--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --/--

スポンサーサイト(-)

スポンサー広告 … Comments(-)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








Edit

Page up▲

02

January February March April May June July August September October November December
2007(Sun) 12/02

あまりに糞な観光旅行をJALマイレージカードで打開(35)

女性関係徒然 … Comments(35)

 
 昨日航空会社のJALから文書が届いたので見てみたのですが、内容を見て驚きました。

 マイレージに関する事だったんですけどね。「早く使わないとマイレージ消失するよ」っていう内容です。

 マイレージというのは

 
航空会社の多利用搭乗客向けプログラム。飛行機に乗った距離をポイントに換算し、そのポイントで商品、無料航空券やお金(edy)に変換できる。一定搭乗距離になるとランクがあがり席の優遇処置やビジネスクラスへの切替えも可能になる


 要は飛行機に乗った時にその航空距離がポイントとして貯まっていくのです。 当然たくさん乗った人には特典があって上位カードを貰えたり、アップグレードが可能になったりするわけですね。

 ちなみにマイレージカードとはこういうもので
 
 85uyt835y98ghfjg.jpg


 この黒いグレードは最高グレードのダイアモンドカード。うちの社長がこれを持ってますのでいつも「俺はVIPだ俺はVIPだ」と自慢されます。

 グレードは順に 黒→金→水色→赤→青

 初期会員はみんな青ですね。

 ちなみに私は一個上の赤カード

 09uy098uy9er8hgu9.jpg


 これは毎年の1月~12月の12ヵ月間(暦年)で3万マイル以上、または搭乗回数30回以上で1万マイル以上所得した人。


 が貰うことができます。1年間での精算です。


 ちなみにさっきの最高ランクの黒カードは


 JALグループ航空会社便ならびにワンワールド加盟航空会社便へのご搭乗が、毎年の1月~12月の12ヵ月間(暦年)で10万マイル、またはご搭乗回数120回以上のお客様にお届けします。


 これも1年間での精算ですが、年間120回も飛行機乗れるわきゃねえだろ(笑)。それに1年間に10万マイルも移動したら死ぬって…。



 さて


 ここでクイズです。様々な特典があるマイレージカードですが、さきほどご紹介したランクが上のカードを所有する事によって自分にどんな優遇がなされるのでしょうか? 


 答えは簡単。


 ①優先搭乗できる。(一般客に比べて飛行機に早く搭乗できる)

 ②手荷物を預けたとき荷物が先に出てくる

 ③専用カウンターがありチャックインを優先的にできる。

 ④貯めたマイルでウハウハ
 

 一般人とはあまり関わらない本当のVIPなら①~④は必要な事でしょう。しかし私にはまったく必要がありません。まず優先搭乗ができても、私はいつも飛行場に行くのはギリギリなので不要。

 そりゃそうです。出張帰りなんて秋葉原で買い物したり、ゲーセン行ったりしてるから早く飛行場に行くなんて習慣はない。いつもギリギリ。ゆえに優先搭乗の恩恵には預かれない。

 次に②の手荷物が先に出てくる…ですが、私は手荷物を預けるのが嫌いなので預けません。そんなもん自分で持ってて出た方が早い。つまり②も不必要。

 次に③です。チェックインが優先でできるとありますが、私はチェックインの機械でチェックインするので優先カウンターを使う必要性がない。スチュワーデスが対応する優先カウンターなんて使うのは機械音痴のじじいくらいでしょう。


 まあ社長が言うには「必要はないが敢えてそういう優遇な所を使うことでVIP気分になるのがいいんじゃないか」なんて言いますが私にはさっぱりわからず。
 
 「スチュワーデスの電話番号を無条件で聞ける」「スチュワーデスと機内でヤレル」なんていう特典なら本気で黒カード取りに行きますが。

 要はカードがあがったところで、下っ端サラリーマンは使う機会がないので意味がないのです。(①~③はね)



 さて、次にマイルです。これは航空距離で貯まっていくのですが、例えば徳島から東京羽田空港まで飛行機に乗った場合、貯まるマイルは


 徳島-羽田  328マイル

 です。往復で656マイル。これがマイレージポイントとなります。このポイントで商品と交換したり、無料航空券と交換したりするわけですね。


 …で、ここからが冒頭の文と繋がるんですが、マイルは5年?しか貯めておけないんです。ゆえに5年前の1月~12月間に乗ったマイルは消失してしまうわけです。

 その通知が来たんですね。現在私が所有しているマイルポイントは95000マイルで、2008年になるとその内の12000マイル消失するよと。

 …


 昨日の通事文見て初めて知ったんですが、私95000もマイルあったんですね…。

 これはエライ事ですよ。


 071121trphojeiotuht890ryf9ou.jpg



 徳島東京で325しかマイルが貯まらないんだよ?

 参考 マイレージ区間

 95000を300で割ってみてよ。何回乗ってる事になるかわかるから…。

 …


 5年で約300回飛行機に乗って出張したと言うことになります…。


 これさあ…。もうちょっと給料上げてくれてもいいんじゃないか?

 なんて思ってしまうのは私だけでしょうか?
 
 社長は私の5倍くらい飛行機乗るので多分100万マイルくらいあるんじゃないかな?

 恐ろしい人だ…ホント。

 
 ただですね。12000マイルが消えるのを、ただ手を拱いて見ているわけにはいきません。この12000マイル。結構価値があるんですよ。

 何しろ徳島東京で320マイルしかないんです。12000マイル貯めるのは意外としんどいですから。

 ではこのマイルには社会的にどういう価値があるかというと


 15000マイルで国内無料往復航空券が貰えるんです。それくらいの価値があります。 


 例えば徳島-東京間は飛行機だと50000円くらいするんですけど15000マイル使うとこれがタダで貰える。

 つまり… 旅行できるんですよ。安く。

 意味は違いますがこれには大きな意味がある。

 実は私がプライベートで一番やりたくないのは観光旅行なんです。ゆえに無料航空券自体には何の興味もない。でも彼女は旅行が大好きなんです。

 …


 これで感のいい人はわかりますね?


 0y094u8y98h9rhth65.jpg


 私は旅行に行くのがタダでさえ嫌いなのにそれに金を払うというのがもっと耐えられないわけです。


 観光…あんな拷問はない。私は寺や昔の建造物などを見ても何も感じない。。(但し、みんなで行く旅行や、夜の歓楽街を豪遊する旅行は歓迎。言ってるのは観光旅行ね…。)

 別に直に観に行かなくても写真でいいじゃないか写真で。

 その上、何も面白い事なんてありゃしないのになぜか旅行には莫大な金がかかる。宿泊費、食事費、観光賃などはバカにならない金額です。2,3日行くと数十万円以上かかるときもある。
 
 XBOXが2台も買えてしまう。

 xbox360_85.jpg

 

 紙幣的には同じ価値の5万円と考えてみましょう…

 そしてXBOXと観光旅行を私の「上皿天秤」に乗せたとしましょう。

 観光旅行など0.000000001gの価値もない。XBOXが重すぎて上皿天秤振り切れますよ。それどころかその勢いで一回転するでしょう。

 観光旅行などに金を使うのは無駄中の無駄無駄。あまりに無駄すぎて笑えるわ!まあ旅行などに出せる金は3000円が限度だな。

 いやいや苦痛なのにわざわざ行くって事だからむしろ金を貰いたいくらいだ。



 でも世の中そうは行かない。旅行とゲーム。どちらに社会権があるかと言えば当然旅行。
 

 「あなた~ 来週の休みに旅行にでも行かない?」


 A君「それよりも家でゆっくりゲームしてようぜ」
 B君「よし沖縄に行こう」 


 社会的にはA君は「オタク、ガキ、キモオタデブニート」と呼ばれ冷たい目で見られます。そしてB君は健全な人間と判断され、信頼を得るでしょう。

 これは1人や2人ではありません。10人いたら9人にA君は嫌われます。

 …

 まあ色々言いたいことはあるんですが…これが現実なわけです…世の中渡って行くには世の中の考えに合わせなければならないのです。

 つまり私も大嫌いな旅行に行かざるを得ないわけです。世論には勝てない…。大人の事情と言う奴です。まあ言い換えると彼女の機嫌取りとも言えます。

 まあ機嫌取りはいいんですが、とにかく旅行にかかる高いお金はネックだったんですよ。私は旅行にかかった費用を「自分の欲しいものに使ったら何が買えたかな?」って感じに脳内変換してしまうのでね…。 50万平均かかる海外旅行などもってのほかです。

 
 …

 

 でも今回それがマイルによって解消できることを知ったわけです。 


 そう15000マイル使えばタダで旅行往復券を貰える。

 
 これだとお金はかからないので、後は私が観光旅行の暇さだけ我慢すればいいだけです。


 うむ。これなら交渉は成立する。


 st_maarten_04-thumb.jpg


 こうなるとですね。

 マイルは仕事の出張で貯まるから、私の場合は仕事をしていれば自然と彼女との観光旅行はタダで行けるという事になり、その浮いた金でゲームが買える。

 素晴らしいシステムとなるわけです。


 仕事をしているだけで懸念だった「無駄旅行」を解消できるとは!


 さすがはJAL。さすがは日本エアライン。なぜ今まで気づかなかったんだろう。

 12月中旬にマイルが消えてしまうのでそれまでに沖縄かどこかの往復券を購入して彼女と行ってくることにします。


 904uy08ghhwehdwog.jpg



 ここでひとつ既婚者にアドバイスしておきましょう。 結婚するとお小遣いがないとか言ってるパパは多いでしょう? これはマイルによって解消されます。

 実はいまはクレジットカードで買い物した金額をマイルに返還するカードができてるんですよ。つまり買い物すればマイルが貯まるわけです。飛行機に乗ったのと同じ事になる。

 つまりですね。家の家電や買い物をそのクレジットカードで行うようにして…当然カード名義は自分にし、それを奥さんに持たせる。

 こうすることで奥さんが何を買おうとも自分にマイルが入ってくるシステムの完成。


 それで往復無料航空券を貰うわけです。もちろんマイルの事は奥さんには内緒。航空券は本当に買ったことにするわけです。

 そして「お~い航空券を買ってきたぞ~」 と嘘を言ってそれ相応の代金を頂くわけであります。

 旅行なら奥さんの財布のひもはゆるい。

 こうすることで50000円くらいの資金を得られることとなり、XBOXだろうがなんだろうが楽勝で買えてしまうという寸法。

 「鉾マン最強伝説」のおいちゃんが月々2000円の小遣いではXBOXなんて買えない;; 

 なんて言ってますが、それは彼の工夫が足りないだけなのです。

 2000円のお小遣いでやっていけるわけねえだろ(笑)。 なんでそんなんで生きてられるのか不思議でしょうがない。

 できれば自分へ投資は減らすことなく結婚生活を送りたいものです。

 結婚したからしょうがないなんて言ってますが、20代、30代の時間はもう二度と帰ってこないわけですから…。

 う~ん。 

 私の子供がゲーム好きになってくれるといいんですけどねえ。でもねぇ…


 私の遺伝子はゲーム好き
 彼女の遺伝子はゲーム嫌い


 極端なんですよ;; 間を取れない。

 恐らく子供も極端にどちらかに傾くでしょうね。つまり「ゲームが大好き」か「ゲームが大嫌い」かのどちらか。


 さあどっちの遺伝子が勝つのか。





 勝負ですね…。
  



0g89gy98yf98aweyf.jpg








 
スポンサーサイト








Edit Comments(35) trackBack(1) |

Page up▲

12

January February March April May June July August September October November December
2007(Fri) 10/12

めいぽで結婚。 愛するあ・な・た(130)

女性関係徒然 … Comments(130)

 はじめて「めいぽ」をした日。

 あれはいつだっただろうか。あの頃は本当になにもなかった。ペットもメルを拾うのしか存在せずハスキーすらいなかった。余計なアイテムも一切なく、クエストもする必要がない。

 私にとってはただ敵を殴るのを楽しむだけのゲームだった。

070518htgtrrgrqwq.png


 それなのになぜかもう3年近くやっている。もちろん顔の知らない相手とのコミュニケーションツールとしても認識しているし、様々なアップデートが行われるので未だ飽きることはない。

 だが狩りをしてストレスを発散するというのが大きな目的なのは自分にとって今も変わることはない。狩りこそが基本なのは今も昔も同じだ。

 やはりこれが一番大きい要素。
 
 もう一つ続ける理由があるとすれば、それはブログのネタ探しということになるだろうか。  

 だが難しい問題もある。ただの狩りゲームとして認識していたとしても、対人間とのコミュニケーションは必要だし、泥臭い人間関係に巻き込まれてしまうことも多々ある。
 
 人間関係を維持しようとすると、本来自分にとって不必要な奉仕や自己犠牲といった要素もやらざるを得ない。人間関係で問題があれば狩りは断念せざるを得ないのである。

 これこそオンラインゲームだからだ。

 オフラインゲームのように自分のぺースではずっと遊ぶことはできない。


 …


 だが、超えられない一線というのはやはり存在する。

 それがカップルリング。つまり画面の向こうにいる相手と恋人関係になる事である。これはその相手と直接交際するわけではなく、ゲームキャラというフィルターを通じての恋ということになる。     
 
 あくまでもこれは自分の認識だが、顔も知らない画面の向こうの相手と恋愛などまったく考えられない。信じ難い行為である。リアルで女性とつきあった場合、語弊もあるかもしれないが(いや…これは私だけかもしれないけど…)彼女のわがままはある程度許せてしまう。何を言われようとである。何をしようと許せてしまう。
 
 これはなぜか。 これは「ムフフ あの足… あの胸… グフフ」という発情があるからであり、彼女が生意気でもその悩ましい太ももを見るとそれは許せてしまうのだ。 これらの要素は逆に「コイツ…生意気な事言ってもな…あとで部屋で…グフフ」という楽しみに変わる。

 もちろん発情しない相手だとわがまま言った時点でスルーなのは言うまでもない。

 つまり肉体関係があるからこそ、精神的な関係もうまく行ってるわけであり、直接会って顔を合わせているからこそ愛が続いているのである。自分の経験上遠距離恋愛は続いた試しがない。(いやこれは僕の場合ですよ?)

 つまり私の場合いい女性を見ると先に発情→肉体要求ということになるので、ゲーム中のキャラに恋をするわけがないのである。

 チャットをしてお互いの意志の疎通を図る…など自分にとって邪魔でしかない。ゲーム中のベンチに座って恋人と数時間もチャットを交わす心は持ち合わせてはいない。



070109ghhrhthtwhtwhtwh.png


 

 …

 もちろん「めいぽ」プレイヤーの中にはカップルが多数存在する。彼女のいる男性プレイヤーも多いだろうし、彼氏がいる女性プレイヤーも多いだろう。

 だが、不思議と何も感じない。特に普通である。それはそれで素直に認められる。どちらかというと、私のようなタイプはめいぽでは少数派だからである。

 これは所詮人ごとだから?だろうか。それはわからないが、盛大に祝福してあげる場合もある。

 だがもちろんその恋人間で起こった問題についてはあまり関与することはない。そりゃあそうである。大人の二人でカップルリングならまだしも、プレイ年齢層的に適当につきあってるプレイヤーもいるだろうし、そもそも恋人関係というものをそう重く感じるプレイヤーが多いとも思えない。 
 
 つまりそれは自分に見る目がなかっただけで、問題は起こるべくして起きてるわけであり、考えて悩んでも答えなど出るわけがないのである。自分で選んだ相手の事で悩み、人に相談しても相談を受けた側はいまいちピンと来ないのは当然である。


 …


 


 私のリア友に里見という者がいる。こいつはまぎれもない小学校時代からのリア友。私がめいぽを始めたのをきっかけに彼もめいぽを始めた。

 もう2年にはなると思う。

 元々私と気が合う同士なので、彼もめいぽでカップルリングをすることはなかった。というより彼は私よりも相当酷い。ゲーム中でも本当に狩りの事しか頭になく、ギルドの集まりにもあまり出席しない。チャットも少ない。

 典型的な狩り野郎である。 ギルドの問題、人間関係などにもほとんど興味を示さない。

 あくまでもこれは「ゲーム」と割り切っている。

 そういう彼をお茶ギルドのメンバーは硬派でクールな里見さんと認知しており、いじられキャラになることもなく、クールな立場を維持。しかもなぜか私よりも全然信頼されている;;

 この傾向は新規参入者ほど高い。 

 やはりこれは一言一言が重いからだろう。里見のチャットをたくさん聞けたら明日の運勢は最高…なんていう逸話まである。(やはり男は黙ってる方が得なのか?)

 リアルでも高校時代はモテモテだったのでもしかするとゲーム中にもそういうオーラ的臭いが出てるのかもしれない。

 そんな彼は2年間で弓を100まで育て、ハーミットを128に、そして今はクルセイダーでLV125を超えている。よくもまあ飽きっぽい彼がここまでめいぽをやってるものである。

 070205gtfreefe.png



 …

 知ってると思うが、ここ2,3週間私はめいぽを休んでいる。だが、リアルで里見とよく会うので、彼からめいぽの話はよく耳にしている。お茶ギルドのめいぽの状況も彼の話で得られているのである。

 そんなある日。


 私は2,3週間INしてない間にめいぽに何かあったか聞いてみたところ…   



 耳を疑う言葉を耳にする。


 なんとメイプルストーリーでは結婚システムが実装されていた。そう。ゲーム中のキャラを通して画面の向こうの相手と結婚するのである。

 恋人、つきあい、じゃない。結婚だ。

 これはカップルリングの比ではなく、相当重い行為である。特に低年齢層からお嫁さんになることを美化している女の子にとっては非情な現実を突きつけられかねない。なぜなら男性プレイヤーがそこまで精神的に成熟していないからである。意志の相違は絶対に出る。

 能力目当てに結婚するプレイヤーがいることも決して否定できないため、本気でやった場合は…

 というわけで…
 
 このようなプレイヤー層がいる中で結婚システム実装などあり得ないと思っていた。これはゲームだ。軽々しく離婚してもOKなんだ。問題があればキャラを消して出直せばいいだけ。

 もちろんどんなに相手を精神的に痛めつけても罪に問われることはない。 それとも将来結婚を軽々しく思うガキを育てるつもりなのか?ネクソン。


 里見と私はゲームの結婚について語る。


財前「おかしいだろ。ゲームで結婚とかさ。すごいことになってるなあ」

里見「まあな…」

財前「でなに?結婚リングとかもあるの?」

里見「あるな… しかも能力付加される」

財前「マジかよ(笑)。じゃあなんだ。結婚したらDEX+8とかになるってわけか?」

里見「そういうことだ」

財前「無茶苦茶だな…  ん? 待てよ? おい。まさかお茶ギルドで結婚式あげた大バカ野郎はいないだろうな?」

里見「…」

財前「!?」

里見「そ…それは…」

財前「待て待て。いるのか? おい。いるのか? ギルド内ではカップルリングしてる奴すらいなかったはずだぞ?」

里見「…」

財前「誰だ…。う~む。( ゚д゚)ハッ! まさか葉月ちゃんとRENORIか !? あ…あの野郎!!」

里見「違う…」

財前「じゃあ紫龍とカチュアさんだな? チッ あの二人怪しいと思ってたぜ」

里見「違う」

財前「待てよ… じゃあダータ… いや…それはないな。それはあり得ない」

里見「…」

財前「う~む… 誰なんだ?里見 教えてくれよ」

里見「…れ」

財前「ん?」

里見「…れだ」

財前「へ? 誰だって?よく聞こえないんだけど…」

里見「れ…」

財前「れ…れ…って…やはりRENORIの野郎か!!」

里見「…」



 …





 次の瞬間 … 私は信じられない言葉を耳にする










 …




















里見「実は僕…マジチェリーさんと
 
       結婚しました」






















財前「へ…」


































財前「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」













 う…嘘だろぉぉぉぉ!!

 クールなお前が!? 硬派なおまえがめいぽで結婚だとぉ!?


 ま…まさか



 これにはびっくり仰天。


財前「ちょ… おま…」

里見「まあ…そういうことだ… 祝福してくれるな?」

財前「まさか おまえが…」

里見「俺も…お前がいない間にいろいろあってな…」

財前「…」






 マジか これ!!

 



 …まさか…あの里見が?


 いやいや。おかしいだろ。ゲーム中では硬派でクールで通してる里見が。(実はリアルでは硬派でクールではない(笑))

 それともマジチェリーちゃんがイイ女すぎるんだろうか!?

 む…。それなら是非僕と一発…




 =====○)д`);.・;゛;ブッ  



 …まあいい。だが素直にここで話に乗るわけにはイカン。

 嘘をついて私をだまそうとしている可能性もある。

 ホイホイと信じるわけにはいかん。



 ん?待てよ… あそこなら…何か書いてるんじゃないか?


 私はその後に早速「お茶ギルド掲示板」にアクセス。そして


 
業務連絡 ( No.3 )  名前: ハサウェイ  日時: 2007/10/11 06:57
10/9
・新郎里見脩二さん、新婦マジチェリーさんによる結婚式挙式。末永くお幸せに。


 という一文を発見する。











 なんと!? マジだったか!!








 ていうか結婚式したんなら俺も呼べよな…



 …



 …そうか…。


 

 ついに…ついにあいつも…。



 
 いや。別に何か言いたいわけがあるわけではない。そりゃ祝福するさ。

 
 う~む。里見も意外と頭がやわらかかったんだなあ。


 いつまでたっても古い考えの私はみんなから置いてけぼりな感じもするけど

 



 フフフ…

 
 それはそれでいいさ。これも時代の流れなんだろう。私はどうせ「ゲーム中での結婚やカップルリングがアリかナシか?」って問われてもナシって答え続けるんだからな。

 
 いやあ。こっちが地球を巨大生物から防衛したりHALO3で外人と戦争したり餓狼伝説で残虐ファイトをしてた時… 里見はちゃっかり淡い恋を育んでたってわけか。

 アイツも落ち着いたなあ。
  
 確かにもうオンラインゲームで結婚やカップルリングなんていうのは当たり前になってる感がする。やっぱみんな適応力が凄いわ。

 「能力付加結婚リング」の魅力も伴ってたくさんの人が結婚するんでしょうねえ。
 
 3dfrtgyhu.jpg
 

 ネクソン。わかってるんだろうな? 離婚したらちゃんと名前の下にバツイチと表示させろよな(笑)。 一度結婚したんなら簡単には離婚させるんじゃないぞ。 

 キチンとペナルティーを課せ。わかるな?言ってる意味が。なんでもありじゃないんだよ。

 だいたい結婚指輪とかリアルで通常いくらすると思ってるんだ。コラ!!給料何ヶ月分とか言われるんだぞ?

 そうだな…最低200Mは出させろ。愛があるならそれくらいできるだろう?話はそこからだ。

 私はな。そういう曖昧な感じが嫌いなんだ。愛っていうのはだな…そういう軽いもんじゃなくてだな


 …

 通常なら結婚したら引退など許されないんだぞ…。それは=離婚ということだ。

 …

70303htgggh.jpg



 まあ…いいか。


 今後は細かい事気にしたら負けなんて感じになりそうだ(笑)。 それでいいかどうかは別にして、やったのが里見だったから驚いたけど、実際の結婚については実は祝福してるよ。

 そういう相手を見つけられた事が凄い。めいぽを紹介してよかったよ。




















 里見…


 これからのめいぽの飛躍は狩り以外の要素の発展にかかっている。
 
 私は君がその一翼を担える数少ないプレイヤーであると信じている。
 
 能力を持った者にはそれを正しく行使する責務がある。

 君にはめいぽの結婚システムの発展に挑んでもらいたい。

 遠くない未来にゲーム中の結婚、恋人など外道という私のような古い考えのプレイヤー、そして能力目当てで軽はずみに結婚を乱行するようなプレイヤーがめいぽからいなくなる事を信じている。

 ひいては私の過去の屍記事を是非君の研究材料の一石として役立てて欲しい。

 
 屍は生ける死なり。


 なお、めいぽサイトの第一線にある者が理解を示さず、結婚システムに対する希望的展望を述べられなかったことを心より恥じる  










 動画はめいぷるカフェ 葉月ちゃんブログ









Edit Comments(130) trackBack(0) |

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2007(Wed) 07/25

徳島in鉾マン OFF会 其の③(59)

女性関係徒然 … Comments(59)

 
 徳島in鉾マン OFF会 其の①
 
 徳島in鉾マン OFF会 其の②






 7/14 PM5:00

 バーベキューに行く時間が近づく。しかし鉾マンと弥美ちゃんは赤ちゃんをお風呂に入れたいらしく、お風呂を貸して欲しいという。
 
 なぜだ? バーベキューでまた臭いや油がついたりすると思うが…

 まあしかしそこは事情もあるのだろう。

財前「じゃあ入ってきなよ。1階にあるから」

鉾マン「OK」


 鉾マン、赤ちゃんを連れて風呂場に行こうとするが…

鉾マン「ちょっと待ってゴウさん。お風呂沸いてるの?」

財前「え?」

鉾マン「この時間だし」

財前「沸いてるって何が?」

鉾マン「お・風・呂に湯は入ってる?」

財前「シャワーするんじゃないの?」

鉾マン「…オイオイ。 赤ちゃんがシャワーなんてするわけないでしょ…。湯船に湯が入ってないと無理だよ」

財前「!? そりゃ駄目だ。今から入れてくる」

鉾マン「…」

弥美「…」

彼女「…」


 どうやら赤ちゃんというものは親が湯船にザボンとつけて、体洗ってあげてまた親が湯船の中に入れてそれでお風呂ということらしい。

070724rewff.jpg



 そんなん全然知らなかった…。

 またここで叩かれる。


鉾マン「普通知ってるよな~ こういうこと。シャワーとは普通おもわんだろ」

弥美「ウンウン」

彼女「ワタシもそれは知ってた」

財前「そんなんは女が知ってりゃいいんだよ」

弥美「…」

彼女「…」


 だいたい。そんなことは保健体育の時に習ってないと思う。いや、絶対に習ってない自信がある。
 
 まあ。今回でよくわかったから次から「知ったか」するけど。フフフ

 というより私はそれどころではない。

 おいちゃんが入ってる間、不安で一杯だったのだ。

 なにしろこの雨だ。それに風。おいちゃん夫妻の赤ちゃんへの対応を見て感じたが、今までは少しの雨でさえ当たらせていない。

 ラーメン屋の時しかり、スーパーの時しかり。

 つまりここから推測するに…


 赤ちゃんは少しの雨に当たってはいけない (多分)

 ということになる。台風の中連れてくるくらいだから「少しくらいの雨は当たっても問題ないのかな?」と私は思っていたがどうやらそれは違うようだ。風邪でも引いたら大変な事になるから大事に大事を取っての予防処置なのだろう。

 ここに大きな問題がある。

 実はバーベキューで使うタケ夫妻の家までの道は非常に狭く、普通車は入れない。軽自動車がギリギリというところ。故に来るものは皆近くの広場に車を止めて、その家まで歩いていくのである。この間約200メートル。

notuda_009.jpg



 200メートルである。そしてまさに今台風まっただ中。 

 まあ強行すれば大きい普通車でも行けなくはないが、溝に落ちたり、脱輪したりしたときのリスクを考えるととてもそんなことはできない。

 かといって広場に車を置いてとても赤ちゃん抱えて歩いていくのは無理。傘など役にはたたないだろう。

 となるとタケ夫妻の家に直接車で乗り込むしかないわけだが、鉾マンの車はワゴン車なので家までは入れない。私の車もセダンとはいえ、全長が長いタイプなので無理。

 実はこれにさっきから頭を悩ませていた。山口からせっかく来てくれた以上、赤ちゃんに被害が出るようなことは避けたい。


070724rgrfgfwfefggf.jpg


 …

 …

 !?

 そうだった。タケの嫁の車はそういえば軽自動車じゃないか!!
 
 早速電話。

 プルルルルル  プルルルルルルルッルルッルルル

 ガチャ

財前「おい。今家か?」

タケ「おぅ」

財前「おまえの嫁に変ってくれ」

タケ「今化粧してるから駄目っぽい。」

財前「早くしろと言ってくれ」

タケ「ああ。駄目駄目。一度し出すと1時間は動かない。で?どうしたんだ?」

財前「ちょっと悪いんだけど… 俺の家まで車で迎えにきてくれよ」

タケ「は? お前の家から俺の家は車で3分じゃないか」

財前「赤ちゃんがいるからあの広場に車止めて歩いていくのは無理だ。直接お前の家の車庫まで送って欲しい」

タケ「ああ…なるほどな~。でも嫁の車は軽だからそんなに乗れないぞ?」

財前「赤ちゃんとあと2人乗せてくれればいいんだ。俺ら二人は自分のでいくから」

タケ「そうか。じゃあ化粧が終わり次第行かせる」

財前「そんなトロイ化粧待てるかよ。じゃあおまえが来てくれないか?」

タケ「ああ… 俺今パンツ一丁だから無理」

財前「早く着替えろよ(笑)」

タケ「山口の人とかいるんでしょ?服選びに難航しちゃって…」

財前「もういいや…じゃあ何時くらいに来れそう?」

タケ「6時には嫁を行かす」

財前「…OK。6時に頼んだよ~」


 …

 その後、鉾マンが風呂から帰ってくる。電話はじめて終わる頃に帰ってくるとかやけに早い風呂だけど…。
 
 ああ。そうか。赤ちゃんが湯冷めするから早く出なきゃいけないのか…。親になるといろいろ大変である。

 安心させるために鉾マンにはさっきの件を伝えた。「雨には当たることはないから心配するなと」。

 するととんでもない返事が返ってきた。

鉾マン「ゴウさん。バーベキューには俺が持ってきた日本酒を忘れずに持っていって」

財前「…え?」

鉾マン「嫁が飲むし、俺もそれは飲みたい」

財前「あ…ああ。酒ね。OKOK」



 d23-new1.jpg


 この酒。獺祭という名前だがバーベキューで皆が飲んで絶賛。うますぎだった。後味もいいしね…。


 …


 しかし…なんたること。日本酒の心配とは…。外は台風だというのにまったくそれまでの課程の心配していないじゃないか。

 まあタケの家の周辺状況を知らないから無理もないか(笑)。

 私を信用して任せてくれてあるのか、気にしてないだけなのかどっちなんだろう(笑)。


 まあ…タケが迎えに来てくれる以上、もう心配はなくなってるし敢えて不安になるようなことを言うこともないだろう。

 これでひとつの不安は除かれた。

 しかし…懸念事項はもうひとつあった。

 これは

 23名にも及ぶバーベキューである。共通の友達も多いが、実は…私つながりの友達が多いので、全員が顔見知りということではない。つまり呼んでる徳島の友達も、会場の人を全員知ってるという奴は少ないのである。

 ここに山口の二人が入る。 果たしてうまくいくのか? 

 鉾マンは社交的だからまあ大丈夫だとは思うのだが、弥美ちゃんが心配だ。赤ちゃんの世話しながらになるし…。知らない人しかいないわけだし…。 

 さて… これをどうするかだが… 

 例えば、私が気を遣って友達に鉾マン中心の話題を振り続けるとしよう。それってどうなんだろうか?どうもこう、気を遣ってる感が出て不自然にはならないだろうか。

 全員が集まったときに改めて紹介するという手もあるが

 それもなんか特別扱いみたいで逆に気まずくなる気がする。

 …

 そういえば…根回しはすでにすんでる。

 全員に電話して「山口の人が来るからよろしく」って言ってあるんだった。う~む…こうなると…
 
 どうなんだろうか…。

 私が話し相手になればそれで終わりだが、それは明日明後日でいくらでもできる。せっかく20人もいるのにそれじゃ意味がない。できれば鉾マンには私以外の徳島の人と話をしてほしいのである。

 そのためにこの場を用意したのだから。

 ふむ… ここは…

 敢えて何もしない方がいいかもしれない。お客さん扱いじゃなく、ごく自然に対応するという形にしよう。

 そういう空気を味わって貰うだけでも悪くない。

 鉾マンの事だ。打ち解けるのはそれほど時間はかからないだろうし。
 
 確か…

 山口に私が行ったときも鉾マンが「徳島の奴来るぞ~」とバーチャ仲間を集めてくれたが、現地に行ったとき特に紹介とか特別扱いされてた感じはなかった。

 ごくごく自然な感じ。
 
 うむ…今思えばこれはこれで鉾マンも気を遣ってくれてたのかもしれん。

 よし。こっちも自然対応で行こう。変に特別扱いしない方が二人もやりやすいはずだ。

 …

 鉾マン、弥美、彼女と談笑してる間に、こう考えを纏めた。故に申し訳ないことにこの間の会話はほとんど実は聞いていない。

 







 7/14 PM6:00

 タケの嫁が到着。

 鉾マント弥美ちゃん、赤ちゃんを乗せ、タケ邸に送迎。

070724htgtfetrgf.jpg



 バーベキュー開始は7時くらいとなっているため、1時間で準備しなくてはならない。

 キャベツ、タマネギ、ニンジン、ピーマン

 これを切るわけだ。一応断っておくが、私は料理を一応できる。東京の一人暮らしの時に自炊していた経験は伊達じゃない。 

 だが… 残念ながら誰かから指導して貰って料理をしていたわけではなく全て自己流。料理本を見ての味付けのため

 まあ食える… といったレベル。

 それに自分で食うだけのものを作っていたので見た目などは最悪に近い…。それを事前に鉾マンと彼女には言っておいたはずだが…

 キャベツを切ってるときに二人がとにかくうるさいのだ。

 それは確か…

 私は自己流でいつものようにキャベツに包丁を入れようとした瞬間だった。


財前「よし ばっさり行くぜ!!」

鉾マン「ちょ!!」

彼女「きゃっ!!」

財前「え( ゚Д゚)!?」

彼女「何してんの!?」

財前「え…何ってキャベツをだな…」

鉾マン「違う違う。キャベツの切り方は最初そうじゃないでしょ」

彼女「外葉をはがしてから縦半分に切るの!!」

財前「は? キャベツに切り方なんてねえよ」

彼女「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

鉾マン「ちゃんと…切り方はあるよ…」

財前「一体誰が決めたんだ そんなことを」

鉾マン「まあいいから聞け」



鉾マン「こうやってだな。こうだ。やってみ」

財前「…」


 言われた通りに半分に切る。…これはいつもとやり方が違うんだけに…。やりにくい…。

財前「それで?この後どうするの?」 

鉾マン「ゴウさんキャベツみじん切りできるんじゃなかったの?」

財前「いや…そりゃできるけど、いつもこうやって切らないんだよ俺は。ここからのやり方が… あるんでしょ?」

彼女「その後半分のキヤベツを更に横半分に切るの」

財前「はい…」



ザクザク…



財前「じゃあこれでOKね。よし。いよいよ千切りにして、みじん切りにするぜ!!」


 よっしゃ。これで…「キャベツの切り方手順」なんて言うワケのわからないものから解放された(だいたい切り方手順なんてねぇよ。勝手に決めた奴誰だよ)

 もう、ここからはどう切ろうと自由だな。


 あとはこれをザクザクと切りゃいいだけ


 そしてそうしようとキャベツを切ろうとした瞬間


鉾マン「うお!?」

彼女「ちょ!! 何してんの!次はキャベツの芯を取るの!芯を取らないとまずくなるでしょ?」

財前「は? 芯? なんだそれ」

鉾マン「芯は食わないの」


 芯か…芯ね… へぇ。そうなのか 

 そういえば自分の料理してたときは芯とってなかったな( ´ノω`)コッソリ

 芯か筋か何か知らないが、そんなの焼きゃあわかりゃしねえんだよ。まったく。もったいねえとは思わないのか。

 みみちいねぇ。


 まあいいや…。

 さて…と。これでいよいよ千切りできるな。

 よし行くぜ!! 


 とキャベツを切ろうとすると… 


 また…



彼女「きゃ! 危ない;;」

鉾マン「おいおいゴウさん。そのキャベツの切り方はないよ」

財前「はぁ!? まだ何かあるのかよ…」

鉾マン「手切るってそれ。血がついたのなんて食えないよ」

彼女「あ~。そんなんじゃ危ないから私がもうやるよ」

財前「ちょっとまて…おまいら…まだ手は切ってないだろ」

彼女「絶対切るってそれじゃ」

鉾マン「だいたい似合わないんだよなあ。料理する格好が」

彼女「明らかに浮いてるよね」

財前「格好は関係ねえだろw」


鉾マン「あると思うよ」

財前「…なんでキャベツごときでこんなに言われなきゃならないんだ…」

鉾マン「いやいや。ゴウさんキャベツ千切りできるって言ったからこうなるんじゃないか」

財前「もち。できるさ。だから今やろうとだな…」

彼女「じゃあやってみてよ」


 まあ…確かに千切りとは言っても実際の見た目は悪い。全然細くは切れてないんだが、これはたこ焼きにいれるキャベツ。

 適当にみじん切りにしとけばOKなんだよ。

 なんでこう課程の段階で言われるかなぁ。

 結果だろうが結果。完成したたこ焼きが美味しればそれでOKなんだよ。

 重要なのは味だ味。

 野菜の切り方がどうとか千切りがどうとかそんなんはどうでもいいんだよ。

 …というのが一人暮らしで自己流料理をしてきた私の理論だったんだが、どうやら料理がうまい人の目から見ると駄目駄目。

 でも そんなの関係ねぇ 

 …

 =====○)д`);.・;゛;ブッ
 

そして、みじん切りをはじめるも


鉾マン「工エエェェ(´д`)ェェエエ工 なにそのやり方」

彼女「そんなの食べたくない;;」

財前「いえ…だからこれは課程であって… 最終的にはですねちゃんとみじん切りに…」

鉾マン「そんなやり方見たことないよ」

彼女「うん」

財前「だからこれは自己流でして…」


 なんだ… まだ決められたマニュアルみたいなのがあるのかよ…


財前「え~と… じゃ…じゃあどうやるんスか?」

彼女「何?やり方知らないの?」

財前「常識的なやり方は知らないです…」

鉾マン「こうやるんだよ」

 そういって鉾マンがみじん切りを披露。

 何この人… 包丁裁き うめぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!


財前「ほほう… なるほど。それだと早いね。ほ~ そんなやり方があったとは…」



 しかし切ってる間に電話がかかってきて一時その場から抜ける。


 なんと勇輝夫妻が台風が酷いのでやはりこのバーベキューには来ないというのだ。開始10分前でのキャンセル。いわゆるドタキャンである。
 
 しかしそれを来ている友達に伝えると、非難囂々。

 口々に

 ドタキャンとかありえねえよ

 俺らはがんばって来たのにアイツらは来ないの?

