか。

 それにはやはり現地人を間に立ってもらうしかないのである。


 早速、イギリスの取引先の人に連絡し、その人の知り合いで不動産関係の人が丁度いるとの事で紹介してもらい、その人にエージェントになって貰った。



 翌日…


 その人との待ち合わせ場所に行くといきなり5件の物件がリストアップされていた。

 
 さすが現地人…。自分たちアジア人の力など無力なのだ。


 驚いたのはエージェントは女性だった事。そして肥満国NO2のイギリスらしく100キロはあろうかという巨漢だ。彼女が言うにはケンブリッジの部屋の平均家賃は1ヶ月で約1000£~1200£。

 これは日本でいう2LDKくらいの大きさでの話。

 6畳1間とかであればもっと安いのだろうが、今回は嫁もイギリスに連れていくのでそれくらいの部屋が必要なのである。嫁に欝やノイローゼになられても困るし、治安の関係でセキュリティもある程度ないと最悪犯罪に巻き込まれる可能性があるので…。
 

 エージェントを立てたことで交渉はある程度やりやすかったが、それでも貸すかどうかはオーナー判断になる。基本的にその物件のオーナーは表に出てこないし、我々の姿を見ることもないので、書類ですべて確認する。

 もしオーナーがジャパニーズ嫌いなら一環の終わりだ

 という意見はエージェントも同じだった。


 
 そしてその翌日…

 社長がイギリスに到着。ここぞとばかりに私がこれまで苦労を話すと終始上機嫌で「苦労させるために何の補助もつけてない。良いからもっともっと苦労しろ」みたいな事を繰り返すばかり。

 とにかく海外での苦労を経験して欲しいらしい。

 まあ気持ちはわかる…が。

 エージェントの人に紹介された物件全てを案内してもらう。社長も海外に何年間も学生に住んでいたという経験の持ち主ではあるものの、今回のような事は知らなかったようで

 「やはり海外に進出するのは並大抵の事じゃないな…まずは会社を登記か」

 しかし登記をするのには莫大なお金が必要。危機感を募らせていた。


 一応住まいは広さと値段を社長に確認して貰ったので、ベースはできた。後はもう類似物件をエージェントに任せて探してもらうしかない。



 次に学校探し。

 とりあえずリストアップしている所に行くと…

 これは参った。私は別に良かったのだけれど、どうにも通訳くんと学校側の先生が話しているうちに犬猿の仲になってしまったようでお互いに口喧嘩を初めているのだ…。

 私は英語がわからないので

 一体どういう事かと。何を言っているのかと通訳くんに聞くと


通訳「聞いてくださいよ財前さん! この女ですね。こっちが英語へたくそだと思ってABCから始めるビギナーコースを進めてくるんですよ」

財前「え?ま…まあ別にそこから初めてもいいんじゃない?」

通訳「そんな幼稚園クラスみたいな所はケンブリッジにないですよw ロンドンなんです。その教室」

財前「え!?それはまずい…」

通訳「でしょう?ケンブリッジで家も探してるわけですし」


すると学校の校長?みたいな女の人が今度は私に詰め寄る

 adfgagaergregaegareg.jpg

女校長「あなたが生徒のなりたい人?英語での受け答えはできるんでしょうね。うちの学校はそれが前提なのよ?」

財前「オ~。イエスイエス」

女校長「まあなんと汚い発音なんでしょう。ビギナー以下だわ」

通訳「言いすぎだ!!」

女校長「うちの学校はそういう方針だから仕方ないのよ」

通訳「そんなバカなことがあるか! そもそも受け答えができてしゃべれるなら語学学校などには来ない」

財前「ま…まあまあ通訳くん。入れればいいんだからさ。入れれば。ここはひとつ穏便にだな…」


 そんな中で空気の読めない社長は勝手に学校の庭なんかを散策をはじめ、さらに女校長に怒られる…。



女校長「勝手に学校内を歩きまわらないで!! 不審者として通報するわよ」

社長「ほえ?」

通訳「不審者だと!?我々は学校入学希望者だと言っているだろう。客だぞ」

女校長「不審者に入学して欲しいとは思わないわ。英語もしゃべれない癖に」 

通訳「馬鹿にするな!私はTOEFL600だぞ」

女校長「TOEFL?それはアメリカの基準ね。イギリスではIELTSなの。残念ね」

通訳「こいつ減らず口を…」


 社長も女校長の剣幕を見てようやくヤバい事に気づいたのか、急にしおらしくなって「もう帰ろう…」なんてボヤき出す。でも通訳くんは強気の女校長に見下されてることに我慢ならないらしくまだ口喧嘩中。

