09

January February March April May June July August September October November December
2009(Wed) 12/09

恐いオヤジがメイプルストーリーをやるってアリなの?(114)

財前ゴウの総回診 … Comments(114)

 お久しぶりです。

 皆様。如何お過ごしでしょうか。


 ふと書く前に思ったんですが、今日でブログを始めて…約5年くらいになります。

 社会人になって経過した年月もそれくらいです。そして12月6日で結婚1周年を迎えました。

   
 何事も継続というのは大変なんですが、お茶のクリスマスイベントが気になっています。恐らく…ですが、初回から数えると毎年出席しているのは多分私だけです。あの頃のメンバー…はみんないなくなっていきましたからね。

 まあそれも終わりかなあと。イベントができればうれしいですが、出席が…ね。もう毎年出席の皆勤者は誰もいなくなるのかなあ。

 少し寂しい気持ちです。

 
 なぜなら今年はちょっと出席できそうにないのでね…。冒頭で色々な年月の事を書きましたが、今年は秋からの出張にしてもそうだったんですけど、会社員としてさすがに今までと同じというわけにはいかない感じになってきました。

 やっぱりこう…なんていうんでしょう。

 ssdghsesthsthstrhsrth.jpg


 世の中そういうもんなんでしょうね。責任?っていうんでしょうか。 それが今年何か一気に重くなった感じがします。

 今までは自分だけの事を考えて突っ走っていれば良かったんですが
 
 今は下の者の将来を考えてあげる必要が出てきています。


 自分で経験しないと本当に何事もわかりませんね。今痛感してますよ。あ~。役職があがるっていうのはこういうもんなのか~って。

 しみじみです。

 今は12月24日25日は休めるように今バリバリ仕事をしておいて、休みを取るって手法が非常に使いづらい。いや。使おうと思えば使えるんだけど、そういう問題じゃないというか。自分1人じゃなくなったというか… 周りの目もあるというか。責任放棄な感じがするというか…。なんか嫌な感じですね。ある意味で上司がいない?っていう寂しさ…もあるのは逆にやりにくい。線引きが難しい。

 今年はお茶のメンバーにクリスマスイベントは任せる以外になさそうです。



 多分これ。人生のひとつの岐路なんでしょうねえ。 

 


 このまま今までと同じ生活を続けていくか。 (ブログ、ゲーム、ネット、仕事)
 
 きっぱりと進む道を変えるか。 (仕事、風呂、酒、9時寝)

 

 この辺の決断が近い将来あるような気がしています。このまま進むと絶対に仕事人間になるね…私。仕事ばっかして帰ったら酒を飲んでそのまま寝9時に寝る。会社の偉い人見ると大概そうですよ。

 これは私にオヤジ化しろということなのか…。


 まあけどこんだけ仕事した後にブログ執筆、さらにゲーム…じゃ絶対体が持たないだろうなあ(笑)

 lfgsdgk@okg@esrkgersger.jpg

 

 ほら。みんな受験生とかはですね。受験中はゲームを休止したりするじゃないですか。テスト期間中はゲームやめたりするじゃないですか。これはやっぱり2つはできないからでしょう?

 でもこれってその期間だけだからできることなんですよ。仕事の場合ですね。受験とかと違ってず~~~と続くものですからうまく両立していかなきゃならないんですよね。

 さらにこのまま子供が産まれたりしたらさらに時間がなくなるんでしょうね。


 困ったぞ…これは困った。


 ただでさえ増えた仕事の上に、子供まで増えたらもはや逃げ道はない。



 このまま

 ああいう風になっちゃうんだ。きっと。普通のパパになっちゃうんだ。きっと。

 

 でもそれは絶対嫌なんですよね。ああ。別に否定しているわけじゃないですよ?これはそういう事を書く人を否定してるわけじゃないんですけどね。ほら。よくブログとかに自分の子供の写真とか子供と遊んだこととかばっかり書く人いるじゃないですか。

 私あれ凄く嫌いなんですよ…。どうこうじゃなくて生理的にうけつけない。

 あれはもはやブログじゃないと思いますね。

 凄く個人的な感想ですけど。


 もともと幼少時は凄い極端な家庭環境で育っているので親の愛とかね。そういう系が駄目なんです。私。正直あれですよ。今でこそオヤジとも普通に話せますけど、ちょっと前までね。オヤジとの思い出なんて殴られた記憶しかないんですよ(幼少時は)。オヤジも無茶苦茶でしたから。若い頃は(笑)

 サッカーボール蹴っててですね。たまたまオヤジの頭にボールぶつけちゃった事があるんですよ。小さいころ。

 わざとじゃないんですけど、オヤジは私に舐められてると思ったのか、血相変えて襲ってきて思いっきり頭蹴られましたからね。私…。そういうの日常茶飯事でした。10年くらいトラウマが残ったような気がします。