 山口の人に失礼だ 徳島の人間の温かさがわかってもらえない

 ガキじゃねえんだから台風ごときでドタキャンするなよ


070724rgrfgfwfefggf.jpg


 

 ETC…


 罵声が飛び交う。せっかくのイベントなのに…雰囲気が悪い。

 しょうがない… 私が来て貰えるよう頼み込むしかないな…。この辺は主催者の辛いところ…。


 プルルルルッルルル  pルルルッル


財前「もしもし?」

勇輝「はい」

財前「やっぱ来てくれ」

勇輝「いやあ…俺はいいんだけど嫁が…」

財前「みんな来てるしさ」

勇輝「え?キャンセルなし?」

財前「一応ね。ドタキャンなんて真似をしたのは君らだけだよ」

勇輝「そうか…そりゃ悪いな…」

財前「なんとか嫁を説得してくれないか」

勇輝「う~ん…わかった。なんとかしてみる」

財前「おまえで駄目なら俺が頼んでやる」

財前「宜しく頼む」



 そして嫁を説得。

 果たして…来てくれるだろうか?
 
 確かに台風の中でやるのは無謀だったとは思うが… せっかくみんなのスケジュール合わせてやってるのに台風ごときで中止するわけにはいかない。


 そんな私の思いとは裏腹に鉾マンがせかす


鉾マン「ゴウさん何やってんのよ。キャベツのみじん切りはまだ終わってないよ?早くしないとさ」

財前「いやいや今友に連絡をだな…」

鉾マン「連絡終わったなら早くみじん切り!!」

財前「あ…ああ… しかしだな…今ちょっと重要な…」

鉾マン、彼女 「言い訳無用!!」


 いや…これは言い訳ではないんだが…

 私には主催者としての仕事も…  orz


 そして…

 鉾マンと彼女の指導の中、財前担当のたこやき材料作りは完成。

 だが、その間に彼女は焼き肉の食材をすべて切って準備しているのには驚いた。凄い…やはり頭が上がりません…。

 




 7/14 PM7:15 

 ドタキャンしていた勇輝夫妻が来てくれた。

 やはり山口県の人に失礼…というのが理由らしい。これぞ義理人情。

 これで全員集合。
 
 バーベキューが開始できる。しかしまだ肝心のたこ焼き器の準備ができていなかった。

 みんなはもう机に集まってて早く肉を食べたそう。

 もう野菜は切れてるし、肉はカットされてるし焼けば食える。  

 じゃあもう初めて貰うか…と思い、



財前「じゃあ肉焼いたりして適当にはじめてくれ。俺たこやき準備すっから」

 と言ったのがまずかった。


鉾マン「おいおい。主催者がちゃんと音頭取ってくれないとはじまらんよ」

勇輝「おまえ始めくらいちゃんとしろ!!」

財前「そ…そうだね…」 


 23人もいるのに…なんで「自分が音頭取る!!」といってくれるような奴がいないんだ…。何から何まで全部俺かよ…
 
 「お茶」ギルドで問題が起こったときもそれに近いけど、世の中理不尽だねえ。まあ、実際はそういうもんか。


 よし。じゃあ山口のおいちゃんにも一言言って貰おうかな…


 ん?待てよ…

 そうだった。新婚の新築でこれやらして貰ってるから… 煙とか油とか…掃除が大変だし… 家提供してもらってるタケ夫妻にも気を遣わないと…

 あんまり勝手に自分らだけ楽しむのもまずいよな…

 ん?そうだ!!

  だから新婚、新築祝いとしての目的も作っておいたんだったよ…危うく忘れるところだ。 危ねぇ…。


 よし。じゃあここはタケに言わした方がいいな。



財前「じゃあはじめよう。今日は山口からのお客さんがいるから皆さん仲良くしてあげてください。それとタケの結婚式後の新築祝いも兼ねているということになってます…。 おいタケ、お前なんか一言。」

友達一同「????」

友達A「なんでタケなんだ?」

友達B「え?新築新婚祝いも兼ねてたの??」

友達C「聞いてねえw」

鉾マン「あれ?これって俺らのためのものじゃ…」

弥美「新婚、新築? 聞いてない…」



 一同シーン…

 しまった。そういえば新婚、新築パーティーというのは私がタケに気を遣って言ったただけで来た奴らは全員

 山口県の人歓迎バーベキューということになってるんだった(笑)。

 まあいいか。 
 


タケ「ええ? ちょ… え…え~と。皆さん楽しんでください… 山口の人も徳島へようこそ!!」


 よし。OKOK。余計な事は言わなかったか。

 こいつが口ベタで助かったぜ。
 
 そしてバーベキュー開始。みんなホットプレートで肉を焼きはじめた。

 これでしばらくは大丈夫だな…。さっそくたこ焼き器の準備をするか…。

 とたこ焼き器をコンセントに刺して鉄板を温めようとした瞬間だった。 


 突然家の電気が真っ暗に… まさか…台風による停電?!?!?!?


1185128700-1581.gif


 ぎゃ~ 

 うお~ 電気落ちた~

 ちょ… マテッテ…


 みんなが一斉に騒ぎ出す。そしてブレーカーをあげると…


 …

 電気復活。


勇輝「おおおおお。危ねぇ。こんなときブレーカー急に落ちたら火傷するよなw」 

鉾マン「ホットプレート2枚は電力取りすぎなんかな」

彼女「でもさっきホットプレート温めてたときブレーカー落ちなかったけど?」

タケ「ウチはこんなに電力使うことは想定してねぇw」

ひさし「なんかの電力が余計なんじゃないか?」


 …


 まったくこいつらは…。電気ついたんならさっさとはじめろよ。一言言ってやるかビシッとな。うろたえるなと。
 

財前「おい。おまえら」

一同「!?」

財前「ブレーカー落ちたくらいでビクビクするんじゃねえ。さっさと肉を焼いて食わないと始まらないだろ。さっさと焼け」

タケ「おい…財前」

財前「それに先にたこやきってわけにもいかないからな。今からたこやきここで焼くからとにかく肉焼きを早くしてくれ。」

タケ「おい…おい。財前…」

財前「ん?何よ」

タケ「いや…おまえなんだよ。この停電の原因は」

財前「は?」


 ど…どういうことだ…。あれ?なんか友達みんなの視線が痛い…

 え?私何かしました?


財前「え?俺はなにもしてないが…」

タケ「あのな… 」


















タケ「おまえのたこ焼き器の電力が余計なんだよ」 



070724iiuytrehgfw.jpg
















財前「工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工」

タケ「それ別部屋に持って行って1人でやってくれ」

財前「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

勇輝「まったく…何させても邪魔な野郎だ」

鉾マン「…」

弥美「…」

彼女「いや…勘違いしないでね。 別にゴウ君はいつもみんなにこんな扱われ方されてるわけじゃないの。 ね?弥美ちゃん;;」

鉾マン「…」

弥美「…」

彼女「弥美ちゃん;;」

鉾マン「徳島の人は変な奴が多いってゴウさんから聞いてたけど…これは…結局」

弥美「ゴウさんが変なだけな気がする…」

彼女「;;」

鉾マン「他の人普通だよね…」

弥美「それにゴウさんが別部屋いくって言う話なのに誰も気にしてないよね…」

彼女「…」







財前「おまえらコラ!!ちょっと待てよ。別部屋で1人でやるとか勘弁してくれよ。ふざけるんじぇねえ」

タケ「しょうがないだろう。電力が足りないから無理なんだよ。焼いた(たこ焼き)はこっち持ってきてくれればいいから」

勇輝「つまりそのたこ焼き器はこの部屋に必要ない」

財前「おいおい 待て待ってくれ。話せばわかる。考えようじゃないか。いい案を」

勇輝「…」



 すると ポンッ… と勇輝に肩を叩かれる


勇輝「しょうがねえなあ…。よしわかった。バカにもわかるようにクイズ形式で教えてやるよ…。な?」

財前「な…なんだと!?」

勇輝「いいかな? 財前君。みんなが焼き肉しようとしてます。道具はホットプレート2枚とたこ焼き器が1個です。でも電力の関係でこの中の2つしか使えません。
 
 さあどれを外しますか?」

財前「…」

タケ「おお。そりゃあいいクイズだw」

勇輝「どうしました?」

財前「そ…それは…」


 さらに勇輝が私の肩をポンッと叩く

勇輝「まあ…そういうことだ財前君。君も男なら聞きわけたまえ」

財前「…」


 そう言って勇輝は焼き肉を焼きに行った…。

 お…おのれ…台風にビビッてドタキャンしようとした厨の癖に…。

 すかさずタケが慰め。


タケ「でもせっかく材料用意したんだから?使わないわけにもいかないし…」

財前「…」

タケ「財前。コンセントは… あっちの部屋の隅にあるから… まあ1人で頼む」

財前「…」

タケ「じゃ そういうことで」

 
 … 

 自分だけ別部屋でたこ焼きを1人焼いてろと?

 そういうわけか…。 
 
 まあ…焼き肉が無事開催された時点で私の仕事は終わってるので…別にいいかな。
 
 けど鉾マンと弥美ちゃん。全然知らない人20人に囲まれることになるけど… 大丈夫かなあ。 その辺は誰かが気遣ってくれるとありがたいけど… そう気が利く奴はいるだろうか?

 まあ…鉾マンは社交的だから大丈夫だろう…。

 こんなのは想定外だったし… なんとかして貰おう…。



 …


 早速私は1人別部屋へ移動し、たこ焼き器に油を引く。

 そして…

 第一弾を焼いてみたがこれは良い出来だ…


 うむむ。ここでひっくり返して… すれば良い感じになるはず。

 フッ… おいしく焼いてアイツら思い知らせてやるぜ。 

 たこ焼きの味は…


 キャベツのみじん切りがどうとか千切りがどうとか、そんなつまらん事で決まるんじゃないってな!! 



 クックック…

 待ってろよ…












 PM7/14 7:30

 隣の部屋ではみんなよろしくバーベキューが始まったようだ。

 良かった良かった無事開催されて;; 

 来た奴は何もしらんのだろうな。この集まりがどんな苦労のもとに行われているのか…



  まあ…いいけど…


  隣の部屋から声が聞こえる。

 070724f009n.jpg


友達A「うめえ~何この肉」
 
友達B「おいもっと焼け焼け」

タケ「やさいはこっちのプレートで焼くなよw」

友達C「ん?そういえば財前は?」

勇輝「ん?さあな。うるさいの居ない方がいいだろ」

友達C「それもそうだなw」

タケ「ああ。後でたこ焼きあるからね~」

友達D「おおおおお」
 






 クソッ…

 あ…あの野郎…

 後でおぼえていろ



 そんな事思いつつ…たこ焼きをやいていると


 4割くらい焼けたくらいで彼女が手伝いに来てくれた。どうやら別部屋で1人で焼いてる私に気を使って来たらしい。




070724uiytref.jpg



彼女「はい。焼けた肉もってきたよ」

財前「そうか」

彼女「ねぇ大丈夫?」

財前「見ろよ。いい焼け具合だろう?」

彼女「違うよ…」

財前「ん?」

彼女「1人でたこやき焼いてて寂しくない?」

財前「ああ。なんだ。そんなことか(笑)」

彼女「何よ」

財前「台風でこれだけの人数を集められたんだ。もうそれで充分満足。後はみんなで楽しくやってくれればいい。」

彼女「そうだね」

財前「それにちょっと疲れた。」

彼女「そう…。 でもおいちゃんや弥美ちゃんはどうなのかなぁ? 知らない人ばっかだろうけど…」

財前「鉾マンはただ者じゃない。初対面の人とでもうまく打ち解けられる感じだし。 まあ自分でうまくやるって。心配ない」

彼女「そうね~」


 そして

 9割くらい焼けた頃…


 勇輝やタケや友達数人がこっちの別部屋に流れてきた。

 そして鉾マンも弥美ちゃんも… なんだ?なんだ?暇なのか?

 それともあっちは人が多すぎて熱いか(笑)。


勇輝「おい。たこ焼きはうまく焼けてるのか?糞オヤジ(笑)」

タケ「あ~お前~!!その辺に汁をこぼすなよ。掃除が大変だろ」

 070724yrewefgeqqq.jpg



財前「ああ。ごめんごめん」

勇輝「あんまりうまそうじゃあねえなあ」

財前「…」

勇輝「なんだなんだ財前。暗いなあ。せっかくお前を心配してきてやったのによ」

タケ「1人じゃ寂しいだろう。俺たちで良ければ手伝うぜ…」

ひさし「ああ… 俺たちに出来る限りの事はさせてもらうぜ」

財前「お…おまえら…;;」


 なんて優しい奴らなんだ… みんな結局私の事を心配して;;



勇輝「さてと…」

 シュボッ…   とタバコに火を付ける勇輝。

b00800.jpg



タケ「さて…と」

 シュボッ

ひさし「さて…」
 
 シュボッ


誠司「まあ財前… おまえも大変だな」

 シュボッ



財前「…」




 







 こいつらたこ焼きとか全然見向きもしてねえ… 一向に手伝う気配もなし。


 っことは…



 お…お前ら…



















 タバコ吸いに来ただけかよ!!(笑) 












 




財前「お前ら大概にしとけよ…」

勇輝「で?そろそろ焼けるのか?ちょっとつまませろ」

財前「この糞野郎が!!」
 
 すぐさま奴の手をどける。

勇輝「!?」

財前「何もしてねえクズ野郎が気安く触ってんじゃねえぞ」

勇輝「なに!?」

財前「料理もできねえ男はやる奴の気持ちがわからんバカばかりだからな」

彼女「…」

勇輝「偉そうに…たこやきとか焼くだけじゃねえか」

財前「それは、たこ焼きを作ったことがない者の…幼稚な愚問だよ」

勇輝「…」

財前「まずはおいちゃんと弥美ちゃんに食って貰おう」

鉾マン「ん?」


0707234ggergrggrrgrgrg.jpg




鉾マン「いいの?」

財前「もちろんだよ」

鉾マン「じゃあ遠慮なく…」

財前「ウンウン」



 そして…鉾マンが試食。

 ドキドキ…








 …














鉾マン「ソ…ソースが…かかってない…これ…」












財前「エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?」







財前「あ…ああ。それは運が悪いね。丁度かかってないのに当たっちゃったか…」

勇輝「くじ引きじゃねえんだぞ。全部にかけとけよw!」

財前「うるせえな。調整がむずいんだよ」

勇輝「ショボイ奴だ」

財前「あぁ!? 台風ごときにビビッてドタキャンしようとしたお前に言われたかねえんだよ」

勇輝「な…なんだと!? あれは…嫁がだな」

財前「フッ… どちらにしもショボイ事には変わりないんだよ 勇輝君」

勇輝「いやあれは嫁が拒否したから俺は… だから…」

財前「だから嫁の言うことに従ったと?」

勇輝「そうだ」


 クックック…

 私はポンッと勇輝の肩を叩く


財前「君も男なら聞き分けたまえ。だから君をショボイと言ってるんだよ」

勇輝「き…貴様~」

鉾マン「…」

弥美「…」

彼女「あっはっは(笑)」






タケ「くっだらねぇ…」

 シュボッ

b00800.jpg




ひさし「まるでガキのケンカだな…」

 シュボッ…

誠司「夏休み…か」
 
 シュボッ… 

敏夫「うむ。こういうのが…沸く季節だ」

 シュボッ…

b00800.jpg












 …

 そして…


 完成したたこ焼きをみんなの元に持って行くと意外な程好評。

 やはり…課程じゃない。 結果なんだ。


 070724timagesge.jpg

 
  
 それに気をよくし、さらに焼いて自分のたこ焼きが如何に素晴らしいかを皆に説いた。

 図ったかのように賛辞と罵声、聞くに堪えない突っ込みが飛び交う。

 うん…これでいい。


 鉾マンと弥美ちゃんは困惑気味だが私達仲間のいつもと変らぬ光景が展開される。別段ケンカしてるわけでもなく、言い争ってるわけでもない
 
 私たちにとっては タダの… いつもの当たり前の風景。

 こいつらは台風の時でもやるといったら来てくれる。全員揃わないと意味がないという仲間意識もアル程度はある。

 

 何かを鉾マンと弥美ちゃんに感じて欲しかった。

 
 みんな仲間が好きだから集まり、気を遣うことなく言いたいことを言う。そういう関係を長い年月をかけて作り上げてきたのだ。 

 鉾マンと弥美ちゃんからしたら知らない人ばかりで気を遣ったかも知れないが、何か… 感じるものがあってくれたと信じたい。
 

 その後…

 バーベキューは無事に終わり、台風の被害に遭うことなくみんな岐路についた。


 そして

 その後の日曜月曜と香川の讃岐うどんや鳴門のうずしおを遊覧船で観光。

 今回のOFF会では鉾マンと弥美ちゃんの赤ん坊への並々ならぬ愛情を感じた。口には出さなくても様々な行動でそれは充分にうかがい知れる。

 自分の子供ができたら是非参考にさせて貰おう。
 

 今回は

 楽しんで貰えたんでしょうか?



 


























 さて… いかがだったでしょうか皆さん。

 さすがに3つに分けてもたった1日分くらいしか書ききれませんでしたが、これ以上書くとなると多大な負担になりますのでご了承下さい。それはおいちゃんが書いてくれるかと…

 またコメント欄にて多少関係ない「いざこざ」があったようですが、これは後にも見返される記事の可能性も高く、関係ないコメントは全部消して「何もなかった」ということにしています。

 こういう事は簡単にできるので、皆さんも今後はそういったコメントは無視するようにお願いしますね。


 







 鉾マン視点から見た徳島OFF会はこちら



 財前ゴウ観察日記IN徳島 ①  執筆 おいちゃん

 財前ゴウ観察日記IN徳島 ②  執筆 おいちゃん

 財前ゴウ観察日記IN徳島 ③  執筆 おいちゃん

gheiiprhrpgjuwopertiup9rge.jpg









テーマ: 日々のつれづれ
ジャンル: 日記








Edit Comments(59) trackBack(0) |

Page up▲

23

January February March April May June July August September October November December
2007(Mon) 07/23

徳島in鉾マン OFF会 其の②(70)

女性関係徒然 … Comments(70)

 
 徳島in鉾マン OFF会 其の①




 徳島in鉾マン OFF会 其の② 

 7/14 AM10:30


彼女が到着するのを待っている間… 

 奥さんは赤ん坊の寝かしつけに忙しい様子。

 …

 ふと見とれる。なぜかというと私は赤ん坊とあまり接したことがなく、どうやって寝かしつけてるのだろうか?とか0歳に果たして感情とか意識とかあるのか?的な事に非常に興味があったのだ。

 当然会話は止る。

 …

 ハッと気づく。

 ま…まずい。こういう展開になるとまた鉾マンがマニアックな話を…


鉾マン「ゴウさん」

財前「え…?」

鉾マン「ドラゴンナイトなんだけどさ」

財前「…」

 やはり来たか… これ言うと弥美ちゃんの機嫌がだな…そういうのはだな…弥美ちゃんのいないときに…


 話題を逸らそう。


財前「あ…ああ。それよりおいちゃん赤ちゃんの名前なんだけどさ」

鉾マン「ぬ?」

財前「いやぁ。まだ聞いてなかったな~と思って」

鉾マン「ああ。○○だよ」  … 

財前「…え?」

鉾マン「○○だよ」   … 龍騎士??

財前「な…なに?」
 
鉾マン「○○だよ」  … 

財前「は?ちょ…もう一回」

鉾マン「○○だよ」

財前「な…なんだって? 龍騎士?」

鉾マン「聞こえてるじゃん。でも龍騎士じゃない。○○!!」

財前「ああ…その名前ってさ。まさか…ドラゴンナイトから取った?」

鉾マン「それはない」

財前「そりゃそうか…」



鉾マン「大マジ」

070t03ti03i40fiwfrw.jpg



財前「でもなんでその名前?」

鉾マン「ぬな?」

財前「良い名前とは思うけどさ」

鉾マン「う~ん。まぁね。画数があるからさ。俺の名字だとこの画数の漢字を選ばなきゃならないんだけど、その中でこの名前が一番格好良かった」

財前「そうか~ たまたまなのね」

 
 耳を疑った…。世間一般には普通にある名前なので全然おかしいことはないが、ドラゴンナイト命の鉾マンがこの名前付けると…

 明らかに狙ったかのようでどうもおかしい(笑)。


 でも鉾マンは狙ったのではなくあくまでも画数から行くと、この名前が一番しっくりきたと言うことらしい。

 世の中って…面白いですよねえ。運命…って…



財前「いやぁ けど驚いたよ。 ガキの名前には(笑)」

鉾マン「ゴウさんがドラゴンナイトを意識するから変なんだよ。それ意識しないと別に普通じゃないか。困るよ。それ意識されると。」

財前「まあそうだけど…弥美ちゃんがつけたんじゃないよな?」

鉾マン「俺の即決」

財前「やはりな…そんなところだろうな…」

鉾マン「いい名前だろう?」

財前「ま…まぁ…な。その名前だと強くなりそうだなぁ。将来。」

鉾マン「今でも充分凄いよ。見てよ。この体。まるまる太ってるでしょ?それに道行く人はみんな○○の事かわいいって立ち止まるしさ。この子は何かを持ってるな」 

財前「…」


 出た、出た

 誰もが陥るという「我が子びいき」。

 簡単に言うと親バカ。完全に酔ってしまっている。我が子に…。

 特にめいぽでもDK一筋だった鉾マンだけに、一度好きになるともう止められないのは火を見るより明らか。まあ…ここは機嫌でもとっておくか。


財前「うんうん。確かに他の子とは違うな。格好いいし、かわいさもトップクラスに入るだろう」

鉾マン「ウンウン」

財前「それに鉾マンに似てるな」

鉾マン「ウンウン」

弥美「!?」


 げ! ヤバイ。弥美ちゃんが反応してしまった。


弥美「ゴウさん。この子は私に似てるんだよ!!」

鉾マン「!?」

財前「え…あ。そういえば弥美ちゃんにも似てるなぁ」

鉾マン「まあそうとも言えるかもしれんが、俺のパーツも入ってる」

弥美「入ってねぇよ」

鉾マン「良く見ろよ。この辺とか俺にそっくりじゃないか」

弥美「どこが!?」

財前「…」


 …

 正直に言おう。

 ハッキリ言って0歳の時点でどちらに似てるとかいうのはあり得ない。だいたい見てもさっぱりどっちににてるのかわからん。

 つまりこれほど不毛で無駄な争いはないのだが…

 やはり我が子となるとこうなるのか

 また話を変えないと…



財前「まぁまぁ…そう言わずに…かわいいからいいじゃないか」

弥美「…」

鉾マン「…」


財前「それよりほら。もうすぐ来るよ。彼女。あ。そうそう。電話してみようかなぁ。どこまで来てるか」

弥美「え?もう近いかな」

財前「近い近い。この時間ならきっと近いさ。

鉾マン「ホウホウ」


 OK食いついた。これでよし…と。


 早速電話してみるともうすぐそこまで来ているらしい。 
 












 7/14 AM11:15


 親ばか騒動が終わって数分後…

 ピンポーン 








senaka001ggeagaeerger.jpg


彼女「お・ま・た」 





弥美「キタ――(゚∀゚)――!!」

約1時間半遅れでどうやら彼女が到着した模様。弥美ちゃんが異常な反応を見せる。


彼女「あ!? 弥美ちゃ~ん おひさ~」

弥美「'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ」
 
鉾マン「ヤァ。おひさしぶり~」

彼女「あ。おいちゃん? ようこそ徳島へ~」

財前「ったくよ~。1時間半も遅れてきていい気なもんだな」













彼女「何か文句ある?」 

eyes003.jpg






財前「イ…イェ…」

鉾マン「…」

彼女「アタシの家からここまで来るのに1時間もかかるんだからしょうがないでしょ?」

財前「そ…そぉっスよね…」

彼女「あ。赤ちゃんかわい~♪」

弥美「半年なのよ~」

彼女「すご~い。まだお乳なの?」

弥美「うん。まだお乳」

彼女「やっぱりそうなんだぁ~」

弥美「結構吸うんだよ~」

彼女「ええ~。どんな感じ?どんな感じ?」

財前「…」

鉾マン「…」


 …

 
 なんだ…コイツは…

 来て早々いきなり打ち解けているとは…。しかしこれでしばらくはOKだろう。今の内に鉾マンに頼まれていた事をやっておくか。


20060613_59636.jpg



財前「おいちゃん。動画の撮り方教えてって言ってたよね?」

鉾マン「おお。そうそう。JOYTOKEYも持ってきたから今撮れるよ」

財前「じゃあ教えるわ。これ最強伝説にUPするの?」

鉾マン「ウン。RENORIとは違う本物のDKの狩りってものを世に知らしめるよ」

財前「そうか~ じゃあやるか。とりあえず狩ってみてくれ。撮影するから」

鉾マン「OK」


 そしてパソコンの電源ON。さてキノコアイコンを…クリッ…


PC20Screenrtgrtge.jpg




 しかしその瞬間… 


彼女「!?」

弥美「!?」




彼女「ちょっと何してるの!?まさか今からゲームする気?」

財前「ぇ!?」


 まずい…いきなりはやはりまずかったか;; 


彼女「山口からせっかく来てくれてるのにパソコンつけて何しようとしてるわけ?」

財前「いや…違うよ。違う。これは違う。違うよ。これはだな。おいちゃんが…教えて欲しいと言うから… 俺が別に… やるわけじゃないんだ」

彼女「何をやるの?」


 ピピピ… 言い訳コンピューター始動


財前「…」

財前「た…台風情報を…」

彼女「!?」

財前「た…台風情報をNETで調べるのさ」

彼女「あ。そっか~」

財前「バーベキューが心配だからな」

彼女「ウンウン」

財前「お…おいちゃん。台風がどうなってるか…調べてよ」

鉾マン「え? よ…よし…。え…え~と。いま台風は…」






鉾マン「今日の夜直撃みたいだね…」


財前「おいちゃん動画は後だ。今は無理」

鉾マン「OK…」



財前「ほぅ…なるほどな。やはりNETを見て正解だったようだな」

鉾マン「ウンウン」

財前「やはりこういうときこそネットよ」

鉾マン「ウンウン」

財前「今の時代ネットくらいできんとな。ゲームもしかり。これがないと世間についていけんしな」

鉾マン「ウンウン」

財前「それに子供にも小さいうちからパソコンにふれあった方が将来のためにもなる。 うん。俺のガキにもパソコンを教えないとな。そのためにも俺は今の内から…」


 とりあえずPCの利点を並べる。


 フフフ… PC嫌いの人間にはこうやって日頃からネットの便利さを説き、次第に理解をしていってもらうことが重要。

 この努力を怠ってはいかん。

 しかし…


彼女「うわぁ。○○君の手すごいちっちゃいね~」

弥美「周りと比べると大きい方なのよ?」

彼女「ええ~そうなの~??すごいすご~い」

弥美「♪」



 ちょ…肝心なところを…聞いてねぇよ。このアマ。


 ここ重要なのに;;


 …


 そんなこんなで時間も流れ…。ふと目を向けると弥美ちゃんの様子が変。なにかこう落ち込んでるようで…ふさぎこんでいる。

 ど…どうしたんだろう… 急に…

 まさか鉾マンがめいぽしようとしたから(注意:私はしようとはしてない鉾マンがやりたいと言い出しただけ)怒ってしまったのか?


財前「あれ… 弥美ちゃんどうしたの?」

弥美「…」

財前「おい、おいちゃん。変なこと言うからこうなるんだぞ」

鉾マン「え?」

弥美「…」


 せっかくのお客さんなのに雰囲気悪くするのは絶対に避けなければならない。よし。ここは弥美ちゃんとマンツーマンで…
 
 そう思い弥美ちゃんの方に近づく…

彼女「ちょ…!! ゴウ君何してんのよ!!」 

財前「へ…?」

鉾マン「ゴウさんそりゃねえよ」

財前「え?ちょ… な…何事?」


 私は弥美ちゃんの機嫌を取ろうと近寄っただけなんだが… なぜ…

財前「いや。俺は弥美ちゃんがなんか調子悪そうに向こう向いてるから慰めようとだな…」

彼女「弥美ちゃんは今赤ちゃんにお乳あげてんの。覗く気!!」

財前「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

鉾マン「そうだよ(笑) うちの嫁の生乳見る気か?アンタ」

財前「す…すいません…」


 tyujmfdeuyjhgfew3t6yh.jpg


 _| ̄|○


 わかるわきゃねえだろ… 

 俺は気を遣ってだな… くそう。なんでこう…裏目裏目に…


 …












 7/14 PM11:45


 赤ちゃんの昼飯お乳タイムも終わり、今度は私たちが飯を食う番。 


 今日は徳島ラーメンで昼飯という手筈にしてある。
 
 
yjuhgfetyujhtgrfedgr.jpg


行ったのは中華そば「いのたに」という店だが、これは鉾マンにも大好評だった。自信を持って勧めていい。ここは絶対にうまい。

 横浜のラーメン博物館に出店したほどで、そこでも関東の客層に絶大な人気を博していたのだから間違いがあるわけがない。

 中華そば いのたに

 皆様も徳島に来た折には是非お立ち寄り下さい。徳島駅から車ですぐです。



 超有名店のここ。いつもは並ばないと入れないのだが、今回は12時前に来たことと台風時に行ったこともあり、並ばずして座れた。

 この辺は赤ちゃんもいるので気を遣っての行動だが、12時半にもなると客が増えて満席状態に;;危ないところである。あと数十分遅れていたら座れなかったということか…。

 しかしなんなんだ?こいつらは。台風の時にまでラーメン食いに来るか?普通? おまいら自重しろ! こっちはお客さんがいるんだよ。

 隣では


鉾マン「ああ。これはうまい。これはうまいわ。ヤバス」


 と鉾マンが大喜び。やはり「いのたに」をチョイスして正解だった。

 残念ながら赤ちゃんはラーメンを食べることが不可能なようで、ご飯粒1,2粒食べたのみだった。

 まあしょうがない。ラーメンは体に悪そうだし。

 帰りにどこか寄ってもよかったが風が強かったためまっすぐ家に帰る。



















 7/14 PM2:00


 順調順調すこぶる順調。

 台風の中徳島に来てくれた夫婦2人にまずはいい案内ができたと勝手に自覚。何しろ今日6時からはバーベキュー。

 総勢20人でのイベントです。楽しくないわけがない。 

 そしてこれが成功すれば接待は70%終わったも同然。とにかく今日が重要なのである。なんとかなったな…とホッと一安心したとき

 …あろうことか、ふとした会話に足下をすくわれるのである。

 そう。一昨日の彼女からの電話無視した件。あれは実は… 

 「口が滑る」とはまさにこの事を言う。


鉾マン「そういやゴウさん昨日まで東京だったんだって?」

財前「ああ。そうだよ」

鉾マン「仕事大変だねぇ。」

財前「まあ。そうでもないけどね。東京は月1回は行くし。慣れたもんだよ」

彼女「あ。聞いて聞いて~。そのとき無視したのよ?この人。私の電話~」

鉾マン「おいおい。ゴウさんそれはイカンぞ」

財前「いや。無視じゃないんだよ。気づかなかったんだって」

鉾マン「俺なんて彼女の電話無視とかしたことねえよ」

財前「そんな四六時中彼女の電話を気にしてられんよ」

彼女「それにこの人。全然メールしないし。この1年でメール何回やりとりしたかなぁ…」

財前「1年間で10通くらいじゃない?」

彼女「それくらいかな… だってアタシがメール打っても返ってこないし」

鉾マン「マジか」

4567ukjdswuki,jmngbfd34.jpg



弥美「1年で10通というとメール1ヶ月に1通?」

財前「電話でいいんだよ電話で。電話の方がシンプルだし」

鉾マン「ゴウさんそれはイカンぞ~。俺たちどうだっけ?メール1日200通くらいしてたよね?」

弥美「うん。それくらいやってた」


















財前「何!? 1日200通だと!?」 








財前「1日200通とかメールできねえよw」

鉾マン「普通だと思うよ」

財前「200通も用事があるわけないだろ」

鉾マン「いや。そう考えるから駄目。来たメールにとりあえず返信する。そういう考えじゃないと。用事なんてのはなくてもいいの」

財前「用事がないのならメールを打つ必要がない」

弥美「○○ちゃん、ドマ;;」

彼女「うん;;」

弥美「…」

鉾マン「話には聞いてたけど…ゴウさんは典型的な日本男児だねぇ」

彼女「いいの。メールに関してはあきらめてるし;;」

財前「会社のPCメールならまだしも、携帯電話メールなど…現代人の幼稚な産物だよ」

鉾マン「でも電話無視はいただけないんじゃない?」

財前「…」


 ここでちょっと苦しくなってきた。なんで電話を一度無視したくらいでここまで責められないとイカンのだ。

 いや。違う。無視じゃない。気づかなかっただけなのだ。

 スルーしたわけじゃない。昨日は仕事のお客さんと接待の飲み会。しかもオランダから来た外人が相手だ。

 向こうからすると1年に1回しか日本に来ないからこちらとしても誠心誠意全力で接待してあげたかったのだ。

 それなのに… たかが一回の電話でこうも愚痴愚痴言われるのは我慢ならん。ここはビシッと言うしかないな。



財前「いいか?良く聞け。俺は無視したんじゃない。気づかなかったんだ」

彼女「また言い訳~」

鉾マン「着信履歴チェックしたらいいだけじゃん…」

財前「それにな。昨日は外人のお客さんと大事な飲み会だったんだよ。電話に出られるような状況じゃない。」

彼女「…」

鉾マン「…」

財前「つまり…昨日は飲み会の終わる深夜12時まで俺は仕事。プライベートな時間などなかったんだよ」

鉾マン「う~んそれでもなぁ」

財前「俺はやるべきことをやって結果的に無視という形になっただけの話」

鉾マン「ふ~ん。外人のお客さんかあ。それってどういう店で接待するの?そういうの凄く興味ある」

財前「フフフ…。日本のお客さんのようにはイカンぞ。外人が喜ぶのはやはり外人の女の子がいる飲み屋よ。フィリピン系とかヨーロッパ系とかな。これは普通じゃ探せない。怪しい店も多いからな」

鉾マン「ゴウさんそういう店知ってるんだ」

財前「いや違う。昨日はたまたま六本木で店を探しているときにな?黒人の客引きがいてさ。なんか外人のお客さんが興味もったみたいで「じゃあそこに行こう」って事になって行ったんだ」

鉾マン「へぇ~。怪しくなかったの?その店は」


財前「ああ。全然OK。代金は3000くらいで安い。けどそれ以外にチップで1000円札5枚くらい飛んだかな~」

鉾マン「チップ? チップってなによ」

財前「ああ。チップっていうのはな。女の子がトップレスになって踊るんだけど、そのときに自分の目の前で踊ってくれたりしたらパンツに1000円挟んだり…」

鉾マン「トップレスって…生で見えちゃうの。それ触ったりも出来るん?」

財前「まあな…触ったらチップをパンツに… って、あ…」

鉾マン「てことは…ゴウさん5枚も1000円札使ったって… まさか…」










弥美「( ゚Д゚)!?」

彼女「はぁ!?」 
 








財前「!? し…しまっ…」

鉾マン「ゴウさん…そんなことで電話を無視したの…?」

彼女「…」

財前「い…いや…こ…これは… あくまでも…仕事…というか… 外人が行きたいと言うから…」



 ピピピ 言い訳コンピュータ始動…

 

  しかし何も起こらなかった…




  …



  駄目だ…。もう終わった…。もはや言い訳は不可能…。これ以上しても後の祭り



財前「接待だったもので…」

彼女「でもフィリピン系の女の人の生乳を間近で見たワケね?しかもトップレスってそのまんまって事でしょ?」

iohtgithgtr9ug90ut903tu940fuwe9fu.jpg



鉾マン「なんでさ…ゴウさん。しゃべらなくて良いことまでしゃべるわけ?」

財前「_| ̄|○」

彼女「アンタが連れて行ったんでしょ?もう!! 最低!!