 無茶苦茶な状況である…

 そもそも通訳がなんで喧嘩してるのか。語学学校に入るのは私ではないか。通訳は関係ない。


財前「おい通訳。もういい。謝れ。」

通訳「えええ!?なんでこんなのに謝らなきゃならないんですか。これは人種差別ですよ」

財前「差別?」

通訳「我々を見下してるんですよ」

財前「おまえがその校長より背が低いからそう感じるだけじゃないのか?」

通訳「そんな事は…」

財前「とにかく人種差別なんて関係ない。君は俺がこの学校に入れるようにすればいいだけだ」

通訳「しかしですね!」

財前「仕事は結果が全て。入学できなければすべてパー。そういう世界。わかるよね」

通訳「はぁ…」

財前「とにかく頭を下げて謝って話をまとめてくれ」

通訳「わかりました」



 そして結果的に…

 よく聞くとオンラインでペーパーテストを受けてその基準に達しているかを自分で確認し、学校に入学してきてください…っていう話にまとまった。

 よく考えると話がコジレるわけがない感じがするのだけれども…

 どうも通訳くんは上から目線で女性から頭越しに言われたことが耐えられなかったらしい。

 例えば休みについても「イギリスは学生は1年間に3ヶ月くらい休みをとるので、そうするべき」と言われたのに通訳くんは焦ったらしく「こちらは会社で来るのだから休みは必要ない」と言ったらしいのだが女校長は通訳くんに対し「あなたはそれでいいかもしれないけど彼にも休みが必要でしょう?あなたその顔でサゾなの?」と答え、さらに通訳くんは「必要ないと言っているだろう!」なんて話で喧嘩してたらしい。

 アホである…。

 そもそも通訳くんはわかってない。

 イギリス人と日本人と並んだ時、どちらが優劣かと言えばそれはイギリス人に決まってる。

 見た目から言語からスポーツから何から何まで上だ。

 日本が勝ってる事と言えば手先が器用な事くらいかもしれない。



 そこを頑張って同列にしなくても…見下されてもいいじゃん。と私は思うのだけれどそう思わない人も日本には多いらしい。

 これは戦後たった60年で作り上げた日本人としてのプライドなのか。

 
 どちらにしてもこれによって学校に入れるかどうかも微妙な空気になって私は疲労困憊。


 こうなると日頃の疲れというか、安らぎはもはや食べ物とかゲーム、そしてTVにしかないわけだが、ゲームはできない。XBOXはないし、メイプルストーリーはイギリスから繋がらない…

dsfgsegsersregsgersreg.jpg

 どうしようもない。

 正直言ってゲームできないという事が一番精神的にキツイ。

 本当になにもやる事がない…。

 TVをつけても何を言っているのかさっぱりわからないので付けても意味ない…。

 これも辛い。

 最後の望みで食事があるわけだが、イギリスの食べ物が糞まずいというのは世界中でネタにされているほど周知の事実。実際マズすぎて話にならない。

 実際レストランにも行ってみたが、とにかく日本でいう不味いというレベルは超えていて


 吐き気を醸しだすマズさ。


 もはや罰ゲームと同意だ。これは。こんな飯を2日もレストランで食べると胃が弱ってしまうので通訳くんに「レストランに食べにいくのはやめよう…今日はスーパーでお菓子でも買って夕食を済ませたい」と伝え、3日の夜はスーパーで済ますことにしたが、実はスーパーも罠ばかり。

 まずカップラーメンだ。日清のカップヌードルは世界中で食べられてると聞いていたのでカップヌードルコーナーに行ったのだが、日清のカップヌードルがどこにもない。

 最後の生命線の日清がない。


 「なぜ日清がないんだ!!あの味は世界共通だろ」と通訳に怒鳴っても

 adfgagaergerg.jpg


 「イギリスに日清のカップヌードルなんてありませんよ…」


 と返される始末。世界中で1億食じゃなかったのか!? あれはどこで食べれられてるんだ…まったく。


 しょうがないのでイギリス現地で作られてるカップラーメンを買った。まあカップラーメンである。どんなに不味くても…たかがしてれる

 そう思ってこのTESCOのカップラーメンを食べてみたが…

 予想に反して破壊的なマズさ。2口食べてやめました。(これはおみやげにしたいと思います)

 
 残った麺とスープはトイレに流して終了である。


 まさにアンビリーバボー。カップラーメン食って吐きそうになったのは生まれて初めてだ。


 次にお菓子。こちらはチャンスはあった。なんとプリングルスがあったのだ。だからそれを買えばノープロブレム。何も問題はなかったが、つい隣にあったオニオンのスナック菓子がおいしそうだったのでそちらを選んでしまいった。

 日本でいう投げ輪のお菓子。オニオンリングって奴だ。
 
 あれは美味しい。


 しかし… それは儚い夢だった。

 こちらも糞マズすぎて話にならない。腐った玉ねぎの味がそのままツーンと来る感じでとても食べられたものじゃない。

 玉ねぎの生の匂いがそのままついてるスナック菓子とか誰が食うんだと。


 こちらも即効で吐き気を催し、2個ほど食べて捨てた。



 結局どちらも敢え無くゴミ箱へと直行する事になったのである…。


 しかもそれだけでは終わらなかった。その後めちゃくちゃ口が臭くなってしまって… 寝られないという現実に直面。

 寝ようとしても自分の息が臭すぎて眠れないのだ。


 しょうがないから歯磨きしようとしたら歯磨き粉が丁度切れてて悶絶!!