 つまり私のオヤジは強く怖いオヤジであったわけで

 そういうオヤジの背中を追い続けて大きくなってきたんです。

 fsgfghhtrshstrhtsrhe5s44yh5e4s.jpg


 ある意味オヤジはそういうところ徹底してたような気がするね。ゆえにどうも親の愛情っていうのがよく理解できないところがある。今の年になるとオヤジの気持ちもわかるし、感謝してますが、小さい頃はそんな頭が良くないのでただの暴力にしか見えないからね(笑)。

 私を抱くなんてあり得なかったし、甘い言葉を吐くことも一度もなかったですよ。


 小遣いも一切くれなかったし、家族旅行なんてほとんど行った記憶すらない。


 でもそういうオヤジが心のどこかで好きでもあったんです。


 お母さんに口答えすることは多々ありましたが、オヤジには一度もありませんから。私。それこそもうね。オヤジが浮気して離婚寸前まで行った時ですら逆らえなかった。

 今思うとそれほど幼少時の教育、恐怖心というのは絶対的なものなんでしょう。


 でも大丈夫なんです。そういう家庭の子は将来暗い影を落とすってテレビなんかでは言われてますけど、そうでもないんですよ。だって今オヤジを恨んでないし、ほら。普通に大人になってるじゃないですか私。

 大丈夫ですよ。オヤジが暴力振るうくらいでは人間潰れませんって。オヤジとはね。20歳超えてから初めて話ができるんですよ。普通。恐くて話せるわけがない。 子供の頃からね。なんの緊張感もなく話ができるようなオヤジだったら私は嫌だ。




 だからわからない。

 ブログとかに。甘い顔してね。子供の写真を載せてのろけてるオヤジがわからない…。いや。別にいいと思うんですよ?載せても。特にどうこうはないんですけど、それを自分ができるかって言ったら絶対無理なんです。

 オヤジってものはそういうもんじゃない。

 そう教育されてきましたから。ず~~と。

 
 子供に隙を見せちゃ駄目なんですよ。オヤジは。子供に舐められちゃだめですよね。絶対。あのオヤジだったからこそ今の私があると思ってるし、甘いオヤジだったら私はそのまま多分甘い人間になってたでしょう。

 自分で言うのもなんですが、オヤジの教育方針は(何も考えてなかったかもだけど…)間違ってはなかった。オヤジがぶん殴ってもお母さんが傷を舐めてくれた。こういうバランスが良かったのかもしれない。

 だから私もそういう家庭にしたいんだよなあ…実は。



 そういう意味でも迷うんだよなあ。

 ryhrwtyhtrwhtrhtrhtrhtrh.jpg

 
 私がそういう存在のオヤジになったとしてね。子供の前でゲームしてたらね。やっぱそういうオヤジにはなれないかなあ…なんて。「てめえコラ!!」とか偉ぶってですよ?ゲームしてたら威厳もクソもないでしょう?


 家帰ってくるなりね。酒飲んで「クソが!! コラァ!! クソ世の中が!! もう寝るぞオレは」で寝た方がやっぱり格好いいでしょう?(笑)。


 渋すぎるよこれ。


 しかし今時流行らないかなあ…こういうオヤジ。古すぎるかなあ。

 

 あ~困ったこまった。

 このままゲームとブログを続けながら、如何に怖いオヤジでいられるか。今はこれがテーマですね。なんかいいアイデアないですかね。みなさん。

 まだCODやGOWなら格好いいオヤジを維持できるでしょうか? そういうゲームだしね。これ。


 でもちょっとメイプルストーリーは無理かなあ…。絵的にね。オヤジがこんなかわいいゲームやってたら絶対幻滅されるよね。息子に。

 rstysrtytrsysry5e4sy54sy4y.jpg



 

 あ~困った…


 困った困った。狭間だ… 教育をとるか。自分の趣味をとるか。

 教育をとれば家で恐い顔して寝ればいいだけだから仕事にも集中できるでしょうね。でもゲーム出来ないのもストレス貯まるから早死にしちゃうかなあ…

 

 でもあれですよね。そう思ってはいても私がそういう恐いオヤジになれるのかどうかも疑問です。キャラ的に無理な気も…しないでもないけど。


 う~む。恐いオヤジになるのも簡単じゃなさそうだ。


 これからしばらくそんな些細な事で悩みそうです。


















 道標  福山雅治 (故郷の両親へ・・・)




 人に出会い、人を信じ、人に敗れて、人を憎み、人を許し、また人を知る
 風に吹かれ 泣いて笑い生きるこの道 あなたの笑顔 
 
 それが道標

 

 
関連記事








Edit Comments(114) trackBack(0) |