鉾マン「最悪~」

弥美「最低~」

財前「俺が連れて行ったんじゃない。話をちゃんと聞いてくれ。外人がそこに行きたいと言ったんだ」

彼女「…」

弥美「( ゚д゚)ハッ!… だからさっき私の乳を…」

彼女「!?」

財前「違う!! それは違う!!」



 …

 おいちょっと待ってくれ… さっきのはマジで違うって。なんでこう…ひとつ膿が出ると次々に疑われ出すんだ。



財前「おいおいちょっと待ってよ;; 話が飛躍しすぎてる!! 良く聞いて;;」

彼女「…」

財前「決して俺が連れて行ったというわけでもないんだよ…心境としてはね。せっかくオランダから日本に来てくれてるんだし、羽を伸ばして貰おうと思いまして…接待なんスよ。接待…」

弥美「接待って言えばなんでもいいの?」

彼女「弥美ちゃんもういいよ。こういう人だし」

鉾マン「まぁまぁ… 仕事ってそういう面もあるし…」


財前「でも事情をわかって欲しい面もあるんです…接待という…」

彼女「接待なら接待に徹しれば? なんでゴウ君がチップをパンツに刺す必要があるの?」

財前「いや…それは… 俺だけツーンとしてると周りも冷めるし、一体感を出して一緒にしないと外人さんも…」

鉾マン「…」

彼女「もういい。これ以上聞きたくない」

鉾マン「それは連れて行ったのはゴウさんだけ?」

財前「複数の社員がいました…」

鉾マン「だよね…まぁ…しょうがない部分も…」

彼女「何がしょうがないの?」

鉾マン「ハイ…」






財前「あの…Jリーグの話でもしませんか?」

彼女「はぁ!?」

鉾マン「Jリーグ知らない」

弥美「興味ない」

財前「そ…そうですか…」


 言葉ひとつで地獄に堕ちるとはまさにこのこと。

 言い訳するわけではないけれでも、逆の立場となって考えてみて欲しい。今回日本に来日してくれたのは私の会社と10年以上も取引のあるオランダの会社の社長と輸出部長。

 この10年で日本に来たのは初めて?か2回目くらいのはずです。

 もちろん1次会の食事会では私の会社の社長も重役も社員もいました。そこで楽しく食事をしました。

 しかし

 2次会は、重役から

 「おい。2次会は担当社員だけで行ってこい。社長と俺たちは遠慮するから。 どこか女の子がいるところな? 探して連れて行ってやれ。 俺らがいると外人さんもやりにくいだろうからな。 今回は特別にそういう店でも会社で領収書切ってやる。好きにすてこい。頼んだぞ」

 こうやって言われてたんですよ。
 
 外人と社員だけで好きにしてこいと。普通2次会というのは領収書は切れないし、重役さんもいるんです。私も数年会社にいますが2次会で領収書が通るというのは初めての経験。

 通常ありえないんです。

 それを「やれ」ということは外人さんにそういう接待をして楽しんでもらえって会社の意向なんですよ。そういう時はあるんです。社会に出ている以上。
 
 私情とか出せるわけがない。

財前「私は彼女がおりますので辞退します」

 ↑こんなのはバカです。


 そしてたまたま入った店が…トップレスの外人が踊るショーパブみたいなところだったというか…


 しかしね…。何も言わなければバレなかったんですが…

 つい言ってしまったというか… まあ彼女はそういうところ理解はあるのでそんなに内面は怒ってないとは思うんですけどね(笑)。 




鉾マン「まあ…そういう仕事もあるわな」
 
彼女「それはわかるけど、隠しておいて欲しいよ。やっぱり聞くと気分悪いし」

鉾マン「ウンウン。そういう事ポロッと言う方が悪い」

弥美「(苦笑)」

財前「以後気をつけます…」



 …

 これは…あくまでも1例。


 なんとPM2:00くらいからバーベキューの食材を買いにくPM4:30くらいまでこの話題を含め、別の話題でも責められまくり。
 
 2時間半も責められっぱなしです。ぐうの音もでません。

 しかも私だけ…


 後はブログに彼女の事を多少誇張して書きすぎてることを責められたり、鉾マンが如何に彼女(弥美)に尽くしているかという事例を並べられ、それを私の対応と比べられてスコスコ言われて…

 だいたい鉾マンは彼女がトイレに行くときについて行くし、車のドアも彼女が乗るときに開けて乗せたりもしてたらしい。

 そんな奴と比べるなよ…。ほとんどいないってそんな奴…。

 言い訳コンピュータもこうなっては役にたたず…。 

 
 考えてみてください。

 今回必死に20人も集めて…企画練って…いろいろ考えて…

 OFF会の準備に勤しんだのに 仕事の接待とかブログでの彼女の扱いとか、普段の彼女の接し方とか、メールとか…



 それがそんなに責められるべき事なんでしょうか?


 そういう男が世の中には多いんじゃないのか?

 仕事に公私混同は禁物じゃないのか?

 確かに多少は仕事とブログに重点を置きすぎていた所もあるかもしれん。だが結果的にそれは報酬となって跳ね返り、結果的にブログも将来なんらかの形で役にたつはずじゃないか。

 知り合いが出来たり、何かいろいろ教えてくれたり。

 
 それを将来必ず彼女に還元する。それでいいと私は思っている。


 …


 だがこれも運命。

 こういう星の下に生まれたのだとあきらめるしかない。

 課程で言われるのは仕方ない。まだ結果が出ていないのだから。
 
 リアルではこのように責められ、ブログでも「嘘だの自演だの」言われて読者に責められる(笑)。 (まあこれは一部ですが)

   
 皆さんもくじけないように。
 

sea001.jpg




 少年よ… 大志を抱け 




 

 7/14 PM4:30


いよいよバーベキュー開催まであと2時間程度となった。外は当然雨。大型台風接近で風も強くなってきた。

 さて…果たして開催できるのかどうか。

 そして… みんなは本当にこの台風の中来てるれるのかどうか。

 私としては食材をどうするかよりもそちらの方が気になっていた。


 大型スーパーまで車を走らせ、4人で食材を選んでいく。

iuyi4ut4yu8y49tif0i0gi.jpg


 キャベツ、ニンジン、ピーマン、ネギ、ししとう …ETC

 正直言うと20名分の分量というのが如何ほどなのかよくわからない。弥美ちゃんと彼女はまあ2個ずつ買っておけばなんとかなるだろう的な考えのようだ。

 ここに私のリクエストでたこやきの元とたこ、そして刻みネギ、卵を買って貰った。同時にたこ焼き器でたこ焼きすればアクセントとしていいかな?という親心である。

 そしていよいよメインの肉。これを選ぶことになった。

 しかし不幸な事にこのスーパーには手頃な肉がなく、困惑。

 まさかこのご時世、中国産の肉を買うバカはいない。しかし国産肉はこのスーパーでは目が飛び出るほど高い。

 ゆえに肉専門店に移動。ここでそろえることとなった。総勢20名分の肉の分量。おわかりになる方はいるだろうか?

 私の見立てでは1人200㌘。つまり200㌘×20で4㎏必要。これで充分。
 
 しかしこれは男が20人での分量。今回は女6人、男16人なのだ。

 これより少し少量の3.5㎏。これで足りる。


 肉屋の親父に豚バラ肉、牛カルビなどを注文し、総計3.5㎏の肉を購入。その後車に乗り込むと… どうやら鉾マン、肉にはうるさいタイプらしく、いろいろと確認してきた。

鉾マン「ゴウさん肉いくら買ったの?」

財前「3.5㎏だよ。多分これでも余るな」

鉾マン「3.5㎏!? 絶対足りないって。1人350㌘は食うから×20人で7㎏は必要」

財前「7キロ? それはないって。女の子もいるんだぞ?」

鉾マン「俺400㌘は食うから大丈夫。男はもっと食うでしょ」

財前「それはない。俺アメリカ出張行ったとき300㌘の肉でも結構食べかねたからね」

鉾マン「足りないと思うなぁ」

財前「まぁまぁ。たこ焼きもあるんだから大丈夫」

 
bbq.jpg



 今だから言いますが結局肉は500㌘くらい余りました(笑)。意外とね。みんな食べないんですよ。自分用の皿にポンと300㌘の肉が乗るなら食べますが、焼き肉やバーベキュー形式では意外と食は進まない。

 これはもう経験上わかってます。食べながら話したりするので、普段よりも食べる速度が遅く満腹感が満ちるのが早いのです。

 まあ鉾マンは土木系の仕事なので、周りはガタイのいい人ばかりなんでしょう。そりゃまあ…そういう人は400㌘でも足りないわな。


 …


 そして…


 食材を購入し、いよいよタケの家へ。


 果たして友達はこの台風の中何人来てくれるのだろうか。






 このとき…

 まさか、昼だけでなくバーベキューでも全員から袋だたきに合うとは夢にも思っていなかった。













徳島in鉾マン OFF会 其の③



 



 OFF会報告は次で終わりです。

 おいちゃんよ。何をしてる。早く書いてね。


 

テーマ: 日々のつれづれ
ジャンル: 日記








Edit Comments(70) trackBack(0) |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2007(Fri) 07/20

徳島in鉾マン OFF会 其の①(76)

女性関係徒然 … Comments(76)

 メイプルストーリーというオンラインゲームで繋がった友達関係。

 
 gheiiprhrpgjuwopertiup9rge.jpg



 ゲームで出会った人に実際会おうとなると様々な問題が起きるものです。

 今回の記事はその模様を私視点のビジョンでお届け。






 

 2007/07/13 PM14:00 東京

 東京での仕事が終わり、徳島への帰宅準備をする。丁度心配していた台風はまだ沖縄方面。最悪の場合徳島に飛行機が着陸できないことも想定してたが、これなら帰れそうな気配。

 浜松町に移動し、モノレールに乗って羽田空港へ。

 kage001.jpg



 ボードを見ると徳島行きは出発OKとなっている。反面九州の便は欠航という文字がチラホラ見えた。

 ふぅ…。

 どうやら

 台風の影響で欠便という最悪の事態は免れたようだ。しかし楽観できる状況ではない。


 この時の状態では翌日の土曜日から


 7/14(土曜) 徳島 台風直撃
7/15(日曜) 徳島 台風直撃
 
 という予報。これはもうOFF会は無理と決まったようなものだ。台風の時に来てもしょうがない。

 羽田空港で待ってる間においちゃんに電話しようとも思ったたが、まあ話がこじれると飛行機搭乗時間が来てしまうので徳島に着いてから電話することにした。
 
 待ち時間の間…

 週間プレイボーイのキン肉マン2世を読破
 週間プレイボーイのグラビア裸で目の保養
 週刊プレイボーイの中国食品事件で時事を確認

 対面の人から見るとプレイボーイは…表紙がグラビアなので見るとエロイ雑誌と勘違いされる弱点はあるが、そんなのは無知な輩の戯言。

 これは決してそういう雑誌ではない(見てる人はわかるよね?)

 saishin18-10-21m.jpg


 
 飛行機の待ち時間や新幹線移動中に見る雑誌としては最高なのだ。時事も確認できるし、漫画もあるし、グラビアもあるし、今旬のニュースもちゃんと載ってる。

 出張サラリーマンとしては手放せない一品。
 
 もちろん読むなら新聞の方がいいが、移動中はリラックスも兼ねて休養しないといけない。小難しい新聞などにかまけている暇はない。
 
 毎週火曜日発売だけに月曜日出張の時は鬱だがそのときはスポーツ新聞をセレクトするようにしてる。

 



 7/13 PM15:30 東京

 飛行機離陸。ここであることを思い出す。

 明日の土曜日は大型台風が徳島上陸。しかしバーベキュー決行ということで23人も呼んでしまっている

 おいちゃんが徳島に来ないことはもう明白。こんな台風の中来る奴はいない。…ということは明日のバーベキューも…

 当然中止。

 みんなに中止と伝えないとまずい。

 しかし今は飛行機に乗っているので電話はできない。後にしよう。

 そんなことより今はやるべきことがあるのだ。

 離陸前はスチュワーデスの動きが慌ただしい。上の荷物棚を綴じたり、客がシートベルトをしているか確認したり。

 まさに絶好の癒しタイムと言える。 さて…今日の美女は?

 imagtggty5ue4ro;ilkjes.jpg

 
 
 ほぅ…  B80 W59 H83 か…。
 
 なるほど… B84 W60 H88 くらいか…。 

 ぁ…   B80 W54 H80 この体系は秘部の締まりがよさそう



 =====○)д`);.・;゛;ブッ

 
 別にエロイとかヤリタイとかそういう淡い期待をしているわけではない。学生時代に習得したスリーサイズチェッカーが無意識に働いてしまうのだ。

 最近のスチュワーデスは質が落ちているものの、それでもやはり姿勢や歩き方というのはよく訓練されてるようで非常に綺麗に見える。

 …と誰かが言っていた。


 う~むしかし…

 一晩だけでいいからスチュワーデスを貸し出して貰えないものだろうか…


 =====○)д`);.・;゛;ブッ



 こ…こら…。別に要求不満なわけではない。台風が上陸するということで多少精神的に肉肌を深層意識で求めてしまっていたのだろう。

 …


 その後仕事の疲れを取るため徳島到着まで就寝。





 7/13 17:10 徳島


 
 飛行機は無事徳島空港に着陸。

 ほぅ… こっちはまだあまり雨も風も強くないな…。ということはやはり今晩から明日明後日にかけて台風が来るという線が濃厚か。
 
 OFF会は中止だ。
 
 早速鉾マンおいちゃんに電話をする。


 kta00fdfd1.jpg



財前「もしもし」

鉾マン「おう。ゴウさん」

財前「ニュース見たか?」

鉾マン「台風だよね。みてるよ」

財前「そうか。見ての通りだよ。徳島でのOFF会は不可能だ」

鉾マン「んな?どこが不可能なの?」

財前「え?」

鉾マン「これから徳島に出発する所だよ」












財前「なに!?!!?!!」 




鉾マン「すぐにでも行きたい」

財前「何を言ってるんだ!! 今くると帰れなくなるぞ!」

鉾マン「あの10月まで予約一杯の鳴門グランドホテルがさ。空いてたんだよ。台風でキャンセルが多発したみたい」

財前「ああ…さすがに空いてるか(笑)。 でもちょっと待て。今から来る気って本当にマジの話か??」

鉾マン「嫁とは今日は鳴門グランドホテルに泊まるということで意見は一致した」

財前「正気かよ(笑)。明日台風は徳島に直撃するんだぞ?」

鉾マン「知ってるよ」

財前「赤ちゃん連れてくるんだろう?駄目だ駄目だ。危険すぎる。」

鉾マン「ゴウさん。よく聞いて」

財前「台風情報ちゃんとみたのかよ…」

鉾マン「もし台風が明日去ったらどうする?」

財前「ん?」

鉾マン「そしたら日曜月曜日と素晴らしく有利じゃないか」

財前「…」

鉾マン「この台風でホテルキャンセルは多発。てことは観光客も激減。てことは道も空いてる。そして人がいなくて観光も一人勝ちというわけよ」

財前「まあそりゃそうだけどさ。雨が残ったら赤ちゃんの体にも悪いし、徳島来てもずっと家ってこともありえるんだぞ?」

鉾マン「その場合は負けだ。これは賭け」

財前「う~ん…」

鉾マン「今日は徳島移動だけでホテルに泊まるよ。で明日明後日とゴウさん家に泊まる。それでOKって言ってくれたら今から出発するよ。瀬戸大橋が閉鎖されないうちに通り抜けないとイカンし」

財前「う~む…」

鉾マン「台風の速度を見る限り土曜日で抜ける。そして日曜日月曜日は絶対晴れる。そうなったらなんで徳島に行かなかったんだろうって後悔するよ。それだと前から計画してたこのOFF会を無駄にすることになるんだよ?」

財前「確かに…そうだが…」

鉾マン「賭けてみるのもいいだろう。絶対これは行った方が有利だ」

財前「有利とか不利とかそういう問題なのかなぁ…」




 なんということだ。

 この二人の夫妻{鉾マン(夫)、弥美(嫁)}…

 あろうことかこの台風が近づいている徳島に向かうというのである。


 ①生後6が月の赤ちゃんがいる
 ②史上最大と呼ばれている台風がすぐそこまで来ている


 この条件で来る奴など果たしているだろうか?いやいない。

 台風で観光客がいないからってそれは勝ちなのだろうか?いや勝ちじゃない。

 それ以前に台風って明日本当に来るんだろうか?これは来ないとわからない。 

 こうなると判断基準は自己責任でしかない。

 ①何かあったら呼んだ私の責任
 ②何かあったら来ると言った鉾マンと弥美の責任。

 ②は問題ない。彼らは来ると決めている。あとは①。私が果たして責任を取れるかどうかだ。赤ちゃんに何かあったときに。 

 そして台風の中わざわざ来て良かったと思う程の体験をさせてあげられるかどうか。



49rodan01.gif


 う=む…。

 これは受け手にとって非常に不利な問題。

 もし来たと仮定した場合… バーベキューも実行する必要が出てくる。外はさすがに無理だろうから何らかの別の形ででも。
 
 当然友達には反対されるだろう。それを説得できるだろうか?

 それにバーベキューで23人も集まっていざ帰ろうとしたときに台風が凄すぎて帰れない事態になったら…

 非難囂々あびるのは目に見えてる。それに赤ちゃんがそんなことになったら一体どうするというのか。

 しかし…

 しかし鉾マンが来るならやるといった手前…絶対にやらねばならん。

 なにしろこの大勢でのバーベキューをしないとわざわざ徳島に来てくれる意味がないからだ。


 さて…どうするか…







 うむむ…








 どうする? アイフル♪


 imagereh6iuyt4jydmhg.jpg



 
 =====○)д`);.・;゛;ブッ


 そんな歌を歌ってる場合じゃない。
 
 
  
 考えても答えは出ない。こんなのはもう…運命だ。

 そう運命。うまく行くにしろうまく行かないにしろ…

 どうなったにしても

 運命なのだ。とういうか運だな。


 …

 
財前「わかった。OK。じゃあOFF会やるか」

鉾マン「よしよし。じゃあ今から山口を出発する。今日は鳴門グランドホテルに泊まるから明日の朝ゴウさんの家に行くって事で」

財前「じゃあ明日の朝電話するね」



 …

 こりゃあ忙しくなってきた。よし早速相棒に連絡だ。

kta00fdfd1.jpg




 プルルルルルルルルッル プルルルルルッルルルルッル


彼女「もしもし?」

財前「どうも」

彼女「帰ったの?」

財前「うん今徳島ついた」

彼女「忙しいから切るよ」

財前「え?ちょ… もう仕事終わってる時間じゃなかった?」

彼女「終わってるよ」

財前「え… じゃあ何か用事?」

彼女「別に用事もないけど」

財前「でもさっき忙しいって…」

彼女「鈍いね~ホント」

財前「え…」

彼女「ゴウ君」

財前「ん?」










彼女「昨日あたしの電話無視したでしょ」

eyes003.jpg



財前「ギクッ!?」

彼女「凄いむかつくんですけど」


 待て待て待て待て。待ってくれ。それはないぞ。

 全然知らない…。昨日電話などなかったはずなんだが…


財前「ちょ…い…いや違う。それは違う。昨日の夜は違うんだ。」

彼女「何が違うのよ」

財前「昨日は大事な飲み会でさ…。どうしても…」

彼女「でも今日の朝それについてのメールくらいできない?」

財前「メ…メールね… ちょ…ちょっち今まで…。ずっと電波の届かないトコにいてさ」

彼女「は?東京でしょ?ずっと電波の届かないとこなんてあるわけないじゃん」

財前「それが…近年は地下街が発達しちゃったりしてまして…」

彼女「また言い訳?」

財前「言い訳?まさか!! それに実は電池も切れてしまっていて…」

彼女「電池が切れた? でも今到着したとこでしょ? じゃあその電話どこで充電して今通話してるのよ」

財前「え…。え~とですね。そ…それは…」


 まずい…言い逃れが苦しくなってきた…。
 



 言い訳コンピューター発動…


財前「フッ 実はね。車で充電しつつ今電話しているのさ」

彼女「そうなの?」

財前「もちろんさ。帰ったら一番最初に電話するのは君に決まってるだろう。いやあ声を聞きたかったよ」

彼女「どうでもいいんだけど。それで…何?」


 なんて面倒な生き物なんだ。なんで本題を切り出すのにこんなに時間がかかるのだろうか…。 たかが着信履歴一つで… 

 女ってのはいつも意味わからん。


財前「実はOFF会なんだけどね」

彼女「ああ。これじゃ中止だよね」

財前「いや。実行することになった」

彼女「エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?」

財前「向こうが来るって聞かないんだよ」

彼女「赤ちゃん居るんでしょ~?大丈夫?」

財前「さあ… でももう出発してる。今更もう中止はできないよ」

彼女「そっかあ。もうちょっと早く言って欲しかったな~」

財前「いやいや。今さっき電話して決まったとこ」

彼女「今さっき電話?徳島に着いたときに?」

財前「そうさ。その後すぐ君に電話した。」

彼女「ねぇ」

財前「ん?」

彼女「帰って一番最初に電話するのは私じゃなかったの? 」

財前「え…」

彼女「へぇ。電話は私より弥美ちゃんに先にしたのね」

財前「!?」

 
 女というのはなんて細かい生き物なんだろうか…。どうでもいいじゃないか。誰に先に電話しようが…。まったくたまらんわ…。言い訳もその場で思いついたもの言っても通用しないな…。


 ピピピ 言い訳コンピューター発動…


財前「ハハハ… な…何言ってるんだよ。電話は向こうからきたのさ」

彼女「あ。そっかぁ」

財前「だから俺が最初に電話かけたのは君で間違いない」

彼女「まあいいけどさ。でいつ来るの?」

財前「明日だ」

彼女「じゃあ明日何時に家行けばいい?」

財前「朝9時だな」

彼女「早いよそれ~ 10時にしてよ」

財前「うーむ…。じゃあ10時…」

彼女「でバーベキューはどうするの?」

財前「もちろんやるよ」

彼女「やるって…どこでやるのよ…」

財前「え…え~と… く…詳しい話はまた明日ね~」

彼女「…」


 ガチャ




 フッ… 危ういところだ。あろうことか鉾マンが来るという大事なときに機嫌を損ねる所だった。

  

 7/13 PM22:00

 台風情報を確認。どうやら速度が多少あがり、明日の夜~深夜にかけて直撃という情報に変っている。

 明日の夜はバーベキューなんだが…

 せっかく来る二人に徳島の友達が大勢あつまるバーベキューは実行してあげたい。

 となると… もう一か八か。 よし。勝手に決めた。


 明日台風は反れる!! 徳島には来ない!!


 そうと思いこまなければこれは実行不可だ。


 友達に全員に電話連絡。


財前「おい明日のバーベキューだがな」

友達A「ああ台風で中止だよね」

財前「いや。バーベキューは決行する」

友達A「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

友達A「しょ…正気か?おまえ」

財前「心配するな。できるように手筈は俺が整える」

友達A「ホントかよ…」


 同じパターンで総勢20名に電話。あとは…2名。ここが重要。この夫婦にはさっきのようにはいかない。なぜかというと…
 
 外でのバーベキューは無理なので、室内でしようと考えたから。

 しかし実家とか親がいる家庭では台風の中の室内バーベキューなどとても受理されない。

 となると親がいない新婚家庭でやるしかない。

 ポイントは

 新婚二人の急所につけ込むこと。話のもって行き方次第では拒否もありえるので細心の注意を払う必要がある。

 ここで話が決裂するとすべてが水の泡になる。


 よし…

 早速電話


財前「もしもし?」

タケ「お~う。どうした」

財前「バーベキューの件なんだが…」

タケ「台風で中止か?」

財前「ああ。台風が来てるんだけどさ。せっかく20名も集めたわけだし、辞めるのはもったいないと思うんだ」

タケ「うむ。一理あるな。それに山口の人歓迎のバーベキューだしな」

財前「そうだ」

タケ「だがバーベキューはどう考えても無理。今回はあきらめるしかないぞ」

財前「まあそこなんだが。ちょっとその前に聞いてくれ」

タケ「ん?」

財前「このバーベキューには隠れた真の目的がもう一つあったんだ。実は」

タケ「ぬ?」

財前「まさかおまえにこれをいう羽目になるとはな…」

タケ「なんだなんだ?」

財前「実は今回の集まり…一応おまえら二人の結婚祝い、そして新築祝いも兼ねたバーベキューだったのさ」

h565uytjhgre567uythgrfew.jpg



タケ「マ…マジで?」

財前「そうだ」

タケ「おまえさ。いつものように今思いついたんじゃないのか?都合のいい奴だからな」

財前「俺達の心には一片の曇りなく、おまえらを祝福する気持ちしかない」

タケ「俺たちって…おまえだろ(笑)。企画したのは」

財前「だがみんな祝福してるのは事実だ。おまえのためならみんな集まってくれると言ってくれてるんだ」

タケ「そ…そうだったのか~;;」

財前「ウンウン」

タケ「でもさ…それでも台風の中でバーベキューってのはさすがに無理がないか?」

財前「おいおい。あきらめるのはまだ早い」

タケ「なに!?」

財前「新築祝い、新婚祝いというのはやはり俺の家でやるよりも、現地に行った方がいいだろう」

タケ「え? 現地?」

財前「そう。現地。俺の家ではなくな。 つまり…」

タケ「!? ちょ…ちょっとまて… それは俺の家でバーベキューをやるということか!?」

財前「新築祝いは現地でやらなければ意味ないだろう」

タケ「待て待て待て待て。聞いてないってそんなの」

財前「今言った」

タケ「いや俺の家はお前の家みたいに庭でかくないって。スペースがねえよ」

財前「さすがに外ではできないよ」

タケ「え?」














財前「家の中でやるんだ」













タケ「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」








タケ「無茶苦茶だなお前;; あのな…室内で炭をたくのはちょっと…新築だし…」

財前「炭は使わないよ。ホットプレートで肉と野菜を焼く。これなら可能だ」

タケ「なるほどホットプレートか… しかし23名も来るとなるとなあ…後片付けとかあるし… 嫁もなんて言うか…」

財前「後片付けでは手間はかからない。俺らがやるよ」

タケ「そうか…」

タケ「しかし食材準備とかは?」

財前「俺と彼女でやる。新婚様二人の手はわずらわせないよ」

タケ「ふむ…」

財前「23名もの人がおまえらの新婚祝いと新築祝いに来るんだよ?こんなチャンス2度とないだろう」

タケ「辞退者はいないのか?みんな来るって?」

財前「それはさっき電話で説得した。」

タケ「おまえ…よく台風の中23名も説得したな… 無茶苦茶な奴だ」

財前「でもお前の家でできないと全て駄目になるんだよ;;」

タケ「う~む…」

財前「みんなで行ってもいいよな?明日」

タケ「…。  お…OK。じゃあやるか。嫁には俺からいっとく」

財前「よし」




 …

 終わった。

 これで何の弊害もなくなった。タケの家は私の家から車で2分。台風の中赤ちゃんが移動することを考えても負担も最小限に食い止められる。

 さらにあいつの家のホットプレートと私がホットプレートを持って行けば総計2枚。これで肉を焼けば充分20人は養える。

 よくまあこのタイミングで新婚→新築というコンボをやってくれていたもの。

 これはキテル。運がきてる。





そして…夜が明ける








7/14(土) AM10:00


 ふむ。まあまあの天気だ。

ニュースでは台風直撃の方が飛んでいるが、実感は沸かない。なぜならそれほど風も強くなく雨もたいして降っていない。
  
 遅れているんだろうか。やはり本格的に来るのは夜か…。

 鉾マン夫妻は私のすぐ家のそばのローソンから電話をしてきた。迎えに来て欲しいということらしい。

 いつものように外出用のスーツを着て、いざ出発…としたかったが、玄関に出たら革靴がない…。

 …

 親父の仕業か… あいつ履いて行きやがったな!?

 俺のリーガルを…。
 
 しょ…しょうがない。緑の健康サンダルを履いて出発。
 
 大丈夫。歩くわけじゃない。車でそこまで迎えに行くだけ。鉾マン夫妻も靴などみないだろう。

 …


 そして近所のローソンまで行くと?

 居た。鉾マン夫妻。

b-cap001.jpg



 去年会ったときに比べ二人もちょっと容姿が変ってるような…。いや変ってないと言えば変ってないか。

鉾マン「お久しぶり」

弥美「お久しぶりです」

財前「じゃあ家行こう。こっからすぐだから」 

鉾マン「ゴウさんの車の後ついていけばいい?」

財前「うん。じゃあついてきてね~」

 
 さて…行くかという時に家の庭が脳裏に浮かぶ。まてよ…。俺が先に家に入ったら…鉾マンの車デカイからスペース的にちょっとまずいな。
 
 てことは先に鉾マンの車を家に入れないとイカンじゃないか。

 ちょっとそれ言っておこう。

 鉾マンの車まで引き返す。

財前「ああごめんごめん。俺先に入ったら車でれなくなるわ。おいちゃん先に入ってくれ」

鉾マン「OK」


 その後車で先導。 そしておいちゃんの車を家に先に入れようとと思ったが、丁度対向車が…

 よけられない。

 結局私が先に家に入ることになってしまい、鉾マン困惑。確かに話が違う(笑)。

 家に車置いて鉾マンを誘導。

財前「ああ。ごめんごめん。先に入っちゃったよ」

鉾マン「ぇ…なんだこの家…」

財前「そこまっすぐ奥まで突っ込んでおいて」

鉾マン「…」

財前「ん…どうした?」

鉾マン「…」

財前「おいちゃん?」

鉾マン「ナンデスカ…この庭のデカさは…」


sml_12225516.jpg


財前「え?あ…ああ。徳島の農家はみんなこんなもんさ。たいした事じゃないぞ」

鉾マン「とてもたいしたことない風には見えないけどね…」


 車を止めた後、鉾マンは車を降りて周りを見渡してる。山口県はそんなに都会ではない。多少敷地の大きい家など珍しくもないはずだが…。

 
 だがおいちゃんも弥美ちゃんもしばらく動こうとしない。


 視線を追うとどうも温室を見ているらしい。

 ふむ…温室か。蘭もちょうど花が咲いてるし、おいちゃんのガキに見せておくのもいいかもな。

higan001.jpg



 うん。花の心を幼児期から知っておくのも大切だ。特にこれだけたくさんの蘭を見る経験もなかなかできないと思うし。

財前「ああ。ちょっと温室入ってみるか?ガキにも見せておいた方がいいかもしれないし」

鉾マン「おお。見る見る」

財前「蘭を0歳の時からみておけばな。きっと花の美しさがわかる大人に成長するぞ」

鉾マン「それはないとおもうなぁ。まだ0歳って言ったらアレだよゴウさん。花かどうかも理解できてないんだよ?」

財前「え?そうなの?」

鉾マン「乳飲むか寝るか。これしかわかってないはず」 

財前「…しかし深層意識というものがあるだろう。わかってないようでわかってるかもしれんじゃないか」

鉾マン「それより蚊にかまれるほうが被害が大きい」

財前「小さいこというなよ…」


 う~む。赤ん坊というものはそんなに物わかりが悪いのだろうか?聞いた話では両親がいつも笑ってるような家庭では感受性豊かな子に育ち、両親が暗い家庭ではそういう影のある子になるという。

 わかってないようでそういうのはキチッとわかってるって書いてた。

 だから笑顔を絶やすなと。

 けど確かに蚊、蚊はいるわなぁ(笑)。

 いやいや虫みただけで落ち着かないような都会少年に育ってもらっては困る。そんな奴は災害時にパニックになるだけだ。

 理想と現実は違うということもわからせねばならん。

 花には虫がいるんだよ。



 …



財前「よ~し。ここだ」

鉾マン「うおぉ。何百鉢あるの?これ」

財前「さあ…数えたことないからねぇ。でもネット販売で大分はけたんだよ」

鉾マン「ああ。あの前にブログで書いてた蘭の販売ホームページね」


 …とそのとき。丁度俺のおじいさんが農作業をしてた。


財前「お。あれあれ。アレが俺の爺。丁度農作業中だわ」

鉾マン「ス…スーツで…野良作業…」 



財前「おお。そんな事よりこれ見てくれ。これブラジルにしかない(RY」

鉾マン「ゴウさんもういいわ。蚊いるし」

財前「はぁ?なんだよそれ。さては興味ないな?」

鉾マン「ウン」

財前「フッ… 赤ちゃんはちゃんと花を見て感動を…」

財前「!?」


 ちょ… 


 赤ちゃん寝てるよ(笑)。 
 
 
 なんてこった早すぎたか…。

 まったく興味ねえじゃねえか。

 というか鉾マンも全然花に興味がないし。親子揃ってこれではなあ…。話にならん。

 これ以上花の教養をしても無駄と判断し、家に入る。

 life038fdvegerg.jpg


 部屋へと案内し

 鉾マンと弥美ちゃんの寝るスペースを確認。赤ちゃん用のバスタオルも用意。
 
 まずは部屋に座り…


 少し休んで、だんだんまったりしてきたところで…


 会話に花が咲く。

 だが気がかりな点がひとつ。

 これからどうするかだ…。

 外は雨。観光はできない。だが夕方6時からのバーベキューは決定している。

 さて…どうするか…。

 私は充分に事前準備はやった。細かいことはやはりあいつに頼むしか…。女はそういうの得意だからな。私が大枠を決め、細かい詰めは彼女に任す。

 これが世の常というものよ。

 え? いやいや別に面倒だから任せるワケじゃない。

 そういうのに向いてないんだ男は。


 …


 鉾マン夫妻と話をしている内に弥美ちゃんが「彼女はまだ来ないの?」と言っている。
 
 まったく鉾マンは相変わらずすぎる。俺は世間話してるのにいきなりめいぽのマニアックネタとか言い出すからな。嫁の弥美ちゃんは女の話し相手を求めてるんだろう。弥美ちゃんが「彼女はいつ来る?」としきりに気にしだしている。

 それに彼女が来ないと全員揃わないのでどこにも行けない。

 …

 あいつは社交性がかなり高く、知らない人とでもすぐうち解けてしまう不思議な魅力がある。弥美ちゃんとも一回しか会ってないはずなのにもう仲良くしてるしな…。

 信じられん奴だ…。あれにはさすがに敵わない。


 待てよ…そろそろ…もう近くまで来てる頃かな…
 

 …


 ふと時計を見ると朝10時30分。


 約束の時間に30分以上遅刻している…

 
 フフ… 慣れたもんだ。


 彼女はだいたい待ち合わせ時間の30~1時間後にやってくる。
 
 
 まったく俺をなんだと思ってるんだあのアマ


 =====○)д`);.・;゛;ブッ
 



 …


 まもなく


 彼女が到着する。



senaka001ggeagaeerger.jpg












徳島in鉾マン OFF会 其の②








テーマ: そんなふとした日常の1コマ。
ジャンル: 日記








Edit Comments(76) trackBack(1) |

Page up▲

11

January February March April May June July August September October November December
2007(Wed) 07/11

財前と彼女と鉾マンと弥美(177)

女性関係徒然 … Comments(177)

 さて

 明日からまた東京に出張です。で帰ってきて連休があけた後また東京出張です。


 7月12日 東京 …お仕事
 7月13日 東京 …お仕事
 
 7月14日  鉾マン最強夫妻 in徳島
 7月15日 
 7月16日  〃

 7月17日 東京 …お仕事
 7月18日 東京 …お仕事
 

 まあ連休をまたいでの東京出張は鬱ですが、いつものことですし問題はありません。

 ただ7月の14日からの連休というのは半年以上前から計画していたんですが…


 鉾マン最強伝説のおいちゃん弥美夫妻が徳島に遊びに来る予定になっています。

 gheiiprhrpgjuwopertiup9rge.jpg




 前回(山口OFF祭り報告)は私と彼女で山口まで遊びに行ったんですけどね。今回はその逆ということです。

 これは5月くらいから色々と話してた事なんですけど「おいちゃん」も子供がもうそろそろ生後半年を迎えるようですし、仕事も忙しくなってきてるようですのであまり会う日取りが合わない。

 で今週の3連休はたまたまお互いのスケジュールが合った偶然の日取りだったわけです。当然「じゃあこの日に財前家に来いよ」となるわけですね。

 私としてもせっかく山口からお客さんが来るということで徳島の友達を23人呼んでおいて家の庭でバーベキューの準備。

 これだけの人数が電話一本で集合できるところも田舎の利点というか、普段からのつきあいのたまものですねえ。都会じゃこうはいかない。まあ半数以上は5年くらい前にコンパで知り合った事がきっかけでおつきあいしている奴らですが(笑)。

 もちろn

 雨が降っても平気です。私の家の車庫って結構広くて、いつもはトラクターやら家族全員の車が入ってますから、それ全部他に移せばスペースはOK。

 だいたい23人くらいは充分バーベキュー出来る屋根付きスペースが確保できます。(こういうのは田舎の農家の特典)

 フフフ。これはおいちゃんもきっと感激するだろうと思い、友達に電話で事前チェック。

 …
 

財前「おい。土曜日はバーベキューだぞ。来れるんだろうな?」

友達A「もちよ」


 はい次

財前「おい。土曜日はバーベキューって言ったよな?早めにこいよ」

友達B「OKOK」


 はい次


財前「あ。ゆうこちゃん(*´Д`*)ハァハァ  土曜日覚えてるよね?」

友達C「もちろんですぅ。ちゃんといきますぅ」




 …というのを22人も繰り返す…。確認電話だけで大変ですわ。


 そして最後に彼女に連絡…

 クックック…

 あいつにはバーベキューの食材と炭を買ってきてもらわんとイカン。買い物とか面倒すぎてする気しないからね。

 早速電話


財前「もしもし・」

彼女「は~い」

財前「一応みんなに確認はとっといたよ。欠席者は0みたい。俺は金曜まで東京出張だから炭とか食材の準備は女性陣でよろぴくね」

彼女「え~ なによそれ~」

財前「準備を手伝いたい気持ちは重々にあるんだけどね~。木曜日から東京で仕事が入ってるんだ。帰るのは金曜の夜だし、しょうがない」

彼女「じゃあ食材は明日買っておいてよ。明日の水曜日なら東京行く前だし暇でしょ?」

財前「いや明日は忙しいな」(大嘘)

彼女「ゲ ー ム で 忙・し・い・ん・で・しょ?」

財前「は?ゲーム?? そんなの忙しくてまったくできるような状況じゃないよ。」(大嘘)

彼女「…」

財前「ゲームとか久しくやってないわ」(大嘘)

彼女「…え~とさ。インターネットみてんだけど?」

財前「ん? へぇ…インターネットなんて見るようになったんだ」

彼女「まあね~。だからさ。ゴウ君最近暇だったのはわかってんだよ?」

財前「へ…?」








財前「ま…まさかインターネットみたって 俺のブログのこと…」

彼女「うん」

財前「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工」

財前「い…いつから見てるの?」

彼女「最近。たまにしか見ないけどw」

財前「`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!」


彼女「なんか最近凄くゲームにお盛んみたいね~。読んでる人から「やりすぎ」とか書かれてるもんね~」

財前「いや…違うぞ。それは違う。あれは…あれは違うんだよ」

彼女「何が違うの?」

財前「あれは財前ゴウという奴でだな。俺は違う。俺は違うんだ。あいつは… つまり俺と財前ゴウというのは違うようで同じなんだが…同じようで違うというか…しかしながら…(ry」

彼女「何わけわかんないこといってんの? あなたには変わりないじゃない。 怒るよ?」

財前「はい;;」

彼女「じゃあ食材は全部買っておいてね(*´∀`)」

財前「…」

彼女「私と弥美ちゃんは肉が焼けた頃に行くよ~」

財前「え?それって炭用意するのも…」

彼女「当然でしょ。あんな重いもの女の子に買わせる気?」

財前「俺22人にも電話かけてさ…確認してさ…大変だったんだぞ」

彼女「22人も呼んだのはゴウ君でしょ?」

財前「え?ま…まあ…そうなんだけど」

彼女「だいたいほとんどゴウ君の友達であたしの知らない人多いし~」

財前「;;」

彼女「じゃあよろしくね~」

財前「おい…ちょっと…」


ガチャ プープー


 …


 …



 _| ̄|○



 駄目だ…もう終わった。

 確かに…財前ゴウとYAHOOに打てばこのブログは探せてしまうから隠しようがない(笑)。


 しかし…

 ちょっと酷いと思いませんか?私はデスね。おいちゃんが来て楽しめるように23人も呼んでバーベキューも企画してですね…

 …


 くそう!! 最近全然彼女に勝てない。

 ペースが…ペースが完全にあっちペースだ。まずい…このままだと完全に上下関係が…

 確かに最近は「桜ゴウ」育成にハマってたけど…

 …

 フ… フフフフ… 

 一度バシッと言わねばならんようだな。奴には。

 俺だってな。ちゃんと仕事こなしながらやってるんだよ。プライベートな時間にケチをつけるとは…。

 今度あったらその辺の事をビシッと言ってやる!!