 結局渡しは発狂しながら熟睡することなく朝を迎える事になった。


 ここ数日ブログ更新しなかったのも…この5日で心労が祟り、風邪で喉が痛い上に下痢中。しかもなんか足もジンジン痛む謎の病気にかかっている…。

 ゆっくり療養したいのだが、取引先のジミーが毎日に近いペースで飯やら酒やらに誘ってくれるのでまったくやすまる隙がない…。毎晩に近い感じで夜中の2時くらいまでパブで飲まされるし…

 ジミーが何言ってるか1割もわからないので、私は4時間くらい無言で飲んでるのと同意なのだ。


 下痢中でこの仕打ちは地獄以外の何者でもない。


 私は打ちひしがれたよ…先生。

 dafgagergaergaegr.jpg

 英語が勉強したいだけなんだ… それ以外はないんだ… なのになんでこんな苦労を…



 あと3日だ…   あと3日で一時日本に帰国できる…





 しかしその後が問題だ…。



 4月から…こちらで1年に及ぶ生活…。

 
 言葉も話せない状態で私は…



 果たして耐えられるのか…






 























 そして皆さん

 日本人はいつでも食べたい物を食べ、望むものが全て近くにあります。

 日本での何不自由ない生活。


 それって凄く幸せな事なんだと私…今回気づきました。





 贅沢の極みの生活をしてますよ…。我々日本人は。
 




 まさか後ろ盾なく海外で生活することがこれほど難しいことだとは…。






 




  続き…

 2011/02/08 海外記5-3 イギリスがクイーンズイングリッシュでもゲームは万国共通の言語

 rhsrhrhhst34t34t3t4.jpg
Cambridge, England.  Personally, I prefer Cambridge to Oxford. I think it’s like a little Venice in England.



その他の海外記 http://ninehalt.blog4.fc2.com/blog-category-30.html

ergrgtestt3t34t34twetert.jpg メイプル補完計画  「彫麗」
動画に使う彫麗の画像を募集中。お絵かき掲示板に投稿して頂くか、ファイルのご提供を是非宜しくお願いします
 
メイプル補完計画 ニコニコ版  / Youtube版  
補完計画特設サイト
midori.tekoさんがメイプル補完計画コミュニティを作成してくれました!感謝致します


fdgergergererggre.jpg
先生なにやってんすかシリーズ
3DS体験者に被害続出?「一瞬で目が痛い」「気持ち悪くなった」
【まとめ】PSP2改め『NGP』お祭り会場
国内ゲーム市場規模は35%減、ハード市場はほぼ半減
【画像あり】犬派 VS 猫派
自分がコンビニ店員に付けられてそうなあだ名wwwww
日本は低カロリーな物が多くて嬉しい
Xbox360が前年比で最大の伸びを記録
石原慎太郎「八百長なんて昔からあった。騙されて楽しめ」


関連記事








Edit Comments(100) trackBack(0) |

Post a Comment

comments

2011/02/15 08:49 [ 編集] 読者さん MAILURL

イギリスか

2011/02/15 08:49 [ 編集] 読者さん MAILURL

2年後くらいが楽しみになってきたね

2011/02/15 08:48 [ 編集] 読者さん MAILURL

リアル日記久しぶりだな

2011/02/15 08:24 [ 編集] 読者さん MAILURL

大学回想の時も思ったけど、凄い人生送ってるね…

2011/02/15 08:24 [ 編集] 読者さん MAILURL

4月からか~

今年は日本も大変そうだし海外に行くのもいいかもな。

2011/02/15 08:23 [ 編集] 読者さん MAILURL

イギリスか~…

行きたいけど恐いな

2011/02/15 08:22 [ 編集] 読者さん MAILURL

メイプル補完計画とかのときはコメント少なくて、今までずっとゲーム系の記事ばっかり描いてたのに久しぶりにリアル日記書いたらコメント100近くいってる。

すごすぎるだろこの人

2011/02/14 15:15 [ 編集] 読者さん MAILURL

更新間隔開いてるなww

2011/02/14 15:15 [ 編集] 読者さん MAILURL

ゆとり教育は消えて今年から英語も小学校からキッチリ勉強するようになりましたね。

今後留学する人も増えると予想されるので良き記事かと思います。

2011/02/14 15:14 [ 編集] 読者さん MAILURL

イギリス~

2011/02/14 15:14 [ 編集] 読者さん MAILURL

戦後60年って事が言いたいのな。

まあ記事内容は面白かったからそんな細かい事はどうでもいいけど。

2011/02/14 02:57 [ 編集] 読者さん MAILURL

戦後40年とは?