 
 …

 まあ…今回はしょうがない。出張日前日に動くのは疲れるんだけど、明日食材と炭は買っておこう…。
  





 そんなことを思いながらめいぽにIN。

 INすると丁度ショーワ町にいたので、武器庫でも行ってみようかとアジトに入ってみますと…





070711yuytre.jpg


 なんと空いてました。

 ほうほう…。最近はみんな骨やリプレにいるからもうここも過去の物となったのでしょうかねぇ。

 クックック… こりゃあいいな。

 普通なら探すのめんどい武器庫も投げならFJですぐだし、これからはここにするかな。

 なんてやってますと…


 プルルルルルルルル プるるるるるるるるる


 電話です。番号は彼女。

 フッ…

 どうせタマネギを忘れるなとか肉は牛肉でとかそんなしょーもない事だろう。そんな面倒な事言ったらビシッ「てめえが買え」と言ってやるぜ


 ガチャッ


財前「どうしたの?」

彼女「あ。聞いてよ聞いてよ。大変な事になっちゃった」

 こ…これはやばいパターンだ…。このパターンは女特有のしょーもない人間関係の話…。

 こういうの聞き出すと友達のなんとかちゃんがどうとか仕事場のなんとかさんがどうとか延々2時間くらい話すからな… つきあいきれん。

財前「あ~ごめん疲れてるんだ。もう寝ようとしてるところでね;;」

彼女「え~もう寝てるの~? まだ8時だよ?」

財前「男はな。疲れてるときは8時に寝るときもあるんだ。口を出すんじゃない」


 …

 フ… …フハハハハ 言ってやったぜ ビシッとな。



 …


 しかし…



彼女「え~とさ。後ろでゲームの音がしてるよ?」

財前「!?」


 瞬時に音量最小!!

 くそう!! 武器庫の音楽は管楽音だけにうるさすぎたか!! 危ねえところだぜ。


財前「おいおい。何を言ってるんだよ。ゲームの音じゃないよ」

彼女「??」

財前「これはジミーヘンドリックじゃないか。ほら。洋楽さ。洋楽。寝る前はいつも俺はこれだからな」

彼女「…」



 
 しかし

 次の瞬間… 私は信じられない光景を目撃する。

 なんと彼女が鼻歌を…





彼女「トゥ~ トゥルットゥ~ トゥルッ トゥ~ルールー」










財前「Σ(゜Д゜ノ)ノ !!!!!!!!!!!!!!!!!」







彼女「トゥ~ トゥルットゥ~ トゥルッ トゥ~ルールー」





財前「ちょ…」







 …











 なんと彼女が鼻歌で歌ったのは…





















 アジト武器庫の曲!!
 

 070711yuytre.jpg



財前「な…なにぃぃぃ!?そ…その曲はまさか…」

彼女「♪」


 心臓が飛び出るくらい驚きました;;


財前「な…なぜ武器庫の曲を…」

彼女「前に家に行ったときさ。ゴウ君がゲームしてた時にこの音楽流れてたしw」

財前「あ…」

彼女「覚えちゃった(*´∀`)」



 …

 _| ̄|○



財前「負けた…あ~負けたわ…参りました」

彼女「全部お見通し(*´д`)」

財前「・゚・(ノД`;)・゚・ 」

彼女「もう1年近くつきあってるんだから。そんなくらいの嘘は全部見抜けちゃうよ?」

財前「…」

彼女「ゴウ君 格好つけてる割に言い訳が下手だよね~。」

財前「そ…そうですか。で…今日はどんな出来事があったんですか? 聞きましょう。何時間でも…」

彼女「あ。弥美ちゃんの事なんだけどね」

財前「おお!! なんだ鉾マンおいちゃんの事か。それがどうしたの?」

彼女「週末四国に台風来るみたいの;;」



























財前「何!!!!!台風だと!?」

MTS107071100.200704.jpg




















財前「た…台風って… そんなの聞いてないぞ?」

彼女「弥美ちゃんが来るの土曜日でしょ?その日に徳島直撃みたいなの;;」

財前「ちょっと待ってね」


 …

 早速台風情報でググり、見てみると…









 





 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

070t300fgrwfwef.jpg

 
 大型で強い台風4号は、11日9時にはフィリピンの東、北西へ毎時25kmで進行中。

 中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は40m/s。この台風は、12日9時には沖縄の南、13日9時には沖縄本島近海付近へ進み、14日9時には九州の南へ達するでしょう。四国・中国地方共に暴風域に入りますこの方面の船舶は、高い波に十分な警戒が必要です。次回の台風情報は、7月11日16時30分の予定です。





 
 …

 なんということでしょう。14日に徳島はおろか山口あたりも暴風域に入ってます。

 というか13日の夕方に私は東京から飛行機で帰ってくる予定ですので…もし早めに台風の暴風域に徳島県が入ると帰ってこれるのかどうかさえ危うい状況。

 一体なぜこんなことに!!




彼女「どうするのよ~;;」

財前「わ…わかった…。おいちゃんに言っとく。赤ちゃんもいるしな。今回は中止にした方がいいかもしれん…」

彼女「え~」

財前「赤ちゃんがいるんだぞ!? この台風の中来るのは危険すぎるよ。高速道路閉鎖になる可能性もあるしさ」

彼女「うん…」



 というわけで鉾マンおいちゃんには急遽予定を変更して貰い、金曜日の夜来るんじゃなくて、土曜日の朝の台風の状況を見て出発するかどうか決めて貰うことにしました。

 さすがに…雨がしのげる大きい車庫があっても台風となるとこれは開催は無理です。

 それにもし来れたとしても私の家にいるだけで外に出られませんしね;;

 そして、おいちゃんに電話でその件を伝えた後に再度彼女から電話…


彼女「で、どうなったのぉ?」

財前「土曜の朝の台風の状況を見て出発に決定らしい」

彼女「そっか。でさ。今日私の職場でね…」


 こんだけ懇親的に動いて…結局彼女の話を聞く羽目になるのか orz

 
 さすがに電話しながら武器庫は放置できないこともあり厳しいので


 こっちに移動

 
070711gtf.jpg


 当然音量最小。彼女の言葉に相づちをうちながらバイキングを倒していく。


彼女「ペラペラ」

財前「へ~」

彼女「ペラペラ」

財前「ほほう…」

 

070711kpyohktpokrgot.jpg


彼女「ペラペラ」

財前「ほぅ…」

彼女「ペラペラ」

財前「ほほ~」



 当然話は聞いていますよ? ただですね… 職場の誰とか言われても私は知らないだけに… なんとも返答しようがないんですよ(笑)。
 
 ゲームしながら電話するのも、テレビ見ながら電話するのも、寝ながら電話するのも一緒でしょう?


彼女「ペラペラ」

財前「それは酷いよね~」

彼女「ペラペラ」

財前「うんうん。それはイカンな」


070711jrtopkofkreof.jpg


彼女「ペラペラ」

財前「まったく酷い奴だな。そいつは」

彼女「ペラペラ」

財前「うんうん。うんうん。」






070711gtf.jpg



彼女「ペラペラ」

財前「まったく、ふてえ野郎だぜ そいつは」

彼女「ペラペラ」

財前「そいつは辞めさせた方がいいな」



 そんな時でした。


 ひょこっとドロップが…



070711teerr.png


彼女「ペラペラ」

財前「げっ!? ひ…日!!」

彼女「え?どうしたの?」

財前「いや…な…なんでもないよ~」

彼女「ペラペラ」

財前「ウンウン」

彼女「ペラペラ」



財前「クックック…」



 …



 そんな感じで一日ってすぎていくものですね。

illust2ggerge.jpg




 ぅ~ちの鞄にお日さんひとつ、明日の分のお日さんひとつ♪ 雨が降ってもまた明日~♪





070711pjrokokorfre.jpg

 

(.. Read more)









Edit Comments(177) trackBack(0) |

Page up▲

17

January February March April May June July August September October November December
2007(Sat) 02/17

彼女と彼氏の事情(39)

女性関係徒然 … Comments(39)

 
 昨日のログイン画面のSSは配慮が足らず申し訳ないです。画像は縮小版に変更しました。

 お騒がせしました。

 -------------------

 ようやくというか…海外滞在5日目にして通常のブログをかける体力が戻りました。海外では勝手が違うので順応するのにやはり時間がかかります。昨日まではホテルに帰ったらバタンキューでしたから。


 しかしですね。それのバチが当たったのか…最悪です。明日帰りの飛行機に乗るんですけど、腹下しました。
 
 ここまで順調に安全なものだけ選んで食べてたのに、ここにきて下痢するとかあまりに酷い。

 別に何も食ってないんですよ。昨日は…
  
 生野菜
 ヨーグルト
 パン
 ソーセージ
 パスタ
 名称不明(ドイツ仕様?)
 名称不明
 名称不明 


 どうも生野菜辺りが怪しい気がしますが、これは毎朝食ってたわけですしねぇ。普段なら笑って許せる下痢も海外にいるときは笑い事ではありません。

 まず飛行機が拷問。

 完治させてないと、なんどもトイレを往復することになり、隣に座ってる人に多大なる迷惑をかけます。さらにこうも思われます。

財前「あの…トイレ行くのでいいですか?」

隣人「ああ はいはい」

 と席をあけるも、数分後に

財前「あの…」

隣人「ああ はいはい」

 そして数分後

財前「あの…」

隣人「ああ…はいはい…」

 そしてついには

財前「a… ano…  (´゚ω゚):;*.':;ブッ」

隣人「うわっ;;」




 こうなる可能性が考えられるのです。14時間も飛行機に乗るのに、腹がこんな調子では寝れない。海外移動では必須ともいえる「フライト時間は寝てごまかす」という最大の武器が使えなくなる。

 さらに映画にも集中できず、隣人にも気を遣い、さらには隣人にも迷惑をかけるという3大コンボ。

 まあ…正露丸食って寝ますが、最終日にして最大のピンチに陥ったことは間違いないですね。


 -------------------

 彼女と彼氏の事情



 一応おみやげは彼女に顔のエステするやつを買いました。BIOと書いてあるからすべてオーガニック(有機)の自然原料で作られた化粧品です。 

 同種類を2個ずつ買っております。

 2個ずつです。


 なんで2個ずつ買ったかわかる人はいますかな?


 いろんな彼女とおつきあいしてきた人はわかるかもしれません。

 基本的に女性というのは自分に合った化粧品しか使いません。肌が荒れたり、メイクの仕方が今までと変わるので対応が心配なんですね。

 とくに今回のように顔のエステ用品も買うとなると、さらに面倒くさいのです。

 エステするともちろん肌は綺麗になるんですけど、エステは基本的に続けないと意味がありませんから、続かないと予想する場合、やるだけ損というか金かけ損なのですね。安易にエステをして肌の体質がかわってしまうと今までの化粧品を使いづらくなるという欠点もあります。ゆえに慎重なんですね。特に男が買ってきた海外のわけのわからない化粧品(いや今回のはちゃんとしたものだけれども)など問題外であるはずです。

2631619.jpg


 こうなると通常的にいくら彼氏から貰ったおみやげだったとしても、1日、2日試すくらいで、後は放置が普通。

 ただ、彼氏としては顔のエステをして欲しいわけです(笑)。


 ∵(´ε(○=(゚∀゚ )ブフッ!


 いやまあ…これは彼女の顔が気に入ってないとかそういうのではなくて、今後年を重ねるに従って肌は衰えるわけですから、

 「できれば若い内から顔のエステをするという習慣をつけてくれるとありがたいなあ…」

 という切な願いなのです。しかしこんなこと面と向かって言えるわけがありません。

 「おまえ顔のエステしたら?」

 言った時点で地獄の断頭台に乗るのは明らかです。

 また、

 「ちょっと化粧品変えてみたら?」


 これも言えるわけがないです。 これを言えるのは「ちょっと肌が荒れてるかなあ」なんて彼女が話題を切り出した時のみであって、その他で言うと使いどころを一歩間違えば強力な地雷を踏むことになります。相当難易度が高い。

 美にプライドを持ってる女性の場合、禁句に近い発言です。

 それゆえに、これを円満に解決、そして実際にやってもらうには金はかかりますが2セット買うしかないのですね。

 まず1セットを彼女に渡す。

1018Day--Night-Active-Cream250.jpg


 あとの1セットは彼女の友達におみやげとして渡す。この場合渡す友達は必ず美人、そして顔の肌に気を遣っている女性でなくてはならない。

 しかし友達とおみやげが一緒だと彼女が怒る可能性が高すぎるので、これを円満に解決するために彼女には本命のシルバーか何かアクセサリーも渡しておく。

 こうすることで友達との差別化を図っておきます。

 これで準備完了。

 肌に気を遣っている友達の女性の場合、オーガニックBIOのエステ用品と化粧品ですから必ず使います。これらは日本で買うとすると高いのです。なぜなら基本的にBIO用品や食品というのは日本では生産ができません。そういう農作物や原材料はヨーロッパが主流。

 日本はもともと自給率がないので有機野菜原料がそんなに大量には入らないし、まだまだBIOに関する認識も低いわけです。

 ヨーロッパではBIOの展示会やフェアー、さらには有機で作られた食品や化粧品、ドッグフードだけを置いているBIOマーケットというものも主流になってるほど、盛んですからね。

 つまり輸入するしかないうえに今は1ユーロが160円近くしますから、絶対にヨーロッパで商品を直接買った方がBIO(有機)用品は安いんです。

 それゆえに肌を気にしてる女性、美に関心のある女性はかなり喜んでこのおみやげの化粧品を使うことでしょう。

 反面私の彼女はそういうの多分わかってないので、普段の化粧品は有名どころのを使ってるものの、BIOは知らない。

678uiyres5r6766ythghjk.jpg



 つまりBIO化粧品の価値がわからない。

 しかし、まさか私が説明するわけにはいかない。おまえに美の何がわかるんだと言い返されるのがオチです。

 ここを友達に補完して貰うわけですね。友達に言って貰うのです。それも自然に。

 例えば、同じものを2セット渡すことで彼女同士の電話ではこんな会話が繰り広げられるはずなのです。

友達「財前君のくれた化粧品いいお~ (*´д`*)ハァハァ」

彼女「え? あのおみやげが? 海外商品だよ?」

友達「何言ってるの?BIO化粧品だぉ?」

彼女「BIO?」

友達「まだ使ってないの?」

彼女「うん」

友達「だめだめ。BIO化粧品っていうのはね~ かくかくしかじか」

彼女「へぇぇ~ そうだったんだ~ (*´д`*)ハァハァ」


 クックック…

 私が言った瞬間修羅場の断頭台に乗せられる化粧品の話題も、友達にその役目を負わせることで万事解決。
 
 円満に、そして私は手を下すことなく、無傷で難易度Aの「彼女の美意識向上」という目的を達せられるという寸法。

 もちろん普段から化粧が濃いような彼女の場合は別のアプローチをしなければならないんですけどね。 

 まあなんにせよ気を使うんですよね。

 これを繰り返して、私が買ってくる化粧品はいいものが多いという認識をつけてくれれば今後も安心なわけです。安心して高い化粧品をプレゼントできる。

 やはり年をとっても綺麗でいてほしいですからね。


 …

 つまり… 女性とつきあって貰うために作戦を建てる以上に、つきあってからのアプローチというのは大変ということで… 

 今度は相手を磨かないといけないのですね。もちろんそれは彼女の方も私を磨こうと考えてるわけで…

 しかしお互い直接言われても聞く耳はもたないわけで…

じゃあお互い干渉しない方がいいのかと言われればそうじゃないわけで、
 
 つきあっててお互いに何も刺激せず向上なしなら意味がないわけで…

 それはただイチャついてるだけなわけで…

 
 じゃあそうするためにはどうするかを考えなきゃいけないわけで…





 まさに彼氏彼女の事情です…。 

edrtyuh675e4drt5.gif


 もちろんその逆もしかりで、彼女の方も私になんとかカジュアルな服を着せようと画作中のようです。

 しかし、私は普段スーツしか着る気がしません。カジュアルも着るんですが、たいして興味がないのであんまり高い服も買わないですしね。金をかけるのは100%スーツです。

 これがどうも気に入らない模様。

 というのも私の場合、スーツを着ると…なんかホストっぽいというか夜の男っぽいらしいんですよ。

 東京で会ったとろにも書かれてましたが、初対面で「遊んでそう」とか思われるなら絶望的です。

 となるとですね。隣で歩いている彼女も当然そっち系と思われるわけで(笑)。ホストに連れられてる女…もしくは夜の女というふうに…

 これが我慢ならない様子。

 さらには私が彼女に買ってあげる服もキワドイ系しかまずプレゼントしないので、それは色濃く…。

 「そんなキワドイの着れない」とはよく言われますが、無難な服を私が買ってあげることはありません。そういうのは自分で買えと。これじゃなきゃ買わないと言えばしぶしぶと従います


 それも気に入らない様子(笑)。




 もっとも私が選ぶ服がそんなにキワドイわけでもないんですけどね。まあ「ちょいキワド」くらいです。歩き方ももう少しこうセクシーに歩いて欲しいなあなんて願望もありますが、

 これも言えない…。

 これはどう伝えたらいいのか悩んでます(笑)。

 070484uyt8h83ghe0rgerg.jpg




 今まで私のブログを読んできた読者さんならおわかりでしょうが、私のエロを改善することなど到底不可能なのです。自分でもそれはちょっと考えにくい… いや…そりゃ改善したい気持ちはありますが

 今回の出張でも海外の女性みたら度々 (*´д`*)ハァハァしてるわけですからこれはもう本能的なものなわけで…


 まあ向こうも面と向かってはハッキリ言わないので、裏でいろいろやってるようです。男友達からそういう事を最近よく言われることを考慮しても協力者となってる臭いがプンプン。彼女による洗脳ははじまってるのかも…。

yg89ruehijfg5ggergergww345.gif



 フッ

 そうはイカの金太郎飴

 
 今更これまでの習慣を変えることなどできないのだよ。










Edit Comments(39) trackBack(0) |

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 05/25

どうする?アイフル(12)

女性関係徒然 … Comments(12)

 うれしい内緒コメントが来てました。どこかの会社の女性社員の方で私のブログを毎朝仕事中に見るのが日課になっているそうで(笑)。楓鯖に遊びに来てほしいとのことですが、7月以降に参ります。ソノ頃は私も落ち着いているはずですし…。

 来週から出張予定が最悪です。
 
 5月30日 九州
 5月31日 九州
 6月1日  東京
 6月2日  東京
 6月3日  ??
 6月4日  ??
 6月5日  岩手
 6月6日  岩手
 6月7日  宮城
 6月8日  栃木
 6月9日  栃木
 6月10日 栃木
 6月11日 鹿児島
 6月12日 鹿児島
 6月13日 鹿児島  
 6月14日 徳島審査
 6月15日 徳島審査
 6月16日 全国本番ISO審査
 6月17日 全国本番ISO審査
 6月19日 本部ISO審査
 6月20日 最終審査


 破滅です。

 というかこの殺人スケジュールは一体何?という感じです。しかもすべてバリバリに仕事しなくてはいけない日ばかりですので、こりゃもう死ぬしかありません。4年?前に会社のISO委員長に任命されてから例外なくこの時期はこんな感じですね。

 その後の7月も忙しくなりそうですので、こりゃ休まる暇がありませんね…。画像掲示板はやはり消して正解でした。

そして掲示板もついに白旗です。もうちょくちょく荒らし的な書き込みを消すことが不可能に近くなってきています。でも有効な書き込みもあるからできれば残したい。

 ということで、出張が終わったら掲示板に入る前にアクセス制限チェックプログラムを設置し、荒らしIDホストだけ弾くようにします。あまり気が進みませんが、管理ができない以上こうするしかないかもしれません。



 それより一番のネックなのが、今狙っている女性と会う時間をどうするか?ということです。これだけはどうにかしなかきゃならない。

 空いてる日を聞くとメールでの返事では「今週は忙しいから、6月1日に会いたい」とのこと。
 
  
 …
 
 私6月1日は東京です(笑)。

 会えるチャンスは

 ①6月2日に東京から最終便で徳島に帰ってきて会う。
 ②6月10日に栃木から徳島に帰ってきて会う。


 の2パターンしかありません。


 6月14日になれば徳島での審査準備なので会えるんですが、3週間後というのはあまりにも遠すぎる。

 予定ではその頃は「告白」するくらいの時期なわけで…。

 困りました。

 如何に仕事が忙しいといえど、このチャンスを逃すわけにはいかない。

 なんとか6月2日にしてもらえないかなあ?というのが本音ですが、6月5日には東北に入る必要があるので、2日に徳島に帰ってくるのはどうも無駄というか、あまり気が進まないというか…。
 
 まさにどうする?アイフル?ですが、金はいくらつんでもこの場合何の意味もない(笑)。
 

 このスケジュールがある以上その子と会うのを金では買えません。

 どうすりゃいいんだ一体。 

 しかも…もしフラれたりすると、苦労して帰ってくることがまるで意味のないことに…。今回は非常にリスクが高い。


 が成功の見返りはかなり大きい…というのが難しい。

 何しろその子の職業ファッションデザイナーですからね…。そんなファッション業界の職場で「姫」と呼ばれている存在と聞いてますから見た目モデルにしか見えない子です。 

 松さんと比べると…


 う~む…




 五分だな…。


 
 
 もっとも松さんにはとうにふられていますが。

 事情を話して会って貰うのが一番な気もしますが、最悪な場合6月14日まで会えないことになります。お互いまだ気を使ってます。向こうも無理に会おうとは言い出さない。こちらは無理にでも会いたいけど、そういうところは見せちゃいけない。難しいね。

 まあけど 多分なんとかなるでしょう(笑)。

 こういうときはね。いろいろ方法を模索しながら狩るのが一番です。


 060601.png


 いつものパターンとして、狩りしてるときにいろいろ考えて、夜寝る前にもう一度考えるといい考えが浮かぶ場合が多い。

 「めいぽ」は気楽にできるからいいですよね。

 こう考えてみると効率を気にして一生懸命狩る「狩り」が約3割。他の事考えながらただ狩ってるだけという狩りが7割くらいかな?私の場合は。

 しばらくは気楽なソロ狩りが続きそうです。

 おそらくですが、ほとんどの方が狩りしてるときはよそ事をかんがえてるのではないでしょうかね?

 








Edit Comments(12) trackBack(0) |

Page up▲

22

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 05/22

300万hitとは言うものの…(18)

女性関係徒然 … Comments(18)

 皆様先日は300万hitの暖かい言葉をありがとうございました。

 まあ初心者用コンテンツも丁度間に合いまして、ホッと一息ついていますが、実はいろいろやりたいことが山積みなわけで…しかしまったく時間が足りません。

 八十八茶かかなきゃらなんし、斬り賊の動画も作らなきゃならんし、コンテンツも全然修正終わってない上、また6月から悶絶の出張が連発。それにエクセルの関数式を使って会社の部署用の報告フォームも作成しなきゃなりません。これ4部署は必要あるね…。

 ちょっと考えただけで…ウエッ…となります。

 仕事で8つくらい、サイトでも6つくらいあるかなあ…。JAVAもしたいしなあ…。車の修理もしなきゃ…。ああ…そういや免許の更新も…。

 羅列すると恐ろしいことになりそうなのでやめますが、正直ここまでやることが増えると限界点にさしかかってきたと言えます。

 まあそりゃ…別にやらなくていいものもあるんだけどね(笑)。

 この上にバーチャファイタ5なんて出られたらもう終わりです。6月はワールドカップもあるし…。困ったなあ…。

 優先順位がつけられない。 

 普通こんなにやることなんてないんです。まあ仕事でやることが多いのはいいんですが、プライベートでやるべきことがこれだけあるというのには理由があるんですね。

 それはなぜか?



 答えは









 暇だから








 orz




まあそういうことです。暇だからあれもやろう、これもやろう、これもやってみようかな?いやこれもやるか、よしついでにこれも…

 となるわけです(笑)。

 私の場合仕事が終わってから寝るまでは完全フリー。何一つ束縛されるものがない。塾もなければ、アルバイトもない。習い事も行ってないし、友達と会うのは土日の飯食うときだけです。
 
 そして暇な理由NO1が彼女がいないことです。

 彼女がいたら、おいちゃん、ダータなんかをGW案内することは無理だったでしょうし、サイト更新もこんなにしてないでしょうね。
 
 去年の5月に彼女と別れ、それから約1年。

 女性に振られ続けたことで、ネタができたり、いろいろと1人で考えることができたり。

 まあこれだけははっきり断言できますが、彼女がいない時は肉体的には暇ですが、精神的には忙しい。人間的に大きく成長するのは例外なくこの時期です。

 彼女がいると何も考える必要がない。まあ考えることといえば


 今週いつ会おうかなあ?      
 あ。メールきた。まあ…返しとくか
 今週日曜休みだから、土曜に会ったら泊まれるな フフ…
 この子と結婚するとどうなるかなあ


 以上


 ああ。もちろん誰もがこうとは言いませんが、私の場合はこれくらいしかホント考えてません。しかしまあ当然スケジュールは自動的に彼女の都合で勝手に埋まる上、電話も来るので暇はそんなにないですね。

 そして彼女がいない場合は暇です。しかし疲れます。

 
 暇だし、サイト更新でもするか。 ←かなり疲れる
 暇だし、JAVAの勉強でもしとくか ←これホントむずい。頭痛い
 暇だし、コンパ開催するか      ←幹事とか人数集め超大変
 暇だし、八十八茶物語なんてものでも書くか ←大変すぎ
 意中のあの子にメールするか  ← 気軽に打てない
 あの子をどう落とすか…   ←こんなの大変すぎ
 


 おわかりでしょうか?

 矛盾してるようですが、実は暇なほうが忙しいんです(笑)。

 暇だから何かしようということになり、さまざまなことをはじめます。しかもこれが後に何かの役に立ったり、将来身を助けることがあったりするんだから不思議。だから真剣にやるんだけど未知のものなので体力も使う上、自分で考えてやるんだから精神的にしんどい。

 それに彼女という明確な指標がないので、町を歩く女性歩く女性がすべて彼女候補。かわいい人がいたら「ああ…声をかけたい」などという不純な考えに陥り、結局相手にされなかったりで凹む。

 コンパもそうです。私の場合、苦労してメールアドレスをゲットしてもクリスマスにドタキャンされて振られたり、1ヶ月も電話無視されたり、飯に誘ってもものすごく気を使う上、電話するときもかなり緊張。それに「あの子は俺のことどう思ってるんだろう?」などという絶対わからない謎解きを延々としなくてはならず、いよいよ答えを求めて近づくと撃沈。正直苦労の連続、それにショッキングな事連発イベント目白押しです。

 
 しかし傍から見ると暇(笑)

 
 最近コンパを繰り返したことで、いい子が見つかっています。どうなるかはわかりませんが、いい感じ?かもしれません。彼女にできる可能性はあります。

 当然そうなると、先ほど書いたサイト更新なんかは後回しになるでしょうし、もしかするとお蔵入りになるかもしれません。めいぽのプレイ時間も減るでしょうし、自分の趣味の時間に当てる時間も減るでしょう。

 彼女と会うのに忙しいからです。

 しかし確実に彼女のいない今現在よりも私は退化します。今の狼みたいなギラギラした瞳を失い、女性のことも「まあ俺彼女いるし。他はどうでもいいし」…とそれほど気にかけなくなるでしょう。

 もうブログに女性に振られたネタをおもしろく書くことができなくなります。もうアタックしないわけですからね。

 

 
 彼女と旅行にいきました。楽しかったです。

 ↑誰がこんなネタをみておもしろいと思うでしょうか?(笑)。

 
 幸せを得ると同時に大切な何かを失うわけです。まあ情熱というか、挑戦というかね。これまで彼女がいた時期のことを考えると確実にそうです。

 hina_19_600_400_01.jpg



 なんとも因果な話ですが、総回診のHIT数が急激にあがったのは、めいぽ同盟さんがリンクしてくれたというのも大きいですが、そこからグンとあがってきたのは前の彼女と別れてからです。

 別れてからどんどんと上がり、今では1日1万hit近くになりました。
 
 さらにその前の前の彼女がいた2年前も見てみると、もうひどい。自分よがりの文に終始し、今見ても恥ずかしい文です。そして別れてから多少マシになってます。
 
 無理もありません。あの頃は幸せだったのです。飯を彼女の家で食い、土曜日日曜日は泊まって彼女の家から出勤してたし、休日は彼女とまったりしてるだけ。それ以外なにもやる必要がなかったわけです。

 そりゃそうです。その子と結婚して、仕事して収入を得て、家庭を作るとすれば後は何が必要なのか?



 何も必要がない。

 ブログもゲームも趣味も「ついで」になる。やはり家庭が一番です。

 もう完全に抜け殻状態ですが、これで幸せなんだからしょうがない。
 


 この1年。アタックして振られ続けました。連続6人に振られるなんて前代未聞ですが、こういう状況を経験して上記の事に気づいたわけです。もし前の彼女とずっと今まで付き合っていたとしたら…すぐに彼女ができていたとしたら…

 もし同様のことを考えたにしても「まあ…こんなこと別にどうでもいいか」と途中で思考は停止していたかもしれませんね。

 少し前にこれは思っていたんですが、なかなか書く機会もなく、丁度サイトのアクセス数の区切りもいいということで今日書くことにしました。

 おそらく…もう彼女ができても自分を見失うことはないと思います。
 
 希望はサイトもゲームもなにもかもやめて、その子だけに集中したい…ですが、それでは今までと同じ。つまり退化です。

 彼女ができても仕事には影響ありませんのでリアルにはまったく影響がない。

 影響があるのは今自分のやっていることや趣味、そしてネット。


 そして今打ち込んでいる何か。おそらくほとんどの人が落ちてしまう落とし穴でしょう。

 彼女がいなくて暇だったからはじめたブログやサイト、そしてゲームを彼女ができたからやめた…となるとそれで可能性は終了。一体何のためにしてたのかわかりゃしない。



 古い格言にもあります。


「4時間の睡眠時間なら君は東大に受かるだろう。しかし5時間の睡眠時間なら落ちるだろう」

 まあこれは学生向きの言葉ですが、外国のエリートサラリーマンの約70%以上が普通のサラリーマンよりも早く起きるそうです。朝やるべきことをやって頭を整理し会社を早く退社する。…であとはやるべきことをやるみたいですね。

 これを聞く限り、睡眠時間が4時間以上ある者は「忙しい」と言って何かをやめるのは甘えでしかないのでしょうね。う~ん。言葉で言うのは簡単なんですが、これはなかなかできないですよねえ。

 

1週間前ですが

 私の84歳の祖父が入院しまして、今病院です。意識がもどったので、「家から何かとってこようか?」と質問したところ、返って来た言葉が「机の上の日記帳をとってきてくれ」

 …

 でした。

 血は争えませんねえ(笑)。内容はどうでもいいとしてそれだけ続けてるものには当然価値がありますよ。いつから日記をつけているのかが気になりましたが、身近にいいお手本がいたというのは想定外でした。


 もし


 次自分を見失うとしたら、今回の女性に振られたときでしょうね。

 これはさすがに悶絶です(笑)。

 
 しかし、もう彼女ができても今までとはまったく違った付き合い方になることもまた確かです。 

images.jpg









Edit Comments(18) trackBack(0) |

Page up▲

21

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 03/21

近頃の女の事情(コンパ結果)(28)

女性関係徒然 … Comments(28)

 昨日の記事で書いたコンパ。いろいろとありました。

 男6VS女6でやったのですが、男6の中の1人が今までに何度となく一緒にコンパに行った奴で、背は低いけどかっこいいし、仕事もできる奴。多分給料俺の2倍以上は貰ってるんじゃないだろうか?

 でも大人しい。…大人しいというか、コンパではほとんどしゃべらない。

 いや…しゃべれないという方が正しいだろうか。

 飲み会なので、話題は当然ネタ中心。話がうまい者に場はひきつけられ、質問の仕方ひとつ、しぐさひとつでその人の印象が決まる。

 コンパというものは腹を割って話す場ではない。表面的な話題しか大概の場合は行われない。

 とにかく会話がなくなることだけは避けなきゃならない、かといって自分だけしゃべるのもご法度。男友達とコンパに行く場合はこの変が非常に難しい。

 実際私がネタを話しているとき、ず~と気にかけてた。奴がうまく話題に入ってこれない。うまく自分を女性にアピールできていない。
 
 性格だからしょうがないけど、せめて気に入った子のアドレスくらいは聞いとけよ…と心では彼にエールを送ってた。

 1次会コンパ終了時、店の外でそんな彼が、1人の女性にメールアドレスを聞いるのを見たとき、私は自分の事のように喜んだ。

 みんなと歩くときもそいつとその子はふたりで話しながらだし、いい感じの雰囲気だった。

 1次会が終わり、2次会に行こうという話しになったとき、私とそいつ、そしてもう1人の男は辞退した。
 
 なぜならすでに1次会の時点でこの3人は意中の相手のアドレスをゲットしており、次の日の仕事を考えると朝までつきあうのは無理だった。

 帰りのタクシーではその内気な奴の話が中心。


財前「おい。やったな。アドレス聞いてたね」

ぶち「ああ…」

財前「いい子だと思った?」

ぶち「これから様子を見るよ」

財前「結構おまえに合ってそうだよね?」

ぶち「ああ。そんな気がする。」

財前「店出てからはふたりの世界だったしなあ」

ぶち「俺なんかいけそう…」


 タクシーに乗ったのは3人。そいつが家で降りたあとも、タクシーではそいつの話題が中心。


財前「おい。今回はぶち行けそうだよな」

たけ「…」

財前「うまい事アドレス聞いてたなあ。あいつw」

たけ「…」

財前「合うといいなあ。その子と。まあ後はふたりでよろしくやるだろ」

たけ「…」

財前「ん?どうした?」

たけ「おまえ、今日いいなあと思った子いた?」

財前「特にいないな」

たけ「そうか…」

財前「なんだよ 元気ないね」

たけ「…」

財前「まあ ぶち行けるといいよな」

たけ「う~ん それがな…」

財前「??」

たけ「ちょっと言いにくいんだが…」

財前「…」

たけ「…」

財前「おまえ…まさか…」

たけ「うん…」

財前「まさかあの子…彼氏がいるとかいうんじゃないだろうな?」

たけ「…」

財前「…そうなのか?」

たけ「…」

財前「ふざけるなあの女。それはないぞ…」

たけ「違う…」

財前「?」

たけ「これ見てみろ」




 たけは今回のコンパの主催者。彼女がいるが、今日来てた6人の女の子と友達でそのうちの2人のアドレスを知っていた。

 コンパ終了後、たけのメールに入ってきた一通のメール。

 それは「ぶち」がアドレスを聞いたその女の子からのメールだった。









 内容は



 「財前君ともっと話したいから 彼のメールアドレス教えて~☆」


 




 
























 ふざけろ!!


















 


 世では友情より恋。友達は裏切っても恋人を取るなんていう風潮があるのは知ってる。

 だがそうではない者もいる。

 私はコンパに行く機会が多いからきちんと自分の中でルールを決めている。その場でアドレスを交換したなら競合した友達と勝負することもあるが、聞かなかった場合は絶対に狙わない。

 それはルール違反だと思う。後でこっそりとか虫唾が走る。

 狙っているならその場で意思表示をすべきなのだ。
 
 全員でアドレスを交換する場合はしょうがないにしても、あの子はぶちにしかアドレスを教えていなかった。そしてコンパ終了後はぶちとふたりでいい雰囲気で歩いていた。
 
 これは「ぶち」に少し気があるという意思表示じゃないか。

 反面私はその子のアドレスを聞いていない。会話はしたが、気がある意思表示もしていない。

 そんな私が、さっきのメールの要求通りアドレスを教え、彼女と連絡を取り、「ぶち」を差し置いて内緒で彼女とよろしくやったとすると彼はどう思うだろうか?

 万死に値する。

 そんなことをしたら二度と「ぶち」に合わせる顔が無くなる。


これをわかってて敢えてそういうメールを打ってきたのか?

 
 こういうことの経験は今回が初めてではないけど、ここまであからさまな裏切り行為は初めて。

 去年のクリスマスのドタキャン、松の1ヶ月電話無視という行為を最近経験し、マナーのわからぬ女性にぶちキレテル私にとってこれは耐え難い行為だった。

 最近の女は男を舐めすぎてる。

 コンパの場では「ぶち」に気を使い、私のアドレスを聞けなかったのだろうが、「ぶち」に思わせぶりな行為をとり、あろうことか友達づてで私のアドレスを聞いてくるなど言語道断。

 こっちは男全員友達なんだ。1年や2年のつきあいじゃない。

 その間に土足で割りこむマネなど許されることじゃない。

 
 多分私の場合

 ちょっと今の人たちからすると古い考えかな?

 そりゃまあ女と見れば胸元とふくろはぎ見て(*´д`*)ハァハァしてるけど、超えちゃいけないところは絶対に超えない。

 友達に不快感を与えてまで彼女を得ようとは思わない。

 今、私の元彼女と親友が付き合ってるけど、

 前の彼女は私のそういう性格を知ってたから、私の親友と付き合おうと思ったとき、まずそのことを一番気にしていたらしい。

 烈火の如く怒っていたからね。こういう問題は…。


 もっとも…この場合はすでに別れてたわけだから全然構わないんだけどね(笑)。


 それでも向こうが気にするから、二人を祝福してるよ~ってわかってもらうためにわざわざ食事会までしたんだから。

 そうしないと二人が気になるというんだからしょうがない。

 

 
 オンラインゲームの彼女と彼氏の関係なんかはそういう常識が通用しないんだろうけどね。ポンポン変わってるからねえ。カップルリングの相手…。

 友達からまた友達へ。はたまたPT員からPT員へ。狩場が同じ相手へ…。しばらくINしなきゃ破談。なんでもありにもほどがある(笑)。

 全員こうではないけれど、私の目にはそう写る。何を根拠にどういう結びつきでカップルリングなのかという理由が古い考えの私には理解できない。

 今の若い子は進んでるからねえ…。


 めいぽの中では特になんとも思わない。


 しかし、昨日のようにこういうことがリアルで起こると恐怖を感じる。マナーもリアルだとハッキリと怒れるが、ネットとなると途端に曖昧な表現しかできなくなるものだしね…。

 
 ホント最近は女性に関して悪い部分しか見えてこない。


 こっちを感化させるような潔い精神を持った女性はどこにいってしまったんだろうか?昨日アドレス聞いた女性がそういう人だといいなぁと密かに期待してます。

 感じ的に多分いけるな。手ごたえアリ。


 …

 
 …とまあこんなに怒りながらも、やるべきことはキッチリやってるというところが総回診クオリティー(笑)。
 
 
  

テーマ: つぶやき
ジャンル: 小説・文学








Edit Comments(28) trackBack(0) |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 03/20

4ヶ月ぶり? コンパ解禁(12)

女性関係徒然 … Comments(12)

 お久しぶりです。相変わらずの出張ラッシュでまったく落ち着いてブログが書けませんね…。

 まあなんか読者さんからすると普通に私のブログは運営しているように見えるかもしれませんが、当の本人はそんなことはない(笑)。

 思い返してみると

 1月24日~16日    栃木
 2月17日~18日    東京
 2月27日~3月5日   大分・鹿児島
 3月12日       東京
 3月13日~3月19日   岩手・盛岡・久慈

 さらに

 3月22日からまた茨城県へ出張。さらに煙山、そして24日は早朝から東京で会議で出張は一時締める…。これでまあ一段落です。

 2月に出発したころは、「猿でもわかる狩り場のマナー」なんて言うのをUPして出張に行きましたが、これがまた反論と問題が続出(笑)。

 これに対応している内に松さんといろいろあったのでプライベートも忙しくなったのですが、実際今考えてみるとさんざん振り回されて、精神をすり減らしただけ…。今はなんの連絡もなくスルーされてるし…。

 手に追える女じゃなかった_| ̄|○

 でも落ち込んではいられません。

 4月からも仕事が山積み。新入社員研修、会社認証システムの更新、審査、部署間ネットワーク化、テレビカメラでの会議を来年度から行うためのシステム作成…etc

 仕事山積みです。…死亡確定。今日計画を立ててましたが、この調子で行くと恐らく来年の2008年の8月くらいまで悶絶の忙しさが続きます。

 つまり今年は正直まったく暇がないということに…。

 しかしね。仕事だけに追われるわけにもいきません。
  
 実はサイトの方でもう一つやっておきたいこともありましてね。


 1000のQ&A。

 
 簡単に言うとメイプル総回診の掲示板にある記事をすべて纏める作業ですね。項目毎に記事を作って、質問、返答、関連サイトへのリンクとここまでをやってしまおうという計画です。結構時間がかかるとは思いますがコツコツとやれば大丈夫でしょう。

 壮大なコンテンツになる予定です。

 どうやら…
 

 仕事・めいぽ・サイト・日記からは逃れられない宿命のようです…。

 とはいっても、めいぽ・サイト・日記というのは厳密に言えば生活に必要ないんですけどね(笑)。やめてもいいんですが…

 なんかね…。これ今やっとくと将来何かで得するような事がある…ような気がしないでもないので続けます。


 …とまあここで真面目な話は終わり。


 これだけ忙しいと



 たまには息抜きも必要だからね~。

 

 ここから下は青少年や女性は見ないでね。男の本性が…。

 





 コホン…


 え~…。

 
 以前にお見合いで結婚すると真面目ぶった私ですがね…。

 
 まあね…。うん。…。それはそれでいいんだけどね…。


 …




 「お見合い」の話は親が徐々に進めてくれているようですが、そんなねえ。家と家の話ですが、その娘がかわいいなんて…そんなうまい話がすぐあるわけないんです。

 まあ親が探してくれるのであれば、私は自由になっているということでね…。
 

 いっそ自由にさせて貰おうと(笑)。もう気兼ねなく遊んでしまおうと。

 やはり定期的にコンパをしないと波に乗れない体のようです。私。









 さっそく…今日ですが
 


















 豪遊コンパ開催!! (男6女6)


 


 フフフ。実はコンパ開催を出張中に友達に命令していた私。


 クックック…

 
 見ろ。この抜かりない戦法。




 
 松さんはどうとか、いい加減腹を決めろとか



 ガタガタ、お堅い事言ってんじゃねえ!!


  
 松??

 知るかよ。あんなの。こっちの電話1ヶ月以上無視されてるんだぞ。


 嫌ならハッキリと断ればいいじゃないか。そんなこともできんのか。


 女には仏の財前も、いい加減堪忍袋の尾が緩むって話よ。もうしらん。


 コンパの女の子とよろしくやってそれでヨシ
 そんなことしてる間に松さんの気が変わってもそれはそれでヨシ
 その内お見合いの話が来てもそれはそれで幸先ヨシ
 

 そんなこんなで


 
















 いつのまにか彼女ゲットになってるはず。











 まさに 










 フォー!!

img10342472324.gif







 

 

 


 フハハハ。


実ははこれは私の大学時代~最近までの考え方そのまんま(笑)。

そういえばこの頃はうまく行ってたんだよ。ホント次から次に彼女ができてた。


しかし11月から妙に結婚を意識して真面目ちゃんになったとたんに歯車が狂った。

 振られまくりというか…スルーされまくり;;
 

多分… 自分には向いてないのだ。真面目なキャラは…。


 OK。エビリバディー
 

 もう真面目に「松さん」一本で行くとかやめやめ。その子一筋とかまったく私に向いてないという事が今回わかった。今後はコンパ、松、お見合いの3本柱で行く。


 いやぁ

 大学時代は

 バイト先コンパ、サークルコンパ、他大学コンパ


 という3本柱で豪遊してたことを思い出すねえ。サークル追い出されるほど激しくやってたからねえ…。私は…。

 でもうまく行ってたんですよね。すべてが。
 


 人間やはり守りに入ったらダメなんでしょうね。今回よくわかったよ。


 やはり攻めないと駄目だっあt。
 



 OK  エブリバディ。

 
 今日からは最近封印していたコンパの発言も18禁発言を解禁する。

 結婚相手を意識しすぎて真面目な感じで行ったのが間違いだったのだ。思い出したよ。18禁発言をスマートに連発してたときの方が明らかにモテてた。

 


 そうだった。



 18禁発言を封印された財前など、












 翼をもがれた天使同然



 




 真面目なセリフだけを吐く男など到底女にモテるはずがなかったのだ。

 そうだった

 
 ほとんどの女性が感じる私の第一印象は、



 「なんか…女と遊んでそうな軽い男…」


 

 これだった(笑)。

 百聞は一見にしかずといいますが、

 真面目な発言をしたところで、第一印象がこれなのだから怪しまれるのも当然といえば当然。

 言葉で真面目な発言をしても、目で写る男が不真面目なんだからそんなの無理に決まってる(笑)。怪しいよね…そりゃ…。


 
 OK。エブリバディー。


 すべて理解した。


 今日からはネタ連発、エロ連発、たまに遠い目…


 という3大コンボで完璧。

 まあ…簡単に言うとこのブログのキャラと同じですがね…。


 戻ろう。



女の体をなめ回すように見つめ、視線は胸の谷間と足に集中。相手と目が会えば目で殺す…
 

 ギラギラしてたあの頃に。


 これなら外見と一致。第一印象そのまんま。


 最近は真面目すぎたからねえ。コンパの席で…。


 
 やはり人間…背伸びするのは良くないんでしょうね…。
 



 

(.. Read more)









Edit Comments(12) trackBack(0) |

Page up▲

08

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 03/08

財前印のゴウいちご(34)

女性関係徒然 … Comments(34)

 スピーチうまくいきました。どうもでした皆さん。

 スピーチした翌日に結婚した奴と花嫁が家にまで来てくれて、

 失礼な事も言ったんですが、

 親戚の評判では私のスピーチが結構良かったみたいで(笑)。


 お役に立てて光栄です。

 もっとも松さんの件はもう無理ですけどね…。11日間電話がない上、こちらの電話はすべて着信をスルーされます。


 いい加減に気づけということでしょう。



 そんな中、匿名様からきついコメント。



匿名 読者様コメントの紹介

 一介の高校生としての意見です。恋愛って必要ですか?個人的には必要ない物だと考えております。なぜそうまでして伴侶が欲しいのか理解できません。数名の異性と交際させていただきましたが何が良いのか理解できませんでした。

 恋愛をする理由は性的な欲求を満たしたいからですか?家事の手伝いが必要だからですか?いずれも他でどうにかなり、財前様がそこまでの、時間、費用、手間を惜しむほど重要な事ではないと思います。恋愛感情は長く持たない事も知っておられると思います。

 その感情が途切れたら次の相手を探すのですか?結局すべてが無駄ではないのですか?そこまでして恋愛に何を求めるのですか?高校生で人生の経験不足から来る質問である事は理解しておるつもりです。駄文ですがお目にとまる事を期待しております。



 



 ふむ。高校生ですか。そして勇気ある投稿ですね。女至上主義の私に対し、恋愛は意味がないと語るとは(笑)。そして恋愛を否定するというより私の考えを否定する文章ですが、一切不快感を感じませんでした。

 このコメントは恋愛についてだけ述べられているのではなく、自分が将来どういう大人になり、どう勝ち取るのか…。

 金を、力を、権力を…

 そこまで考えて恋愛を否定しているのだと読み取れました。こりゃあ大物です。

 
 すごい。こんな人が自分のブログを読んでくれているというだけでうれしい。

 しかし…

 最近の中学生といい高校生といい… 一部の方はホントしっかりしてますねぇ。 

 君は大物になるよ。きっと。よくその年で理解したね(笑
。ちょっと悟るのが早いかもしれませんが…。

 高校生でそれだけのことがわかっている人は少ない。回りはまだおそらくあなたに追いついていない。

 今の考えを大切に自分の進路を決めるといいですよ。きっといい道が開けるかと。

 


 このコメントを読んだ後に…


 ちょっと…自分の高校時代を思い出しました。
 

 話はながくなりますが…


 おっしゃる通りです。私が今恋愛に求めているのは、性的要求、結婚願望、将来の生活の土台

 それだけでした。

 …でちょっと思ったんですよね。

 それなら…結婚相手を探すだけならコンパに行く必要は一切ないのでは?と出会いを待つ必要もないのでは?と。正直、本音を言うともう恋愛をしたいわけではなかったりする。これまでの恋愛経験も考慮すると、無理にしなければならない理由もない。10人以上とお付き合いしてますからね。もう十分かもしれません。

 …となると

 
 結婚相手を探す最良の手段は 



 …お見合い




 なんじゃないかと。

 
 ちょっとお見合いは盲点でした。恋愛は確かにドラマチックですが、将来を考えるとお見合いが最良の手段といえるかもしれません。

 実家を考慮するとね。

 私は長男ですから、財産を継がなくてはいけないわけです。農家ですから、土地、家、マンション、駐車場とか…いろいろあるわけです。となるとですね。しきたりとかも結構厳しいわけで…。普通の家の人だと苦労するかもしれないんですね。金に狂われても困る。相続税とか何億の世界らしいですから…。東京に住んでいる方はピンとこないでしょうが、田舎の農家の家なんてみんなそういうものです。

 となると…。

 
 結婚するのはお見合いでそういう環境の家で生まれた人とするほうがいいんじゃないのか?という結論に至るわけです。

 昔でいう政略結婚。

 家の大きい者同士でお見合いし、資産を増やすというず~と昔から続いているアレです。

 私のおじいさんとおばあさんがその政略結婚方法でした。
 そしてお父さんとお母さんは恋愛。

 どっちがうまく行っているかと問われると、それはおじいさんとおばあさんの方です。

 聞こえは悪いですが、過去の知恵というべき方法。

 実際以前からその話は親から言われてました。


 この家の子はどうだ?
 この家はでかいぞ。この子とどうだ?

 とお見合いの話をね。



 …すべて断ってましたが…。


 

 しかし、よ~く考えるとこっちの方が今の私には合ってるかもしれないと思ったんです。

 家同士の付き合いもできるし、もし、その家に長男がいない場合は、私が財産を管理すればいい。

 将来を設計すると考えると、これが最良の手段。

 こんなことは学生時代の頃は絶対嫌だったんですけどね。昔の家同士の政略結婚みたいなのはなんか古臭いし、今はドラマなんかで恋愛至上主義になってますから。

 だいたい分家したり、子供が都会に出て行ったりでそういうことをできる家が今は少なくなってる。

 しかし、そういう昔のしきたりみたいなのは、ず~と昔から続いていることなので理にかなっている部分も多い。理にかなってなければなくなってるはずですから。


 私は年の暮れからここまで女性にはふられつづけているんですからね。そろそろ覚悟を決めろ…とそういう事なんでしょう。

 振られてなかったら気づかなかったでしょうけどね 

 時代が違う。

 おそらく

 高度バブル成長期にこういうしきたりみたいなのはカットされてきたのでしょうが、あの頃は、会社に入れば、60歳まで働けたし、円の価値も高く、ホント日本人は金持ちだったからね。

 しかし、残念ながらそういう時代は終わった。

 これから私たちが生きていく時代はそのツケを払う次代。

 
 終身雇用制度の崩壊、日本の政治不信、円の価値の暴落。

 就職しても普通にクビになりますし、日本の借金を国民一人ひとりが負担する額はもう1000万円くらいになってます。働かない若者、国際的に見ると、もう下から数えたほうが早いというまでに落ちた日本学生の学力。

 私たちの生きていく時代は決して明るくはない。

 農業大学に行ったのも高校時代にそれが予想されていたから。先生がそう言ったんですね。もう6年以上前の話ですが、


先生「財前。おまえが社会人になる頃はきっと中国がすごいことになる。工場のほとんどは中国になるだろう。車も1人1台になる。中国がそうなると日本は終わりだ。おまえの家は農家なんだから、農業系の大学にいっとけ。日本が落ちたとき、農業土地があった奴が勝つと先生は思う」

財前「中国?あんな自転車の国が? 車を? 想像つきませんねえ。これからはコンピューターの時代かと。僕は工業大学に行きたいんですが」

先生「決めるのはおまえだけどな。もし農業大学なら推薦状を書いてやるぞ。工業に行くなら自力でやれ」

財前「う… 」

先生「コンピュータの会社は都会にしかないぞ。将来家には帰らないつもりか?」

財前「東京か大阪で就職しようと…」

先生「親はどうする」

財前「…」

先生「後悔してもいいんなら、止めはせんがな」

財前「推薦状書いてくれたら、高確率で合格するんですか?」

先生「当たり前だろう 学校推薦なんだから」

財前「う~ん。しかしどうせ田舎ですよね…農業大学とか」

先生「そんなことないぞ。名城大学は名古屋。東京農業大学はとう…」

財前「東京!?」

先生「あ…ああ」

財前「僕は東京農業大学に行くことに決めました」

先生「…」  

財前「推薦よろしくお願いします」

先生「就職は徳島に帰ってやれ。いいな?」

財前「はい」
 


 まあ今の先生はこんなこと言うとニュースに出ちゃうのでいわなでしょうね(笑)。ちょっと叩いただけで体罰とか言ってクビになるしね…。

 その点私の頃は力ずくで進路を決めるような先生がまだ残っていたんです。これが項を奏した。ありがたいことです。

 そして先生が怖くてちゃんと徳島に帰って就職しました。大学卒業して先生に挨拶に行ったときは私の事忘れかけていたけどね…。


 でも、今になってわかりました。


 ジリ貧になっていくだけの日本… 食料を金で買える今はいいが、それが買えなくなったら? 食料自給率10%の日本は一体どうするのか? 

 と先生はあの時言ってましたが、ホントに現実に中国が成長し、そんな時代になってます。でも私のコンピューターの時代になる!!っていうのもあながち間違ってはなかったんですけどね(笑)。
 
 そうなると、やはり政略結婚の方がいい気がしてます。農地を持ってる人と結婚し、私の家の農地と相手の家の農地を合わせて、農業を始める。しかるべき時期が来たら…ね。

 
 わかっていながらなかなか実行には移せなかった。そろそろ将来を真剣に考えておく必要があるかもしれません。
 
 1年前(リアル日記の過去記事)にもありますけどね。






 財前印のゴウいちご






 本当に栽培し、このサイト運営の経験を使って、ネットで販売する日が来るかもしれない。


 私の家の田んぼだけでは足りない。やるなら広大な農地が必要。親戚に借りるしかない。そして花嫁の関係の土地、親戚の土地も無償で貸してくれるならこんなに楽なことはない。

 




 …と考えてたときに 

 ちょうど今日ご紹介した匿名様からの匿名コメントが来たんですね。う~ん。本当に最近は妙に偶然が重なります。


 あとは決断のみ。


 条件に合う家の子とお見合いをし、結婚する。そしてしかるべき時期に…

 
 以前に聞いたことがあります。

 何かを成そうとするときに、恋愛ほど邪魔なものはないと。

 
 それほど、理性のコントロールは難しいものなんでしょうね。仕事でうまくいかなくても、最愛の女性がいれば満足できる。生活が安定してなくても愛で乗り切れる。

 現実から離れられるわけです。甘えてしまうのでしょう。


 通常結婚式なんかに出たら、思ってしまうんですよね。ああ。愛っていいなぁと…。愛があれば何もいらないなぁ…と。

 日曜日の結婚式はそういう感じでした。周りはね。

 でも私はそうじゃなかった。幸いに、友人代表スピーチのプレッシャーでそれどころではなかったですから…。

 高校、大学、社会人と恋愛はしてきましたし、心残りもありません。もうそろそろ腹を決めるべきなんでしょうね。

 もうお見合いでいい。将来のことだけを考える。

 もうならない電話を待つのも、かけるのもやめ。ケジメをつける。

 そして、しばらくはリアルの愛もエロ書くのもやめだ。


 今ギルドにいる、雛姫ちゃん、くりぷちゃん… 雪国ちゃん…なんかはバリバリの女子中生。
 
 壁紙を探していてところ、偶然FC2ブログの存在を知り、小説サイトリンク、FC2ブログランキングで八十八茶に飛んできて、見て、めいぽに興味を持った子。めいぽ日記ではおそらく、興味を持ってないでしょう。こんなリアル日記でもめいぽに興味は持たなかったでしょうね。 


 …
  


 ようやく八十八茶を書く気になりました。

 …恋の病にかかってから

 こうなるのに 

 何週間かかったかな?(笑)。


 申し訳ないです。 


 













 もうこんなセリフは言うこともないかなあ













 

105918.jpg









Edit Comments(34) trackBack(0) |

Page up▲

04

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 03/04

友人代表スピーチ(21)

女性関係徒然 … Comments(21)

 
 友人代表スピーチ  下書き





 T君、Kさん、ご結婚おめでとうございます。そして、ご両家のご家族の皆様はじめ、ご親戚の皆様にも心よりお祝申し上げます。

 只今ご紹介に預かりました財前と申します。

 実は昨日までわたくし、栃木そして鹿児島と長期に出張しておりまして、スピーチの方に多少現地の方言が混じり、お聞き苦しい点もあるかもしれませんが、ご勘弁下さい。

 
 …

 T君と私は幼稚園時代からの付き合いでして小学生から中学生くらいまでは、ほとんどの時間を一緒に過ごさせていただきました。そういう意味では自他共に認める親友と呼べる二人ですが、高校3年生の秋、ある事件が起こります。

 高校3年の秋といえば大学受験を控えた一番デリケートな時期。受験勉強のまさに追い込み時期。

 そんなある日T君が私にこう告白したのです。


 「俺…ニュージーランドに留学する」


 ニュージーランドに留学?
 
 
 皆さん

 留学という意味がわかりますか?



 もちろん 

 駅前留学ではありません。



 今でこそ留学という言葉は珍しくありませんが、当時、つまり私たちの学生時代はまだ時代は留学という行為は決してポピュラーではなく、留学をする学生など皆無だったのです。

 実際T君は本当にニュージーランドの大学に志望願書を出してしまったわけですが、当時のご両親はどういう気持ちだったのでしょうか?

 駅前留学とはわけが違うことを理解しておられたのでしょうか?
 
 しかしさすがはT君。なんと一発で試験に合格し、本当にニュージランド大学に進学することになってしまいます。この時は友人一同びっくり仰天。ご両親、ご親族の方も驚きを隠せなかったのではないでしょうか?

 季節は春に変わり、晴れてニュージーランド大学の学生となったT君でしたが、1年に1度、夏休みの期間だけですが日本に帰ってきておられました。私はT君のニュージーランドの話を聞くのが非常に好きでして、毎年T君が徳島に帰ってくるのを楽しみにしていたものです。


 ニュージーランドの家、景色、山、そして海。T君が言うには日本とは全然違うそうです。

 そして皆さんニュージーランドと日本を比べて一番違うものをT君は何と言ったと思いますか?


 彼はニュージーランドと日本の一番の違いをこう言っておりました。
 
 

 決定的に違うのは女性の美しさだと。つまりニュージーランドの女性は日本の女性に比べ圧倒的に美しいと


 
 一体彼はニュージーランドに何を目的で行っていたのでしょか?
 

 まあ無理はありません。見ておわかりのように外国人顔負けのフェイス。そして完璧な英語。それでいて常にレディーファースト。そんな日本人離れしたルックスの心をを持ち合わせた彼はニュージーランドでも女性に大人気だったはずです。

 数々の武勇伝も私は知っております。

 若くしてニュージーランドのおいしさを知ってしまったT君。もうこのまま日本には帰ってこないのではないか?とさえ私は思ってました。

 
 ニュージーランドでは数々の武勇伝を持つT君ですが、さすがに社会人になると忙しかったらしく、プツッと連絡が途絶えました。



 そんなある日。

 去年のクリスマスイブです。3年ぶりの彼からの連絡は一通の手紙でした。

 それが本日の結婚式の案内状。

 久しぶりに連絡をくれたと思ったら結婚式の招待状…。

 これには驚きました。


 結婚の知らせにも驚きましたが、一番驚いたのが中に同封されていたお嫁さんの写真。

 写真に写っていたのはKさんです。
 

 日本人じゃないか!!

 
 あれほどニュージーランドの女性は美しい美しいと連呼していたT君。将来きっとニュージーランドの女性と結婚するものだと私は思っておりました。

 なぜ日本人を選んだのか?

 その答えは本日の結婚式に出席させて頂いた事でわかりました。

 なぜT君が大好きなニュージーランドの女性ではなく日本人を花嫁に迎える事になったのか。

 T君。それはKさんだからですね?

 
 私も数々の結婚式に出席して参りましたが、こんなに美しい…美しいお嫁さんを見た事がありません。

 恐らくT君の考えはこう変わっているはずです。



 全人類の中でKさんが一番美しい
  


 …



 最愛の伴侶を得るための戦いは美しいものですが。
 
 幸福を手にするための戦いもまた美しいものです。

 
 お二人を見ていると、幸せを勝ち取った充実感が表情ににじみ出ております。

 本当にうらやましい。




 …
 


 最後になりますが…お二人に私から格言を贈らせて頂き、お祝いの言葉と代えさせていただきます。

 
 Kさん


 「男は自分が幸福にできる女性しか愛さない」

 
 そしてT君


 「女性は自分を幸せにしてくれる男性しか愛さない」


 人生における幸福とは、自分が愛されているという確信を持つことだと思います。

 
 どうか本日の感動と幸せをお忘れにならず、暖かい家庭を築いて下さい。








 本日は本当におめでとうございました。











 さあ明日はこれを詰まらずに言うだけです。

 喜んでくれるといいんですけどねぇ。

 T君は恥ずかしがりやなので、プロフィールや結婚するまでのいきさつを結婚式でまったく公表しないつもりのそうです。 


 フフフ


 そうはいかない。

 
 それならば友人代表スピーチでいきさつを語ってあげよう。


 T君が赤面するのが楽しみです。


 そして私のならない携帯電話は一体いつ鳴るんでしょうかね?(笑)
 



さてコメントの方でいろいろ励ましのお言葉を頂き大変ありがたく、勇気付けられております。中には

 私は振られたけど、財前さんは振られないで;;

 なんて人も…。 本当にありがとうです…。

 期待に沿うために努力をいたしている所存であります。

 それとめいぽの方の返信をここで




 あいさむさんの質問。

 初めまして。桜でプレイしている者です。EXについて質問したいと思います。高レベルの戦士を所持しているわけではないので、間違いがあるかもしれませんが、そこはご容赦ください。

 現在戦士を育成する際、両刀DK以外はEXを上げるのが常識とされていますが、これに疑問を感じています。パワーストライク(以下PS)使用時には、PS×2よりも速度が速く消費0であることから、倍率が10%低いですが全く問題はなく、PSを連発するボス戦では大きな効果があると思います。ただ、スラッシュブラスト(以下SB)使用時には。。。

 SBは130%×モブ数となっていますが、EXは250%を全てのモブに与えているわけではないのは周知の事実です。よく耳にするのが、250%を分散して与えている。前方のモブに対しての比率が高い。こうなるとダメージ計算は、

 130%×モブ+250%

となります。複数巻き込むのが常識のSBにおいてこれは大きな問題ではないでしょうか?巻き込み数が2匹くらいならまだしも、3匹以上になるといくら速度が速いとはいえ、複数回振れば総ダメージ量に大きな差が産まれるのではないでしょうか?

 また、(IC以外の)SB使用時にEXが発動するとKBがとれず接触してしまう。といった現象も起こらなくなります。しかし、3次スキルのチャージブロー(以下CB)の倍率が250%となっており、スタン率90%なので、CB→C→CB・・・としていれば問題ないのかな?しかし、複数巻き込みで全てスタンする補償はないわけで、どうなのでしょうか?

 EXに振らなかった場合に何に振るかですが、1次スキルを上げるにしても、メリットが小さいですし、両刀にしても今後実装される武器が、一方しか流通せず、また速度にも問題がなかった場合くらいでしょうか。

 まとめると、EXを捨てると、

 メリット
 SB使用時の総ダメージの増加
 SBでKB可能でかつ凍結しないモブ(Bπ)に対しての接触回避
 安定性(攻撃回数、立ち回り)

 デメリット
 消費量の増加
 PS使用時の減速
 特に他に振るものがない

 という訳で私はEXの必要性に疑問を感じています。しかし、多分に想像が含まれております。もしかしたら、EXは250%を分散して与えているわけではないのかもしれません。PS・CBを主に使用しており、SBはほとんど使用しないかもしれません。それなら、EXに振る方がいいに決まっています。

 



 え~するどいところを突いていますね。あいさむさん。

 つまり彼が言うには

 EXアタックはむしろ邪魔なんじゃないか?とSBのEXアタックは実際カスみたいなダメージですからね。


 その通りです。

 掟破りのような育成法ですが、それは感じておりました。

 しかし、私の場合いまさら振りなおすわけにはいきませんので、想像になってしまいますが

 私の場合EXがいらないと感じる状況は以下だけです。

 ①バイキング、Mバイキング、火ぶると戦う時にEXアタックが発動すると邪魔。(EXが発動すると砲台をモロに受ける…EX発動が100%出ないのであればジャンプやしゃがみ、移動などで砲台を回避できるから楽しいと思う)

 つまり60%の発動率のためEXアタックは高レベル狩場でのアクション性を著しく損ねる。

 ②ジャンプ斬りが有効的に使えない。
 
  ジャンプ斬りを行っても着地時にEXアタックが発動するためちょっとウザイ。
 
 まあとどのつまりスキルのMP消費や効率というものではなく、余計なダメージを受けるストレスがあります。

 しかし、クルセイダーの場合は話が別。

 EXアタックが必要です。
 
 アイスチャージSBで敵を凍らせて3~4匹を固めるのですが、この時、SBだけでは固めることが非常に難しい。
 
 実はSBアタックよりもSBのEXアタックの方がリーチが少しだけ長いのです。特に火ブル、Mばい菌などではこれがないとちょっと困ります。凍らせるのに非常に苦労する。SB単体、チャージブローで固めるのは難しいです。

 ダメージは当然SB+EXよりもSB×2の方が上ですが、凍結させる場合はこれは気にならないでしょうね。

 但し、凍結させられないサンダーチャージ、ファイアチャージの場合はさほどEXアタックの必要性は感じません。邪魔な時もあります。60%の発動率…つまり自分でもいつ発動するのかどうかわからないというのが痛いですねぇ。

 結論としてEXアタック有で狩するときとEXなしで狩りした場合、効率がどれほど違うのかは計算したことがありませんが、

 クルセでアイスチャージする場合にEXアタックは必要。
 しかしサンダー、ファイアの場合は必要性をさほど感じず邪魔な時もある。

 ナイトの場合もEXないほうがアクション性はあがり、楽しそうでしょうが、こちらはコンボアタックの回数がねぇ…。EXあったほうが早いでしょうから…。パニックやコマを発動するの時間がかかるのがストレスになるかもしれませんね。

 参考になったでしょうか?
 
 

 



 
 

 








Edit Comments(21) trackBack(0) |

Page up▲

04

January February March April May June July August September October November December
2006(Sat) 03/04

いざ結婚式へ (21)

女性関係徒然 … Comments(21)

 鳴らない電話を待ちわびて早6日。今日はこちらから電話する事はしませんでした。明日で連絡が途切れて1週間になります。

 そして明日。徳島に帰ります。
 
 そう…明後日は3月5日。

 多分…鳴らない携帯電話をポケットに、傷心の財前が向かう先は幸せのスパイラルが渦巻く結婚式。

 幼稚園時代からの友人の結婚式。

 友人代表スピーチは今日完璧に完成。

 一歩間違えば失笑を受ける可能性もある危険なものを選択しました。無難なスピーチをすれば何の問題もなく終わるのでしょうが、やはりここは一発かましておく必要がある。たとえ前半でウケなくても、後半に何事もなかったかのように真面目な泣かせる文章を綴っているからノープロブレム。

 前半失敗しても、なかったことにできる(笑)。

 やはりここはリスクを犯す必要がある。緊張した舞台だからこそ萌える燃える。
 
 人生で一度きりの結婚式。一生の思い出にしてあげたいですからね。


 不思議な事に今回は何も期待してません。前2回の友人代表スピーチでは、そのスピーチが良かったのか?それとも偶然なのか、その後の2次会後、出席していた女性といい仲になったこともあります。一晩にして彼女になるとか…。

 なんと、あの時はこっちも惚れ込んで京都まで遊びに行ったほど(笑)。その娘。わざわざ俺に会いに徳島に来てくれたりもしたねぇ。 
 グヘヘ…

 まあそれだけに普通はそういうことを期待するのですが、今回はホントそんな邪念は一切なし。眼中にありません。

 いや…ホントです。

 とにかく友人代表スピーチを成功させる。それを聞いたご両家の方と親戚の方に笑って欲しい。そして泣いて欲しい。目的はそれだけです。

 いや…マジで。

 ネットや本でスピーチのイロハを勉強し、多少文をパクリつつ、自分で考えつつ… たまに格言を入れつつ

 ようやくスピーチが完成したのです。

 そんな感じで今日は終わるかと思いましたが…


 鳴らないはずの電話が? 






 トゥルルルルル… ツゥルルルルルル…






 …



 …


 
 ま…まさか













 え?










  (;゚д゚)?

















キタ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(゜∀゜)゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*!!!! 





 なのか??? 



















  ガチャ…








財前「はい…」
























土屋「おう。俺だ

















 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

















 _| ̄|○



 ちょ…おま…。

 
 なんて間の悪い野郎なんだ(笑)。
 
 
 松さんかと思われた電話…。中身は最悪。大学時代の悪友でした…。


 といっても1年ぶりに電話がかかってきたんですけどね。なんで…今頃…このタイミングで。

 実はこいつ。
 
 今の私の状況に非常に関係のある人物というか。

 わかります?

 結婚…そうそして友人代表スピーチというキーワードで結ばれている奴なのです。

 これには驚きました。こいつの結婚式で友人代表スピーチをしてたんです。私。

 でも… なぜ このタイミングでかかってくるんだ(笑)。

 昨日の笠沙高校の閉校卒業式といい、今日のこの電話といい…。なにか…タイミング?というか…何かが来ている感じがします。

 なんか不思議と偶然と偶然が噛み合う…。

 明らかに何かが起こる前兆でしょう。これは。
 
 …と勝手に思っています。

 それをそいつに電話で話したら


財前「かくかくしかじか…  な? 絶対なんか来てるだろ?」

土屋「確かに。ていうかそれ。明日徳島行きの飛行機が落ちるっていう前触れじゃねぇの?」

財前「ぇ…」



 …


 こんなマイナス思考の奴は放っておきましょう。


 そんなわけない。それにね。まだあるんですよ。びっくりするような偶然の出来事。これはホント凄いよ?


 今日鹿児島のローソンでね。ビックリマンチョコ買ったんですよ。あのこう…チョコの中にシールが入っている奴ね。当時は集めていない小学生はいなかったと言われたほど大人気のシリーズでした。これはその時代に集めていたシールの復刻版です。










 ↓ビックリマンチョコ

devilvsangel_green1.jpg





 中にシールが入ってるんですよね。これ。


 レアカードとかゴミカードとか一杯あるんです。

 今で言うとデジモンみたいなもんかな?


 で…中を開けてみたんです。懐かしいカード出るといいなあと。

 
 そしたら…

 そしたら…


 超レアカード。ビックリマンシールNO1が入ってた。

 NO1です。スーパーゼウス。ビックリマンの象徴カードです。










superzeus.jpg


 いやマジ凄いんですよ。これ。

 スーパーゼウス。メイポの今のアイテムでいうと、黒タオルくらいのレア度です。

 そしてもっと凄いのがね。あの斬り賊の記事のときに…

 そう。その記事中のメルボムの計算式の記事の時に…

 出てきてるんです。このスーパーゼウス。





 ガウス記号という計算式を私が

 「ゼウス? ゼウスってスーパーゼウス?」

 て言った会話がありましたが、そのスーパーゼウスです。

 あの記事書いてる時は確かまだ鹿児島に来たばっかの時ですから、ビックリマンチョコなんてまったく頭にない。

 ほんの掴みギャグのつもりで書いただけなんです。あれ。

 そしたらですね。その3日後。

 偶然鹿児島のローソンでビックリマンシールの復刻版を発見したんですよ。だいたいビックリマンチョコなんて一部のコンビニでしか発売してないはずなんです。徳島のコンビニでは見た事ないし。

 つまりあの時、あのコンビニでないとビックリマンチョコはなかった。

 そして…


 「こりゃ懐かしい」と一個ビックリマンチョコを買って…。

 中のシールを確認したら?

 
 その問題の… 


 スーパーゼウスが入っていたのです!!


 あり得ないだろう(笑)。この偶然。


 10000000000000000000000000000000000分の1だよ。


 全部繋がってるからこれくらいの確率になるはず。

 だいたいその記事書いてなかったら買ってないし、あのメルボムの記事を書いたのも、その時、時を同じくして丁度天秤さんがメルボムの計算式を導き出したからです。

 あの計算式ができてなかったらあの記事はない。天秤さんもつい最近BPで会った人なんです。偶然なんです。

 そこで会ってなかったらメルボムの記事を知る事もなかった。関連記事も書く事はなかった。
 
 そしてあの記事にスーパーゼウスという言葉が出てきたのもまったくの偶然。あの記事の流れからしてでてくるわけないんです。スーパーゼウスなんて。

 ガウス記号という表記が天秤さんのブログになければ…。つまり天秤さんがあの記事を書いていたとしても…

 式の説明文にガウスという一言がなければスーパーゼウス連想しなかった。

 あれは…

 ガウスをゼウスと読み間違えて…それで


 ん?


 ゼウスといえば…スーパーゼウス…

 

 となってほんの遊び心で入れただけなんです。あの会話。

 多分、あんな斬り賊のメルボムの計算式でスーパーゼウスという単語
を書くのは世界広しと言えど私だけでしょう。

 だいたいあの一発ギャグ。明らかに滑ってますし_| ̄|○。



 そのローソンも偶然立ち寄ったんです。立ち寄ったとしてもお菓子コーナーに行く必要はなかったんです。朝飯買いに行っただけですし…。

 なぜか私は用もないお菓子コーナーを歩き、偶然ビックリマンチョコを発見し、偶然買った。 そして偶然スーパーゼウスが当たる…

そしてその日に鹿児島高校閉校卒業式を目にし、今日はめったに電話なんかない友人から電話。そいつの結婚式で私が友人スピーチをした男…。

 私はその時、幼稚園時代からの親友の友人代表スピーチを完成させた所でした。そして明後日…発表するスピーチを練習しているところでの電話…。
 


 


 おかしくないか?これ



 来てる来てる。絶対来てる。





















 運が来てる!!











 間違いない。

 これは絶対キテルのだ。 

 近々なにかとんでもない物が私の元に来る。 

 そう感じざるを得ない。


 思えばそうです。懸念事項は松さんからの電話が鳴らない…というその一点。それしか悩むような問題はなかった。

 そういえば…そうだ…。他はすべてうまくいってるじゃないか。

 うまく行ってないのは松さんの件だけじゃないか。
 
 考えてみるとそうだ…。
 


 な…なんなんだろう…これは…。
 


 …と前置きが長くなってしまいましたが、期待してしまう私の気持ちもちょっとはわかるでしょ?こりゃ間違いない。

 何かとんでもないものが来る。





 フムフム…。この際、流れにのってやれることはやってしまおう。

 公開する気はありませんでしたが、①明日友人代表スピーチを公開します。そして明後日は②それを披露した結婚式の様子を…公開しましょう。いまサイトで出来る事と言えばこれくらいです。

 そしてリアルでは③スピーチと④仕事にとにかく集中しましょう。

 そうこうしているうちにきっと電話が鳴るはず。何かが起こるはず。

 今私がやるべきことは①②③④てことだろ?。

 そうなんだろ?

 
 頼む…神様。 

 
 








Edit Comments(21) trackBack(0) |

Page up▲

03

January February March April May June July August September October November December
2006(Fri) 03/03

鳴らない電話(18)

女性関係徒然 … Comments(18)

 頭も心も猛吹雪。鳴らない電話を待ち続けて。

 どうも皆さん。

 松さんに電話しつづけて早5日。ず~~と無視され続けている財前です。

 
 せっかく鹿児島来てますし、仕事帰りは鹿児島和牛食べちゃいました。

 温泉なんかも行っちゃったりね。 まあホテルの温泉だけど…。


 う~ん。旅はいいなぁ…。 楽し…ぃ…な  … ぁ


 しかし…5日間も連続で電話すら出てくれない。普通に考えてそんなに忙しい人っているんだろうか?