海外に行くなら日本の歴史くらい覚えたほうが良いとおもいますよ
中国人と間違えられてもしょうがないな

2011/02/11 13:10 [ 編集] izpyoon MAILURL

すんごい面白くてつい夢中になって読んでしまいましたi-239
私も来週から1ヶ月だけですがロンドンに留学ですi-6
不安な気持ちでしたが緊張が和らぎましたi-60
オニオンのお菓子は買わないようにしますねi-179

2011/02/10 23:56 [ 編集] 読者さん MAILURL

色々大変だろうけど応援してる
イギリス人如きに負ける財前さんなんて見たくないからな

2011/02/08 18:17 [ 編集] ベム MAILURL

サッカーやラグビーなどに興味をもたれたらいいと思います。

中でもサッカーはかなり盛り上がってます

2011/02/08 16:33 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前さん・・・
大変ですね。
がんばってくださいまし。

2011/02/08 01:24 [ 編集] 読者さん MAILURL

俺もワーホリで海外行ったときはこんな感じだったわw

2~3ヶ月経つまでまったく落ち着けなかったし、地に足がつかなかった。

大きなバックか現地人の知り合いがいないと信用ないからキツイよな~。財前も2~3ヶ月は苦労すると思う

2011/02/08 00:16 [ 編集] 紫苑 MAILURL

なんかすごく苦労されてるようで・・・
私は 財前さんの人生のファンなのでwww
是非 この逆境への体当たりを 応援させてください(^ω^ゞ

2011/02/07 22:26 [ 編集] 読者さん MAILURL

本当の話に決まってるだろう。

海外経験者が見ればわかるよ。実際こんなもんだぜ?海外ってのは。

事実財前は先月海外に行ってからメイポにINしたのも0分だしさ。それに4月から海外に行くってことはその模様がブログで書かれるって事だから誤魔化しようがないでしょ。

2011/02/07 21:43 [ 編集] 読者さん MAILURL

いろいろと最初から無謀でしょ・・・・・・
本当の話なんですか・・・・・・

2011/02/07 18:46 [ 編集] natsuki MAILURL

言葉分からない、ゲームできない、食べ物が不味い…
そんな環境に居たら、僕は1日で発狂すると思います。
頑張ってください、財前さん。
ブログ更新の為に!!

2011/02/07 18:38 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前体調壊すなよ・・・
無理はしなきゃだめかも知れないが絶対に体調は壊すなよ
体調壊したら元も子も無くなるからな
ついでにブログ更新して頂かないと泣きます。
体調>>仕事≒ブログ>飯 
出来るならこれで

2011/02/07 18:32 [ 編集] 読者さん MAILURL

イギリスってそんなに飯不味いんですか・・・
普通にアメリカなんかに留学する何倍も苦労がありそうですね;;
留学したいけど勇気が・・・という不甲斐ない若者ですけど
せめて応援だけでもさせてください><

てか、1年後の自分の‘尊敬する人’が財前さんになってそうで怖いw

2011/02/07 18:17 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/07 15:42 [ 編集] 読者さん MAILURL

>14:42
中国がパクってるのは何も日本のモノだけじゃないってこと

2011/02/07 14:59 [ 編集] 読者さん MAILURL

どんなに仕事が忙しくても更新を楽しみにしてる俺らのために頑張ってくださいwww
毎日更新がいいけど3日までなら空いてもおkww

2011/02/07 14:50 [ 編集] 読者さん MAILURL

イギリスの飯の不味さは異常
向こうから日本に来た人はファミレスで飯が旨すぎるって感涙してたよ

2011/02/07 14:42 [ 編集] 読者さん MAILURL

日本人って証明するのにパスポート見せれば良いのでは。
あとチャイニーズってなんで日本人以上に嫌われているのさ。

2011/02/07 14:16 [ 編集] 読者さん MAILURL

ピザ食えば?

2011/02/07 13:46 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前・・・
が、がんばれ・・・

2011/02/07 13:10 [ 編集] 読者さん MAILURL

>イギリス人と日本人と並んだ時、どちらが優劣かと言えばそれはイギリス人に決まってる。

優劣=イギリス人

先生!どういうことですか!

イギリスって生活するには大変なところなんですね。
もう後の祭りですが、カップ麺をいくつか持っていった方が良かったですね…。
4月から住む時には旅行バッグに忍ばせられる日本食の数はたかが知れてるので、日本食を購入できる通販サイトを探してみてはどうでしょう。
存在するかどうか分かりませんが。
日本の友人に郵送を頼むのもいいですね。

またイギリスでの体験談お願いします。
総回診でしか外国生活の話に触れる機会はないので…。

2011/02/07 11:34 [ 編集] クソ雀士 MAILURL

見たことある野菜ならば間違いないんじゃないのかなー

体調不良にお菓子ばっかより野菜の方が体に良いだろうしねぇ

2011/02/07 10:58 [ 編集] aaa MAILURL

カップラーメンとかはもっていったほうがいいですよw
イギリスにマックとかはないんですか?
ってかハリーポッター見れないんじゃないですか?!

2011/02/07 09:42 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/07 07:28 [ 編集] 読者さん MAILURL

まあ財前さんがメイプルストーリーにいなかったら、というかこのサイトがメイプルになかったら…メイプルストーリーってホント餓鬼のゲームって罵られても反論できずに終わりだったな。

2011/02/07 07:27 [ 編集] 読者さん MAILURL

昨日はアクセス5999か。

情報サイトでもないのに、1個人の日記でこのアクセス…ちょっと他にもあんまりない。

正直このサイトやばいわ。

2011/02/07 07:26 [ 編集] 読者さん MAILURL

やっぱ5000人以上も1日にサイト訪問者が来てると数人は海外経験者とかこれから海外に渡る人がいるんだな。

てか財前さんのサイトってよく考えると学校10個分くらいの学生全部が毎日来てる計算だなwwwww

2011/02/06 23:26 [ 編集] 読者さん MAILURL

僕は3月からワーホリでフランスに突っ込んで、来年の9月から向こうの大学院行くつもりです。
ただ、英語はいくらか話せるんですけどフランス語知識は皆無なんで玉砕覚悟ですよ。
それに比べたら英語の上達なんてアドバンテージがあるんでいくらかマシじゃないですかね。(嫁さんのケアは大変かもしれませんが。。。)

お互い頑張りましょー

2011/02/06 23:20 [ 編集] 趣味は一人スパーリング MAILURL

俺も前にマンチェスターに1ヶ月留学してましたけど、そんな飯もお菓子もマズくなかったですよ?むしろ近くのパブのハンバーガーとかピザ屋に売ってたケバブとか超美味しかったですよ!俺よくスーパーでパスタ買ってケチャップ混ぜてスパゲティ作ってましたよ^^普通に美味しいの出来ましたよー!

2011/02/06 22:56 [ 編集] ぐれん MAILURL

お疲れ様です
何事も気の持ちようだと思いますよ
たくさん苦労した後に一つでも楽しいことあるとより楽しくなりますし
日本にいるよりもいっそう奥様のありがたみを感じると思います

よくわかりませんが戦前の方が日本人としてのプライドは高かったのじゃないかと思います
最近はプライド意識が薄くなっているから国際競争でも順位はだだ下がりなんじゃないですかね

2011/02/06 22:49 [ 編集] 読者さん MAILURL

全然関係ないのだけど、知覚障害がある人が親のせいで普通学校に通ってる子の気持ちって、こんな感じなのだろうな。毎日意味のわからない言葉などが飛び交う中ずっと椅子に座ってるだけっていう。

まぁ、それはおいといて、財前さん体には十分気をつけてくださいね
話聞いた感じだと食中毒とかありそうですよね
それにしても食べ物がそこまで酷いと逆に食べてみたくなってしまうww

2011/02/06 22:29 [ 編集] ok MAILURL

 日本人はいつでも食べたい物を食べ、望むものが全て近くにあります。

 日本での何不自由ない生活。

っていってもイギリス人にもイギリスでもいつでも食べれる物たべ、望むものも近くにあるんじゃ?


自分は日本人で、まったくわからない世界に行って望むものがどこにあるかあわからないからそういう、自分苦労してます錯覚な言葉が出るんじゃ

その世界を知っていれば同じような状況でしょ?
そうやって知っていくにつれて、住めば都とかわけわからん言葉ができあがってくるんだよね。

2011/02/06 22:25 [ 編集] スライムNOVA MAILURL

イギリス大変そうですねΣ(・□・;)
日本にいるのが幸せに感じてくる記事でした( ̄◇ ̄;)

その生活になれるのは厳しいでしょうが、頑張ってください
(-_-;)

2011/02/06 22:01 [ 編集] ぱす MAILURL

お疲れ様です。たまにはコメントさせてください

読んでいて留学したころのことを思い出しました。

イギリス人はクイーンズイングリッシュを話す手前、
発音にはいろいろとうるさいと思います。

それにしても通訳の人の対応がひどいですね、
住宅はリアルエステイトで色々見定めて選ばれたほうが
いいのではないですか

あとイギリスに住むうえで、行きつけのフィッシュアンドチップス屋
と好きなインスタントラーメンを見つけておくといいと思います。

奥さんがいないときの常食になるかもですから

2011/02/06 21:51 [ 編集] MAILURL

俺も海外に住む予定があるけど嫌になってきたわ…

2011/02/06 20:59 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前さんはホント苦労人だよな。
それが吉と出るのを祈るばかりです。

2011/02/06 20:26 [ 編集] 読者さん MAILURL

イギリスって対日感情良くないからなぁ……
ドイツ・イタリアならまだしも

2011/02/06 19:21 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前くんあんたわかってないね。
日本の普通と向こうでの普通は違うんだよ。
万国共通なら戦争など起こらんでしょう。

「郷に入れば郷に従え」
慣れればそれが普通だと感じるよ。
私は日本人だから日本のやり方でやるというならそれもいいけど、
それならなぜ英語を覚える必要あるのかね。
我を通すなら相手が英語で喋ってこようと日本語で返答するよろし。
しかしあんたは英語を学びたいんだろう?
会社のグローバル化への架け橋となるんだろう?
それならばよそ者は相手に合わせるしかないよな。
なーに、辛いのは最初だけだ。
頑張ってくれたまえ

2011/02/06 19:20 [ 編集] 読者さん MAILURL

確かに中華料理は今や世界中にあるから一つの拠り所になるかもな。

日本人は中華料理好きだし

2011/02/06 19:08 [ 編集] ちびむぅん MAILURL

人生の中で 試練の時は何回かあるんだろうけど
それをステップとして 成長していくでしょうね

再び学生として学ぶ機会を与えられたこと
異国で暮らすチャンスに恵まれてること
与えられた責任は とても重責だとは思いますが
結果は必ずついてくるものだと思います

発見成功苦労話 今後も期待しています!
がんばってくださいねー

ちびがイギリスにいった時は 中華料理で生き延びでいました
お茶が 急須1つ日本円で800円くらいしたような?
食事は悪いかもしれませんが 
マナーや紳士ぶりは見張るものがありますよね
素敵なジェントルマンに変身してくださいね☆