 5日間も電話できないような忙しい人がいるんだろうか?


 いや… いないだろう…。






 

 _| ̄|○


_| ̄|○

 

 _| ̄|○
 


















 



 恐らく普通ならこう思わなくてはならない。




 これは… ふられた… ということなのか?



 と自分で気づかなくてはならない。

 
 しかし今回は違う。 


 温泉にゆっくり浸かって悟りました。

  
 なぜ?

 なぜ

 あれほどの美貌の彼女にいまだに彼氏がいないのか。
 
 その謎が解けたような気がします。
 
 今までにもあったんです。この状況。

 彼女は私が3日電話をし続けても掛け直してもくれない。そして最近では4日掛け続けて、やっとかかったと思ったら 


 ツーツー…


 呼び鈴はなってツーツー…ってこれはどういう当てつけなんだ?
 

 今日で… 5日目です。

 今日もかかってきませんし、出てもくれない。

 明日かけると6日目ですねぇ。

 しかし、

 もし電話に出ても 

 「あ…電話そういえばかけてくれてたね」

 とかそういうレベルでしょうね。謝るとかそういう気持ちはないでしょう。

 マニュアルとかセオリーとかまったく通用しない。根本から男を悩ませてくれますねえ。この人は。

 つまり、今までにアタックした男はこの罠にはまったのです。

 通常ね…。まったく電話に出てくれない女性にアタックするのは愚の骨頂といえます。メールしても返事がまったく返ってこなかったら、それは…諦めろ、という事ですから。

 年末とか去年のコンパで出会った女性はそうやって無難に私の誘いを断ってましたからね。

 無視。

 メールや携帯電話で好きな時に連絡が取れる昨今。

 無視。これは相手のアプローチを断る一番楽な方法です。

 つまり普通ならこの時点で諦めるんです。相手の気持ちを汲めば当然と言えます。というより、これはマナーと言えるかもしれません。しつこいのは嫌われますからね。

 まあ厳密に言えば私もこの時点で諦めなきゃならないんでしょうけどね(笑)。鹿児島に出張しているのが功を奏した。

 幸い地元の徳島にいないから無視されているという実感が沸かない。鹿児島には友達もいなければ、知り合いも皆無ですからね…。精神状態がちょっと違うんです。もともと出張とは寂しすぎるものですから。 

 う~ん。仕事はうまく行ってるので、楽しいんですが、仕事終わると苦しくてしょうがない…。こんなのは初めてですねえ。



 しかし…おそらく。

 彼女の急所はここだ。

 
 諦めない事が今回は功を奏すかもしれない。  


 他の男はあまりに連絡がないから、相手に気がないと諦めた…と推測される。
 

 さあ 

 勝手のわからない土地にいるから考えがおかしくなっているのか、それともこれは正しい事なのか。それとも振られた…という現実を認めたくないだけなのか…。


 情けない事に今の私には判断がつきません。こりゃ松さん本人にしかわからない事でしょうね。

 一体何を考えているのかさっぱり読めない…。

 「いつでも電話していいからね~」
 

 さあ、あの時の食事の時に言ったこの言葉。


 社交辞令?それとも本心?


 …

 嘘だとしたら、こんな嘘を平気でつく女性の事で悩む事は無意味です…

 でもそうは思いたくない自分がいるんですよねえ。

 そんな人じゃないと信じたい。 
 

 一人の女性にアプローチする事がこれほど苦しい事とはね…。この年になって初めてわかりました。今までがうまく行きすぎてただけなのかな…?


 このような私情に年末から長々つきあってくれて本当に申し訳なく思っていますが、今はご勘弁下さい。

 答えが出れば、もうリアルの自分の日記書くのは辞めて、以前のブログに戻しますので…。

 しかし、今回の件で一番特をするのは、週末に結婚する友達でしょうねぇ(笑)。こんなどうしようもない精神状態の時に書き上げた友人代表スピーチ。

 邪念を押し殺して書きました。読み返してみてもこりゃ大変なもんですよ。

 お母さんお父さん、親戚一同間違いなく泣くな…。

 これまで計3回友人代表スピーチはしてきましたが、今回のは傑作です。

 結婚式…。このスピーチ聞いて一生の思い出になってくれるといいなぁ…

 な~んてスピーチ考えている内に、いつのまにか松さんの事は忘れ友人の幸せの助けになれるよう…

 必死に文章を考えている自分がいるというのも不思議なもんですねぇ。

 もちろん本心を言えばスピーチはしたくないんですが、そういうわけにもいかない(笑)。


 う~ん。


 今まさに最愛の女性に振られようとしている人間が、最愛の女性を勝ち取った男におめでとうの挨拶を考え、贈る。家族親戚一同が注目する中で…それを発表する。

 
 …


 2006年の私は天誅殺なんでしょうか?

 なんで…今このタイミングで…

 結婚式の友人代表スピーチなんて入ったんだろう…。

 なぜ今日…私の元彼女と付き合っている親友から悩み相談の電話がかかってくるのだろう…。

 そういえば
 
 今は卒業式のシーズンですね。

 今日の朝、鹿児島の笠沙高校が閉校。最後の卒業生の卒業式をしている所を鹿児島支店に行く途中見ました。明日からこの高校はなくなるそうです。在校生の見送りのない卒業式…。思わず車を止めてしばしその光景を拝見させて頂きました。

 笠沙高校閉校。私にはまったく関係のない高校ですが、鹿児島に出張していなければ気づきもしなかったでしょう。

 今年で閉校…の高校の卒業式…。 こんな悲しい状況に偶然巡り会うとは…。

 最近は本当に不思議な現象が起きてます。

 なぜ、この時、このタイミングでこのような事に度々巡り会うのか?





 辛いのはあなただけじゃない…。

 




 まるでこう誰かに鼓舞されているようです。

 今 AM 0:45
 
 一日の出来事をブログ書いて整理しているうちに今日も終わりです。


 皆さん。よい週末を。














 104362.gif


 まだまだ諦めニャイよ








Edit Comments(18) trackBack(0) |

Page up▲

23

January February March April May June July August September October November December
2006(Thu) 02/23

女性の尻に敷かれるということ(43)

女性関係徒然 … Comments(43)

 (次回は八十八茶書きますのでちょっと待ってね)


 
 ここのところ…気持ちココにあらず…という感じで本サイトの方の更新ばかりしてました。

 ポーカーゲームとかサイト内の検索機能とか、新しい掲示板とかですね。

 なんで?こんなものを?
 
 と思った方も多いでしょうが、実は特に意味はなく、思いつきで置いたものばかりです。なんか…ね。苦しい。出張から帰ってめいぽに2回ほどINしましたが、最悪です。

 いや…自分がやったことなんですけどね。チャットでね…

























 18禁のエロ発言連発!!

















やばいです。ネクソンに見つかったらBANされそうな勢いです_| ̄|○。高校生や中学生は聞いちゃいけないような単語を連発で吐いてしまいました…。

 これについては仲間のブログでも「財前サイテ~」等…いろいろ書かれていましたが(笑)。正直、犯罪スレスレ発言といっても過言ではない発言をやりまくってしまったのは事実です。

 
 …というのもね。
 
 
 わかるでしょ?



 そう。今までズラズラと書いてきた「松さん」が全ての原因なのです。完璧に惚れさせられていますからね…。男は惚れた女には弱いのです。めいぽにINしたのは松さんと食事をする1~2日前でしたからね。こうなるのはしょうがないのです


 …と自分を正当化させて下さい。




  
 まあみなさん落ち着いて聞いてください。


 あのですね。私にとって松さんと食事をするというのは1年前からの悲願だったわけです。しかし1年前は相手にもされなかったので、素直に諦め、他の女性との交際やコンパを中心に生活をしてきたわけです。しかし、ここにきてなんかうまく事が運んだというか、一つの電話をきっかけに「松さん」に急接近する機会を得たわけです。よろしいですか?

 1年だぞ?1年。

 例え他の女にうつつを抜かしていたといってもだ。ずっと1本に絞ってなかったにしても1年も気持ちが消える事がなかったわけです。

 そんな女性を食事に行く直前。つまり2~3日まえというのは私のモチベーションは最高に上がっているわけです。


 そんなときにめいぽにINするとだね。

 かわいい高校生の雛姫ちゃん。
 
      や

 発言にエロスを感じる亜弥香様

      や

 M女王ゆめこ様
 
      や

 それらを束ねる魔性の女 ルカさん

 
 がINしてたらだね。



 




















 エロパワーが爆発するに

 決まってるだろうが!!!!
 

  















 
 
 こんな面子を相手にだな。「松さん」とデート寸前でやる気満々の状態の私が正気でいられるわけがないだろう。

 普通のチャットの発言ですら… 例えば

 ゆめこさんの

 「財前さん ドアだすね」

 という発言がだね…。あの時の私には
 

 財前「え…ドアを出す… ドアをダス… ダス… アア…モットハヤクダシイレシテ…」 
 


 なんてわけのわからない妄想に代わり、頭の中で思ってればいいものを…ついチャット発言をしてしまったんだよ君ぃ。

 しょうがないだろ。あの時は臨戦体制だったんだよ。デート間近だぞ。理性なんて抑えられるわけないだろう。しょうがない。


 そうだろ? これはしょうがないんだ。事故なんだ。

 
 しかも、あの時ルカさんも…


 ルカさん「みんなでビシャスに突っ込もう!!」


 なんて発言をしてしまったんだよ。おわかりだろうか?


 こうなるともう大変。


 財前「え…突っ込む? え…ツッコムッテナニヲ? ドコニ? テイウカ ビシャス ニ ツッコムヨリ 俺ハドッチカトイウト… ルカサンニツッコムホウガ=====○)д`);.・;゛;ブッ 」

 






 _| ̄|○


 本当に申し訳ない。

 こんなつもりではなかったんです。う~ん。しかしですね…。しばらくはちょっとエロチャはなくなりそうにないというか…。なんか気分が「上の空で」狩りもまったくする気がしないわけですよ…。

 
 でもきっといるんじゃないかなあ。と思うわけですよ。私と同じような境遇の方が。そういうわけでね。自分の気晴らし…というか、そういうのも含めてポーカーゲームとかね。サイトに追加したり、

 あ~。なんか凄い強化品とかポチポチ連続でみれたら面白いのにな~アルバムみたいに画像がまとまるような掲示板がいいよな~

 なんて思いつきで「強化品自慢」掲示板設置したりね。

 平常時の神経ではこんなの思いつきませんよ(笑)。こんなこというのはどうかと思いますが、サイト検索機能、ポーカー、強化品自慢掲示板は… 実はエロパワーが源でできてしまったものなのです。

 一日10000人近くのの訪問者がいるんだ。一人くらいこれに気づいた人はいるのではないかしら?

 いや…いるだろう。きっときるはずだ。


 つまりだ。エロチャをいくらしようがこれは私が悪いのではなく、太陽が悪いんだ。


 ほら。郷ひろみの曲でもあるだろう。レイザーラモンのテーマ曲にもなっている曲。

 歌詞  一部抜粋


 ア~チ~チ~ア~チ 感じてんだろう? グエヘヘ
 
 ア~チ~チ~ア~チ 感じたんだろう? ウヘヘ 

 UPSide INside out 君を泣かせても

 
 それは太陽が。 させたことだよ 夏の太陽が  イエ~

  

 
 見ろ(笑)。この責任逃れのすばらしさ。

 例え女性になにをしてもだ。郷ひろみなら「それは太陽が悪いんだよ…俺の性じゃないのさ」

 で許されてしまうのだ。 

 こんな曲を平気で全国ネットで歌っているんだぞ。なんか妙に説得力がありすぎてぐうの音も出ないよ…。

 
 理解したかな?

 
 
 さて…

 そんな問題も起きつつも、昨日ついに松さんとのデートに出かけました。

 少し前に電話でね

財前「食事に行くときは迎えにいくね」

 と言ったんですが

松さん「え… いや そんなのいいよ 私自分でその店に行くよ。店で待ち合わせにしない?」

財前「いや… そういうわけには」


 と返されて悶絶。デートにおいて、食事する店で待ち合わせとかあり得ない。これは困る。作戦としては車に乗せて、そこで多少の伏線貼りの会話をした後に、食事は食事で別の会話。そして帰りの車の中で…

 という筋書きがちゃんとあるわけです。別々に行ったら店の中でしか会話できないし、食事が終わったらハイさよなら…という事になりかねない。これはマズイ…。

 その時ひとつの名案が浮かんだわけです。今回食事をする店を指定したのは松さん。 …ということは?フフフ…道を知らない事にすればいいんだと。

 

財前「…。あ!そうだ。俺その店までの道知らないからさ。松さんが一緒に車に乗ってくれないと… 道が…」

松さん「あ~ そういう問題があったね」

財前「そうそう…」

松さん「…」

財前「…」

松さん「ん~ じゃあしょうがない。 迎えに来てよ」

財前「OK~」


 フハハハハハ。見ろ。この素晴らしい機転を。これにて一件落着。松さんを俺の車の助手席に乗せて食事に行く事ができるようになったわけです。

 そしてそのまま当日になり…


 待ち合わせの時間の1時間前。私は松さんの家に行こうと用意していたわけです。そりゃもう完璧ですよ。会社が終わって1時間以内に

 車の洗車そして車の中の清掃、そしてオートバックスに行き、車の香りの液体を購入し、設置。車の内装の飾りをすべて付け替え、リクライニングは事前に倒して準備完了。さあ行こうかという…

 その時でした…


 トゥルルルルル と電話が鳴り…誰かと出たらなんと松さん!!



松さん「あ。ごめん。仕事遅くなっちゃった…。家に帰ると遅くなるし…ゎたし直接店に行くね~」

財前「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

松さん「財前くん…道知らないみたいだから、ゎたしが車で先導するね。」

財前「…」

松さん「それでね。バイパスの本屋さんで待ち合わせにしよっか」

財前「…」

松さん「じゃあ19:30分に本屋さんでね~ 」

財前「え…ちょ…」



 ガチャ… ツーツー…




 


 い…いきなり前途多難…。 車の掃除は一体なんのために…_| ̄|○


 そんなこんなで本屋での待ち合わせに代わり、もはや松さんを助手席に乗せられる可能性は0%となりました…。

 しぶしぶ19:30の時間に合わせて待ち合わせの本屋さんへ…。少し早くついたので、松さんはもういるはずですが…よくよく考えるとね。

 
 そういえば松さんとは1年以上会っていない…。


 つまりお互い最近の顔というか、そういうのを知らないわけです。これは困りました。本屋の中には結構人がいたんですが、誰が松さんだかさっぱりわからず_| ̄|○

 電話して「どこ?」ていうのもなんか失礼ですしね~…。


 う~む…。

 しかし…。これだけ人がいると…。間違えて他の人に話しかけたりしたら最悪だし…。

 困った…。

 ここまで考えてなかった。




 ん?



  (;゚д゚)?


 そういえば。松さんはわかるんだろうか?俺の事を。1年前に2回くらいあったくらいだから…向こうも俺の顔がわかるわけないような気もするけど…

 
 これは…



 松さんも困っている可能性があるな(笑)。




 やはりここは電話しか…









 とその時でした


















松さん「お待たせ」



(;゚д゚)?



 ま…まさか…









財前「!?」

松さん「ぇ…」

財前「い…いやなんでもないよ」

松さん「相変わらず背高いね~」

財前「ハハハ…」 

 

 

 

 

 



 …














 …




















 ヤバイ…かわいすぎる!!












 恐るべき事に1年前よりもさらに美しくなっています。普通の女性に対してならここで


財前「おまえおせえよ(笑)」


 なんて言うところですが、まさか松さんにそんなこと言えるわけもなく…となると…しかも緊張して普段の自分ではないわけで…うまい言葉が思いつかない


 しかし…。こりゃ反則だろう。 かわいすぎ…。食事中顔をあまり見るのはマズイな…。見とれる可能性がある…。しかも負ける…。視線は鼻あたりに持っていかないと…。


 この顔でなんで彼氏がいないんだ?不思議でしょうがないよ。まあもっとも今は彼氏いないほうが好都合だがね…クックック…

 
松さん「じゃあ いこっか」

財前「うん」

松さん「何が食べたいの?」

財前「え… 松さんが食事する場所決めてたじゃんか」

松さん「?? あ…そうだったよね」

財前「…」

松さん「でもそれやめにしない?あそこ焼肉屋だし」

財前「ん?」

松さん「今日なんか肉って気分じゃないし…。 やっぱり財前くんが決めて」

財前「え…」

松さん「どこでもいいよ」

財前「そうだな… そうだ。いい雰囲気の店があるんだよ。そこね。夜は電気が消えて「ろうそく」だけになるんだ」


松さん「ろうそくじゃなくキャンドルね… ろうそくなんて言ったらムード台無しになるよ…」

財前「ごめん… でもその店知ってるの?」

松さん「うん。 じゃあそこにする? でも店までの道忘れたから財前くん先導してね」

財前「ぇ…」









 …













 _| ̄|○

 _| ̄|○


 いや…まあここまではいいんですけどね。

 なんで落ち込んだのか

 おわかりでしょうか?1年ぶりの再開なので始めが大事なのですが、まあ…松さんの方が1歳年上というのもありますが…


 なんとも恥ずかしい事に… いきなり…































 尻に敷かれている!!   → 財前(子供扱い)














 な…なんてこった…。いきなり尻に敷かれるとか…久しぶりの体験ですよ…。

 なんで向こうはこんな強気なんだ?

 いや…しかしだ。食事に誘ったときはなんか向こうが店を指定してくれたし、松さんの友達から聞いた情報だと、その気のない男と食事に行くなんてことはあり得ないタイプらしいから…

 大丈夫だと思ってたんだけど…


 なんか微妙な感じですね…これ。






 …








 そんなこんなで今度は逆に私の車で松さんの車を先導する事になりました。

財前「じゃあ先導するからついてきてね」

松さん「うん」



 ということになったんです。 で松さんの白い車を先導してたわけですが、途中いきなり…

 その白い車が左の方向指示ランプを点灯させて左に曲がってしまったのです。












工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工




 ちょ…そっちじゃないよ松さん。


 わかります?私が先導してたのに…松さんはいきなり違う道を…私は先に走ってましたから追いかけるにはUターンするしかない。


財前「ちょ… な… なんで左にまがってんの?? ヤバイ… Uターンしないと…」 


 そういうことで私は左車線に入り、Uターンしようとしたんですが、なんと曲がった車の後ろにはさらに白い車が!!

 


 …




  (;゚д゚)?


 げ!!




 そうです。さっき曲がった車は松さんの車ではなく、違う車。その後ろについてきてたのが松さんだったのです。




財前「し…しまった~~~~~~~~~~!!」




 最悪な事に私の入った左車線は左にしか曲がれない車線でしてまっすぐ進む事ができない車線。

 無理矢理右車線に入らせて貰って事なきを得ましたが、そのあわてっぷりを後ろで見ていた松さんから…
 

 トゥルルルルルル … と電話…。


財前「はい…」

松さん「なにしてんの… 危ないよ急に右に入ったりしちゃ…」

財前「いや… これは……」

松さん「それに財前君のいた車線左に曲がる専用車線だし… ホントに道知ってるの??」

財前「し…知ってるよ」

松さん「…」

財前「…」

松さん「いいわ。近くのローソンに車止めて。私の車で行こうよ」

財前「え…」

松さん「財前くんの先導だと辿り着けないよ。 私の隣でナビしてね」

財前「ぁぃ…」
























_| ̄|○ 


_| ̄|○


_| ̄|○





 

  

 いきなり大失態を…。なんてこった…。最悪です。もうこれで完全に尻に敷かれる事が確定しました…。


 女性の車に逆に乗せられて…隣でナビするとか、情けなすぎです_| ̄|○


 いや…


 そりゃね。



 松さんの車に乗れるという事で多少うれしい気持ちもあったんですけどね(笑)。どうも素直に喜べない状況というか…。


 なんかもう事前に考えていた作戦とかそういうのは全部吹っ飛びました。こんなの想定外です。


 一体このままどうなってしまうんだろう…



 と思ったんですが、その後の食事は会話もはずみ、うまく行きました。まあいろいろありましたが、いけるんじゃないかな?なんてシチュエーションも多々ありましたからね。


 次の次…あたりに気持ちを伝えればいけるかも??
 



 
 
 


テーマ: メイプルストーリー
ジャンル: オンラインゲーム








Edit Comments(43) trackBack(0) |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2006(Mon) 02/20

リンク申請と松さん(36)

女性関係徒然 … Comments(36)

 まずは私用連絡から。管理人宛掲示板の方で、リンク切れを事細かに報告してくれた「しゃけたけ」さん。ありがとうございました。

 書き込みを参考にリンクを整理しました。ものすごく労力の節約になって大助かりです。よろしければ内緒コメントでめいぽ内のキャラ名とサーバーを書き込んでおいて下さい。あと欲しいポイントアイテムも一緒に書いておいて下さいね。なんでもいいですよ。感謝の気持ちです。


 さて…

 しゃけたけさんの報告を元にリンク整理をしたついでに相互リンクの申請の処理をしようと作業に取りかかったのですが、今回も多すぎて悶絶。50くらいあったね…。

 今回も選別は一切なし。

 一つ残らず全部追加しておきました。

 みんな受け入れるとか…もう完全に梁山泊になってきましたね…。ここも…。

 でも中にはValrog's WEB SITE さんや「いちごにっき」さんみたいな、クオリティの高いHPも存在していて、うれしいかぎりです。

 また以前掲示板でご活躍されていた「パーカー」さんのブログもお勧めブログの方へ登録しておきました。こういうのはやっぱりね。義理人情の世界。受けた恩はキチンと返します。

 他のブログ管理人様も同様。これからはあなたたちが「めいぽ」を引っ張っていってね~。
  
 「いちごにっき」さんとか無茶苦茶かわいいな~。やっぱりね。いや「ひいき」してるわけじゃないよ。女性管理人から相互リンク申請を頂くとやる気が出ます。

 「女性びいき」じゃないよ。OK?



 反面、リンク切れ、めいぽのブログではなくなったりで、リンク集から消えたサイトも約20くらいありますが、申請は50くらいあったので、実質増加。めいぽは盛り上がっているのでしょう。いいことですねぇ。

 残念ながら私の方は松さんの事で(*´д`)ハァハァでなかなか「めいぽ」にINする気になりません。

 こんなことは生まれて初めてですが、結構の数あったコンパの予定を全てキャンセルしました。必要ない。

 コンパに何回行ったところで松さん以上の女性が来るわけがない。何十回…いや…何百回とコンパに行きましたからね。わかります。

 コンパにおける経験から導き出した方程式によると、遊び目的ではなく、コンパで本当に最愛の彼女を作りたい場合、

 コンパで自分好みのの女性に出会う確率は約20%。

 つまり自分好みの顔を持つ女性を見つけるためには平均3~5回のコンパに行く必要があります。

 そして、これに加え性格も良い女性となると出会う確率はさらに下がり10%くらしかありません。20%の確率で自分好みの女性に出会ったとしても、性格まで考えると10%くらいの確率でしか出会えないのです。

 ここで

 「じゃあコンパに10回行けば大丈夫じゃないか」と思ったあなたは考えが浅はか。

 
 告白しなきゃイカンだろうが、告白しなきゃ。

 そんなもん100%成功するわけがなかろうが。


 好みの女性にアプローチし、うまくいく確率は私の場合…当然50%を切ります。今までの経験人数から算出すると、アプローチしてうまくいった確率は約30%といったところでしょうか?


 ・告白して成功する確率が30%。
 ・自分好みの女性に出会う確率は10%。

  (;゚д゚)?

 おわかりだろうか?

 驚くべき事に、その女性を落とす事よりも、好みの女性に出会う確率の方が低いのである。

 つまり結婚も視野にいれた女性と出会うためには10%の少ない確率に当選し、さらに告白を成功させなければならない。

 こうなると、その確率は?(笑)。
 
 コンパでは平均3人の女性が来る事を考えると、その確率は驚くべき低さ。




 なんとコンパに行って納得する(←ここ重要ね)伴侶を得られる確率は…





















 …






















 たったの3%しかないのである!!!

 
















 







 驚くべき事に30回に1回程度しか結婚相手(妥協なき)が出来る確率は存在しないのである。(身近に考えると、ほら、学校でも1クラスに1人も自分好みの女の子なんていないでしょ?)


 30回コンパをするのに一体どれだけの時間と経費と労力が必要なのかは想像もつかない。

 そう簡単に1週間に1回もコンパはできない。2週間に1回コンパとしても60週。つまり15ヶ月もかかる計算になる。

 同時進行でこの月日。もし、いい女性がいたりしてその子にアプローチするとなると、その間コンパの参加はストップするので、1年や2年はゆうにかかる。

 これを考えると、もし一人の彼女と3~4年付き合うと、もう後戻りはできず、そのまま結婚ということもあり得る。

 一人の女性を見るのに3~4年も付き合う必要はないというのが自分の中での答え。だいたい1年付き合えばわかる。

 とにかく焦ってないとチャンスを逃す。


 実際今まで何十人という女性と付き合ってきたが、結婚してもいい!!と思えた女性は3人しかいなかった。

 たった3人である。



 いかに「出会う」という事が難しい事かわかる。この20数年間生きてきてたった3人である。

 恐ろしい数字。

 というか絶望的な数字。実際小学生~大学生までで付き合った人がいたとしても、まさか結婚までを考える事は極稀だと思う。

 となると、社会に出る年齢からの彼女が結婚相手として意識する女性。つまり実質22歳くらいから30歳くらいまでの8年間くらいしか、最愛のパートナーに出会う時間はないのである。
 
 「財前おまいコンパ多すぎ!!」
 「コンパばっかいって不潔!!」
 「けだもの」
 「ファントム コンパ野郎」
 「ナンパ男」
 「顔に遊び男と書いてある」


 とかリア友とか周りに言われ続けてきたが、なんら間違った行動ではないのである。2回3回コンパに行ったくらいで結婚相手決められるわけないだろうが!!多く見積もった確率でも25回もコンパに行く必要があるのだ。

 なんにもわかってないのは、これをナンパな行為と思う人の方だ。

 最愛の女性と出会うためにコンパを繰り返す。そして出会ったときに失敗しないように口説きのテクニックを学ぶ。

 限りなく純粋で清純じゃないか(笑)。

 
 正直、誠実という言葉はこれからは想像もできないだろうけど、本質を見れば、正直で誠実なはず。

 
 このどこが不純だというのか。

 まあそりゃあね。


 「この娘なら…ひ…一晩だけならいいかな…」


 なんて思うときも実際にはあるんですが(笑)。まあ時にはそういう事もあるということでこの辺は深く突っ込むな。


 実際は遊び目的でコンパに参加する人も多いからこう思われるだけで、みんなこうじゃない。この辺はめいぽしてる人ならわかるでしょ?


 これは

 横殴りする者すべてをマナー違反者と決めつける事はできない。

 というのと一緒。


 こう考えるとオンラインゲームもマナーについていろいろと真剣に考える事で、ちゃんとリアルに応用できる事を学べている事がわかる。たかがゲームと決して軽んじる事なきよう…。

 女性を落とすにも「レディーファースト」、そして口説きにもマナーというものがちゃんと存在しており、これを教えてくれる教科書なんて当然ない。

 
 例えばデートやコンパに行くときには、耳に耳かきを突っ込んで掃除までしていくんだぞ(笑)。これはね。

 靴下、そして靴、そして耳の穴を見ればその男がどういう男かわかるんですよ。

 高度な女性はそういうところを見る。

 耳の穴の掃除できてない男はいくら容姿がよくても中身はずぼらだし、靴下もそう。靴を綺麗にしていればそれはファッションに気を遣っているという事。服は誰もが意識するが、靴、靴下の細かい汚れまではさすがに意識しない。というか

 「これくらいなら…別に気にしないだろう」

 と男は思ってしまう。

 ここが落とし穴。



 普段ではなく、デートとかコンパとかそういう場においての時ね。

 こんなのどこにも書いてない(笑)。

 ある意味これはやるべきことというよりも、マナーに当たる。めいぽのマナーなんかよりよっぽど難しく、そしてシビアだ。
  

 女性はいつも男性よりも一枚上手という事を忘れてはならない。耳の穴、靴下とか…あと財布とかね。男性の考えの及ばないところを見て、人間性を判断している場合も多いのである。


 妥協、遊び相手を捜すだけなら苦労はないが、一生の人生を決める相手。結婚相手を妥協するわけにはいかん。

 靴下や耳の穴、そして詳細な仕草まで見ている女性というのは絶対に頭がいい。頭がキレる。そして自分の容姿管理にも厳しいはず。

 人生のパートナーに選ぶならこういう頭のいい女性の方がいいのは明白。だって将来、会社首になったり、辞めたりしたらなんか事業とかするかもしれないでしょ?

 そういうときに頼りになる女性でなくてはイカン。なにか二人の間に問題が起こったとき、

 「いや~ん困っちゃう~」なんて言い出す玉緒タイプとか

 「もう…離婚ね」とかすぐに言い出す問題解決能力のない冷めた女性と結婚して幸せになれるのは、経済力のある人だけだろう。

 
 夫を凌駕している部分のある女性と一緒にならないと、男は成長しない。



 こんな女性コンパに行きまくるくらいじゃないと見つかるわけがない。

 
 幸いな事に今はもう…その必要はなく、ようやく見つけることができた。もう一人に集中する。食事もOKくれましたし、電話で話した感じですと、どうも向こうも乗り気のようです。

 こうなったら土下座してでも付き合って貰うしかない。今までのテクニックを総動員してこれからは落としにかかる。

 
 
 
 

 果たして光りの差す日はくるのでしょうか? 



 もうね。デート中とか理性を抑えるのが大変なのです。ホント膝枕とかしてもらいたくてたまらないわけよ。。それにペロペロ舐め =====○)д`);.・;゛;ブッ


 …


 付き合うまではとにかく我慢です。









 追記




 こらっ(笑)。コメント見たけど


 よくわかりません



 とはどういう事だ。こんなの詳しく書けるわけだろう。


 いいか。簡単に言うとだな。










 合体だよ合体。








 今日の日記は女性と合体するためにはどうするかということを延々と綴っているだ。


 ほら。あるでしょ。戦隊もののテレビでもさ。ゴレンジャイとかさ。こう小さい飛行機や車が合体してスーパーロボットになるやつ。

 そしたらモンスターとかガーてやっつけちゃうでしょ?


 あれよあれ。

 見てるだけだとわからないだろうけどね。
 
 人類の本能だ。
 

 だいたい


 女性と合体するとすごくきもちい… 


 =====○)д`);.・;゛;ブッ



 もうやめときます_| ̄|○

テーマ: 大航海時代Online
ジャンル: オンラインゲーム








Edit Comments(36) trackBack(0) |

Page up▲

12

January February March April May June July August September October November December
2006(Sun) 02/12

女性の口説き方(8)

女性関係徒然 … Comments(8)

 さあ来ました。

 いよいよ仕事も大詰めです。

 2000万円もする機械も順調に動作し、はるかオーストラリアから来たオペレータの外人も納得している様子。もう問題はほぼありません。

 あとは日曜日と月曜日の仕事を残すのみ。いよいよ長かった出張も終わりを告げようとしています。

 そして…

 1年前にアプローチして相手にされなかった「松さん」ですが、今夜電話してとうとう食事に誘う事に成功。うれしいことに

 「そういえば○○っていうお店に行ってみたかったの」

 なんて言葉も言ってくれて、かなりいい感じ。いままでつきあってきた女性には悪いのですが、この松さんはもう…レベル自体が違う。雲の上の人というかね…。

 そういう存在の女性です。なにしろあれだけの美貌で1年たって未だに彼氏ができていないというのは私にとって好都合だった。というよりみんな玉砕しているのですからね…。

 この松さんとうまく行けばいままでの苦労、不運など何一つ問題ない。すべて洗い流してしまえる。なにしろ彼女の電話の声を聞いただけで私の息子は昇天寸前。危うく… =====○)д`);.・;゛;ブッ

 寸止めです。
 
  
 1月21日は最高だなあ。 一緒にご飯が食べれるなんて。

 グエヘヘヘヘ

 当然最高のディナーを用意する。

 当然コース料理。

 二人で料理をつつくわけです。ムフフ
 
 わかるだろ?

 同じ皿の料理を二人でつつく料理。つまり?

 そう

 箸と箸でつつくということはだね。君ぃ。

 つまり間接キスと同じなのだよ。これは間接キスができるからうれしいのではなく、親近感を持たせるために行うもの。目的はこんなものではない。

 食事ではなにからすべてレディーファーストを貫く。料理を選ぶのも彼女が先、飲み物も当然。食べるのも、飲むのも彼女が先だ。その後に私は箸を持つ。

 この行為は心理学的に有効な手段ということは証明されている。

 そうした紳士的な振る舞いをみせた上で、同じ料理を直箸でつつくという…つまり恥ずかしい行為をしているんだということを暗に伝え、会話の節々に機転の利いた単語をからませる。わかりやすくいうと

 ・彼女の服の色をきっかけに話題を作る
 ・この店にはどういう客層がいるのかの話題
 ・彼女のアクセサリーのチェック
 ・彼女の好みの飲み物のチェック

 
 実はすべてに意味がある。

 恥ずかしい言葉の後に紳士的な言葉と行動を絡ませれば、マイナスがプラスに一気に転換する。

 一見危険な行為のように見えますが、無難にいくよりもこのような行為をしたほうが、女性を口説くときは成功率が高い。

 例えば…この中の一つをピックアップして説明すると、飲み物のチェックは絶対に怠れない。

 後日別の店で飲み物を頼むとき

 「あ。そういえば、前に○○を頼んでたよね?」

 という一言をさりげなく言うだけで女性はこの上なくうれしいものだという。そして、あ…この人こんなによく私の事を見てくれてるんだとドキドキする。これはある女性に教えて貰った。
 
 恋は幻想ということが今は化学的に実証されています。脳内麻薬なのです。そしてこの脳内麻薬は3~5年間しかもたないことも化学的に実証されています。

 一目惚れはその女性をみただけで脳内麻薬が発生する人だけに起こる事で、友達から…という場合は徐々に相手の事がわかってくるうちに脳内麻薬が発生するタイプの人ですね。

 格好言い容姿を持っている人は一発で女性に脳内麻薬を発生されることができますが、そうでない場合は、別の何かでそれを発生させるしかない。

 とにかく幻想、暗示にかけなくてはつき合えない。

 その中の一つの方法として彼女の飲み物の好みを常にチェックしておく必要があるのだ。たいがいの女性はこのような細かい行為の積み重ねで誠意をわかってくれる。令に令をつくせば大丈夫。

 しかしこの程度ではなんの感動も覚えない女性もいる。

 美しい女性はモテル男が寄り添うから、いろいろとこういうアプローチのされ方を経験しているわけです。やられ慣れている。だから幻想にかけたりドキドキさせるのが非常に難しい。普通のアプローチでは脳内麻薬を発生させる事は不可能なんですね。
 
 だからモテル綺麗な女性を落とすのは相当難しい。

 それが今回の松さん。幾通りもの伏線を張っておかなくてはまず落ちない。1年前は伏線も張らせて貰えなかった。食事する機会も与えてくれなかった。

 しかしね。友達や普段の生活では聞く事のないセリフを耳にすれば必ず心は揺れ動く。そういうのはね。今だいたい頭に入っているので大概のシチューエーションなら対応できます。

 「相田みつを」とかね。知ってるでしょ?あれをちょっとアレンジして言うとかね。そのままだとバレルからNG。こういうのを常に考えておく訳ですよ。



 …とまあいままではこれでやってきたんだけどね。果たして通用するのかどうか。相手は多分私よりも1枚か2枚上手なんだよなあ。

 こういう時にいままでの経験が物を言うんですよね…。

 

 振られたら…



 またどん底生活に舞い戻る事になりますけどね。

 しかしね。

 親友と元彼女がつきあっている現実をみるに、絶対に同情されるわけにはいかない。

 私は別に気にしてないんですが、向こうはそうはいかないでしょうからね。
 
 彼女がいない今の私に、どうやってあの二人と互角に渡り合う事ができましょうか。対等、いやそれ以上の気持ちでぶつかるには私も最愛の彼女を作るしかないんです。

 今のままだと、親友が私に遠慮するし、元彼女もそうでしょう。彼らを祝福する一番の方法は言葉ではなく、私が彼女を作る事でしか為しえないと思っています。私に気を遣いながら付き合うカップルになんてなって欲しくないですからね。

 ある意味、彼らが付き合ったからこそ、松さんに電話しようという勇気が出たわけですし、そこまでして、応えてあげるからこその親友でしょう。

 
 変な話ですが、私がこのまま…独り身では、親友と元彼女に迷惑をかけるんですよ(笑)。はじめての経験ですけどね…。こんな微妙な状況…。


 

 後は東京でのバーチャですね。

 あれは脳の回転がよくなるからね。松さんと対峙する前にいい脳のトレーニングになるかと。

 コメントを見るに、15日、16日は強い人が結構来てくれるみたいですし、いい対戦ができるといいですねえ。今回は使用キャラが主にBRADになるとは思いますが、楽しみです。新規カードなのでまだ3段ですが、私のメインキャラのゴウより少し強い…はずだから10段以上にはなれると勝手に推測。

 気持ち的にはね。名将以上はしょうがないとして王者、猛者、強者に主に乱入し、10段、9段あたりの人とは互角に戦えるといいなぁという感じです(笑)。

 なにしろ

 徳島に帰ってきたら最強の敵と一勝負しないといけないんですからね…。

 
 








Edit Comments(8) trackBack(0) |

Page up▲

01

January February March April May June July August September October November December
2006(Wed) 02/01

元彼女と親友(32)

女性関係徒然 … Comments(32)

 皆さんご無沙汰しております。正直発狂寸前です。
 
 朝7:00起床、そして夜中の12:00くらいまで働くという15時間労働をここ最近ずっと続けています。

 これが2月の15日くらいまでどうやら…続きそうと言うか…。さすがにめいぽにもINできてません。

 なんか大きいパッチあったみたいですのでやりたいんですけどね。今やってる仕事は新規事業ですし、気合い入ってますから…。なかなかね…。

 狩り場のマナーコンテンツの方も良きにせよ悪いにせよ、結構な人が見てくれているようで、アクセス解析を見てみると、普段訪れていなかった人、詳細に言うとIPアドレスやホストがたくさん見受けられました。
 
 うれしいことです。出張前にこのようなコンテンツを書くのは無責任じゃないか?という意見もありますが、なにしろ1ヶ月近く自由な時間はない予定でしたからね。先に出しておく方がいいかな?と思ったまでです。

 
 表現に多少問題のあるところやわかりづらいところがあるようですので、ここは修正しておきます…。




 ただ…懸念事項が一つ…。


 普段住み慣れない栃木の出張ということもありまして…車もないし、コンパもないし…知ってる女性もいないし、デートする時間もない…。


 そう…



 息子が!!