2011/02/06 19:05 [ 編集] 読者さん MAILURL

海外に行くって聞くと「スゲエ」って思ったけど、これだけ様々な苦労があるとは…

2011/02/06 19:04 [ 編集] 読者さん MAILURL

なんかスゴイ話だけど、財前ってのならわかるわ。

結局つくってきた実績だよな。

財前はメイプルでも2000万ヒットの上に補完計画なんかの様々なコンテンツつくってきた経緯を見ると只者じゃないってわかるんだわ…。前人未到だし。

あたりまえだけど。

2011/02/06 19:02 [ 編集] 読者さん MAILURL

日本で勉強して英語話せるようになると思ったら大間違い。それは大概がアメリカ英語で発音メチャクチャ。ようやく聞いてもらってる程度。

やっぱり現地に行って数年はいないと英語話すのは発音の関係で難しいと思う。

2011/02/06 18:19 [ 編集] 読者さん MAILURL

なんだかんだでかなりストレスあるだろうなw

2011/02/06 17:14 [ 編集] 笹カマ MAILURL

うちのおじさんアメリカ・中国・ドイツとか行ってるけど
最近はもうなれてきたみたいだけど
ストレスで頭がは(ry


更新乙です
頑張ってくださいな

2011/02/06 16:02 [ 編集] 読者さん MAILURL

なんだかんだで1年経ったら

突っ込むことができないほど財前さんも英語がうまくなってるんでしょうねえ…。

たった1年で人間がここまで変わるってのを是非見せてください。

今は大変でしょうけど1年後のあなたを思うと羨ましいです。

2011/02/06 16:01 [ 編集] 読者さん MAILURL

わかるわこの話。

俺も最初海外に行ったときはこんなんだった。というかもっと酷かった。
いきなりスリされる人もいたりするしな。家さがすのは困難を極めると思うけど、英語自体はすぐ話せるように成る。問題は語句じゃなくて発音。

ちょっとでも発音が違うとイギリスでは通じない。そういうの日本人だと知らない奴がおおいから気をつけたほうがいいよ。

日本人は単語さえ言えば通じると思っているがそれは大間違い。発音と文法が何よりも大事。

2011/02/06 15:54 [ 編集] ほも MAILURL

今年の四月、お墓が必要になりそうですね・・・

2011/02/06 14:56 [ 編集] 読者さん MAILURL

ブログいつも楽しみにしています。
とても大変なのだろうけれど、面白いですw
がんばってください

2011/02/06 14:39 [ 編集] 読者さん MAILURL

イギリスの飯は不味いって聞きますけどそこまでだとわ苦笑
そーえば、高校のとき中学英語もままならない友達が1年間カナダに行って帰国してきたら道端で外人と流暢に英語で話せるようになってたのを思い出しました。彼が言うにはまず恥ずかしがらず単語でもいいから話しかけることが大事らしいです。気づいたら普通にコミュニケーションできるようになってたそうです。
twitterで外人が日本は治安、良すぎてうらやましいってたまにつぶやいてますよね。こっちでは荷物から目はなすと盗られちゃうよHAHAHA的な感じで
笑えねーよと思ってみてました。

2011/02/06 13:52 [ 編集] 通行人A MAILURL

財前sお疲れ様です。。。  白熊画像可愛すぎるw

2011/02/06 12:58 [ 編集] 読者さん MAILURL

そんなにまずいんですか?
まぁ がんばって慣れてくださいw

2011/02/06 12:34 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/06 12:28 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/06 11:32 [ 編集] MAILURL

更新お疲れ様です。
海外はいい事ばかりでもなさそうですね;
風景は綺麗ですが何も楽しいことがないとは涙目ですね

イギリスでも壮絶ですね
今後の記事に期待です。

2011/02/06 11:24 [ 編集] MAILURL

財前さん…ほんとにお疲れさまです。

今はイギリスより日本の方が優れてるとこばかりが目に入ってしまいますけど、2週間もイギリスにいたら、きっと日本より良いとこを見つけられますよ。

慣れてしまったらイギリスも楽しいと思います。
慣れるまで頑張って下さい。

2011/02/06 11:14 [ 編集] 読者さん MAILURL

4次が実装される前にメイプルやめたので、久しく見てなかったのですがすごいことになってますね! 