 下半身が!!


 
 求めているのです。言う事を聞かないのです。

 

 彼は毎晩夢に出てきて私にこう言うのです。





 もっこりさせろと!!




 =====○)д`);.・;゛;ブッ



 …
 
 すっかり萎えてしまいました_| ̄|○

 
 
 冒頭に発狂寸前と書いたのはこれです。


 ああ…


 徳島にいれば…今頃…

 
 
 めいぽに女… ネット … ドライブ そして… ムフフ



 =====○)д`);.・;゛;ブッ



 いろいろできたのに!!


 なぜこんな修行僧のような生活をしなきゃならないんだ!!


 これではまるで狩り場マナー作った罰を受けているようじゃないか!!


 やはり去年の暮れまでに彼女を作っておくべきだったのだ。

 そうすれば余裕だったのに。

 栃木の山奥でこんな思いをすることはなかった。

 心の支えがあれば、こんなひもじい出張も楽勝で突破できたのに!!





 女…女…













 


 …








  

 
 
 みんないいなあ。暖かいこたつに入ってめいぽか~。ストーブであたたまりながらめいぽか~ 新らしいパッチ楽しいんだろうな~

 テレビも自由に見れるんでしょ?お母さんの手料理が食べられるんでしょ?プライベートなんでもし放題なんでしょ?

 
 彼女いるやつはよろしくやってんだろ? ああ? そうなんだろ?



  (;゚д゚)?



 今「ぼくゎ 幸せだなぁ~」なんて言った奴前へ出ろ コラァ!!



 クックック…

 栃木の山奥から怨念を送ってやる!!




 =====○)д`);.・;゛;ブッ
 


 …




 俺なんて…気温マイナスよ? 部屋布団しかないよ? 帰ったら夜中だよ? めいぽとか… 女とか… あり得ないし… 


 



 ちきしょう。


 



 サイトでの横狩り問題も深刻ですが、それよりも深刻なのが私のいきり立った息子なのだ!!

 

 彼をどうしろと?



 







 これを癒すには 





 そう…   男じゃ無理。






 めいぽでも不可能。

























 女…  女…

  
  


















 女が欲しいぜ フォー!

 060118tre.jpg


















=====○)д`);.・;゛;ブッ








 それになんか最近ね。電話で聞いたんですが、私の元彼女と私の親友が付き合いだしたそうです。


 う~ん。これってどうなんでしょうね(笑)。


 祝福はもちろんしていますが、元彼女が親友と付き合ってて、熱々…というのはちょっと不思議な感じです。

 世の中わかりませんねえ。


 二人は私に感謝してくれてるみたいです。


 「おまえがいなければ付き合えなかった。そして出会う事もなかった」




 …と。



 
 まあ



 確かに(笑)。
 


 幸せになって欲しいねえ。




 なんかよくよく考えると、この親友にしても元彼女にしても、他の友達も…


 なんかほとんど私がコンパで出会って紹介してカップルになった奴らばっかなんだよなあ。


 
 う~ん。これって凄い貢献してるというか、いい事なのではないかしら?





 しかし…今の私は山奥で… 






 …なんで…  










 _| ̄|○











 だいたいおかしいじゃないか。私が紹介してカップルになったやつが近い友人だけでも5,6人はいるんだぞ。

 普通は紹介した私に女を紹介するのが筋ってモンじゃないか。

  (;゚д゚)?


 そうだ。これこそマナーじゃないか。


 紹介して貰ったら、紹介仕返す。

 
 そうだろう? 狩り場のマナーもこれに通じるんじゃないのか?



 よし、書いてやるぞ、猿でもわかる女性の…



 =====○)д`);.・;゛;ブッ




 もうやめましょう(笑)。




 というわけでして…。


 狩り場のマナーについてのコメントは全部読ませて貰いました。皆様の意見には記事の表現の修正という方法で答えたいと思っています。

 あれはあれでコンテンツですからね。


 今は充電というか… 懺悔というか… 修行というか…


 しっくりくる言葉が見あたりませんが、この仕事が終わったら代休が死ぬほど貰えますので、終わったら東京にでもよって…夜の女を…ムフフフ

 

 何? 経費で遊ぶな?だと!?


 それもマナーだろ!! だと!?




 
 貴様!! 人聞きの悪い事を言うな。


 
 

 栃木から徳島に帰るには羽田空港。そう…東京に寄らなければならないのだ。

 
 わかる?飛行機じゃないと帰れないのだ。


 絶対に羽田空港に行く必要がある。



 そりゃあ真っ直ぐ徳島に帰ればいいんだけどね。



 世の中そううまくは行かないのだよ 君ぃ。



 こんな出張した後、徳島に帰ってまた通常業務とか虫が良すぎるのだよ社長!!



 世の中の厳しさを教えてやる。


 
 必殺ストーリーはこうだ。


 2月15日 地獄のような出張が終わる。


 そして栃木から東京に移動。



 羽田空港に向かう途中…



  (;゚д゚)?



 ん?



 あれ?


 おっと、いまから羽田にいっても飛行機の時間が多分その日は間に合わないなあ。しょうがないなあ。新幹線がなんか遅れたような気がするなあ




 東京に一泊 泊まるか…。ていうか泊まるしかないよねえ。


 ていうか2泊しちゃおうかな~。バーチャファイターもしたいしな~。




 クックック…。



 しょうがないよ。だって飛行機間に合わないもん。


 もっとも…間に合わないように自分でするんだがね…。 




 ウフフフ…



 君も男なら立場をよくわきまえたまえ。

 そして世の中をよく知りたまえ。

 
 金ならあるぞ。ねぇそこのお姉さん。この諭吉で私の息子を…




 =====○)д`);.・;゛;ブッ






 まっすぐ徳島になんかに帰るかよ(笑)











 う~ん…。


 リアル日記がこんなんだからいつも


読者「八十八茶書いてる人と、普段の日記かいてる人って別ですよね?」

財前「え… 一緒…かも…」

読者「工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工  そんなの…信じたくない」

財前「…え。 あ…書いてる人は違う…かな」

読者「…」





 なんて言われるのかなあ(笑)。
 









Edit Comments(32) trackBack(2) |

Page up▲

25

January February March April May June July August September October November December
2005(Sun) 12/25

クリスマス(23)

女性関係徒然 … Comments(23)


 どうも皆様。ご無沙汰です。

 今日でクリスマスが終わり、今週で今年も終わります。この1週間はいろいろ考えさせられましたね。今年というより今までの人生を振り返ってしまう時間もありました。

 悪いときがないとなかなか自分の歩んだ軌跡というのは振り返りませんからね。 

 感謝すべきなのかどうなのか…。

 結局クリスマスイブはダメでした。

 相手の女性から24日に誘われたのに、なんと昔の彼氏と寄りが戻ったからゴメン…と当日の昼にドタキャン。

 …

 …

 結局昨日は友達と過ごしました。用意しておいたケーキも友達の家族と…。

 その女性も悪かったかもしれませんが、その女性を見抜けなかった自分にも責任があるんでしょうね。

 まあ何もしないよりは良かったかな?と思います。
  
 どうでしょうね。

 これで…

 付き合った女性の数が… 約14名に対し、フラレタ女性の数がついに大台の30を超えました(笑)。

 友達からすると両方ありえない数字みたいですが、私にとっては肥やしですね。

 フラレた30回という経験があるから今の自分があるのかな?と思いますし。 あの子と別れてなければめいぽをやってない。あの子とまだ付き合っていればサイトは多分開設していない。あの子にフラレてなければ今の仕事はできていない。そういえばクラブのNO1のホステスと付き合えたよなあ…あれ続けていたら今頃…ホスト…



 とまあ振り返るとそれぞれきっかけがあったりするのに昨日きずいたりね(笑)。



 不思議なものですね。どの局面でも選択ひとつで大きく人生が変わっている可能性があった。

 クックック…



 やはり俺は…


















 





 所詮 負け犬… _| ̄|○















 私にやるべきは振ったことを後悔させるくらいの男になることくらいですかね。
 

 …



 と


 まあスッキリしたところで、今日はもうひとつやり残してることをやらないとね。

 クリスマスメイポにINしてる方々。お疲れ様です。

 たくさんのプレゼントを用意しました。

 今日夜8時くらいに帰宅しますが、CH1にてそれを皆様にばら撒きに回ります。

 いいアイテムばっかりじゃないけど、貰ってください。


 








Edit Comments(23) trackBack(2) |

Page up▲

22

January February March April May June July August September October November December
2005(Thu) 12/22

桜咲く(1)

女性関係徒然 … Comments(1)

相変わらずまったく話が進展しませんね…。見返しても会話だけしてて、ほとんど状況的には変わってない…。
 
 今日なんてそこから一歩も動いてない話ですから(笑)。ついつい前置きが長く…。まあこのくらいが丁度いいかな。

 コメント頂いてたご質問のネペンシスの蜜…。私はドロしてませんが、ここをご参考に…


 何万匹に一個の世界らしいです。










 で昨日の件ですが…































 とったど~~~~~~~~




















 玉取った!!

 =====○)д`);.・;゛;ブッ



 …







 正直この数日間クリスマスの魔力に魅せられてしまい我を失っていました。友チャやギルチャでも多大なるご迷惑をお掛けしたと思います。つきあってくれた方々に感謝。

 
 リアルでもメイポでもこの日記のコメントでも様々なご意見を頂きました。

 恋愛に関してはそれぞれの人によって意見が違います。例えば今回の私のケースで言えば

 ①コンパで知り合った女性に一目惚れ
 ②1日メールで雑談
 ③2日目に満を持して食事に誘う
 ④その日相手の女性からの返事はなし
 ⑤さらにその翌日返事なし
 ⑥もう一度メールを打つも…さらに無視された


 このケースに関して多かった意見が

 
・2~3日で諦めるのは早い。その女性の事が本気ならば根気よくアタ ックすべきだ。1年以上片思いをする人も多くいるし、何度振られてもアタックし続ける人もいる。



 …なるほど。第三者から見れば純愛に写るかな?これは。


 …
 

 しかし…



 私は諦めました。アタックする事をやめて新しい女性に行く事を選びました。それに対して



・軽すぎる。そんなすぐ諦めるくらいなら元々アタックなんてすべきでないし、信用性を失う


 という意見も頂きました。

 確かに好きな女性に対しては誠意を持って1回や2回の断りにもめげず、アタックし続けるのも一つの愛を伝える形でしょう。




 でも私はそうじゃない。




 相手がこちらと関わる気がないとわかった時点で…。アタックし続けて相手に迷惑をかけるくらいならすっぱり諦めて次の子を探す。引くのもこれまた一つの愛の形です。

 
 まあ最近は恋愛ドラマが一つの恋愛の教材となっているから…私のようなタイプは嫌われるんでしょうけどね。そりゃずっとアタックしてOK貰う方がドラマ的にはいいよね。

 でも相手の気持ちはどうなんでしょう。世の中残酷ですから…。


 


 第三者から見ればずっとアタックし続ける姿は誠実に見える。すぐに諦めて他の相手を捜す姿は誠実さがないように見える。

 でもその相手に対してはどうでしょうか?

 これ以上追いかけると相手に迷惑を与えていた可能性もあった。というよりこれ以上追いかけると…嫌がられていたかもしれません。



 アタックし続ければいつか… とはとても思えません。


 夢を見ない方がいい事もある。



 追いかけ続けるのは私に言わせれば自分の愛に夢中になって、相手の事まで考えが及んでいないように思う。ハッキリNOと言えない女性もいるのです。その子の気持ちをくみ取ってあげる事も大事。確かに無視はマナー違反ですが、その人の性格なんだからそれはそれでしょうがない。



 
 恋愛の本なんかを見ると… 

 こうしろ こうすべきだ、この状況ならこだ


 と事細かに書いている本もありますが、どれも嘘。マニュアルなんてあるわけがない。

 


 正直、どちらの選択がいいとも言えませんが、自分の性格に合った行動をそれぞれが取らなければならない。


 今は追いかける人の方が多いのかな~?



 私の場合は酷いと言われようと、昨日新しい女性と会う事を選択した。もちろん。それまでの入れ込みようはなんだったのか?と周りから不信感に近い目で見られました…でもその人を愛していたのは本当です。


 誰になんと言われようと、自分には自分に会った選択というのがある。第三者のために恋愛はするべきものではない。サイトやこの日記、そして友達、仕事なんかで自己犠牲を払うことを私は苦にしませんが、自分の彼女を作るのに第三者に自己犠牲なんて払うつもりはない。


 ここはどん欲に行く。自分にはこの選択が最良だと暗示をかける。


 そしてそれを証明するのも、スキルにするのも自分自身なのです。






 昨日新しく会った女性は…大きい声では言えませんが…私のタイプでした。本当に運が良かったと思う。そんなそうそう好みの女性に出会う事なんてないですから…。

 食事はすべてに気を遣いました。盛り上がりすぎないように…そして誠実に…。

 とにかく自分の言葉ではなく、素振りや雰囲気そういうのを見て貰えるように普段と変わらない自分を出しました。

 コンパのように必要以上にテンションを上げるのは危険…。


 食事が終わった後、友達と事前に打ち合わせした通り、私がその子を家まで来るまで送る事に。その子が私の車に乗りました。

 これは今回の教訓です。前の女性はメールで食事、好意を伝えて失敗した。

 ならば今回は車に乗っているその子に直接言ってしまおうと判断しました。メールでの誘いはやはり効果的ではない。私はメールが下手です_| ̄|○。

 
 30分の帰路の中、相手の家が近づいてきました。メールアドレス、電話番号の交換もしてません。

 しかし、本当にやるべきは…次に会う約束。

 そうでしょう?

 
 電話番号とメールアドレスなど聞いたところで何の意味もない。
  


 でもさすがにいきなり24日会おうとはまさか言えません…。今週の予定をある程度聞いた後、


財前「ねぇ…23日とか… 空いてるかな…」

女性「え?」

財前「23日って明後日だけど…」

女性「…」



財前「だ…ダメかな…」

女性「23日…」

財前「ご…ごめん。は…早すぎるよね…。ホントは24日がいいんだけど…。いきなり24日は失礼だし…」




























女性「24日でもいいよ…」
























財前「!?」

女性「25日仕事お休みだし…」

財前「…」 oo00(工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工)」

女性「…」

財前「…」 

























 つい最近振られた女性に行ったアプローチ。メールではうまく伝わらなかったその気持ち…。悩んだ末の決断。 もし…その女性がいなかったら…。もしかしたらこのようにうまくは行かなかったかもしれません。

 そしてその女性をいつまでも追いかけていたら… 昨日はなかった。すべては繋がっていたんですね。





 








 この瞬間に…































 私は自分の選択が正しかった事を理解した。

  















 暖かいコメントをくれた皆様。ありがとう。
  








Edit Comments(1) trackBack(0) |

Page up▲

21

January February March April May June July August September October November December
2005(Wed) 12/21

女性のスルースキル(20)

女性関係徒然 … Comments(20)

 最近こんな日記ばかりで申し訳。

 

 皆さんの励ましは身に染みるほどうれしかったです。ありがとうございます。ご心配をおかけしました。もう大丈夫です。

 でも残念ながら期待も虚しく…申し訳ありません。


 でも結果は報告する義務はありますよね(笑)。追記に残しておきますね。




 
 

(.. Read more)


テーマ: オンラインゲーム
ジャンル: オンラインゲーム








Edit Comments(20) trackBack(1) |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2005(Tue) 12/20

クリスマスイブに彼女ゲットのチャンス到来!? 今回は諦めろ… (2)

女性関係徒然 … Comments(2)

相変わらずまったく話が進展しませんね…。見返しても会話だけしてて、ほとんど状況的には変わってない…。
 
 今日なんてそこから一歩も動いてない話ですから(笑)。ついつい前置きが長く…。まあこのくらいが丁度いいかな。

 コメント頂いてたご質問のネペンシスの蜜…。私はドロしてませんが、ここをご参考に…


 何万匹に一個の世界らしいです。










 で昨日の件ですが…































 とったど~~~~~~~~




















 玉取った!!

 =====○)д`);.・;゛;ブッ



 …







 正直この数日間クリスマスの魔力に魅せられてしまい我を失っていました。友チャやギルチャでも多大なるご迷惑をお掛けしたと思います。つきあってくれた方々に感謝。

 
 リアルでもメイポでもこの日記のコメントでも様々なご意見を頂きました。

 恋愛に関してはそれぞれの人によって意見が違います。例えば今回の私のケースで言えば

 ①コンパで知り合った女性に一目惚れ
 ②1日メールで雑談
 ③2日目に満を持して食事に誘う
 ④その日相手の女性からの返事はなし
 ⑤さらにその翌日返事なし
 ⑥もう一度メールを打つも…さらに無視された


 このケースに関して多かった意見が

 
・2~3日で諦めるのは早い。その女性の事が本気ならば根気よくアタ ックすべきだ。1年以上片思いをする人も多くいるし、何度振られてもアタックし続ける人もいる。



 …なるほど。第三者から見れば純愛に写るかな?これは。


 …
 

 しかし…



 私は諦めました。アタックする事をやめて新しい女性に行く事を選びました。それに対して



・軽すぎる。そんなすぐ諦めるくらいなら元々アタックなんてすべきでないし、信用性を失う


 という意見も頂きました。

 確かに好きな女性に対しては誠意を持って1回や2回の断りにもめげず、アタックし続けるのも一つの愛を伝える形でしょう。




 でも私はそうじゃない。




 相手がこちらと関わる気がないとわかった時点で…。アタックし続けて相手に迷惑をかけるくらいならすっぱり諦めて次の子を探す。引くのもこれまた一つの愛の形です。

 
 まあ最近は恋愛ドラマが一つの恋愛の教材となっているから…私のようなタイプは嫌われるんでしょうけどね。そりゃずっとアタックしてOK貰う方がドラマ的にはいいよね。

 でも相手の気持ちはどうなんでしょう。世の中残酷ですから…。


 


 第三者から見ればずっとアタックし続ける姿は誠実に見える。すぐに諦めて他の相手を捜す姿は誠実さがないように見える。

 でもその相手に対してはどうでしょうか?

 これ以上追いかけると相手に迷惑を与えていた可能性もあった。というよりこれ以上追いかけると…嫌がられていたかもしれません。



 アタックし続ければいつか… とはとても思えません。


 夢を見ない方がいい事もある。



 追いかけ続けるのは私に言わせれば自分の愛に夢中になって、相手の事まで考えが及んでいないように思う。ハッキリNOと言えない女性もいるのです。その子の気持ちをくみ取ってあげる事も大事。確かに無視はマナー違反ですが、その人の性格なんだからそれはそれでしょうがない。



 
 恋愛の本なんかを見ると… 

 こうしろ こうすべきだ、この状況ならこだ


 と事細かに書いている本もありますが、どれも嘘。マニュアルなんてあるわけがない。

 


 正直、どちらの選択がいいとも言えませんが、自分の性格に合った行動をそれぞれが取らなければならない。


 今は追いかける人の方が多いのかな~?



 私の場合は酷いと言われようと、昨日新しい女性と会う事を選択した。もちろん。それまでの入れ込みようはなんだったのか?と周りから不信感に近い目で見られました…でもその人を愛していたのは本当です。


 誰になんと言われようと、自分には自分に会った選択というのがある。第三者のために恋愛はするべきものではない。サイトやこの日記、そして友達、仕事なんかで自己犠牲を払うことを私は苦にしませんが、自分の彼女を作るのに第三者に自己犠牲なんて払うつもりはない。


 ここはどん欲に行く。自分にはこの選択が最良だと暗示をかける。


 そしてそれを証明するのも、スキルにするのも自分自身なのです。






 昨日新しく会った女性は…大きい声では言えませんが…私のタイプでした。本当に運が良かったと思う。そんなそうそう好みの女性に出会う事なんてないですから…。

 食事はすべてに気を遣いました。盛り上がりすぎないように…そして誠実に…。

 とにかく自分の言葉ではなく、素振りや雰囲気そういうのを見て貰えるように普段と変わらない自分を出しました。

 コンパのように必要以上にテンションを上げるのは危険…。


 食事が終わった後、友達と事前に打ち合わせした通り、私がその子を家まで来るまで送る事に。その子が私の車に乗りました。

 これは今回の教訓です。前の女性はメールで食事、好意を伝えて失敗した。

 ならば今回は車に乗っているその子に直接言ってしまおうと判断しました。メールでの誘いはやはり効果的ではない。私はメールが下手です_| ̄|○。

 
 30分の帰路の中、相手の家が近づいてきました。メールアドレス、電話番号の交換もしてません。

 しかし、本当にやるべきは…次に会う約束。

 そうでしょう?

 
 電話番号とメールアドレスなど聞いたところで何の意味もない。
  


 でもさすがにいきなり24日会おうとはまさか言えません…。今週の予定をある程度聞いた後、


財前「ねぇ…23日とか… 空いてるかな…」

女性「え?」

財前「23日って明後日だけど…」

女性「…」



財前「だ…ダメかな…」

女性「23日…」

財前「ご…ごめん。は…早すぎるよね…。ホントは24日がいいんだけど…。いきなり24日は失礼だし…」




























女性「24日でもいいよ…」
























財前「!?」

女性「25日仕事お休みだし…」

財前「…」 oo00(工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工)」

女性「…」

財前「…」 

























 つい最近振られた女性に行ったアプローチ。メールではうまく伝わらなかったその気持ち…。悩んだ末の決断。 もし…その女性がいなかったら…。もしかしたらこのようにうまくは行かなかったかもしれません。

 そしてその女性をいつまでも追いかけていたら… 昨日はなかった。すべては繋がっていたんですね。





 








 この瞬間に…































 私は自分の選択が正しかった事を理解した。

  















 暖かいコメントをくれた皆様。ありがとう。
  








Edit Comments(2) trackBack(0) |

Page up▲

20

January February March April May June July August September October November December
2005(Tue) 12/20

クリスマス 今回は諦めろ…(4)

女性関係徒然 … Comments(4)

 

 皆さん昨日は心暖まるコメントをありがとうございました。特に…


 卍魑魅麺麭卍さんが書いてくれた言葉





 『口先だけで愛していると言われても、簡単に無視することはできるけど、態度で示されると、ついほだされてしまう。』




 素晴らしい言葉ですね。これは知りませんでした。


 何かわかりませんが、すごい勇気づけられる言葉でした。



 ありがと~。




 これですよ。これ。

 確かにそうです。私もこれがしたいんです。


 でもね…。


 まずはメールで呼び出さないといけないんですよね…。

 メールで…。


 だってコンパで知り合ったわけですから、どうしても連絡はメール…。家とか知らない…。友達も知らない。

 
 …




 メールでは自分の態度、行動は見せられないわけで、第一回目の食事に関してはなんとか向こうの女性に来て貰う以外に方法がない。

 食事に来てくれさえすれば… 後は行動、態度でなんとかできるはずなんですが、今回はどうも…


 誘う前の時点でやはり旗色が…。


 というのもね。

 昨日メールを打ったんですよ。

 
 「明日か明後日、食事につきあってくれませんか?」




 って。




 そしたらね。


 ついさっきまでメールで普通に雑談していたのに、そこからプツッとメールの返信が途絶えました;;

 


 つまり音信不通;;









 ああああああ


 _| ̄|○



 早まった事をしてしまった~!!!!!


 やはり…やはりもう一日待ってここは電話で直接誘うべきだった…。


 し…しまった~~~~~~ぁぁ


 


 お…俺はなんということをしてしまったんだ…。














 なんて思っても後の祭り…。


 もう打ってしまったものはしょうがないですからね…。もしかしたら、そのメールを打ったときに相手は寝てたかもしれません。友達と電話してたかもしれません。お風呂に入っていたかもしれません。

 
 …




 そして…

 言いにくいですが…




 スルーしたかもしれません…。

 

 でも…一日考えてくれて今日の夜に返事が返ってくるかもしれません。



 でもその可能性は…。


 限りなく0に近い。



 恐らく…もうこの恋は終わったと考えるのが筋でしょう。




 まさに八方塞がり。万事休す。ぐうの音も出ないとはこの事です。




 そしてこれを女友達の恵子さんに相談したところ…





財前「かくかくしかじかで…」

恵子「ふむふむ…それで?」


財前「こうなってこうで…」

恵子「なるほど…それで?」

財前「ごにょごにょ」

恵子「(*ノωノ)キャ♪ それで?返事は来たの?」

財前「2時間待ったけど…来てない…」

恵子「それ打つまでは普通に返事来てたんだよね?」

財前「うん…」









恵子「なるほど。OK。わかったわ。謎は解けた。 簡単じゃない。 つまりこういう事よ」

財前「え? 何かいい案でも…?」





恵子「つまり…





















今回は諦めろ…    って事よ」











財前「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」
















 酷すぎる…。



 君には彼氏がいるから人事だろうけどさ…_| ̄|○







 …



 …




 すいません…。




 表現がわかりにくいですか?




 文章じゃ伝わりにくいですか?私の状況…。



 出しますか?アレを…





 わ…わかりました。ではお見せしましょう。


 今の私の状況が一目でわかる魔法の画像。







 つまりね。





 今の状況



 「今回は諦めろ」


 
 …を



 もっと簡単に…視覚的に表すと…



 

 こういう事なんですよ。わかる?
 


 
 行きますよ?
















 …





















































ff59632f.jpg


 



























 今の画像見て笑った奴絶対いるだろ!! 


 わかっているんだぞ? 手をあげろ!!

 貴様か!!

 人の不幸を笑うとは…

 幸せ者も前に出ろ!!クリスマスぶっ潰しにいくからな

 
 メリー苦しみます… グエヘヘ…


 
 =====○)д`);.・;゛;ブッ
 

 …



 _| ̄|○
 
 _| ̄|○
 
 _| ̄|○










 …







今回は…あきらめろ




 
 それにしてもこのセリフ…妙に説得力が…胸にグサッとささる言葉ですよね…。


 恋の相談をした信頼してる友達に





 …





 今回は…あきらめろ





 とか二度と言われたくねえよ(笑)。



 くそう恵子の野郎…。調子に乗りやがって。

 
 戦う意味もわららぬ女め!!



 あああ…

  
 …
 
 
 どちらにしても彼女の返信が来ないとどうすることもできない。今のままだとマジで…


 本当に追いつめられてしまいました…。あのメールを打った瞬間に私にはもう…写真を見ればわかるように逃げ場所はないのです。


なんで自分をネタにこんなことを書いてしまってるんだろう…。自分で自分が…。


 正直ホント笑い事じゃないんですけどね(笑)こんな精神状況でよく八十八茶書けたなあと我ながら感心しますよ…。


 

 どちらにしても今日の夜…全てが決まりそうです…。もう後は彼女を信じるしかない…。

 しかし、もし一緒の食事にOKがくれば… 勝ったも同然です。





テーマ: ささえ
ジャンル: 恋愛








Edit Comments(4) trackBack(0) |

Page up▲

19

January February March April May June July August September October November December
2005(Mon) 12/19

クリスマスを迎えるに当たって(28)

女性関係徒然 … Comments(28)

 八十八茶の更新を楽しみにして頂いている皆様。申し訳ない。もう少しお待ちを…。ちょっと更新が遅れるかもしれません。



 今こそまさに正念場…。


 ちょっとこの後は女性関係でのプライベートな事です。恋愛等にまだ興味のない年の方は恐らく視点が違うので読まない方がいいかもです。

 正直言ってクリスマス近いでしょう?私と同じような事思ってる人は一杯いるはずなんですけどねえ。いや…居ないとおかしいよ。

 この時期はみんなどこかで恋を意識してる。

 そりゃまあ彼女がいれば別ですが、一人者ならばこの力を借りてチャンスを得ようとするのが当然です。女性男性関係なくね。

 
 …

(.. Read more)


テーマ: 結婚
ジャンル: 恋愛








Edit Comments(28) trackBack(1) |

Page up▲

12

January February March April May June July August September October November December
2005(Sat) 11/12

LV114 風に吹かれて消えてゆくのさ(19)

女性関係徒然 … Comments(19)

 風に~吹かれて~消えて~ ゆ~くのさ♪

 という曲が以前に大ヒットしましたが、その歌手は今…歌詞の通り吹かれて消え(ry

え~

 最近はちょっとリアルでいろいろありすぎて中々日記に集中できなくて申し訳…

 もうね…いろいろ信じられないことがおきまして…大変です。

 仕事は次から次へと当たらしい事が出現するし、プライベートでもね…。


 え~とあれは確か1ヶ月前かな?告白した女性 Aさんがいるんですが、その時あっさり振られたんですよ。



 好きな人がいるんです。ごめんなさい



 ってね。で私もあきらめたんですが、今頃になってね…。

 

 「よく考えたのですが、財前君の事真剣に考えてもいいかな?と感じています」

 

 なんて電話が来ましてね…。

 まあ好きな人に振られたのかな?てか、これ卑怯だよ(笑9.う~ん。困りました。こっちも意中の女性を落とす寸前でして…。

 しかし、このAさんも綺麗な女性でして…。さらにグラマーですし…。もうね。(*´д`*)ハァハァハァアハァな女性なんですよ。逃すのはもったいない。そしてこの言葉…。まあハッキリ言えば私がOKすると付き合えるという事でしょう?

 1ヶ月前だったらキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !だったんですが…

 _| ̄|○


 なんで一回私を振った女性が心変わりしたのか、さっぱりわかりませんが、正直、困ってます…。

 いやね…


 本音を言えば両方とヤリたい

 =====○)д`);.・;゛;ブッ

 
 というわけでして。

 もう…

 狩りとか1時間もできませんよ…。

 今回どうするかというのはね…。人生を左右します。

 ビートル+65 UG1に30%篭手書を貼り付けるようなものです…。貼れるわけない。もちろん、ここは100%書か60%書なわけです。

 しかし人生にそんな安全パイは存在しない。

 生きるか死ぬか。つまり選択肢は呪い書しかないのです。










051111fg.jpg



 

 今回選んだ女性が=結婚=人生のパートナーとなることもあり得るだけに…


 Aさんは26歳、今狙っている女性は22歳…。


 どちらが料理がうまいのか…。どちらを奥さんとして選ぶべきなのか…。

 (*´д`*)ハァハァハァアハァ


 そんなの付き合わないとわかるわけない。

 
 …

 幸い月曜日から木曜日まで大分県に出張ですので、ネットは不可能。これを利用して少し頭を冷やしてきます。



 まあそんなときに


 風に~吹かれて~消えて~ ゆ~くのさ♪


 という猿岩石の曲が脳裏に浮かんだわけでして…。

 
 半端な結論を出すとホントに風に紛れて消えかねない。

 
  人生の選択というか岐路ってね…。突然現れるだけに対処が難しいですね…。


 テンション低くて申し訳…








Edit Comments(19) trackBack(0) |

Page up▲

07

January February March April May June July August September October November December
2005(Mon) 11/07

LV113 稲妻剛神逝ってよし(21)

女性関係徒然 … Comments(21)

 さて皆さん

 ドロップアイテムを店で売りたいのをじっと我慢して、ドロップ品を今コツコツと貯めております。先日言ったアイテムばらまきバーティーですね。もう30個超えてるからね。いやあ調子いいです。
 
 目玉アイテムは
 
 黄金錫杖魔力+73 超良品。
 強化ハーフシューズ DEX+7  LUK+2
 黄色マント
 手裏剣各種

 …と言ったところかな。あとはピラティとか兜とか書とかね。結構集まってます。

まあ黄金錫杖とハーフシューズ等の上記目玉アイテムは私のものではないため、その人の資金次第では売られるかもしれませんが、いちおう売れ残れば当日に頂けるようです。
 

 ありがたいことです

 しかし…申し訳ないんですが、今…実は新しい彼女ができる寸前でして…。クリスマス辺りのINが相当怪しい感じです。

 ってまた以下の話題はめいぽに関係なくなりそうです…

 明日一緒に夜の映画に行くんですが、それで問題なければOK。今回に関しては以前のダブルドラゴンや姉御みたいに攻め落とす…という感じとは違い、とりあえずコンパで私の事を気に入って頂けているようです。ゆえに後の展開は楽なものです。

 すでに 優勝へのマジック3が点灯しています。

 明日の映画でマジック  2
 次に食事で身の回りの事を話してマジック  1
 あとは…
 

 という事ですね。

 
 早いもので前の彼女と別れて半年…

 7月から遊びまくっておりましたが、いろいろな女性とコンパして (;´Д`)ハァハァ するのもそろそろ終わりそうです…。

 さすがにクリスマスに彼女がいないわけには(笑)。

 人間て不思議なものでね。クリスマスが近くなると、恋愛モードに入るんですよ。別に焦る必要はないんだけど焦る。

 それはどんなに綺麗な女性であっても同じ。それがこの時期です。ゆえにこの時期は普段はコンパにこない女性も出会いを求めて外に出てくる。

 そこを突くのが男としては最も成功率が高い。

 これは過去の自分の歴史を見てもわかります。

 前の彼女と付き合ったのが確か    2004年12月13日
 その前の彼女と付き合ったのが    2003年12月24日
 さらにその前の彼女と付き合ったのが 2002年12月16日
 さらにその前は 7月前でしたか… その前も7月

 これを見てもわかるように、明らかに12月(クリスマス)、そして学生時代だったからか?7月(夏休み)という時季がキーポイントとなっています。

 これはね。

 9月や10月などの半端な時期は誰しも「選りすぐり」をするのです。女性が男性を見る目が厳しくふるいの網が細かい。次のコンパはもっと素敵な人が来るのでは?と思っているのでしょう。そして告白せずになんとなくダラダラと行ってしまう…というのもこの時期でしょうね。
 

 しかしクリスマスが近づくとこうは行かない。どんなにお堅い女性も多少ふるいの網を広げざるを得ない。

 それはクリスマスを逃すとしばらく動けないからです。クリスマス→年越し→正月というコンボの時に口説くのはあまりにも場違い。新年早々みんなそういう気持ちではない。ゆえにそれまでに恋人を作っておく必要がある。

 そして2月が近くなると、バレンタインがありますので女性の気持ちは現実から離れ、空想、妄想の世界に入っていく。片思いの男性を思うわけですね。そこに他人様がつけいる隙はない。

 となると次にコンパを本格的にできるのは3月…となるわけで、この12月に決めないと3ヶ月も無駄に過ごす事になってしまう。

 それをみんな心のどこかでわかっているんですね。

 だからこの時期は女性のお股が緩む =====○)д`);.・;゛;ブッ


 …


 こ…心のガードが緩くなるわけです。
 

 めいぽに例えてわかりやすく言うと、1~3月は金欠で露店許可証を買えなくて露店を出せない…というのと同じ状況。

 こうなると1月までに高い投擲書の相場を下げてでも売っておきたい…となるわけですね。

 とは言っても12月の中旬にコンパをするのではあまりにも遅すぎる。告白→承諾までを考えると、それまでに出会っておく必要があるわけです。つまりコンパでお相手を見つけるまでのタイムリミットは12月の初旬。ここまでに照準を定める。そして中旬までに仲良くなり、いつでも告白できる体制を取っておく必要がある。

 ある程度仲良くなり、こちらの「好き」という気持ちをある程度臭わせておけば後は楽です。

 例え恋人でなくともクリスマスの24日に食事に誘えばいい。

 承諾してくれたらそれはOKという事でしょう。

 クリスマスという力を借りれば改まって告白せずともいい。重い告白の空気を作らなくてもいい。ただ24日に

 「好きです」

 
 と言うだけで、ロマンチックに…かつ自然に付き合えるわけですね。

 この辺をわかってないと叶う恋も叶わない。

 
 俺は格好いい


 と自分で自分に暗示する…思いこむ事は「自信なさげにしてる」よりも非常にいい事なんですが、それだけではだめ。女性を口説くときは謙虚でなくてはいけません。狼が牙を剥くのは…?


 イブの夜なのです。それまでは牙を見せてはいけない…。



 まあ私の場合は女性に振られた数の方が付き合った数より多いので、あんまり参考にならないかもしれませんが(笑)。



 …



 まあしかし、やはりというべきか…

 先週のコンパはいつもとは雰囲気が違いました。普段なら雰囲気を考慮して全員に満遍なく話を振るのが基本ですが、みんなそういう雰囲気ではなかったので、先週のコンパはほぼ一点集中で狙い打ち。

 他の女性はスルー1択です。幸い彼女がいるデビルがコンパには来ていたので、私と友人がスルーしてる女性の話し相手を奴が担当。

 そして「人間は自分の左に座っている相手の方に親近感が沸くやすく
、話しやすい。それゆえ心を許す確率が高い」という深層心理を見事に突き、私は当然女性の左座席をゲット。

 そしてコンパ後、4日間のメールを懇親的に続け、2人きりでの映画鑑賞権を獲得。


 クックック…。

 バイキング狩りでもいいましたが、

 これぞ、まさに魅惑の左ポジション。


 皆さんも今、好きな女性がいるのであれば、左ポジションをゲットし、デートに誘ってみては如何でしょうか?

 クリスマスだけに女性も受け身。勇気を出せばきっと不思議な力があなたに宿るはずです。

 でも闇へと消え去ったら申し訳…












 
 選んだ映画がこちら
 
051105redvgyyyy.jpg


 ティム・バートンのコープスブライド

 こういう軽いので行こうと思います。


 巷では 1位  私の頭の中の消しゴム
     2位  春の雪

 なんて映画が人気のようですが、恋愛映画は苦手なもので…。それにいきなり恋愛映画はねえ…。

 さすがにやりすぎです。


 しかし…
 
 カレンダーを見ると12月23日が金曜、24日が土、25日が日…か…。

 クリスマスにアイテムばらまきパーティーをすると宣言しものの…うまい事週末に当たってますからね…。実はINできるかどうか怪しい…。でもなんとか25日…にアイテムをばらまきに行ければいいな~とは思ってます。









 
 プレゼントアイテム収拾のために土日は「Mバイキン」に籠もってました。

 そして久々のレアドロップであるLV90片手剣「プラーテ」+94が出現したのですが、oura-te.gifさすがにこれは…ね(笑)。普段苦労されてる片手剣戦士の方に売ってあげたかったためプレゼントはなし。

 「美紀子」さんという方が2.5Mで落札です。当然女性特別価格。
 
 この方…LV134の片手剣ナイトですが、結構Mバイキングに籠もっているらしい…。女性なのに凄すぎるプレイヤーみたいですね。

 赤字は大丈夫なのかな?

 せっかくですのでプラーテ売ったついでに…というわけでPTを御願い。その後、Mバイキングをずっと一緒に狩ってました。

 05105fwd.jpg


 非常に律儀な方で、メルUPとヘイストを私がかける度にF2(笑顔)をくれます。


051105yhgf.jpg


  
 癒されます。

 疲れが癒されます…。

 そのF2の効果はヒールやHSなど足下にも及びません。

 なんと私はそのF2目的にメルUPをかけてまだそんなに時間が経っていないのに掛け直しに行く始末(笑)。

 まさにアッシー君…。


 F2をくれるだけで男など奴隷に等しくなるのです。

 
 いい… (;´Д`)ハァハァ 美紀子さんがF2くれるなら俺…道具扱いでもいい…。

 メルUP、ヘイスト発生器として扱って下さい


 
 =====○)д`);.・;゛;ブッ

 …

 




 _| ̄|○



 ん?

 何?

 F2押したら 財前は誰でもメルUP、ヘイストを律儀にかけてくれるのか

 
 だと?


 そりゃそうですよ。 


 あ。そうそう。
 

 あなた…





 性別は?


  

 …





 え? 男?



 


 …


 



 なんだ … 野郎かよ  (-ι_- ) ップ

  

 (>Д<)カァーッ ( -д-) 、ペッ


 
 野郎はメルUP抜きでやれよ。めんどくせえ。

 
 いちいちF2押すな。重くなるんだよ。F12でも押してろ。ラグで死んだらどうしてくれるんだ。まったく。

 いいか。俺は上で狩ってるからてめえで貰いに来い。いいな?

 そしたらヘイストくらいなら掛けてやってもいいぞ。

メルUPは交渉次第だな。希望額書いて内緒ヨロ



 =====○)д`);.・;゛;ブッ




 …


 いやあ。しかし、こんなかわいい人と狩れるなんて…昨日のビシャス撃破の時とは大違いです。

 051105.jpg


 昨日は初めてビシャスを撃破したんですが、なんと、バグか?仕様か?ボスが解体せずに終了…。結局手動で外に出るハメに…。バグさえなければクリアできたんですけどねえ。

 
 それに比べると今日はいきなりこんなかわいい狩りパートナーができるし、終日SDTだし、サクチケ終日だし…で至れり尽くせり。


 Mバイキングを狩りまくりました。

 しかし、残念ながらレアアイテムドロップはなし…。椎茸とかもちろん出てません。

 かなり狩ったんですけどね…。

 ばらまきアイテムに椎茸があれば、皆さん喜んでくれるんでしょうけど…さすがに出ないですね(笑)。

 
 そして…美紀子さんと狩る事4時間…

 途中お互いが抜けたりしてさらに狩る。

 狩る

 狩る。

 
 やはり出ません…。 

 これだけ狩っても出ないなんて_| ̄|○


 そうこうしている間に夜の8:00が来まして、経験値4倍モードに…。そこで歩兵 稲妻が

稲妻「財前さん Mバイキングいれてくれ」

財前「いや…しかしなあ。相当鬼沸きだし… 超赤字だよ?おまえ破産するぞ」

稲妻「破産してもいいよ。でもドロップでると破産しないからな。グエヘヘ。一種の賭だよ」

財前「破産とか言われると… 破産されるとかわいそすぎてこっちの胸が痛むよ…。黒字狩りすれば?」

稲妻「一攫千金!!」

 友チャからも


ダータ「稲妻さん 金ないんだから黒字狩りしれ!!」

はぐれ「これでまた金なくなったら 誰も金かさねえぞ」



 …


 いろいろな事を考慮し


財前「他を当たった方がいいのでは…」




稲妻「;; 財前さん 御願いします。御願いします。入れて下さい…」

 と言ってきました。なんかね。気が進まなかったんですよね…。何か嫌な予感がしたんです。なんか動機が不純でしょ?でもまあ…いいかなと思って

財前「わかったよ… 赤字でいいなら… 来なよ」

 と言ったのが間違いでした。

 なんと


 稲妻剛神が来て40分後…


 (;゚д゚)?


 なんと、皆さんにプレゼントするはずだった椎茸が!!


 説明しよう



 CH3 Mバイキン とは? 椎茸とは?



 CH3 Mバイキン とは私と美紀子さんが大切に大切に守り続けた愛の狩り場。椎茸はそんなにすぐには成長しない。椎茸が欲しければ、雑草であるMバイキングをコツコツと狩り続け、その生長を長期に渡って見守らなければならないのである。

 私は一体何本の水を使っただろうか?美紀子さんは何本のマナエリクサーを椎茸の生長に使ったのだろうか?

 早く取りたかった。椎茸を採りたかった。しかし私たちはそれをしなかった。椎茸の生長を笑顔で見守り続けた。

 焦りも見え始めたが、お互いの愛を確認しあいがんばった。

美紀子「心配ないわ あなた いつしか必ずドロップする。あたしそういう予感がするもん」

財前「そ…そうだね。ここまでやってきたんだ。きっと出るよね」

美紀子「だって やっと天から授かった私たちの子供だもん あと少しよ」  

財前「よし がんばろう」

 私たちの希望。私たちの血と雨の結晶。そして私と美紀子さんの愛の結晶となるはずだった椎茸。その産声がもうすぐ上がろうとしていた。

 これだけがんばってきたんだ。目に入れても痛くない。それは私たちの希望だったのだ。

 …


 …





 予感は的中した。


 椎茸は私たちを裏切らなかった。ずっと土中で見守り続けてくれていたのだ。私たちのがんばりを。

 
 11月6日 20:40分 CH3 Mバイキングにて椎茸出現


 ドロップ者は









 …



























 歩兵 稲妻剛神!!


















稲妻の吐いたセリフ






稲妻「

   しいたけキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!
   


   グエヘヘ


   俺のもんだ。俺のもん。おまえら寄るな。

   やったもんね~。  100Mで売れる

   相場高すぎて     ワロスw






 


 

 工エェ工エェェ(;゚Д゚)エ工ェエ工


 し…椎茸出たの?




 財前「ば…バカな_| ̄|○」

 美紀子「あ…あなた… こんなことって」

 財前「我が子がいつのまにか…」

 美紀子「あたし…あたし…こんなにがんばったのに;;」

 財前「美紀子… 俺が間違えてた。あのバカ野郎のドロ運は呪われているとしかいいようがない…。前はPTに呼んで10分で日シュリをドロップするし… 10分ごとに何かドロップするし… 相変わらず恐ろしいドロ運だな…」

 美紀子「あの子は私たちの子供なのよ!? 二人の血と雨の結晶じゃない。 あたしとあなたががんばったから 魔力111なんて良品に育ったのよ?  それを…それを… あの人は…」

 財前「もう何も言うな…美紀子… 運命には逆らえないのさ  それに残念ながら、あの子自身が俺たちじゃなく歩兵の元に行く事を選んだんだよ…」 

 …

 

 美紀子「そんな;; あたし…気分悪くなった もう寝るね…」

 財前「あ…ああ。気持ちはよくわかるよ よしちょっと歩兵に交渉してみよう。きっとわかってくれてるはずだ。キミはいいからもう寝るといい」

 美紀子「そ…そうよね。私たちの子供だもんね。きっと稲妻さんも」

 財前「ああ。もちろんさ。あれは俺の遺伝子だ。 とりあえず4Mを交換条件として提示してみるよ」


 そして歩兵に交換窓を開き、4Mを提示して OK? と言うと?

  


 051105gbhh.jpg


 
 …

 ダメだ…。完全に…。今まで手にした事もない大物ドロップに歩兵は完全に我を失っている(笑)


 


 サンタアバターを着ている思わせぶりな姿が何か悲しい…。


 サンタらしくプレゼントして欲しいなあ。

 


 
 しかも…

 どうやら歩兵はこの椎茸が自分の子供と勘違いしてるらしい…。



 しかし…。

 ホントに出たんですね。魔力111 INT4の超良品椎茸が…。

 良品すぎてヤバイだろう…。

 私と美紀子さんの遺伝子を受け継ぐ椎茸。将来大物間違い無しだが、歩兵が親では… それも望めないか…。

 せめて大学には行かせてやりたい…。…がそれも歩兵の赤字続きの給料からするつ無理な話か…。

 あいつの財布事情では…義務教育すら受けられない可能性が…


 ああ…_| ̄|○















 









 こ…この野郎…




 歩兵の分際で


 俺の子供に等しい 椎茸をドロップするとは…



 


 




















 そのうち天罰をくれてやる!!

 
 








 









 私はまた1から椎茸の種を蒔いて出直しです。この程度では諦めませんよ。


 でも今度は出るとこ間違えないでね。椎茸さん(笑)。










 歩兵は2度と この狩り場に来るんじゃねえぞ!!







 ちなみに美紀子さんと私の会話内容はフィクションです…。





 

 と…まあ… ネタありがとでした稲妻さん。正直ここまでドロ運の違いを見せつけられると「ぐうの音」も出ません_| ̄|○。

 完敗です。

 魔力111とか…いくらで売れるか想像もできませんが…。

 なぜこれほどまでにドロ運がある男が大した強化品を持っていないのか…。その辺がわからないところですが、今回は真面目に強化資金に充てて欲しい。

 いいか。

 その金は絶対赤字狩りなんかで失うんじゃないぞ。今度ばかりは改心して強化品、強化武器を買ってしっかり自分自身を強化するんだ。そうすれば赤字狩りも少しは減るだろう。

 とにかくそれが売れれば軍手+12 龍天拳110くらいは買えるはず。

 







 PS そっくりさん発見です。


051109iuytfdd.jpg


テーマ: ひぐらしのなく頃に
ジャンル: ゲーム








Edit Comments(21) trackBack(0) |

Page up▲

17

January February March April May June July August September October November December
2005(Wed) 08/17

LV64 大親分初対面(14)

女性関係徒然 … Comments(14)

 最近はなんか恋愛とかコンパの話ばっかりでメイポ日記になってないだろ!!という手厳しい意見もありますが、まあ勘弁して下さい。現在意中の女性とつき合うまでは少々ね。それにちょっとナイーブになってるところがありまして…。

 さて実は…昨日もコンパ(笑)。まあ保険屋の営業さん提供してくれた紹介なんですが、相手の女性と1対1で食事。


 これがね…。

 

 あり得ないというか…。


 

 …





 …











 また かわいい娘じゃねえか!!






 こんなに続くものなのでしょうか?おかしい。データ上では10人に1人しか当たりは居ないはずなのに。学校クラスでもそうでしょ?女子が20人いたとしたらかわいい娘は3人いれば恩の字です。

 どうも運がきてるな…。

 公務員で県庁に勤めているという彼女。う~ん。公務員とか結婚するのならば一番いいよね…。よく見るとかわいいし…。しかし、これ以上手を広げると正直もう身が持ちません。連絡先も聞いてはみたものの…。今は狙っている女性がいますからね…。
 
 今やダブルドラゴン、阿波踊り、県庁の女とメールは入ってくる状況ですが、肝心の最愛の人を誘うと

「最近クタクタで疲れてるから。寝るわ~」

 …とかこんなんばっか。向こうには明らかに誘いに乗ってくれる気がありません(笑)。まあね。けどね。皆さんも経験あると思いますが、

 断りのメールでも…メールを返してくれる事自体がうれしい

 ちょっとのろけすぎですねえ。さすがに

 「もうメールしないで」

 これは凹みますが、軽いお断りは逆にね、闘志の炎がメラメラ燃える。今のところこの女性以外につき合う対象はあり得ませんね。まあそれだけにリアルでもめいぽでも頭はそのことばっか。

 友録の方にはご迷惑をおかけして申し訳ない。

 
 さて…

 
 女性との食事終了後、無心でゾンビを狩りに森4へ。


 しかしこんな時にこそ現れる無言の横殴り者…。

 「まったく…食事の誘いのメールをしたところなのに…」

 普段は挑発してみたりして反応を伺うのですが、恋の病に犯されている今の私にそんな余裕はない。心ここにあらずという感じです…。どう考えても食事の誘いのメールの返事の方が気になるに決まっている。

 まあしかし、明らかに私を狙っていたという感じだったので、パッド設定を片手にして対応。これね簡単なんですよ。十字キーの左右は移動ボタンにして上をPストライク。下をHP、MP回復薬に設定すれば完了。ハシゴやジャンプの必要がないゾンビの狩り場+Pストライク以外使わない戦士だからこそ可能な設定ですね。こうすることで右手は自由。なんでもできます。


 まあしかし相手にその気持ちが通じてしまったのでしょうか?

 「おまえ根暗すぎるんだよ。なんかしゃべれ。ば~か」

 

 なんか反応してほしいのね(笑)。他にもいろいろ発言してましたが、途中食事の誘いを断るメールが来てしまって悶絶していたのでそれどころではない。友に電話し、いろいろ助言を仰いでました。その内にいつのまにかLV64へ。手下Dまであと3…。

 さて…寝るか…と思ったところで、エリニアの森に大親分が出現したとの友チャが!!

財前「(>y<) ップ そんなはずがない。 親分の間違いだろ?」

??「いや マジ大親分だよ」

財前「…」


 …


 …




 こいつは大親分を知っているんだろうな?…



 …



 …



 …



 まあエリニアだし…すぐ行けるしね…



 …



 せっかく来てくれた横殴りさんには悪いけど、



 …



 



 私…行くね。サヨナラ(笑)。


 


 …



 ということで牛乳で帰還。問題のエリニアCH1の南の森へ。


 …


 …



 あるMAPについた瞬間暗転する画面。そのMAPを一目見るために一体何回サーバーを落とされたでしょうか?(笑)。おそらくもの凄い人が集まっているのでしょう


 …


 INを繰り返すこと5回。…




 5回目の挑戦で


 …







 …










 


  
  (;゚д゚)?げ!!

0505054.jpg


 な…なんと。なぜ大親分がこんなとこに?大親分召還の袋とかあるの?

22222333.jpg


 
 なんか桜ランカー1位のひかりさんとか20000くらい与えてました…。大親分の経験値を必死に吸おうとするギャラリー達。ドラゴン出したり、鳥だしたり、私はPGで突っ込んでお陀仏。しかし、死んでも再挑戦できますからね。いつかは倒されるでしょう。う~ん。山賊を出してきてPGで突っ込めば経験値吸えたんですが、やめました。大親分見れただけで十分ですよ。

しかし、この場面はひかりさん大活躍でしたね。一人だけ次元が違うというか(笑)。第一彼女くらいしかダメージ与えてなかったような? まあこれぞランカーという戦いでした。なんかこう…。オーラ?みたいなものも出てたような…。ネクソンもこれだけひかりさんが頑張って居るんだから、専用アバターあげるとか、専用篭手あげるとかさ。特別になんかあげればいいのにね~。
 
 もうね。他の者とは位置づけを変えてあげればいい。ランカー専用アバター、専用髪型いろいろできるかと。
 
 ひかりさんが親分を狩ってるのに見てるだけのギャラリーが全チャで中傷したり、聞くに堪えない言葉を言ってるのを見るのは正直腹が立って仕方ない。黙って見とけといいたくなる。彼女は経験値取得量もLVも桁違い。桜サーバー代表ですからね。

 普通なら近づくことすら許されないんじゃないのかな?柔道部の頃とか1年生だった私は主将と話すことすら許されなかったからね。

 …う~ん。すいません。これは体育会系の古い考え方かな(笑)。

 ネット界は平等と言いたい気もちもわかるけど、やっぱ格というかランク付けはあるんじゃないのかな…と。一日の取得経験値1億とか…(2位は6000万)尊敬してしかるべき存在です。多分ね。私は万が一ひかりさんに狩りを誘われても断りますよ(笑)。恐れ多くて無理です。なんかオーラ見えたしね…。


PS

 蜘蛛の巣詐欺なんてあったんですね(笑)。やられましたよ。完璧にやられました。そろそろサフボクエしようかな~なんて思って買い込んだ蜘蛛の巣。

yuukumoi.jpg

 
 蜘蛛の巣購入…


 …


 キノコ神社に移動。


 よし、赤いサフボ頂き!!って

  (;゚д゚)?あれ?

 

 あ…あれ?


 サフボクエできんぞ。


 材料が足りないって…


 全部あるんですけど。




 …



 

(;゚д゚)?ん?なにこれ



 こ…これも蜘蛛の巣?

 
tyykumo.jpg


  

 …待てよ…



 クエストで使うのは?まさかこっちなのか?


 …




 

 そんな…ま…まさか…
 




 …




 まさか私が買った蜘蛛の巣は… ただのトリックスターの巣?




 …



 





 ちょ…


















 待てよ!!(笑) 








 あの野郎!!





 さあどっちが正解かわかる方は一体何人いるんでしょう。というより露店出した人もわかってなかったかもしれませんね。絶対わかってないよ(笑)。なんと間違えた蜘蛛の巣の方を300個も買ってしまいまいたよ…。コレをどうしろと…。






 すいません。コメント見ましたが詐欺とは思ってないです。特に怒ってもいませんよ。ネタとしていいかな?なんていう気持ちで書きました(笑)。


テーマ: メイプルストーリー
ジャンル: ゲーム








Edit Comments(14) trackBack(0) |

Page up▲

16

January February March April May June July August September October November December
2005(Tue) 08/16

ちょっと自信喪失?  敢えてここで女性の口説き方(11)

女性関係徒然 … Comments(11)

さて…

先日の女性からメールが帰ってきません(つд⊂)…。

どうしたものか…。どうすればいいんでしょう…。それをあざ笑うかの様に入ってくるダブルドラゴン妹と阿波踊り娘からのメール…。

 … 

 
 …
 
 以前はダブルドラゴン妹のメールをどれほど待ち望んだことか。しかし…まったく返信してくれなかった…。それでも無視されてもめげずにメールを続け、阿波踊りでのエスコートが成功したのか、今や…こちらから打たなくても1日に何通も入ってきます。なんか向こうから食事に誘ってくれてる(笑)。お盆前を考えるとあり得ない感じですね…。

 阿波踊りの娘に関しても同様なので言うまでもなし。でもね…。もう遅いというか…。心そこにあらずですね。今は先日の女性をどう食事に誘うかということしか頭にない。なんとか…あと一回、あと一回会って欲しいですね。しかし…ダメかもしれません。

 昨日のコメントにありましたが、女性の口説き方を攻略コンテンツとして書いて欲しいという方がいましたね…。これ…実は匿名さん、非公開コメントでも何度かありまして…。

 …

 これはさすがに書けません(笑)。

 相手によって対応が違いますし、自分は女性から見るとどのように見られるのか…どの立場にいるのか?という事でも違ってきます。万人が同じ方法では無理です。竹ノ内豊と出川哲郎が同じ口説き方なわけないですよね(笑)。そういう意味ではまずは自分の容姿の把握からですかね?

 しかし、注意すべき点は同じです。これは私なりの考えですので、あまり否定とかしないでね。それに私はそんなにモテるわけでもないです。つき合った数は13人くらいと多いかもしれませんが、半数以上が自分からの告白です。


 まあしかし、今回は丁度女性を口説き中という事もありますので、チラッと方法をご紹介あくまでも参考ということで読んで下さい。これで振られても一切の責任は負えませんよ?(笑)。

 

女の台詞に騙されるな

これかなり重要です。男は女性の台詞の意味を深く考えてしまい、振り回されることや自滅してしまうことが非常に多い。 例えば「○日に食事に行きませんか?」と誘った場合、「ごめんその日は用事があって…」と返ってきたとします。そして「この日なら空いてるけど…」と女性が言ってくれなかった場合…断られると凹みますよね。これが2回も3回も続くとなおさらです。しかしここで諦める、ヤケになるのは非常に勿体ない。

 ヤケになって

 「俺とは行きたくないって事か?」
 「俺と行きたくないのであればはっきりとそう言ってくれ」

 何度も断られると、こう言ってしまいがちです。なんか男として惨めですからね…。しかし、この場合に大きく考えられることは4つもあるんです。

 女性側の対応

 ①用事があるのは嘘。もともと行く気はない。自然消滅狙い。
 ②ホントに用事がある。…が「この日なら空いてるけど…」と言えるほど女性が積極的ではない。
 ③あえて空いている日を言わず、こちらの出方を伺っている。簡単にOKするとこちらに主導権がなくなる
 ④この日は空いている…と言えるほど機転がきかない

 あくまでも私の今までの経験ですので、真意は不明です。しかし、①~④を見る場合、肯定的な場合が②~④で3つ。否定的な場合が①の1つです。 

 つまり振られる確率はこの時点では4分の1の確率に過ぎないと私なりに判断しています。ここで
 
 「3回も断るなんて…俺とは行きたくないって事か?」
 「俺と行きたくないのであればはっきりとそう言ってくれ」

 こう言うのはあまりにも時期早々。特に相手の女性が行くかどうか迷っている場合は、この台詞は振られる要因を作っているのと同じ。敢えてそこには振れず定期的に誘い続ける事は決して男らしくないわけではありません。

 男らしさ、女性を引っ張るという行動はあくまでも二人で会ったときにこそ判断されるものであり、メール、電話では判断基準には成り得ないと思います。メールで格好つけても結局は会ったときにその格好良さは問われます。

 どうせ会って見せるこちらの誠意と行動。それならばその会ったときの印象を良くすることを考えた方が得策。メールは誘い出すための手段と割り切った方がいいというのが私の結論です。

 

 女性の口説き必勝法はここ。

 メール、電話では自分らしさは封印。断られてもお構いなしにメールを打ちます。そして相手の判断を要求することや否定的な言葉は絶対に打たない。

 「食事に誘いたいんだけど、どうせ行ってくれないんだろうな~(笑)」

 「なんか暇だからさ、食事にでも行かない?」

 
 とかこういう類の逃げの口実が入っている質問は最悪です。振られたときもそう

 「振られるとは思ってたんだけどね(笑)やっぱりか」

 
 この類の発言は可能性が0になります。必死さが伝わらない。別に…君に振られてもまあいいけど…という強がりはマイナスでしかない。それに相手に自分の気持ちがストレートに伝わりません。相手もこちらが好意を持っていることが事前にわかったほうがいいに決まってます。嫌われている場合はどちらにしても会ってくれませんからね(笑)。結果は同じ。


 強がりはあくまでも会ったときに見せる。二人で会ったときに全てを出し切るつもりでないと、普通の女性ならともかく、レベルの高い女性を口説くのは不可能です。そこにいくためのマイナス要素をメールなんかで作るべきではない。

 作戦としては、やはりメールでの誘い出しが基本となりますが、メールでは女性の相談にも乗らないし相談も持ちかけることは私はしません。何かを長々と話すこともない。打つのは食事やデートに誘う布石のみです。これはなぜかというと、メールというのは非常に女性と話がしやすい。会話の様にすぐに返答しなくても考えて返答できる上、文字ということで普段言えないことが言てしまう。…しかし、あまりメールでコミュニケーションを取りすぎると、メールでの自分が普段の自分に勝ってしまうんですね。

hyuitog678okjhgfds.jpg



 私のリア友がこれに陥っています…。彼のメールの文は一通一通に自分の本音が入っておりかなり長文です。しかし実際に女性に会うと、そのメールの半分の事も言えない。

 であれば、元々言いたいことの半分の事しかメールで言わなければ会ったときに評価があがるはずなんですね。メールが発達しすぎたために起こる悲劇でしょうか?
 
 
 メールを打つ自分に現実の自分が負ける。これはマイナスでしかない。あくまでも会ったときにすべてが決まるはず。ゆえにメールではとりとめない文しか打たない。朝は「おはよう」一文だけで送るときもあります。返事はほとんどの場合返ってきませんが、何かしら効果はあると信じて打ってますね(笑)。

 普段の文も3行も書けばいいかと。私は絵文字も顔文字も一切使いません。


 こうすることによって逆転現象が起きる。


 80㌔のスローボールの後に130㌔のストレートを投げれば、プロ野球選手でもその120㌔の直球が150㌔くらいに見えてしまうといいます。メールで80㌔の男を印象づけ、会ったときに150㌔の男に見せる。

 これぞダブルドラゴン妹すら落とした魅惑の配球。

 メールばかりが先行している現在の恋愛事情を逆手に取ったわけです。本来男はメールをポンポン打つべきではない。会ったときの立場がどんどんとなくなってしまいます。

 この戦法はもちろん出会い系サイトでは通用しません。メールから出会いが行われた場合は、無愛想なメールを打った時点で切られる可能性があるからですね。

 これはあくまでもコンパで出会い、メールアドレスを聞いた場合。つまり一回はお互いに会っていることが必須事項です。メールアドレスを教えてくれたんだから相手が自分に対する第一印象はそんなに悪くないはず。もう一回はおそらく会ってくれます。

 すべてはその時のための80㌔のメール送信。もちろん会ったときに全てが問われます。

「食事に誘いたいんだけど、どうせ行ってくれないんだろうな(笑)」

 こういう発言メールで誘うときにしてはいけない理由はそういう事です。会ったときの足かせになる。とらえどころのない男と思われるのはまずい。

 
 話題、デート先はほぼ全てこちらが提供。女性の発言に対しては必ず突っ込みあるいは相づちを入れる。相手の目を直視して話すことを心がける。

  二人で会ったときにこの行為を行えばまず悪い印象を持たれることはありません。しかし、上記のような「振られたときのための逃げ?」とも取れる発言をしていた場合は、この行為がどうも嘘っぽく見えるんですね。

 女性を口説くには様々な変化球が必要だ。という話もありますが、その変化球が逆に己の身を滅ぼす事の方が多いです。変化球をいくつも使い分けても…私の経験上では、ほとんどの女性はつき合うまでの課程ではそこまで深くは男を見ない。
 
 ①男の容姿(慎重、顔、体格、服のセンス)
 ②性格(エスコート、食事の店、言葉遣い、雰囲気、声、やさしさ)

 この2つを見るだけです。

 よく聞きますね。 

 性格重視、顔はまあどうでもよい。

 

 これは間違いです。女性の言葉は残酷です。「顔はまあどうでもよい…」

 
 これはね。

 髪型はしっかりセットされている。 
 服のセンスも悪くはない。
 疲れ切った顔をしていない
 だらしない体格をしていない

 これがあったうえでの「どうでもいい」発言。完全にどうでもいいわけではないんですね。

 
 本意は


 一定水準以上であれば…中身が伴っていればまあ許せるかな?


 これです(笑)。もちろん美人であればあるほどその水準が上がっていくことは容易に想像できますよね。

 まあ、会ったときに全力投球して、やる気を出せば上記の最低水準はクリアできるはずです。特に問題なければまず間違いなくつき合ってくれる。押しの一手で多少のハンデは克服できます。

 tugj98465hgd.jpg


 何度も言いますが、「メールの文章、電話の対応」これは判断基準に入ってないように思う。こまめに返信してくれる?相手の方からメールをよく送ってくれるか?この程度でしょう。まあメール打つ格好の存在…電車…のない徳島県ということも関係あるかもしれませんが、顔文字とかを頻繁に使うのはマイナスでしかない気がする…。

 メールに変化球など必要ない。

 メールはあくまでも誘う手段として利用し、会ったときにすべてをセオリー通りという直球勝負の方が成功率は高いはずです。

 残念ながら会ったときの会話、テンポ、注すべき点までは書けません。これは場数を踏まないと身に付かないものですからね…。コンパに行くと必ず場を仕切る男性がいます。

 そいつから手法盗めば自ずと流れが理解できるでしょうね。

 まあ残念ながら…駄目な時はダメなんですけどね…。メールアドレスすら教えてくれないとか…、何10回誘っても断られるとか…ね。これはどうしようもない。今回の女性も私の誘いのメールを全て無視してますからね…。これは辛い。一通でも返してくれれば…。そこから食事に誘うんですが、返事を返してくれないとどうしようもない_| ̄|○。

 まあこうなるとなぜ?俺にメールアドレスを教えたの?という事になりますが、ダブルドラゴン妹も始めは私のメールをすべて無視でしたからね…。やはりメールの内容が短すぎるんでしょうか?まあ今は結果オーライになってはいますが、この辺は再考の余地があるかもしれません。

 まあ

 次に会いさえすれば高確率で好感を持ってくれるはず。

 
 と自分を信じてるから続けられるんですね。メールでは惨めでもいい。会ったときにこちらが上に立てばいい。

 この辺はやはりスローボールから直球という流れが深層心理をついて居るんでしょうかね?確実に主導権を握れます。今回の女性にも同じ方法が通用すればいいのですが…。

 散歩でも食事でもなんでもいい。まずは二人で会うことが重要。そこで自分の自我を出す。そうすることで相手の女性はあの人に会わないと本来の姿は見えないと思ってくれるようになるはずです。

 メールですべてがわかるのであれば苦労はない。メールでは断りやすい謳い文句も実際に面頭向かって真顔で言われると以外に断りづらいものですからね。


 今回の女性に関しても口説き方は同じですから、もしこれで成功すればこの方法の信憑性は信用して貰えますかね?

 ertyhjnbvde456u;;g.jpg


 すべてはこの日のために…



 あくまでも私のやり方なので否定的なコメントはやめてくださいね。誰かに否定されたからといって今までつき合ってきた実績が消えるわけでもないですから。

 読者様でも口説き方のテクニックをお持ちの方は是非コメントを御願いします。

 後…斬り賊の3次職のコンテンツが欲しいのですが、私…斬り賊3次してないもので…できれば斬り賊の方、スキル振りを投稿していただけるとありがたいです。希望であればSS付き…そして名前付きでコンテンツの方に載せさせて頂きます。

 
 今回の記事の要望をくれた、桜さん、匿名希望さん数名様

 とりあえずはこれでよかですか?(笑)。









Edit Comments(11) trackBack(0) |

Page up▲

31

January February March April May June July August September October November December
2005(Sun) 07/31

美女紹介(5)

女性関係徒然 … Comments(5)

  一昨日のコンパも無事終わりほっと一安心といったところです。う~ん。なんというか彼女と別れてから、まあ寂しいのは寂しいのですが、今のフリーという立場もまたいいものです。どんどんとこう…希望がでてきますよね。

 金曜のコンパは男20、女20人という大がかりなものだったんですが、私の場合一人で行っていたのでもう大変。突っ込み、ボケという最強の技が使えません。…というのも、友達3人とか4人とかで来ている人が多く、そのグループで固まれば話も弾むんでしょうが、いかんせん私は一人。誰も突っ込んでくれないし、相手のボケに対する突っ込みも非常に難しい。知らない人のグループに一人入って、いきなり輪に入るというのは非常に難しいものです。

 ソロで行くなんて、無謀でした_| ̄|○。

 話に無理に入っても、勝手にグループに入るなみたいな空気になりますし…。ゆえに作戦を変更。グループで来ているものの、その話に入れていない女性をターゲットにすることに。

 まあ一応無難な感じで立ち回りましたが、ほとんど何も得ないまま2時間のコンパは終了してしまいました。

 まあしかし、主催者の方も私だけ一人呼んでしまったことを気にかけてくれていたらしく、

主催者「財前。すまん。今日はグループ対グループと言う感じでさ。ちょっとお前だけ一人で呼んだというのはやはり無理があったようだ…。」

財前「…それをはやく言ってクレよ…。グループでの参加だったら…俺も友達呼んできたぞ」

主催者「すまんすまん。実はさ。ちょっと俺も幹事だったから忙しくてかまえなかったんだけど、お前を呼んだのは実は…」


かくかくしかじか。コチョコチョコチョ。


主催者「…ということだったんだ」


財前「な…なんだと?」


 それは驚くべき真実でした。私を呼んだのはこのコンパが目的ではなく、次の紹介のためだったと彼は言うのです。

財前「いや…それならその紹介の時だけ呼んでくれれば…」

主催者「それがさ、いちおうお前の顔というか、感じを見ておきたかったかったみたいでよ」 

財前「…」

主催者「まあOKらしい。紹介してくれるってよ」

財前「で、その俺を見たいと言った人ってだれなの?その人が紹介してくれるんでしょ?」

主催者「ああ。まあその紹介する娘の友達って結構こういう大きいコンパは苦手みたいでね。できれば1対1とかそういうので会いたいみたいでよ。でもまあ1対1とかだと変な奴くると嫌じゃんか。それで誰かいい人いないかな?と言われたからお前を推薦したんだよ。」

財前「ほほぅ」

主催者「でもまあ(笑)。いくら俺が推薦してもよ。実際向こうからするとお前がかっこいいかどうかわからんし、どういう人かわからんわけだよ。だから一回見ておきたいと言うからこのコンパに呼んだのさ」

財前「それで…その娘はどこに?」

主催者「話聞いてんのか?その娘は来てない。その娘の友達が来てた。…おまえの感じを見てOK。今度紹介してくれるってよ 2対2でね」

財前「ほほぉ。そりゃあよかった。いやあそれを先に言ってクレよ。なんかグループで固まってるし、俺一人だし…。おかしいとは思ったんだよ… で逆にその娘はどうなんだよ。俺だけ見られて、OKとか言われても、その娘がかわいい娘じゃないと意味ないぞ。ていうか気に入らないな。自分は来なくて俺の顔だけ確認して帰るとかさ


それにやはり性格が良くないと」

主催者「いや…それは心配ない。かわいいし、しかも相当家は金持ちらしい。」

財前「な…なに!?(・∀・)」

主催者「え…」

財前「マジでか!?それを先に言えよ。」

主催者「けどさ…まあちょっと性格は…きついし、高飛車らしいけど…」

財前「バカ野郎・性格なんて関係あるかよ。」

主催者「いや…お前いま性格が重要だと…」

財前「性格なんて関係ねえよ。会えばわかるし。よし、紹介者によろしく言っておいてくれ。」

主催者「あ…ああわかった。というよりこっちが紹介を頼まれているほうだったしな。」

財前「で?俺は紹介してくれるんだろ?相手は俺でいいと言ったんだな?」

主催者「そうだよ。まあ本人でなくてお前を見たのは友達だけどね」

財前「しかし、相手も挨拶くらししてくれればいいのに…」

主催者「まあ…グループだったし、お前一人だったしな(笑)。それはまあしょうがないだろう」

財前「ま…まあそうか」

主催者「で、おまえダブルドラゴン姉妹の方とはうまくいっているのか?その紹介するとき付き合ってるとかいうことはないんだろうな?」

財前「え…」

主催者「…」

財前「も…もちろんじゃないか。そんなの大丈夫だよ。あの姉妹は友達だよ。友達。それに最近メールあんまり返してくれないし_| ̄|●~*」

主催者「まあ…あの二人はさすがに無理だろうな(笑)」

財前「まあまだ少し可能性はあるけど…」

主催者「諦めろよ(笑)。しかし、紹介するまであの姉妹にアクションはするなよ」

財前「OK」


 …という事で終了です。まさに災い転じて福と成す。お金持ちの令嬢、かわいいとの噂、そしていきなりは会わず、偵察隊を送ってくるあたり只者ではないと予想される。

 なにかこう…運命的なものを感じますねえ。おそらくその子と会うのはお盆以降。

 いやあ彼女がいないのは寂しいのですが、こういう風にいろいろと可能性が出てくるのは彼女がいないからこそ。

 今回は納得する相手を見つけるまで、簡単に付き合ったりはしません。今まで気に入ればすぐにアタックし付き合ってきたため、後で「あれ?」となってきた経験は苦い過去の教訓。

 もうこんなことはしません。相手次第ですが、好みの女性が来てくれるといいんですけどねえ。

 さて

 めいぽですが…

 
 いやね…。マジでね…。リアルでは凄い光明があったものの、こっちは全然最悪です。

 なんかの流れというか、自然にこう…


 首謀者は





 龍月夜酒
 

 この野郎が贈って来やがったのです。ランダム整髪券と整形券を…。いや違うんです。

 稲妻と私は違うんです。

 稲妻さんの場合はディフォルトの変更。そして顔、髪型を変えたいという願望があったわけです。

 その課程がネタになった。

 …ということなのです。つまり変更は彼の希望だった。わかりますね。

 しかし、私は違う。変えたいなんてこれつっつぽっちも思っていない。

050731frrhf.jpg

 他の方がどう思おうととね(笑)。私にとってはこれ、最高の格好。これ以外の容姿は考えられない。

 しかし夜酒さんがリアルマネーを投資してまで贈ってくれたランダム券…。実行しないわけにはいかない。

 いや…しかしなあ。この格好が絶対一番いいんだよな…。

 変えるったって…

 というわけで、まあなんかいいものになればいいかなという考えで実行したんです。

 まあネタというか…なんというか… それでなった姿がこれ。

050731wertyb.jpg



 ちょ…マジ 宇宙人かと(笑)。どうせなら肌色も変えろ!!とか言われて青にしちゃったし…。


050731qqqq.jpg


 
いやね。これならまだ稲妻ほうのほうが全然ましですよ(笑)。 

050731tyg.jpg


 
 こんなの絶えられない。映画のワンシーンとかに出てくる宇宙人というか…エイリアンというか。

 しかも前の名残で装着してたエルフ耳がまたいい味だしてるし…。ルカさんに贈ってもらったアバターも装着していた事もあり、ルカさんも…

ルカ「前の方がよかった;;ゴウしゃん」


 なんて言われる始末(笑)。それに便乗してか


稲妻「なあ…財前さん。わかったろう…。俺もさ。変えたいんだよ。頼むよ。二人で一緒に戻そうぜ…。」


財前「そ…そうだね…。なんかお互いネタ過ぎるよな…。こんなんで町歩くとか考えらないよね_| ̄|○」


 ということで、二人で元戻しリセット決定。
 
050731rrrr.jpg


 ルカさんも大喜び。


 もう…痛すぎる出費ですよ。

 2度とやりませんよ。ランダムなんて(笑)。








Edit Comments(5) trackBack(0) |

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright ? 2017 財前ゴウの総回診, all rights reserved.



Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。