私は高校の時からカナダに住んでいるので、参考になればと書かせていただきます。

英語での生活は大変でしょうが、自分の英語力は3歳児にも劣っていると考えたほうがいいですと思います。
いくら文法ができても、喋れなければ、気持ちを伝えられないので意味がありません。

英語を手っ取り早くうまくなりたいのでしたら、テレビを見るのが一番です。 
テレビと言っても、難しいドラマなどではなく、子供向けの番組やコメディ番組をお勧めします。
喋っている単語も簡単ですし、何よりドラマに比べ、会話のスピードがゆっくりですのです。
最初は何を言っているか分からないと思いますが、徐々に耳が慣れていきます。

耳が慣れれば、新たな単語や独自の言い回しなども分かってくるので、それを積極的に会話でも使っていきましょう。 
英語は、聞いたものを使って話す事で上手くなっていきます。 

新天地での生活やお仕事はなかなか大変だとは思いますが、体にはお気をつけて頑張って下さい。

長文失礼しました。

2011/02/06 11:08 [ 編集] 読者さん MAILURL

去年の夏に学校でケンブリッジの寮に研修にいったんですが、イギリスはすごいですねw
まず、食事がうまいとかまずい以前に衛生状態が…食器はベトベトしてるし箱をあけて使うジャムは箱に穴があいていてカビが繁殖していたりケーキを食べようとしたら中から蜘蛛が出てきたり、これは日本人がなめられていたんですかね・・・?
でも、町はすごくよかったです近くに小規模だったけど市場見たいのもあったし
ショッピングモールには何でもありました。
ただ、友人でスリにあいそうになった人もいるので治安はあまりよくなさそうですね。写真の最後にありましたが、パンティングすごく楽しいですよ。予想以上に疲れますが・・・w
とにかく、かなり大変そうですががんばってください。
長文失礼しました。

2011/02/06 10:58 [ 編集] ゆう MAILURL

財前sとりあえず頑張って←
イギリスのご飯が不味いっていうのは聞いたことはありましたが。
まさかココまでとは…。
衣食住の3つを満足に得ることは難しいのかもしれませんね。
私も今必死に英検の勉強をしているのですが。
書くのと話すのでは恐ろしく違いますよね。
日本語と同じように訛りがあったりしますし。
ただ。その環境に対応できるようになったら勝ちなんでしょうから。
それまでの間 大変でしょうけど頑張ってください@w@

2011/02/06 10:29 [ 編集] 読者さん MAILURL

まぁ、生きて帰ってこい。
それしか言えない。

2011/02/06 09:57 [ 編集] 読者さん MAILURL

2000万Hitおめでとうございます!

イギリスはメシマズで有名ですよね…
体調崩さないように祈っています…

2011/02/06 04:34 [ 編集] みd MAILURL

うーん…
僕が向こうに行った時と同じ感じになってますねww
時差ボケも酷く頭も回らない最初は寝ることです…

食事はマズいので、フルーツとか、パンで凌ぐといいです

カップヌードルはえぇと…
日本の食材を売っているお店が
ケンブリッジのキングズカレッジから徒歩1時間ぐらいの所にあったんですが…場所忘れましたwwすいません…

ポテトチップスはまだ食べれるのでおすすめだったりします
ショッピングモールのバス停側の道沿いのお店にあるフィッシュ&チップスは自分で味付けできますし、案外美味しいです(あだ脂っこいの注意)

ケンブリッジは学生の町であり、先生が非常に力を持っているので、
僕は家を借りる時に大学のコネでケンブリッジの日本人の先生に頼んで、一緒に来てもらいました。
お陰で苦労することもなく、すんなり決まったので教授陣を味方につけたらどうでしょうか?
ケンブリッジにはイギリス人のおえらいさん(教授)と結婚なさった日本人の方もいらっしゃいますので、現地の日本人に頼るのも一つの手かもしれません

2011/02/06 04:05 [ 編集] 読者さん MAILURL

海外で生活するってのは相当辛いと思う。
日本ならどこでも我慢できるが海外だとなあ…。イギリスはラーメンないのも痛すぎ

2011/02/06 03:47 [ 編集] 読者さん MAILURL

とりまストレス感じてることはブログになりなんなり打ち明けていって、少しでも和らげた方がいいと思います。
嫁さんとかに言って喧嘩になると更にストレス増えるんで、ブログなんかに書いてるとみんな応援コメしてくれるし読者と喧嘩になることもありませんからね。
ただまぁ、嫁さんがノイローゼになる前に財前自身の事も考えてくださいね♪

2011/02/06 03:38 [ 編集] 読者さん MAILURL

苦労あるんだな~やっぱり

2011/02/06 03:29 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前さんイギリスでの生活がんばってください><
こう考えてみると、自分たちって裕福だな~って感じさせられます。

2011/02/06 03:18 [ 編集] 読者さん MAILURL

なんだかんだで全部見た。


俺も海外留学してみたい

2011/02/06 02:21 [ 編集] 読者さん MAILURL

勉強するなら英語発症の地のイギリスが良いに決まってるからイギリスに目をつけたのは正解だよ。スペインとかフランスでも英語は使えるけどフランス語とスペイン語とかの母国語があるから実は英語はほとんどうまくならないからね。

英語勉強するならアメリカ行くかイギリスが正解です。

2011/02/06 02:14 [ 編集] 読者さん MAILURL

85kgあった友達。
この前会ったら60kgになってた・・・。
彼も海外で2年間仕事して、食べ物が合わない&ストレスで激ヤセしてしまったらしい。

財前さん・・・財前さん;w;
応援してますから・・・きつい事はここで吐き捨てて、俺達の応援で元気を補充して下さい。

逆に応援しか出来なくて申し訳ない・・・。

2011/02/06 02:10 [ 編集] ぱるぷんて MAILURL

海外シリーズ面白いですねー。
家を借りるのも一苦労なんですね。

ただ、なんでイギリスなんでしょ?
欧州で、かつ母国語が英語だからなのかな。
ドイツやフランスでも良さそうなもんだけど。
英語圏ってことならアメリカでも良さそうなもんだけど。

扱う商品は、欧州にチャンスがあるのかな。
そして英語圏ってことで「イギリス」ってことなのかな。
まあ、このあたりは社外秘かw

2011/02/06 02:10 [ 編集] 読者さん MAILURL

長文記事だとコメントの質が違うなw

まあ教養のないやつは最後まで長文を読めないからそうなるんだろうけど。

2011/02/06 02:09 [ 編集] 読者さん MAILURL

メイプル総回診2000万ヒットの金字塔おめでとう!!

個人サイトではメイポ同盟に継ぐ快挙じゃないかな。

2011/02/06 02:08 [ 編集] 読者さん MAILURL

メイプル記事だけだと気づかないけど、リアル日記を本気で書くとすごいなw

2011/02/06 02:07 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前の6年のブログ紀行も順風満帆じゃなかったよな。

財前ゴウの総回診から2になった理由。


これを知ってる人は今少ないんだろうけど、2という数字を見るたびにアンタの重い傷と苦悩を思い出すよ。

2011/02/06 02:03 [ 編集] 読者さん MAILURL

結局部屋を借りようとして学校に話に行っただけって話だけど

その二つの話題だけでここまで書けるもんなんだな。どっちかっていうとこっちがすごいわw

2011/02/06 02:02 [ 編集] 読者さん MAILURL

日本人が日本で生活するのは凄く楽なのにそれでも自害する人や不満を顕にする人は後を絶たない。

贅沢な悩みなんだなあって思ったよ。海外行くと強くなりそうだなw

2011/02/06 02:00 [ 編集] 読者さん MAILURL

海外で部屋を借りるって大変なんですね…。
良く考えてみるとそりゃ信用ないですよねえ。今度はこっちが外人になるわけですし。

2011/02/06 01:56 [ 編集] 読者さん MAILURL

これ読んでたらなんか日本って色々恵まれてるんだなって思った。

結局親が守ってくれてるから生活ができるんだろうなあ…。

守ってくれるものがない海外にでていくのは怖そう。

2011/02/06 01:55 [ 編集] 読者さん MAILURL

まだイギリスはマシだと思うわ。

アマゾンや中東に行けなんて言われた日にゃあ… もっと大変だろうな。

2011/02/06 01:54 [ 編集] 読者さん MAILURL

将来社会人の回想記を書いた時

その時読んだ奴らに「そんな人生あるかよ。これフィクションだろ」ってコメントされてる財前が眼に浮かぶわww

ここに来て財前が海外行くって実感湧いてきた。
実際の人生もすげえ展開だな。

2011/02/06 01:53 [ 編集] きこり MAILURL

おつかれさまです。

僕が言うのもあれなんですが、頑張ってください><;

ぼくも大学に入れたら英語や国際文化など学びたいと思ってます!!

2011/02/06 01:52 [ 編集] 読者さん MAILURL

財前は財前でこの2~3年でまたひとつカラを破らないといけないんだろうな。

こんな記事書いてるけど…英語も知らないのにイギリス現地でこれから嫁と二人でやっていくとかそりゃあ想像を絶する苦労だと思うよ。

2011/02/06 01:51 [ 編集] 読者さん MAILURL

中学生の頃は財前さんの事憧れてて

俺も社会人なればアンタみたいなブログが書けるように成るってずっと思ってたけど、その夢は無くなったわ。

そんな簡単に読ませる記事を書けるようになんてならないって、この年になって俺は気づいた。

2011/02/06 01:50 [ 編集] 読者さん MAILURL

小学生の頃 財前の記事を読んで育った俺は

もう高校生になって来年大学生になるんだよ…。

2011/02/06 01:49 [ 編集] 読者さん MAILURL

そもそもメイプルストーリーなんてものとは通常は無縁の人に思えますけどね(苦笑

メイプルストーリーと私
私と財前さん
財前さんとメイプルストーリ-

この3つが組み合わさないと私はこの記事を読めることもなかったわけです。

なんと言うのでしょうか。どちらも不思議なめぐり合わせです。

2011/02/06 01:48 [ 編集] 読者さん MAILURL

大学回想記でも壮絶な人生歩んでる人だな~って思ってたけどさ

財前さんは社会人でも壮絶な道を歩みそうだなww
これからの展開が楽しみだよ

2011/02/06 01:47 [ 編集] 読者さん MAILURL

記事が二個あるのは仕様?

イギリス・・・また財前さんの海外記が見れる日が来るとは・・・。

2011/02/06 01:42 [ 編集] - MAILURL

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/06 01:39 [ 編集] 読者さん MAILURL

2ゲト!
おつです

2011/02/06 01:34 [ 編集] 読者さん MAILURL

まさかの1ゲット!?

Page up▲

Trackback

trackback URL この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。